麦野『クリスマスは当麻と一緒に過ごしたいなぁ…』

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/11/30(火)
49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月) 03:49:41.91 ID:rjyt48GoO
フレンダ「ってことなワケよ」

浜面「…はぁ?唐突になんだよ?」

絹旗「この状況を見て超理解出来ませんか?やっぱり浜面は超浜面ですね」

浜面「いや超意味わかんねぇし…」

絹旗「超真似しないで!」ムキー

浜面「そんな怒んなよって…あれ?そういや麦野は?」

フレ&絹「……」

フレ&絹「…はぁ」

浜面「えっ?なにいきなり二人とも溜め息なんかついて…」




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月) 03:56:12.66 ID:rjyt48GoO
フレンダ「これだから…」

絹旗「超浜面は…」

浜面「んんっ?」

滝壺「はまづら」

浜面「あぁ、滝壺。なんで二人とも…ってか麦野はどうしたんだ?」

滝壺「麦野は恋に溺れてクリスマスの為にアイテムを脱退したの」

浜面「へぇー麦野が恋かぁ」

浜面「そういやあと1ヶ月半でクリスマスか…滝壺、俺たちは…」

浜面「……」

浜面「…はぁ!?」

フレンダ「結局リーダーの麦野が脱退したってことはアイテムは事実上の解散ってわけよ…」

絹旗「そんなとある秋の終わりに1つ超恋物語が始まります」

浜面「誰に向かって言ってんだ絹旗?」

絹旗「浜面超うるさい!」ムキー




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月) 04:03:17.04 ID:rjyt48GoO
とあるスーパーマーケット


麦野「さぁてと…」

麦野「(そろそろ彼が来る頃かしらね…あっ!)」

上条「くっそー…ビリビリの奴また絡んできやがって…」

上条「つーか、まだ特売の卵残ってんだろうな?」

麦野「(来たっ!上条くん…いや私の当麻!!)」

麦野「あ、あれー?上条くんじゃない!ぐ、偶然ねー///」

上条「ん?あぁ、麦野さん」

麦野「やっほー!」

麦野「……」

麦野「(当麻は特売の日は必ずこの時間にこのスーパーに姿を現す)」

麦野「(これはもうカ・ク・テ・イ的ね!)」




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月) 04:12:48.30 ID:rjyt48GoO
麦野「(当麻との出逢いはこのスーパーマーケット。その日もやはり特売日だった)」

麦野「(…まぁ、レベル5で資産も有り余る程持ってる麦野沈利がなんで特売日のスーパーにいんだよって?)」

麦野「(だってその日はシャケ弁の特売日だったんだもん!安い金でシャケ弁を大量にゲット出来るだなんて幸せなことだと思わない!?)」

麦野「(でもその日は仕事でスーパーには少し遅れちゃってねぇ…着いた時には もう…)」

麦野『う…売り切れ…』

麦野『…ふ、不幸だ…』

麦野『クソがっ…!あのゴミがしぶとく逃げ惑うからっ…!!』ビキビキ…

麦野『……』

麦野『うぅっ…』グスッ…

麦野「(怒りよりも悲しみの方が大きくてスーパーをぶち壊す気力さえ湧いてこなかったなぁ)」

麦野「(そんな時だったのよ)」




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月) 04:22:20.67 ID:rjyt48GoO
『あのー…もしもし?』

麦野『…あぁ?』

『その良かったら…このシャケ弁どうぞ?』スッ…

麦野『……』

麦野『…えっ?』

『あっ!違ったらホントすいません!』

『でも、なんかシャケ弁買えなくてすげー不幸そうなオーラが全開って気がしたので…』

麦野『……』

麦野『…でも一個しか無いじゃん』

『ああ別に良いんですよ。俺にはこんな上等なシャケ似合わないですし』

『お姉さんみたいな綺麗な方に食べて貰えた方がこの弁当も幸せですよ』

麦野『…!!』キューン

麦野『(わ、私より年下だろうになんて紳士な子なんだろ…///)』ドキドキ

麦野『(…ん?)』

麦野『(キューン…?…ドキドキ…?)』




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月) 04:29:57.34 ID:rjyt48GoO
麦野『(キューンとドキドキってなによ)』

麦野『(こんな感情、今まで…)』

麦野『(……)』

麦野『(…あぁ、そういや前に滝壺が言ってたっけ)』

『なーんて…弁当1つに何言ってんですかね俺は…』

『…お姉さん?』

麦野『……』

麦野『ねぇ』

『は、はい!や、やっぱり親切の押し売り過ぎでしたか!?す、すいません!』

麦野『お名前は?』

『…へっ?』

麦野『名前よ。なーまーえ』

上条『えっ、えっと…私は上条当麻と申しますが…』

麦野『…そう。上条くんね』

麦野「(これが私と当麻の出会い、そして私の初めての恋始まりでもあった)」




57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月) 04:40:50.21 ID:rjyt48GoO
麦野「(そんな運命的な出会いを果たした二人なんだけど…)」

麦野「(どうも当麻がそれ以来私に対してがっついて来ないわけで)」

麦野「(私が今日みたいに偶然を装ってスーパーマーケットで待ち伏せでもしてないと会えないのよねー…)」

麦野「か、上条くんは特売の卵を買いに来たの?わ、私もなの!」

上条「麦野さんもですか…って」

麦野「ん?なにかな?」

上条「麦野さん手ぶらってことはまだ卵買ってないじゃないですか!早くしないと売り切れますよ!?」

麦野「あっ…」

麦野「(しまった…!この状態は不自然すぎる…)」

麦野「(私としたことが卵を買う前に声をかけてしまうなんて…)」ズーン…

上条「……」

上条「…麦野さんはここで待っててください!」

麦野「…へっ?」




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月) 04:47:34.68 ID:rjyt48GoO
上条「俺が今、麦野さんの分も買ってきます!」

上条「出遅れた?二人分なんて残ってない?今日はもう完売?」

上条「そんなの売り場まで行かなきゃわかんねぇだろ!?」

上条「それでも特売の卵はもう売り切れてしまったって言うんなら…」

上条「まずはその幻想をぶち殺す!」

上条「ってわけで売り場まで行ってきます!」

上条「大丈夫…俺を信じてくれ!」ダッ…

麦野「……」

麦野「(私を疑うどころか私の為に卵を…)」

麦野「(…あぁ…当麻ったらホント素敵…///)」




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月) 05:01:13.87 ID:rjyt48GoO
麦野「(あぁ…アイテムにいた頃より幸せだ…)」

麦野「(これで当麻と恋人同士になることが出来たら…)」

麦野「……」

麦野「…!?」

麦野「(あれ!?私らまだ付き合ってねぇじゃん!?)」

麦野「(私はこんなに当麻のこと愛してるのに!?)」

麦野「(当麻も私の為にシャケ弁譲ってくれるから私のことを愛してるだろうし…あれー!?)」

麦野「(なんで付き合ってないわけ!?つーかメアドも知らねぇ!?どうなってんだ!?)」

麦野「(当麻…一体どういうつもりなの…?)」

麦野「(クリスマスまでまだ時間があるから焦らしプレイってわけなの!?)」

麦野「(切ないよぉ…!)」クネクネ

打止「あのお姉さんなにクネクネしてるのかな?ってミサカはミサカはry」

一方「見ちゃいけませン」




82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月) 16:31:08.37 ID:rjyt48GoO
麦野「(ダメっ…クリスマスが来る前に愛しさと切なさで心がブチコワレちまうっ…!)」

麦野「(こ、こうなったら女の武器で当麻を誘惑してその気にさせるしかないわね…!)」

麦野「(少し上目使いで色っぽく切なそうに…)」

麦野「とうまぁ…いい加減私のメアドや番号を聞いてよぉっ…いぢわるしないでぇ…」うるっ…

麦野「……」

麦野「(今の完璧じゃねっ!?これならいくら当麻でも私にメアド交換を申し込んでくるはずっ!)」

麦野「(そしてあわよくば…)」

麦野「(麦野さん…いや沈利…俺のモノになれよ…なーんてきゃー///当麻ったら大胆だなぁ///)」クネクネ

打止「ねぇあのお姉さんry」

一方「だから見ちゃいけまーせン!」




85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月) 16:38:15.46 ID:rjyt48GoO
麦野「(あぁ…やだっ当麻ったら…///年下のクセに生意気だぞぉっ///)」もんもん

「あのー…」

麦野「(あっ!?だ、ダメだよ当麻…こんな人前じゃ…)」もんもん

「もしもーし…?」

麦野「(でも…当麻なら良いよ…このまま私の全てを奪って…///)」もんもん

「麦野さーん?」

麦野「……」ブチッ

麦野「さっきからうるせぇっんだよ!人が幸せな妄想をしてる時に邪魔すんじゃねぇぞクソがぁっ!ブチコロスぞ!!」

上条「ひいっ!?す、すいません!?」ビクッ

麦野「……」

麦野「かかかかか上条くんっ!?」

麦野「(け、計算が狂った!?まさかこんなに早く戻ってくるなんて!?)」




88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月) 16:44:28.92 ID:OWWpx3nx0
このむぎのんは良いだめのん




89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月) 16:47:42.99 ID:rjyt48GoO
上条「(お、おっかねぇ…麦野さんって綺麗な外見とは裏腹にキレると迫力あるのな…)」ビクビク

麦野「(やっべぇ…罪も無い愛する当麻を怒鳴りつけちゃった…)」ズーン…

麦野「(つーか若干引いてね!?フ、フォローしないと!)」

麦野「あああのっ上条くんっ!?」

上条「は、はいっ!?すいません!?」

麦野「(えーと…えーと…!こういう時なんて言えば…!?)」

麦野「あのっ…そのっ!」

麦野「かかかかか上条くんっ!メ、メアド交換しろよクソがぁっ///」

上条「…へっ?」

麦野「……」

麦野「…!?」

麦野「(間違えたぁ!?これは今言うセリフじゃねぇ!?まずは謝んなきゃだろ!わしかも予定してたのと全然違うじゃねぇか!?なにしてんだ私は!?)」




90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月) 16:55:57.92 ID:rjyt48GoO
上条「えーと…」

麦野「(ああ…当麻が更に引いてる…)」

麦野「(そりゃそうだ…いきなり怒鳴りつけられた上にムードも何も無いままメアド交換を要求なんかされたら誰だってドン引きするわ…)」

麦野「(当麻…今ので私への愛も冷めちゃったよね…)」

麦野「(さよなら私の初恋…さよなら当麻…愛してた…)」グスッ…

上条「いや、メアド交換は良いんですけど…むしろ麦野さんみたいな綺麗な方なら喜んで…」

麦野「……」

麦野「…えっ?い、今なんて…?」ドキドキ

上条「いやメアド交換は全然喜んで…そ、それよりも麦野さん、さっきはホントすいません…まだ怒ってます…?」

麦野「…!!!」キューン

麦野「とと…」

上条「トト?」

麦野「とうまぁ~///」ダキッ

上条「うわっ!?」




93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月) 17:05:33.11 ID:rjyt48GoO
麦野「うわーん!怒鳴ってごめんねとうまぁ~!」ギュウッ…

上条「ちょ、ちょ!?麦野さん!?」

上条「(い、いきなりなんだ!?つーか、胸の感触やべぇっ!?)」ドキドキ

麦野「(ああ当麻…なんて優しい子なんだろう…いきなり怒鳴りつけた最低な私とのメアド交換に応じてくれるなんて…)」

麦野「(これが愛のというモノなのね…)」

麦野「(表の世界ってあったかぁい…)」

麦野「(アイテム抜けて良かったぁ…)」ギュウッ…

上条「え、えーと…?」

ザワザワ…

上条「(げっ!?ギャラリーが…そりゃそうだスーパーの中なんだからっ!)」

上条「む、麦野さんとりあえず外出ましょう!シャケ弁は確保しましたからっ!」

麦野「うん…どこにでも連れてって…///」ギュウッ…

上条「あんま強く抱きしめないで動けないです!ふ…不幸だ…?」




98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月) 17:15:42.65 ID:rjyt48GoO
とある公園

上条「とりあえずここで良いですかね…ベンチもあるし…」

麦野「(外で…?やだ当麻ったら…///)」ドキドキ

上条「え、えーと…麦野さん?」

麦野「やだ。沈利って呼んでよ当麻」

上条「へっ?」

麦野「えっ?」

麦野「……」

麦野「うわああ!?口に出して当麻って呼んじゃった!?恥ずかしい!?」

上条「い、いや…さっきからずっと呼んでましたよ…?」

麦野「ま、まだメアド交換も完了してないのに…」

麦野「あーでも愛する二人ならそんな過程はすっ飛ばしても…///」

上条「あ、愛する…?」

上条「(もしかしてモテてるのか…?スーパーでしか会ったことないのに…?いや、そんなまさか…)」

麦野「…///」





104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月) 17:21:57.24 ID:rjyt48GoO
麦野「えへへー///」
上条「えーと…」


浜&フレ&絹「」

絹旗「超暇なので麦野ことを尾行してたのは良いですが…」

フレンダ「結局麦野も恋をしたらただの乙女だったわけね…」

浜面「つーか誰だよアレ!?あんな麦野見たことねぇ!逆にこええよ!」

滝壺「麦野かわいい。私は麦野の恋を応援する」

浜&フレ&絹「可愛いってか不気味だわ…」

滝壺「ええー?」




118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月) 21:05:08.91 ID:ScmNKj9BO
麦野「でもやっぱりメアド交換しなきゃダメだよね!早くしよっ!当麻!」

上条「そ、そうですね!じゃあ早速…」カコカコ

上条「アレ…?赤外線どこだっけ…」カコカコ

麦野「…当麻大丈夫?私が代わりにやろうか?」

上条「良いんですか?ちょっとお願いします…」

麦野「うん!」



麦野「えっと…えっと…」カコカコ

上条(それにしても……こんな綺麗なお姉さんとメアド交換か……夢みたいだな……)

麦野(……インデックス……御坂……姫神……小萌……当麻って女の知り合いいっぱいいるんだぁ……へぇ…)カコカコ




126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月) 21:41:42.93 ID:ScmNKj9BO
上条「あ、麦野さんできましたか?」

麦野(どうしようかなぁ……この女達どうしようかなぁ…)ニヤニヤ

上条(怖ェェェェ!すごい怖ェェェェェ!一方通行並に歪んだ笑顔してるッ!)

上条「む、麦野さん…?」

麦野「ひゃ!?」

上条「あのぉ…できましたか?」

麦野「あ、ごめんね!もうちょっとで出来るから!」カコカコ

ピッ

麦野「出来た!これでいつでも当麻と話せるわね!」ニコッ

上条「麦野さんみたいな綺麗な人と話なんて俺も凄く嬉しいですよ」キリッ

麦野「…………」バタン

上条(倒れたァァァ!麦野さん鼻血出して倒れたァァァァ!)




135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月) 23:06:59.48 ID:ScmNKj9BO
麦野「………ッ…んん」

??「あ、目、覚めたかな?大丈夫?」

麦野「…アレ?ここは?当麻は?貴女は?」

??「一気に質問されても困るんだよ……とうまー!しずりが起きたんだよー!」

上条「麦野さん!!」バタバタ

麦野「あ、当麻…」

上条「すいません勝手に麦野さんを家に連れてきたりして…」

??「とうまはいつも女の子を連れ込むんだよ!」

上条「人聞きの悪いこと言わないでよインデックスさん…」

禁書「だってほんとだもん!」

麦野「ごめん……いまいち把握できないんだけど…」

上条「あ、今から説明しますね…ってインデックスさん噛もうとするの止めギャー!」




138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月) 23:30:07.55 ID:ScmNKj9BO
麦野「…つまり私は鼻血を出して…倒れて…当麻に背負われて…と、当麻の家にきた……と?」

上条「そう…ですけど…」

麦野「………」

上条「…麦野さん?」

麦野(うわぁぁぁぁ鼻血なんて恥ずかしいよぉぉぉぉ!それにおんぶなんてぇぇ!!でも嬉しいぃぃぃ!)

禁書「とうま…しずりがクネクネしてるんだよ……」

上条「なんでだろうな…?」

麦野「……1つ質問があるんだけど」ピタッ

上条「な、何でせう…?」ビクッ

麦野「そこの貴女は当麻の何なのかなァ…?」




141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月) 23:59:34.76 ID:ScmNKj9BO
禁書「私?私の名前はインデックスっていうんだよ!イギリス清教のシスターなんだよ!」

麦野「答えになってねぇな…私は当麻との関係を聞いてんのよ……」ビキッ

上条(ッ!この感じかなりヤバイ!迫力が『半端じゃない!』)




146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 01:58:57.39 ID:KP45sfY40

禁書(あ、あれ……何かこの人怖いんだよ……?)

禁書「わ、私はとうまの……そ、そう! 一番大事な人なんだよ!!」

麦野「なっ……!」

上条「またお前は話をややこしくさせるようなことを……。
    あー、 こいつはですね……あれ、麦野さん?」

麦野「ギリギリギリギリギリ……」

上条(女の子がしてはいけない顔で歯ぎしりをしてらっしゃる……! こ、怖ぇ……)




147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 02:00:04.88 ID:KP45sfY40

上条「あ、あのー……」

麦野「あァっ!?」

上条「ひぃっ! こ、こいつうちの居候なんですよ」

麦野「居候だぁ……? ふーん……そう居候ね」

麦野(当麻と一つ屋根の下で生活してるっての!? う、羨ましいっ! ……殺すか?) ギロッ

禁書「ビクッ……あ、あなたこそとうまの何なのかな!?」

麦野「あァ? 私は……その……」 チラチラッ

上条「?」

麦野わ、私は当麻の―――」




157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 02:48:01.33 ID:52H8B2dZO

麦野「わ、私は――友達よ……!」

麦野(ここは大胆に恋人宣言……なんて、出来るわけないじゃない……)

麦野(で、でも上条くんとはスーパーで会う程度で、ようやく今日メアドを交換したばっかだって言うのに……)

禁書目録「トモダチ……?」

麦野「い、いや! 友達なんて図々し……」

上条「ああ、麦野さんと俺は友達なんですよ。
   戦友と書いて友と読んでもいい」

麦野「上条くん……」

禁書目録「戦友? とうま、また危ないことに首突っ込んでるのかな……?」

上条「戦場と書いてスーパーマーケットと読む」

禁書目録「ベン・トーみたいなんだよ。読んだことないけど」

麦野「友達……ふふっ、友達かあ……」




159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 03:00:58.99 ID:52H8B2dZO

..........

麦野「でへへ……」

絹旗「…………」

浜面「…………」

フレンダ「……ア、アイテムは解散したはずなのに、結局こうやって集まっちゃう訳ね」

麦野「へへ……そうねえ……」

絹旗「……超キモイんですけど」

滝壺「ううん、今の麦野はすごくかわいいよ」

浜面「言うな! って、滝壺冗談だろ!?」

フレンダ「不気味……あ、今のは浜面が言ったんだからね」

浜面「お、おい……!」

麦野「うふふ……」

絹旗「……超上機嫌みたいですけど、何があったんですか?」

麦野「訊く? それ訊いちゃう?」

絹旗「やっぱ超遠慮しときます……」




160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 03:10:38.10 ID:52H8B2dZO
麦野「――――てなわけ。へへへ」

滝壺「やったね、麦野」

麦野「うんっ!」

絹旗「私の超パクリですよ」

浜面「何々と書いて何々と読むって奴か? 似たようなことを言ってたなあ」

フレンダ「……それだけ?」

麦野「え……?」

絹旗「確かにそうですね。ストーキングの成果としては上々ですが、所詮『友達』ですよ」

浜面「所詮っつーか『友達』はまずいだろ。友達√一直線っぽいしな」

麦野「ど、どういうことよ? 答えなさい浜面……ッ!」

浜面「じゃ、じゃあ首絞めないで……」




161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 03:15:39.60 ID:DC37zwpxO
ビームババア可愛い




162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 03:24:30.80 ID:52H8B2dZO

フレンダ「ていうかその『るーと』ってなんな訳?」

滝壺「記号」

絹旗「エロゲーマーだったんですか。さすが浜面、超キモイ」

浜面「ちげぇ! ギャルゲーマーだ! 俺はピュアなんだよ!」

フレンダ「きもっ……」

絹旗「超引くわー」

滝壺「大丈夫、私そんなキモオタなはまづらを応援してる」

浜面「そこまで言われてねえよ!」

麦野「……で?」

浜面「あ、はい……その√っていうのは攻略する過程を道に例えものなんですが……」

麦野「長い」

浜面「と、とりあえずギャルゲーにおいては一度友達関係を築いてしまうと、恋愛に発展しにくいんです!」

麦野「そ、そんな……それじゃあ上条くんとは一生友達のまま……?」

絹旗「超異議あり!」




163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 03:41:20.30 ID:52H8B2dZO

絹旗「ギャルゲーならともかく……逆、じゃないんですか? 」

フレンダ「逆とまでいかなくとも、友達から恋人に発展するなんてよくある話よ」

絹旗「恋愛は信頼関係です!
   ほら、お互い超淡泊な振りして実のところ超ラブラブみたいな関係になれるかもしれませんよ」

浜面「お前はあだち漫画の読みすぎだろ!
   発展しにくい、って言っただろ? あくまで発展しにくいだけだから、√を修正しちまえばいい」

麦野「修正?」

滝壺「こんなはまづらを修正してあげて」

浜面「麦野ならやりかねないからやめてくれ!」

絹旗「そこまで言うなら百戦錬磨(笑)の超浜面にあの男の攻略プランを練ってもらいましょう」

浜面「な、なんでそうなる!?」

麦野「よろしくね……浜面……!」ギュッ

浜面「…………」




164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 03:54:21.45 ID:52H8B2dZO
浜面「ええと……まずメアドをゲットしたんだよな?」

麦野「ええ。そういえばちょっと野暮用があったわ……」

浜面「おいおい、まさか周りの女を消すつもりじゃないだろうな……。
   そんなことをしたらバッドエンドへ直行だぜ?」

麦野「ふ、ふうん……」

フレンダ「あ、座った」

絹旗「本当に消すつもりだったんですか。それこそ跡形も無く」

麦野「うるさいわね……それで浜面、メアドがどうかした?」

浜面「あ、ああ。もうメールはしてるのか?」

麦野「そりゃ当然よ。帰って即座にメールしたわ」

浜面「やるじゃん。どんな感じだ?」

麦野「どんなって……はあ、仕方ないわね……」




165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 04:11:02.85 ID:52H8B2dZO
 それじゃまた
 08:15 上条くん
 特に車ね!
 08:02 上条くん
 気を付けてね
 07:55 上条くん
 いってらっしゃい
 07:40 上条くん
 心配したんだから!
 07:31 上条くん
 もう!お寝坊さん!
 07:27 上条くん
 今から
 07:26 上条くん
 やっぱり
 07:25 上条くん
 もうメールするのやめます
 07:14 上条くん
 ごめんなさい
 07:10 上条くん
 もしかして何か……
 07:05 上条くん
 こらー起きなさい!
 07:02 上条くん
 まだ起きてないのかな?
 07:00 上条くん
 おはよう
 06:58 上条くん




166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 04:17:57.33 ID:52H8B2dZO
浜面「…………」

滝壺「…………」

フレンダ「…………」

絹旗「…………」

麦野「上条くん、早く学校終わらないかしら。メールしたくてしたくて堪らないの」

浜面「あ、ありがとな」

麦野「もういいの?」

浜面「ああ、送信メールだけで……内容は見なくとも……」

麦野「そ」

フレンダ「む、麦野……」

浜面「や、やめろ! 俺が言うから!」

絹旗「超……重いですね……」

麦野「へ……!?」

浜面「い、いや! 重いって言うかちょっとメールをやり取りする上での頻度がな!」

麦野「重……い……?」




167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 04:31:38.53 ID:52H8B2dZO
麦野「うう……ぐすっ……」

フレンダ「あーあ、泣かせた」

絹旗「浜面、責任取って上手いこと宥めてやってください」

浜面「お前のせいだろ!!」

滝壺「はまづら、女の子を泣かせるなんて最低」

浜面「……、麦野」

麦野「何よ……どうせ私は重いわよ……」

浜面「それは違う。お前は不器用なだけだ。
   今までまともに恋したこともなかったんだろ? じゃあ仕方ねえよ、ああ、仕方ねえ。

   でもこれからだろ? まだお前は始まってすらいねえかもしれねえ。
   ちょっとばかしメンヘラ気味だからって絶望してんじゃねえよ。
   直そうと思えば直せるんだ! いい加減その性格を直そうぜ、麦野!」

麦野「……そう、よね! やってやろうじゃない!」

絹旗「超支離滅裂な上に、最後らへんはもう超パクってましたね」
フレンダ「まあ、上手いこといった訳だし」




168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 04:47:57.48 ID:52H8B2dZO
浜面「で、だ。とりあえずメールの追撃は無しだ」

麦野「でも返信が遅いと心配になって。待ちきれなくなることもあるし……」

滝壺「忍耐力だよ、むぎの」

浜面「そう我慢するんだ。大体メールで一日そこら返信がないのは当たり前だと思え」

麦野「む、無理よ!」

浜面「無理じゃない。あまりしつこいと相手はメールをすることは勿論、麦野自身に嫌気が差して……いいのか?」

麦野「い、嫌よ! そんなの絶対ダメだから!」

浜面「じゃあ追撃はやめろよ。返信してきたら、その時にな。
   それとメールでの文章についてだけど、短文ないし長文になってないか?」

麦野「えっと……短文かしら……」

浜面「それじゃあなかなか返信がもらえなくても文句は言えないぞ。
   ちゃんと相手が返信しやすいように長くもなく短くもなくな」

麦野「ふむふむ」

フレンダ「何だか今時のゲームってすごいみたいね」

浜面「うるせえよ!」




172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 05:22:39.05 ID:UbrbOs0a0
麦野「長くもなく短くもなくって意外に難しいわね・・・
   ちなみに浜面だったらどんなメールにするのよ?」

浜面「そうだな。
   『この前はいきなり倒れちゃったりしてごめんね○←なんか泣いてる絵文字
   それに家で看病までしてもらってすっごく助かったよはあと
   今度お礼に食事でもどうかな?○←なんか顔文字』
   こんなところでどうだ! 」

絹旗「うわぁ・・・浜面のくせに無難な文面すぎて超生意気です・・・」

フレンダ「なるほど・・・そうやって主人公は女キャラを口説いてたって訳なのね」

滝壺「大丈夫・・・私はゲームの世界からぬけ出せない浜面を応援する」

浜面「うおおぉぉい!!普通のことってもここまで言われるのかよっ!」




174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 05:30:29.44 ID:UbrbOs0a0
麦野「・・・・・・」メルメル

浜面「とりあえず掴みはこんなんで大丈夫なはずだ。
   返信がないからって追撃しまくっちゃダメだぞ」

麦野「でも、でもでもこうしてる間にも上条君が
   他の女といちゃいちゃしてたらどうするのよ!」

浜面「そこまではさすがに分からないけどよ・・・
   しつこくするよりは直接会いに行くでもした方がいいんじゃあねえの?」

麦野「ッ!!そうよ、会いに行けばいいんだわ!!」だっ

4人「・・・・・・」

滝壺「いっちゃったね」

浜面「まああいつも恋する乙女ってとこなんだろ」

絹旗「浜面いつにもまして超きもいです」

フレンダ「うわっ鳥肌・・・」

滝壺「大丈夫・・・私はそんな堕ちていくはまづらを応援してる」

浜面「もう泣いてもいい・・・?」




177 :当麻って呼んでた・・・脳内補完よろしく:2010/11/16(火) 05:46:33.89 ID:UbrbOs0a0
上条「はぁ・・・やっとビリビリから逃げ切ったぜ・・・
   あいつも飽きない奴だよなあ全く」

上条「ん?あっちから誰か来るぞ!まさかまたビリビリとかじゃあ・・・」

麦野「当麻ぁぁああ!」だだだ

上条「いやあれは麦野さんか・・・?おーい」

麦野「やっ・・はぁ・・・と見つ・・はぁ・・・た」

上条「ひぃ・・・ど、どうしたんでせうか麦野さん
   と、とりあえず落ち着いてください・・・」  ベンチスワリ



麦野「はぁ…だいぶ落ち着いたわ。ごめんね、とりみだしちゃって・・・」

上条「いやいや、全然大丈夫ですって。なんか俺に用事ですか?」

麦野(そう、そうだわ・・・色々きかなきゃ。あ、でもなんて聞けばいいのか分からないよぅ・・・)

麦野「あ、あのね!この前のお礼もまだだし・・・なんかメールも帰ってこないし・・・
   やっ!でも違うの当麻が悪いとかそんなんじゃなくてねっ!」

上条「お礼なんて別に大丈夫ですよ。メールの方はそのう・・・」




178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 05:54:23.11 ID:UbrbOs0a0
麦野「分かってる!しつこく送ったの謝るから!もうしつこくしないから・・・」

上条「?  いやこれ見てくださいよ」 スッ

麦野「・・・えっ、なにこれ、ぺちゃんこじゃない」

上条「いや、それがですね・・・


回想
上条「あのーインデックスさーん。そろそろ機嫌を直してくれると
   上条さんてきにはとっても嬉しいのですが・・・」

禁書「ふん!とうまがいつもいつも違う女の子ばっかり連れてくるからわるいんだよ。
   た、たまには私のことも見てくれたりすると・・・ゴニョゴニョ」

上条「?ん?メール?お、麦野さんからだ。」

禁書「とうま!ちゃんと話を聞いてるのかな?いつでもどこでも女の子女の子って・・・
   我慢の限界なんだよ!!」ガブーッ




179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 06:03:26.14 ID:UbrbOs0a0
上条「いてぇぇぇぇええええ!!!インデックス落ち付け!
   とりあえず話をしようじゃないかー!!!」 ポロッ

禁書「うるさい!まだまだこんなんじゃ私の怒りはおさまらないんだよ!」

上条「分かったー!!プリンだ!ぷりんで手を打とうじゃないか!」アタフタアタフタバキッ

上条「ん?この足の裏にダイレクトに伝わる感触は何でしょう?
   ってやっぱり俺の携帯がぁっー!!」

禁書「プリンごときじゃ私は流されないんだよ!
   それより話をちゃんと聞いてほしいかも!」ガブガブ

上条「不幸だぁあああああ!!」


  ・・・というわけでして」

麦野(やっぱりあのくそがき、私の当麻にちょっかいをかける雌豚だったのか・・・
   あの時やっておけばよかった・・・・・)

上条「・・・あ、あのぅ?」

上条(や、やばいぞ!話から察するにメールを送ってくれたみたいだが・・・
   返事がなかったことに相当怒っていらっしゃる・・・)

上条「とととりあえずそこらへんのファミレスにでも行かないか?
   あんまり高くないものならおごれるし・・・」

麦野「・・・ハッ!!まさかいま私当麻にデートに誘われちゃってる!?」




181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 06:19:43.02 ID:UbrbOs0a0
ファミレス
上条「とりあえずドリンクバーで」

麦野「あ、ありがとう・・・」

上条「そ、その、メール送ってくれてたみたいでごめんな。
   携帯見ての通りこわれちまってて」

麦野「ううん!全然いいの。それより私もごめんね、こんな突然に」

上条「上条さんはこんな美人とお茶出来るなら補習でもすっぽかしちゃいそうですよ」

麦野(あああ、やっぱりいいないいなああ、当麻可愛いなあああ)キュウウン

上条「ところで送ってくれたメールの内容って何なんです?」

麦野「いやそんな大したことじゃないんだけどね・・・
   この前のお礼にこんどご飯でもどうかなーって。ダメ…かな?」

上条(うっ、上目づかいでお願いするのは反則だああ)

上条「お礼なんて別にいいですよ。むしろ上条さんなんかが一緒にいていいんでせうか?」

麦野「ほんと!ありがとう!今晩でもどうかなって思ってたの!どうかな!
   大丈夫だよね! ・・・はっ、まさかほかの女の子との予定とかあったり・・・

?「ちょっと!!!なにやってんのよ!」




184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 06:43:10.60 ID:UbrbOs0a0
上条「げっ・・・ビリビリ・・・」

御坂「ビリビリじゃないっていってんでしょうが。まあそんなのどうでもいいわ
   その女誰よ」

麦野「あんたこそ誰さ」

御坂「私は御坂美琴。あんたそこの馬鹿にちょっかい掛けてるんじゃないでしょうね。
   それは私と勝負の最中なの、邪魔しないで」

麦野「は?当麻と勝負?当麻を攻撃してるのあんた?」ニタァー

上条「あ、あの二人ともまずは落ち着こう!なっ?な?」



上条(どうしてこうなってるんでしょうか…)

麦野「はい、当麻ーあ~ん」

御坂「あんたっ!彼女でもないのにちょっかい出してんじゃないわよ!
   うらやm・・・・じゃなくてうざいのよ!私も当麻がしてほしいならその・・ゴニョ」

麦野「私も彼女じゃないけどあなたも彼女じゃないわよね?『超電磁砲』さん?」

御坂「・・・なっ!ここ、こいつの彼女とかなに言ってるのよ!
   どうみたら私がこんな奴の彼女に見えるのよ!」

麦野「じゃあ私がなにしててもいいわよね はいあ~ん」
上条「うぅ・・・」




186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 06:50:54.84 ID:UbrbOs0a0
御坂「と、とにかく!私はそいつに用があってきたの!邪魔しないで」

上条「喧嘩ならお断りだぞ」

御坂「ち、ちがうわよ!えっと、ね・・・駅前のレストランでキャンペーンやってて
   ゲコタストラップがもらえるのよ・・・で、でもカップル限定らしいし・・
   こんなの頼めるのあんたしかいないし」 モジモジ

麦野(まさか・・・こいつも当麻のことが・・・)ギッ

麦野「ざぁーんねんでしたぁ、今日はもう当麻は予定があるのよね。
   私と二人でレストランに行くんだもんねー当麻ぁー?」

御坂「な、なんですって!それじゃまるでデ、デデートじゃない!?」

麦野「あれー?あなたは当麻の彼女でも何でもないわけだし
   当麻が誰とデートしても関係ないんじゃないのかにゃーん?」

御坂「ッ!!うう・・・」

ヒバナバチバチ
上条(胃に穴があきそうだ・・・)




188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 06:57:54.03 ID:UbrbOs0a0
御坂「ま、まあ先約があるならしかたないわね。私は今度でいいわ。
   そのかわり前の『デート』の時みたいにだらっとしてたら怒るからね」ニッ

麦野「・・・っ!!!」

麦野「あんた、今のどういうことよ?」

御坂「えー、どういう意味って?私わかんなーい」

上条「あのー御坂さん・・・?このまえのはふりってことだっt

御坂「あーあの時の当麻は積極的だったなあ。
   私の食べかけのホットドックを食べてそ、そのかかか間接キスになってたし!」

上条「ちょおおおお!!それは俺も初耳なんですがあああ!!」

麦野「・・・デートで・・・しかもキスですって?」

麦野「そうか超電磁砲…!テメェも私の当麻をたぶらかしてるってわけかぁ!!」

御坂「は?たぶらかしてるのはそっちでしょ!なにが『かにゃーん』よ
   おばさん臭いったらありゃしない」

ブチッ

麦野「ぶ・ち・こ・ろ・し確定ね」ニタ




189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 07:05:29.78 ID:UbrbOs0a0
御坂「やるってのなら相手になるわよ」バチッバチ

麦野「雑魚のくせにいきがってんじゃないわよ!」メルトダウーン




上条「ストーップ!!二人とも他の人に迷惑がかかるから大きな声はやめようね・・・?
   このままじゃ上条さん胃潰瘍で入院しそうですよ」

御坂「ふんっ!そもそもあんたがびしっと
    どっちの予定に付き合うか決めないのが悪いんでしょ!」

麦野「当麻は私を選んでくれるよね・・・?」

上条(うっ・・・そんなウルウルしためで見つめられたら・・・・)

上条「まあさきに誘ってくれたのは麦野さんだし今日はお前には付き合えない
   悪いなビリビリ」

御坂「っ!いいわよ、べつにあんたじゃなくて黒子と行くから
   そこの女といちゃいちゃしとけば・・・・」グスッダダダ

上条「! あ、おいビリビリ!って行っちゃった・・・
   ・・・っていうかなんで上条さんは今抱きつかれているんでしょうか」




190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 07:12:12.95 ID:UbrbOs0a0
麦野「・・・ありがとうううう当麻あああ」

上条「一体どうしたのか上条さんにはさっぱりなのですよ・・・
   と、とりあえずビリビリの奴が迷惑かけてすいません」

麦野「ううん、そんなのどうだっていいの、ありがとうね私を捨てないでくれて」

上条「捨てるって俺が麦野さんを?」

麦野「だってしつこいし嫉妬深いしさっきだってあんなに怖いとこ見せちゃったし
   こんな女当麻は嫌いになったかと思った・・・」

上条「そんなっ!麦野さんは美人だし、話してて面白いし年上で
   俺の好みど真ん中だし・・じゃなくってわざわざインデックスとかとも仲良くしてくれたし」

上条「そんないい女の麦野さんを上条さんが嫌いになるはずないじゃないですか」

麦野(当麻ぁあああああ 可愛いいい)キュキュキューン

上条「とりあえず今日は麦野さんに付き合いますよ、ご飯楽しみにしてます」




194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 07:30:36.91 ID:UbrbOs0a0
麦野宅

絹旗「アイテム緊急集会ってなんなんですか?超面倒だけど来てやりました」

麦野「緊急も緊急なのよ、~~~ってわけなの!」

フレンダ「で今日その男の子が家に来るってわけですか」

滝壺「むぎのだいたんだね」

麦野「だからこんな悠長に喋ってる場合じゃないのよ!  
   服ってどんなのがいいかな?ご飯もいまからじゃたしたの用意できないかも
   嫌われちゃうよぉ・・・」

フレンダ(麦野の可愛さがさらにやばいことに・・・このまま押し倒しちゃいたいってわけなのよ)

絹旗「仕事じゃないなら私外せない用事があるんですよね、超申し訳ないんですけど
   帰らせてほしいんですけど・・・」

滝壺「むぎの・・・ごめん・・・私もようじ」

麦野「絹旗と滝壺に捨てられるぅグジグジ・・・このまま当麻にも捨てられちゃうんだああ」エグエグ

フレンダ「はあ・・・麦野は私がしっかり面倒見とくからあんたたちは行ってきなさいってわけなのよ」




196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 07:37:37.18 ID:UbrbOs0a0
絹旗「超感謝するです!行きましょう滝壺!」

滝壺「むぎのふぁいとだよ」 テケテケ

フレンダ「まったくこんな可愛い麦野の世話より大切な用事なんてあるわけないわよ」

フレンダ「ん?そういや浜面がいない・・・あいつあとでお仕置きだね」


そのころ
浜面「絹旗と滝壺のやつなにが『今日は3人でデートしましょう』だよ!
   誘われた俺がレストランの予約とるためにチケット屋に並ばされてるし・・・」




麦野「結局絹旗たちは行っちゃったか・・・」

フレンダ「大丈夫、このフレンダがついているってわけなのよ。
     とりあえず服はくる直前に着替えればいいからご飯の準備ね」

麦野「フレンダが大きく見える・・・今まで適当にあしらっててごめんね」ギュゥ

フレンダ(鼻血がでそうなのよ・・・当麻って男これ以上私の麦野を泣かせたらお仕置きだね)




197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 07:38:52.21 ID:tdQsZQ6cO
むぎのん可愛すぎワロタァ!!!




198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 07:47:31.22 ID:UbrbOs0a0
フレンダ「あと2,3時間しかないわね・・・とりあえずご飯を炊いておきましょう
     タイマーをセットしといて麦野」

麦野「できたわ!次はどうするの?」

フレンダ「冷蔵庫にある贖罪的に考えても無難に肉じゃがあたりを作るってわけよ
     麦野は野菜を斬っておいて、私はだしとかを用意するわ」

フレンダ「えーと、みりんとしょうゆを・・・」

麦野「できたわ!次は?」

フレンダ「はやっ!しかも超丁寧にきれてるし!」

麦野「当麻のためだと思うとなんだか手が軽くて・・えへへ」

フレンダ(くぅうううう、もともと可愛い麦野が恋の力で女神に昇華したってわけなのよ
     可愛い麦野が知らない男のものになるのは癪だけど
     麦野の幸せが私の幸せってわけねなのよ・・・)

フレンダ「よし!じゃあ麦野は魚を焼いておいて。
      全力でその当麻って人を喜ばせてあげましょ!」

麦野「・・・」

フレンダ「どうしたのよ麦野泣きそうになっちゃって」

麦野「・・だって今自然な感じで当麻って言ったぁ・・なんか私より親密そうなんだもん・・・」

フレンダ(くう、当麻って奴はあとで一発殴らなきゃいけないみたいね)




200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 07:54:03.92 ID:UbrbOs0a0
フレンダ「なんとか準備完了って訳ね!」

麦野「よ、よし、あとは当麻を待つだけね・・・」

フレンダ「私はこれで帰るけど・・・麦野一線超えちゃわないようにね」ニヒヒ

麦野「一線って・・・///ばば、馬鹿言うんじゃないわよ!!ぶち殺すわよ!」

フレンダ「アハハ、まあ緊張しすぎないように頑張ってね!んじゃ!」

麦野「うん!いつもありがとうねフレンダ」




上条「麦野さんの家ってここでいいのかな?よしっと」ピンポーン

麦野「きたっ!!」ガタッ

麦野「と、当麻!いらっしゃい、きてくれたんだね・・・」

上条「そんな、誘われておいてすっぽかすほど上条さんは薄情ではないことですよ
   じゃあおじゃまします」

麦野「ど、どうぞどうぞ!リビングにご飯用意してあるから」




211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 13:31:54.74 ID:RetJmZhsO
上条「おぉ……肉じゃがだ…鮭もある……!」ブワッ

麦野「そんな泣くほど喜ぶなんて大袈裟な……」

上条「いやいや上条さん家は常に食料危機でして……こんなに美味しそうなご飯は久しぶりですよ…」グスッ

麦野「そうなんだ……(これは……チャンス!)」

上条「あの、食べても良いですか?流石にお預けは辛いです……」グー

麦野「あ、ごめんね!どうぞ召し上がって!」




212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 13:45:52.90 ID:RetJmZhsO
モグモグ

上条「……」

麦野「どう……かな……?」

上条「……ぅまあァァァ!!麦野さんこれすごく美味いです!」ガツガツ

麦野「……良かったぁ」ヘナヘナ

上条「む、麦野さん!?大丈夫ですか!?」

麦野「当麻が喜んでくれたのを見たら……なんかほっとしちゃって……力抜けちゃった……」テヘッ

上条(うわぁぁぁぁ可愛いぃぃぃぃ!!)

麦野「あ、あのね当麻……」

上条「ハイなんでしょう!?」ドキッ



麦野「これからも……料理作ってあげたいんだ……良い……かな?」




213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 13:47:44.22 ID:ZyR+rNae0
これもうプロポーズだろ




225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 16:16:04.93 ID:KP45sfY40

上条「え……そ、それってつまり……」

麦野「…………う、うん」 ドキドキ

上条「で、でも俺でいいんですか……?

麦野「当麻じゃなきゃ……ダメだよ……」 ドキドキ

上条「分かりました、麦野さん」 キリッ

麦野「と、当麻っ……!」





上条「麦野さんの料理の練習に付き合えってことですね!」




麦野「うんそうなの……って、は?」




227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 16:27:42.25 ID:KP45sfY40
上条「そういうことなら上条さんいくらでも協力させてもらいますよ。
   メール返せなかったお詫びってこともあるし」

麦野「いや……あの……」

上条「心配しなくても大丈夫!俺こういうのは慣れてるんで!
   ああいや、麦野さんの腕なら俺なんかに教わるまでもないと思うけど、
   こういうのって人からアドバイスもらったほうが成長も早いって言うし」

麦野「あのね当麻、そうじゃなくて……」

上条「任せてください麦野さん。上条さんこう見えても節約料理には一家言ありますよ。
   伊達に大食らい養ってないですからね!」b

麦野「うぁ……えっと……じ、実はそう! 最近料理に凝ってるんだけどなかなか人から評価してもらう機会が無くって!
   当麻さえよければこれからもお願いできるかな!」

麦野(うぐぉおおお!!! 何でそうなるんだよこの朴念仁がぁっ!
   ハッ……だ、ダメよダメダメ。当麻をそんな風に思っちゃ。ちゃんと伝えなかった私が悪いんだし)

上条(ふぅ、危ねぇ危ねぇ。勘違いしちまうところだった。この上条さんに最近知り合ったばっかりの年上巨乳お姉さんから
   まさかの急接近なんてラッキーイベントがあるわけないっての。上条さんもバカじゃないんですよーっと)




229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 16:39:20.37 ID:KP45sfY40
麦野(それに考えてみればこれはチャンスよ。
   結果的にはいつでも当麻に会う口実が出来たってことだし)

上条(しかしさっきの麦野さん可愛かったな……顔真っ赤だったし……。
   しかもこれって考えてみりゃこれからも麦野さんにご飯を作ってもらえるってことだよな。
   正直食費も助かるし、いつも不幸な上条さんにもこのくらいのささやかな幸せがあったっていいよな、うん)

麦野(あの忌々しいクソ超電磁砲に一歩先んじたってことも考えりゃ決して悪くはない。
   胃袋を掴んでりゃ旦那は家に帰ってくるって言うしね……きゃっ、旦那だなんて……子供は何人欲しいのかしら当麻) クネクネ

上条「? あ、それじゃ俺はこれ片付けて帰りますね」

麦野「え、もう? 片付けなんか置いといていいわよ」

上条「飯食わせてもらってそういうわけには……」

麦野「いいからいいから。そ、それより次はいつ来てくれるの?」

上条「んー、上条さんは毎日のように補習があるので何とも……」

麦野「補習?」

上条「そうなんですよ。うちの小萌先生が『上条ちゃんはバカだから補習なのですー』って休みの度に電話がかかってきてですね」

麦野(女教師!!! そういや当麻の電話帳にそんな女の名前があったな……)




231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 16:49:16.27 ID:KP45sfY40

上条「ま、そんなわけなんでまた空いてる日は連絡を……麦野さん?」

麦野(クソ超電磁砲、クソシスター、クソ女教師……。私と当麻の間に立ち塞がる愛の障壁って訳ね。
   殺す殺す、絶対殺す) ブツブツブツブツ…

上条(このたまに見え隠れするとんでもなくドス黒いオーラは何だってんだ……AIM拡散力場?)

上条「じゃ、じゃあ麦野さん。俺そろそろ帰るんで……」オソルオソル

麦野「へっ!? あ、あそう? 大したもの出せなくてごめんね」

上条「いえいえ。すげえ美味かったです。麦野さんの料理をまた食えるなんて、上条さんは幸せもんですよ」 キリッ

麦野(ああっ……! と、当麻……! 料理だけじゃなくて私も食べていいのよ!
   なんて。まあ今日はこんなところでしょ。次の作戦を練らないとね)

上条「それじゃごちそうさまでした」

麦野「あ、うん。気を付けて帰るのよ」

上条「おじゃましました」 バタンッ

麦野「…………」ピッ

trrrrrr

麦野「あ、もしもしフレンダ? 緊急会議よ!」




232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 16:53:38.70 ID:52H8B2dZO

――――一方、その頃。

小萌「できましたー。肉鍋の完成ですー」

黄泉川「早速いただくじゃん」

打ち止め「お椀とお箸を取ってってミサカはミサカは催促してみたり」

禁書目録「白い人、私にもお願いするんだよ!」

一方通行「あン? ちっ、オマエが取り分けろ」

結標「はいはい、仕方ないわね……」

黄泉川「一方通行、お前野菜もちゃんと食べるじゃん」

一方通行「うっせェ……。しっかし暴食シスターがいるとはなァ」

結標「あら、知り合いだったの。さすがはロリコンね」

一方通行「ショタコンは黙って取り分けてりゃいいンだよ」

結標「……はい、あんたの分」

一方通行「ほうれん草だけじゃねェか! 肉よこせ、肉ゥ!」

小萌「ほらほら、喧嘩しちゃダメですよー。お肉はまだまだ沢山ありますからー」

禁書目録「はふっ! はふっ!」




233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 16:56:55.26 ID:KP45sfY40

ファミレス!

絹旗「……麦野、何回会議すんですか……」ヒソヒソ

フレンダ「結局、麦野他に友達いないから呼び出されるのは必然的に私たちって訳よ……」 ヒソヒソ

滝壺「あとデザートだけだったのに……」 ヒソヒソ

浜面「フレンダ何で断らねえんだよ」

フレンダ「バカっ! 断ったら後が怖い訳よ!」

浜面「うう……せっかく珍しく美味いもん食ってたってのに……」

麦野「ってことが今日の一連の……ちょっと聞いてんの?!」

浜面「はいっ、聞いてます!」

絹旗「超めんどくさいです……」

麦野「ここからが正念場よ、わかってるのあなた達。
   私と当麻の将来がかかってんだから、真面目に考えなさい」

フレンダ「おおう、他力本願過ぎていっそ清々しい訳よ」




235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 17:06:34.26 ID:KP45sfY40
滝壺「むぎのはその……かみじょう?って人と恋人になりたいんだよね?」

麦野「やだ滝壺ったら。恋人だなんて……照れるじゃない」

滝壺「……」 イラッ

絹旗「滝壺さんのこめかみに青筋が!」

フレンダ「ま、まあまあ。ほ、ほら浜面、何かいい案ないの!?」

絹旗「そうですよ浜面! エロゲだかギャルゲだかで培ったテクを存分に超発揮するまたとない機会ですよ!
   よっ、エロゲ神!」

浜面「嬉しくねえよ! そうだな……」

麦野「乾坤一擲。失敗したらブチ殺すからそのつもりで考えなさい」

浜面「怖ぇって。もっと仲良くなる作戦か……じゃあ―――」




238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 17:22:29.57 ID:UbrbOs0a0
浜面「なんかその上条って奴の趣味とかは聞かなかったのか?」

麦野「あの時は緊張しすぎて当麻にそんなこときく余裕なかったのよ・・・悪い?」

浜面「ったく、それで丸投げとか無責任にも程が・・・
   ん?上条当麻っていうのかそいつ?」

麦野「そうよ。かっこいい名前でしょ」

浜面「ぼけーっとしてて黒髪でツンツンの?」

麦野「・・・今当麻の悪口言ったのかしら?」

浜面「あああ、いや、違う違う、悪かった。
   っていうか俺そいつと知り合いかも」

麦野「・・・」

麦野「はぁあああ!?それを早くいいなさいよね。あんた当麻のこといじめたりしてないでしょうね。
   ・・・はっ!まさか当麻にはそっちの気が・・・?」

浜面「お、おいおい。知り合いって言っても顔見知りって程度だって。
   まあ幸い連絡をとれねえわけじゃないからなこうしよう」

浜面「名づけて!」

浜面「あれ?みんなで遊園地にきたはずなのに気付けば観覧車で2人きり大作戦だ!」




253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 18:20:42.82 ID:UbrbOs0a0
4人「・・・」

浜面「どうだ、青春って感じだろ、褒めてくれちゃっても構わないんだぜ」フンス

絹旗「さすが浜面、超センスのかけらもありませんね」

フレンダ「さすがの私もここまでとは思わなかったわ」

滝壺「大丈夫、私はそんなださださなはまづらを応援してる」

フレンダ「麦野もなんか言ってやりなさいよ、ほら・・・」

麦野「いいっ!!それすごくいいわ!浜面にしてはなかなかいいじゃない
   何てたって当麻と二人きり・・・密室で当麻と私だけの世界・・・でへへ・・・」

浜面「ほ、ほら見てみやがれ。俺のプランは間違っちゃないようだぜ。」

浜面「んで肝心の内容だが、まず俺が誰かとデートすることになったと上条に伝える。 
   でもはずかしいからお前も一緒にWデートをしてくれと頼む、もちろん上条の相手は麦野だ」

麦野「うんうん!それで!」

浜面「すると当然上条は俺と誰かを2人きりにしようと考えるだろう、
   そして残るのはお前と上条、どうだこの完璧なプラン」

麦野「すごいわ・・・まさに自分だけ の現実―パーソナルリアリティ―」

フレンダ「もはや麦野までなにを言ってるか分からなくなってきた・・・」




257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 18:55:17.32 ID:UbrbOs0a0
麦野「あれ?ちょっと待って、当麻の相手が私なのは当然として
   あんたの相手は誰なのよ」

浜面「あー?いやまあそこらへん女ナンパでもしとけばいいだろ」

絹・滝「ぴくっ!」

浜面「まあスキルアウト時代の知り合い伝っていけばどうとでm・・・

絹旗「あーそういえば私遊園地に行きたいってちょーおもってたんですよねー」

絹旗「今回のこととはちょーーーーー関係ないけど
   チケットも4枚手に入れようとか思ってたんですよね」   タキツボテクテク

滝壺「はまづら、わたしこの前のデートのお返しに付き合うよ」

浜面「お、滝壺悪いな、お礼のお礼になっちゃうけどまたどっか連れて行ってやるよ」

絹旗「きーっ!!はまづらぁっ!!私の話をシカトとは超生意気です!
   久しぶりに超怒りましたからね」

浜面「お、おい。なにいきなりキレてんだよちょっとまて話が見えないって、
    あ、窒素装甲解除しろ落ちつっけってうわあああ」ドカーン

フレンダ「アイテムはいつから恋する乙女の集団になったのよ・・・」

麦野「当麻と二人きり・・縮まる二人の距離・・デュフフ」




304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/17(水) 04:17:29.58 ID:QOMjAoXAO
――――一方、その頃。

一方通行「遊園地のチケットねェ」

結標「小萌からもらったんだけど……どう?」

一方通行「おいおい、どーしたどーしたァ?
     ショタコンのオマエが俺を誘うなンてよ。さすがの俺でも身の危険を感じちまうぜ」

結標「ふざけんな。チケットは四枚あるのよ?
   それとショタコンじゃないから」

一方通行「それこそふざけンな。あの二人を入れた面子で仲良くお手々繋いで遊園地なンざごめンだわ」

結標「それは私だってごめんよ。ほら、打ち止めとあのシスターでも連れ行くのよ」

一方通行「めンどくせェ……」

結標「あ、そ。じゃあ海原でも誘おうかしら。土御門でもいいわ」

一方通行「ちっ……仕方ねェ……」

結標「素直じゃないわねえ」




328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/17(水) 18:09:23.94 ID:P8ErhcxyO
浜面「……とにかく俺は上条に連絡を取るからな?日にちはどうする?」

フレンダ「そりゃやっぱり善は急げって言うし早い方が良いわけよ」

浜面「じゃあ次の日曜日が……24日か」

絹旗「そもそもこれは善なのか超分かりませんけどね」

滝壺「むぎの?大丈夫?むぎのー」ペチペチ

麦野「……ッハ!ごめん意識飛んでたわ!」

浜面「……大丈夫かこれ」





329 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/17(水) 18:17:00.13 ID:P8ErhcxyO
とぅるるるるるるるる

禁書「とうまー、電話なってるんだよー!」

上条「インデックス出てくれないか……上条さんはちょっと忙しいんですよ……」シュクダイヤベェ

禁書「私だってカナミンを見るのに忙しいんだよ!」

上条「このシスターさんは全く……」ハァ

ガチャ
上条「はいもしもし……」

『上条か?浜面だけど』

上条「おー!どうしたんだ?」

『実はな………』




333 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/17(水) 18:32:01.88 ID:P8ErhcxyO
禁書「……さっきから当麻が喜んでるような悩んでるような…何時にも増して喜怒哀楽が激しいんだよ……」

ピリリリリリ

禁書「きゃわ!」

禁書「わ、私のけいたいが鳴ってるんだよ……えっと……」ピッ

禁書「も、もしもし?」

『ァー……そちら穀潰し暴食シスターさンですかァ?』

禁書「な!?いきなり失礼なんだよ!私は全然そんなことないかも!」

『この前の鍋の大半を食べた奴がそのセリフをねェ……』

禁書「う、うるさいんだよ!それより何かな!イタズラなら切っちゃうんだよ白もやし!』

『そンなこと言っちゃうンですかァ?せっかく誘ってやろォと思ったのによォ……』

禁書「な、何なのかな!?もっと詳しく教えるんだよ!」

『……実はなァ』




335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/17(水) 18:43:57.68 ID:P8ErhcxyO
上条「……わかった。じゃあ…」ガチャ

禁書「わかったんだよ!じゃあ楽しみにしてるかも!」ピッ

上条「なんだインデックスも電話してたのか?」

禁書「とうま!次の日曜日は私、お出かけしてくるね!」

上条「そりゃちょうど良かった。実は上条さんも日曜日に用事が入りまして……」

禁書「とうまもお出かけ?」

上条「お出かけっていうか……友達との約束がな……」

禁書「ふぅん……私は今からワクワクするんだよ!」

上条(だ、Wデートだとぉぉぉ!?どうする俺!どうする!?うぉぉァァァ!!)クネクネ

禁書「?」




338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/17(水) 19:39:36.35 ID:P8ErhcxyO
上条(Wデート……デートってことは上条さんも女性の方を連れていかなければならない……)

上条(浜面が恥ずかしいからって何で俺まで……!)ハァ

上条(インデックス……は出かけるって言ってたな。ビリビリ……は俺のこと嫌いだから喧嘩腰なんだよな、論外。神裂はイギリスだし……)

上条「……麦野さんに頼んでみるか。電話電話……」

とぅるるるるるるるる…




339 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/17(水) 19:44:29.89 ID:P8ErhcxyO
麦野「浜面ぁ……大丈夫かな……?上手くいくかなぁ……?」

浜面「大丈夫だから!ギャルゲーマスターの俺を信じろ!尚且つ俺を信じる自分を信じろ!」

絹旗「ゲームと現実を一緒にするあたり流石に超引きますね」

フレンダ「でも結局今は浜面がちょっと頼もしいってわけよ」

滝壺「わくわく……」

ピリリリリリ

麦野「!!」




342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/17(水) 19:54:28.05 ID:P8ErhcxyO
ピリリリリリ

麦野「来た……!来たわよ浜面ぁ!!」

浜面「落ち着け!とにかく落ち着け!」

絹旗「麦野超ファイトですよ!」グッ

フレンダ「こればっかりは応援するしかないわけよ!」

滝壺「大丈夫。私はいつも麦野を応援してるよ」b

麦野「よ、よし!出るわよ!」
ピッ

麦野「も、もしもし当麻!?」

『麦野さんですか?実は相談が……』

麦野「日曜日に遊園地よね!全然オッケーよ!!」

『あれ?なんで麦野さんがそれを……』

麦野「」

「「「「自爆したぁぁぁ!!」」」」




343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/17(水) 19:54:59.28 ID:peNz7qmY0
!!!




344 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/17(水) 20:05:03.27 ID:P8ErhcxyO
麦野「えっと……その……予感よ!何となくわかったの!」

絹旗「……もう超終わりかもしれませんね」ヒソヒソ

フレンダ「無理のある言い訳ってわけよ」ハァ

浜面「もう駄目だ……おしまいだぁ……」

『実はその通りなんですけど……予感で分かるなんて麦野さんは凄いなぁ……』

麦野「わ、私にかかれば当麻の考えてることなんてお見通しなんだから!」

「「「バレてねぇぇぇ!!」」」

滝壺「むぎのすごい」パチパチ




346 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/17(水) 20:24:00.13 ID:P8ErhcxyO
麦野「うん!うん!じゃ日曜日に!!またね!」ピッ

フレンダ「……奇跡ってわけよ」

絹旗「相手も相手で超変ですけどね」

麦野「浜面ぁ!私やったよぉ!」ダキッ

浜面「うぉ!麦野!嬉しいのは分かるけど!や、柔らかいものがァァァ!」

滝壺「はまづら。ぶちころしかくていだよ」ニコッ

浜面「た、滝壺はそんな怖いセリフ言わないよ……」

絹旗「私も何となくムカつくので浜面超ボコりますね」

フレンダ「私もやるしかないわけよ」

浜面「な、なんでええ!!」

バキボコドカゴシカァン!!!

麦野「楽しみだなぁ……日曜日」




365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/17(水) 23:30:19.13 ID:P8ErhcxyO
チュンチュン

禁書「とうまー!朝なんだよー!」グイグイ

上条「ん…んん……あぁおはようインデックス」

禁書「おはようなんだよ。私はもう出かけるからね?」

上条「もうか?朝飯だってまだだし……」

禁書「コンビニで買っていくんだよ!それにもうすぐ8時だから、とうまはとうまの約束に遅れないようにね!」

上条「………確か集合場所が駅前に8時だったような…」



上条「ふ、不幸だぁぁぁ!!」


禁書「……久しぶりに聞いたかも」

一方通行「早く乗りやがれ穀潰しシスターさンよォ……」


禁書「その呼び方は止めるんだよ!」

打ち止め「わくてかが止まらないねってミサカはミサカは大興奮!」

結標「フフッ……そうね…」




366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/17(水) 23:39:17.74 ID:P8ErhcxyO
浜面「遅いな上条のやつ……」

麦野「大丈夫かな……?何かあったんじゃ……」ソワソワ


滝壺「むぎの、大丈夫だよ。ほらあれ」ユビサシ

麦野「えっ?」


ダダダダ

上条「すいませんっしたぁぁぁ!!」ズサァ!


浜面「全力疾走からのジャンピング土下座!?」


上条「ホントすいませんっしたぁぁぁ!!」ガンガン!!


浜面「さらに顔ドラム!?」


麦野「当麻ぁ!!」





368 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/17(水) 23:52:33.19 ID:P8ErhcxyO
上条「ホントごめんなさい!約束の時間オーバーしちゃって……」

麦野「そんな!全然大丈夫よ!とにかく今日は……楽しみましょ?」ニコッ

上条(はぅあ!!)ズキュゥゥゥン

滝壺「来てくれたねはまづら」

浜面「約束だけは絶対守る奴だからな……」


上条「えっと……こちらが?」

滝壺「滝壺理后です。よろしく」ペコリ

上条「……浜面」

浜面「な、なんだよ」

上条「……今日はファイトな!」グッ

浜面「……あぁ(お前の方が頑張ってもらわないと駄目なんだが……)




369 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/17(水) 23:59:22.10 ID:P8ErhcxyO
麦野「さぁ行きましょう!はーまづらぁ!運転任せるわよ!」

浜面「任されましたぁ!」



フレンダ「結局私達は遠くから様子見ってわけね」ハァ

絹旗「ぐぬぬぬ……」

フレンダ「もし遅刻したら麦野は容赦無いだろうけどあんなに喜んでるあたり……結局恋は人を変えるわけよ」

絹旗「……私も超行きたかったです」グスン

フレンダ「はいはい」ポンポン




375 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/18(木) 01:54:59.37 ID:QLGnqd0iO
ブロロロ…

打ち止め「遊園地ってどんな遊園地なの?ってミサカはミサカは首を傾けてみる」

禁書「それは私も気になるかも!」

一方通行「あァ?お前らパンフレットも見てないンですかァ!?」

禁書「そもそも貰ってないんだよ!」ムキー!

打ち止め「連れてってくれることに目を奪われてました!ってミサカはミサカは舌を出してみたり」テヘッ

一方通行「……これから行くところはなァ、ギネス認定されたお化け屋敷があったりスゲェジェットコースターがなァ……」

結標「……やっぱりアンタが一番楽しみにしてるんじゃない?」

一方通行「バッ……ンなわけねェだろうがァ!」




376 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/18(木) 02:03:47.55 ID:QLGnqd0iO
麦野「ねぇ当麻、着いたら何から乗ろうか♪」

上条「そ、そうですね……その前に麦野さんちょっとくっつき過ぎ…」

麦野「聞こえないにゃ~ん♪」ギュッ

上条(フォォォォォォ!)

浜面(……アイツらもう大丈夫なんじゃないか?)

滝壺「……」クイクイ

浜面「ん?どうした滝壺?」

滝壺「……はまづらにもギュッってしてあげるね?」

浜面(フォォォォォォォ!)

ギャルルルルルル


麦野「はーまづらァ!!しっかり運転しやがれぇ!!!」

浜面「すいませんっしたァァァ!!」




392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/18(木) 11:55:28.88 ID:QLGnqd0iO
一方通行「オィ!着いたぞガキ共ォ!」

打ち止め「デカァァァァいッ説明不要!ってミサカはミサカは驚きの声をあげてみる!」

禁書「すごいんだよ!楽しそうなんだよ!」

結標「ホントに大きなところね……ジェットコースターは3つもあるみたいだし」

打ち止め「どっちが入り口に最初に着けるか競争ね!ってミサカはミサカは猛ダッシュ!」ダダダダ

禁書「あ!ズルいんだよ!」ダダダダ

一方通行「走り回るンじゃねェェェェェ!!」

結標「……やっぱり楽しそうよねアイツ」




393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/18(木) 11:57:04.27 ID:QLGnqd0iO
浜面「さぁて着きましたよぉっと!」

麦野「浜面ぁ!良くやったわ!褒めてやんよぉ!」

浜面「ははぁ!」

上条「麦野さんってやっぱりなんか飛び抜けてるよなぁ……?」

滝壺「お化け屋敷……ジェットコースター……(*・△・*)」ワクテカ

浜面「午前中は皆で行動だからな……麦野暴走するなよ」

麦野「わ、分かってるわにゃん!?」

浜面「……不安だ」




394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/18(木) 11:59:25.96 ID:QLGnqd0iO
禁書「このFUJISANってジェットコースターあんまり混んでなくて良かったんだよ!」

結標「割りと時間早かったからかしら。これからドッと混雑すると思うわ……」

打ち止め「アナタも楽しみなの?ってミサカはミサカはニヤニヤしてるアナタに聞いてみる」

一方通行「アァ?ンなわけねェだろ!保護者だから仕方なくですよ仕方なくゥ……」

禁書「あ、順番来たんだよ!」

「大変申し訳ありませんそちらのお子様は規定の身長に……」

打ち止め「………私…乗れないの?……ってミサカはミサカは……」グスッ

一方通行「…………ァ?」




395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/18(木) 12:04:15.86 ID:QLGnqd0iO
一方通行「オイ係員さンよォ……テメェずっと待ってたンだろ!?
ガキ共が泣かなねェで済む、誰もが笑える最高ォの遊園地ってやつをよォ!
今まで待ち焦がれてたンだろ!?何の為に今までここで勤めてきたンだ!
テメェのその手でガキ共を笑顔にすンじゃねェのかよ!
お前らだって客は喜ンでた方が良いだろ。職務を全うして客に最高の思い出を作ってもらうンじゃねェのかよ!
ちょっとくらい足りない身長で文句言ってンじゃねェ!
背伸びすりゃ届くンだ……いい加減乗り込もうぜ!係員さン!」


打ち止め「一方通行……」


結標「無い無い無いこれはいろいろ引っくるめて無い」




411 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/18(木) 20:36:28.88 ID:QLGnqd0iO
ガダンゴトンガダンゴトン

打ち止め「きゃー!すっごい高いねってミサカはミサカは興奮と恐怖が入り交じり……いや恐怖が7割かも……ってミサカは……」ブツブツ

結標「ねぇホントに大丈夫なんでしょうね?」

一方通行「ガキのことかァ?ベクトルで押さえつけてるから問題ねェよ」

結標「それ何が大丈夫なのかさっぱりなんだけど……係員泣いてたし……」

禁書「おぉ!富士山が綺麗なんだよ!まさしく名前通りかも!」

結標「てかアンタ顔色悪くない?何時にも増して白くなってるような……」

一方通行「ァ!?学園都市最強の俺がビビってるって言うンで」


ガコン




412 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/18(木) 20:42:34.18 ID:QLGnqd0iO
ミサカハァァァァァァァァァァァァァァ!!

ヒャアアアアァァァァァァァァァァ!!

キャアアアアアアア!!!

ggghenowpqukehmwxzgg!!


上条「今聞いたことある声が……空耳かな……」

浜面「うーん……このジェットコースターはかなり並びそうだな」

滝壺「……私ははまづらと一緒なら全然かまわないよ?」

浜面「」ズキュゥゥゥン

麦野(……クソがぁぁぁ!!目の前でイチャイチャしやがってェェェェ!!)

上条(む、麦野さんの顔が歪んでらっしゃる……俺が遅刻したからか!?俺のせいで並ぶから!?不幸だぁぁぁ!)


滝壺「むぎの、最初はお化け屋敷行こう?」

麦野「そ、そうね!また後で来れば空いてるかもしれないし……(お化け屋敷……私だって当麻と暗闇でイチャイチャするチャンス!)」ニヤッ

上条(さらに歪んでますよぉぉぉぉぉ!)




414 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/18(木) 20:51:25.56 ID:QLGnqd0iO
麦野「……いくらなんで空きすぎじゃない?」

浜面「何でも怖すぎて逆に客が来なくなった……らしい」

上条「それ大丈夫なんですか!?上条さんは怖いのはあんまり……しかも廃病院なんて……」

滝壺「……はまづらと一緒だから大丈夫」グッ

浜面「」ガウゥゥゥゥン!!

麦野(コイツらァ…)

麦野「と、当麻も私のこと守ってくれるわよね!」

上条「そりゃ守りたいのは山々ですが先述のように上条さん怖いのは……」

麦野「……駄目なのかにゃーん…?」グスッ

上条「上条当麻!七生を以って御身御守護を勤めさせていただきます!!」




417 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/18(木) 21:00:42.81 ID:QLGnqd0iO
「いくらなんでも暗すぎですよこれはぁぁぁ!」

「当麻ぁ!後ろから何か!何がぁぁ!」

「うわぁぁぁぁぁぁぁ化け物と柔らかいものの板挟みぃぃぃぃ!!」

「出口は!?出口どこよぉぉぉぉぉ!?」

「麦野さん!!アレ!アレですよ多分!」



「この扉を開ければ――……」



「「いやぁぁぁあぁあぁぁぁぁ!!」」



浜面「すごい悲鳴が聞こえる……」

滝壺「……わくわく」




418 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/18(木) 21:12:10.68 ID:QLGnqd0iO
「滝壺……心の準備は?」

「……万端」b

「……手繋ぐか」スッ

「うん……」ギュッ

「ヘヘ……」

「……はまづらの手、あったか


ガシャーン!


「うぉぉ!窓からいきなり手とか止めろぉぉぉぉぉ!」

「……きゅう」バタン

「滝壺ぉぉぉぉぉぉ!?」





「あ、出口こっちですか?すんませんお化け役の人に案内なんて……」




423 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/18(木) 21:24:05.25 ID:QLGnqd0iO
麦野(……全然イチャイチャできなかった……)ズーン

上条(……も、もう行かない……とにかく)

上条「……ホントすいません麦野さん。守るなんて言っときながら俺逃げてばっかりで……」

麦野「わ、私こそ叫んでばっかりで……ごめんね当麻……」

上条「いやいやそんな……俺は麦野さんのこともっと知れたような気がして……すごく怖かったけど、楽しかったです」キリッ

麦野(あぁん!)キュン


浜面「おぉーい!」




429 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/18(木) 21:48:14.84 ID:8VFJLWbJP
>麦野(あぁん!)キュン

もうここの麦のんが可愛過ぎて俺もビーム出しちゃうよ




425 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/18(木) 21:35:14.71 ID:QLGnqd0iO
上条「おぉ!どうだった浜……面……?」

麦野「はーまづらぁぁ!テメェ滝壺背負って出てくるなんていくら暗がりだからって手ぇ出すんじゃないわよ!」

浜面「ち、違う!決して麦野が考えてるようなことは……痛い止めて殴らないで蹴らないでぇぇ!!」


カクカクシカジカ



浜面「……というわけです麦野様」ボロボロ

麦野「最初からそう言いなさいよこの馬鹿面」

上条(やっぱり麦野さん切れると怖い……)

浜面「と、とにかく俺は滝壺の面倒を見るからお前らは二人で楽しんで来いよ」

「「!」」




430 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/18(木) 21:49:12.27 ID:QLGnqd0iO
上条(なるほど……実は滝壺さんは気絶した振りで、俺と麦野さんとは早く別行動に移りたいわけだな!)

麦野(……つまりこれから先はずっと当麻と一緒だわ!滝壺には悪いけど……ナイスよ!)

浜面「麦野?おーい麦野?」

麦野「ひゃ!?な、何?」

浜面「……頑張れよ!」

麦野「言われなくても分かってるわよ馬鹿面ぁ!」

上条「?」




431 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/18(木) 22:02:25.70 ID:QLGnqd0iO
……………………

麦野「次はやっぱりジェットコースターかにゃーん……でもこのアトラクションも……」

ギュルルルル…

上条「はぅ!」

麦野「……もしかして当麻、お腹空いてる?」

上条「……実は恥ずかしながら上条さん朝御飯も食べてなくて………」タハハ

麦野「そんな!もっと早く言ってよ!昼にしましょ!私、実はお弁当作ってきたのよ」

上条「ほ、本当ですかぁぁ!?」

麦野「じ、自信作なんだから!あそこのベンチで食べよう当麻?」




432 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/18(木) 22:09:30.55 ID:QLGnqd0iO
麦野「はい当麻ぁ。あーん♪」

上条「さ、さすがにこんな大勢の前では恥ずかしいっていうか……」

麦野「……」グスッ

上条「食べまぁぁぁす!」パクッ

麦野「ど、どうかな…?」

上条「…本当麦野さんって天才ですね。すごい美味いですこれ……」

麦野(……いやったぁぁぁ!)バッ!

上条(いきなりその場でプラトーンのポーズを!?)モグモグ




433 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/18(木) 22:18:55.09 ID:QLGnqd0iO
麦野「あのね当麻……お願いがあるんだ」アーン

上条「こんな美味しいお弁当を食べさせてくれる麦野さんのお願いなんて断れないですよ」パクモグ

麦野「こ、これから先さ!私だけが呼ぶのも……不公平だからさ……私のことも……名前で読んで欲しいなぁ……って」

上条「」

上条(落ち着け…落ち着くんだ上条当麻……きっと形だけでも行けるとこまでトコトンそういう関係になりきるのがWデートの風習なんだ。
きっとそうだ……さすがに上条さんも勘違いするところでしたよ。これは元々浜面と滝壺の為の……)


麦野「当麻……?」

上条「えっと……沈利!お弁当ご馳走さまでした!」

麦野「………うん!」




445 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/18(木) 23:02:14.29 ID:QLGnqd0iO
滝壺「………ぁ」

浜面「滝壺?目ぇ覚めたか?」

滝壺「あ、はまづら……ごめん。私……」

浜面「あー気にすんな気にすんな!」

滝壺「でも……」

浜面「……アトラクションとかなくてもさ」


浜面「…俺も滝壺と一緒にいるだけで満足だよ」


滝壺「……ありがとう」




447 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/18(木) 23:07:15.08 ID:QLGnqd0iO
「当麻!次はアレ乗るわよ!」

「そんなに走らなくても……沈利は元気だなぁ……」



打ち止め「アナタは学園都市最強だからお化けなんて怖くないよねってミサカはミサカは念のため確認してみる!」

一方通行「あ、当たり前だろォ!化け物なんて非科学的なもンがこの世によォ……」

結標「アンタまた顔色悪いわよ……?」

禁書「お化けなんて嘘なんだよ……怖くないんだよ……だよねあわき!」

結標「やだ……あの子の泣き顔可愛い……」

禁書「…………」




449 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/18(木) 23:15:09.84 ID:QLGnqd0iO
打ち止め「やっぱり最後はあのおっきい観覧車に乗りたい!ってミサカはミサカは今日最後のお願いをしてみる!」

一方通行「……俺は待ってるからお前らで行ってこい」

打ち止め「えー!私は皆で乗りたいんだよってミサカはミサカは……うぅ……」


禁書「もやしが打ち止めを泣かしたんだよ……」

一方通行「テメェ……」ビキッ

結標「一方通行」

一方通行「……ンだよ」

結標「乗らないと土御門や海原にこの写真渡すわよ」ピラッ




451 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/18(木) 23:22:15.89 ID:QLGnqd0iO
一方通行「ッ!!」

禁書「……これは最初のジェットコースターに乗った時の写真かも」

結標「良くあるじゃない?コースの途中で撮影されるサービス」

一方通行「……」

禁書「ふふっ!すごい顔してるんだよ!」

打ち止め「私も見たいなぁ!ってミサカはミサカは……」ピョンピョン

一方通行「あァァァ!分かりましたよ乗りますゥ!乗りますゥ!」

打ち止め「やったー!やっぱり皆と一緒が一番良いよねってミサカはミサカは大はしゃぎ!」

一方通行「景色なんか観て何が楽しいンですかねェ……」ハァ




453 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/18(木) 23:30:06.75 ID:QLGnqd0iO
…………………


麦野「やっぱり締めは観覧車よね……!」

上条「デートの定番ですね……」

麦野(一番上まで行ったら当麻に告白……!逆にもしかしたら当麻から告白も……!あぁ……!)

上条(これで終わりかぁ……浜面と滝壺さんどうなったかな……でも俺は麦野さん…もとい沈利と1日過ごして……すごく……)


麦野「と、とにかく並びましょ!」

上条「そ、そうですね!」




454 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/18(木) 23:38:37.33 ID:QLGnqd0iO
麦野「もうすぐ私達の番ね……」

上条「で、ですねぇ………」

麦野(あああ!緊張する!落ち着け……私ならできる!私ならできる!よし!)

上条(周りカップルしかいないな……やっぱり俺と麦野さんも……そんな風に…?)


ト-ウ-マァァァァ!


上条「……あれ?沈利、今俺の名前呼びました?」

麦野「え?呼んでないけど……?」




456 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/18(木) 23:46:06.75 ID:QLGnqd0iO
ピキーン!

上条(はっ!今上条さんの不幸センサーが反応した気がする!『今すぐ頭部を守れ!』と指令g…)

ガブッ

上条「……いったぁぁァァ!!遅かったああ!!」

禁書「ふがふがふふぐふふぐ!?」

上条「インデックス!?なんでここに!?あと痛い!」

禁書「それは私のせりふなんだよ!」

麦野(こ、ここにきてクソシスターだとぉぉ!!?)


「シスタァァ!走り回るンじゃねェって最初に言っただろォがァァ!」


「え?」

「ン?」


「一方通行ぁぁぁ!?」

「三下ァァァァァァ!?」




458 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/18(木) 23:58:10.76 ID:QLGnqd0iO
麦野(学園都市第1位まで!?一体どうなってるのよぉぉぉ!?)

禁書「どうしてとうまはしずりと遊園地にいるのかな!友達との約束ってしずりとのデートだったの!?」

上条「インデックスさん待って!これにはマリアナ海溝より深~い訳が……
って一方通行だってなんでインデックスと一緒にいるんだよ!?」

一方通行「ァ?シスターだけじゃねェよ。ガキと同僚と一緒だァ」

上条「いやそうじゃねぇよ!」

一方通行「……それより三下よォ」




459 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 00:13:29.54 ID:8foWsmqnO
第1位が私を見つめる
主な暗部は5つほどある
アイテムにスクール、メンバーにブロック
目の前の奴が所属するのはグループだっけ

私は暗部から足を洗った
もう関わらないと決めたんだ
過去を振り返らない
私は当麻と一緒にこれから生きていきたい
だから暗部から抜けたんだ

目の前の人間がニヤニヤしている
私はもう忘れていたい
あの頃を思い出したくない
なのにこいつは知っている
私の過去を知っている


目の前の人間が口を開く

止めて

言わないで

止めて―――……!




461 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 00:26:55.64 ID:8foWsmqnO












『どォして『元』暗部のオマエがいるンですかァ……



第4位の原子崩し(メルトダウナー)ァ?』













462 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 00:28:54.35 ID:5I+BPZGb0
>>459からIDじゃなくて書き手そのものが代わってるのか




463 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 00:30:48.85 ID:8foWsmqnO
あ、同じです


証明する方法分かんないけど…




466 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 00:43:23.71 ID:8foWsmqnO
「お客様ー、次にお待ちのお客様ー?」

上条「沈利……?沈利……ど、どうしんだ?」

麦野「………」ダッ

禁書「あっ!しずりー!」

一方通行「おィおィ俺はちィっとばか昔の話をだなァ……」ガリガリ

上条「くっ……!」

禁書「あ、とうままで!」

打ち止め「いきなり走り出して置いてくなんて酷いよ!ってミサカはミサカはちょっと怒ってみる!」プンプン

結標「ホントいきなりどうしたのよ……心配したんだから」ハァ

一方通行「ァー、なンでもねェよ。シスターが知り合いだと思って走って勘違いってオチだァ」

禁書「な、違うかも!あなただって話してたんだよ!?」

一方通行「俺は何も見てねェし聞いてもいねェな」

禁書「ッ……(とうま……しずり……)」




468 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 00:55:51.87 ID:8foWsmqnO
上条「沈利ー!沈利ぃぃぃ!」タタタッ

上条「くそっ!いきなりどうしたって……」

上条(あ、あの後ろ姿……!)

上条「沈利ぃ!」



麦野「………」


上条「……順番直前だったのにいきなり……あんなに楽しみにしてた観覧車じゃ……」

麦野「来ないで!!」

上条「!」




469 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 01:12:39.99 ID:8foWsmqnO
麦野「当麻、そのまま聞いててね?」

上条「………」

麦野「さっき知ったと思うけど……私ね、暗部にいたんだ。アイテムって組織。浜面や滝壺も仲間だったんだよ。
あ、暗部って分かる?まぁ結構人殺したりとかするのよね」

上条「………ろ」

麦野「アレはいつだったかなぁ……なんか機密情報を外部に漏らそうとしたデブをさぁ!四肢をそれぞれ潰してから殺したり!」

上条「………めろッ」

麦野「はたまた路地裏で絡んでくるゴミ達を気分でバラしてみたりね!血が噴水みたいに吹き出してさぁ……」

上条「止めろって言ってるんだ沈利ぃぃぃ!!」


麦野「動くんじゃねェェェェ!!」




473 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 01:38:49.47 ID:8foWsmqnO
上条「ッ!」

麦野「最後まで……聞いて?あ、あと笑わないでね?」

麦野「本当クソまみれな毎日でさ、もう何のために生きてるのかとか考えてみたりね……」


麦野「……いきなり話変わるけど私シャケ大好きなのよ。当麻も知ってるでしょ?」

麦野「スーパーでシャケ弁のセールがあって、でも全部売り切れで……不幸だぁぁって思ってたら」

麦野「当麻が『このシャケ弁どうぞ…』って恐る恐る渡して来てさ!最初はなんだコイツ潰そうかなんて思ったんだけど……」

麦野「全部当麻から始まってたのよね……」




474 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 01:40:32.71 ID:IZy7YRsKO
なんでシャケ弁セールで心打たれてるんだ俺




475 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 01:54:01.77 ID:8foWsmqnO
麦野「ホントくだらないんだけどシャケ弁当がきっかけでさ、私……当麻に……その……一目惚れしちゃったのよ……」

麦野「血の臭いしかしない暗い暗い私の世界に光が見えた気がしたの……」

麦野「アイテムの皆の引き止めを振り切って、追っ手もあったけど撃退して……暗部から足を洗ったわ」


麦野「まぁアイテムの皆とはその後も会って……恥ずかしいんだけど当麻について会議したりとかして……」


麦野「しばらくしてアドレスを交換したりとか!私が当麻に料理作ってあげたりとか……!私、当麻と……当麻と……」


麦野「当麻と出会ってからの一分一秒が全部楽しかった―……!」




478 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 02:35:54.60 ID:8foWsmqnO
麦野「だから!私が暗部だったことを知られたくなかった!血に汚れた女だと思われたくなかった!」


麦野「『今の』私を見てほしかった!」

麦野「『過去の』私が分かってしまったら当麻は私のこと……」

上条「嫌いになんかなったりしない!」

麦野「!!」



上条「……沈利がどんな闇の中にいたかはわからねぇ」ザッ

麦野「嫌…嫌ぁぁ!」ビシュン!

パキィン!

麦野「な…なんでよ!?」バシュ!

上条「……沈利が何を抱えて生きてきたなんてのも分からねぇ!」パキィン!



上条「だから……だから!俺は沈利の全てが知りたい!!」


麦野「!」




479 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 02:49:18.86 ID:8foWsmqnO





「沈利が生きてきた『過去』も!これから先の『今』も!どっちも否定するって言うんなら……」





「まずはその幻想をぶち殺す!!」










493 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 12:42:57.07 ID:8foWsmqnO


麦野「当麻ぁ……!私……私!」ダキッ

上条「うぉ!し、沈利!?」

麦野「……当麻は私のこと知っても……離れないよね……いなくならないよね……?」

上条「……さっきも言ったけど、俺は沈利の……全てが知りたいんだ」

上条「だから……」ギュッ

麦野「あっ……」


上条「ゆっくりでいい……もっと沈利のこと……教えてもらいたい……!」


上条「それから……もっと俺のことも知ってほしい……!」




494 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 12:52:05.63 ID:8foWsmqnO

麦野「……ふふっ」

上条「……沈利さん?」

麦野「だったら私、当麻のこと……全部……ぜーんぶ知り尽くしちゃうよ?余すとこ無いくらいにね」

上条「そ、それが本望ですよ!」

麦野「……私、汚れてるのよ?」

上条「……沈利の背負ってきたもの……上条さんにも持たせてほしいんですよ」ポリポリ

麦野「と、当麻……」



麦野「……私……私……本当に当麻と一緒にいても良いの?」

上条「……あぁ。大好きだ。沈利」

麦野「……当麻ぁ!」




496 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 13:03:38.98 ID:8foWsmqnO

浜面「………やったな」

滝壺「………」グッ

浜面「うぉ……熱いなぁ……すげぇ……」ゴクリ

滝壺「……」スッ


浜面「……どうした?自分の口に人差し指あてて……」



滝壺「……はまづらも……する?」

浜面「」




498 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 13:15:43.94 ID:8foWsmqnO
まもなく閉園時間です……本日は……


打ち止め「……ムニャムニャ」zzz

禁書「……とぉ……ま……」zzz

一方通行「ガキ共は絶ッ対寝ると思ったわァ……俺が最初に思ったわァ……」

一方通行(……しかしシスターと三下には悪いことしちまったなァ…)ボソッ

結標「何ブツブツ言ってるのよ。早くしないと閉められちゃうわよ」

一方通行「あン!?杖つきにガキ二人背負わせといて何言ってるンだよォ!」

結標「能力あるから良いじゃない」

一方通行「オマエも使いやがれェ!それにもうすぐバッテリーがなァ……!」

結標「……写真」ピラッ

一方通行「クソがァァァ!!」




500 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 13:30:47.56 ID:8foWsmqnO
まもなく閉園時間です……本日は……

麦野「も………もうこんな時間ね」

上条「で、ですね……帰らないと……」

麦野「……あー!」

上条「うわぁ!どおした沈利!?」


麦野「コラぁ!はーまづらぁぁ!」

浜面「げぇ!バレた!」

滝壺「……ジャーンジャーンジャーン」

麦野「あ、アンタ達いつから……!」

浜面「いや……その……だなぁ……なぁ滝壺?」

滝壺「……むぎの、かみじょー」

麦野「な、なによ!」

上条「な、なんでせうか!?」

滝壺「……すごい情熱的だったよ」ポッ

「「……」」ボンッ




510 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 15:56:04.53 ID:8foWsmqnO


麦野「……はぁぁぁまぁぁぁづらぁぁあぁぁぁぁ!!」

浜面「いや言ったのは俺じゃないから!滝壺だから!確かに俺も見てましひでぶっ!あべし!うわらばっ!」バキッ

滝壺「……わたし達も負けてられない」ゴゴゴ

上条「ちょ!ちょっと皆さん時間マジでヤバイですよ!上条さん明日学校なのにここで一泊になっちゃうからぁぁ!早くしてぇ!ああもう幸せだけど不幸だぁぁぁぁぁ!」




511 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 16:09:46.68 ID:8foWsmqnO
浜面「…………」ボロボロ

上条(……あの状態で黙々と運転している……)

滝壺「………」zzz

麦野「………忘れてた」

上条「?…何をだ沈利?」

麦野「観覧車乗りたかったわ……」

上条「あぁー…確かにちょっと勿体なかったかもなぁ…」

麦野「うーん……あ!」

麦野「当麻!今日何日だっけ!?」

上条「え!?今日ですか?えっと……11月24日?」

麦野「何の日?」

上条「……俺と沈利の付き合い出した日?」

麦野「ピンポーン!大正解だにゃーん♪」ギュッ

上条(やっぱり柔らかぁぁぁ!!)

浜面(……ちょっとわざと事故ろうかな)




512 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 16:18:40.22 ID:8foWsmqnO

麦野「つまり記念日よ記念日!」

上条「ははぁ……?」

麦野「そして来月の24日は?」

上条「……クリスマスイブ?」
麦野「さすが当麻ぁ!大正解よ!大好き!」ギュギュッ


上条(イヤッフゥゥゥゥゥ!)

浜面(……あのガードレールとかいい感じじゃね?)




514 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 16:30:22.93 ID:8foWsmqnO
麦野「だから決めたよ当麻……私決めたの!」

上条「な、なんでせう…?」

麦野「ちょっと照れくさいんだけどさ……1ヶ月後の記念日のクリスマス……またここに来てさ……今度こそ観覧車に乗ろう?」

麦野「ううん、1ヶ月後だけじゃないわ。3ヶ月後も1年後もずっとずっとずっーと……」



麦野「私と当麻の想い出の場所……忘れないようにしよ……?」


上条「沈利……」


麦野「当麻ぁ……」


チュッ


浜面(あの崖にしよう!決めた!俺決めたもんね!)




515 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 16:31:07.30 ID:7UWdXhvrO
浜面wwwww




516 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 16:35:26.32 ID:zd8MbwOYP
浜面の気持ちはよく分かる。リア充爆発しろ



と思ったけど、浜面にも滝壺がいるじゃねえか。やっぱ全員爆発しろ




517 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 16:42:50.80 ID:8foWsmqnO
…………………


フレンダ「結局アレから結構時間が経つわけよ……」

絹旗「最初は超ドッキリだと思いましたよ。まさか本当に付き合いはじめたなんて……」

フレンダ「最初は麦野と上条をくっつける作戦だったのにいつの間にか……」

絹旗「超浜面と滝壺さんまでも超付き合ってるし……」

フレンダ「結局私達は残り物ってわけよ」ヤレヤレ

絹旗「わ、私達は超若いんですから大丈夫ですよ……きっと超素敵な人が……多分」

フレンダ「ま、私はずっと麦野一筋ってわけよ!」

絹旗「……私は普通に超青春したいです」ブスー




518 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 16:55:25.52 ID:8foWsmqnO
……………

土御門「……ッ!……ッ!」プルプル

海原「こ、これは……!フフッ……」プルプル

一方通行「あァ?テメェらなに揃って肩震わせてンですかァ?」

結標「どうしたのアンタ達?」

一方通行「いやなンかコイツらがよォ……」

結標「……あ、思い出したわ一方通行」

一方通行「……ンだよ」

結標「あの写真手違いで流出しちゃったの」

一方通行「……はァァァァァァァァァ!?」

土御門「もう我慢できないぜよ!は、腹がいたいにゃああ!!」ゴロンゴロン

海原「だ……ダメだ……笑うな……しかし……」プルプル




519 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 17:07:05.08 ID:8foWsmqnO

結標「大丈夫よまだあまり広がってないから」

一方通行「そォいう問題じゃねェよ!そもそもなンで流出なンかよォォ!」

結標「……色々あってミスっちゃった」テヘッ

一方通行「……」カチッ

ギニャアアァアアアァァァ!!

キャアアアアアアアァァ!!

プラズマハマズイデスプラズマハァァァァァァ!!



打ち止め「あー!MNWにあの人の画像がいっぱいある!ってミサカはミサカは早速ダウンロード!!」




521 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 17:15:10.64 ID:8foWsmqnO
………………

浜面(落ち着いて状況を整理しろ浜面仕上……!)

浜面(滝壺にクリスマスは部屋にいろと頼まれ身支度していたら呼び鈴が鳴り玄関に巨大な箱が置いてあった……)

浜面(な、何を言ってるかわからねーと思うが……じゃなかった)

浜面「……開けるッ!開けるぞ!うぉぉぉ!」パカッ

滝壺「…………」チョイーン

浜面「…………」

滝壺「………プレゼントはわ、た、し……♪ 」

浜面(……イェアアアアア!!)




523 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 17:31:55.14 ID:8foWsmqnO
………………

上条「……よし、身嗜みはオッケーだな」

禁書「とうまー、しずりとデートなのかな?」

上条「まぁ……クリスマスだしな」

禁書「むむむー、私だってとうまと一緒に過ごしたかったけど……文句言うとしずりがご飯作ってくれないから我慢するんだよ!」

上条「ホント沈利が飯作ってくれなかったら上条家は崩壊してましたよ……」ハァ


禁書「あ……とーま」

上条「ん?」

禁書「……行ってらっしゃいなんだよ!」

上条「……あぁ!」



禁書「……一人は寂しいから小萌のところ行くんだよ…」グスッ




524 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 17:45:27.58 ID:8foWsmqnO

「沈利!」

「あ!当麻!」

「悪いな……待ったか?」

「うぅん。私も今来たところだから……」

「……」ギュッ

「ひゃっ!」

「嘘つけ……こんなに冷えてるじゃないか」

「……当麻のいじわる」

「ははっ……行くか!」

「うん!」




525 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 17:50:10.43 ID:8foWsmqnO










「当麻と一緒に過ごす初めてのクリスマス……すごい楽しみだよ……!!」














527 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 17:56:52.78 ID:8foWsmqnO
これで終わりです
今後の上条さん達は皆の胸のなかでイチャイチャさせてやってくだしあ><
性の六時間の濡れ場は無理ですハイ

こんな誤字脱字の多いダメダメなSSを保守してくださってありがとうございました

少しでも楽しんでいただけたらハッピーです






528 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 18:07:35.07 ID:d6HjbWjsO
乙でした
非常に良かっただけに続きが無いのが残念




534 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 19:55:02.36 ID:IZy7YRsKO
最初に俺から書き始めたSSがリレーによって完走を迎えたことに感動と感謝
みんな最高だったよ





537 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/19(金) 21:36:40.39 ID:EYvyOG/DO
お疲れ









----------------
当ブログについて
※欄114さんありがとうです。



リレーSSなので途中で何度か書き手さんが変わっています。


チャンピオンRED いちご表紙絵 駒都えーじ画 白スクール水着でクリスマス装飾 フィギュア (ノンスケールコールドキャスト製塗装済み完成品)
チャンピオンRED いちご表紙絵 駒都えーじ画 白スクール水着でクリスマス装飾 フィギュア (ノンスケールコールドキャスト製塗装済み完成品)
アルファマックス 2010-09-15
売り上げランキング : 1165

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
明日のよいち!  斑鳩いぶき 妖艶ver(1/6スケール コールドキャスト製塗装済み完成品) Flyable Heart 稲羽結衣 (1/8スケールPVC塗装済み完成品) ヨスガノソラ 春日野 穹 すくみず (1/6スケールPVC塗装済み完成品) リトルバスターズ!EX 能美クドリャフカ のびのびパンツVer. (1/8スケールPVC塗装済み完成品) ToHeart2 AnotherDays 菜々子 ネコ耳スクール水着 ver. (1/5スケールPVC塗装済み完成品)



読み物:禁書目録
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/11/30(火) 20:48: :edit
    ヒエェェェェ!!!1getですぞぉぉぉぉ!!!!!
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/11/30(火) 20:57: :edit
    2ゲット!
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/11/30(火) 21:24: :edit

  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/11/30(火) 21:24: :edit
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/11/30(火) 21:27: :edit
    浜面w
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/11/30(火) 21:33: :edit
    むぎのんは相変わらず可愛いなぁ
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/11/30(火) 21:37: :edit
    だめのんかわいいよだめのん
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/11/30(火) 21:38: :edit
    最愛ちゃんのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/11/30(火) 21:44: :edit
    平和だなァ
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/11/30(火) 21:44: :edit
    うむ
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/11/30(火) 21:45: :edit
    だなァ
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/11/30(火) 22:02: :edit
    いいのう
  13. 名前: 名無しボックスさん #-: 2010/11/30(火) 22:37: :edit
    >>1が鬼畜ならここからビリビリヤンデレ展開
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/11/30(火) 22:37: :edit
    前に載ってた奴の続きかと思って鼻血出そうになったが違った
    でも別のベクトルでむぎのん可愛すぎて痔になった
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/11/30(火) 22:49: :edit
    ていとくんと右側の人ってどっちがイケメンなの?
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/11/30(火) 22:57: :edit
    3rdゲット
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/11/30(火) 23:23: :edit
    浜面「あのガードレールとかいい感じじゃね?」

    いっけえぇぇぇぇえええはまづらぁぁぁああああ!!!!
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/11/30(火) 23:26: :edit
    文体がやけに定まらないなと思ったらリレーなのかw
    だめのんワロタw
  19. 名前: 通常のナナシ #CofySn7Q: 2010/11/30(火) 23:38: :edit
    ニヤニヤがとまらんかった
    むぎのんかわいすぎる
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/11/30(火) 23:56: :edit
    前回のがアレだったのに対して、今回は少なくとも前半は最高に笑わせてもらった

    途中の半角カナで行動を表し、顔文字がセリフに出てくる書き方をどっかで見た気がするんだが、なんだったかな
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/11/30(火) 23:57: :edit
    滝壺「お化け屋敷……ジェットコースター……(*・△・*)」ワクテカ

    滝壺「……ジャーンジャーンジャーン」


    滝壺かわいいなw
  22. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/01(水) 00:05: :edit
    まさに>>516と同じことを思っていた
  23. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/01(水) 00:05: :edit
    ※20
    割りとよく使われてるからどこにでもあるんじゃね?

    最高にムラムラした。
    ちょっと一通で抜いてくる。
  24. 名前: 通常のナナシ #pBoZlR9Y: 2010/12/01(水) 00:15: :edit
    浜面「全力疾走からのジャンピング土下座!?」

    俺はこの時ほど上条さんパネェと思った事は無い
  25. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/01(水) 00:19: :edit
    ちょっと明日からスーパーでシャケ弁もって待機してるわ
  26. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/01(水) 00:28: :edit
    浜面お前なら出来るさ
    あのガードレールでやっちまえよ
  27. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/01(水) 00:39: :edit
    恋は盲目だw
  28. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/01(水) 00:41: :edit
    冷蔵庫にある贖罪

    これは普通に始末した塊が入っているのかと思っちまったw
  29. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/01(水) 00:55: :edit
    むぎのん可愛過ぎだろ
    インなんとかさんとか超電磁砲なんていらんかったんや
  30. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/01(水) 01:59: :edit
    こういう人を情緒不安定って言うんだねって、ミサカはミサカは自分の博識さをアピールしてみたり!
  31. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/01(水) 03:08: :edit
    鬱エンドにならなくてホントよかった…w
    原作どぎついからSSでアイテム出てくると救われるわ

    >>30
    似たような遺伝子引き継いでますよ貴女
  32. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/01(水) 08:38: :edit
    全く、俺の嫁は原作しかり愛情表現が下手くそだなー
  33. 名前: 仕上 #-: 2010/12/01(水) 08:43: :edit
    超浜面…超強そうな響きだぜ…
  34. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/01(水) 09:58: :edit
    ※28
    ていとくん、何してるんですか
  35. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/01(水) 10:43: :edit
    あーあーみんなしねばいいのに
  36. 名前: 以下、ミサカネットワークがお送りします #-: 2010/12/01(水) 13:58: :edit
    むぎのん可愛すぎて俺が死ぬううううううう





    浜面爆発しろ!!
  37. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/01(水) 18:36: :edit
    これリレーか、スゲーな見事完結したし

    クリス、マス??
    なんかのイベント?
  38. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/01(水) 18:39: :edit
    滝壺がさっきから良い女過ぎる。
    可愛いーなーもー。

    浜面爆発しろ!
  39. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/01(水) 19:41: :edit
    むぎのんは可愛いな!!!
  40. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/01(水) 20:10: :edit
    くッそゥ!みンな爆発しやがれェ!
  41. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/01(水) 22:06: :edit
    プラトーンのポーズでクソワロタw
  42. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/01(水) 22:14: :edit
    上条△
    浜面△




    リア充全員爆発しろ
  43. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/02(木) 02:02: :edit
    一通さんの上条ゼリフ面白すぎるwwww
  44. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/02(木) 09:49: :edit
    可愛い
  45. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/07(火) 01:53: :edit
    今思えばヤンデレ成分足りなかったかなぁってちょっと後悔してみる

  46. 名前: 通常のナナシ #aYpzl2JE: 2010/12/07(火) 22:19: :edit
    理想郷で「麦野さんと上条くん」書いてた人がいたなあ
  47. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/12(木) 18:53: :edit
    ここまで恋に盲目で可愛いむぎのんも珍しいな
  48. 名前: #: 2013/11/16(土) 03:41: :edit
    このコメントは管理者の承認待ちです
  49. 名前: #: 2014/12/07(日) 18:29: :edit
    このコメントは管理者の承認待ちです
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。