一方「野球大会、だァ……?」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/12/19(日)
3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 00:25:10.97 ID:taUUBCXyP
一方「……その情報を俺の耳に入れて何がしてェンだ? クソガキ」

打ち止め『賞金が出るって郵便受けに入ってたチラシに書いてあったよ、ってミサカはミサカは報告してみたり!』

一方「そもそも俺が野球なンてやるはずねェだろうが。馬鹿も休み休み――」

打ち止め『そっか、確かにあなたはスポーツとか苦手そうだもんね、ってミサカはミサカは納得してみる』

一方「はいィ? おいおいクソガキよォ、俺が言ってンのは学園都市第一位の一方通行サマが
野球大会なンぞに参加したら楽勝過ぎてつまらねェだろってことをだなァ……」

打ち止め『えっ、じゃああなたが野球をやったら大活躍できるの? ってミサカはミサカは尋ねてみたり』




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 00:29:48.01 ID:taUUBCXyP
一方「当たり前だろォが。俺を誰だと思って――」

打ち止め『すごーい! ミサカもあなたが活躍するところを見たい! ってミサカはミサカはお願いしてみたり』

一方「そ、そォかァ? まあ、オマエが見てえってンなら仕方ねェな。その大会とやらに出てやっても……」

打ち止め『あっ、でも野球って九人いないとできないんだよね、ってミサカはミサカはルールを確認してみたり』

一方「何を当たり前のことを言ってンだ、今更」

打ち止め『えーっと、言いにくいんだけどあなたに一緒に野球するお友達が八人もいるのかなってミサカは――』

一方「は、はァァァァァ!!?? そ、そンなもンいくらでもいるに決まってンだろォがァ!!」




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 00:30:48.66 ID:lf+E5H7E0
1万人弱いるだろ




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 00:33:21.06 ID:taUUBCXyP
打ち止め『ホントに!? もし、人数が足りなかったらミサカも出ようかと思ってたんだけど――』

一方「悪いが俺の作るチームは精鋭揃いだ。オマエが入る余地なンざねェよ」

打ち止め『うん、わかった! じゃあミサカは精一杯あなたを応援するね、ってミサカはミサカは意気込んでみたり!』

一方「おォ、そうしとけ。じゃあまたな」

打ち止め『野球大会楽しみにしてるね、ってミサカはミサカは期待に胸を膨らませてみたり!』

ピッ

一方「……野球大会、か。まあ、なンとかなるだろ。そォいやチラシがどうとか言ってやがったなァ」

スタスタ




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 00:37:41.06 ID:taUUBCXyP
一方(メンバーは……、集めンの面倒くせェな。まあ最悪その辺のガキを脅して参加させりゃあ……)

一方(……野球ねェ)

一方(なンか面倒になってきたなァ、適当にお茶を濁すか? だがクソガキの頼みだしなァ……、っとこれがチラシか)

一方(しっかし今時、大会の告知をチラシとはなァ。ネットで垂れ流すより物珍しさで見てもらえるからかァ? ……ン?)

    ――優勝したチームには優勝トロフィーと、副賞として賞金十万円が――

一方(賞金十万? おいおい、端金じゃねェか。俺の借金の八百万分の一程度じゃ……)

一方(……不要な比較はやめるか。あァ、それがいい。わざわざ暗くなる必要なンざねェな。それよりもその後だ)




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 00:41:24.17 ID:taUUBCXyP

――さらにMVPに選ばれた選手には、第六学区で近日オープン予定の遊園地のフリーパスと、
   第三学区でも随一のグレードを誇るホテルの宿泊券をペアでプレゼント。
   なお、ペアチケットを使う相手は学園都市内に住む者ならば拒否権は無し。
   私の権限において、どんな相手を誘うことも許可する。

                   大会委員長 学園都市統括理事長 アレイスター=クロウリー


一方(ほ、ほォ。遊園地とホテルで一泊だとォ? くだらねェ、俺には必要ねェな)

一方(だが、コイツはMVPをとりゃあ受け取らざるを得ねェわけだなァ? MVPの賞品なンだから他のヤツに譲るのも良くねェよなァ?)

一方(俺がこンなもン取っちまったら、あのガキが騒ぐよなァ。あのガキが行きてェなら連れて行く保護者が必要だなァ?)




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 00:45:19.62 ID:taUUBCXyP
一方「そォだよなァ、そォだなァ!! 俺が一緒に行ってやンねェといけねェよな!? 黄泉川は忙しいだろォしなァ!」

一方「俺ァさっぱり興味がねェが、仕方ねェな! ああ、仕方ねェ! くけかか、おもしれェことになってきやがった!」

一方「よォし、まずはメンバー集めだ。俺だけで勝つのは問題ねェだろォが、保険として最低限のメンツは揃えとくかァ」

ピッピッ プルルルル

一方「今すぐ第七学区○○マンション近くの路地裏まで来い。五分以内だ」

ピッ

一方「くはは、いいねェ、いいねェ! たーのしいねェ!」




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 00:49:35.01 ID:taUUBCXyP

―――路地裏

結標「で? あんな失礼極まりない呼び出しに応じておいてなんだけど、下らない用事なら打ち抜くわよ」

一方「……」スッ チャキ

結標「……あら、仕事以外での連絡なんて珍しいと思って来たのに、いきなり拳銃? 何か貴方の気に障ることをしたかしらね」

一方「用件は一つだ」

結標「何かしら?」

一方「一緒に野球やろォぜ」

結標「…………ごめんなさい、もう一回言ってくれる? 今度はちゃんと聞くから」

一方「一緒に野球やろう」




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 00:53:20.50 ID:taUUBCXyP
結標(……耳が変になったわけじゃなかったわね。そうなると、ついに頭がおかしくなったのかしら)

一方「さっさと、はいかイエスで答えやがれ」グリグリ

結標「痛いから。とりあえず話は聞くから銃を下ろしなさい」

一方「……ちっ」スッ

結標「それで、なんで野球なの?」

一方「ふン。つまりだなァ――」
                  ・
                  ・
                  ・
一方「――って訳だ。わかったか」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 00:56:30.72 ID:taUUBCXyP
結標「ああ、はいはい。グチャグチャと長ったらしかったけど、要するに女の子にかっこいいとこ見せたいって言うのね」

結標「まったく、相も変わらずの変態(ロリコン)っぷりね。第一位様がみっともないわよ?」

一方「変態(ロリコン)がどォした。くだらねェ肩書きより、あのガキの頼みの方が大事なンだよ」チャキ

結標「……なんか変わったわね貴方。できればいちいち銃を突き付けるのもやめて欲しいんだけどね」

一方「で? 参加すンのか、出場すンのかどっちだァ?」

結標「悪いけど勘弁してほしいわね。私にメリットが無い――」

パサッ

結標「? なにかしら、それ」シュン!

結標「……大会のチラシね。賞金が十万と、MVPに――」

結標「……」




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 01:00:12.34 ID:taUUBCXyP
一方「ちっ。おい、出ねェならチラシは返しやがれ――」

ガシッ ズルズル

結標「何をしてるの一方通行、さっさとメンバー集めるわよ。あと、私が出てあげるんだから必ず優勝するわよ。いいわね!」

一方「……あァ?」

結標(拒否権なし! つまり、どんなショタも選び放題! しかも泊まり! ああ、まずいわ鼻血出そう……、うふ、ふふふ)

結標(遊園地で遊んで優しいお姉さんを演じて、夜は、夜は……! ああ、たまらないわ……)ウットリ

一方(……なンか気持ち悪ィなァおい。まあいい、野球の戦力としちゃ申し分ねェしな)




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 01:04:49.20 ID:taUUBCXyP

―――近くのファミレス

結標「それで、他のメンバーは? 何人集まってるのかしら」

一方「他はまだ決めてねェよ。今、一人ここに呼ンだけどなァ」

結標「……つまり私に最初に声を掛けたの? 意図が分からないわね」

一方「あァ? 何がだよ」

結標「普通に野球するなら、女である私やモヤシみたいな貴方より、土御門や海原の方が役に立つでしょうに、ってことよ」

一方「……」ヒュッ ガツッ

結標「……無言で能力使って、フォーク投げないでほしいのだけれど。椅子に刺さってるわよ」




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 01:08:30.51 ID:taUUBCXyP
一方「だったら口を慎むこったな。それにちょっとは考えろババァが」

結標「……つまり能力を使うわけね」

一方「あァ。オマエの能力ならグラウンドに飛んだボールはすぐ取れるし、送球する必要もねェしな」

結標「既に野球じゃないわね。もしかして貴方も能力を使う気?」

一方「当たり前だろォが、俺がピッチャーやればまず打たれねェだろ。まァ、適当に加減してやるつもりだから、オマエはその保険だァ」

結標(そうなるとMVPの障害は身内ね。守備でいくら稼いでも打たなきゃしょうがないわ。まあ、バットに当てさえすれば……)

一方「おい、余計なこと考えるンじゃねェぞ。攻撃は俺が一番で毎回ホームラン打てばいいンだからなァ」

結標「あら、それは楽で助かるわね」




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 01:11:30.73 ID:taUUBCXyP
結標(冗談じゃないわ。最悪、能力不使用時でも狙って気絶させる手も考えないとね……)

一方(どォもくだらねェ知恵を働かせてるみてェだなおい。まァ、俺以外がMVPを取るなンざありえねェが邪魔するよォなら……)

結標「……ところで、私のポジションはセンター辺りになるのかしら?」

一方「まァ、全体を見渡しやすいところだからそォなるな」

結標「それならもう一つ、それなりの能力者をつけないといけないポジションがあるわよね」

一方「あァ、その候補なら今――」

カランカラーン いらっしゃいませー

一方「……来たか」




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 01:15:07.01 ID:taUUBCXyP
??「おい第一位よお、この俺を呼び出して一体何の用だ?」

結標「え? 貴方……」

垣根「ん? なんだこの姉ちゃんは。おい第一位、まさかお前デートでもしてたのか?」

一方「寝言は寝て言え、くそメルヘンが」

垣根「なんだ違うのか。なら姉ちゃん、このモヤシは放っておいて俺とどっか行こうぜ」

ヒュッ カンッ!

垣根「お、なんだ。あんたも能力者か。テレポーターか?」

結標「……座標移動。結標淡希よ」




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 01:18:59.48 ID:taUUBCXyP
垣根「そうか。知ってるかもしれねえが俺は垣根帝督、第二位の未元物質だ」

結標「本人を目の前にして言うのもなんだけど貴方って今確か――」

一方「おいババァ細けェことに突っ込むな。あるがままを受け入れろ、メルヘン野郎はここにいる。それでいいンだよ」

結標「……ええ、わかったわよ」

垣根「よっこらせっと。あ、淡希ちゃん。注文ボタン押してくれ。んで? 結局何の用なんだ?」




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 01:22:09.06 ID:taUUBCXyP
一方「一緒に野球やろォぜ」

垣根「俺のポジションは?」

一方「キャッチャー」

垣根「なら背番号は02にしろよ」

一方「あァ、わかった」

ご注文ですかー?

垣根「あー、ドリンクバー一つと日替わりランチ」

はいかしこまりましたー。コップはあちらに――

垣根「飲み物取ってくるわ」

一方「おう」




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 01:26:04.71 ID:taUUBCXyP
結標「…………あれ? 今もしかしてもう交渉終わった?」

一方「あァ? 何言ってんだオマエ」

垣根「ちっ、ろくな飲み物がねえな。結局ウーロン茶にしちまった」

一方「ファミレスなンざ、そンなもンだァ」

結標(えっ? なにこれ、私がおかしいの? なんでこんなにあっさりなの?)

垣根「俺で何人目だ?」

一方「三人」

??「ならミサカを含めれば後五人だね。他にあてはあるの?」




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 01:29:18.30 ID:taUUBCXyP
一方「いや、ねェなあ。まあ戦力的には十分だろォし、後は適当に呼ぶかァ?」

垣根「メンバー以外にも必要な物はあるぜ? ユニフォームとかも揃えなきゃいけねえだろ」

一方「そォいやそうだな。まあ俺のセンスでビシッと選んでやらァ」

??「うげ、あなたのセンスって不安極まりないんだけど」

垣根「現に今の服もセンスねえしな。それより淡希ちゃん、黙っちまってどうかしたか?」

結標「……私以外にツッコミは居ないわけ? だんだん嫌になってきたんだけど」

一方「何言ってやがンだ? 更年期障害かオマエは」




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 01:32:30.07 ID:taUUBCXyP
結標「黙りなさい。とりあえず、貴女誰なのよ?」

番外「ミサカのことはワーストって呼んでくれればいいよ。よろしく、おばさん」

ヒュン ガツ! ガシャァン

番外「オウ、痛たた、中身が氷しかないとはいえコップを頭上にテレポートするのはどうかと思うよ、お姉さん」

結標「だったら最初からそういう口の聞き方をしなさい。そもそも貴女、その顔でミサカって……、もしかして絶対能力進化計画の――」

一方「おい、無用な詮索すンじゃねェよ。これだからババァは……」

結標「……はいはい。あと、そっちも口の聞き方に気をつけなさい。まったく」




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 01:36:25.13 ID:taUUBCXyP
垣根「あーあ、割れちまってら。よっ、と」ヒョイ ヒョイ

番外「おお、お兄さん優しいね。この人にもそれくらいの気遣いとやらがあるといいのに」

一方「オマエがそれを言うかよ。それより、メルヘン野郎の言う通り道具やユニフォームが必要だなァ。おいババァ、調達してこい」

結標「自分でやりなさい、モヤシ君」

一方「ちっ、おいメルヘン――」

垣根「ほー、飲み物の種類はあれだが飯は案外食えなくもねえな」ガツガツ

一方「……ワースト」

番外「けけっ、まさかミサカが素直に従うとでも思ってるの?」




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 01:39:22.82 ID:taUUBCXyP
一方「……はァ、仕方ねェ。五人目兼雑用でも呼ぶかァ」

ピッ ピッ プルルルル ガチャ

一方「第七学区の○○っつうファミレスに十秒以内に来い。遅れたら金玉蹴り潰す。来なかったら殺す」

ピッ

垣根「誰を呼んだんだ?」ムシャムシャ

一方「食いながら喋ンなくそメルヘン。ただのチンピラだァ」

結標(チンピラ……?)




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 01:39:53.75 ID:uMYBMy0zO
まぁ一通の球とれんのはていとくん位か




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 01:43:05.82 ID:taUUBCXyP

―――十分後

一方「遅ェよ。金玉蹴り潰すぞ」

浜面「はぁ…はぁ、む、無理に決まってるだろうが。そもそも時間設定がおかし……」

垣根「おーおー、汗だくだな。ほら、茶飲めよ」

浜面「はぁ、すまん、助かる……って、お前!?」

垣根「あー、まあほら細かいことは気にすんな。仲良くやろうぜ?」

浜面(敵意は無い……のか? しかし、この面子は一体……?)

番外「はっ、なーにこの明らかに小物っぽいのは」

一方「確かに小物だが雑用ぶりは中々だァ。常時、女共にパシリにされてるだけのことはあるぜェ」




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 01:47:18.09 ID:taUUBCXyP
浜面「呼び出されて来たのになんなんだよこの扱いは……」

結標(あ、こいつツッコミかも)

一方「おいメルヘン。必要なものなンだった?」

垣根「人数分のユニフォーム、スパイク、グローブと、バット、ボール……くらいか。レガースとミットは俺が能力で作るからいいとして……」

一方「後は荷物を運ぶ車もだなァ。おいチンピラ、それらを十日後の日曜までに用意しろ。いいな?」

浜面「え、ユニフォーム? 車? 一体何を……?」

一方「あァ? 野球に決まってンだろォがよ」

浜面「や、野球? なんでまた……」

一方「あとオマエ以外に四人ほど数合わせとして誰か連れてこい」




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 01:51:22.58 ID:taUUBCXyP
浜面「いや、話が急展開過ぎて……」

一方「返事はイエスだチンピラ」チャキ

浜面「なっ……」

垣根「おいバカ、こんなとこでそんなもん出すな。あー、必要な金は俺が出すから悪いけど引き受けてくれねーか?」

浜面「あ、ああ、費用があるんなら別にいいんだが……。本当にどうなってんだ」

結標「……ご愁傷様、ね」

番外「ねぇ、お姉さん。このハンバーグっておいしいかな?」

結標「……こっちのサラダにしておきなさい。後、私の名前は結標淡希、よ」




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 01:55:24.10 ID:taUUBCXyP

――――野球大会当日 AM 6:55

垣根「おう、おはよーさん。早速で悪いが、朝っぱらから迷惑な電話掛けてきた馬鹿はどこにいる?」

結標「あっちにいるけど……、今は近寄らないほうがいいわよ。道具を持ってくる浜面君が遅れててイラついてるみたいだし」

一方「……」イライラ

垣根「……わけわかんねーくらい気合入ってんなあの馬鹿。朝四時に確認の電話が来た時には何事かと思ったぜ」

結標「私のところには三時半に電話が来たわね……」

番外「ミサカは多分結標さんの後だね。ムカついたから電話越しに思いつく限りの罵詈雑言を浴びせてみたよ」

垣根「……俺の時、最初からキレてたのはそういうわけかよ。しっかし、こんなに早く集まってどうするんだ? 開会式九時からだぞ」

結標「練習するらしいわよ。だから道具が来ないとダメらしいんだけど……あっ、来たわね」




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 01:59:30.47 ID:taUUBCXyP
番外「けけっ、問答無用で銃ぶっ放してる。相変わらず嫌な奴」

垣根「チッ、だから状況考えろっつの馬鹿が。おいコラ!! まだ時間あるんだからいいだろうが!」タッタッタ

一方「あァ!? 練習時間が短くなった所為で、優勝逃したらどうすンだボケがァ!!」パン パァン!

浜面「のおおおお!! だから悪かったって! あいつらに気づかれないようにするのが大変だったんだよ!」

一方「オマエの事情なンざ知るかよ」チャキ

スッ

一方「……あァ?」

滝壺「……」




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 02:03:32.17 ID:taUUBCXyP
浜面「お、おい滝壺! なにやって……」

滝壺「はまづらを、傷つけるのは許さない」

一方「……チッ」

結標「ごめんなさい、あの白いのは感情表現が下手でね。本気で当てようとしてたわけではないのよ」

垣根「そうなんだよ、だからあんまり怒らないでやってくれ嬢ちゃん」

滝壺「あなたは……」

垣根「おっと、俺も対立する気はねえよ。今日は野球をする日だ、仲良くやろうぜ?」

滝壺「……うん、わかった」

垣根「ありがとよ、滝壺ちゃん」




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 02:07:20.37 ID:taUUBCXyP
浜面「…………はぁ、助かった」

番外「だいじょーぶ?」スッ

浜面「ああ、ありが……うおっ!?」スカッ

番外「なーんてね。けけっ、なっさけないなぁ」スタスタ

浜面「……くそぉ」

浜面(「アイテム」よりひでぇ……。滝壺には隠しきれず連れていけってせがまれたけど、むしろ居てくれて良かったかもしれねえ……)




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 02:11:24.95 ID:taUUBCXyP
一方「ふン、まァいい。それよりチンピラ、そのガキに野球やらせンのか? そいつ病人なンじゃねェのか」

浜面「いや、今は十分元気だけど、試合には出ねえ。残りのメンバーは俺が所属してたスキルアウトの連中だ」

スキルアウトABCD「……よろしく」

一方「ふーン……」サラサラ

一方「おい、オーダー決めたぜェ。全員確認しろ」

浜面「早いな」

垣根「どれどれ……」




57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 02:15:23.64 ID:taUUBCXyP

スターティングオーダー

1番 捕手 垣根帝督
2番 左翼 スキルアウトA
3番 三塁 浜面仕上
4番 投手 一方通行
5番 遊撃 番外個体
6番 中堅 結標淡希
7番 一塁 スキルアウトB
8番 右翼 スキルアウトC
9番 二塁 スキルアウトD




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 02:16:18.32 ID:taUUBCXyP
垣根「ほぉー、まあこんなとこかね」

浜面「おいおい、俺クリーンアップかよ」

滝壺「大丈夫、私はそんなミスの許されないポジションのはまづらも応援してる」

浜面「滝壺がさりげなくプレッシャーを!?」

垣根「応援か。なら滝壺ちゃんはマネージャーだな」

滝壺「……いいの?」

垣根「おう、メンバー表に書き足そうぜ。マネージャー滝壺……っと」

滝壺「はまづら。私も一生懸命応援する」

浜面「……ああ、頼むぜ滝壺」




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 02:20:17.55 ID:taUUBCXyP
結標「……あら、貴方一番がいいんじゃなかったの?」

一方「ふン。チーム一の打者が四番を打つに決まってンだろォが」

結標「そう。まあ好きにしたらいいわ」

結標(一番よりかは四番の方が目立つわね。まあ、一方通行の能力なら打順関係なく毎回ホームランでしょうけどね)

結標(さて、私はどうやって……)

番外「ねえねえ、結標さん」

結標「ん、どうかした?」




61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 02:24:29.88 ID:taUUBCXyP
番外「五番目ってどうなの? あの人の次みたいだけど」

結標「あら、貴女野球知らないの?」

番外「ルールくらいは知識として知ってるんだけど、経験はさっぱりだね」

結標「そうなの。まあ、私も似たようなものだけどね」

結標(……ま、いいか)

結標「ワースト、キャッチボールしましょう」

番外「おっ、お相手してくれるの?」

結標「ええ。そっちの広い所に行きましょう」




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 02:27:30.67 ID:taUUBCXyP
結標(MVPは欲しいけど……、せっかくだし楽しもうかしら)

パァン!

結標「ちょ、ちょっとワースト!! 速いわよ!」

番外「ミサカ、運動神経は結構いいからね。ほら、早く投げ返してよ」

結標「全く……もう!」

番外「オウ、ひょろひょろだね。そんなんで試合になるのかい?」

結標「能力使えば関係ないんだからいいのよ! それより次はちょっとは手加減……」

番外「やーだよ。そらっ!」

結標「きゃあ!」




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 02:31:13.51 ID:taUUBCXyP

―――――――――――――

垣根「あっちは楽しそうだな、全く。なんだってこいつとキャッチボールしなきゃなんねーんだ」

一方「ごちゃごちゃ言ってねェで、さっさと構えろ。くそメルヘン」

垣根「分かってるっつの。おい第一位、ちゃんと手加減しろよ。俺は衝撃を吸収しやすいミットを能力で作ったから大丈夫だが、
   あんまり試合にならないと、クレームつけられるかもしれねえしな」

一方「そォだな、とりあえずキャッチボールレベルの百八十キロくらいからにしとくかァ」

垣根「滝壺ちゃん、これでスピード測ってくれ。使い方はボールに向かって引き金を引くだけだからさ」

滝壺「わかった」

一方「おいメルヘン! さっさとしやがれ!!」

垣根「少しは待てねえのかテメェはよ。ったく、よしこい!」




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 02:35:11.11 ID:taUUBCXyP
一方「ぎゃはははは、いっくぜェェェェェ!!」

ゴォッ ズバァン!!!

垣根「くっ…は、痛ってぇー! 滝壺ちゃん、今のって……」

一方「次行くぜェ、ひゃっはァァァァァ!!」

ズゴォォォ!! ドッバァン!!!

垣根「がっ……、おい待て! ボールが焦げて…明らかにスピードが、っておい! 待てってば!」

一方「まだまだ行くぜェェェェ!!」

垣根「だから少し止まれクソが! うお、危ねえ!! ちっ、やっぱお前殺す!!」

滝壺「……測定不能」

浜面「もう試合になんねえだろこれ……」




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 02:35:31.23 ID:LH4d77IZO
割とあわきんとミサワはいい姉妹役になれるな。
あわきんはなんだかんだで面倒見のいいお姉さん、ミサワがおてんばな妹でいい。




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 02:36:43.37 ID:PIGker0uO
>>70
えー俺がおてんばってどこ情報ー? どこ情報よそれー?




74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 02:38:51.09 ID:taUUBCXyP

――――――――――――――――

結標「貴女ねぇ、もう少し手加減しなさいよ。手が赤くなっちゃったじゃない」

番外「ミサカは初心者だから、そんな細かいことできないよー」

結標「……ま、あいつらよりマシだけどね」


一方「イイ度胸だ、メルヘン野郎! 力の差を改めて知るンだなァ!!」

垣根「ナメんな! いつまでも第一位でいられると思ったら大間違いだボケが!!」

ドッゴォォォォン!! ガァン! ゴバッ!!




77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 02:42:48.30 ID:taUUBCXyP


浜面「お、おい。あいつら止めなくていいのかよ!?」

結標「何言ってるのよ。あいつらの喧嘩を止められる人なんか学園都市にいないわ。放っておきなさい。それより着替えましょう」

番外「そうだね。なんだかんだでそろそろ時間だし」

結標「滝壺さん? 貴女もマネージャーやるならユニフォーム着る?」

滝壺「私も着ていいの?」

結標「ええ、結構余りがあるしね。じゃあ行きましょ。あ、なんならあいつらの喧嘩止めてくれてもいいわよ、浜面君」




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 02:46:38.48 ID:taUUBCXyP
番外「ひひっ、大変そうだね」

滝壺「大丈夫、私は喧嘩の仲裁をするはまづらを応援してる」

スタスタスタ

浜面「……いや、無理だろ」


一方「悪りィが、こっから先は一方通行だ。侵入は禁止ってなァ!!」

垣根「上等だ、俺の未元物質に常識は通用しねえ」

ゴォォォォォォ!! ガキィン!! ズガーン!




81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 02:49:15.23 ID:taUUBCXyP

浜面「くそぉ……、おい!! こんなことしてる場合じゃ――」

一方&垣根「あァ!?」ギロ

浜面「――ないと思うん…です、けど。ほら、このままじゃ野球できなくなっちまうし……」

一方「…………ちっ、命拾いしたなァ」

垣根「こっちの台詞だボケ。なあ、女子連中はどこ行った?」

浜面「あ、ああ、車で着替えてくるってさ」




82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 02:52:05.70 ID:taUUBCXyP
垣根「そんじゃ俺達も着替えるか。あーあ、余計な体力使っちまったな」

一方「オマエがゴチャゴチャ文句言うからだろォが」

垣根「なに言ってんだ。あの球じゃ打者が吹っ飛ぶだろうが。それじゃ試合になんねえだろ。もっと手加減しろ」

一方「……面倒くせェ。まあ、相手次第だなァ」

浜面(……こいつら相手に野球とか死んでもやりたくねえな。麦野や絹旗の能力も大概だけど、こいつらは本当にレベルが違う……)

浜面(まあ、このチームならどうやっても負けねぇだろ。俺は適当にやるか)




83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 02:55:16.61 ID:taUUBCXyP

――――― 車内

結標「……黒、ね。まあ予想通りだわ。そこまで奇抜なデザインでもないし――」

番外「最初は、あの人の私服みたいな変な縞々のデザインだったらしいよ。第二位の人が止めてくれたらしいけど」

結標(……危なかった。本当にありがとう、垣根)

結標「胸のところの文字は……ダークヒーローズ?」

番外「チーム名、らしいね」

結標(ダークとはいえヒーローって……、憧れでもあるのかしらね)

結標「ま、いいわ。さっさと着替え――ひゃっ!?」




86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 02:58:30.16 ID:taUUBCXyP
番外「むー、ミサカよりおっきいね……」モミモミ

結標「わ、ワースト!? 貴女なにやって……んっ!」

滝壺「……麦野くらいあるかも」プニュプニュ

結標「ちょ、滝壺さんまで何を……やっ、ん」

番外「ミサカの場合、元が悪いと思うんだよねー」モミュモミュ

滝壺「はまづらが隠してる本にも、胸の大きい娘がたくさん載ってた」グニグニ

結標「あっ、はぁ…あなた、たち、やめ…んっ! くっ、その…姿のまま、外に、移動させるわよっ!」




87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 03:02:24.52 ID:taUUBCXyP

パッ

番外「オウ、怖い怖い」

滝壺「……スキンシップ、スキンシップ」

結標「何がスキンシップよ、もう……」グッタリ



――――グラウンド AM 8:55

ザワザワ……

結標「結構人いるみたいね」

垣根「ひい、ふう、みい……十五、六チームってところか?」




88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 03:05:22.96 ID:taUUBCXyP
一方「ふン、何チームいようが優勝すンのは俺のチームだ」

番外「けけっ、足をすくわれなきゃいーけど」

浜面(まあ、よっぽど想定外のことがない限り負けねーだろうな)

浜面「お、始ま……なんだ? あの女の子は」

一方「ン?」

小萌「えー、みなさーん。おはようございますー。今日の大会の進行を務める○○高校教師の月詠小萌なのですよー」

きょ、教師!? 嘘だろ……? 小萌センセー!! 今日もカワイイでー




89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 03:08:47.21 ID:taUUBCXyP
小萌「はいはーい、静かにしやがってくださいねー。えーっと、今日の大会は学校の部活動や、クラブチーム所属の人の参加は禁止ですが、
    それでも多数の応募があって、泣く泣く先着順十六チームで締め切りました。皆さんには出れなかった人の分も頑張って欲しいのですよ」

小萌「あ、ちなみに大会委員長が多忙のため欠席なので、挨拶なんかはすっ飛ばしますねー」

小萌「それでは、選手宣誓をお願いするのですよー。選手代表は、ダークヒーローズのキャプテン、一方通行君です!」

一方「……あァ?」

結標「……ぷっ、選手宣誓だって。ほら行きなさいよ」

垣根「頑張れよ、キャ・プ・テン」

番外「ミサカ、いっぱい写真撮って第一位の選手宣誓姿ネットワークに保存しておくねー」




90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 03:13:00.58 ID:taUUBCXyP
垣根「待て、ワーストちゃん。こんなこともあろうかとビデオカメラを用意しておいたぜ」

番外「おお、ナイスだね」
 
一方「……ふン、くだらねェ」スタスタ

一方(さっさと済ますか。一般的な宣誓の言葉を予習しといてよかったぜェ)

一方「宣誓! 我々は――」

??(なんで一方通行が……、怪我とかしたくないな。……不幸だ)
??(な、なんで一方通行が野球大会になんて来てるのよ! くっ、これじゃMVPの賞品でアイツを誘う計画が……)

一方「――選手代表、ダークヒーローズ主将、一方通行」




91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 03:16:59.02 ID:taUUBCXyP

パチパチパチ……

一方(ン? あいつも来てやがンのか……)スタスタ

結標「……割と普通だったわね」

垣根「確かに。盛大に噛んだりしたら面白かったんだが」

番外「ミサカは結構面白かったけどね、ひひっ」

浜面(こいつら、第一位相手によくそんなこと言えるよな……)

小萌「一方通行君ありがとうなのです。さて、次は審判団の方からルール説明をしてもらいますね」

審判「えー、審判団はアンチスキルが務めさせてもらう。今、審判長がいないので自分が代理で説明する」




92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 03:20:30.74 ID:taUUBCXyP
・使用するボールは軟式球
・全試合7イニング制とする
・一チーム18人が上限。ただしチームメンバーは試合前のメンバー表提出時まで入れ替え自由
・五回以降10点差がついた場合はコールドゲームとする。ただし、決勝はコールド無し
・延長は一イニングのみ、タイブレーク方式で行う。それでも決着がつかなければくじ引き
・その他、選手交代などのルールは一般的な野球のルールに則る


審判「組み合わせは本部で配っているので、後で代表者が取りに来ること。それでは、怪我の無いように」

小萌「はーい、ありがとうございますー」




93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 03:24:39.04 ID:taUUBCXyP
一方(……七イニング制の上コールド有りか。やっぱり一番の方が良かったかも知れねェなァ。だが、一試合目のオーダーはもう提出したしなァ)

小萌「それと最後に一つ、この大会は『能力使用全面禁止』なのですよー。今日は能力レベル関係なく皆で楽しみましょう!」

浜面「…………え?」

垣根「能力……」

結標「使用……」

一方「全面禁止……?」

一方(な、なんだとォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!??)

小萌「はーい、それでは開会式を終了するのです。第一試合の出場チームは準備を始めてくださいねー」




94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 03:25:59.97 ID:MMLhqee0O
一方通行ざまぁwww




95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 03:26:19.07 ID:uMYBMy0zO
まぁお遊びイベントじゃな
能力ありじゃ遊びにならんし




96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 03:28:54.54 ID:PIGker0uO
おわたwwww




97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 03:31:17.38 ID:CFWi8IeP0
モヤシ
華奢ババア
運動神経良
普通
普通の不良
不良×4

番外と不良以外期待できねェな




99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 03:32:00.71 ID:taUUBCXyP

――――――――――――――

滝壺「みんなお疲れ、……あくせられーたは?」

結標「……今来るわ。どうかしたの?」

滝壺「うん、彼に会いたいっていう子供が……」

結標「子供?」

番外「……あ」

打ち止め「あの人はどこどこ!? 選手宣誓の時とってもカッコよかったよ、ってミサカはミサカは――あれ?」




101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 03:34:33.08 ID:taUUBCXyP
垣根「くそ……」

浜面「重いな……」

ズルズル

一方「」チーン

打ち止め「あ、あれ? なんであなたは魂が抜けたみたいになってるの、ってミサカはミサカは疑問を提示してみたり」

結標「え、えっとね、もうすぐ試合だから体力を使わないようにしてるらしいわよ?」

打ち止め「そうなの? 野球って大変なんだね、ってミサカはミサカは驚いてみたり」




102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 03:35:12.86 ID:iLM9+y9AO
これは二番が半蔵だと予想




103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 03:38:57.69 ID:taUUBCXyP
垣根「そ、そうだぜ。だから嬢ちゃんも目一杯応援してやったほうがいいぜ」

打ち止め「うん、わかった! あ、ちょっといいかな?」スッ

一方「……」

打ち止め「能力使用禁止って言ってたけど杖をついて運動はできないから、あなたの体格に合った力を出せるようにしておくよ。
       でも使い過ぎちゃだめだからね、ってミサカはミサカは忠告してみたり」ボソボソ

打ち止め「それじゃ、ミサカはヨシカワの所に戻るね! 頑張ってね、ってミサカはミサカは応援してみたり!」

浜面「……はは、またなー」

滝壺「……」フリフリ




106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 03:41:49.51 ID:taUUBCXyP
結標「はぁ……」

番外「で? どうするの?」

垣根「いや…どうしようもねえだろ」

滝壺「?」

番外「まさか能力禁止とはねー」

結標「まあ、よくよく考えたら当たり前のことよね。能力解禁したらまともな試合にならないしね」




109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 03:44:41.22 ID:taUUBCXyP
垣根「しかし、コイツのショックの受け方は半端じゃねえな」

結標「まあ、学園都市第一位が役立たずの白モヤシに成り下がっちゃったのだからね」

一方「……、テメェも似たようなもンだろォがよォ……」

番外「なんだ、生きてたんだね」

滝壺「はまづら、はまづら」クイクイ

浜面「ん?」

滝壺「呼ばれてる」




111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 03:47:44.02 ID:taUUBCXyP
 『第一試合に出場するダークヒーローズの代表者さーん。至急本部まで来てくださーい』

垣根「げ、俺ら第一試合かよ」

結標「この状況じゃ仕方ないわね……。ごめん、滝壺さん行ってきてくれる?」

滝壺「わかった」タッタッタ

浜面「と、とりあえず今のうちに……」

パァン!

「!?」

番外「ほら、シャキッとしなよ」




112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 03:50:43.04 ID:taUUBCXyP
浜面「お、お前、平手打ちって……」

番外「能力使えなきゃハイおしまい、ってそんなに情けない存在だったんだねあなたは」

一方「…………ちっ、誰に向かってクチきいてンだくそ野郎が」ユラッ

一方「ふン、いつでも万全の状態でいられねェなンてのは当たり前だ。これでようやくやりがいが出てきたってもンだ」

結標「……今更、カッコつけても締まらないけどね」

垣根「ま、なんにしても復活したんならそれでいい。お、滝壺ちゃん戻ってきたぜ」




115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 03:53:47.34 ID:taUUBCXyP
滝壺「私達のベンチは一塁側で、先攻だって」

垣根「了解。浜面、荷物運ぼうぜ」

浜面「おう、……って荷物無いぞ!?」

結標「私が移動させておいたわ。さっさと行くわよ」

番外「へぇー、便利な能力だねぇ」

垣根「うし、じゃあベンチに入ろうか」




119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 03:56:42.20 ID:taUUBCXyP

 1回戦 試合開始
 1回表 0-0
 打者 垣根

一方(さて、どォする……?)

一方(能力が使えねェとなると、当初の予定がかなり崩れる。MVPは必ず取るが、負けたらそもそも意味がねェ)

一方(俺の投手はさすがに無理か……? チンピラかワースト辺りにやらせて――)

一方(いや、それよりも攻撃だ。そもそも野球未経験なのに打つのは難しくねェか? くそォ、どォすりゃ……)

カキィーン!

一方「!?」




122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 04:00:40.05 ID:taUUBCXyP
タッタッタッタ ズサァー!

垣根「っと、まあこんなもんか」

垣根 二塁打
1回表 0-0 ノーアウトランナー2塁

一方「なンだ、なンだァ!? やるじゃねェかメルヘン野郎! ぎゃははははははは!!!」

垣根「……いや、そりゃまあ打てるだろ」

浜面「……ナイスバッティング」

滝壺「……」パチパチ




125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 04:03:38.76 ID:taUUBCXyP
一方(あのメルヘン野郎も野球の経験はほとンど無かったはず。それでも普通に打ちやがった……)

一方(そォか!! 野球で一番大切なのは高速で動くボールを捕らえる動体視力! そして、ボールを恐れねェ度胸!!)

一方(銃弾飛び交う戦場を幾つも経験している俺が、野球ボールのスピードくれェ見切れないはずがねェ!!!)

一方(論より証拠だ、やってみれば分かる! いや、ぜってェに打てる!!)

一方「おらァ!! 三下! 続きやがれェ!!」

スキルアウトA「あ、ああ」

キィン!




126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 04:06:45.36 ID:taUUBCXyP
一方「よっしゃあァ!! またヒットだぜェ! チンピラ、オマエも必ず続けよォ!!」

浜面「わ、分かったよ」

滝壺「はまづら、頑張ってー」

浜面「……くっ」

カキン!

浜面 タイムリーヒット
1回表 1-0 ノーアウトランナー1,2塁

一方「おいおい、チンピラまでヒット打つたァやるじゃねェか! さァ、真打ちのご登場だぜェ!!」

カッキーン!!

一方「ひゃっはァァァァ!! 回れ回れェェェ!!!」




128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 04:09:44.64 ID:taUUBCXyP
キーン!

番外「けけっ」

スカッ! ストライクバッターアウト!

結標「ああん、はやすぎてうてないわ~」チラッ
                 ・
                 ・
                 ・
ゲームセット!

一同「ありがとうございましたー!」




130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 04:13:05.33 ID:taUUBCXyP

――――――――――――――――

一方「ぎゃははははは、二十五点! 二十五点も取っちまったァ!! くはは、やべーな、俺のチーム強すぎるンじゃねェか!? なァメルヘン!」

垣根「……あぁ、まあそうかもな」

滝壺「……」パチパチパチ

一方「しかも、俺は五打数五安打六打点っつう完璧な成績だぜェ。もう優勝は決まりでMVPも俺でいいンじゃねェのかァ!?」

番外「上機嫌だねーあなた。ところで結標さんはどこに行ったんだろ?」

一方「あァン? 全打席三振した上に、二度もタイムリーエラーした役立たずなンざ放っとけ」

浜面「……」




131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 04:14:43.12 ID:AhLpaXkt0
スポーツの出来る一方さんだと……これは夢だ、夢に決まってる




133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 04:17:17.96 ID:taUUBCXyP

 第一試合結果
  ダークヒーローズ 25-2 ○○小学校低学年チーム
                (五回コールドゲーム)

浜面(大人げねぇ……。そりゃ勝負の場だけどさ、明らかに楽しむのを目的に来た子供達相手にここまで……)

浜面(ほら、子供達泣いちまってるじゃ……、ん? あれは結標さん?)

子供「うわーーーん!」

結標「―――」ポンポン

浜面(あ……、慰めてあげてるのか、いい人だな結標さん。試合の時も気を遣って三振してあげてたしな)

浜面(俺もそうすりゃ良かったんだけど、あんまり下手なことすると第一位に何をいわれるか気が気じゃなくて……)

浜面(いや、所詮言い訳だな。しかし、子供好きなお姉さんっていいよなぁ……。俺と年齢はそんなに変わらないはずなのに母性を感じる)

浜面(よし! 子供は得意なわけじゃねえが、俺も一緒に慰めて……)スタスタ




134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 04:18:41.11 ID:qSDKAMW6O
……大人げねぇー……




135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 04:19:07.83 ID:4HXcx3gg0
そういうことかw




136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 04:19:10.75 ID:8lTjfbeM0
オチにリアルで吹いた




137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 04:21:07.82 ID:MMLhqee0O
なるほどwww理解したwwwww




139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 04:21:49.65 ID:taUUBCXyP
浜面「……ん?」

結標「よしよし。ごめんねーウチの馬鹿な男共は加減って言葉を知らなくてね。あ、も、もっと抱きついていいのよ?」ハァハァ

結標「ほ、ほら、君もおいで。はっ…はぁ、ああ、やばい鼻血出そう……。えっ? だ、大丈夫よ。だからもっと近くに……」ハァハァハァハァ

結標「ほら、君も泣いちゃだめよ。でも、泣くならお姉さんの胸で……、ああ、ショタがこんなに……なにこれ、天国?」ハァハァハァハァハァハァ

結標「そ、そうだ君たち。良かったらこれからお姉さんと遊びに行かないかしら? 第三学区に個室サロンがあるのよ」ハァハァハァハァハァハァハァハァ

結標「だ、大丈夫。心配しなくてもいいわ。ほら、お菓子とかジュースとかいっぱいあるのよ!? それに個室で邪魔は入らないし……」

結標「が、学校に帰らなきゃいけない!? 大丈夫よそんなの!! ちょ、ちょっとだけでも、なんなら近くのカラオケボックスでもいいから――」

浜面「…………」

浜面(さ、さーてと。次の試合の準備だ。俺は小さい子に囲まれて恍惚とした表情を浮かべた人なんて見てない見てない)




140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 04:21:51.76 ID:AhLpaXkt0
あわきんの挙動の意味がわかった




153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 08:48:05.32 ID:taUUBCXyP

―――昼休憩

垣根「はあー、なんとか二回戦も勝てたな」

一方「そこの露出狂が二回もエラーしなきゃもっと楽だったンだがな」

結標「……仕方ないでしょう、正直私も能力頼りだったんだし。というか貴方もエラーしたくせに」

一方「はァァ!? なに言ってるンですかァ? あれはどォ見てもイレギュラーだろォが!」

結標「いーえ、どう見てもエラーね。諦めなさい」

番外「けけっ、ほら低レベルで争わない。せめてミサカくらい活躍してから発言することだね」




154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 08:51:44.98 ID:taUUBCXyP
垣根「ワーストちゃんは猛打賞だしな、好守もあったし。俺と浜面がヒット二本。まあ、浜面はピッチングも良かったがな」

滝壺「うん、はまづらカッコよかったよ」

浜面「ほ、ほんとか!?」

結標「そうね。たいしたものだったわ」

番外「ま、悪くは無かったんじゃないの?」

一方(……やっぱピッチャーの印象は強いな。初戦はすぐにメルヘンとピッチャー交代したが、準決か決勝は……)

タッタッタ ドーン!

一方「ぐほォっ!?」




155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 08:55:18.47 ID:taUUBCXyP
打ち止め「準決勝進出おめでとー!! ってミサカはミサカは祝福を全身で表現してみたり!」

番外「あ、死んだかな」

垣根「ああ、さっきの嬢ちゃんか」

一方「……打ち止めァァ!? オマエは加減ってものをだなァ――」

打ち止め「それより今ってお昼休憩なんだよね、ってミサカはミサカは確認をとってみる」

浜面「ああ、そうだけど」

打ち止め「えっと、その、実はお弁当を作ってきたの、ってミサカはミサカはモジモジしながらもお弁当を差し出してみたり」




156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 08:59:19.94 ID:taUUBCXyP
一方「弁当……? オマエがか?」

打ち止め「うん、とはいってもおにぎりと簡単なおかずだけなんだけどね、ってミサカはミサカは付け足してみたり」

スッ パカッ

一方「……はっ、随分へったくそな握り飯だなァ」スッ

打ち止め「えへへ……、ヨミカワに教わって作ったんだけど中々上手にできなくて、ってミサカはミサカは報告してみたり」

一方「……少し塩気がききすぎなンじゃねェかァ」ガツガツ

打ち止め「うーん、ちょっと失敗しちゃったかな、ってミサカはミサカは――」

一方「あー、しょっぺェなァチクショウ……」




157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 09:03:44.71 ID:taUUBCXyP

垣根「おーおー、嬉しそうにしちゃってまあ」

番外「……ふん。大げさすぎだっての」

浜面「……」

滝壺「……あの」

浜面「ん、どうした滝壺?」

滝壺「私もお弁当作ったから、よかったら皆で食べて」

番外「おお、こっちはサンドイッチがメインだね。おいしそうじゃん」

垣根「こりゃありがてえな」




158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 09:06:13.38 ID:taUUBCXyP
浜面「確かに旨そうだ……、これ滝壺が作ったのか?」

滝壺「うん、一応手作り」

浜面(滝壺の手作り弁当なんて……やばいぐらい嬉しいな)

浜面「よし、じゃあ皆食おうぜ」

垣根「おいおい、何言ってんだ。まずはお前が食え浜面」

浜面「え?」

滝壺「……」ジー

浜面「滝…壺?」




159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 09:08:36.79 ID:rXMmRtqA0
全体的に垣根さんが良い人すぎる




160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 09:10:16.78 ID:taUUBCXyP
垣根「ほら、なにしてんだ。早く食って感想言ってやれよ」

浜面「あ、ああ。じゃあもらうよ」モグモグ

浜面「……うん、うめえよ!! 滝壺!」

滝壺「――はまづらにそう言ってもらえてよかった。皆も食べて」

打ち止め「あ、ミサカのおにぎりもたくさんあるからよかったらみんなに食べて欲しいな、ってミサカはミサカはお願いしてみたり」

一方「……そォかァ? 俺一人で十分食べきれるだろ」

打ち止め「そ、そうかな。おにぎり十五個も作ったんだけど、ってミサカはミサカはあなたが意外と大食いだったことに驚いてみたり」




161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 09:14:01.54 ID:taUUBCXyP
垣根「嬉しいのは分かったから、少しぐらい寄こせよ」モグモグ

垣根「おお、うめえじゃねえか。卵焼きもいい感じだぜ、やるな嬢ちゃん」ナデナデ

打ち止め「ありがとうお兄さん! ってミサカはミサカは喜びを表現してみたり」

番外「む、これおいしいね」モグモグ

滝壺「それはベーグルサンドだよ。レタス多めでヘルシーにしてみたんだ」

浜面「ははっ、しかしこんな旨い昼飯が食えるとは――」


結標「あ、あのっ!!」





162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 09:18:06.63 ID:taUUBCXyP
垣根「ん? どうした? 淡希ちゃん」

結標「そ、その、私も食べ物作ってきて……」

浜面「お、すげぇな、さらに豪華になるのか」

一方「はン、そりゃ女なンだから何か作ってくるくらいしてもおかしくねェよなァ」チラッ

番外「ふん、ミサカだって料理くらいやろうと思えばできるっての。…………多分」

結標「あ、でも私料理上手くないし全然大したものじゃ……、小萌が作ってみたらどうかって言うから作っただけだから……」

打ち止め「ねえねえ何を作ったの、ってミサカはミサカは問いかけてみたり」

結標「えっと、野菜炒めとかおかずになりそうなものを……」




164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 09:19:45.88 ID:jhiaPSKFi
逃げて!みんなにげ!!




165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 09:22:57.90 ID:taUUBCXyP
垣根「おお、そりゃいいな。味の濃いものも欲しいと思ってた――」

パカッ

垣根「…………ん?」

浜面(あ、あれ? これが……弁当?)

結標「ちょ、ちょっとだけ失敗しちゃったかもしれないけど、多分食べられるから大丈夫……だと、思うんだけ…ど」

垣根「……いや、中々旨そうだな! しかし、もらってばかりなのもなんだな。飲み物とデザートでもコンビニで買ってくらぁ」ダッ




166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 09:25:43.99 ID:taUUBCXyP
結標「あ……、じゃ、じゃあ浜面君よかったら……」

浜面「お、おう……、あ、スマン! ずっとトイレ行きたいの我慢してたんだ! ちょっと行ってくる!」ダッ

スキルアウトABCD「お、俺達もだ!!」ダッ

結標「あ……、じゃあ――」

一方「さァーてと、腹も膨れたことだし軽く練習してくるとするかァ」スタスタ

結標「……」グスン




167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 09:29:15.38 ID:taUUBCXyP

パクッ モグモグ

結標「……?」

番外「うわ、まっず。よくこんな風に失敗できるねぇ」ケラケラ

滝壺「うーん、そうかな? 焦げちゃったりしてるけど味付けはそんなに悪くないと思う」

打ち止め「うん、ミサカもそう思うよ、ってミサカはミサカは同意してみたり」

結標「貴女たち……」




168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 09:32:50.32 ID:taUUBCXyP
結標「……」パク モグモグ

結標「……ふふ、やっぱりおいしくないわね」

番外「……折角のフォロー台無しにしてどうすんのさ」

結標「ワーストはフォローしてなかったでしょ」

番外「あらら、ミサカなりのフォローが伝わらないなんて寂しいね」

結標「……よく言うわね、まったく」


??(ふーむ、超楽しそうですねぇ。滝壺さんも笑顔ですし)




169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 09:39:57.71 ID:taUUBCXyP

――――――――――――――――

浜面「さーて、そろそろ準決勝が――」

??「よおっ! 浜面、久しぶりじゃんか」

浜面「うおっ、黄泉川! なんでここに!?」

黄泉川「午前は忙しくて来れなかったけど、私はこの大会の審判長を任されてるじゃん。お前らも勝ち進んでるらしいな」

浜面「あ、ああ、まあな」

黄泉川「つまんないことに手を出すより、スポーツをやる方がずっといいじゃん。頑張れよー」

浜面「わかってるよ」




171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 10:00:19.30 ID:taUUBCXyP
黄泉川「おー、一方通行じゃん。応援席で打ち止めが随分喜んでた――」


浜面(……ふう、相変わらずだな)

スキルアウトA「お、おい。浜面、なんでここに黄泉川が居るんだよ」

浜面「は? だから、審判だって……」

スキルアウトB「何言ってんだ、聞いてねえぞ。俺らあいつだけは苦手なんだよ」

浜面「な、なんだよ、そりゃ俺だって苦手だけどさ」




173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 10:04:30.15 ID:taUUBCXyP
スキルアウトC「悪いが、あいつの前に出るのは無理だぜ。帰らしてもらう」

浜面「はぁ!? お前ら何言って……!?」

スキルアウトD「お前の頼みだから聞いてやりたかったんだが、黄泉川だけは勘弁なんだよ。悪いな」

スキルアウトA「おい、行こうぜ」

スタスタスタスタ

浜面「お、おい! ……マジかよ」



一方「――ったく、うぜェったらありゃしねェあのババァ」




175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 10:08:51.64 ID:taUUBCXyP
結標「あらあら、その割には褒められて嬉しそうにしてたんじゃない?」

一方「おいババァ、死にてェのか?」

番外「ぷぷっ、人間って図星突かれると怒るらしいよね」

垣根「ははっ、違いねえな」

一方「よォし、オマエらまとめて歯と顎と舌をすり潰して――」

滝壺「……? はまづら、どうかしたの?」

浜面「逃げられた……」

一方「……あァ?」




176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 10:12:24.08 ID:taUUBCXyP
                ・
                ・
                ・
一方「なるほど、つまりお前はブチ殺されたいわけだなァ?」

垣根「んなこと言ってても始まらねえだろ。他にあてはないのか?」

浜面「い、いや、こんなこと想定してなかったし……」

垣根「そりゃそーか。しかし参ったな……」

結標(土御門と海原に連絡して……、それでも足りないか)

番外(学園都市に居る妹達に……、さすがに問題あるかなぁ?)




178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 10:16:36.27 ID:taUUBCXyP
垣根「仕方ねぇ、とにかく全員手当たりしだい誰でもいいから呼ばねえと――」

ピンポンパンポン

『準決勝第一試合で対戦する両チームは、メンバー表を持って――』

垣根「そんな時間も無い、か」

一方「……」ブツブツ

浜面「くそっ!! 俺、応援席とか回ってなんとかかき集めて来る!!」ダッ

ドンッ

浜面「うわっ!? す、すみませ――」

??「はーまづらぁ、楽しそうなことしてんじゃん」




180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 10:20:32.50 ID:taUUBCXyP
浜面「え……、お、お前! なんでここに!?」

??「所詮、超浜面ごときが私達に隠し事だなんて超無謀だったというわけですね」

??「結局、バレバレだったって訳よ」

滝壺「むぎの…きぬはた、ふれんだ……」

麦野「やっ、滝壺ちゃーん。私たちに内緒で一人だけこんな面白そうなことしてるなんていい度胸ねー?」

滝壺「うん、ごめんね。むぎの」

麦野「……ちっ、素直に謝るなっつーの」




181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 10:24:27.80 ID:taUUBCXyP
絹旗「そういえば、浜面はここでも超パシリ的存在なんですね。さすがです」

フレンダ「結局、性根ってのは簡単に変えられない訳よ」

浜面「く、今はそれどころじゃなくて――」

絹旗「せっかく、超浜面ごときのピンチを私達が救いに来てあげたのに、超恩知らずですね全く」

浜面「え?」

フレンダ「人数足りないんでしょ? だから私達が出てあげるって訳よ」

浜面「ほ、本当か!?」




186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 10:28:49.71 ID:taUUBCXyP
絹旗「ええ、本当は超めんどくさいんですけど、麦野が、浜面が困ってるから助けようってうるさいから――」

麦野「きーぬーはーたぁぁぁぁ? 何をつまらないこと口走っちゃってるのかなー?」ゴゴゴ

絹旗「ひ、ひぃぃ!? だって、超事実じゃないですか!!」

麦野「あぁぁぁぁ!? んなわけないだろうが! だいたいお前だって、早く行きましょう! ってノリノリだったくせに」

絹旗「む、麦野こそ何を言ってるんですか!? この絹旗サマが超浜面ごときを気にかけていたとでも!?」

麦野「あれあれー? お姉さんそんなこと一言も言ってないんだけどなー? そうなのかな絹旗ちゃーん?」

絹旗「きぃーーーーー!!」

浜面「た、助かった…のか?」




187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 10:33:02.03 ID:taUUBCXyP
フレンダ「足りないの四人みたいだから、滝壺も出ることになりそうだけど大丈夫?」

滝壺「うん、もちろん」

フレンダ「そう。じゃ、みなさんよろしく」

結標「え、ええ。よろしくね」

垣根(あいつモテんのか。ちょっと羨ましいじゃねえか)

番外(……あの小物顔のどこがいいんだか)

一方(ちっ、準決勝の相手チーム……)

結標「どうかした?」

一方「……何でもねェよ」




190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 10:37:40.46 ID:taUUBCXyP

―――グラウンド

黄泉川「えー、この試合は私が主審を務めるじゃん。お互い怪我の無いように――」

一方(……ちっ)

結標(あら、彼女も出てたのね)

麦野(あのガキが相手か……、いいねぇ)



美琴(なによこのメンツは……、しかも)

番外(やっほー、お姉様。って、お姉様はネットワークに接続できないんだっけか)

美琴(あの見た目、妹達と似た電磁波……、あれもまさか……)




192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 10:41:38.82 ID:taUUBCXyP
黒子「お姉様? 顔色が優れないようですが、どうかなさいましたの?」

美琴「……ううん、なんでもない」

黄泉川「――というわけで、始めます。礼!」

「「「「「お願いします!!!」」」」」


 準決勝
  ダークヒーローズ vs 常盤台&柵川連合+α

  ダークヒーローズ          常盤台&柵川連合+α
  1番 捕手 垣根帝督         1番 捕手 白井黒子 
  2番 遊撃 フレンダ          2番 二塁 初春飾利
  3番 投手 浜面仕上         3番 遊撃 佐天涙子
  4番 一塁 一方通行         4番 投手 御坂美琴
  5番 三塁 麦野沈利         5番 三塁 固法美偉
  6番 中堅 番外個体         6番 中堅 婚后光子
  7番 左翼 絹旗最愛         7番 左翼 泡浮万彬
  8番 二塁 結標淡希         8番 右翼 湾内絹保
  9番 右翼 滝壺理后         9番 一塁 土御門舞夏




196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 10:44:23.98 ID:LH4d77IZO
うわあ、すげえメンツ。




197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 10:45:56.46 ID:taUUBCXyP

 先攻 ダークヒーローズ
 1回表 DH’s 0-0 T&S連合
 打者 垣根

小萌『はーい、準決勝からは私が実況を担当させていただきますねー』

小萌『さて、両チームとも接戦で二回戦を勝ち上がってきました! いい試合になりそうで楽しみなのですよー』

――― 一方側ベンチ

一方「ふン、ガキ相手じゃテンション上がんねェなァ。どォせ楽勝だろうがよォ」

浜面「いや、二回戦の相手も中学生だったけど、結構危なかったじゃ……」

麦野「あれー? 浜面ビビってるのー?」

浜面「だ、誰がだよ! 今日は能力無しなんだから俺だって――」




200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 10:49:23.84 ID:taUUBCXyP
麦野「あはは、無理無理。アンタは大人しくサポートにでも徹しなさい」

浜面「くそぉ! 絶対ヒット打ってやる!!」


――― グラウンド

垣根「ウチのベンチは相変わらず騒がしいな。ま、ちゃっちゃと打ちますか」

黄泉川「プレイボール!」

黒子「……」スッ

美琴「……」コクッ





201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 10:53:16.19 ID:taUUBCXyP

ビシュッ!

垣根(むっ?)

ブン!

黄泉川「ストライーク!」

黒子「ナイスボールですわ、お姉様!」

ビシュ! バシン! ビシュン! ブン!

黄泉川「ストライーク、バッターアウト!」

小萌『御坂さん、白井さんのバッテリー、先頭打者を三振に切って取りました!』




202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 10:57:17.82 ID:taUUBCXyP
黒子「ワンアウトですのー!」

垣根「……ふーん」

フレンダ「さて、私の出番な訳よ」

黒子「……」スッ スッ

美琴「……」コクッ

ビシュ! バシッ

黄泉川「ボール」

フレンダ「フンフン♪」




204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 11:00:48.77 ID:taUUBCXyP

小萌『二番フレンダさんには慎重に攻めてますねー。今のボールでフルカウントです』

フレンダ(随分ボールを散らしてくる訳よ……。ま、でも)

ビシュ! キーン!

美琴「!!」

フレンダ「結局、能力無しだろうと私には関係ない訳よ」

小萌『フレンダさんレフトにクリーンヒット! 素晴らしい当たりなのですよ』

フレンダ「っとと、二塁は無理か」




205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 11:03:50.74 ID:taUUBCXyP
フレンダー 超ナイスですー!

フレンダ「はいはーい」フリフリ

初春「……」

フレンダ「ん? 私の顔に何かついてる?」

初春「あ、いえ。すごいバッティングだったなって思いまして……」

フレンダ「……? うん、ありがとう」

初春「いえいえ」




206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 11:07:44.31 ID:taUUBCXyP
浜面「うっし、ランナーも居ることだし、デカイの狙うか」

黒子「……」スッ スッ

美琴「……」コクッ

シュッ!

浜面(くっ!?)

黄泉川「ストライーク!」

浜面(キツイとこ狙ってきやがる……)




209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 11:11:40.47 ID:taUUBCXyP
美琴「……」スッ

ビシュ!

浜面「くっ、また……」

キン!

浜面「しまった!」

小萌『おーっと、これはセカンドベースに寄っていたショートの真正面!』




210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 11:13:48.71 ID:KR8ZwEbn0
無言すぎで逆にバレない程度に能力使ってそうで怖いわwwwwwww




211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 11:13:53.60 ID:taUUBCXyP
佐天「よっと、初春!」

初春「はい! 土御門さん!」

舞夏「ほいほーい」

小萌『綺麗にダブルプレーが決まりました! スリーアウトチェンジです』

浜面「だぁー、くそ! ゲッツーかよ!」トボトボ

絹旗「ま、浜面なんて所詮超こんなもんですよ。行きましょう滝壺さん」

滝壺「うん。はまづら、気にしないで。ピッチング頑張ってね」

浜面(……そうだな、クヨクヨしても仕方ねえ。ピッチングで挽回すれば……)




212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 11:18:45.94 ID:taUUBCXyP

―――――――――――――――

 1回裏 DH’s 0-0 T&S連合
 1アウト ランナー 2塁
 打者 佐天

浜面(……って、思ってたのに初回からランナー出しちまった! ちくしょう……)

小萌『この回、先頭打者の白井さんがヒットで出たのを、二番の初春さんは手堅く送ってクリーンアップに繋ぎました!』

佐天「よろしくお願いしまーす」




213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 11:22:45.51 ID:taUUBCXyP
浜面(くそ、初回から点やる訳にはいかねえ。全力で……)

ビシュ! バン!

黄泉川「ストライーク!」

浜面(よし! 二球目は……)

ビシュ!

佐天(結構速いけど……、残念!)

カキーン!

浜面「なっ!?」




214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 11:27:24.96 ID:taUUBCXyP
小萌『おーっと、これはいい当たりです! 左中間に向かって――』

一方「ワースト!!」

番外「叫ばれても、これはキツイ、ってば!」

ダンッ!

佐天「いよっし! 落ちたー!」

美琴「黒子ー! 回れ回れー!!」

垣根「くそっ、バックホームだ! 中継!!」




215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 11:32:11.01 ID:taUUBCXyP
番外「くっ、ショート!」ビュッ

フレンダ「ホーム……、あー」

黒子「ふふ、楽々ですの」チョン

小萌『三番佐天さんのタイムリーヒットで常盤台&柵川連合+αが先制点を奪取ですー』

浜面「くそぉ……、やっちまった」

麦野「はーまづらぁ? なにあっさり点とられてるのかにゃーん?」ゴゴゴ

一方「……」ブツブツ

浜面(怖いんだよ、畜生!!)




216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 11:36:43.87 ID:taUUBCXyP
垣根「気にすんな、浜面! 次抑えるぞ!」

結標「そうよ、引きずっても仕方ないわ」

浜面「あ、ああ! サンキュー」


美琴「ふふーん、私を抑えられるかしらねぇ」

小萌『さあ、同じくランナー二塁でバッターは四番の御坂さんです!』

浜面(こいつが超電磁砲……、いや、第三位とはいえ能力無しならただの中学生だ!)

小萌『さあ、ピッチャー浜面君、第一球を――』




218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 11:53:55.08 ID:AhLpaXkt0
皆いい人過ぎるだろ……




220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 12:00:25.31 ID:taUUBCXyP

――――――――――――――――

 4回表 DH’s 0-3 T&S連合
 ノーアウト ランナー無し
 打者 フレンダ

浜面(くっそぉ!! 結局、超電磁砲にも打たれて三回にも点取られちまった……。どうにか挽回しねえと)

浜面(しかし、なんなんだこの娘らは。確かに運動神経は悪くなさそうだが、いくらなんでも女子中学生に……)

フレンダ「甘い訳よ!」

キィン!

小萌『フレンダさん一打席目に続いて、またヒットですー。すごいのですよ!』




221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 12:05:21.69 ID:taUUBCXyP
麦野「へぇー、やるじゃん。フレンダー! 後でご褒美あげるわー!」

フレンダ「楽勝、楽勝♪」


浜面「すげぇなフレンダ。麦野と絹旗もヒット打ってたし……、ん?」

浜面(あれ? なんだ、この違和感)

黄泉川「バッター!」

浜面「あ、今行く!」

浜面「……よろしく」




222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 12:08:04.73 ID:taUUBCXyP
黒子「……」スッ スッ スッ

美琴「……」コクッ

ビシュウ! バン!

黄泉川「ストライーク!」

浜面(くそ、最初の打席の時も思ったけど、狙ってくるコースが……。ん? ま、待てよ?)

ビシュ! キン

小萌『おっと、これはふらふらっと上がって……三塁スタンドに入りました。ファールですね。これでツーストライクと追い込みました』

浜面(今の球も……、ってことは!)




226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 12:38:10.07 ID:taUUBCXyP
浜面「黄泉川! タイムだ!」

黄泉川「……ちゃんと審判って呼べじゃんよ。どうした?」

浜面「ちょっと靴紐結び直す」

黄泉川「わかったじゃん。タイム!!」

浜面(さっきからあいつらが攻めて来てるのは厳しいコースなわけじゃねえ、俺が勝手に厳しいと思ってる……つまり苦手なコースだ)

浜面(よくよく考えれば、今までヒットを打ってるのはフレンダや麦野、絹旗とこの試合から出てる奴らばかりだ。
    運動神経がいいのは確かだが、ここまで偏ってるのは――)




228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 12:43:19.33 ID:taUUBCXyP
浜面(つまりあいつらはデータを集めて苦手なコースを攻めて……。だとしたら、俺の苦手な所をどうやって打つ……?)

黄泉川「……浜面、早くしろじゃん」

浜面「……ああ」ザッ

黄泉川「プレイ!!」

浜面(くそっ、そう簡単に打てないから苦手だっていうのにどうしろって――)

滝壺「はまづら! がんばって!」

浜面(!! 滝壺……!)




229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 12:46:34.92 ID:wDmtP40tO
このSSの主人公はセロリ

そう考えていた時期が僕にもありました。




230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 12:48:09.34 ID:taUUBCXyP
美琴「……」スッ

浜面(くそ、こうなったら一点読みだ! 苦手なコース内の一つに絞る! そこ以外なら三振でいい!!)

浜面(頼む……来い、来い、来い!!)

ビシュッ!

黒子「……!?」

カッキーン!!

美琴「なっ!?」

小萌『こ、これは――!』




233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 12:52:25.00 ID:taUUBCXyP
垣根「うおっ! やりやがった!」

絹旗「嘘っ!? まさか超浜面が!?」

麦野「フレンダー!! 走れ!! いや、スタンドに入れ!! 伸びろー!!!!!!」

小萌『レフトの頭の上を大きく超えて――、入りました! ホームランです! 三番、浜面君のツーランホームラン!』

フレンダ「……」ポカーン

浜面「ほらフレンダ、追い越しちまうぞ」

フレンダ「え、あ、分かってる訳よ」タッタッタ




239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 12:56:58.23 ID:taUUBCXyP
佐天(はー、すごいな。さすが男の人)

固法(この人スキルアウトじゃなかったっけかなぁ……)

小萌『今ベースを回ってゆっくりと――ホームイン! 点差は一点差に縮まりました!』

美琴「くぅぅぅ……」

黒子「お姉様、気を落とさずに……」

浜面「へっ」

美琴「……?」

浜面「楽勝だ、超能力者(レベル5)」

美琴「なっ……」




242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 13:01:13.82 ID:taUUBCXyP

―――――――――――――――

垣根「やるじゃねえか! 浜面」バシバシ

番外「珍しく役に立ったね、けけけ」バシバシ

浜面「うお、いてて……」

麦野「ま、まあ、あれだけ点取られたんだからこれくらいはしないとねー」

絹旗「麦野が興奮しすぎて超やかましかったですね……」

麦野「き・ぬ・は・た?」

絹旗「だ、だから事実なのにいちいち怒らないで……って、超痛いです!」




244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 13:05:27.91 ID:taUUBCXyP
結標「これで一点差。まだまだこれからね」

浜面「そ、そうだ! 皆聞いてくれ!」

結標「?」

浜面「相手チームなんだけどさ、多分俺達のデータを取って効果的に攻めてきてると思うんだ。言い訳くさいが多分俺が打たれたのも……」

垣根「え、あ、ああ」

浜面「だから、今まで出てなかった連中がヒット打ててる状態になってるんだと思う」

結標「……そ、そうね」




245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 13:08:38.38 ID:Qwv9fTb9O
浜面△




246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 13:09:00.79 ID:qSDKAMW6O
この反応は…




248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 13:09:21.79 ID:taUUBCXyP
浜面「だからさ、これからはそれを頭に入れて――」

番外「え? ていうか、今更何言ってんの?」

浜面「やっていけば……え?」

垣根「えーっと、誰か浜面に言ってなかったのか?」

絹旗「まあ正直、浜面に言ったところで何か思いつくとは思ってませんでしたし」

浜面「は? いや……え?」




249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 13:10:39.15 ID:0IcUlpbvO
ブワッ




250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 13:13:51.27 ID:taUUBCXyP
結標「えっと、ごめん。みんな二回くらいからベンチでずっとそのことについて対策を話し合ってたんだけど……」

浜面「う、嘘だろ? だって俺聞いてない――」

フレンダ「そういえばベンチでは浜面、いっちょまえに落ち込んでた訳よ。点取られたことに」

浜面「た、確かにそういえば……」

番外「ちなみにアンタ、ピッチャー交代だよ。データ取りの対策として、一イニングずつリレーしていくことになったからね」

浜面「あ、ああ……、交代!?」




251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 13:17:05.91 ID:taUUBCXyP
結標「あ、あと苦手なコースを攻めてくるのを逆手に取って、ヤマをはるのが効果的って話も出たけど、もう分かってるわよね」

浜面「……」

垣根「ほ、ほら、応援するぞ! 打てよー、モヤシ!!」

浜面「…………」

ポンポン

浜面「……滝壺?」

滝壺「大丈夫、私はそんな孤独に打ちひしがれる浜面も応援してる」

浜面(ちくしょう……。ホームラン打ったのになんか……泣きてえ)




252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 13:18:00.85 ID:S9BwHilkP
これでこそ浜面




253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 13:18:31.59 ID:LPmT4TvwO
気の毒すぎるwww




255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 13:22:27.86 ID:taUUBCXyP

――――――――――――――――

 5回裏 DH’s 3-3 T&S連合
 1アウト ランナー無し
 打者 婚后

小萌『同点に追いつかれた常盤台&柵川連合+α。この回の攻撃は先頭打者五番の固法さんからでしたが、
   ダークヒーローズ三人目のピッチャー麦野さんの前にファーストゴロに倒れてしまいました』

泡浮「婚后さーん!」

湾内「頑張ってください!」




256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 13:26:05.95 ID:taUUBCXyP
固法「相手チームこの回もピッチャー変えてきたわね……」

佐天「最初に投げてた人の配球パターンは分かってたけど、こうもピッチャー代えられちゃあね……」

初春(参りましたね……、前の回の金髪の女の子もこの回の茶髪の人も出てきたのはこの試合から……。データを集めるには時間が足りない)

美琴「また点取られちゃった……」ズーン

黒子「お姉様! まだ同点です、落ち込むのは早いですわ!」

美琴「……そうね。よし! 黒子、キャッチボールしよっ!」

黒子「はいですの!!」




257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 13:27:13.15 ID:S9BwHilkP
バットといえば佐天さん




259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 13:31:02.96 ID:taUUBCXyP
初春(気付かれたのが早すぎたなぁ……、対策も的確だし。こうなると体力差もあるから厳しいですね……)

ストライーク! バッターアウト!

婚后「三振してしまいましたわ……」トボトボ

佐天「ドンマイですよ! 婚后さん!」

固法「ええ、まだまだこれからよ! 泡浮さーん! 頑張ってー」

初春「……」パタン

初春(……後は実力で頑張るしかない、ですね!)

初春「泡浮さーん! ボールをよく見てー!!」

婚后「打てますわよー!」




260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 13:36:01.04 ID:taUUBCXyP

――――――――――――――――

 7回裏
 2アウト ランナー 1塁
 打者 御坂


美琴「くっ……」

小萌『最終回、一番からの好打順だった常盤台&柵川連合+αですが、先頭の白井さんは倒れ、
    二番の初春さんが四球を選びましたが、三番佐天さんが続けず既にツーアウト』

美琴(まだよ、ここで大きいのを打ってランナーを返せば可能性は……)




261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 13:38:45.13 ID:S9BwHilkP
アクセラレさんの活躍0な件




262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 13:40:12.71 ID:taUUBCXyP
小萌『この回マウンドに登ったワーストさんも好投を見せています!』

番外(ふっふーん。四球出しちゃったけど、ここで切れば一緒だよね。悪いけど勝たせてもらうよ、お姉様)

美琴(あいつはやっぱり私のクローンみたいね。なら、思考も似てるはず……)

ビュン! バシン!

黄泉川「ストライーク! ツー!」

小萌『御坂さん、あっさりと追い込まれてしまいましたー』




264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 13:43:09.88 ID:taUUBCXyP
番外「ありゃ、諦めちったの? お姉様」

美琴(これでいい……、最後の一球に賭ける!)

黒子「お姉様ーーー!!!!」

初春「御坂さーん!」

佐天「頑張れー!!」

美琴「……ふぅー」

番外「さーて、終わりにさせてもらうよん」




265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 13:47:18.00 ID:taUUBCXyP
美琴(最後の一球、勝負を決める一球! 私なら……!)

美琴(必ず打って、優勝して、MVPを!!)

番外「……」スッ

小萌『さあ、ワーストさんセットポジションから第三球を――』

美琴(狙うは渾身のストレート!!)グッ

小萌『投げましたっ!』




268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 14:00:27.93 ID:taUUBCXyP
美琴「……ッ!?」

ブン!  ……パシッ

美琴「スロー、ボール……?」

黄泉川「ストライーク! バッターアウト!」

番外「けけっ、ごめんねー。ミサカ捻くれてるからさー」

美琴(……やられ、た)




270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 14:05:18.55 ID:taUUBCXyP

――――――――――――

黄泉川「整列! 六対三でダークヒーローズの勝ち! 互いに礼!」

「「「「「ありがとうございましたー」」」」」

ワイワイ ガヤガヤ

結標「ふふっ、今回も私の勝ちね」スッ

黒子「ふん、別に貴女に負けたわけではありませんの。ま、精々次の試合も頑張ってくださいな。わたくしたちに勝ったのですから」ギュッ




272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 14:09:02.87 ID:taUUBCXyP
垣根「よぉ、君がデータを集めてたのか? だいぶ苦戦させられたぜ」

初春「何か私、貴方にすごく嫌な思い出がある気がするんですが……」

垣根「はっは、それは多分別の世界での出来事じゃないかねー。ほら握手握手」スッ

初春「……はぁ、おめでとうございます」ギュッ



固法「あなた凄かったわね。結局三本もヒット打たれちゃったわ」

フレンダ「へへ、これくらい当然な訳よ!」




274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 14:12:00.37 ID:LH4d77IZO
垣根と初春の会話がメタだなwww
まあこまけぇこたぁいいんだよな!




275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 14:12:21.11 ID:taUUBCXyP
絹旗「そっちのお嬢さんも中々でしたね。バットの扱いが超慣れてる感じでした」

佐天「いやぁー、そんなそんな。練習頑張っただけですよ。それに、ホームランには敵いませんって」

浜面「ははっ、無能力者の面目躍如だな!」

佐天(へぇ、この人……)

麦野「あんまり褒めなくていいわよ。こいつらすぐ調子に乗るから」

フレンダ「麦野!? もしかして私と浜面を同列にした!?」

滝壺「大丈夫、私は調子に乗って失敗するフレンダも応援してる」

絹旗「……いえ、それは応援しちゃ超だめです、滝壺さん」



一方「……」

美琴「……」




277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 14:16:21.89 ID:taUUBCXyP
一方「……ちィ」スッ

美琴「……何よ」

一方「ふン、一応の礼儀だァ。俺らが勝つのは当然だったとはいえ、オマエらもそこそこやれてたしなァ」

美琴「……ふん、ぶっちゃけアンタこの試合、全然活躍してなかったわよ」ギュッ

一方「……」ギュゥゥ!

美琴「ちょっと!? 痛い! 強く握るな!!」

番外「おーおー、あなたとお姉様が仲良くてなによりだね」

一方&美琴「どこがだ(よ)!!」

番外「オウ、息ぴったりだね」




279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 14:20:28.07 ID:taUUBCXyP

―――――――――――――――

垣根「はぁー、なんとかなったな」

結標「いよいよ次は決勝か、相手はどこなのかしらね」

番外「隣のグラウンドでも試合やってたみたいだし、その勝者だろうね。もう終わったっぽいけど」

麦野「お、あのチームじゃない?」

一方(……まァ、そォなるよなァ)




281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 14:24:31.34 ID:taUUBCXyP

ゾロゾロ

??「ふふーん、私の大活躍で優勝も間近かも!」

??「ええ、素晴らしい活躍でしたね」

??「インデックスの奴割と運動神経いいんだな。それにお前も結構上手いし……、イギリスじゃ野球はマイナーじゃないのか?」

??「ふん、相変わらずの無知だね。イギリスは野球の原型とも言われるクリケットの発祥の地なんだよ。ま、ルールはだいぶ違うけどね」

??「人のことを言っている暇はあるのかしら? 貴様は前の試合もその前もエラーして……」

??「確かに。この大会既に三エラー」




282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 14:28:17.97 ID:taUUBCXyP
??「くそぉ……、いきなり土煙が上がったり、ボールが変な方向に跳ねたりするし……不幸だ」

??「だ、大丈夫ですよ! ヒットも打ちましたし! あ、よければこのおしぼり使ってください!」

??「まーまー、後いっこ勝ったらパーっと打ち上げにでも行こうやないか」

土御門「お、おたくらが決勝の相手かにゃー?」

結標(げ……)

一方「……」

フレンダ「おっ、外人さんがいる訳よ」

絹旗「……超ツッコミ待ちですか?」




284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 14:32:32.29 ID:taUUBCXyP
浜面「ああ、よろしく……、って、お前!?」

上条「え? あー! あの時の……」

浜面「……そうか、お前も出てたのか」

上条「え、あ、ああ。よろしくな」

上条(うーん、見覚えはあるんだけど……、誰だったっけか)

一方(……チンピラも、あいつと知り合いなのか。まァいい)




285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 14:35:26.18 ID:taUUBCXyP
一方「キャプテンの一方通行だァ」スッ

上条「あ、一応キャプテンの上条当麻……って、元々知り合いじゃねーか」

一方「はっ、分かってねェな。こォいうのは形が大事なんだよ」

上条「……そっか。まあ、正々堂々とやろうぜ」

一方「ああ」


―――――――――――――――

黄泉川「それでは決勝戦を開始します! 互いに礼!」

「「「「「お願いします!!」」」」」




290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 14:56:23.62 ID:BWKJAKd30
ねーちんはチート杉だろwwwwwwwwwwww




291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 14:58:54.39 ID:E+wUystz0
聖人はあかんやろ




293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 14:59:13.61 ID:taUUBCXyP
 決勝
  ダークヒーローズ vs イマジンブレイカーズ

  ダークヒーローズ          イマジンブレイカーズ
  1番 捕手 垣根帝督         1番 三塁 土御門元春
  2番 遊撃 フレンダ          2番 二塁 姫神秋沙
  3番 中堅 浜面仕上         3番 一塁 ステイル=マグヌス
  4番 一塁 一方通行         4番 捕手 上条当麻
  5番 三塁 麦野沈利         5番 遊撃 五和
  6番 投手 番外個体         6番 中堅 青髪ピアス
  7番 左翼 絹旗最愛         7番 右翼 インデックス
  8番 二塁 結標淡希         8番 投手 吹寄制理
  9番 右翼 滝壺理后         9番 左翼 風斬氷華

                        マネージャー 神裂火織





294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 15:00:10.54 ID:EBtWnNZB0
なん・・・だと・・・




295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 15:00:25.88 ID:R+Wv5jTV0
流石にねーちん参加は反則だったかwwww




296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 15:03:18.19 ID:taUUBCXyP

 先攻 ダークヒーローズ
 1回表 DH’s 0-0 IB’s
 打者 垣根

黄泉川「プレイボール!」

小萌『さあ始まりました決勝戦! どちらのチームにも頑張って欲しいのです!』

垣根(随分スタイルのいい嬢ちゃんだな。ま、打たせてもらうけどな)

上条「吹寄ー、ちゃんと抑えろよー」

吹寄「ふん! 貴様こそ私のボールのあまりの落差にパスボールなんてするんじゃないわよ!」スッ

上条「おいっ! 馬鹿――!」




300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 15:07:38.64 ID:taUUBCXyP
垣根(落差……? フォークか?)

ビシュッ! キィン

吹寄「ショート!」

五和「オーライです!」パシッ

小萌『先頭打者の垣根君は内野フライに倒れてしまいました。ワンアウトです』

垣根(普通に速いし、落ちてねーじゃねえか! ブラフかよちくしょう!)


フレンダ(……あれ?)

カキッ!





301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 15:10:38.26 ID:taUUBCXyP
浜面(……お、落ちた!?)

キン

小萌『ピッチャーの吹寄ちゃ…さん、初回を三者凡退に切って取りました!』



吹寄「ふふん、どうよ上条! あれから改良を重ねたフォークの鋭さは!」

上条「落ちてねー時が何度もあって取りにくいわ!」

吹寄「それは貴様のキャッチングが下手だからでしょ! ちゃんとフォークは落ちてるわよ!」

土御門(ぶっちゃけフォークがなくても吹寄、普通にいいピッチャーだぜい)




302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 15:13:25.25 ID:taUUBCXyP
姫神「ナイスピッチング」

風斬「ええ。すごかったですよ」

吹寄「ありがとう二人とも」

神裂「みなさんドリンクをどうぞ」スッ

インデックス「ありがと! かおり!」

吹寄「すいません、ありがとうございます」

神裂「いえ、マネージャーですから気になさらず」

五和(私も頑張らなきゃ!)グッ




303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 15:16:25.69 ID:taUUBCXyP

1回裏 DH’s 0-0 IB’s
打者 土御門

番外(ふっふーん、またピッチャーとは気分がいいね。さくっと抑えちゃおうかな)

土御門「お手柔らかに頼むにゃー」

番外「さーて……」スッ

ビシュ! バシン!

黄泉川「ストライーク!」

土御門(ふーむ、なかなかだぜい)




304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 15:19:13.51 ID:taUUBCXyP
土御門「ま、でも」

番外「ふっ!」

ビシュッ! キーン!

番外「!!」

土御門「俺を抑えるのは簡単じゃないぜい?」

小萌『先頭打者の土御門ちゃ……じゃなくて、土御門君がセンター前ヒットで出塁です!』

土御門「っと、どうだ? 俺のバッティングは?」

一方「はっ、たかがヒット一本でご機嫌だなァ」




307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 15:21:33.25 ID:MMLhqee0O
ねーちん狙ってマネージャーやったんじゃ…




308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 15:22:13.51 ID:taUUBCXyP
土御門「そりゃまあ、俺は能力無しでも余裕だからにゃー。なあ、結標?」

結標「知らないわよ」

土御門「あらら、つれないぜい」

小萌『さて、先頭バッターが出塁しましたが、二番の姫神さんはどうするのでしょう』

姫神(サインは。特に無し。でも状況を考えれば)

番外「……」スッ

ビシュ!

番外(!! バントか!)ダッ




309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 15:25:51.63 ID:taUUBCXyP
姫神(速い……!)

キン

小萌『あー、小フライになってしまいました。ピッチャーが取って……ワンアウト!』

姫神「ごめん。失敗した」シュン

上条「気にすんなって!」

青ピ「そうやで。まだまだこれからや」

姫神「うん。ありがとう」

小萌『さて、打順はクリーンアップに回ります。三番ステイル君、煙草はいけませんよー?』

ステイル(く、気勢を削ぐようなことを……、どうもあの女性は苦手だ)




311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 15:28:36.03 ID:taUUBCXyP
番外(なにこのデカイの)

ステイル「よろしく頼むよ」

番外「ま、関係ないけどね」スッ

ステイル(あの男に繋ぐなんて役割はごめんだけど……、仕方ない、か)

ステイル「……」スッ

番外「えっ?」

コン!

小萌『おーっと、ワンアウト一塁からバントです! これは綺麗に決まりました!』

垣根(ふーん、ツーアウトにしてでも得点圏に送るか。余程次のバッターを信頼してんのかね)




312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 15:31:16.07 ID:taUUBCXyP
番外(バントであっさりアウトくれるなんてラッキー)

ステイル「……ま、精々頑張ることだね」

上条「おう。ナイスバント」

ステイル「ふん」

スタスタ

インデックス「上手いバントだったね!」

ステイル「ッ!! あ、ありがとう」

インデックス「? うん。とーま!! がんばれー!」

ステイル(…………ふっ)




318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 15:57:10.49 ID:taUUBCXyP
上条「よし。さあこい!」

番外(ふーん、この人が上条当麻、か。オウ、スタンドでお姉様がガン見してるね)

番外(とりあえず外角で……)

ビシュ!

上条(……よし!)

キィーン!!

番外「なっ!?」

一方「くっ!」

小萌『四番の上条ちゃん初球から打ちましたー!! 打球はライト線を――、あれ?』




320 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 16:01:19.31 ID:taUUBCXyP
滝壺「……」バシッ

審判「アウト!!」

浜面「た、滝壺!?」

結標「やるじゃない!」

小萌『ライトの滝壺さん、打球を予測していたんでしょうか!? ライト線の打球をあっさりキャッチ! スリーアウトです!』

上条「な、なぜあんなライン際にポジションを……」ガックリ


麦野「ナイス! 滝壺!」

絹旗「さすが滝壺さん、超超ファインプレイですね!」

滝壺「北北東から信号が来てた……」




323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 16:05:17.84 ID:taUUBCXyP
垣根「へへ、いい流れだな」

一方「あァ、全くだ」

垣根「このまま先取点取れれば波に乗れるんだがなー」



―――――――――――――――

4回裏 DH’s 0-0 IB’s
打者 五和

小萌『四回表までは投手戦! 一人で抑えてる吹寄さんに対して、ダークヒーローズは三回から浜面君にスイッチ!』

小萌『どちらの作戦が吉と出るのでしょうか!?』




324 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 16:10:14.11 ID:taUUBCXyP
五和「よろしくお願いします!」ザッ

浜面(あれ? この娘、さっきは右打席だったのに今度は左……。スイッチヒッターなのか?)

垣根(……)

麦野(いや、これは……)

一方「……」ジリ・・・

ビシュ!

五和「……」スッ

小萌『これは、セーフティバントの構え! でも――』




325 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 16:14:51.82 ID:taUUBCXyP
麦野「へっ、読み通り!」ダッ

一方「ふン」ダッ

五和(読まれてた!? くっ、それなら――)

キン!

麦野「んなっ……」

小萌『おーっと、これはうまいです! ダッシュしてきたサードの頭上を抜くプッシュバント!』

五和(ふぅ、上手くいって良かった……)

小萌『イマジンブレイカーズ、初回以来の先頭打者出塁です! このチャンスを生かせるか!?』




326 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 16:18:31.76 ID:taUUBCXyP
青ピ(ま、ここは当然……)

コン!

小萌『ここは送りバントを確実に決めてきました! ワンアウトランナー二塁』

インデックス「私の出番なんだよ!」

インデックス「……」ジー

垣根(……? 何を見てやがるんだ?)

フレンダ(あの銀髪さん、ランナーを見てるのかな?)

結標(でも……)

五和「……」キョロキョロ




327 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 16:23:34.20 ID:taUUBCXyP
結標(こっちはこっちで外野の位置確認してるだけだしねえ)

垣根(別にサインが出てるわけじゃねえし、深く考える必要はねえか。よし)

浜面「……」コクッ

小萌『ピッチャー第一球を……、は、走った!?』

浜面「!?」

麦野(三盗だとぉ!? ナメやがって!)スッ

垣根(よし! 刺せる――)

キィン!




328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 16:28:08.81 ID:taUUBCXyP
垣根「なっ!? エンドランだと!?」

麦野「ばっ……」

フレンダ「くっ、これは無理な訳よ!」

小萌『ここで、なんとヒットエンドラン! ランナーのスタートでベースに戻ってしまったサードの横を抜きました!』

上条「五和ーー!! ホームだー!!」

神裂「五和! 還れますよ!!」

五和「はい!」ダッ




330 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 16:33:36.53 ID:taUUBCXyP
絹旗「くっ、麦野!」ビュッ

麦野「はいよ! 垣根!!」ビュン!

垣根「おう!」バシ!

五和「くっ!」

ズサァー!!

垣根「アウトだ!!」

五和「セーフです!!」





黄泉川「……セーフ!!」




332 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 16:38:36.85 ID:taUUBCXyP
垣根「くそっ!!」

五和「やったぁ!!」ダッ

五和「やりました! みなさ――、わっ!?」バフッ

上条「よくやった! すげえよ、五和!」ギュッ! バンバン

五和「わ、わひゃっ!? は、ははは、はいっ! あ、あ、ありがとうございまっ、す!」カァァ

貴様は本当に… またか。このヤロウ。 お、お姉様!! 電気で御髪に乱れが!?




333 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 16:44:48.18 ID:taUUBCXyP
インデックス「むぅー、私がヒット打ったのにー! 全く! とーまは!」

インデックス(せっかく、二人で通常の動きの中にサインを散りばめて相手の虚を突いたっていうのに……)

一方「……ナイスバッティング」

インデックス「え? あ、ありがとう!」

一方「……ふン」

結標(……あの娘も守備範囲なのかしらね)




334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 16:50:56.54 ID:MWpmwAV5P
一方さん守備範囲広いな




337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 17:00:06.03 ID:taUUBCXyP

――――――――――――――――

5回表 DH’s 0-1 IB’s
打者 垣根

浜面「くっそ! また俺が点取られちまった!」

フレンダ「ま、あの後もランナー出したけど一点で済んだし。それより、無得点の方が問題だと思う訳よ」

結標「初回以外、毎回ランナー出てるし、前の回なんて満塁までいったのにね」

絹旗「超オーソドックスなタイプのピッチャーですし、ヒットはかなり出てるんですけどね」

滝壺「あのフォークが曲者」




338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 17:05:31.23 ID:taUUBCXyP
番外「そうは言っても、いつまでもやられっぱなしじゃ――」

キーン!

麦野「おっ、打った」

小萌『この回の先頭の垣根君、ライト前ヒットで出塁!』

フレンダ「さてさて、私の打順な訳よ」

フレンダ(一点差、ノーアウトランナー一塁……)スッ

小萌『二番フレンダさん、バントの構え。サードが前に出てきます』

土御門「……」ジリ・・・




340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 17:09:45.70 ID:taUUBCXyP
吹寄「ふっ!」

ビシュッ!

土御門「……」ダッ

フレンダ(……残念♪)スッ

キィン!

土御門「くっ!?」バシ!

小萌『フレンダさん、バスターで三塁強襲! ノーアウト一塁二塁とチャンスを広げました!』

フレンダ「ふっふーん」




342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 17:15:11.11 ID:taUUBCXyP
浜面(本当にすげえな、あいつ。俺は……)

コン!

『ランナー一塁、二塁で浜面君が送りバント! 見事に決めて後ろに繋げます!』

浜面(……俺がヒーローになる必要はねえさ。頼むぜ)

小萌『さあ、ここで打順は四番に回ります! この場面、点を取れるのでしょうか!?』

上条「すいません、タイムお願いします」

黄泉川「わかったじゃん、タイム!!」




343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 17:20:42.51 ID:taUUBCXyP
上条「……」タッタッタ

上条「吹寄、大丈夫か? 疲れたんじゃないか?」

吹寄「……何よ。水分もきちんと取ってるし平気よ」

上条「……そっか。次の回からは土御門に交代の予定だから、この回まで頑張ろうぜ!」

吹寄「ふん、当たり前よ! 必ず抑えるわ!」

上条「よし!」




344 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 17:25:03.52 ID:taUUBCXyP
一方「……」トントン

土御門「吹寄ー! 四番といっても気にしなくていいぜい。気楽に行くんだにゃー」

一方「……ふン」

一方(いままでの試合の合間になァ、野球が上手くなる本を十冊読破したンだよォ! いつまでも同じだと思ってンじゃねェぞ!!)

吹寄「……」スッ

一方(肩の力は抜く、脇を締める、バットを下げない、ステップしても体は開かない、そして、ボールをよく見て…引きつける!)ブツブツ




347 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 17:30:20.44 ID:taUUBCXyP

ビシュ!

一方(ボールを見続けて、バットを振り切る!!)

カッキーン!!

垣根「うおっ!!」

フレンダ「いったー!!」

結標「嘘!? 打った!?」

小萌『これは大きい! レフトの頭上を遙かに超えてフェンスまで――、え?』


風斬「あ、オーライです」パシッ




349 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 17:35:21.59 ID:taUUBCXyP
垣根「……え? あ! タッチアップ!」ダッ

フレンダ「い、今……」

小萌『あ、あれ? レフトの風斬さんがいつの間にか落下点に……、最初から深く守ってたのでしょうか?』

ズサァー!

垣根「……っと、なんなんだよあれ」

黄泉川「ホームイン」




350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 17:40:39.40 ID:taUUBCXyP
フレンダ(しゅ、守備位置はむしろ浅かったはずな訳よ。一瞬ありえない速度で移動したような……いや、見間違い?)ゴシゴシ

一方(あのレフト見覚えあると思ったらあの時の……。ありゃあ反則クラスだなァおい)

風斬(あ、しまった! つい……)

インデックス「ひょうかー! ないすきゃっちーなんだよー」フリフリ

上条「風斬ー! ナイスキャッチ!!」

風斬「あ……、は、はい! ありがとうございます!」

小萌『な、なんにせよ、一方通行君の犠牲フライでダークヒーローズ、同点に追いつきました!』




351 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 17:45:52.04 ID:taUUBCXyP
麦野「さぁーて。見せ場ね、これは」

吹寄(……く、完璧に打たれちゃったわね)スッ

ビシュ!

麦野「いいコース!」

キーン!

小萌『麦野さんの打球は――ライト前に! スタートを切っていたフレンダさんが…ホームイン! 勝ち越しです!』

麦野「うしっ! どうよ! 浜面……?」




355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 18:00:09.42 ID:taUUBCXyP
浜面「なあ滝壺、俺のピッチングどこが悪かったんだと思う?」

滝壺「うーん、そうだね……、多分――」

麦野「……」

垣根「麦野ちゃーん、ナイスだぜー!」

絹旗「麦野、超すごいですよー!」

麦野「はは、サンキュー……はぁ」




356 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 18:04:58.07 ID:taUUBCXyP

―――――――――――――――

 6回裏 DH’s 2-1 IB’s
 打者 吹寄

小萌『この回先頭の上条くんがヒットで出塁。五和さんはいい当たりを放ちながらも、センターの正面をついてしまいワンアウト』

小萌『続く青髪ピアス君がヒットを打ち、盗塁まで決めてワンアウト三塁二塁の大チャンスでしたが――』

インデックス「スリーバントスクイズを読まれるとは思ってもいなかったんだよ……」

ステイル「いや、外された球に当てただけでも十分さ。おかげでランナーが死なずに済んだ」

神裂「ええ、その通りですよ。次の打者に期待しましょう」

インデックス「……うん、そうだね! せいりー! がんばれー!!」




357 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 18:07:34.41 ID:taUUBCXyP
小萌『前の回から変わったピッチャーのフレンダさんこのピンチを抑えられるでしょうか!?』

フレンダ(ふふん、ヒット二本打たれた時はちょっと焦ったけど、ツーアウトで下位打線。結局、無失点で終了な訳よ)

垣根(なんとかスクイズ読めて助かったな。とはいえ、このバッターもピッチャーやってた奴だし慎重に行くべきか……?)

吹寄(どうしよう……、ここで必ず打って取られた点を取り返さないと……)グッ

フレンダ「ふふーん」

ビュン! バシン!

黄泉川「ストライク!」




358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 18:11:25.14 ID:taUUBCXyP
垣根(ん……? 随分、力が入ってるな。そんなにガチガチじゃ打てねえぜ)

フレンダ「ふっ!」

ビュッ! キン

黄泉川「ファールボール!」

吹寄(く……くっ、追い込まれちゃった。どうすれば……)

垣根(よし、これなら――)

上条「吹寄ーー!!」

吹寄「な、なによ上条!?」

上条「デコッぱちーーー!!」




360 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 18:15:50.49 ID:taUUBCXyP
麦野「デコ……?」

浜面「一体何を……」

吹寄「か、上条! 貴様この状況で一体何を……あ!」

吹寄「た、タイムお願いします!」

黄泉川「タイム!」

吹寄(そ、そうだ! 帽子かヘルメットをずっと被っていたから忘れていたけど……!)イソイソ

一方「なンだァ……?」

結標「髪型でも直してるのかしらね。今することでもないと思うけど」




361 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 18:16:15.30 ID:aBnrq61B0
いやああああああああ
太陽拳がくるぞおおおおおお




363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 18:18:22.21 ID:taUUBCXyP
吹寄(よし!!)

吹寄「ありがとうございます!」

黄泉川「プレイ!」

吹寄「……」スッ

垣根(……、ランナーのヤジのせいか、うまく力が抜けてるな。一球様子を……って、おい! 馬鹿野郎!!)

フレンダ(何をしたのか知らないけど、結局この球で終わりな訳よ!)




364 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 18:19:32.19 ID:ugjf/kO70
吹寄のデコを使うだと…?




365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 18:23:21.91 ID:taUUBCXyP

ビュン!

吹寄(打てる!)

キィン!

小萌『あーっと、これはフライになってしまいました。セカンドの方へ――』

結標「……くっ、センター!!」

番外「いや、ライトでしょ!?」

滝壺「届かない……!」

吹寄「落ちなさいっ!!!」

トンッ!




366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 18:26:11.76 ID:MWpmwAV5P
吹寄っておデコキャラなの?
興味が湧いたんだけど




367 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 18:27:13.06 ID:wINdHAhP0
むしろおっぱいキャラ




372 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 18:37:15.85 ID:uMYBMy0zO
吹寄は巨乳兼デコキャラだな
吹寄おでこDXはおでこを全開にした本気モード




368 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 18:27:51.70 ID:taUUBCXyP
小萌『なんと! 打球はセカンドの後方、センター、ライト、セカンドの三者の丁度真ん中に落ちましたー!』

小萌『ツーアウトでスタートを切っていたランナーは今、二塁ランナーも……ホームイン! 吹寄さんの二点タイムリーで逆転です!!』

上条「よっしゃあ!!」パンッ!

青ピ「やったで!!」パンッ!

上条「吹寄ーー!! おでこDX最高ーーー!!!」

青ピ「委員長ー! カッコいいでー!!」

吹寄「当ったり前でしょうが!!」グッ!





土御門「まあ、本当の委員長は青髪なんだけどにゃー」

神裂「今はどうでもいいでしょうに……」

インデックス「みんなすごいんだよーー!!!」




397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 21:00:24.32 ID:taUUBCXyP

――――――――――――――

7回表(最終回) DH’s 2-3 IB’s
打者 垣根

フレンダ「くぅ……、打席で取り戻す訳よ!」スタスタ

結標「土壇場で逆転されるとはね……」

一方「……」




398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 21:04:59.65 ID:taUUBCXyP
絹旗「仕方ありません。まだ試合は超続いてますから、また点を取るしかありませんね」

浜面「しっかし、あの土御門って奴の投球は……」

麦野「確かに。先発ピッチャーもいい球放ってたけど、スピードは段違いね」

絹旗「前の回も超三者凡退に抑えられましたし――」

一方「――ゴチャゴチャうるせェよ、オマエら。素直にバッターを応援できねェのか」

番外「けけっ、あなたが『素直に』ねぇ」

結標「……それもそうね。現状を嘆いても仕方ないわ。垣根ー! 必ず出なさいよー!!」




400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 21:10:42.24 ID:taUUBCXyP
麦野「ヒット打てよー!! 第二位ーー!!」

番外「デッドボールでもいいよー!!」



土御門「おーおー、すごい応援だにゃー」

上条「仲良いんだな、そっちのチーム」

垣根「いやいや、そうでもねえさ」

垣根(ま、大会に出るために急遽集まっただけのメンツだしな)

垣根(……けど)

垣根(声援には、プレイで答えなきゃいけねーよな)グッ




402 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 21:15:48.76 ID:taUUBCXyP
小萌『さあ、最終回です! 一点を追うダークヒーローズ。先頭の垣根君は出塁できるでしょうか!? ピッチャー振りかぶって――』

土御門「……」スッ

ビュオッ!! バシーン!

黄泉川「ストライーク!」

垣根(……やっぱ速えーな。だが!)

ゴォッ! キン!

黄泉川「ファールボール!」

小萌『垣根君粘ります! ツーワンからファールで粘って、現在のカウントはツースリー。次が十球目です!』




403 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 21:20:19.55 ID:taUUBCXyP
土御門(……全く、しつこいぜい!)

ビュン!

垣根「……」グッ!

バシン!

黄泉川「…………ボール! フォアボール!」

垣根「っし!!」

浜面「よっしゃあ!」

番外「第二位最高!!」




404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 21:25:08.41 ID:taUUBCXyP
土御門「すまんにゃー」

上条「次抑えようぜ!」

フレンダ「……」ペコ

上条(この娘か……)

土御門(……さっきの打球は強烈だったぜい)

フレンダ「……」

小萌『先頭打者が出たところで、この二試合大当たりのフレンダさん! ここはどんな作戦を――、あっ!』




406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 21:30:21.76 ID:taUUBCXyP
フレンダ「……」スッ

コン!

土御門(素直に送りバント、か。力任せに打ってくるかと思ったが)

吹寄(っと、二塁は無理ね……)シュッ

小萌『ここは堅実にランナーを進めました! ナイスバントです!』

フレンダ「……」テクテク

浜面「フレンダ!」




407 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 21:35:35.32 ID:taUUBCXyP
フレンダ「なに?」

浜面「……必ず打つからな」

フレンダ「……ふん、別に期待してないっつーの。それより絹旗、ピッチング練習の相手してほしい訳よ」

絹旗「ええ、超任せてください!」


浜面「……」ザッ ザッ

上条(前の試合ホームラン打ったらしいし、こいつも結構バッティング良さそうだけど……)

土御門(敬遠して、逆転のランナーを出す理由はないにゃー)

浜面「さあ、来い!」

土御門&上条(勝負!)




408 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 21:41:08.30 ID:taUUBCXyP
小萌『三番浜面君の打席、カウントはワンエンドワンと並行カウント。次の一球は両者にとって重要です』

浜面(カウントを悪くしたくはないはずだ。狙うならここ……!)

土御門「……」スッ

小萌『ピッチャー第三球を……投げました!』

浜面(負けてたまるか!!)

キィン!

滝壺「!!」

麦野「出た!!」

小萌『これはいい当たり! 三遊間を…抜けました!』

浜面(よっしゃ! やったぜ!!)

垣根(サイコーだぜ! 浜面!! ……な!?)ザッ!




410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 21:46:06.12 ID:taUUBCXyP
小萌『え!? に、二塁ランナー三塁でストップです! 慎重を期したんでしょうか? 十分本塁に還れそうな打球でしたが……』

風斬「あ、ショートさーん」シュッ

五和「は、はい」パシッ

垣根(くそっ、あのレフト、マジで得体が知れねえ……。俺の脳が全力で警鐘を鳴らしてきやがった……)

風斬(ホームまで行かれちゃうかと思った)アセアセ

小萌『さあ、それでもチャンスは広がりました! ワンアウト、ランナー三塁一塁で、四番の一方通行君!』




414 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 21:58:36.79 ID:wkXE7ME9O
風斬さんマジ存在自体反則




416 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 22:00:05.48 ID:taUUBCXyP
一方(ふン。こんな場面で対決すンのがデメェだとはなァ)

土御門(能力無しなら、お前には負けないぜ)

小萌『緊迫した場面です! ピッチャー、サインに頷いて第一球を…投げました!』

バシン!

黄泉川「ボール!」

上条(一応外したが……、スクイズは無さそうだな。姫神! 五和!)ブンブン

姫神「……」コクッ スッ

五和「……」スッ

上条(万が一、ランナーに還られてもまだ同点。なら、強気にゲッツー狙いだ!)




419 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 22:05:29.34 ID:taUUBCXyP
一方(ゲッツーシフト……か。ふぅー)

一方(大活躍っつう当初の予定とは大分違っちまってるが……、ここで打つのが四番だ!)
                
打ち止め「頑張れーーーーー!!! 打てるよーーー!!!!」

一方(――打つ!!)

小萌『ピッチャー第二球を…投げましたっ!!』

キィン!

小萌『打った!!』


上条(……よし!!)




421 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 22:10:42.08 ID:taUUBCXyP
小萌『二遊間へ飛んだ打球はセカンドの守備範囲! これは万事休す!』

姫神(これなら。取れる)

パシッ

姫神「五和さん!」

小萌『なんなく捕球して、セカンドベースに入ったショートにトス! その間に三塁ランナーは還りますが――』

審判「アウト!」

五和(よし、ファーストに送って、試合終りょ――!!?)

浜面「はっはー!! 負け犬上等ーーー!!!」

ズザザザザーー!!!!




422 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 22:15:03.19 ID:taUUBCXyP
小萌『一塁ランナーの浜面君、もの凄い勢いのスライディング!』

五和(くっ、体勢が!!)ヒュッ

ステイル(ッ! 送球が逸れてるな。だがこれならギリギリ――)

一方「くっそォォォォォォォォォォォォ!!!」

バッ ズサァァァ!!

ステイル「なっ!?」バシッ

小萌『バッターの一方通行君決死のヘッドスライディング! さあ、判定は――』




425 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 22:19:33.57 ID:taUUBCXyP
審判「……セーフ!!」

垣根「ッ! よっしゃあああ!!」

浜面「っし!! やったぜえええ!!」



絹旗「同点です!! 超同点ですよ!!」

フレンダ「うん! うんうん!!」

番外「……やるじゃん、あの人」

結標「ええ、ほんとにね」

滝壺「……」パチパチパチパチパチパチ!



一方(……へっ、みっともねェな。まァ――)

打ち止め「きゃっほー!! 土壇場で同点だよ! ってミサカはミサカは大はしゃぎしてみたり!!」

一方(……よし、としておくかァ)




427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 22:25:55.41 ID:taUUBCXyP
土御門(まさか一方通行があんな泥臭い真似をするとは……、あいつも本気だぜい)

ゴォッ!

麦野「くっ!」

ブン!

黄泉川「ストライーク! バッターアウト!」

麦野「クソッ!」

ポン

麦野「ああ!?」

浜面「ほら、守ろうぜ! そんで延長で勝とう!」

麦野「……言われなくても分かってるっての!!」ダッ


小萌『最終回にダークヒーローズ、追いつきました! この勝負の行方は一体!?』




428 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 22:30:32.55 ID:taUUBCXyP

―――――――――――――――

7回裏(最終回) DH’s 3-3 IB’s

フレンダ(……せっかく追いついてくれたのに、みっともない訳よ!!)

小萌『ピッチャーのフレンダさん、コントロールが定まらなくなってきてしまいました』

小萌『ツーアウトまでは取りましたが、ヒットでランナーを一人出した後、連続フォアボールで満塁です』

小萌『ダークヒーローズ、タイムを取って内野がマウンドに集まっています』

垣根「とりあえず交代だフレンダちゃん。よく投げたな」

フレンダ「ッ! まだ――」

麦野「……お疲れ、フレンダ」ポンポン




431 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 22:35:30.55 ID:taUUBCXyP
フレンダ「麦野……」

垣根「心配すんな。負けやしねーさ」

フレンダ「……わかった、訳よ」

垣根(いくら運動神経がいいって言っても、女の子なんだし持久力まで求めるのは酷か……。もう少し早く代えてやるべきだったな、くそ)

垣根(とはいえ、この状況……)チラッ

上条「……」ブンッ! ブンッ!

垣根(フォアボールの許されない満塁で、コントロールの甘い麦野はマウンドに上げられない)

垣根(浜面はさっき投げたし球筋は知られてる……)




432 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 22:40:09.83 ID:taUUBCXyP
垣根(ワーストも同じだが、投手としての力なら浜面より上。だが、初回にあのバッターには完璧に捉えられてたな……)

垣根(俺がマウンドに上がると今度はパスボールの危険性が出てきちまう……。全部一長一短か……、どうする)

垣根「……」

結標「どうするの?」

浜面「誰に……」

麦野「……」

フレンダ「……」

一方「おい」

垣根「何だ?」

一方「ボール寄こせ。俺が投げる」




436 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 22:43:38.15 ID:s+7hIKFgO
なにこのドラマチック展開wwwwwwwwww




439 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 22:45:15.77 ID:taUUBCXyP
結標「……本気なの? 貴方じゃ無理なんじゃない?」

垣根「……ま、他にあてがないのも確かなんだが、さすがにお前はなー」

麦野「はっ、不様な姿を晒しちゃうんじゃないの?」

一方「……ごちゃごちゃうるせェよ。黙って守備につけ」

フレンダ「……頑張って」

結標「ま、頑張りなさい」

垣根「うし! それで行くか!」




441 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 22:51:02.22 ID:taUUBCXyP
上条(一方通行がピッチャーか……)

一方(ハッ、いつまでもこいつに負けたまンまでいられるかよ。今日こそは……)

打ち止め「頑張れーーー!!!」

一方(必ず……勝つ!)

黄泉川「プレイ!!」

上条(一方通行……。悪いけど俺だって負けられないんだ!)グッ

小萌『さあ、土壇場でピッチャーを代えたダークヒーローズ。この交代は吉と出るのか凶と出るのか!』




443 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 22:53:20.38 ID:taUUBCXyP
一方(大丈夫だ。俺は本十冊分野球が上手くなってるハズだ!)

小萌『ピッチャー第一球を、投げました!』

ビュン! バシッ!

黄泉川「ストライーク!」

垣根「……ナイスボール!」ヒュッ

一方「……」パシッ

上条「……」グッ グッ

小萌『初球はストレートでストライクを取りました。さて二球目は……』




444 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 22:54:00.85 ID:4/1Gmwrv0
神裂「代打、私」




445 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 22:56:04.16 ID:MMLhqee0O
>>444
それはないwww




446 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 22:56:55.51 ID:aBnrq61B0
>>444
やめろwwwwwwwwwwwwwwww




447 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 22:57:16.51 ID:taUUBCXyP
一方「……」スッ

ビュッ! バシ!

黄泉川「ボール」

小萌『二球目は外れてワンエンドワン、バッテリーも慎重です』

一方(万が一でも四球はだめだ。次の球で――)

小萌『ピッチャー、第三球を……投げました!』

上条(――こんなもんかよ!!)

カキィーン!!

一方「!!」




453 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 23:02:00.82 ID:taUUBCXyP
青ピ「出たー!!」

吹寄「やった、走れー! 土御門!!」


麦野「くっ!」

絹旗「これは――」

黄泉川「……ファール!」

小萌『上条君の打球はいい当たりでしたが、レフト線僅かに切れてファールです! 惜しかったですねー』

上条「くそっ、引っ張りすぎた」

垣根「……タイム頼む」

黄泉川「おう。タイム!!」




455 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 23:06:48.77 ID:taUUBCXyP
タッタッタ

垣根「おい、さすがに無理だ。あの球じゃ抑えられねえぞ」ボソボソ

一方「……」ブツブツ

垣根「何言ってんだよ。今からでも俺が――」

一方「……、くくくけけきここかかか」

垣根「……イカれたか?」

一方「さっさと戻れメルヘン! よォやく楽しめそォだ!!」

垣根「……ハッ! 打たれんじゃねーぞコラ!」タッ


黄泉川「プレイ!」

一方(く、は、さすがはヒーローだ)




456 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 23:11:48.59 ID:taUUBCXyP
一方(そォだよなァ。オマエはそォでなきゃいけねェよなヒーロー!!)ゴゴッ

上条(!? なんだ? 一方通行の雰囲気が……?)


ユニフォームの上からも強く感じる威圧感に、上条は思わず身を震わせる。
誰の目からもはっきりと判別できるほどに、一方通行の纏う空気が変わっていた。

一方通行にとって、上条当麻の存在は大きい。
実験を止めて、一万もの妹達を救いだし、自分に道を示してくれた。
口に出して認めることはないが、一方通行の根幹とも言える部分は、上条の影響を多分に受けている。

ただ、根本までは変わらない。
一方通行は今でも、自分が上条のようなヒーローになれるとは思っていない。
それでも――

(絶対に、負けられねェンだ!!!)




457 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 23:16:15.32 ID:taUUBCXyP
小さな少女がいる。
ある人物のクローンとして生まれ、クローン達を統括する役割を与えられたが故に、途轍もない苦難を背負うことになった少女が。

その少女と出会い、一方通行は自分の弱さを痛感した。
学園都市第一位の称号を得ても、少女一人も守りきれない自分の情けなさに辟易することもあった。


   ――それでも、少女の前では『最強』を名乗り続けることを決めた――



「決めたンだよ……」

一方通行の声が響く。

「俺は決めたンだ! MVPを取ってあのガキと遊園地に行くって!! あのガキを喜ばせてやろうって!!」

それは魂からの叫びだった。
第一位の称号も、善人も悪党も関係ない、ただ一人の人間としての悲痛な願い。




458 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 23:17:59.06 ID:YkPbwbnB0
一方△




459 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 23:19:25.48 ID:uyzmWgol0
欲望にまみれてるけどなww




462 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 23:21:37.57 ID:taUUBCXyP
「それを否定できンのかよ!? あのガキだけが、楽しめないなンてことがあっていいのかよ!? なあヒーロー!!」

その威圧と叫びを全身に受けてなお、上条は口を開く。

「その程度かよ……」

「……なン、だとォ?」

「その程度か、って言ってんだよ!! 一方通行!!」

上条の咆哮が一帯に響き渡る。
一方通行の強き願いを受けても、惑うことなく。

「MVPだと? ふざけんじゃねえ! そんなもんに頼らねえと相手を誘えねえほど、お前はちっぽけな存在なのかよ!?」

「お前が誘えよ! 自分の意思で、自分の言葉で!! 一緒に行きたい、それを伝えるのに何の問題があるって言うんだよ!?」




463 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 23:22:06.48 ID:LH4d77IZO
あれ……カッコいい……?
あれ……??




464 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 23:22:48.42 ID:uMYBMy0zO
上条さんは結局は上条さんな訳よ




465 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 23:24:05.33 ID:aBnrq61B0
上条さんに説教は通用しなかった




470 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 23:26:56.91 ID:taUUBCXyP
返ってきた言葉を、一方通行は噛みしめる。
ただ、噛みしめながらも決して――引き下がらない。

「……分かったよォなクチを…きくンじゃねェ!!」

「おかしいだろォが!! 俺みたいな奴が遊園地だなンて明らかにおかしいだろ!! 元々無理があるンだよ!!
俺みたいなクソッたれの不健康の象徴みたいな細くて白い奴がよォ! 爽やかに、遊園地行こうぜ! なンて言えねェだろォが!!
どォ考えたって場違いだろォがよ!! だから口実が必要だったンだよ!!」

咆哮と共に、一方通行の右腕に力が集まる。
学園都市第一位の能力によって、凝縮された力が。

「そもそも前提がおかしいンだよ!! 何でだよ!! 何でどいつもこいつも俺を変態(ロリコン)って呼ぶンだよ!!
好きになった奴が、偶々ロリだっただけだろォが!! 何でそれだけで犯罪者呼ばわりされなきゃならねェンだよ!!
好きな奴を好きって言うのさえ俺には許されねえってのかよ!? なァ、ヒーロー!!」

最強の超能力者の思いの丈をぶつけられてなお、無能力者の少年は声を発する。

「……関係ねえだろ」




471 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 23:28:47.20 ID:thn8T5cn0
これみんなに聞こえてるんですよね




475 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 23:32:19.07 ID:taUUBCXyP
「……ッ!?」

「周りの声がなんだっていうんだよ!! そんなもんに屈してお前はそれでいいのかよ!?
お前は今まで守ってきたんだろ!? そいつに対する想いを持ち続けてきたんだろう!?
それを諦めちまっていいのかよ!? お前のその気持ちは、そんな簡単に捨てちまえるようなものじゃねえはずだろ!!
大して知りもしない連中の言葉で、一番大切なものから無理矢理目を背けて、それでお前は満足なのかよ!?」

無能力者の少年は一歩も引き下がらない。
一方通行の右腕に集まる力の奔流を見ても、一歩たりとも。

「お前がずっと持っていた想いだ!! お前だけが胸を張って主張できる想いだ!!
そこに他人なんて入れていいのかよ!? お前が誇りを持てるならそれでいいだろ!!
お前の人生だろ!? お前が決めろよ!!」

「変態(ロリコン)だと言われようが、お前自身が胸を張れる行動をとってみろよ!!」

「……それでも、それでも社会ってやつの風当たりは強いンだよおおおおおおおおおおおお!!!!」




479 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 23:36:14.89 ID:taUUBCXyP
一方通行の右腕から、能力によって莫大な運動エネルギーを得た軟球が上条当麻に向かって放たれる。
遠慮も無く、容赦も無く。
その圧倒的な力は全てを刈り取る、――はず、だった。

「……いいぜ、お前がまだ変態(ロリコン)への非難を気にし続けるっていうのなら――」

「――まずは、そのふざけた幻想をぶち壊す!!!」

上条当麻がかざした右手に、ボールに込められた力は全て打ち消された。
一方通行の能力で得たはずの、速度も、衝撃も、余波も、その全てが。

その光景を目の当たりにしても、一方通行は驚きを表さなかった。
むしろ、それが当り前であるかのように受け止めていた。

(……そォだ。やっぱりオマエは最高だぜェ、ヒーロー)




480 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 23:39:23.96 ID:taUUBCXyP
一方「く、くははははは、次だ、次の一球で必ず――」

黄泉川「……デッドボール」





一方「………………はァ?」




483 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 23:42:08.46 ID:thn8T5cn0
まぁそうなりますよねー




484 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 23:42:19.39 ID:taUUBCXyP
黄泉川「ほら、少年。さっさと一塁に行くじゃん」

上条「あ、はい」タッタッタ

土御門「よっと、ホームイン!」

土御門(こいつアホだにゃー)

黄泉川「ゲームセット!! 四対三で――」

一方「よ、黄泉川ァァァァ!! ちょっと待ちやがれェェェ!! デッドボールってなンだ!?」

黄泉川「バッターにボールが当たった。どー見てもデッドボールじゃんか」

一方「な、な……なンだと」

垣根「いや! ちょっと待ってくれよ! ここまで引っ張ってデッドボールで終了ってのはあんまりじゃねえか!?」

麦野「そ、そうよ! 冗談きついってば!」

黄泉川「何言ってるんだ、ルールなんだから当たり前じゃん」




487 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 23:44:27.94 ID:AP+EI4zE0
自分から掴みに行ってるからデッドボールじゃないだろ




490 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 23:45:54.74 ID:taUUBCXyP
垣根「く……」

麦野「それは、そうだけど……」

浜面「待て! 待ってくれ!」

黄泉川「なんだ浜面? ルールは曲げられないぞ」

浜面「違う! そうじゃなくて今のはデッドボールにならないんじゃねえか!?」

一方「……?」

麦野「どういう……」

浜面「デッドボールって確かさ、出来る限り回避行動をとったうえでそれでも避けられなかった場合に与えられるものだろ!?」

垣根「そうか! さっきのバッターはむしろ自分から手を伸ばしてたし……」

浜面「そういうことだ! あれはボールに当たりにいったとも取れるんじゃないか!?」

黄泉川「……しかし、投球のコースは完全に打者に向いてたし、避けきれずに思わず手が出たという可能性も……」




495 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 23:49:11.84 ID:taUUBCXyP
垣根「俺にはボールにしっかり反応したうえで、右手を伸ばしたように見えたぜ!? あんたはどう見えたんだよ審判!」

黄泉川「……むぅ、一理あるじゃん」

一方「……!」

浜面「だ、だろ? だから……」

黄泉川「はぁ、わかったじゃんか。デッドボールは無しにするじゃん。……一方通行!!」

一方「な、なンだ!?」

黄泉川「能力使用で反則負けじゃん!! この大馬鹿野郎!」

一方「」

浜面「……え」

垣根「……あー」




496 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 23:50:06.57 ID:wkXE7ME9O
ですよねー




497 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 23:50:11.97 ID:BDkd+s58O
ですよね




504 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 23:52:44.14 ID:taUUBCXyP
黄泉川「能力自体消えちまったし、怪我した奴も居なかったから後で説教だけで済ませようかと思ったけど、こうなったら話は別じゃん!」

黄泉川「お前何考えてるじゃん! あんな能力使ったら怪我じゃ済まされないじゃん!」

一方「……あれはヒーローが相手で」

黄泉川「訳のわからないことを言ってるんじゃない! せっかく頑張ってると思ったのに最後の最後でお前は……!」

垣根「あー、でもほら、あのバッターも能力使ったんじゃないか? 第一位の能力を抑えたのは多分……」

黄泉川「だとしても、そもそも能力を最初に使ったのは一方通行だ! その時点で反則負けじゃん!」

垣根「ですよね。すいませんでした」

黄泉川「そもそも今日の大会を、能力禁止にしたのは幅広くみんなに――」ガミガミ

一方「……すンませン。ホントにすンませン」ドゲザ




505 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 23:54:37.73 ID:LH4d77IZO
黄泉川が正論すぎて何も言い返せないよwwwwww




506 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 23:55:24.05 ID:taUUBCXyP
垣根「いやー、参ったな。正論過ぎるぜ」

浜面「確かに……。反論できるとこが見つからない」

上条「なんか、ごめんな」

垣根「いやいや、あんたが謝ることはねーさ。いい試合だったな」

青ピ「そうやなー、正直優勝できるなんて思ってへんかったわ」

土御門「そっちのチームもかなり手強かったぜい」

浜面「あんたのピッチングも相当だったな。……あ」




507 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/10(金) 23:58:49.59 ID:taUUBCXyP
浜面「えーっと、あんた。さっきは悪かったな、怪我とか無かったか?」

五和「あ、大丈夫ですよ。これでも鍛えてますから」

絹旗「確かに、先制の時の超活躍は凄かったですね」

フレンダ「あれで主導権を握られちゃった訳よ」

吹寄「貴女だって大したものだわ。どうやったらあんなに打てるのかしら」

麦野「ま、最終回の失態でギリギリプラス程度だけどね。あの白いのよりは全然マシだけどさ」


風斬「あ、あの……なんでしょうか」

滝壺「……」ジー

風斬「あの……」

姫神「どうかしたの?」

滝壺「ちょっと観察、かな」

姫神「? そう」




508 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/11(土) 00:01:16.41 ID:Q8sHPTEDO
はたしてMVPはwwwwwwwwww




509 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/11(土) 00:02:27.47 ID:6uEgp1uKP


結標「ごめんなさいね、あんな終わり方で。けど、貴女はずっとベンチだったのね。出なくてよかったの?」

神裂「ええ。今日は皆のサポートをすると決めましたから」

インデックス「むぅー、たくさん運動してもうお腹がペコペコなんだよ!」

番外「……ねえねえ、お兄さんって学生じゃないよね? 教師かなんか?」

ステイル「……僕は、まだ十四だ」

番外「まったまたー。……え? 冗談だよね?」


小萌「な、なんかもうなし崩しになっちゃってるけど、優勝賞品を授与するのです!」

上やんが受け取るぜよ それよりこの後打ち上げ行こうで? とーま! おなか減った!

ガヤガヤ ワイワイ

黄泉川「――! っと、忘れてたじゃん。まあ説教はこのくらいにしておくか。月詠センセー! 手伝うじゃんよー!」




511 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/11(土) 00:06:53.20 ID:6uEgp1uKP
一方「……」ズーン

浜面「な、なあ、そんなに落ち込むなってば……」

麦野「ふん。揚々と出ていったくせにあのザマかよ。不様な姿を晒すなって忠告してやったのにさ」

絹旗「所詮、第一位もこの程度なんですね。超みっともないです」

フレンダ「……ふん」

滝壺「大丈夫、私はそんな役立たずでボロボロのあくせられーたも応援してる」

麦野「行くぞ」

スタスタスタ

浜面「お前ら、そこまで言わなくても……」


麦野「浜面! 何してんの。車出しなさい、汗流しに行くから」

浜面「あ、ああ。えっと、じゃあな!」

タッタッタ




515 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/11(土) 00:12:01.21 ID:6uEgp1uKP
一方「……」シクシク

番外「ほら、いつまで寝てんのさ。起きなよ」スッ

一方「……ワースト、オマエは」

番外「なーんて言うと思った? 何? 反則負けって。情けなさすぎるから死んだらいいんじゃない? ぷぷっ」ケラケラ

スタスタ


一方「ドチクショオ……」

垣根「あー、まあ俺は今日一日結構楽しめたんだけどさ、ありゃ擁護できねえわ。そこで寝とけ。じゃあな、淡希ちゃん」

結標「……ええ」

スタスタ




517 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/11(土) 00:15:51.58 ID:6uEgp1uKP
一方「どォせ俺なンか、クソッたれの悪党でしかねェんだよォ……」グスグス

結標(……面倒くさいわね、もう)

結標「ほら、起きなさい。さっさと――」

スッ

打ち止め「――お疲れ様、ってミサカはミサカは貴方の頭を撫でてみたり」ナデナデ

一方「……打ち、止め?」

打ち止め「今日のあなた、すごくカッコよかったよ、ってミサカはミサカは褒めてみたり」

一方「……何言ってンだ、俺はあんな真似を――」

打ち止め「うーん、確かに能力を使っちゃったのはいけなかったけど、それまでのあなたは本当に頑張ってたよ!」




519 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/11(土) 00:19:45.46 ID:6uEgp1uKP
打ち止め「多分、ヨミカワも同じ考えだと思うよ。だから、能力使った時あんなに怒ったんじゃないかな、ってミサカはミサカは推測してみたり」

一方「俺、は……」

打ち止め「……あなたの言った通り、あなたはミサカに大活躍を見せてくれたよ、ってミサカはミサカは感謝してみたり」

一方「……はっ、そォかよ。よっ、と」スクッ

打ち止め「今日はね! ヨミカワがごちそうを作ってくれるんだって! ってミサカはミサカは期待に胸を膨らませて報告してみたり!」

一方「そォか。炊飯器足りンのかァ?」

打ち止め「秘策があるってヨミカワが言ってたよ、あ、そうだ!」

結標「?」

打ち止め「あ、あの! よかったらお姉さんも一緒にどうかな、ってミサカはミサカは誘ってみたり!」




522 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/11(土) 00:23:25.42 ID:6uEgp1uKP
結標「え、私……?」

打ち止め「うん!」

結標「……」チラッ

一方(……ふン)

結標「……ありがとう、でも遠慮するわ。私、この後用事があるのよ」

打ち止め「……そっか、わかった! ってミサカはミサカは残念さを隠してみたり!」

一方「……隠せてねェぞ。おい、いいのか」

結標「いいからさっさと帰って、その娘に慰めてもらいなさい。ロリ……白モヤシ君」




524 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/11(土) 00:26:31.57 ID:6uEgp1uKP
一方「ちっ、うるせェよババァが。行くぞォ打ち止め」

打ち止め「うん! またね、お姉さん、ってミサカはミサカは手を振ってみたり」フリフリ

結標「……」フリフリ



一方「……なァ、打ち止め。今度遊園地にでも行ってみるかァ?」

打ち止め「――うん! 行きたい行きたい! ってミサカはミサカははしゃいでみたり!」

一方「……そォか。なら連れてってやらァ」

打ち止め「ミサカ、あなたと一緒にジェットコースターとか観覧車とかいっぱい乗りたい! ってミサカはミサカは――」

結標(……ま、水を差すわけにはいかないわよね)




530 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/11(土) 00:30:09.66 ID:6uEgp1uKP
結標「さってと、小萌は――」

??「あのー」

結標「ん? あら、貴方……」

上条「えっと、結標さんですよね?」

結標「ええ、そうだけど」

上条「えーっと俺、実は小萌先生の教え子で上条当麻って言うんですけど……」

結標「小萌の?」

結標(そういえば上条って聞いたことあるような……)

上条「それで、俺たちこれから打ち上げに行くんだけど、小萌先生もぜひ一緒にって話になって……」

結標「ああ、それで知らせに来てくれたの?」

上条「いや、そうじゃなくて結標さんも良かったら参加しないかなって。賞金使うからタダだしさ」




531 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/11(土) 00:33:33.78 ID:6uEgp1uKP
結標「え? でも、貴方たちチームの打ち上げに私が行っても……」

上条「ああ、実は別のチームの連中も結構混じっててさ。だから、全然気にしなくて大丈夫」

結標「うーん、そうね……」

結標(わざわざ行くのもどうかしらね、別に参加したくないわけじゃないけど……)

結標「――悪いけど」

上条「あ、それと、土御門と知り合いなんだって? あいつから伝言があるんだけど」

結標「? 土御門から? 何かしら」

上条「あー、これはあくまで伝言をそのまま伝えてるだけであって、上条さんの意志は全く入ってないんですが……」

結標「? うん、それで何て?」

上条「えーっと、『ゴチャゴチャ考えてないでさっさと来いショタコン P.S. お前、今日一番活躍してなかったにゃー』 だそうで……」




532 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/11(土) 00:37:17.63 ID:6uEgp1uKP
結標「へ、へぇー、そう」ピクピク

上条「あ、ああ」

結標「上条君? 打ち上げに是非参加させてもらうわ。さ、行きましょ」グイ

上条「あ、はい、いいい!?」ズルズル!

結標「あの変態(シスコン)、グラサン叩き割ってあげようかしらねー」ビキビキ

上条(綺麗な人だと思ったのに意外とおっかない人……?)

結標「さあ、上条君! あの金髪グラサンはどっち!?」

上条「あ、あっちです!」

上条(ま、優勝できて目的だったタダ飯にありつけそうだし、別にいいか。幸せだー!)



End




533 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/11(土) 00:38:55.45 ID:reIja0UJO
乙! 面白かったぜ




534 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/11(土) 00:39:23.91 ID:TytQwOY50
面白かったおつ

結局MVPの行方は?




535 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/11(土) 00:39:30.28 ID:XCIUEQGG0
乙!




536 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/11(土) 00:39:35.72 ID:+o+/90+VO


結局MVPは誰だったんだ




538 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/11(土) 00:40:22.45 ID:6uEgp1uKP
おまけ MVPの行方

吹寄「え? ああ、終わり方があんなのだったからかしらね。その前にタイムリー打ったあたしがMVPを頂いたわ」

吹寄「ええ、遊園地も中々楽しかったわよ。普段はあんまり行けるところじゃないから尚更ね」

吹寄「いや、普通に姫神さんを誘って行ったけど……、な、なんでそこで上条の名前が出てくるのかしら?」

吹寄「……全く。あ、部屋は当然別々だったわよ。確かにすごい部屋だったわね。お風呂はかなり広かったから一緒に入ったけど――」

吹寄「ま、それなりに有意義な話はできたわね。でも、姫神さんはなんであんなのを……」ブツブツ

吹寄「――って、三馬鹿!! 盗み聞きしてるんじゃないわよ! 待ちなさい!!」ダダダッ!


全部終わり




539 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/11(土) 00:43:23.76 ID:UlCZBKS6O
堪能した
おつ




540 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/11(土) 00:43:24.87 ID:6uEgp1uKP
これで全部終わりです。ダラダラと長くなっちゃったけど見てくれた人、支援、保守や感想くれた人ありがとう

あと、代行してくれた>>1さんも本当にありがとうございます




541 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/11(土) 00:43:31.95 ID:39auFcrK0
乙っした!







----------------
当ブログについて
※欄128さんありがとうです。



とある魔術の禁書目録 (限定版:figma 御坂美琴 1体同梱)
とある魔術の禁書目録 (限定版:figma 御坂美琴 1体同梱)
アスキー・メディアワークス 2011-01-27
売り上げランキング : 91

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
とある科学の超電磁砲(限定版「figma 白井黒子」同梱) 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブル」“俺の [予約先着外付け特典DVD付] とある魔術の禁書目録II 第1巻 〈初回限定版〉 [Blu-ray] とある魔術の禁書目録 〈特装版〉 SET2 [DVD] エビコレ+ アマガミ Limited Edition 特典 オムニバスストーリー集「アマガミ -Various Artist- 0」付き



読み物:禁書目録
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/19(日) 01:11: :edit
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/19(日) 01:22: :edit
    2!!
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/19(日) 01:23: :edit
    やったー!やったー!
    うれしいな!
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/19(日) 01:23: :edit
    ぎゃはははははは!
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/19(日) 01:23: :edit
    ここは俺がのっとった!!
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/19(日) 01:23: :edit
    ほんまロリコンの鏡やで
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/19(日) 01:35: :edit
    余裕の7ゲットおおお!!
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/19(日) 01:36: :edit
    008getだぜ!
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/19(日) 01:58: :edit
    乙、面白かった
  10. 名前: ゆ #-: 2010/12/19(日) 02:07: :edit
    いいね!
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/19(日) 02:15: :edit
    ていとくんがいい人すぎる、素晴しい
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/19(日) 03:27: :edit
    オルソラのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/19(日) 03:56: :edit
    ※12
    キチガイ氏ね

    ロリータさんかっこいいよ!
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/19(日) 04:03: :edit
    あわきんと●●さんは好きなキャラだから、登場しただけでも嬉しかったわw
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/19(日) 04:21: :edit
    一方さんの「野球やろうぜ」の一言で初っぱなから吹いたwwwwwwwwwww
  16. 名前: 通常のナナシ #mfOa7dQU: 2010/12/19(日) 04:52: :edit
    滝壺が可愛くて安心した。
    書いた人は帝督好きなんだろうなw
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/19(日) 05:14: :edit
    能力有りならフィアンマさんやキャーリサさんが大活躍するな
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/19(日) 06:10: :edit
    一方さんかわいいね
  19. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/19(日) 06:41: :edit
    >>277
    >一方「……」ギュゥゥ
    素の力だと普通に負ける可能性高いからベクトル握りですねわかります
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/19(日) 07:00: :edit
    苦手コースを攻める作戦を見て「駆けろ大空」を思い出したのは俺だけか??
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/19(日) 07:12: :edit
    なんというオールスター
    歩く超能力な氷華は出ていいのかw
  22. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/19(日) 08:34: :edit
    スレタイで反転思い出した
    能力一方とジョー特製バットならどっちが強いかな
  23. 名前: 通常のナナシ #qaJflmWg: 2010/12/19(日) 09:18: :edit
    いやーおもしろかったわ
    作者は神
  24. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/19(日) 10:10: :edit
    広告の一方通行さんの顔がやべー

    目先が打ち止めとか狙ってんのか?
  25. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/19(日) 10:19: :edit
    ※12
    偽者めっ!

    番外個体のふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  26. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/19(日) 11:06: :edit
    ※5
    デスノのバスジャックさん乙です
  27. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/19(日) 12:48: :edit
    できれば、超人ウルトラベースボールが見たかった
  28. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/19(日) 18:17: :edit
    「……それでも、それでも社会ってやつの風当たりは強いンだよおおおおおおおおおおおお!!!!」

    wwwwwwwwwwwwwwwwwwww
  29. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/19(日) 18:33: :edit
    ていとくんが終始一貫して紳士だったな。(一方さん以外には)
  30. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/19(日) 19:31: :edit
    上条さんと一方さんのやり取りがよかったな!和んだ
  31. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/19(日) 20:12: :edit
    麦のんがかわいかった
  32. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/19(日) 21:13: :edit
    野球の描写がわかり易くて楽しめた

    でもこれだけ書けるなら超能力アリの試合の攻め合いも読みたかったなぁ
  33. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/19(日) 21:51: :edit
    まさかの吹寄オチ
  34. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/19(日) 21:58: :edit
    米33
    吹寄チチ
    に見えた
  35. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/20(月) 00:16: :edit
    野球面白かった
    途中まで能力でカオスかー、このメンツかー・・・と思ったが
    そりゃ決勝はこの対戦だよね、普通に良い展開だったし
    乙です 
  36. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/20(月) 00:28: :edit
    氷華と同じこと、■■さんにも出来るんじゃないの?
    気付かれずに移動するくらい。
  37. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2010/12/20(月) 00:49: :edit
    ていとくんが爽やかイケメン過ぎて困る
  38. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/20(月) 01:34: :edit
    みんな平和な学園都市はやっぱりいいねえ。
    いいねいいね最高だねェ!
  39. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/20(月) 02:24: :edit
    面白かった乙
    時代はとあるシリーズだな

    ※25
    お前寒過ぎだから 自演乙
  40. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/20(月) 16:45: :edit
    余裕の40ゲットなんだけど
  41. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/22(水) 19:36: :edit
    面白かった。サッカーの人か?
  42. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/01/25(火) 01:48: :edit
    乙だぜ
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。