かがみ「こなたと付き合ってるふりをしてほしいの?」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/10/31(日)
4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 01:13:28.98 ID:DNwt7Lo80
こなた「みゆきさん、つかさにほの字らしいのだよ」

かがみ「へっ!?つかさに?・・・ってかほの字って、お前いくつだよ・・・」

みゆき「はい、実は以前から・・・」

こなた「意外性があって、こういうみゆきさんも萌えだよねぇ」

かがみ「いや、話はわかるけど、なんで私がコイツと付き合う振りをしなきゃいけないんだ?」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 01:17:20.54 ID:DNwt7Lo80
みゆき「その・・・つかささんの反応を見たいと言いますか・・・」

かがみ「反応?」

こなた「だから、私達が付き合うのを見て、つかさがそういうのに抵抗があるかどうかを見極めたいんだってさ」

かがみ「いや、直接聞いた方が早くないか?」

みゆき「それもそうなんですが・・・」

こなた「かがみはわかってないねぇ・・・」

かがみ「はぁ?」




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 01:21:40.57 ID:DNwt7Lo80
こなた「私とかがみが付き合った振りをすれば、自然とみゆきさんとつかさがいる時間が増えるじゃん」

かがみ「なるほど」

みゆき「ですから、この案に乗っていただけませんか?」

かがみ「・・・アンタはいいいの?」

こなた「ん~?私は既に賛同してるよ、面白そうだしね」




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 01:25:06.91 ID:DNwt7Lo80
かがみ「なんと言うか、軽いなぁ・・・」

こなた「いいじゃん、アレだったら『つかさへのドッキリでした~』で済ませればいいんだし」

かがみ「まあ、それはそうだけど」

みゆき「お願い、できませんか?」

こなた「私からもお願いしとくヨ」

かがみ「・・・しょうがないわね、今回だけよ?」




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 01:29:31.75 ID:DNwt7Lo80
こなた「やたー!」

みゆき「かがみさん、ありがとうございます」

かがみ「いいわよ、みゆきには色々とお世話になってるし」

こなた「それじゃあ、つかさに知らせなきゃね」

みゆき「明日の放課後などはいかがでしょうか?」

こなた「素早くていいねぇ、じゃあ、明日私の家で・・・」




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 01:34:14.78 ID:DNwt7Lo80
かがみ「明日って、急ね・・・」

こなた「善は急げって言うじゃん」

かがみ「いや、そうだけど、いきなり付き合いましたなんて言っても、疑われるだけでしょ」

みゆき「お二人なら大丈夫ですよ、うふふ・・・」

かがみ「なにがよ?」

こなた「ということで、かがみは今日、私の家で作戦会議ね」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 01:38:40.60 ID:DNwt7Lo80
こなた家

かがみ「で、作戦会議ってなにすんのよ?」

こなた「色々あるでしょ~、返答のテンプレ作るとか」

かがみ「ホント、アンタはこういうことには熱心だな・・・」

こなた「全力でやってこそ、最高のプレジャーが得られるのだよ!」

かがみ「はいはい、わかったわかった、で、なにから決めんの?」




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 01:42:09.48 ID:gsqk9Rw8O
もう何年も経つのに、ちゃんと各キャラの声で脳内再生されるwww




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 01:43:07.46 ID:DNwt7Lo80
こなた「じゃあまずは、『どっちから告白したか』とかかな」

かがみ「う~ん、『成り行き』とかじゃダメなのか?」

こなた「それって逆にエロくない?」

かがみ「え、エロって!?お前なぁ・・・」

こなた「だって、こう、なんかの拍子に押し倒して我慢できずに・・・って感じでしょ?」

かがみ「いや、まぁ、そうともとらえれるけど・・・」




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 01:47:45.08 ID:DNwt7Lo80
こなた「ということで『私の家で、かがみが我慢できなくなって私を押し倒したのが始まり』っと」

かがみ「ちょっと待て!それは成り行きじゃないだろ!!」

こなた「え?夕日の射す放課後の教室の方がよかった?」

かがみ「場所の問題じゃねえ!」

こなた「え~、じゃあ私が押し倒したことにする?」

かがみ「アンタはなんでそんなに発想がピーキーなのよ!」




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 01:51:58.31 ID:DNwt7Lo80
こなた「もう、かがみ文句多すぎ~」

かがみ「お前が全面的に悪い!」

こなた「じゃあ、どんなシチュがいいの?」

かがみ「もう、『アンタん家で私が告白した』でいいでしょ!」

こなた「はいはい、『私の家で、私のことが好きで好きで堪らなくなったかがみんが一世一代の告白』っと」

かがみ「なんか色々とツッコミたい気がするんだが・・・」




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 01:57:30.19 ID:DNwt7Lo80
こなた「じゃあ次~、初キス・初エッチは?」

かがみ「ちょっと待て、その質問作ったのどっちだ?」

こなた「え?私だけど?」

かがみ「やっぱり・・・質問が直接的過ぎるだろ・・・」

こなた「え~、ちゃんとアンケートとって作ったんだけどな~」

かがみ「誰にだ」

こなた「ゆーちゃんとパティとひよりん」

かがみ「そりゃ、偏るわ・・・」




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 02:01:44.56 ID:DNwt7Lo80
こなた「で、質問の答えは?」

かがみ「両方『まだ』でいいでしょ」

こなた「え~、それじゃつまんないよ~」

かがみ「お前、私で遊んでるだろ?」

こなた「そりゃあ、それも私のプレジャーのうちの1つだからね」




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 02:04:58.77 ID:DNwt7Lo80
かがみ「もう、さっさと次の質問言いなさい」

こなた「お互いの好きなところは?」

かがみ「まともだけど、難しいのが来たわね・・・」

こなた「私は『ツンデレ・ツインテ』っと」

かがみ「お前、もう少し考えろよ・・・」

こなた「ん?もっと私がかがみんに惹かれるポイント聴きたい?」

かがみ「い、いや、そういうんじゃないんだけど・・・」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 02:10:01.05 ID:DNwt7Lo80
こなた「じゃあ、かがみが言ったら教えてあげる~」

かがみ「だから、そういうのじゃないってば!」

こなた「色々あるでしょ?『小っこくて可愛い』とか『纏わりついてくるのが堪らない』とか」

かがみ「なんというか、偏見に満ち溢れてるな・・・」

こなた「いや、よく考えるよ、なんでかがみって私とよくいるんだろって、その答えがコレ」




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 02:14:32.31 ID:DNwt7Lo80
かがみ「・・・アンタから見ると、私ってそういうヤツなのか?」

こなた「なんてね、冗談冗談」

かがみ「お前なぁ・・・」

こなた「かがみがそういう人じゃないことは、私が一番よく知ってるよ」

かがみ「あんまり恥ずかしいこと言うな!」

こなた「で、かがみは私のどこが好きなの?」




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 02:18:35.11 ID:DNwt7Lo80
かがみ「いや、その・・・なんというか気が置けないヤツと言うか・・・」

こなた「うん」

かがみ「確かにだらしなくて、どうしようも無いヤツだけど、ほっておけないと言うか・・・」

こなた「うんうん」

かがみ「気付いたら、アンタのペースに巻き込まれてるのが楽しいってのもあるし・・・」

こなた「え~と、かがみんって結構私のこと好きなの?」




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 02:20:19.62 ID:il57YHdX0
ガチで聞きにかかるこなたさん




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 02:21:57.44 ID:DNwt7Lo80
かがみ「そりゃあ・・・好きじゃなきゃ、こんなに仲良くなれないわよ・・・」

こなた「そ、そうだよね・・・」

かがみ「な、なんでアンタの方が照れてんのよ!?」

こなた「いや、ツンデレのデレって強力だなぁ・・・と」

かがみ「うっさい!で、アンタは私のどこが好きなのよ?」

こなた「へ?」

かがみ「私が言ったら、言ってくれるんでしょ?」




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 02:22:39.15 ID:o/InIgdzO
かがみん乗せられてるよかがみん




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 02:26:45.93 ID:DNwt7Lo80
こなた「え、え~と、こんな私にも分け隔てなく接してくれるところとか」

かがみ「まあ、そうね」

こなた「なんだかんだ言って、私のこと考えてくれるとことか・・・」

かがみ「う、うん・・・」

こなた「でもやっぱり最後はツンデレかなぁ・・・」

かがみ「私の感動を返せ」




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 02:35:04.93 ID:DNwt7Lo80
こなた「ん?私の告白に感動してくれたんだ?」

かがみ「だって、アンタがこういうこと言ってくれるのって珍しいしさ・・・」

こなた「くはぁ~!やっぱりツンデレはいいですなぁ~!」

かがみ「茶化すな!!」

こなた「・・・茶化さない方がよかった?」

かがみ「いや、そういうわけじゃ・・・」




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 02:39:24.00 ID:DNwt7Lo80
こなた「なんてね、時間も時間だし、ちゃっちゃとまとめちゃうね」カタカタ

かがみ「へっ?もうこんな時間?」

こなた「結構白熱してたからね・・・ん、プリントアウトっと」

かがみ「なんか、恥ずかしいわね・・・」

こなた「ん、じゃあ、これ覚えてきてね?」ペラッ

かがみ「まあ、頑張ってみるわ・・・」




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 02:42:52.27 ID:DNwt7Lo80
次の日 学校 昼休み

つかさ「でね~、フリーターなのにお家買うことになってね~」

みゆき「そうなんですか」

つかさ「そうそう、それでね~」

こなた「つかさ、みゆきさん、ちょっといいかな?」

かがみ「・・・」




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 02:46:33.50 ID:DNwt7Lo80
つかさ「ん、な~に、こなちゃん?」

こなた「今日の放課後、私の家に来てくれないかな?」

みゆき「私は大丈夫ですが・・・」

つかさ「私も行けるけど、何かあるの?」

こなた「実はちょっとした発表があってだね・・・ね、かがみ」

かがみ「まあ、ちょっとしたね・・・」




61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 02:49:51.84 ID:DNwt7Lo80
つかさ「え~なになに~?気になる~」

みゆき「そうですね、非常に気になりますね」

こなた「まあ、来てからのお楽しみという事で・・・」

つかさ「うん、楽しみにしとくよ!」

こなた「かがみん緊張気味?」ボソッ

かがみ「まあ、そりゃあ、ねぇ・・・」




63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 02:53:09.33 ID:DNwt7Lo80
ということで、こなた家

こなた「ただいま~」

つかさ「おじゃましま~す」

みゆき「おじゃまさせていただきます」

かがみ「おじゃまします・・・あれ、そうじろうさんとゆたかちゃんは?」

こなた「ん?追っ払ったよ」

かがみ「追っ払ったって・・・」




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 02:56:12.56 ID:DNwt7Lo80
こなた「だって、他の人に聞かれたらって思うと余計緊張しちゃうでしょ?」

かがみ「まあ、そうだけども・・・」

こなた「私だって、少しは緊張しているのだよ」

かがみ「・・・そりゃそうか」

つかさ「で、お姉ちゃん達、発表ってなに?」

みゆき「なんでしょうね?」




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 03:00:08.17 ID:DNwt7Lo80
こなた「じゃあ、ここはかがみからで・・・」

かがみ「私から!?」

つかさ「お姉ちゃんな~に?」

かがみ「いや、その、実はこの度、こなたと・・・」

つかさ「こなちゃんと?」

みゆき「泉さんと?」

かがみ「お、お付き合いすることになりまして・・・」




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 03:00:50.11 ID:xSPxzHJE0
キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* !!!!




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 03:04:33.15 ID:DNwt7Lo80
つかさ「へ?こなちゃんと?」

みゆき「そうなんですか?」

かがみ「その、うん、まあ・・・」

こなた「かがみんからの熱烈なアプローチに私もほだされてしまってねぇ」

つかさ「お姉ちゃんから?」

かがみ「なっ、いや・・・」

こなた「そうだよ~、すごく情熱的な告白されちゃってさぁ・・・」




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 03:07:34.50 ID:DNwt7Lo80
つかさ「あ~、でも、そう言えば、お姉ちゃんって結構こなちゃんのこと好きかも」

かがみ「つかさぁ!?」

つかさ「え~、だって、家でもよくこなちゃんの話してるし~」

こなた「ほうほう」

つかさ「夜になったら、こなちゃんから電話掛かってこないかソワソワしてるし~」

こなた「へぇ~」




75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 03:11:56.18 ID:DNwt7Lo80
みゆき「つかささんは、いいんですか?」

つかさ「ん~?なにが?」

みゆき「いえ、私としては祝福しますが、お二人は、その・・・女の方同士ですし・・・」

こなた「そうだよ、つかさ、嫌だったら嫌って、言ってもいいんだよ?」

つかさ「なんで?お姉ちゃんも幸せそうだし、いいと思うけどなぁ・・・」

かがみ「え~と、私、そんなに幸せそう?」




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 03:16:18.57 ID:DNwt7Lo80
つかさ「うん、すごく!・・・それに私、心配してたんだよ?お姉ちゃんって結構固いところあるから」

かがみ「そ、そう?」

つかさ「そうそう、だから、こなちゃんだったらバランスも調度いいかな~って」

こなた「え~と、私、ダメ人間として見られてます?」

かがみ「実際そうだろ」

つかさ「ははは・・・そういうわけじゃないんだけど・・・」




78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 03:20:59.78 ID:DNwt7Lo80
みゆき「つかささんがそう言うのでしたら、私も素直に祝福させていただきます」

こなた「ありがとう、みゆきさん」

かがみ「うん、みゆき、ありがとう」

つかさ「じゃあ、私からも、おめでとう、こなちゃん、お姉ちゃん」

こなた「ん、やっぱりつかさはいい子いい子」ナデナデ

つかさ「こなちゃんくすぐったいよ~」




79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 03:26:28.51 ID:DNwt7Lo80
こなた「それで、二人とも質問とかはないの?」

つかさ「しつもん?」

こなた「うん、色々あるでしょ?馴れ初めは~?とか、告白のセリフは~?とか、シチュエーションは~?とか」

かがみ「いや、馴れ初めは知ってるだろ」

つかさ「う~ん、でもそこらへんは帰ってからお姉ちゃんに聞きたいからなぁ~」

かがみ「か、帰ってからですか?」

つかさ「うん!帰ってから二人っきりでじっくりと、ね?」




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 03:30:10.29 ID:DNwt7Lo80
みゆき「ふふ・・・後で私にも教えてくださいね?」

つかさ「うん、絶対メールするよ!」

こなた「かがみ、ドンマイ」

かがみ「うぅ・・・」

つかさ「あ!そうだ!」

こなた「ん?なにか聴きたいことあった?」

つかさ「二人ともデートはもうしたの?」




82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 03:33:29.47 ID:DNwt7Lo80
かがみ「で、デート?」

つかさ「うん、デート」

かがみ「デートは、ねぇ?」

こなた「まだ付き合ったばっかりだから、こ、これから、ねぇ?」

つかさ「え~、どういうとこ行くの~?」

こなた「え~と、秋葉原とか?」

かがみ「それじゃいつもと一緒だろ!」




83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 03:38:50.33 ID:DNwt7Lo80
みゆき「まだ、お決めになっていないのですか?」

かがみ「う~ん、まあ、そんなところね」

つかさ「遊園地とかどうかなぁ?」

こなた「遊園地?」

つかさ「よく言うでしょ、遊園地の待ち時間で話が途切れないのが本当に相性のいいカップルだって」

みゆき「そうですね、よく雑誌などにもそう書いてありますね」




85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 03:42:49.80 ID:DNwt7Lo80
かがみ「遊園地なら、ねぇ?」

こなた「そうだね、新鮮でいいかも」

みゆき「それではつかささん、私達はお暇しましょうか?」

つかさ「うん、そうだね」

かがみ「な!変に気遣わないでよ!」




87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 03:45:44.82 ID:DNwt7Lo80
つかさ「こういうのは二人きりで決めたほうがいいよ~」

みゆき「そうですよ、かがみさん」

かがみ「そんなもんかしら・・・」

こなた「それじゃあ、玄関まで送っていくよ」

つかさ「いいよいいよ、じゃあ、お姉ちゃん後でね?」

みゆき「それでは、失礼いたします」




88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 03:49:14.70 ID:DNwt7Lo80
二人が退室しました

かがみ「・・・なんか話が膨らんじゃったわね」

こなた「う~ん、まあ、いいんじゃないかな、現に、みゆきさんとつかさが二人きりになってるわけだしさ」

かがみ「目標は達成してるってわけか・・・」

こなた「で、どうする?ホントに遊園地行ってみる?」

かがみ「まあ、遊園地とまでは行かなくても、デートする振りくらいはした方がいいのかな」




89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 03:53:33.32 ID:DNwt7Lo80
侵略!侵略!侵略!侵略!

こなた「うおっ!みゆきさんからメールだ!」

かがみ「なんだ?今の曲・・・」

こなた「なになに・・・二人のデートを尾行したい・・・」

かがみ「はぁ!!?」

こなた「だって、ほら・・・」

かがみ「な、なに考えてんのよ、あの二人は!」




92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 03:59:15.07 ID:DNwt7Lo80
こなた「え~と・・・『みゆきさんが何を言ってるのかわからないよ!』っと・・・」

かがみ「またどっかで聞いたことあるセリフを・・・」

こなた「まあ、みゆきさんにはわからないだろうけど・・・」

プルルルルr

かがみ「みゆきから電話だわ・・・はい、もしもし」

みゆき「もしもし、かがみさんですか?」

かがみ「ちょっと!さっきのメールはどういうことよ!?」




94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 04:05:32.63 ID:DNwt7Lo80
みゆき「あの、その、お二人がどんなデートをするかというお話が高じてしまいまして・・・」

かがみ「いや、それでもあんたねぇ・・・」

みゆき「すみません、この作戦が終わったら、ネタ晴らしでも構いませんので・・・」

かがみ「・・・わかったわよ、で、やっぱり遊園地なわけ?」

みゆき「はい、そうです・・・費用の方は私が持ちますので」

かがみ「そう、じゃあ、こなたと話し合うから・・・また決まったら連絡するわ」




95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 04:08:54.14 ID:DNwt7Lo80
かがみ「・・・だってさ」

こなた「ふ~ん、面白そうじゃん!」

かがみ「面白そうって・・・アンタねぇ」

こなた「え?だってタダで遊園地で遊べるんだよ?」

かがみ「まあ、考えようによってはそうだけど・・・」

こなた「それに、あっちが私達を監視するってことは、私達もあっちを監視できるんだよ?」

かがみ「は?」




96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 04:13:52.14 ID:DNwt7Lo80
こなた「みゆきさん、コレが最後でいいって言ってたんでしょ?」

かがみ「そうだけど・・・」

こなた「きっとみゆきさん、つかさに告白する気だよ?」

かがみ「なっ!」

こなた「尾行にカコ付けて遊園地デートで気分を盛り上げたとこで、告白イベント発動!ってなわけだよ」

かがみ「アンタが言うと、そう思えてきたわ・・・」




98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 04:18:39.07 ID:DNwt7Lo80
こなた「まあ、ということで役得狙いでいいんじゃないかな?」

かがみ「役得ねぇ・・・」

こなた「それに、かがみと遊園地なんて初めてだし!」

かがみ「まあ、そっか・・・楽しまなきゃ損よね」

こなた「そうそう、同じアホなら踊らにゃ損だよ!」

かがみ「なんかそれは違う気がする」




103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 04:37:03.75 ID:DNwt7Lo80
日々は過ぎて・・・デート当日

こなた「かがみ、おいすー」

かがみ「おーっす、って、アンタが先に来てるなんて珍しいわね」

こなた「え~、だって初デートなんだしさ~」

かがみ「振りだろ、振り」

こなた「そんなこと言っといて、かがみもオシャレしてるじゃん」

かがみ「まあ、一応二人を騙さなきゃいけないわけだし・・・」




104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 04:40:21.16 ID:DNwt7Lo80
みゆき「あ、かがみさんが来ましたね・・・」

つかさ「あ、お姉ちゃんの服、この前一緒に買いに行ったやつだ」

みゆき「お二人とも気合が入ってますね~」

つかさ「初々しくていいね~」

みゆき「あ、移動し出しましたよ!」

つかさ「それじゃあ、私達もしゅっぱ~つ!」




106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 04:44:36.61 ID:DNwt7Lo80
かがみ「それにしても日曜の遊園地か・・・混んでそうだな」

こなた「だから待ち時間が云々なんでしょ?」

かがみ「まあそうね、私達なら心配要らないと思うけど」

こなた「そうだね~」

かがみ「・・・それにしいても、追けるられてると思うと緊張するわね」

こなた「そこらへんは、いつもどおりにしてりゃ大丈夫だよ、多分」




111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 04:49:02.33 ID:DNwt7Lo80
みゆき「日曜日ですとやはり、街も人が多いですね」

つかさ「そうだね~、でも、遊園地なんて久し振りだから楽しみだな~、ゆきちゃんは?」

みゆき「ふふ、実は私も楽しみなんです」

つかさ「一緒だね!でも、このジェットコースターとお化け屋敷は絶対行きたいんだけどな~」

みゆき「う~ん、そこはお二人次第ですし・・・そうですね、こう言うのはどうでしょうか・・・?」




114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 04:53:28.07 ID:DNwt7Lo80
こなた「あ~、まだ暑いねぇ・・・もうちょい薄着にしてくればよかった・・・」

かがみ「もう、変に気合入れて似合わないオシャレするからよ」

こなた「似合わないとは失敬な!」

かがみ「おっ!メールだ・・・つかさ?」

こなた「へっ!?つかさから?」

かがみ「え~と・・・『遊園地私も行きたかったなぁ~、あそこのジェットコースターとお化け屋敷は有名だから帰ったら感想聞かせてね』だって・・・」




115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 04:57:13.15 ID:DNwt7Lo80
こなた「え~と、つかさが行きたいアトラクションってことかな?」

かがみ「そうでしょうねぇ・・・これ、行かなきゃいけないのか?」

こなた「普段のかがみならつかさの頼みだったら行くでしょ?そこは普通に対応しないと・・・」

かがみ「いや、実は私、ジェットコースターは苦手なのよ・・・」

こなた「え!?ホントに!?」

かがみ「急に瞳を輝かせるな!」




116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 05:01:50.85 ID:DNwt7Lo80
つかさ「でも大丈夫かなぁ?」

みゆき「なにがですか?」

つかさ「お姉ちゃん、確かジェットコースター苦手なハズなんだけど・・・」

みゆき「そうなんですか?」

つかさ「まあ、そこは恋人パワーの魅せ所だよね!」

みゆき「そ、そうですね・・・」




117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 05:05:28.71 ID:DNwt7Lo80
遊園地に着きました

こなた「ふう、着いた着いた」

かがみ「なに安心してるのよ、こっからでしょうが」

こなた「そうだね~・・・最初に嫌なこと終わらせちゃう?」

かがみ「え?初っ端から?」

こなた「多分、行列の出来かたから考えると、人気スポットから攻めた方が堅実だと思うんだけど」

かがみ「ホント、こういう時だけは頼りになるわねぇ・・・」




119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 05:10:19.18 ID:DNwt7Lo80
というわけでジェットコースター

こなた「朝一なのに20分待ちか・・・手強いねぇ」

かがみ「あ~、なんかどんどんテンション下がってくわ~」

こなた「ははは・・・歯医者の順番待ちみたいな感じ?」

かがみ「言いえて妙ね、さっさと終わらせて欲しいような、順番が来て欲しくないような・・・」

こなた「まあまあ、乗っちゃえばスグだって」

かがみ「そうであることを願うわ」




120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 05:13:46.29 ID:DNwt7Lo80
つかさ「中々進まないね」

みゆき「やはり一番人気なだけはありますね」

つかさ「う~ん、でも・・・」

みゆき「どうかなさいましたか?」

つかさ「お姉ちゃん達、手繋がないね」

みゆき「そ、そうですね、初めてのデートですし、緊張してるんですかね?」




122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 05:17:10.96 ID:DNwt7Lo80
つかさ「そういうもんかなぁ・・・」

みゆき「あ、そうです、喉渇きませんか?」

つかさ「あ、ちょっと渇いたかも~」

みゆき「あと15分ありますし、何か買ってきますね!」

つかさ「ありがとう~お願い~」

みゆき「では、いってきます」




124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 05:19:53.38 ID:DNwt7Lo80
こなた「お、メールだ・・・」

かがみ「マナーモードとは、あんたも進歩したじゃない」

こなた「まあ、人混みに入るって分かってたからね・・・ってみゆきさんからだ・・・」

かがみ「ん?なんて?」

こなた「え~・・・『大至急手を繋いでください!つかささんが疑ってます!』だって・・・」

かがみ「はぁ?」




125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 05:23:58.15 ID:DNwt7Lo80
こなた「・・・手を繋げってことじゃないかな?」

かがみ「わかってるわよ、そんなこと!」

こなた「まあいいじゃん、繋いどこうよ」ギュッ

かがみ「あ~もう、ネタバレしたあと、つかさとっちめてやる」

こなた「え~そんなに私と手繋ぐの嫌なの?」

かがみ「違うわよ!その、恥ずかしいというか、なんというか・・・」




127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 05:26:12.31 ID:DNwt7Lo80
こなた「手繋ぐぐらいで恥ずかしがるウブなかがみん萌え~」

かがみ「うっさい!」

係員「ここからここまでのかた、どうぞ~」

こなた「お、ついにキタねぇ」

かがみ「な、い、一番前じゃない・・・」




128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 05:29:48.92 ID:DNwt7Lo80
こなた「普通の人なら喜ぶとこなんだけどねぇ・・・運が悪かったね」

かがみ「ああ・・・南無三・・・」

こなた「どうする?手、繋いどこうか?」

かがみ「へ?そんなの・・・!」

こなた「ちょっとくらいは、マシかも知んないよ?」

かがみ「・・・お願い」




130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 05:32:08.22 ID:DNwt7Lo80
つかさ「いいなぁ~お姉ちゃん達、一番前とか」

みゆき「一番前と一番後ろですか・・・調度いいかも知れませんね」

つかさ「・・・見て、ゆきちゃん」

みゆき「どうしました?」

つかさ「二人とも、手、繋いでるよ?」




132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 05:34:51.56 ID:DNwt7Lo80
みゆき「あ・・・本当ですね・・・」

つかさ「いいな~ラブラブで・・・私達も繋いでみよっか?」

みゆき「へ?」

つかさ「こういう風にさ」ギュッ

みゆき「つ、つかささん?」

つかさ「ふふ、ゆきちゃんもちゃんと握って?」

みゆき「は、はい・・・」




134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 05:39:48.28 ID:XPB8LGo60
みゆき「痛ッ!・・・画びょう!?」 しえん




135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 05:40:24.71 ID:DNwt7Lo80
ジェットコースター 降り口

こなた「どうだった?」

かがみ「・・・最悪」

こなた「私は、かがみんが痛いくらいに手を握ってくれて萌え萌えキュンキュンだったよ」

かがみ「はいはい、よかったですね・・・」バシッ

こなた「あ~ひど~い、振り払うことないじゃ~ん!」

かがみ「お前が茶化すからだろうが!」




136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 05:42:20.84 ID:DNwt7Lo80
つかさ「楽しかったね~」

みゆき「そうですね、幸せでした・・・」

つかさ「幸せ?」

みゆき「あ、いや・・・お二人が幸せそうだと、こちらも幸せになって来ませんか?」

つかさ「ふふ・・・そうだね、それはあるかも」




139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 05:47:37.50 ID:DNwt7Lo80
こなた「もう、ちょっとくらいは茶化させてよ~、私も恥ずかしかったんだからさ!」

かがみ「あ、ごめん・・・その、つい・・・」

こなた「・・・もう、なんでそこで本気で謝るかなぁ・・・」

かがみ「いや、だって・・・」

こなた「まあ、いいや、次はかがみの行きたいトコ行こうよ!」ギュッ

かがみ「うん、・・・ありがとう」




140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 05:54:17.69 ID:DNwt7Lo80
こなた「それで、メリーゴーラウンドですか・・・」

かがみ「なによ、悪い?」

こなた「いえいえ、全然並んでないし、そろそろまったりしたかったし、調度いいんじゃない?」

かがみ「でしょ?」

こなた「まあ、乙女なかがみんにちょっと萌えたけど」

かがみ「一言多いわ」




141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 05:58:37.50 ID:DNwt7Lo80
みゆき「次は、メリーゴーラウンドですか・・・」

つかさ「らうんど?」

みゆき「はい、メリーゴーランドと呼ばれがちですが、実はラウンドと言う方が正式名称に近いんですよ」

つかさ「へぇ~、そうなんだ」

みゆき「それでこのラウンドの意味なんですが・・・、っと、ここでお話することではなかったですね」

つかさ「うん、また今度聞かせてね?」

みゆき「はい、つかささんの為なら、いつでもいいですよ」




144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 06:03:28.07 ID:DNwt7Lo80
つかさ「どうしようか、一緒に乗る?」

みゆき「あれだけ人が少ないとバレてしまいますし・・・そこのベンチから観察しましょう」

つかさ「そうだね・・・それにしても二人とも楽しそうだね」

みゆき「そうですね、やはりお似合いですね・・・」

つかさ「うん、ああいう風にお喋りしてるところとかだけ見tも、ホントにそう思う」




145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 06:07:32.41 ID:DNwt7Lo80
こなた「ざわめく人混みの中で、こうやってまったり話すのもいいですなぁ」

かがみ「でしょ?こういう雰囲気、結構好きなのよ」

こなた「なんか、学校のお昼休みみたいだよね」

かがみ「ふふ・・そうね、でも、アンタのことだから急回転~とかやると思ったわ」

こなた「え~、そういうことやるのはみさきちだよ~」

かがみ「あ~、あいつなら絶対やるわ」




146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 06:09:27.62 ID:DNwt7Lo80
ごめん、メリーゴーラウンドとコーヒーカップ勘違いしてた・・・




147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 06:10:40.30 ID:HNpchXiW0
えっ




148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 06:10:59.68 ID:oAxV+/VEO
あー、急回転って何かと思ったわwww




149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 06:12:49.28 ID:DNwt7Lo80
メリーゴーラウンド→馬とか馬車とかが回ってて、乗れるやつ

コーヒーカップ→コップみたいなのに乗れて、ハンドルが付いてて、クルクル回せるやつ




150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 06:18:52.22 ID:Zk69pPkP0
メーリーゴーランド回転させるとかこなたパワフルすぎだろ・・・




151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 06:19:14.63 ID:DNwt7Lo80
ということで、コーヒカップ内です

こなた「でも私は、かがみもやりそうだってちょっと思ったよ」

かがみ「ふふ、私がそんなことやるわけないでしょ」

こなた「え~、わかんないよ?結構かがみって子供っぽいトコあるし~」

かがみ「もう、アンタに言われたくないわよ」

こなた「じゃあ、お墨付きを貰ったところで、えい!」グルグル

かがみ「ちょっ!やめなさいよ!」




154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 06:21:50.71 ID:DNwt7Lo80
こなた「ほら~、かがみもやってみなよ、楽しいよ!」

かがみ「やらんと言ってるだろ!」

こなた「じゃ、一緒に」ギュッ

かがみ「ちょっと、急に手掴まないでよ!」

こなた「ほら、グルグル~、パン工場~」

かがみ「なぜそのネタを!」




155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 06:25:52.86 ID:DNwt7Lo80
コーヒーカップ 降り口

こなた「ふぅ~」

かがみ「汗かくほど回すなよ・・・」

こなた「ちょっとやりすぎたネ!」

かがみ「ちょっとじゃないわよ、まったく・・・で、次はどこ?」

こなた「お化け屋敷行って、お昼でいいんじゃない?お化け屋敷が一番つまんなそうだし」

かがみ「いきなりぶっちゃけたな」




156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 06:30:24.04 ID:DNwt7Lo80
こなた「え~だって、かがみんそんなの怖がりそうにないし~」

かがみ「なんだかんだ言って作り物だし、ねぇ?」

こなた「まあ、雰囲気だけでも楽しめればいんじゃない?」

かがみ「そういうもんか」

こなた「そういうものだよ」




158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 06:38:04.32 ID:DNwt7Lo80
みゆき「移動をはじめましたね・・・」

つかさ「あっちてことは、お化け屋敷かな?」

みゆき「多分そうですね」

つかさ「楽しみだな~お化け屋敷」

みゆき「でも、お二人ともあまり苦手そうには見えないですよね」

つかさ「そこで恋人さん同士の二人がどうするのかが楽しみなんだよ」




159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 06:40:42.44 ID:DNwt7Lo80
みゆき「そ、そういうものですか?」

つかさ「それに私もこういうの好きなんだ~、お化け屋敷とか、肝試しとか」

みゆき「怖いもの見たさというものでしょうか?」

つかさ「う~ん、かな、でも怖いのは苦手~」

みゆき「え~と・・・」

つかさ「楽しみだな~」




163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 06:44:57.59 ID:DNwt7Lo80
こなた「うへぇ・・・結構並んでるねぇ・・・」

かがみ「まあ、一応有名らしいし」

こなた「普段なら絶対パスしてジェットコースター2回目とか行くんだけどな~」

かがみ「え?行くんなら一人で行きなさいよ?」

こなた「普段ならだよ~、ゆい姉さんとかジェットコースター好きだからさ」

かがみ「ああ、分かるわ、主に運転で」




164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 06:49:33.07 ID:DNwt7Lo80
こなた「でも、そのせいでお父さんがそーいうの苦手になっちゃってさぁ」

かがみ「え?ゆたかちゃんじゃなくて?」

こなた「うん、なんか『他人の運転は信用できん!』みたいな感じで」

かがみ「ははは、災難ねぇ」

こなた「まあ、逆にゆーちゃんはもう馴れっこになったらしいけど」

かがみ「ショック療法ってやつね」

こなた「それでも、未だにゆい姉さんの運転は酔うらしいけど」

かがみ「実に恐ろしいわね・・・」




165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 06:52:07.58 ID:oAxV+/VEO
ゆいの運転ネタとか懐かしいな…




166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 06:55:45.98 ID:DNwt7Lo80
係員「次の方どうぞ~」

こなた「はいはいっと・・・結構暗いねぇ」

かがみ「ホント、お化けより、転びそうで怖いわ」

こなた「かがみは夢がないね~」

かがみ「アンタに言われたくないわ」

こなた「あそこらへん、出てきそう」

お化け「わー!!」

こなた「ほらね?」

かがみ「あ~、次あそこらへんじゃない?」




167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 06:59:59.09 ID:DNwt7Lo80
お化け「わー!」

こなた「おお、やるねぇ・・・」

かがみ「でしょ?」

こなた「じゃあ、私は次はあそこだと思う!」

かがみ「じゃあ、私はあっち!」

お化け「わー!」

かがみ「ほら、正解!」

こなた「むぅ!じゃあ次はあっち!」

かがみ「じゃあ、私は・・・」




168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 07:05:10.86 ID:DNwt7Lo80
お化け屋敷 出口

かがみ「はい、5勝3敗で私の勝ち~」

こなた「う~、少し捻り過ぎたか・・・」

かがみ「やっぱり、ここぞってトコ意外は素直な配置の方が多いわよ」

こなた「かがみに教えられるとは・・・もう少し精進せねば」

かがみ「あはは、いつでも掛かってきなさい!・・・で、お昼ご飯どこで食べる?」

こなた「一番近い、そこのラウンジでいいんじゃない?」

かがみ「そうね、じゃ、行きましょうか」




172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 07:11:00.55 ID:DNwt7Lo80
つかさ「わ~!あ~!わ~!!」ギュー

みゆき「つ、つかささん、そっちじゃないです、こっちの道です!」

つかさ「絶対あそこ出てk・・・わ~!!!」ギュウウウ

みゆき「ちょ、ちょっと苦しいです」

つかさ「で、でも、うわぁぁぁ!!」ギュウウウ

みゆき「で、でも、幸せです・・・」




173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 07:17:39.57 ID:DNwt7Lo80
出口

つかさ「うぅ~、怖かったよぅ~」

みゆき「そうですね、凄く暗かったですし、凝った配置もあって私も驚きました」

つかさ「だよね~、怖かったよね~」

みゆき「そうですね、でも楽しかったですよ、非常に」

つかさ「うん、でもごめんね、ずっとゆきちゃんにしがみついてて」

みゆき「いえいえ、お気になさらず」




174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 07:23:26.14 ID:DNwt7Lo80
つかさ「でも一杯叫んだら、お腹すいちゃった」

みゆき「そうですね、お二人もラウンジの方に向かった見たいですし、私達もお昼にいたいましょう」

つかさ「あ、でも、今日ね、実はお弁当作ってきたんだ」

みゆき「え?つかささんがですか?」

つかさ「うん!ゆきちゃんの分もあるから、向こうのベンチで食べよ!」

みゆき「そ、それなら、ご一緒させていただきます・・・」




175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 07:27:31.31 ID:DNwt7Lo80
ラウンジ

かがみ「お、窓際のいい席が空いてる!」

こなた「じゃあ、かがみ席取っといてよ、私、注文してくるからさ」

かがみ「え?悪いわね」

こなた「だって、さっき負けちゃったしさ、メニューは私にお任せでいいよね?」

かがみ「ふふ、じゃあ、それでお願いするわ」

こなた「それでは、しばしお待ちを・・・」




177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 07:37:03.70 ID:DNwt7Lo80
こなた「うぃ~す、お待たへ~」

かがみ「おう、ホットドックにコーラにポテトか、アンタにしてはマトモね」

こなた「もぅ、へんなとこで信用ないな~」

かがみ「いや、なんかハッピーセット的なものでも頼むのかと思ったから」

こなた「そんなのないよ~・・・っと、かがみ、あれ見て」

かがみ「へ?どれよ?」

こなた「あそこのベンチ、みゆきさん達じゃない?」




178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 07:40:49.39 ID:DNwt7Lo80
かがみ「ホントだ・・・」

こなた「お弁当食べてるね・・・その手があったか・・・」

かがみ「どの手だよ」

こなた「デートで一緒にお弁当つつくとかいいシチュじゃん!」

かがみ「まあ、それはそうだな」

こなた「みゆきさんは、こんなとこでも勝ち組か~」

かがみ「いいんじゃない、元はと言えば向こうが主題なわけだし」




179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 07:44:16.92 ID:DNwt7Lo80
こなた「それもそっか・・・、まあ、こっちはこっちでラブラブしますか」

かがみ「誰がするか、誰が」

こなた「え~釣れないなぁ」

かがみ「アンタになんか釣られてたまるか」

こなた「ま、いっか、こっちを監視する余裕もなさそうだしね」

かがみ「そうそう、休憩、休憩」




180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 07:49:42.49 ID:DNwt7Lo80
ベンチ

つかさ「はい、コレがゆきちゃんのぶん、で、コレが二人で食べる用のおかずね」

みゆき「あ、ありがとうございます」

つかさ「はい、お箸、・・・では一緒にいただきま~す」

みゆき「いただきます!」

つかさ「でね、こっちは冷凍食品なんだけど、こっちが手作りで~」

みゆき「ど、どれも素晴らしく美味しいです!」

つかさ「ははは、ゆきちゃん褒めすぎだよ~」




181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 07:58:34.41 ID:DNwt7Lo80
ラウンジ

かがみ「で、午後はどうすんの?」

こなた「ん~、人も増えてきたし、適当に空いてるとこ回って、暗くならないうちに帰る感じでいいんじゃない?」

かがみ「そうね、あんまり遅くなってもアレだしね」

こなた「本当のデートなら暗くなってからが本番なんだろうけどね」

かがみ「そうね、夜景の見える観覧車~とかね」

こなた「ん、やってみる?」

かがみ「今日は遠慮しとくわ」




182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 08:01:54.93 ID:DNwt7Lo80
こなた「だね、そういうのは本番にとっとかないとね」

かがみ「そうそう、そんなロマンチックなのがあるのかは知らないけど」

こなた「あるといいね」

かがみ「まあ、多分ないでしょうね」

こなた「ははは、かがみらしいや、さて、適当にぶらつきますか」

かがみ「ん、あの子たちも食べ終わったみたいだしね」




184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 08:05:36.55 ID:DNwt7Lo80
こなた「あちゃ~、どれも30分待ち以上がデフォだね~」

かがみ「さっすが日曜の午後ね」

こなた「え~、今何時~?」

かがみ「一時半ってとこ」

こなた「次に乗るのが最後っぽいね~」

かがみ「帰るのに掛かるのを考えると、そんなもんか」




186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 08:10:33.23 ID:DNwt7Lo80
こなた「そうそう、こんだけいると帰りのラッシュもすごそうだし」

かがみ「あ~、なんか今から疲れてきたわ」

こなた「じゃ、軽めのでいっか」

かがみ「ん、じゃああの3Dミュージアムとかいうのでいいんじゃない?」

こなた「45分待ちか、調度いいね」

かがみ「じゃ、決定ってことで」




190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 08:19:48.87 ID:DNwt7Lo80
ベンチ

みゆき「ふぅ、お腹も一杯になりましたね」

つかさ「へへ、ちょっと作りすぎちゃったかな?」

みゆき「いえいえ、そんなことはないですよ」

つかさ「そっか、よかった~」

みゆき「はい、非常に美味しくて、いくらでも食べれそうでした」

つかさ「もう、ゆきちゃんってば」




193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 08:23:53.57 ID:DNwt7Lo80
みゆき「本当のことなんですが・・・」

つかさ「そこまで言われると、流石に照れちゃうよ~」

みゆき「あ、すいません、つい、嬉しかったもので・・・」

つかさ「へ?嬉しい?」

みゆき「はい、人にお弁当を作って貰うというのが久し振りだったもので・・・」

つかさ「ああ・・・、そういえば、ゆきちゃんいっつも自分で作ってるんだっけ?」

みゆき「はい」




195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 08:27:16.77 ID:DNwt7Lo80
つかさ「それじゃあ、また今度、私が作ってあげるね?」

みゆき「ほ、本当ですか?」

つかさ「で、ゆきちゃんも私の作って交換とかしよ?」

みゆき「い、いいですねぇ~」

つかさ「それで・・・あ!ゆきちゃん!」

みゆき「はい?」

つかさ「お姉ちゃん達、いないんだけど・・・」




196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 08:36:46.67 ID:DNwt7Lo80
こなた「長いね、ホント長いね~」

かがみ「いちいち言うな、私も思ってるんだから」

こなた「でね、さっきから思ってるんだけど」

かがみ「ん?」

こなた「みゆきさん達いなくない?」

かがみ「あ、そういえば・・・」

こなた「いちゃいちゃしすぎて多分見逃されたんじゃない?」




197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 08:40:15.27 ID:DNwt7Lo80
かがみ「あの二人ならありえるわね・・・」

こなた「それとな~くメールしといてあげなよ、それとな~く」

かがみ「まあ、あの二人置いて帰ってもしょうがないしな」

こなた「それはそれで、みゆきさんにとってみればラッキーなんだろうけど」

かがみ「ま、一応ね」




199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 08:47:15.19 ID:DNwt7Lo80
つかさ「どうしよう、見つかんないよ~」

みゆき「やはり、これだけ人がいると探すのも大変ですね・・・」

つかさ「でも、こなちゃんは結構見つけやすいと思うんだけどなぁ」

みゆき「もしかして、もうお帰りになったのでは・・・」

つかさ「それはないと思うんだけど・・・」

みゆき「そうだといいのですが・・・ん、メールですか?」




200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 08:50:08.45 ID:DNwt7Lo80
つかさ「どうしたの、ゆきちゃん」

みゆき「いえ・・・母からのメールでした」

つかさ「そっか、う~ん、もう少し探してみよっか?」

みゆき「そうですね、乗り物に乗ってる最中かも知れませんしね」

つかさ「うんうん」

みゆき(ありがとうございます、かがみさん・・・)




202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 09:00:06.72 ID:DNwt7Lo80
3Dミュージアム 出口

こなた「なんというか、う~んって感じだね」

かがみ「まあ、3Dだけなら家でも見れる時代だしね」

こなた「で、みゆきさんには伝えてあるの?」

かがみ「ちゃんとここの出口に張っとけってメール送っといたわよ」

こなた「ま、なら適当に退園口に向かってれば見つけてくれるかな」

かがみ「そうじゃない?」




203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 09:04:03.41 ID:DNwt7Lo80
みゆき「う~ん、やはり居ませんねぇ・・・」

つかさ「ごめんね、私がお弁当なんて作ってくるから・・・」

みゆき「いえ、つかささんのせいではありませんよ」(この時間、この位置、この角度なら!)

つかさ「でも・・・」

みゆき「あ!あれは泉さんじゃないですか?」

つかさ「えっ!どれ!?」

みゆき「あちらです!」




204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 09:07:57.38 ID:DNwt7Lo80
つかさ「ホントだ、こなちゃんだ!」

みゆき「やはり、アトラクションの中にいらっしゃったんですね」

つかさ「流石ゆきちゃん!」

みゆき「いえいえ、元はと言えば私がお弁当に夢中になりすぎたせいですから・・・」

つかさ「でも、あっちって退園口じゃないかな?」

みゆき「え・・・いえ、でも・・・観覧車もありますよ?」




205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 09:11:27.98 ID:DNwt7Lo80
つかさ「あっ、そっか!観覧車か!」

みゆき「そうですよ、きっと」

つかさ「そうだよね~、お姉ちゃんって結構ロマンチストだから、そういうの憧れてるんだよね~」

みゆき「そういうの、とは?」

つかさ「当然、観覧車の中でキスだよ」

みゆき「き、キス、ですか・・・」




206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 09:15:37.91 ID:DNwt7Lo80
みゆき「え~と、つかささん、少し小腹が空きませんか?」

つかさ「え?小腹?」

みゆき「はい、私は空いたので、さっきあったチェロキーを買ってきてよろしいでしょうか?」

つかさ「あ、あれ美味しそうだったよね!私の分もたのんでいいかな?」

みゆき「はい、それではいってきます」

つかさ「いってらっしゃ~い」




207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 09:18:29.30 ID:DNwt7Lo80
こなた「どうかね~、そろそろ見つかったかね~?」

かがみ「まあ、みゆきのことだからちゃんと・・・って噂をすれば電話だわ」

こなた「ん?みゆきさんから?」

かがみ「うん・・・もしもし~?どう、見つかった?」

みゆき「はい、見つかったのはいいんですけど・・・」

かがみ「ん?なんかトラブルでもあった?」




208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 09:22:39.88 ID:DNwt7Lo80
みゆき「いえ、トラブルというわけではないのですが・・・お二人は帰ろうとなさってます?」

かがみ「うん、そろそろ電車も混み出しそうだしね~」

みゆき「それが、つかささんが疑っていまして・・・」

かがみ「ま、またつかさ?今度は何よ?」

みゆき「『ロマンチストのかがみさんが観覧車でキスをしないのはおかしい』と・・・」

かがみ「そ、そんなことできるか!!」




211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 09:26:58.28 ID:DNwt7Lo80
こなた「ん?なにができないの?」

かがみ「み、みゆきのやつが、観覧車でキスしろって!!」

こなた「え~と、ちょっと電話替わってくれる?」

かがみ「いいけど・・・絶対私は嫌よ!」

こなた「はい、もしも~し、みゆきさん?」

みゆき「はい、もしもし」




212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 09:30:41.25 ID:DNwt7Lo80
こなた「それは、キスする振りでいいのかな?」

みゆき「はい、つかささんにバレなければ、何でもかまいません」

こなた「ふ~ん、で、みゆきさん達が見る角度は?」

みゆき「多分、西の方から、ちょうど観覧車の目の前のベンチから見ることになると思います」

こなた「ふ~ん、わかったよ、バレないように頑張ってみるよ」

みゆき「お願いします・・・」




213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 09:35:00.02 ID:DNwt7Lo80
かがみ「あ、アンタ、何了承してんのよ!」

こなた「いいじゃん、振りだよ振り、ニセデートにはちょうどいい締めじゃん」

かがみ「いや、振りでも・・・バレないようにする自信ないぞ?」

こなた「まあ、そこらへんは私にお任せあれ」

かがみ「どうなっても知らないからな・・・」




216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 10:01:35.76 ID:DNwt7Lo80
みゆき「お待たせいたしました・・・」

つかさ「あ、ゆきちゃんおかえり~」

みゆき「はい、こちらがつかささんの分です」

つかさ「ありがとう・・・結構かかったね?」

みゆき「少々並んでいましたので・・・お二人は」

つかさ「やっぱり観覧車の方にいったよ」

みゆき「そうですか・・・それでは、あちらのベンチから見守りましょう」




217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 10:04:08.65 ID:DNwt7Lo80
つかさ「でも、ここからじゃ、遠くて中まで見えないね・・・」

みゆき「こんなこともあろうかと・・・デジタルな双眼鏡が」

つかさ「さっすがゆきちゃん!」

みゆき「ふふ、それほどでも・・・しかし、一つしか用意できなかったので・・・」

つかさ「うん、片目ずつだね!」




219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 10:07:37.20 ID:DNwt7Lo80
かがみ「で、乗ったはいいけど、どうするのよ?」

こなた「ん~、とりあえずそっち詰めて」

かがみ「なに?隣りあわせで座るの?」

こなた「そりゃあ、恋人同士な設定なんだし」

かがみ「もう、しょうがないわね・・・」




222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 10:10:45.96 ID:DNwt7Lo80
こなた「それじゃ、手、握って?」

かがみ「はぁ?」

こなた「そういう反応されると傷つくなぁ・・・」

かがみ「もう!握ればいいんでしょ、握れば」ギュッ

こなた「ん、ありがとう」

かがみ「いえいえ、どういたしまして」




224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 10:14:23.28 ID:DNwt7Lo80
こなた「で、あっちからみゆきさん達が見てるから、てっぺんについたら、口元がちょうど隠れるようにするから・・・」

かがみ「私は座ってるだけでいいのね?」

こなた「そゆこと、あと、ムードは大事にね!」

かがみ「ムード・・・ねぇ」

こなた「ふふ、ちょっと照れてるかがみ、可愛いよ」

かがみ「やめろ!こそばゆい・・・」




225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 10:16:50.06 ID:DNwt7Lo80
みゆき「どうですか?キツくないですか?」

つかさ「ううん、ゆきちゃんのほっぺ、柔らかくて気持ちいいよ」

みゆき「あ、ありがとうございます・・・」

つかさ「それにしても、二人とも、手繋いで、いいムードだね」

みゆき「そうですね、うまくこなたさんがリードしているみたいですね」




226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 10:22:21.37 ID:DNwt7Lo80
こなた「そろそろかな・・・準備はいい?」

かがみ「私は座ってるだけでしょ?」

こなた「ま、そうなんだけど・・・目、瞑って?」

かがみ「え?」

こなた「一応ね?私も近くで見られてたら恥ずかしいからさ」

かがみ「わ、わかったわよ・・・」




227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 10:25:53.65 ID:DNwt7Lo80
こなた「じゃあ、ちょっと肩に体重掛けるよ?」

かがみ「ん・・・」

こなた「かがみん、可愛いよ」

かがみ「・・・うっさい」

こなた「愛してるよ・・・かがみ」チュッ

かがみ「っ!」




229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 10:29:20.22 ID:DNwt7Lo80
かがみ「あ、アンタなにしてんのよ!!」バシッ!

こなた「ごめん・・・」

かがみ「ふ、振りって言ったでしょ!なにホントに・・・!」

こなた「かがみが可愛くて・・・つい」

かがみ「ついじゃないわよ!!」




231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 10:32:21.46 ID:DNwt7Lo80
つかさ「わっ・・・こなちゃんから・・・」

みゆき「てっぺんでですか・・・ロマンチックですね・・・」

つかさ「あれ?お姉ちゃんの様子が・・・」

みゆき「ど、どうしたんでしょうか?」

つかさ「い、今、ビンタしなかった?」

みゆき「ホントに・・・いえ、舌でも挿れたんでしょうか・・・」




235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 11:05:35.25 ID:DNwt7Lo80
つかさ「初めてのキスで、こなちゃん、そんなことしないと思うけど・・・」

みゆき「・・・今、なんとおっしゃいました?」

つかさ「え、いや、いきなり、舌なんて入れないんじゃないかなって・・・」

みゆき「その前です」

つかさ「初めてのキスで?」

みゆき「なぜ、今いきなり、初めてなんて言い出したんですか、先ほどまでは一言もおっしゃらなかったのに」

つかさ「あの、これはその・・・」




237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 11:09:53.79 ID:DNwt7Lo80
みゆき「もしかして、皆さんグルなんですか?」

つかさ「み、みんな?」

みゆき「そうです、泉さんも、かがみさんも、つかささんも、私を逆に監視していたんですか?」

つかさ「ち、違うよ!私はこなちゃんに頼まれただけで・・・」

みゆき「泉さんがですか・・・?」




239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 11:11:12.87 ID:R2dhmjvcO
なんと…




240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 11:13:18.28 ID:wnRFD/lpO
うおぉぉぉおおおお!




241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 11:14:05.41 ID:DNwt7Lo80
こなた「その・・・ごめん」

かがみ「ごめんじゃ済まないわよ!!」

こなた「うん・・・」

かがみ「あんた、ホントは最初っからするつもりだったんでしょ!?」

こなた「いや、だって・・・」

かがみ「なんでそれなら私に言ってくれないのよ!」




243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 11:17:41.09 ID:DNwt7Lo80
こなた「・・・えっ?」

かがみ「・・・嫌じゃなかったの!」

こなた「え?」

かがみ「キスされた瞬間は嫌じゃなかった!それどころか『愛してる』って言われて嬉しかった!!」

こなた「その・・・かがみ?」

かがみ「それなのにアンタは、ついとか、可愛かったからとか言い訳ばっかりして!なんなのよ、もう!!」




247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 11:21:31.68 ID:DNwt7Lo80
こなた「と、とりあえず、もう着いちゃうから、降りよ?」

かがみ「やめて!触んないで!」

こなた「ご、ごめん・・・」

かがみ「もう・・・なんなのよ・・・」

こなた「ごめん・・・」




248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 11:25:12.47 ID:DNwt7Lo80
観覧車 降り口

かがみ「・・・みゆき、つかさ・・?」

みゆき「どうも、大丈夫ですか?」

つかさ「ごめん、こなちゃん、バレちゃった・・・」

こなた「え?」

かがみ「バレたって・・・なにしてたの?」

みゆき「私達はどうやら、泉さんの計画に踊らされていたようです」




251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 11:28:54.38 ID:DNwt7Lo80
かがみ「はぁ!?」

みゆき「私がお二人に付き合ってる振りを頼んだ次のひ、つまりつかささんに付き合ってるのを発表した日から、つかささんは既に、泉さんとグルだったそうです」

かがみ「じゃ、じゃあ・・・」

みゆき「はい、遊園地に来ることになったのも、ジェットコースターもお化け屋敷も、手を握るのも、先ほどのことも全て泉さんの計画通りです」

かがみ「あ、あんたねぇ!!」

つかさ「お、お姉ちゃんやめて!」




254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 11:33:16.05 ID:DNwt7Lo80
かがみ「なんで止めるのよ!コイツが全部悪いんじゃない!」

つかさ「でも、計画に乗ったのは私だから!」

こなた「・・・違うよ、私が乗せたんだよ」

つかさ「こなちゃん!」

こなた「前から相談受けてて、つかさがみゆきさんのこと好きだって知ってて、断れないと思ったから話したんだ」

みゆき「つ、つかささんが、私を?」




256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 11:38:26.15 ID:DNwt7Lo80
こなた「そうだよ、結構前・・・一年の終わりくらいから相談受けてたかな・・・それで、この前みゆきさんに相談を受けて、この計画を思いついたんだ」

みゆき「ほ、本当ですか?つかささん?」

つかさ「本当だよ・・・でもそのときに、こなちゃんも、私に相談してくれたの・・・お姉ちゃんが好きだって」

かがみ「なっ!?・・・そんな前から?」

つかさ「だから・・・こなちゃんに、ちゃんとお姉ちゃんと付き合って欲しいから計画に乗ったの!こなちゃんに乗せられたんじゃないの!」




258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 11:44:18.15 ID:DNwt7Lo80
こなた「いいよ、つかさ・・・私が悪いんだよ」

つかさ「よくない!私も悪いの!」

こなた「だから・・・」

かがみ「あー!もう、鬱陶しい!!」

みゆき「か、かがみさん?」

かがみ「要は、つかさとみゆきが両思いで、コイツが私のこと好きなんだろ!?」




259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 11:48:14.25 ID:DNwt7Lo80
こなた「ま、まあ、そうだけど・・・」

かがみ「じゃあ言ってやるわよ!私もアンタが好きよ!!」

つかさ「お姉ちゃん?」

かがみ「この前アンタが言ってたみたいに、纏わり着いて来んのも好きだし、小っこいのも可愛いと思ってるわよ!!」

こなた「あ、あの・・・」

かがみ「今日だって、手握っててくれたのも、キスされたのも、愛してるって言われたのも嬉しかったわよ!!」

みゆき「そ、そんなこと言ったんですか・・・?」




260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 11:52:51.96 ID:DNwt7Lo80
かがみ「そうよ!そんなこと耳元で囁いてキスしてくるからちょっとキュンと来たわよ!」

つかさ「う、うわぁ・・・」

かがみ「それなのにアンタは、こんなに私のこと夢中にさせてんのに何よ!裏でコソコソして!」

こなた「ご、ごめんなさい・・・」

かがみ「うっさい!謝んな!ちゃんと言いたいなら言えよ!私のこと愛してるって、もう一回言いいなさいよ!!」




264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 11:58:11.30 ID:DNwt7Lo80
こなた「あ、愛してる・・・」

かがみ「誰を!?」

こなた「かがみを・・・かがみを愛してる!」

かがみ「私も、愛してる、こなた!」

こなた「あ・・・うぅ・・・///」




268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 12:02:25.57 ID:DNwt7Lo80
エピローグ

つかさ「結構、遅くなっちゃたね~」

みゆき「そうですね、大丈夫ですかつかささん、寒くはないですか?」

つかさ「うん、大丈夫だよ~、ゆきちゃんの手、暖かいし」

みゆき「そんなこと言われると、照れますね・・・」

こなた「ほら~、かがみん、私達もイチャイチャしようよ~」

かがみ「うっさい、黙れ」




269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 12:05:58.65 ID:DNwt7Lo80
こなた「もう、冷たいな~」

かがみ「うるさい・・・」

つかさ「それにしても、凄かったね~」

みゆき「そうですね、こちらまでかがみさんの愛が伝わって来そうでした」

かがみ「うぅ・・・二人がいじめる・・・」

こなた「かがみが悪いんだよ~?あんな大声であんな恥ずかしいこと言って、その・・・嬉しかったけど」




270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 12:08:47.51 ID:DNwt7Lo80
かがみ「わかってるわよ・・・」

こなた「わかってるなら、もっとイチャイチャしようよ~」

つかさ「私達もいつか、あんなふうに叫んでみよっか?」

みゆき「それもいいですね~」

かがみ「あ~!お前らうっさい!!」

こなた「ふふ、愛してるよ、かがみ」チュッ

おわり




273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 12:11:22.25 ID:+USEymLX0
乙乙

次は性的交渉シーンを///




274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 12:13:30.53 ID:DNwt7Lo80
はい、ということでさるさん3回を含め11時間も掛かりました

SSは半年振り、らきすた自体は一年と二ヶ月ぶりで書きたいことが多すぎた、今は反省してる




275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 12:14:08.99 ID:R2dhmjvcO

俺はキスまででいい




276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 12:15:25.73 ID:ra2vWsVH0
なかなかおもしろかった
>>1




277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 12:17:18.73 ID:9N866sJYO
みさお出なくて悲しかったけど乙




278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/24(日) 12:18:24.30 ID:UVyRHprS0
遊園地のお化けは白石なんだろうな乙








-----------------
当ブログについて
※欄84さんありがとうです。



PSP らき☆すた 陵桜学園 桜藤祭 Portable DXパック 特典 オリジナルボイスCD付き
PSP らき☆すた 陵桜学園 桜藤祭 Portable DXパック 特典 オリジナルボイスCD付き
角川書店 2010-12-23
売り上げランキング : 443


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



読み物:らきすた
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/10/31(日) 12:17: :edit
    らっきーすたーでゲソ!
    ご無沙汰じゃなイカ!!
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/10/31(日) 12:20: :edit
    2げつ
  3. 名前: kunkun #-: 2010/10/31(日) 12:23: :edit
    3ゲットなのだわ
    以下ゲッター真紅なのだわ
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/10/31(日) 12:26: :edit
    らきすたは終わコンじゃなイカ
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/10/31(日) 12:45: :edit
    いつになったら
    ハウス・オブ・Mと
    キングダムカム愛蔵版は届くんだよ
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/10/31(日) 13:24: :edit
    みwikiさんがまともなSSは初めて見た
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/10/31(日) 13:51: :edit
    7!!げt
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/10/31(日) 14:18: :edit
    真紅は大人気主人公の色ですぞ!
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/10/31(日) 15:25: :edit
    喋り方、かがみじゃなくて澪じゃねーか
    やりおなしてこい!
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/10/31(日) 15:39: :edit
    こなたのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/10/31(日) 16:00: :edit
    懐かしかった
    らきすたはやっぱいいですなw
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/10/31(日) 16:10: :edit
    みなみちゃん可愛いじゃなイカ!!
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/10/31(日) 17:58: :edit
    らきすたも、懐かしいとか言われるのか・・・ハルヒやけいおんも何年後かには、懐かしいに入るのか・・・
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/10/31(日) 19:27: :edit
    既に懐かしアニメの扱いなのかよw
    オレはまだ好きだよ!
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/10/31(日) 19:42: :edit
    今月出た新刊を買った身としては懐かしいとは思わないな
    しかし久しぶりだ
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/10/31(日) 20:15: :edit
    かがみの「お前」とかにちょっと違和感
    でも面白かった
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/10/31(日) 20:19: :edit
    かがみの口調に微妙に澪が混じってないかw
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/10/31(日) 20:41: :edit
    思った以上に自分がらきすた好きな事に驚きを隠せないマジ乙
  19. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2010/10/31(日) 20:46: :edit
    なんだっけこのアニメ。昔流行ったよねw
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/10/31(日) 21:31: :edit
    完璧に脳内再生された・・・
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/10/31(日) 22:22: :edit
    らきすた久しぶりだけど、面白いSSだった
    作者ぷんた乙

    つーかたった3年前なのに懐かしい言うなw
    アニメ業界の時間加速はマジパネェな
  22. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/10/31(日) 23:04: :edit
    かがみは「あんた」だっけ?
  23. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/10/31(日) 23:19: :edit
    らきすたは今や懐かしのアニメです
  24. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/10/31(日) 23:34: :edit
    スッゲー面白かったw

    でもvipじゃなくて
    最近過疎気味なこなかが本スレに書いて欲しかったな
  25. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/10/31(日) 23:56: :edit
    2期はまだか・・・
  26. 名前:   #-: 2010/11/01(月) 01:09: :edit
    今でもちょくちょく見直してるよ
  27. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/11/01(月) 01:19: :edit
    らきすたやるなら、前みたいに他のとの混合でやってほしい。

    こなた「キョン君に私のはじめてが奪われたー」
  28. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/11/01(月) 07:09: :edit
    侵略!侵略!侵略!侵略!侵略!侵略!イカ娘ッ!!
  29. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/11/01(月) 10:21: :edit
    かがみんが可愛すぎて俺の顔面がヤバイ
  30. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/11/01(月) 17:40: :edit
    余裕の30ゲットなんだけど
  31. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/11/17(水) 23:23: :edit
    >>13
    けいおんの場合は
    ハルヒやらき☆すたなんかと違って
    原作も完結したし もう劇場版以外
    何も残ってないからな・・・

    アニメ終了だけなら
    勢い落ちつつも生き残っていっただろうけど
    この手のは原作が終わると早い

    爆発のきっかけが完全にアニメの場合でも
    普通は一年程度でガチファンだけになってくし
    けいおんは実は今年の夏コミでもサークル数
    ハルヒ以下で 全体でもギリギリトップ10に
    入るくらいだったから 勢い落ちるのは早いと思う
  32. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/05/10(火) 20:01: :edit
    パン工場ネタで不覚にm(ry
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。