インデックス「とーま、私のこと好き?」 上条「なわけねーだろ」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/09/06(月)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/24(水) 16:35:56.28 ID:lk6A8jKn0

インデックス「そんなぁ…」ジワ

上条「お前の事は"好き"じゃない」

インデックス「シュン…」

上条「"大"好きだ」

インデックス「え…?」

上条「インデックスぅ」ギュゥ~

インデックス「わわわ////、とーまぁ…」カァァ

上条「…お前は俺のこと…好きか?」

インデックス「フルフル」

上条「! じゃ、じゃあ大好き、か?」

インデックス「フルフル」

上条「ガーン」

上条「…そうか…」ショボ

インデックス「とーまのことは…」

インデックス「愛してる」テレ




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/24(水) 16:40:37.13 ID:lk6A8jKn0

上条「!!!!」

禁書「////」ギュッ

上条「…あーもう……」

上条「お前、可愛いな」ナデナデ

禁書「! うぅ…」////

上条「インデックス…あったけぇ」ギュゥ

禁書「と、とーまぁ、そんなに力入れたら苦しいよっ」////

上条「ギュゥ…ん、クンクン」

禁書「…?」

上条「お前の髪、いい匂いするな」クンクン

禁書「と、とーまぁ恥ずかしいよっ」////

上条「逃がさん」ギュッ

禁書「ひゃぁぅ」////

上条「クンクン」

禁書「もぉ…馬鹿ぁ」////




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/24(水) 16:47:48.46 ID:lk6A8jKn0

上条「クンクン」

禁書「もぉ…やめてったらぁ…恥ずかしいよぉ」////

上条「クンクン…あのさ」

禁書「え?」

上条「何か…」ススッ

禁書「?」

上条「興奮してきた」ハムハム

禁書「ひにゃぁ!? み、耳は…」

上条「ハムハム」

禁書「んっ…ひ…だ、めだよぉ…っ、とーま…」ビク…ビク…

上条「ハムハム………」

禁書「……?」

上条「レロ」

禁書「!!!!!!」ビクンッ




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/24(水) 16:52:33.03 ID:lk6A8jKn0

上条「レロ…」

禁書「んっ…ぅ…」ビク

上条「…レロ…チュッ…ヌパァ…」

禁書「っ…はぁ…はぁ…」ビク…ピクン

上条「…ふぅ」

上条「ごちそーさま」

禁書「グッタリ」

上条「ありゃ、やりすぎたか?おーい、インデックスー」ユサユサ

禁書「ふにゃ……」

上条「幸せそうな顔しやがって…」

禁書「とー…まぁ…」フニャァ

上条「どれ、しょうがないな」ポリポリ

上条「その調子じゃお前しばらく動けそうにないな…」

上条「俺だけで晩飯の買い出し行ってくるから、ちゃんと留守番しとくんだぞ」

禁書「…コクリ」




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/24(水) 16:59:34.05 ID:lk6A8jKn0

─── 街

上条「どれ、今日は特売が多くて助かったな」

上条「早く帰って飯作ってやんねーと…」

上条「インデックスが腹空かせて待ってるだろうしな」

上条「…飯食って、風呂入って…」

上条「それから……」

上条「……」

上条「ニヤニヤ」デレデレ

美琴「ねぇ、聞いてんの!?」

上条「うお!?ビリビリ!?」

美琴「何よ、さっきから気持ち悪い顔しちゃって…呼んでも気づかないし…」

上条「お、おう…すまんな」

美琴「あ、あのさ…」

美琴「ちょ、ちょっと話したいことがあるんだけど…」テレ

上条「あー…すまんが俺、すぐ家に帰んなきゃいけなくてさ…」ポリポリ




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/24(水) 17:05:50.28 ID:lk6A8jKn0

美琴「そうなの?残念ね…」シュン

上条「ああ、悪いな…じゃ。」

美琴「あ……」

上条 スタスタ

美琴「ま、待って!」

上条「…」クル

美琴「少しだけ…すぐ済むから…」ウル

上条(…そんな顔すんなよぅ…)

上条「……はぁ、何だ、言ってみろ」

美琴「こ、今度の日曜…あの…その、友達からチケットもらったから…」

上条「……」

美琴「い、一緒に映画見に行ってあげても…いいわよ」カァァ

上条「映画、か……」フム

美琴「ドキドキドキドキ」

上条「分かった。行こうぜ」ニコッ




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/24(水) 17:12:49.92 ID:lk6A8jKn0

美琴「ほんとっ!!」パァ

上条「ああ、そーいや最近ロクに遊んでないからさ、丁度良かったよ」

美琴「えへへ、そっかぁ、えへへ」

上条「? やけに嬉しそうだな」

美琴「そそそそんなことないわよっ!////」ビリビリ

上条「?? 電気漏れてんぞ?」

美琴「う、うるさいっ!!私が一緒に見に行ってあげるんだから、感謝しなさいよね!」プイ

上条「へーへー、アリガトーゴザイマス美琴サン」

美琴「っ…い、今…」

上条「ん?」

美琴「な、なま…名前、で…なま…」プシュー

上条「おい、どうした?」アセッ

美琴「な、何でもないわよっ!!日曜日よ、忘れないでね!?遅刻したら許さないから!!」ビュン!

上条「……行っちまった…」

上条「さて、愛しのインデックスの元へ帰るか…」スタスタ…




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/24(水) 17:24:36.64 ID:lk6A8jKn0

─── 日曜日

上条「いや、すまんな…ちょっと寝坊しちまって…」

美琴「……」

上条「…そんなに怒るなよ」

美琴「…怒るわよ…」

上条「そ、そりゃ遅刻したのは悪かったが…」

美琴「遅刻のことじゃないわよっ!」

上条「え?」

禁書「とーまー!受付のおねーさんがオマケの玩具くれたんだよ!」トテテ

美琴「何でこの子が付いてくんのよおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉ!!!」

上条「?」

禁書「?」

美琴「なに不思議そうな顔してんのよっ!!馬鹿ぁっ!」ビリバチ

上条「うおっ!?こんなとこで電撃飛ばすんじゃねぇよっ!」

美琴「はぁ…はぁ…」プルプル




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/24(水) 17:26:09.96 ID:+3oz089c0
ロリ度では
インデックス>>>初春




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/24(水) 17:32:57.01 ID:lk6A8jKn0

上条「? 何か問題あるのか?」

美琴「…あんた…って…」ガク

禁書「…このハバネロ味ポップコーン美味しいかも…」ムシャムシャ

上条「お?どれどれ?」

禁書「はい、」ツイ

上条「……」

禁書「?」

上条「チョイチョイ」

禁書「?……っ!」

禁書「カァァ」////

美琴「…?」

禁書「もぉ……はい、あーん」////

上条「パク ムシャムシャ ん、美味い」ニコ

禁書「……」////

美琴「……」




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/24(水) 17:38:23.50 ID:lk6A8jKn0

禁書「テレテレ」

上条「テレテレ」

美琴「……」

美琴「あのさ…」

上条「ん?」

美琴「あんたたち…もしかして、その、居候とか、そんなんじゃなくて…その…あの」

上条「? どうした? はっきり言えよ」

美琴「…あんたたち…つ、付き合ってんの?」

上条「えっと……」

上条「付き合ってる、とかそんなんじゃなくてだな…」ポリポリ

美琴「そ、そっか!そうよね!」パァ

上条「婚約、みたいな?たははっ」ポリポリ

禁書「////」ギュッ

美琴「……」




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/24(水) 17:52:09.24 ID:lk6A8jKn0

美琴「ごめん、良く聴こえなかったんだけど」

上条「え? だから…」

上条「こいつとは…結婚を前提に付き合ってるんだ…」ギュゥ

禁書「っ…////」ギュゥ

美琴「……」

美琴「といれ」 ダッ

上条「?」


─── 女子トイレ

美琴「え?は?何?ん?」

美琴「うん、きっと何かの間違いよ 幻聴よ、幻聴」

美琴「最近試験とか多かったし…うん、疲れてんのよ、きっと」ジャー ガチャ


美琴「ごめーん、お待たせ…」

禁書「だからぁ…耳、だめ…ひゃぁぅ」ビクビク

美琴「……」




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/24(水) 18:04:56.83 ID:lk6A8jKn0

─── 上映中

美琴(そうよ、一緒に住んでたら多少の過ちはしょうがないわ)

美琴(きっとお互い一時的におかしくなっちゃったのよ。すぐ元に戻るわ)

美琴(うん、だからまだ私にもチャンスはあるし…)

ゲコ太『お譲さんご無事でしたか?』

ゲコ美『あら素敵な雄だこと』

美琴(今日は恋愛映画にしたから…きっと当麻も私の気持ちに気づいてくれるはず…////)ビリッ

上条(おいぃ…何か隣で電流漏れてる人がいるぞぉ)

禁書「うーん…うーん」ヒョコ ヒョコ

上条「ん?どうした?インデックス」

禁書「…私背がちっちゃいから、前の人が邪魔で良く見えないんだよ」シュン…

上条「なんだ、そんなことか」

禁書「?」

上条「ほら、俺の膝に座れよ」グイ

禁書「わわっ!?」////




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/24(水) 18:13:36.28 ID:lk6A8jKn0

禁書「だ、だめだよっ」ワタワタ

上条「いいからいいから」グイ

禁書「ひ、人がいっぱいいるしぃ…」カァァ

上条「気に済んなって…よいしょ」

禁書「だ、だって…」ストン

上条「ほら、これで見えるだろ?」

禁書「あぅ…や、やっぱ恥ずかしいよぉ…」グイ

上条「当座席はシートベルトをお締めくださーい」ギュゥ

禁書「ふぇ!?とーまぁ…」////

上条「…逃がさん」ギュー

禁書「……もぉ…」////




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/24(水) 18:20:30.25 ID:lk6A8jKn0

美琴(! そうだ、確か映画館では…)

美琴(そ、その…でぇとの相手の手に自分の手を…乗せると良いって…)

美琴(……あいつの手に、私の手を?)

美琴(……)

美琴 シューシュー ボンッ

美琴(はっ…)

美琴(な、何考えてんのよ私はぁ…!)ワタワタ

美琴(違うのよ、そうよ、これはその、暗闇でちょっと怖いから、それで手を握るって、それだけよ)ウンウン

美琴「…コホン」

美琴(えーと…あいつの手…あいつの手…)スッ

美琴(…あれ?無い? 手が手すりに乗ってない?)

美琴 チラッ

上条「…うなじ、弱いのか?」

禁書「っ…ん…ぁ…」ビクビク

美琴「………」





46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/24(水) 18:36:08.25 ID:lk6A8jKn0

上条「…ほら、声漏れてんぞ?」フーフー

禁書「ん、うぅ…息吹きかけちゃ…」ピク

美琴「……」

美琴「……」クルゥ~

美琴「……」

美琴(うん、今のはきっとあれよ)

美琴(映画のシーンを再現っていうか)

美琴(この映画が面白すぎてハマっちゃってちょっとおかしくなっちゃったとかそんな感じのうん)

美琴(あれ、何か画面がボヤけて見えない)


禁書「…んっ、ひぅ…」モソモソ

上条「お、おい馬鹿…そんなに動かれたら…」

上条(そ、そこグリグリされたら…)

禁書「ふぇ?」グリグリ

上条「あ、お、う……」ムクムク




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/24(水) 18:47:56.92 ID:lk6A8jKn0

上条「……」

禁書「とーま…? ん…」グリッ

上条「……」ムクムク

禁書「とーま…これ…」

上条「……」ボキーン+

禁書「…ばかぁ…」////

上条「お…お前が尻でグリグリするから…」

禁書「だ、だってそれはとーまが…」

上条「と、とにかくあんまり動くなよ…」ズリッ

クリッ

禁書「んひゃぅ!////」ビク

上条「ば、馬鹿…声出すなって…」

禁書「ご、ごめん…」カァ

上条「…つか、今感じてなかったか?」

禁書「そ、そんなことないよっ!」




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/24(水) 19:03:49.85 ID:lk6A8jKn0

上条「…ほんとか?」

禁書「う、うん…」コク

上条「……」

グリッ

禁書「んっ…////」

上条「……」

禁書「い、今のは…ちが」

上条「グリグリ」

禁書「んひっ…そこ…ぐりぐりしちゃ…あっ////」

上条「インデックスぅ…さっき、嘘ついたな?」

禁書「えっ……」

上条「感じてないとか言って…」

グリッ

禁書「ひゃぁんっ////」ビクゥッ

上条「しっかり感じてんじゃねぇか、エロシスターめ…」




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/24(水) 19:10:40.06 ID:3rNCTIgqP
      // . . : : : : : : : : : : ヽ,ィ,. : : : : : : . \
    /.  . . : : : : : : : : : : : : : :.∨ァ : : : : : : .  ヽ
.   //        i       . . i ミ: . ヽ. | . . :ハ
   i/ . . . . .ハ. :{ . .l|. ..i. . . . . . :|  ヽ: : : :V!: : : .i: i.
    ′ . : : : | : 、:∨ i! : | : :|: : ′  ト:.ヽ:.i| : : :||
   i :,| . : .: : {. :ハ:∨|: 小.i :ハ: ;/≦  ミ:≧| : : : ∨
   |.:{|..:. ハ_.|_ ト { ヽ.}/ |: }:.iイム=ミ、 // ァヽ: : .ハ
   |::|l:. :. . :i小≧ミ{.∧. }イ:}イ{ぅ:::..}リ  う i } : : :. .
   :{ ;.:.:i:..ハ{《N::心` ∨ }ノ  Vとつ  r ' /: :. : ::.∧
  ハ! V:ト.:{ハ`.rぅツ / ノ        __ .イ:.:.. :.. : ::{:. '.
    |.ハ{ ヽ、.∨    、         ,小:.i:.:i:.:..:.|:...:.ト: ヽ
        }:i∧           .  ト、}:.:|:.:.|:l:.: 小 `\
        |ハ:.:.\    '⌒    /  ノ Vノ:.:.N:.ヽ:ト:ヽ
        | :.:.i:.:.:.≧: .. _ イ  /   `iく 廴:ト{   \
        { i..:l!..:ハ:/:.:.ノi ミ}‐≦     /   ` ー- .
        ハ }:ノィ≦ Y`i/j 「oi⌒i     ′     ,. <\
          // ー、 }ノ }' ノo ノ 八    ノ     /  >≦ヽ
       / ノ ー、 }'  /7  {   /≧ァ'      /  //   i
        ,′ } ァくノ'  }i′ / / /   i   /  //    i|




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/24(水) 19:15:06.83 ID:lk6A8jKn0

禁書「だ、だってぇ…」

上条「こりゃ、お仕置きが必要だな」

禁書「お…おしおき?」

上条「いいか…今から…絶対に、声出すなよ?」


美琴(…さっきのって……)

美琴(い、いや、落ち着きなさい美琴!別に高校生にちっちゃい子が甘えててもおかしくはないじゃない…!)

美琴(だから…まだ私にもチャンスはあるはず!)グッ

ゲコ太『ヘイお譲さん、さあ熱いヴェーゼを』

ゲコ美『オーゥイエスカモォン』

美琴(!!)

美琴(こ、これよ…!映画のキスのタイミングで…その…あ、あいつに…)

美琴(ドキドキドキドキドキ)

美琴(いや、でも、その…やっぱりまだ恥ずかしいし…)

美琴(弱気になっちゃダメよ美琴!勇気を出して…!)




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/24(水) 19:15:49.12 ID:lk6A8jKn0

ゲコ太『さあ…目を閉じて…』

ゲコ美『……』ソッ

美琴(ゴクリ…)

ゲコ太『んちゅ…ベロチュパベチョヌチョ』

ゲコ美『んっ…ヌルビチョマチュピチュ』

美琴(今だわっ!)クルッ

上条「ほら、声出しちゃダメって言ったろ?」クリクリ

禁書「んっひぃぅ…ちく、び…くりくりちしちゃ…」ピク…

上条「服の上からでも分かるぞ…こんなに硬くして…」クリクリ

禁書「はぁ、ん…っ…ぁ…」ピク…ピク

上条「…レロ」

禁書「!! み、み…っ…あ…んっ…」ビクッ…ビクン


美琴「………」

美琴「…………」




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/24(水) 19:18:16.53 ID:dP7W7kS00
コントかよw




61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/24(水) 19:19:31.72 ID:HUAS5RfX0
この映画は子供が見ていいものなのか?




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/24(水) 19:29:15.95 ID:lk6A8jKn0

─── ファミレス

美琴「…ということがあったの……」

美琴「………」ズーン

初春「そ、そんなことが……」

佐天「そりゃ…そこまで落ち込むのも無理はないですねぇ…」

黒子「お姉様…やはりその殿方は諦めて…わたくしと愛の流刑地へ…」ハァン

美琴「…………」ズーン

黒子「……」

佐天「重症…ですね」

初春「うぅ…可哀想です…」

美琴「……はぁ…」

美琴「私ね…」

佐天「はい」

黒子「どうしました?」

美琴「おっぱいだったら諦めようと思ってたの」




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/24(水) 19:32:58.86 ID:lk6A8jKn0

初春「はい、おっぱいですね」

初春「おっぱい?」

美琴「胸が大きくてさ…年上風で…お姉さんタイプっていうか…」

美琴「そういう女が当麻にはお似合いかもって…ちょっと思ってたの」

黒子「はぁ…」

佐天「確かに上条さんにはお姉さん風の方が似合うような…」

美琴「でもさ、それってさ、まだ私にもチャンスはあるってことじゃん?」

初春「チャンス?」

美琴「私もさ、将来成長したらボインボインの包容力溢れるお姉様になれるかも、って思えるじゃない?」




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/24(水) 19:35:03.59 ID:AniGTOs00
             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>>/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/24(水) 19:35:09.65 ID:lk6A8jKn0

黒子「ええ…まあ、そうですわね。チャンスが巡ってくる可能性もある、と」

美琴「そう…だから…もしそういうタイプとあいつが付き合うなら、私もまだ持ちこたえられたと思うの」ハァ

佐天「なるほど…」

美琴「でもさ」

初春「……」

美琴「ロリて」

佐天「え?」

美琴「ロリて」

黒子「………」

佐天「………」

初春「………」

美琴「…………」ズーン




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/24(水) 19:42:08.73 ID:lk6A8jKn0

美琴「…リて……て……」ブツブツ

初春「………」

黒子「お姉様、元気出してくださいまし……」

佐天「御坂さん……」

美琴「ムクッ」

初春「ビクッ…」

美琴「…皆には感謝してるの」

初春「へ?」

美琴「私の恋を叶えるために…いっぱい協力してくれて…ほんとに感謝してる…」

佐天「そんな、感謝だなんて…」

美琴「佐天さん…映画のチケット、ありがとね?」

佐天「え、いやぁ、まぁ…」ポリポリ

美琴「私…ちょっとでも当麻と一緒にいれて…嬉しかったよ?」

黒子「お姉様……」




73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/24(水) 19:47:11.43 ID:lk6A8jKn0

美琴「はぁ…」

美琴「うん…気持ちを整理するのに…もうちょっと時間がかかるかも…」

黒子「…そうですわね…少し、時間が必要かもしれませんわ」

佐天「だね、こういうとき急いでも良くはなんないし…」

初春「相談ごとがあったら、また、皆で集まりますから!」ニコ

美琴「うっ…みんなぁ……」

美琴「ありがと……」

佐天「じゃ、本日はとりあえず解散ということで」

初春「りょーかいです」

黒子「お姉様、いつでも私達、力になりますわ」

美琴「うん、ありがと…」ゴシゴシ




74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/24(水) 19:48:50.63 ID:lk6A8jKn0

佐天「じゃ、またねー」ヒラヒラ

美琴「…私、ちょっと訓練所で発散してから行く…」

黒子「ではお姉様、私は先に寮に戻っておきますわ」

初春「あ、佐天さん、私一旦支部に寄ってから帰りますね」

スタスタ

 トコトコ

トテテ

 フラフラ


───




75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/24(水) 19:50:45.92 ID:lk6A8jKn0
─── 佐天の部屋

佐天「そっかぁ…上条さんに…」



─── 美琴・黒子の部屋

黒子「お付き合いしてる方が…」



─── ジャッジメント支部

初春「いるんですかぁ……」












────





113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/25(木) 01:43:34.67 ID:tY4L23bt0

─── 能力開発・訓練場

美琴「っっっはああああああああああぁぁぁっっ!!!」ビリビリッ

ドゴォォン

美琴「はぁ…はぁ…」

美琴「まだまだ、諦めないんだから…!」

美琴「みんな応援してくれてるし…!」


─── 佐天の部屋

佐天「うーん……上条さんに彼女…」


─── 美琴・黒子の部屋

黒子「……あの方に、彼女……」


─── ジャッジメント支部

初春「…上条さん、彼女できたんだ……」


「「「「…………」」」」




114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/25(木) 01:44:18.88 ID:tY4L23bt0

─── 佐天の部屋

佐天「つまり御坂さんは失恋、と」

佐天「しかしまさか上条さんに彼女とはねぇ…」

佐天「……」

佐天「私があげた映画のチケット…無駄になっちゃったな」

佐天「せっかくの…」

佐天「『ガキっぽい映画で上条さんがビリビリにゲンナリ作戦』が…」ハァ

佐天「畜生……御坂を遠ざけてる場合じゃないじゃない……」

佐天「彼女…確か同棲してるシスターだって……」

佐天「………」

ギリ…ギリ…




116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/25(木) 01:48:36.13 ID:tY4L23bt0

─── 美琴・黒子の部屋

黒子「まさかこんなことになるなんて…予想外でしたわ」

黒子「ああ…まさかあのお方を誰かに取られてしまったなんて…」

黒子「御坂を遠ざけてからゆっくりとお付き合いしようと思ってましたのに…」

黒子「まあ、御坂は単純ですし、すぐわたくしの言うことに従ってくれますので問題なかったのですが…」

黒子「それに、お姉様お姉様言って慕っておけば…わたくしの上条様への気持ちも悟られませんし」

黒子「はぁ…完璧だったはずですのに…」

黒子「………」

黒子「そのインデックスとかいうシスター…」

黒子「……許しがたいですわ」


ガリ……
   ガリ……




117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/25(木) 01:51:08.40 ID:f5rwseiJ0
こいつら...黒いッ!!




121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/25(木) 01:56:50.56 ID:tY4L23bt0

─── ジャッジメント支部

カタカタカタカタ

初春「ああああ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あああぁぁぁ」カタカタカタカタカタカタカタカタ

初春「なんでよなんでなんでなんでなんでなんで」カタカタカタカタ

初春「何よ彼女ってシスターって同棲って」カタカタカタ

初春「そんなのデータに入ってない持ってない計算してない計画にない」

初春「おかしいよ絶対イレギュラー要素、あっちゃいけない、問題発生」

初春「私の計画では上条さんは彼女なんかいないんだもん」

初春「コンピューターでシュミレーションしたんだもん1657時間後に私と結ばれるはずだったんだもん」

初春「私の誘導で御坂が下手なアプローチして傷ついた上条さんに私が優しくしてそれでそれでそれで」

初春「畜生畜生畜生畜生ぶち壊しだ全部ぶち壊しだ」

初春「完璧なんだ私の計画は情報処理は完璧なはずなんだおかしいのはその害因子だ害は害は害は」

初春「害は排除しなくちゃ」

初春「うふふふふふふふふふふふふ」カタカタカタカタカタカタ




124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/25(木) 02:02:08.64 ID:nWbrOPKv0
初春www




125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/25(木) 02:04:36.10 ID:tY4L23bt0

─── その頃当麻とインデックスは

上条「…こっちの方がいいんじゃないか?」

禁書「そ、そうかな」

上条「ああ、俺はこっちとこっちだったら…こっちの方が好きかな」

禁書「えっと、どこら辺が、なのかな?」

上条「やっぱ色かな」

禁書「色?」

上条「ああ…それに」

ペロッ

上条「味も良い」

禁書「んっ…」////

上条「…チューチュー」

禁書「ん、はぁ…っ、吸っちゃ…だ、めぇ…////」ビク…ビク…


─── インデックスの乳首で遊んでいた




129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/25(木) 02:12:16.47 ID:tY4L23bt0

─── 佐天の部屋

佐天「まずはそのシスターと上条さんを引き離さないと…」

佐天「急がなきゃ…御坂なら勝手にウジウジしてくれるけど」

佐天「そのシスターが積極的だったら…」

佐天「どこまで発展するか分かんないし…」

佐天「ま、そのインデックスとかいうのも相当ガキらしいし…そこまで心配しなくていいか」

佐天「すぐに振り向かせてあげますよ…上条さん」クス


───
禁書「もう…とーまったらいきなりなんだよ」

上条「すまん、何だかお前見てると…その…」

禁書「?」

上条「可愛くてさ」テレ

禁書「!  も、もぉ…知らないっ!////」プイ

上条「……」 ナデナデ

禁書「っ…う……」////




134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/25(木) 02:31:32.98 ID:tY4L23bt0

─── 美琴・黒子の部屋

黒子「もう、うかうかしてられませんわね…」

黒子「チッ…御坂なんかに構ってる場合じゃなかったですわ…」

黒子「はぁ…ただあのお方だけを見ていれば良かったのですね…」

黒子「………」

黒子「まあ、これからそうすれば良いだけのこと…」フフッ

黒子「そんな、どこの馬の骨かも分からない女になど負けませんわ」

黒子「……待っていてくださいませ…私の殿方…」ギュッ


───
上条「…フニフニ」

禁書「むー」

上条「お前のほっぺた…ほんとやわらかいよなぁ」フニフニ

禁書「…えへへ」////

上条「……チュッ」

禁書「っ…もぉー…」////




135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/25(木) 02:41:56.80 ID:tY4L23bt0

─── ジャッジメント支部

初春「修正…修正…修正…」カタカタカタ

初春「邪魔者は、邪魔者は、いらない削除削除さくじょさくじょ」

初春「作戦立てなきゃ私の上条さんを守らなきゃその女から守らなきゃ悪い女から」

初春「えへへ…そうだ、もっと上条さんのこと知らなくちゃ」

初春「監視カメラをハッキングして…外にいる上条さんを見守ろうそうしよう」

初春「えへへ上条さんずっと見てますよ早く外出てください私ずっと見てますからえへへへへへ」


───
禁書「とーま、買いものはー?」

上条「この前買い貯めしたのがあるし…しばらくは良いだろ。なんだ、外出たいのか?」

禁書「ううん、今日は寒いから家の中の方がいいんだよ」

上条「ああ、そういや暖房も安物だし…ちょっと寒いよなぁ」

上条「ガバッ」抱きっ

禁書「!? と、とーま?」

上条「うん、あったかい……」トロン




152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/25(木) 08:15:35.97 ID:tY4L23bt0

─── 後日 ファミレス

佐天「もう、元気でましたか?」

美琴「…うん、結構落ち着いた、かも…」エヘ…

初春「良かったぁ…御坂さんが元気ないと…私も辛いです」

黒子「全くですわ…お姉様には笑顔が一番似合いますもの」ニコ

御坂「みんな…」ジワ


───
上条「昼飯何にすっかなー」

禁書「んー。冷蔵庫が空っぽかも…」

上条「うぇ、マジか。この前買い込んだと思ったがなぁ…」

禁書「うぅ…ごめんね。私大食らいだから…」シュン

上条「…何で謝るんだ?」ソッ

禁書「え?」

上条「…お前が美味しく食べてくれるのが、俺にとっても一番幸せなんだぜ?」ニコ

禁書「…とーま……」エヘ




154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/25(木) 08:24:12.65 ID:tY4L23bt0

─── ファミレス

美琴「でも…もう当麻の前でどういう顔していいか分かんないよ…」シュン

初春「うーん…確かに難しいですよねぇ…」

黒子「関係修復は困難ですわ…」ハァ

美琴「……」ズーン

佐天「あ、それだったらぁ」

美琴「?」

佐天「情報を集めるのが先じゃないですかね?」ズイッ


───
上条「しかし、お前が食ったものってどこに行ってるんだ?」

禁書「うーん……?」ペタ、ペタ

上条「……」ペタペタ

禁書「……」カァ

上条「…うん、成長してる気配は無ゴハァ!?」

禁書「ひ、ひどっ!」




155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/25(木) 08:33:52.87 ID:tY4L23bt0

─── ファミレス

美琴「情報を……?」

初春「集める?」

黒子「どういうことですの?」

佐天「えっとですね…どうも、美琴さんの話だけじゃ上条さんと彼女さんの関係がまだ見えてこないというか…」

初春「うーん…そういえば、まだぼんやりとしてますね…。どこまで進展してるのかとか分かんないです…」

黒子「お姉様も…じっくりと観察する余裕なんて無かったでしょうし……」

美琴「うん……」


───
禁書「そ、その内おっきくなるもん!背だって胸だって…」プイ

上条「……」ボタボタ

禁書「……とーまは、おっきい方が好きなの?」チ、チラッ…

上条「うーん……」フム…

禁書「ドキドキ」




158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/25(木) 08:47:42.95 ID:tY4L23bt0

─── ファミレス

佐天「だから、作戦立てるにも、行動起こすにも、まずは上条さんに関する情報を集めるべきだと思うんです」

黒子「一理ありますわね…無闇に動いても状況が悪化しかねませんわ」

美琴「……」

佐天「そこでですね…私にちょっと考えがあるんです」ニヤ

初春「考え…」

美琴「ど、どんな…?」

佐天「…私が直接、上条さんに会って来ようと思うんです」ニコ


───
上条「つまり…お前の小さい胸が好きか否か、と」

禁書「…う、うん…」カァ

上条「……ジー」

禁書「……」

上条「もっとよく味わわないと、分かんないな」キリッ

禁書「……とーまのえっち」




159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/25(木) 08:59:55.13 ID:tY4L23bt0

─── ファミレス

美琴「ア、アイツに会う!? 佐天さんが!?」

佐天「ええ、直接お話しをうかがった方が確実じゃないですか」ニコ

美琴「で、でもぉ…」

佐天「ああ、大丈夫ですよ。あからさまな質問はしませんから…あくまでさりげなく、ね?」ニコニコ

黒子(まさか……)

初春(この女……)

佐天「ニコニコ」


───

禁書「んっ…ひゃぅ…」ピクン

上条「あんまり声出すなよ? 昼間っから盛ってるって土御門にからかわれかねん…」

禁書「…だって……」

上条「…カプ」

禁書「…ん、ふぁ……」ピクン




189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/25(木) 16:21:03.52 ID:tY4L23bt0

─── ファミレス

美琴「うーん…で、でもぉ…」

佐天「何か問題でも?」ニコニコ

佐天「大丈夫ですよぉ、何も取って食う訳じゃないですしぃ」ニコォ

初春「!!」

黒子「!!」

美琴「そ、そうよね…佐天さんは今までも協力してくれたんだし…信用はしてるけど…」

───

上条「おい…何だよこれは」ヌチャァ

禁書「だ、だって…」

上条「何だ?イギリスの聖女は耳しゃぶられたぐらいで濡らすのか?」

禁書「そ、それは…とーまがあんなに…その…」

上条「あんなに…何だよ」ニヤニヤ

禁書「い、いやらしく…舐めるから…」カァァ

上条「おやおや、また濡れてきましたよ?インデックスさん?」ヌチャ




193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/25(木) 16:42:07.70 ID:tY4L23bt0

─── ファミレス

美琴「じゃあ…佐天さんに、任せても…大丈夫かな……」コク…

佐天「そうですよ♪ 大船に乗った気持ちでいてくだ」

初春「ちょ、ちょっと待ってください?」

美琴「え?」

佐天「……」

初春「佐天さんである必要は無いんじゃないでしょうか?」

美琴「え?」

黒子「ふむ、確かにその通りですわねぇ」

佐天「……」


───
上条「…どんどん溢れてくる…」ヌチャァ…

禁書「っ…ん、そこ…いじっちゃ…ひぅ」ビクンッ

上条「…もう指なら入るかな」グッ

禁書「っ…! んっ…」ビク




194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/25(木) 16:47:04.14 ID:tY4L23bt0

─── ファミレス

美琴「で、でもぉ…提案してくれたのは佐天さんだし…」

佐天「そうよぉ初春ぅ、私じゃ不安だとでも言うのぉ?」ニコォ

初春「いいえっ、そうじゃなくてぇ…もっとふさわしい人の方がいいんじゃないか、って」ニコ

黒子「人選は大事ですわよ…お姉様」ニコッ

美琴「そ、そうね……。 でも…誰が良いのかしら…」

黒子「では、わたくしがやらせていただきますわ」ニコッ

初春「!!」

佐天「!!」


───
上条「…うお…指が締め付けられる…」ヌププ…

禁書「ぁ…んぅ…」キュゥッ♪

上条「…インデックスはココが弱いんだよなぁ~?」クリッ

禁書「ふにゃっ!?」ビクンッ

上条「中…いっぱい掻き回してやるからな」クリックリッ




198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/25(木) 17:17:32.48 ID:tY4L23bt0
─── ファミレス

黒子「わたくしでしたら…お姉様との仲も深いですし…お話しても不自然じゃありませんでしょう?」ニコ

美琴「そういえばそうねぇ…じゃ、黒子に…」

佐天「まっ、待って下さいっ!」

美琴「え?」

佐天「言いだしっぺは私ですから…そんな面倒くさいことは私がやりますよ」

佐天「黒子さんはゆっくりしててください。私が動きます」ニコ

黒子「あはは、何を言ってらっしゃるの?わたくしでは上手くいかないとでも?」ニコニコ

美琴「…二人とも?」

初春「あのぉ…二人ともよしましょうよ。御坂さんの役に立ちたいのは分かりますけど…」

美琴「ホッ」

初春「しょうがないですね…じゃあ、私が行きます」ニコッ


───
禁書「とーまぁ…っ…」ギュゥ

上条「すげぇ…指だけでどんどん溢れてくる…」ヌプッ ヌプッ




199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/25(木) 17:18:26.76 ID:obMxNrxk0
当麻ェ…




213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/25(木) 18:23:35.23 ID:tY4L23bt0

───ファミレス

初春「私なら上条さんも警戒しないでしょうし…」

佐天「何それ…私じゃ警戒されるってこと? 初春」ニコ

初春「えぇーそうは行ってませんけどぉ」

美琴「あのぅ…」タラ

黒子「お待ちください」

美琴「黒子?」

黒子「やはりお姉様と同じ学校の人間でないと怪しまれるのでは?」

佐天「はい?」ニコ

初春「何か?」ニコ


───
上条「もう…ガマン出来ないんじゃないか?」ヌチャァ

禁書「んっ…やぁ…」ウル

上条「ほら…どうしてほしい?」

禁書「…うぅ…」////




238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/25(木) 23:41:39.40 ID:tY4L23bt0

─── ファミレス

黒子「……」

佐天「……」

初春「……」

美琴「…?…?…」ビクビク

美琴「あ、あのさ…」

黒子「はい?」

美琴「えっと…皆、そんな積極的に協力してくれるのは嬉しいんだけど…」

美琴「もしかして…当麻と話がしたいから…なんて理由じゃ…ないよね?」アセッ


───
上条「ほら、はっきり言わないと分かんないデスよ?」ニヤニヤ

禁書「とーまのいじわる…」////

上条「ほら、ガマンするなって…」ヌチャッ ヌルッ

禁書「ふっ、んっ…////」ピク

上条「いつもみたいに…おねだりしてくれよ」ヌプッ…ヌプッ




241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/25(木) 23:49:27.40 ID:tY4L23bt0

─── ファミレス

美琴「えっと…その…何だか疑っちゃうみたいで悪いんだけど…」アセアセ

美琴「みんなの反応見てたら…その…みんな、当麻のこと…もしかして、好きなんじゃないかって」アセッ

黒子「いやですわぁ、そんな訳無いじゃありませんの」

佐天「そうですよ。少なくとも私は御坂さんを本心から応援してますよぅ。他の二人はどうか知りませんケド」ニコ

初春「あれぇー?佐天さんがいっちばん怪しいけどなぁー。私はずっと御坂さんの味方だけどぉ」

黒子「そういう初春も信用なりませんわねぇ…その小脇に抱えたノートパソコンで、何やら良からぬことでもしているんじゃありませんの?」

黒子「ま、わたくしはお姉様一筋ですから…そもそも疑いの余地もありませんが…」ハン

佐天「……」

初春「……」

黒子「……」

佐天「あはははは」

初春「えへへへへ」

黒子「おほほほほ」




242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/25(木) 23:50:14.95 ID:xwUmr5iCP
女って怖いね




243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/25(木) 23:55:20.00 ID:tY4L23bt0

美琴「?…あはは……?…」ゾクゾク

佐天「まあ、その件は私に任せて二人は引っ込んでなよ。ね?」ニコニコ

初春「出しゃばらないで大人しくしといてもらえませんか?」ニコニコ

黒子「品が無いですわよ二人共。やはりわたくしが行くしか無いようですわね…」ニコニコ

佐天「ニコニコ」

初春「ニコニコ」

黒子「ニコニコ」

美琴「あ……あ、あのさっ」

佐天「は」ク

初春「い」ル

黒子「?」ッ

美琴「ビクッ」

美琴「ひ…一人じゃなくて、いいんじゃないかな」アセッ

黒子「…と、言いますと?」

美琴「その…3人がそれぞれ情報を引き出してくれたら…一番いいんじゃ…ないかな」




244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/25(木) 23:59:56.05 ID:9LtSnN/eP
あれ、いつの間にか美琴が気を使う立場に・・・




246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 00:06:07.09 ID:9Nza2LIl0

佐天「…へぇ……」

初春「なるほど……」

黒子「つまり……」

佐天(……"勝手に"行動しろ、と)

黒子(…手加減は不要ですわね…)

初春(ククク…キキキ…カカカ……)


───
上条「じゃあ、入れるぞ…?」ピト

禁書「うっ、うん……」////

上条「……うっ」ヌププ…

禁書「~~っ!////」ギュゥ

上条「すげ…絞まる…っ」

禁書「とー、まのが…入ってくるよぅ…////」ビク…ビク

上条「……だ、大丈夫か?キツくないか?」ヌプ…

禁書「だ、だいじょぶだから………抜いちゃダメぇ…////」ギュッ




250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 00:37:58.80 ID:9Nza2LIl0

─── ファミレス

美琴「ね、だから…それぞれで行ってくれれば…いいから、さ…うん」

黒子「はい、分かりましたわ」

佐天「了解ですっ」ニコ

初春「分かりましたぁ」エヘ

黒子(…この戦い……)

佐天(如何にして相手を出し抜き…上条さんを落とせるか…)

初春(ようやく…巡って来た好機っ…! 僥倖…!まさに僥倖…!)

黒子(行きますわよ、黒子)

佐天(行くわよ、涙子)

初春(行くしか…行くしか無いっ…!)


───
上条「イ…イくぞ…インデックス…っ」ズリュ…ズリュ…

禁書「わ…私も…もう…っ」

上条「…っ…く……」ヌプ…ジュポ…




258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 01:04:31.46 ID:9Nza2LIl0

─── ファミレス

美琴「ま、まあ…そういうわけで…うん、結論というか…」タラ…

黒子「ええ、皆が納得する結論が出ましたわね」ニコ

佐天「いやー、みんな御坂サンがダイスキだからーついアツくなっちゃっテー」ニコヤカ

初春「っふwwんふwww…そうですね。御坂さんを応援する気持ちが強すぎてこうなっちゃうんですよね」

美琴「みんな……」ジワ


───
上条「イ、インデックス…出す…ぞっ…」ズリュ…

禁書「うんっ来てっ…! ////」

上条「うっ…く…」ビュルッ ドク…ドク…

禁書「ふにゃぁ…!?」ドクドク…

禁書(とーまのが…いっぱい…中に……)キュゥッ♪

上条「う、ぐ…止まらね…ぇ…」ドクドク…

禁書「んは、ぁ…♪ いっぱい…出てる…」////




260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 01:19:10.48 ID:9Nza2LIl0

─── ファミレス

美琴「みんな…ありがと」ゴシゴシ

佐天「そんな…気にしないでください。好きな男の子のことで敏感になっちゃうのはしょうがないですよ」

初春「そうですよ。皆御坂さんの味方ですから」ニコ

美琴「うん…」ゴシゴシ


───

上条「はぁ…はぁ…」

禁書「……」クテッ

上条「…インデックス……」

禁書「う…ん?」

上条「…最高だった」

禁書「……////」ギュッ

上条「……」ナデナデ

禁書「////」




263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 01:36:30.28 ID:9Nza2LIl0

─── ファミレス

美琴「はぁ…よし、私も頑張らなくちゃ…」

黒子「……」

佐天「そうですね……」

初春「w がんばってwくださいよww」

美琴「? うん……」


───

上条「いや…熱烈すぎて…ちょっと疲れたな」

禁書「うん…とーま激しすぎなんだよ…」クテッ

上条「…だって…お前が可愛すぎるんだよ…」ボソ

禁書「へ?」

上条「な、なんでもねぇよ……。 あ、あーなんか腹減ったよなー」

禁書「あ、でも…冷蔵庫空っぽってさっき…」

上条「…そうか…」フム




266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 01:39:20.24 ID:9Nza2LIl0

上条「じゃ、久々に外食するかぁ…」

禁書「ほんとっ?」パァ…

上条「クス お前って奴は…」クックッ

禁書「あぅ……」////

上条「お前は何が食いたい?」

禁書「えっと……うーん…」

上条「……」

禁書「とーまと一緒なら…どこでもいいよ?」エヘ

上条「…そ、そっか」テレ

禁書「と、とーまは?食べたいものある?」

上条「俺は……お前と一緒だったら…どこでも……」ポリポリ

禁書「そ、そうなんだ…」

上条「テレテレ」

禁書「テレテレ」




269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 01:45:14.56 ID:9Nza2LIl0

上条「じゃ、じゃあ…まあ適当に近所で済ませるか」ポリポリ

禁書「うんっ」ニコッ

───

美琴「だいたい当麻ってばぜんっぜん私の気持ちに…」

佐天「はーそーですかー」

黒子「そのとーりですわねー」

初春「うんなるほどーうんなるほどーなるほどなるほどー」

美琴「いい加減アイツも私の気持ちに気付い」

上条「お、ビリビリ…お前もここ来てたのか」

美琴「…て………あ」

上条「と、お友達の方々か…どうも」ペコ

美琴「────」パクパク…

上条「…? おい?どうした?」

美琴「……」ビリバチビリビリッ

上条「やめろおおおお他のお客様のご迷惑になりますのでええええええええ」




273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 01:51:08.51 ID:9Nza2LIl0

店員「あのぉ…お客様…申し訳ありませんが今空いてる席がございませんので……」

上条「そうですかぁ………なあ、どうする?」

ヒョコ

禁書「うーん…席が空いてないならしょうがないんだよ…」

美琴「!!!!」

美琴(き、来てるし…!一緒に……!)

佐天(あれが……)

黒子(当麻様の……)

初春(…………泥棒猫……)ギリ…ギリ…

上条「しょうがないか……じゃ、御坂、俺たちはこれで…」

美琴「ま、待っ……」

上条「ほら、行くぞインデックス」

美琴「あ……」

佐天「上条さん、ここに座ったらいいんじゃないですか?」ニコッ

上条「え?いいのか?」




310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 15:45:53.72 ID:va2anD2D0

上条「でも…何だか悪いし…」

佐天「そんなーかまわないですよぅ?」

初春「そうですよ。遠慮しないでください」エヘ

黒子「………」チラ

美琴「……あ、う…」ドキドキドキドキ

上条「それじゃ、お言葉に甘えて…ほら、インデックス、相席させてもらうぞ」

禁書「うん…みんなありがとぉ」エヘ

佐天「……」イラ

黒子「……」ムカ

初春「ガリガリガリガリガリガリ」

美琴「? 初春さん? 机に爪跡が……」

初春「ああ、なんか汚れが付いてたので」

美琴「そ、そう……」




312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 15:52:45.89 ID:va2anD2D0

初春「さ、座ってください、上条さん」ポンポン

黒子「何さりげに隣を空けてますの? 初春の隣よりこちらの方が広いですわよ、上条さん」ポンポン

上条「お、おう…」

佐天「あ、でもぉーむしろ狭い方が密着できたりして?」ボソ

初春「!!!!」

黒子「!!!!」

初春「あの、あの、こっち狭いですけど是非どうぞ」

黒子「わ、わたくしのも狭いですけど、わたくしは気にしませんので」

上条「いや、そんな気を使わせちゃ悪いし…」

ポスッ

上条「ビリビリの隣で。」

美琴「!!!!!」




315 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 15:57:58.64 ID:va2anD2D0

初春「……」

黒子「……」

佐天「……」

美琴「ドキドキドキドキ」

上条「ほら、インデックスも空いてるところに入れてもらって……」

黒子「……」スッ

佐天「……」サッ

初春「ベリベリバキバキ」

黒子「あらぁ~残念ですわぁ、空いてると思ってましたが座れるだけのスペースはありませんの…」

佐天「私の方も狭すぎて座れそうにないなぁ~」

初春「あれれ~?空いてると思った椅子が壊れてるよ~?」

禁書「…あぅ……」シュン




317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 15:59:15.86 ID:ywhSJZAv0
初春wwwwwバーローwwwwwwwww




319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 16:02:35.58 ID:va2anD2D0

上条「ああ、それなら大丈夫だ」

佐天「え?」

上条「ほら、インデックス」グイ

禁書「えっ…」

ヒョイ

ポス

上条「俺の膝の上なら、いいだろ?」

佐天「!!!!!」

初春「!!!!!」

黒子「!!!!!」

美琴「ヘヘ…フヘヘ…」ズーン

禁書「…ちょ、ちょっと恥ずかしい…かも…」////

上条「はぁ?何今更恥ずかしがってんだよ さっきまで俺の上にまたがttグボァ!?」

禁書「と、とーまはデリカシーってもんが無いのっ!?////」バタバタ

「「「「……………」」」」




324 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 16:26:03.74 ID:va2anD2D0

黒子「ず、随分と仲がよろしいんですのね…」

上条「ん、まあな…」ナデナデ

禁書「あぅ…////」

佐天「えーっと…その…付き合ってるって噂はほんとなんですね」

上条「え…もうそんな広まってんのか?」

上条「まいったなー」ニヤニヤデレデレ

美琴「……」

店員「ご注文はお決まりでしょうかー?」

上条「えーっと…そうだな…。インデックスは何がいい?」

禁書「う~ん…和食も洋食もどっちも惹かれるかも…。悩むよぅ…」

上条「どっちも頼めばいいんじゃないか?」

禁書「ダメだよっ! 今月厳しいってとーま言ってたじゃない」

上条「ばっか。お前の食費なら気にすんなって言ってんだろ 俺が切り詰めれば済む話なんだから」

禁書「もぉ…とーまが辛い思いをするなら…ご飯なんかいらないんだよっ」プイ

上条「インデックス……」




325 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 16:27:57.68 ID:KUN7uYS1O
美琴視点では毎回こう見えてるのかもね




327 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 16:34:47.42 ID:va2anD2D0

上条「インデックスぅ」ギュゥ

禁書「ひゃぁ!?とーまっ!?」////

佐天「……!!」

黒子「…ギリ……」

初春「バリボキボリベキゴクン」

美琴「初春ちゃん。つまようじは食べ物じゃないのよ?」

上条「……」ギュゥ~

禁書「と、とーまぁ…」カァァ

上条「…しばらくこうしてて、いいか?」ギュゥ

禁書「だ、だめだよぉ…」

上条「…なんでだ?」

禁書「だって……」

店員「………」

禁書「店員さんが困ってるんだよ……」

上条「はっ」




337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 16:54:51.11 ID:va2anD2D0

───

店員「和食セットと洋食セット、お持ちしましたー」

上条「あ、どうもー」

禁書「美味しそー! いただきまーす!」パァ

佐天「…………」

禁書「パク、モグモグ…うん、とっても美味しいんだよ!」ニヘラー

上条「おいおい、慌てて食って腹壊したりすんなよ?」

禁書「もー、私はそこまでコドモじゃないんだよ!」プンスカ

上条「…とか言って、早速ほっぺたにご飯粒付いてんぞ」クスッ

禁書「え? あわわ…」アセアセ

上条「ほら、動くなよ…?」

禁書「へ?」

上条「チュゥ…パク」

禁書「!!!////」

黒子「…………」




340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 17:10:47.03 ID:va2anD2D0

上条「ほら、取れた」フッ

禁書「~~っ」////

上条「どうした?」ヨシヨシ

禁書「…とーまのばかぁ…」////

初春「……ビキ、バリィ…」

美琴「ね、初春ちゃん、そのコップから手を離そうね、ね」

上条「そういえばお前、こっちの和食も食べたいとか言ってたよな」

禁書「? うん。でも、こっちのハンバーグも美味しいから大満足なんだよ」ニヘ

上条「ほれ、」

禁書「ふぇ?」

上条「あーん…」

禁書「え、えぇえ////」

上条「あーーん」

禁書「あ、あーん…」////




346 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 17:16:41.56 ID:va2anD2D0

禁書「パク、モグ…」

上条「美味いか?」

禁書「うん…美味しい…」

禁書「で、でもちょっと恥ずかしいよっ……」////

上条「はぁ? 昨日は散々俺のを咥えといて何を今さブゲラッ!?」

禁書「と、とーまのおばかぁぁっ!!////」ポカポカ

美琴「………」

上条「ふぅん、そっかぁ……じゃあ…もうしない」

禁書「え……」

上条「そこまで嫌がるんじゃなぁ~もうしない方がいいよなぁ~?」

禁書「う……」

上条「ん?んん?」ニヤニヤ

禁書「…ちょ、ちょっとだけなら……いいよっ……」////

初春「…シュッ…シュシュッ…」

店員「あのう…他のお客様の御迷惑になりますので…店内でのシャドウは…」




354 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 17:32:15.11 ID:va2anD2D0

佐天「……なんて言うか…もう相当深い関係なんですね」

上条「え?そ、そうか? いやーそうだよなぁ、うん…深い…深いって…へへ」デレデレ

佐天「……」

禁書「う、うん……結構…深い…かも////」テレテレ

初春「…ちょっと外の空気吸ってきますね」ニコ  ガタッ スタスタ

黒子「ちなみに…その…ど、どの段階まで進んでますの?」ニコッ

美琴「ちょ…黒子っ!」

上条「段階…かぁ……」ポリポリ

ワーナンダコレー タスケテー キャー

美琴(何だか外が騒がしいわね…)

上条「け、結構…進んでる?よな?」

禁書「う、うん…そう…かな?」

佐天「………」

黒子「ぐ、具体的には…?」




359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 17:38:29.04 ID:va2anD2D0

上条「ぐ、具体的って……」

黒子「ど、どこまで進んでますの?」ハァハァ

美琴「…黒子?」

黒子「その…に、にく、肉体関係などは…」ボタボタ

佐天「うわぁ」

上条「そ、それは……まあ……うん」

美琴「!!!!」

上条「あ、で、でも…まだソフトっていうか…なあ?」

禁書「……う、うん…」////

佐天「なんだ、そうですか…」ホッ

上条「まだ中出しと2穴責めぐらいまでだよな?」

禁書「うん」

美琴「」




361 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 17:43:30.95 ID:va2anD2D0

上条「ま、まあ…インデックスが望むんなら…もっと…深い段階って奴に…」ポリポリ

禁書「べ、別にとーまがそうしたいって言うなら…私は…」////

初春「すいません、ちょっと遅くなっちゃいました」テヘ

美琴「え…それ…血?」

初春「やだなぁケチャップですよ」

上条「ば、ばか俺は別にそんなことは…ゴニョゴニョ でもお前がしたいってんなら…」カァァ

禁書「ず、ずるいよっ、そりゃ私だって…とーまと…もっと…」カァァ

イチャイチャデレデレ

佐天「………」

黒子「………」

美琴「ハハ……」ズーン




363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 17:48:40.47 ID:shXv5yJC0
初春だれを殺したwwwww




364 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 17:49:28.30 ID:va2anD2D0

黒子「もう…相当進んでるんですのね」

上条「へへ…」デレデレ

佐天「そっかぁ…もうキスとかそういうレベルじゃないんだぁ」

上条「え?キス?」

佐天「へ?」

上条「キ、キスって……なぁ?」////

禁書「////」カァァ

佐天「え?え?」

黒子「もしかして……」

上条「ま、まだキスなんて…そういう段階じゃ…////」

美琴「ん?」

初春「はい?」

禁書「そ、そうだよぉ…キスは結婚するとき…なんだよ?////」カァァァ

「「「「……………………」」」」」

「「「「!!!!!!」」」」




366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 17:54:39.35 ID:6E6tBSrG0
なん…だと……




369 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 17:55:32.30 ID:B5vUtKob0
  (  ゚д゚)
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /

  ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /




372 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 18:03:02.98 ID:va2anD2D0

佐天「てことは……」

初春「上条さんは……」

黒子「まだ…キスは……」

美琴「してない……」

上条「ああ」

上条「まあ、俺がキスするときは…」

上条「そいつと結婚するときというか…」

上条「まあそれがインデ…」

美琴「わ、私急用思い出したからちょっと帰るね」ガタッ

黒子「わ、わたくしもちょっと仕事を思い出しましたわ」ガタッ

佐天「あ、いっけなーい 家に帰って宿題やらないとー」ガタッ

初春「そうだ、本体さんにお水あげないとぉ」ガタッ

上条「お?…お?」

ガタガタッ ダダダダダ…

上条「何があったんだ…?」




373 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 18:04:19.13 ID:c3UAmpQK0
争奪戦のゴングがなった




378 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 18:09:32.99 ID:shXv5yJC0
いやwwww誰か本体さんにつっこめよwwwwwwww




381 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 18:11:34.90 ID:JMLjVArM0
>>378
えっ?




384 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 18:12:10.79 ID:va2anD2D0

禁書「? みんないなくなっちゃった……」

上条「不思議な奴らだなぁ…」

禁書「でも…その……」チラッ

上条「ん?」

禁書「とーまと二人っきりで…ちょっとうれしい…かも」////

上条「………お前、今俺の膝の上ってこと……分かってるか?」

禁書「え?」

上条「…もう、止まらんぞ」ギュゥゥ

禁書「////」ギュッ

───
佐天「えーっと……まずあーしてこーして…」カリカリ
───
美琴「こ、こうやって…もっと口の端を上げて…笑顔、笑顔」ニィッ
───
黒子「もしもし…ええ、ちょっと頼みたいことがありますの」
───
初春「シュッ…シュシュッ…シュッ…デンプシーロールッ…シュシュッ…」
───

─── それぞれの夜は更けて行く




395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 18:50:49.72 ID:B/dUmkwSO
初春何がしたいんだよwwwww




411 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 21:28:41.78 ID:va2anD2D0

───

チュンチュン…チュンチュン

禁書「とーまっ、起ーきーてっ」ポス

上条「ん……」パチ

禁書「…もうこんな時間だよ? 遅刻しちゃうよ?」ヒョイ

上条「ん……んお!? こんな時間!?」ガバァッ

上条「な、何で起こしてくれなかっ…」バタバタ!

禁書「ポチ」

TV『ザー…ザッ』

関口宏『ほう…喝ですか    カーツ! デデン!』

上条「あれ……?」

禁書「クスッ」

上条「なんだ…今日は日曜か…」ポリポリ

禁書「フフッ…ご飯、出来てるよっ」ニコ




419 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 21:51:25.90 ID:va2anD2D0

───

上条「いただきます」

禁書「いただきまーす!」

上条(この味噌汁…いい香りだな…)

上条「…ズル…」

禁書(ドキドキ……)

上条「うん、美味い…!」

禁書「ほんとっ? えへへ」エヘ

上条「っ//// ああ、それに……」

禁書「え?」

上条「お前の顔を見ながら食べる朝食だし…な。ウン、最高だ…よ」テレ

禁書「そっ…そっ…その、お、おかわり、あるよっ?」

上条「そっそうかっそっれはよかったっ」

禁書「/////」テレテレ

上条「/////」テレテレ




427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 22:12:57.55 ID:va2anD2D0

───

上条「ごちそーさん」

禁書「ごちそうさまっ」

上条「じゃ、片付けは俺がやるよ」カチャ

禁書「え、いいよぉ 私がやるよ?」カチャ

上条「いやいや、ここは俺が」

禁書「いえいえ何をおっしゃる」

上条「何をう」

禁書「何よう」

上条「……」

禁書「……」

上条「…ククッ」

禁書「…えへへっ」

上条「一緒にやろうか」

禁書「うんっ!」




430 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 22:30:47.61 ID:va2anD2D0

───

ジャバー カチャカチャ

上条「……」

禁書「……」

上条「…あ、これ」スッ

禁書「あ、うん」 フキフキ

上条「………」カチャカチャ…

禁書「……とーま?」

上条「……インデックス」

禁書「え?」

上条「インデックスっ!」ガバッ

禁書「きゃっ! とーま……?」

上条「お…俺……この前から…ずっと…」ギュゥ…

禁書「……」

上条「ずっと…頭から離れないんだ……」




433 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 22:46:08.20 ID:va2anD2D0

上条「…俺……」

禁書「……」

上条「…本気で、お前と…」

禁書「……」ドキドキ…

上条「けっ…けっ…」

禁書「………」

上条(ああ畜生ぉぉ…恥ずかしすぎて言えねぇ……)

禁書「…とーまなら……」

上条「え?」

禁書「とーまなら…いいよ?」 ソッ

上条「え、お……め、目を閉じ……」

禁書「……」

上条「……い、行くぞ?」

禁書「……」コク

上条「……ゴクリ」




436 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 22:50:48.94 ID:va2anD2D0

上条「……イ、インデックス……」

禁書「………」

上条「……」スッ

禁書「ドキドキドキドキ」

上条「ドキドキドキドキ」

上条(あと…少し……)ジリ…ジリ

 ピ ン ポ ー ン !

上条「んわっ!?」バッ

禁書「ふぇっ!?」バッ

上条「………あ」

禁書「……ぁ…」

上条「………」ポリポリ

禁書「……」ドキドキ…

上条「で、出てくる…」

禁書「う、うん……」




439 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 22:59:52.68 ID:va2anD2D0

ガチャ

上条「はーい、どちら様…グ、グラサン?」

「あ、お荷物お届けに参りましたー」

上条「あ、どうも。ご苦労さまです…」

「あ、じゃあサインをお願いしますー」

上条「あーはいはい…サイン…えーと、どこにすれば…」

「あー、最近サインの仕方が変更になってぇ、生体認証になったんですよぅ」

上条「生体認証?」

「ええ、唇のシワのパターンで判別するんですよー」

上条「はぁ…初めて聞きますが…それって可能なんですか…?」

「まあ学園都市なんでそこらへんは科学の力ってことで」

上条「ああ、なるほど…?」

「それでぇ、そのシワの判別機って配達員に内蔵されててぇ」

上条「内蔵?」

「ココに、あるんですよぅ」プニ




440 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 23:00:34.01 ID:d1iwlmSJ0
やることがきたねぇwww




441 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 23:03:23.56 ID:ywhSJZAv0
これはwwwwww




443 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 23:05:18.45 ID:va2anD2D0

上条「……え?」

「だからぁ、ここに…アナタの唇を押し付けてもらってぇ」プニ

上条「いや、それ…」

「ダメ…ですか?」ウル

上条「だ…ダメっていうか…」アセッ

「ふぇぇん、認証してもらわないとぉ、また事務所に怒られちゃう~」シクシク

上条「っ……うぅ…」

「ね、すぐ済みますからぁ…」シナッ ピト

上条「あ、えと……」

「それとも…何か出来ない理由が?」

上条「そ、そりゃそう簡単には…」

「もしかして…不法滞在!? ああ…これは然るべきところに通報して家宅捜索してもらわないと…」

上条「そ…それは困る!」

「じゃあ……ね?」プニ

上条「ううっ……」




444 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 23:06:21.07 ID:c3UAmpQK0
誰だこれは…




449 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 23:09:57.62 ID:va2anD2D0

上条「し、仕方ないっ……」

上条(糞…っ…初めてがぁ……。でも…そうしないとインデックスがピンチになるかもしれないし……)ハァ

上条「じゃ、じゃあ…少しだけ…」

「! はいっ♪」

「じゃ、どーぞ」ソッ

上条「はぁ……じゃ、行きます…」スッ

「ドキドキドキドキ」

上条(…あ、でもするのにサングラス邪魔だな…)

上条「ちょっと失礼」カチャ

「あ゙っ…!」

上条「………」

佐天「………」

上条「佐天…さん?何してるんですか?」

佐天「あ、あははー!! ハ、ハッピー・エイプリルフールっ!!!」 ダッ ダダダダ…

上条「………」




450 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 23:12:06.96 ID:q+u1yo3h0
ハッピーエイプリルフールwwwwww




453 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 23:17:16.00 ID:va2anD2D0

ナニシテンデスカ!? アハハハハー!!

禁書「……? 何か玄関が騒がしいんだよ?」

禁書「とーま…何かあったのかな」

禁書「ちょっと様子見て来ようかな…」トテテ

ヒュンッ

黒子「………」

禁書「う、うわっ!?」ドテ

黒子「………」

禁書「あ、あなたは…えっとぉ、確か短髪の…」

黒子「スッ」

ヒュンヒュン  ガシッ ガシィッ
     
禁書「え? あ…え?」ガチャ…

禁書「こ、これ……ふぇ?」

黒子「………」




456 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 23:19:32.58 ID:va2anD2D0

黒子「貴方がいる限り……当麻様はわたくしに振り向いてくれませんの……」

禁書「え?」

ドゴォッ  

禁書「うっ…!?」

 パタ… 

黒子「………」

ヒュンッ


ガチャ

上条「はぁ…何だったんだ……」

上条「インデックスぅ、何かさっきのは……」

上条「あれ?」

上条「インデックス?」

上条「おーい。インデックスぅ~!」

上条「………インデックス?」




476 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 23:54:14.35 ID:ayGNZ5Or0
ひろいものうp


 


477 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 23:54:59.76 ID:YIRyB6O50
教会着てないと全然わからねぇwwww
記号って重要だなw




481 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/26(金) 23:58:15.28 ID:ywhSJZAv0
>>476
オタクにはまる前のこなたに見える




482 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 00:06:47.16 ID:xBvJSRF70
イカの帽子被せたくなる




521 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 10:47:59.23 ID:OEbWQ8VJ0

佐天「はぁ……失敗しちゃったぁ」

佐天「私の完璧な計画がぁ……くぅ…やるじゃない上条さん…」

佐天「で、でも…まだチャンスはあるし!頑張るのよ涙子!」グッ

ヒュン キョロキョロ

佐天「ん?」

黒子「……」キョロキョロ

佐天「あれは…白井?」

黒子「ズルズル」

佐天「ひ、引きずってる白いのって…まさか…」

黒子「ヒュンッ」

佐天「あ…消えた……」

佐天「……へぇ」

佐天「ただのお譲様だと思ってたけど…やるじゃない」

佐天「私も負けてられないな……」ニヤ




522 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 10:48:49.22 ID:OEbWQ8VJ0

上条「インデックスー?」キョロキョロ

上条「あいつ…どこに行ったんだ?」

上条「外に出た…?窓…から?」

TV『ザーザー ガヤガヤ』

関口宏『えーただいま速報が入りました。先日起きた、30人が死傷した"ファミレス前ビオランテ事件"ですが…』

関口宏『どうやら一人の女子高生が関わっているのではないか、という情報が入ったようです』

関口宏『えーこの事件、どうご覧になりますか?』

親分『これぁこの女子高生にアッパレだね  テテテテンアッパ~レテテン』

上条「テレビは点けっぱなしだし…外に出た訳じゃ無さそうだな…」

上条「…まさか……インデックス……」

上条「………」

上条「糞っ! また誰かが……!」

上条「インデックス…!!!」 ダッ




529 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 11:12:34.15 ID:Hk0BZMpo0

黒子「ヒュンッ」

禁書「………」クタッ

黒子「ズル…ズル…ドサッ」

黒子「……」ドカッ ドカッ

禁書「…っ…ぐぅ…!?」

黒子「……」ドカッ ドカッ

禁書「げほっ…ぅ……うぐ…?」

黒子「……目が覚めました?」

禁書「う……あなた、は……」

黒子「あら、自己紹介がまだでしたわね」

黒子「わたくしは白井黒子…」

禁書「白井…黒子……」

黒子「あら、これではちょっと正確じゃないですわねぇ…わたくしったら」クスクス

黒子「上条……上条黒子…ですわ」ニコ

禁書「!!!!」




532 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 11:26:00.16 ID:95QCx5YN0

禁書「と、とーまに何かしたの!?」ガバッ

黒子「はい? 当麻様には…そうですね、まあこれから何かをする、と言いますか」ニコォ

禁書「!!!!」

禁書(き、きっと今まで邪魔された敵か何かなんだよ!)

禁書(とーまの命を奪う気なんだ!!)

禁書「と、とーまの大事な物を奪う気っ!?」

黒子「…そうですわね…まあ、誰しも"初めての体験"というのは大事なもの……」

黒子「それを、奪いますわ」ニコ

禁書「だ、ダメだよっっ! とーまに何かしたら許さないからっ!!」バタバタ

黒子「うるさいですわね……」ドカッ

禁書「う…ぐ…ぅ」ドザァ

黒子「わたくしが…当麻様に安らぎを与えて差し上げますわ……」ニタァ

禁書「う…うぅ……」ポロポロ




538 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 11:48:58.29 ID:95QCx5YN0

黒子「ま、貴方はここで大人しくしていてくださいませ」

禁書「うぅー…」バタバタ

黒子「ま、ここは知り合いから用意してもらった完全防音の倉庫…」

黒子「どれだけ騒いでも無駄ですわよ?」

禁書「と、とーまに簡単に手を出せると思ったら大間違いなんだよっ!」

黒子「…ええ、わたくしもそう簡単に奪えるとは思ってませんわ…」

禁書「え…?」

黒子「だからこその…貴方なんですのよ?」ニコォ

禁書「……!!!」

黒子「少し癪ですけど…貴方を人質にして、目的を遂げさせてもらいますわ」

禁書「!!!?!」

黒子「では、ごきげんよう」

禁書「ま、待っ…」

黒子「ヒュンッ」

禁書「……とーまぁ…」ポロポロ




539 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 12:04:53.30 ID:95QCx5YN0

─── 街

上条「インデックスーっ!!どこだーっ!返事してくれーっ!」 タッタッタッ

上条「はぁ…はぁ…まだ遠くには行ってないはずだが…クソっ…見つからねぇ…」ゼェゼェ

美琴「あいつ…家にいるかしら…」トコトコ

上条「はぁ……ん?あれは…」

美琴「で、でももしも今日…キス…よりもっと凄いこと求められちゃったら…」

美琴「きゃあぁあ~~!」ブンブン

上条「おいビリビリっ!!」ポン

美琴「きゃああああああ!?!!」ビリビリッ

上条「うおっ!?あぶねぇっ!?」パシュン

美琴「あ、あんた…もう……」プルプル

上条「…なあ、インデックス見なかったか?」

美琴「ピク」

上条「あいつ…また誰かにさらわれたみたいで……」オロオロ

美琴「………」




543 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 12:11:49.38 ID:95QCx5YN0

美琴「……見てない」

上条「そっか……」シュン

美琴「………」

美琴「あんた…ほんとにあの子のこと、好きなのね…」

上条「…?…ああ、当たり前だろ?」

美琴「っ……」

上条「じゃ、俺…もう行くわ 済まないな、時間取らせて」 クルッ

美琴「あ、ま、待って…!」

上条「ん?」

美琴「あ、あのさ…えっと…」

上条「あ…悪い……今急いでて…」

美琴「わ、私ぃ……」

美琴「あんたが好……」

上条「すまん、ほんとに今急いでるんだ…またな」 ダッ

美琴「………」




545 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 12:22:28.98 ID:95QCx5YN0

─── 初春の部屋

カタカタカタカタカタカタ

初春「へぇ…人質監禁とは…白井もやるじゃあないですか…」

カタカタカタカタ

初春「佐天は…ふぅん、薬局に寄って…今度は何をするつもりなんですかねぇ」

カタカタカタ

初春「御坂は……」

初春「ぐwwwwぶふっwwwwフwwラwwwれwwwwぶひょwwwおっひょwwww」

初春「………コホン」

カタカタカタカタカタカタ

初春「えーっとぉ…このあとの各人の行動パターンをシュミレーションしてぇ…」

カタカタカタカタカタ

01101010010101001011010101010100101010
01011010110101010100101001001111010101
11010101000101010101010101010010101011
11010101010001001010101110100101110100
……………




546 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 12:23:15.86 ID:Bh2b0eSO0
ういwwwwwwwwはるwwwwwwwwwwww




547 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 12:24:39.45 ID:raCaMG/80
さんをつけないういはるはしんせんだwww




552 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 12:41:10.91 ID:95QCx5YN0

─── 大通り

佐天(そろそろのはずだけどなぁ……)チラ

佐天(ま、上条さんのことだから…今頃血眼になって…)

上条「…はぁ…はぁ…どこだ…頼む…手掛かりだけでも…!」タッタッタッ

佐天「お」

上条「どこにいるんだ…インデックス……」タッタッタッ

佐天「かみじょーさぁん」ヒラヒラ

上条「あ、佐天さん……さっきは……」

佐天「さ、さっきのことは忘れてくださいっ!」

佐天「そ、それよりどーしたんですかぁ?随分急いでますけどぉ」

上条「実は……インデックスがいなくなっちまって……」ハァ

佐天「ええー、それはだいじけんですね。きょうりょくしますよ?」

上条「ああ…ありがとう…。それで…インデックスを見なかったか?」

佐天「えっとぉ…そういえばあのベンチでジュースを飲んでたような……w」




555 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 12:48:44.82 ID:95QCx5YN0

上条「あ、あのベンチか……」

佐天「ええ…」

上条「そ、それで…そのあとはどっちに行ったんだ!? 誰かと一緒だったか!?」ズイ

佐天「あは…まあ、落ち着いてくださいよぅ」ニコ

上条「あ…すまん…」ポリポリ

佐天「んー…私も良く覚えてなくてぇ……あー、でももうちょっとで思い出せそうだなー」

上条「た、頼む!思い出してくれ!今のとこ唯一の手掛かりなんだ!!」

佐天「……再現してみたら…思い出せるかも……」チラ

上条「再現?」

佐天「ええ…だからぁ、同じ光景を見れば…思い出せるかもしれないですぅ」

上条「えっと…つまり…?」

佐天「…上条さんが、ベンチに座ってジュースを飲んでください」

上条「え?」

佐天「それを見れば、何か思い出せるかも……」ニコッ




559 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 13:11:08.46 ID:95QCx5YN0

上条「そ…そう…なの…か?」

佐天「はいっ」ニコッ

上条「じゃ、じゃあ…その…やってみるか…」

佐天「はい、じゃあ私ぃ、そこの自販機でジュース買ってきますねっ♪」

上条「あ、ああ…」

佐天「♪」 タタタ…

上条「……こんなことしてて、いいのだろうか……」


─── 初春の部屋

カタカタカタカタ

初春「ふぅん、やっぱり佐天は正面から行きますかぁ。ま、単細胞じゃしょーがないですね」

初春「……ん?」

初春「これは……」

初春「あらぁ、なんだかまた別の害虫が紛れ込んだようですねぇ…」

初春「ククク…キキキ……カカカ…」




560 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 13:11:50.00 ID:95QCx5YN0

───

佐天(えーっと…さっき薬局で買った……)

佐天(………)

ポチャッ シュウ…シュウ…

佐天「はいっ…どうぞ♪」

上条「あ、ありがとう……」

上条(俺…のんびりジュース飲んでていいんだろうか…)

上条「じゃ、じゃあ…飲むぞ? ちゃんと見ててくれよ?」

佐天「はいっ♪」

上条「……」スッ

佐天(…飲め…飲め……)

上条「……」ゴ…ク

佐天(…飲んだ…っ!)

上条「…何だか変な味だな……」

佐天「ん…まあ睡眠やk…コホン いえ、何でもぉ」ニコッ




561 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 13:12:31.40 ID:95QCx5YN0

佐天「さ、もっとグッと行きましょう♪」

上条「あ、ああ……」スッ

「かみじょおおおおおとおおおまああああああああああ」

上条「!?」

佐天「!?」

バチコーン!!

上条「ぶべらっ!?」 ブバァ

佐天「!!?!?!」

神裂「あの子が大変だってときにっ!!何のんびりしているんですかっ!!」

上条「ゲホ…ゴホ……な、何で神裂が…ここに?」

ヒョイ

ステイル「ふぅ、僕達の情報網を舐めてもらっては困るな」

上条「うぁ…いや、まあ…にしても…うぇ……」

佐天(………)




566 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 13:25:08.82 ID:95QCx5YN0

─── 初春の部屋

カタカタカタカタ

初春「…ふむぅ、イギリス清教の二人…害虫にしてはちょっと厄介ですねぇ…」

初春「まったくもぅ…みーんな私と上条さんの邪魔ばっかりするんですからぁ」

カタカタカタカタカタ

初春「なんでいっつもいっつもいっつもいっつもいっつもいっつもいっつも」

カタカタカタカタカタ

初春「邪魔なんだよ邪魔邪魔邪魔うるさいうるさいうるさい排除はいじょはいじょはいじょ」

初春「排除っ♪」

タンッ

───

佐天(ま、また邪魔が……!)

佐天(もう!もう少しだったのにっ…!) ダッ

上条「いや、俺はのんびりしてた訳じゃなくて…これは深い訳が……なあ、佐天さん?」

上条「あれ?佐天さん?」キョロキョロ




568 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 13:35:30.79 ID:95QCx5YN0

神裂「まったく…あなたって人は…あの子が大変なときに…」ゴゴゴゴ

上条「ち、違うんだって!」

ステイル「…言い争ってる場合じゃないな。すぐあの子を見つけないと…」

神裂「…ふむ、では…手分けして探しましょう」

上条「ああ…そうだな……」

ステイル「じゃ、僕は神裂とあちらの方を捜索してくる……上条当麻」

上条「ん?」

ステイル「…あの子を泣かせたら…承知せんぞ」

上条「……おう!」グッ

ダッ タタタ…

上条「インデックス…無事でいてくれよ!!」




569 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 13:46:27.87 ID:95QCx5YN0

───

上条「…もうほとんど探し尽くしたぞ…あとは人目につかない所か…」ゼェゼェ

ヒュンッ

黒子「……」

上条「!? お、おぉ?」

黒子「どうも、上条当麻様」ニコリ

上条「えーっと…白井…さん。 いきなり現れられると…ちょっとびっくりするな」

黒子「どうしましたの? 随分急いでらっしゃるようですが…」ニコ

上条「あ、ああ…。 そうだ、インデックスを見なかったか?」

黒子「インデックス…ああ、あの子でしたら………知ってますわよ?」ニコッ

上条「!!?! ほんとか!? お、教えてくれ!」

黒子「あーですが…タダで教えるという訳には…いきませんの」ニコォ

上条「…え?」

黒子「………」

上条「た、頼む…!何でもする… 何でもするから…教えてくれ!」




574 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 14:02:48.74 ID:95QCx5YN0

黒子「いえ…至極簡単なことですのよ?」

上条「ああ、何だ?俺に出来ることだったら…何でも…」

黒子「ここに……」プニ

黒子「熱いヴェーゼを…くださいまし」フフ

上条「え……」

黒子「ニコ…」

上条「で、でも…それ、は……」

黒子「…あの子が…どうなってもよろしくて?」フフ

上条「!!  お、お前……!」

黒子「………」ニヤ

上条「…くっ……」

黒子「ほら、簡単なことでしょう? さあ……」スッ

上条「…で…出来ない……」

黒子「へぇ…それじゃあしょうがないですわねぇ……」

黒子「あの子には…消えてもらいましょうか…」




575 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 14:15:26.50 ID:95QCx5YN0

上条「!!!」

黒子「……どうするんですの?」

上条「わ…分かった…」

黒子「……」ソッ

上条「………」

上条(インデックス……ごめん)

上条「………」スッ

黒子「……」ゴク…

上条「………」ジリ…ジリ…


 ピ リ リ リ リ リ ッ


上条「っ!?」

黒子「!?」

上条「っ…はい、もしもしっ!?」ピッ

ステイル『……インデックスの居場所が…分かったぞっ!!』




576 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 14:16:47.31 ID:oYjpKgAb0
ステイルGJ




579 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 14:30:04.11 ID:JWIfxbedO
ヤムチャだってやる時はやるな




580 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 14:30:09.29 ID:95QCx5YN0

上条「な、なんだって……!」

ステイル『西地区の倉庫の中に連れ込まれたのを見たって人が……!』

上条「ありがとう!すぐ向かう!」

上条 ピッ

上条「……」チラ…

黒子「………」

上条「…残念だったな」

黒子「………」

上条「………」

黒子「…どうして、ですの?」

上条「白井……俺……」

黒子「はぁ…完敗…ですわ」フルフル

上条「白井……」

黒子「お行きなさいまし…愛する人の元へ」

上条「……」コク…   ダッ




583 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 14:38:25.60 ID:95QCx5YN0

───

ステイル「ピッ」

神裂「どうでした?」

ステイル「ああ、すぐ向かうと言っていたよ」

神裂「そうですか…!では、私達も急ぎましょう…!」

ステイル「ああ、そうだな…」

神裂「あ、そちらの……」

ステイル「ああ、ほんとにありがとう…君のおかげで助かったよ」

神裂「ええ、あなたが情報をくれなかったら…どうなっていたことか…」

ステイル「じゃ、行くか……」

神裂「………」

ステイル「? 神裂……?」

神裂「……」ドサ

ステイル「神裂……神裂、どうした!?」

初春「安心してください。峰打ちです。」




584 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 14:43:09.42 ID:oYjpKgAb0
初春>>>フィアンマ>>>>キャーリサ>>>>全盛期アックア≧アスカロンアックア=騎士団長>>>>>>>神裂




588 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 14:47:26.53 ID:CHtBKvUr0
ビオランテとか絶対レベル1の能力じゃねえwwwwww
本体がレベル4とかで付属の女の子がレベル1なのか?wwwww




590 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 14:52:50.28 ID:oYjpKgAb0
>>588
聖人の神裂を一撃で昏倒させてる時点でもうレベル5のトップクラス




594 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 14:56:52.29 ID:95QCx5YN0

ステイル「貴様……敵だったのかっ!!」

初春「敵も何も…この"戦争"で味方なぞ存在しない…そうでしょう?」

ステイル「……!!」ゾク

ステイル(こ、これほどの恐怖…これまでのどの戦いでも感じたことは無い…!)

ステイル(な、何が起こっているんだ…!それほど凄まじい争いなのか…!)

初春「貴方がたに情報提供した理由は…白井の邪魔をするため、それだけです」

初春「別に、そちら側についた訳ではありません」

ステイル「なるほど…今、この時点で…貴様は僕達の敵、そういうわけだな」

初春「ふふっ…敵?ククク…キキキ……」

初春「この"争奪戦"……貴方がたは参加動機も不十分な、ゴミ虫です…すぐ退場してください」

ステイル「くっ…だが…インデックスに手を掛けた時点で…貴様を倒す理由は十分…!」

ステイル「全身全霊でっっ!!お前を叩き潰すっ!!」

ゴォォォォォォオオオオオ!!




595 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 14:59:51.76 ID:95QCx5YN0

ゴオオオォォォ!! メラメラメラ ……

ステイル「……やりすぎたか…」

ステイル「……見た目は普通の女子中学生だったし…本気を出しちゃ不味かったか…?」

初春「へぇ…これが本気ですか?ボヤ程度ですね」

ステイル「!?!?!??!?!?!??」

初春「じゃ、さっさと終わらせちゃいましょうか、本体さん」

ステイル(な、なんだ…あの巨大な植物…は……?)

初春「……ふん」 ヒュバッ シュルッ

ステイル「…が、はっ!?!!  ぐ…ぅ……」バタッ

初春「さて…邪魔者は排除しましたしぃ……」

初春「行きますか…倉庫へ」

初春「待ってて下さいね……」

初春「かっみじょーさぁん♪」トトッ トトッ




599 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 15:16:45.42 ID:95QCx5YN0

───

禁書「うぅ……」ギシ…

禁書「とーま……」

禁書「お願い…無事でいて……」ギュッ

ガンガンガン!

禁書「ビクッ」

ガンガンガンガン!

禁書「……? この音……」ノソ…

禁書「もしかして…とーまっ!?」

禁書「とーま!とーまっ!! えいっえいっ!」ドスン!ドスン!




600 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 15:20:11.31 ID:95QCx5YN0

上条「インデックスーっ!!いるのか!?返事してくれーっ!!」ドンドンドン!

上条「はぁ…はぁ……」

ドン…! ドン…!

上条「……!」

上条「…インデックス…?」

上条「間違いない!!ここにインデックスが……!」

上条「糞っ…この扉さえ……」ドゴッ ドカッ

上条「開けっ…開けよっっ…!」ドカッドカッドカッ

上条「くっ……」ブシュッ ダラダラ…

上条「開けよ…インデックスが……」ブシュッ… ドカッ ドカッ

上条「インデックスが…待ってんだよっ!!」 ドカァッ

バキ…ガチャ…

上条「!! 開いたっ!」





602 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 15:23:51.68 ID:95QCx5YN0

上条「インデックス── ッ!!」ダダッ

禁書「……とーまっ…」ニコ…

上条「インデックス…良かった…無事だったんだな…」

禁書「とーま…その手……」

上条「ああ…その…ちょっと扉を壊すときに、な…」ボタボタ…

禁書「……ギュッ」

上条「インデックス……?」

禁書「ごめん…ごめんね…」ポロポロ

上条「インデックス……」

禁書「また…私のせいで……とーま…危ない目に…」ポロポロ

上条「……ばーか…」

禁書「…え?」

上条「大切な人を守るのは……当然だろ…?」ニコッ

禁書「…とーまぁ……」ウル

上条「……インデックス……」ギュゥ




606 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 15:31:41.18 ID:95QCx5YN0

上条「じゃ…帰ろうぜ……俺たちの家へ……」

禁書「うんっ!」

上条「帰ったら…その……」

禁書「?」

上条「だ、大事な話があるんだ…」ポリポリ

禁書「大事な話?」

上条「あ、ああ…なんだ、今朝の続きっていうか…」チラ

禁書「あっ……」カァァ

上条「こ、今度こそ…な?」チラ

禁書「あ、う、うん……」////

上条「………」ギュッ

禁書「………」ギュッ

禁書「…とーまの手…あったかい」エヘ

上条「………もう、離さないからな」テレ

禁書「……うん」////




607 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 15:38:06.43 ID:95QCx5YN0

─── 倉庫出口

ザッ

上条「……いや、大変な一日だったな」

禁書「うん…とーまのこと…心配で心配で…」

上条「…いーや、俺の方がお前の事心配してたね」

禁書「そんなことないよー。私の方がいっぱいいっぱい心配してたんだから!」

上条「いや、俺の方が心配してたもんねー」

禁書「もぉ…」テレ

上条「ふっ…」テレ




初春「お楽しみのところすみませぇん、お二人さん♪」




608 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 15:40:35.85 ID:eDvbrzHy0
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル




609 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 15:42:11.52 ID:2/6gz4uD0
             -‐ '´  ̄ ̄` ヽ、
           /´  _        ヽ\
          ./ / /仏∠! } }   トハ
         ; /l lレィ天!   jえテトj/リ! ミ} {
            ; |∧ |j-'●   ● 'イ  l   { ;
         {  |ヽ}   、_,、_,   │ ハ彡| ;  ガクガク
             | 八   {  }  _l /ノ  !
           ;: | lr'⌒)、._ ̄_ (´ j //  i | {
          }  l/ヾ三} l___/{彡'´}  i | ;
          ;  |l   ノl |二//|   l  ,イl|
          ;  | ゝー' ∧! //∧__j / l |




615 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 15:52:42.92 ID:95QCx5YN0

上条「初春…ちゃん……?」

禁書「……とーま、何だか怖いよぉ…」ギュッ

初春「あははー大丈夫ですよぉ…用があるのは……」

初春「そっちのガキだけですから」 ヒュバッ

上条「っ!? 危ないっ!!」バッ

禁書「きゃっ!」

ドゴォォオン

初春「あはは、庇っちゃダメですよぉ…上条さんにも当たっちゃうかもしれないじゃないですか…」ウネウネウネウネ

上条「な、何だよありゃぁ……」

禁書「そ…空を埋め尽くしてる…」

初春「あははははははぁぁぁ!!」

ヒュバババッ




616 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 15:54:02.62 ID:eDvbrzHy0
レヴェル5ってレヴェルじゃねーぞ・・・




619 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 15:57:25.10 ID:95QCx5YN0

上条「おらぁッ!!」パシュッパシュッ

初春「……!」

上条「へへっ…異能の力なら…怖くなんかねぇ!」

初春「へぇ…でも、右手一本で?」

上条「え?」

禁書「!! とーま、後ろっ!!」

ゾゾゾッ

上条「!! しまっ……」

シュルシュル…ギシィッ

上条「が…く…そぉ……」

禁書「とーまっ!!」

禁書「とーまを離してっ!」カジカジ

上条「インデックス…逃げろぉ!!」

初春「……さて」

初春「終わらせましょーかぁ…」ニコォ




626 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 16:06:19.67 ID:95QCx5YN0

上条「やめろぉぉっっ!!インデックスに……手を出すなぁぁぁぁ!!!」ジタバタ

初春「うふふ…そこで大人しく見ていてください……」

初春「貴方と…私のラブストーリーの1ページは…」

初春「邪魔なゴミ虫の血しぶきで染まるんです……」ニコニコ

禁書「とーまを離せっ!えいっえいっ!」カジカジ

初春「………」ヒュバァァァッ!!

上条「インデックス─── ッ!!」

禁書「!!」

ヒュババ ズドォ… ブシュ…

初春「あはは……あはははははっ!!!」

上条「インデックス…?  インデックスッッッ!!! ああああああああああぁぁぁぁああ!!」


禁書「……ぅ…」

禁書「あれ?」

黒子「全く……愛する人ぐらい…しっかりご自分でお守りなさいませ」 ヒュンッ




636 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 16:17:44.47 ID:95QCx5YN0

禁書「あ…あなたは……」

上条「し…白井っ!?」

黒子「さて…どうやら初春…まあ、普段から変わった子でしたけど……」

初春「シ…ライ……クロ……コォ」ギリ… ボタボタ…

黒子「"変わった"というより"化けた"という感じですわね…」

初春「邪魔スルナアアアアアアアアァァァァ!!!!」 ヒュバババババ

黒子「攻撃が単純過ぎましてよっ ヒュンッ ヒュンッ」

初春「っ……」

黒子(恐らく元凶はあの花飾り…!それさえ外せれば……!)

初春「ガアァァァァァッ!!!」

黒子(! ……後ろの死角…ガラ空きですのっ!!)ヒュンッ

初春「っ!」

黒子「もらいましたわっ!」

           ジャッジメント
黒子「これで……決   着 ですのっ!」




643 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 16:26:11.66 ID:95QCx5YN0

初春「……ニヤ」

ウゾゾゾゾォォォ!!

黒子「!? な、…」

初春「えへへ…いっつも一緒にお仕事してると…分かっちゃうんですよね…攻撃の仕方ぁ…」ニタァ

黒子「貴方…まさか…わざと隙を作って……」

初春「バイバイ」

シュルッ ブンッ

黒子「きゃああっっ!!」

ドカァッ

黒子「っ…く……」バタ…

上条「白井っっ!!」

禁書 ダッ

禁書「……良かった、気絶してるだけだよ……」ホッ

初春「……どいつもこいつも…邪魔ばっかり……」ウネウネウネウネ

禁書「……!」




648 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 16:34:54.33 ID:95QCx5YN0

初春「でも…もう…それも終わり……」ニタァ

禁書「……」バッ

禁書「…とーまには…手を出させない…!」

上条「インデックス……!」

上条(畜生ぉ…せめて…せめてこれが解ければ……!)ジタバタ

初春「…邪魔ね」 ウゾゾゾッ

上条(あぁぁぁ…糞ぉ……)ジタバタジタバタ

パシャッ

上条(ん?水……?)

シュル…シュル……

上条「あ…れ? 縛ってたツルが……」

佐天「行ってください」

上条「え?あ、佐天…さん?」

佐天「…好きな人を、守るんでしょ?」

俺「説明しよう!!睡眠薬の成分として知られるヨーネンモナニウムには除草剤としての効果もあるのだ!!」




659 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 16:42:04.56 ID:95QCx5YN0

佐天「…私が囮になりますから……その隙にあの花飾りを…」

上条「な、何言ってんだ!? 囮になるって…無事じゃ済まな…」

佐天「いいんです…」

上条「そんな…」

佐天「初春を…救ってあげてください」

上条「佐天さん……」

佐天「私の、親友ですから」ニコッ

上条「………」コクッ


初春「死ねぇぇぇっ!!」ヒュババババ

禁書「……!」 ギュッ

佐天「初春っっ!!!」ガシッ

初春「…っ!?」

佐天「初春…初春っ…目を覚まして…!」




661 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 16:46:08.24 ID:95QCx5YN0

初春「邪魔ヲ…スルナアアァァァ!!」ブンッ

佐天「きゃあっ!!」 ドッ

上条「っ…!! インデックス!!佐天さんを頼む!!」

禁書「コク…!」

上条「うおおおおおおおおおぉぉぉぉぉっっっっ!!!!!」

ダ ダ ダ ダ ダ ダ 

初春「─── っ!!」

上条「その幻想を……!! ぶち殺すッッ!!!」 グオッ

上条(このタイミングなら……ツルを出すのは間に合わない…・・!!)

バキィ!!

上条「…………」

初春「…………」

上条「…デンプシー……ロール………」

初春「………ニヤ」

上条「………ズル…」 バタン…




662 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 16:46:57.21 ID:2/6gz4uD0
ここでまさかのデンプシーw




663 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 16:47:21.12 ID:SOi770qP0
まさかの伏線回収




665 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 16:57:03.30 ID:95QCx5YN0

上条「く……そぉ……」ググ…

初春「うふふ……言ったでしょう?全部シュミレーション済みなんです……」

初春「何も変人キャラで拳を振ってた訳じゃないんですよ?」クスクス

初春「黒子は偽善ぶってテレポートしてくる……」

初春「佐天は寝返って邪魔してくる……」

初春「御坂はフラれたショックで部屋篭り……」

初春「全部……全部私の思い通り……!!」

初春「あははっ!あははははははははっ!!!!!!」

 バ チ ッ

   ド ……  ゴッ

初春「───」シュゥゥ…

上条「!?  は、花飾りが…弾け飛んだっ!?」

   チャリン……

上条「コ、コイン……?」

御坂「……私の諦めの悪さ、データ不足だったみたいね」




668 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 17:05:04.34 ID:95QCx5YN0

初春「───」パクパク

本体「……」ポス…

初春「………」バタッ

禁書「っ!」タタッ

初春「う、うーん……」

禁書「だ、大丈夫みたい…」

上条「う…ぐ……」ヨロ…

本体「………」

上条「てめぇが元凶か……」

本体「ククク…ヨクゾ ココマデ ワレヲ オイツメタ」

上条「………」

本体「ダガシカシ ワレヲタオシテモ ダイニ ダイサンノ ワレガ」

上条「うるさい」パシュン

本体「GYAAAAAAAAA」

シュゥゥゥ…




671 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 17:10:06.57 ID:95QCx5YN0

初春「はっ………あれ…私…一体……」

御坂「…大丈夫よ、今は…ゆっくり寝てなさい」

初春「は…い……クタッ」スー…スー…

上条「…終わった…のか?」

禁書「うん……終わったよ…全部……」

上条「インデックス……無事だったか……」

禁書「とーま…また、こんなにケガして……」ウル

上条「お前を守れたんだ…ケガの一つや…ふ…た……」ヨロ…

上条「あ…れ……?」

禁書「とーま?」

上条 ドサッ

禁書「とーまっ!!」

────
───
──






672 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 17:10:58.60 ID:OYLuRqJO0
さすが上条さん相手にセリフなんか言わせない
皆には出来ないことを平然とやってのける!




676 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 17:18:04.59 ID:95QCx5YN0

───

上条「ハッ」 パチ

上条「ここは……病院?」

上条「……痛ぅ……」ムク…

上条「あ」

禁書「スー…スー…」

上条「インデックス……」ポス

禁書「ん…むにゃ……」

上条「ナデナデ」

禁書「ん…とーまぁ…ムニャ」

上条「ナデナデ」

禁書「…ん、ふぇ?」パチ

上条「ナデナデナデナデ」

禁書「っ! ふあゎっ!?」バタバタ ドテン!

上条「おい…大丈夫か」




680 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 17:25:58.84 ID:95QCx5YN0

禁書「むぅ……」プクー

上条「はは、そんなふくれんなよ」

禁書「もぉ…知らないっ」プイ

上条「………」グイ

禁書「え…?」

上条「…無事で良かった」ギュゥ

禁書「…とーま、苦しいよ」カァァ

上条「………」ギュゥ

禁書「………」ギュゥゥ

上条「……イ、インデックス……」

禁書「う…うん……」

上条「い、言ったよな? その…続きを…しようって……」

禁書「…え、こ、ここでっ!?」////

上条「だ、だってもう…俺…ガマン…できない…」ギュゥ

禁書「や、やだよっ//// も、もっとロマンチックな…」カァァァ




683 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 17:29:16.63 ID:95QCx5YN0

上条「……インデックス…」スッ

禁書「…ぇ…と、とーま……////」トロン……

ジリ…ジリ…

 バターン!

冥土返し「やあ、ケガの具合はどうだね」

上条「ピタッ」

禁書「ピタッ」

冥土返し「……」

上条「……」

禁書「……」

冥土返し「お邪魔だったようだね」 クルッ

上条「あー!あー!!ちょ、先生!!」

禁書「その気の利かせ方は逆に恥ずかしいかも!!」

冥土返し「えー、コホン お楽しみのところ申し訳ないね」

「「……/////」」




684 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 17:31:07.61 ID:eDvbrzHy0
カエル空気嫁




686 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 17:34:46.83 ID:95QCx5YN0

冥土返し「その様子だともう随分回復したようだね」

上条「ええ…まあ」

冥土返し「うん、それならもう今日にでも退院できそうだ。好きにするといい」

上条「ほんとですか!?」

禁書「やったぁ!」パァ

冥土返し「ふふ、じゃあ私はここで退散するよ。あとは若い者二人でゆっくりやっててくれ」

上条「せ、先生……」カァ

ギィ バタン

上条「………」

禁書「………」

上条「さ、さて…と」

禁書「う、うん…えーっと…そ、そう…退院の準備しなきゃねっ」ポン

上条「あ、ああ……」

ガサゴソ バタバタ




688 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 17:40:50.09 ID:95QCx5YN0

禁書「……~♪」

上条「……」ジー

禁書「? どしたの?」

上条「いや…何だか…こう、ご機嫌というか…」

禁書「えっ…//// えっとぉ、その、とーまが目が覚めたのが嬉しくてっ!」バタバタ

上条「んー? いや、なんかこう余裕みたいなものが見えるんだが…?」

禁書「ふぇ、そ、そんなことないよっ!」////

上条「んん~?」

禁書「…だって…もう、私ととーまは……////」ボソ

上条「え?何だって?」

禁書「な、なんでもないよっ! さ、片付け片付けっ!」エヘヘ




689 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 17:43:35.09 ID:95QCx5YN0

───

上条「なぁ~教えてくれよぉ 何かあっただろ?」

禁書「え~?何でもないよぅ?」エヘ

御坂「あれ、あんたたち……」

黒子「もう、退院したんですの?」

上条「ああ…さっき退院したばっかだ」

佐天「そうですか…良かったです」

初春「…何か事件でもあったんですか? う~ん…思い出せるような…思い出せないような…」

佐天「あ、いいのよ…無理に思い出さなくても…」




691 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 17:46:36.33 ID:95QCx5YN0

上条「何だか…お前達を巻き込んじゃったみたいで…悪かったな」

御坂「いいのよ、そんなこと……だって…」

ギュッ

御坂「おかげで…この子見直しちゃったし、ね」ギュゥ

黒子「ひゃぁ//// お、お姉様っ…」

御坂「黒子~♪」スリスリ

黒子「お、お姉様も…かっこ良かったですわよ…////」

御坂「えへへ////」

初春「うひゃぁ////強烈です……」カァァ

佐天「ふぅん?うらやましいの?」抱きっ

初春「ひゃ、さ、佐天さん!?////」

佐天「…あたしだって…初春のこと…大事な親友なんだから」////

初春「////」

上条「…うん、何か……」

禁書「万事OKみたい……」




694 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 17:50:13.20 ID:95QCx5YN0

上条「…俺たちも…負けてらんないな」

禁書「ふぇ?」

上条「その…早く家に帰って…続きを…////」ポリポリ

禁書「もー、そんなに焦らなくたって…私はとーまから離れたりしないよ?」ギュッ

上条「なっ//// お、お前何でそんな余裕なんだよっ」カァァ

禁書「えへへー」スリスリ

御坂「え?だってぇ、今更焦る必要とか無いんじゃない?」

上条「え?」

御坂「だってあんたたちもう……」

禁書「わー!!わー!!」

上条「ん?ど、どうしたインデックス?」

禁書「は、早く家に帰ろっ!ねっ、とーま!」ワタワタ

上条「あ…ああ……」

禁書「じゃ、じゃーね!みんな、お幸せにっ!」




697 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 17:54:55.89 ID:95QCx5YN0

御坂「ええ…あんたたちも…幸せにね」

黒子「その男…変な女が寄ってこないようにちゃんと見張ってなさいまし?」

佐天「式には呼んでよー!」

初春「あ、そのときは是非お花贈らせてくださいねっ!」

上条「じゃーなー!」ヒラヒラ

タッタッタッタッ

禁書「~♪」

上条「なあ、さっき御坂が言いかけたことって……」

禁書「あ!早く帰らないと夕ご飯が遅くなっちゃうっ!」タタタ

上条「お、おい!お前やっぱ何か隠してるだろー!!」

禁書「えへへっ何でもないよーっ」エヘ

───

冥土返し「えーと……カルテに書き込んでおかないとね…」

上条当麻 高校生 女子高生のデンプシーロールを食らい、昏倒 意識不明の重体となる
が、 居合わせた少女による人工呼吸により、蘇生。
                                      完




698 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 17:56:03.79 ID:VYnEjr+a0
乙!面白かったぜ!
やっぱハッピーエンドだよな!




699 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 17:56:32.03 ID:95QCx5YN0
ありがとございました。

ちなみに「ヨーネンモナニウム」は学園都市外では使われていない機密薬品なので、検索したり口外したりはしないようにしてくd




700 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 17:57:09.77 ID:Bh2b0eSO0
カルテがカオスwwwwwww






703 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/27(土) 17:59:52.42 ID:2/6gz4uD0
初春「あ、そのときは是非お花贈らせてくださいねっ!」

   ざわ……

        ざわ……





-----------
載せ忘れてましたのを発見しました。(´・ω・`)ノ


とある魔術の禁書目録 特装版 BOX1 〈初回限定生産〉 [DVD]
とある魔術の禁書目録 特装版 BOX1 〈初回限定生産〉 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル 2010-12-10
売り上げランキング : 127

おすすめ平均 star
starいいぜ
star発売前レビュー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



読み物:禁書目録
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 13:07: :edit
    キマシタワー
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 13:07: :edit
    2もとる
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 13:09: :edit
    いいね
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 13:14: :edit
    まーた謎ハーレムか
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 13:15: :edit
    5ゲットなのだわ
    以下ゲッター真紅よ
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 13:16: :edit
    ||ヽ|| ゚ -゚ノ| ||
    6ゲットなのだわ
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 13:19: :edit
    一桁ですぅ
  8. 名前: manak nemonemo #-: 2010/09/06(月) 13:27: :edit
    お昼から1桁GET・・・
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 13:28: :edit
    上条さんとインカ帝国さんのイチャコラシーンはとりあえず飛ばした
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 13:29: :edit
    10げっとだわ
  11. 名前:   #-: 2010/09/06(月) 13:36: :edit
    おや、これはキモいな
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 13:42: :edit
    やはり禁書ルートが王道ですの
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 13:42: :edit
    よくもステイルと神裂を殺しやがったな!
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 13:43: :edit
    途中のやる夫で吹いた
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 13:55: :edit
    私はトーマよりトーフの方が好きなんだゲソ!
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 13:57: :edit
    なつかしい
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 14:08: :edit
    インパラさんが幸せなんて……らしくないな
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 14:45: :edit
    初春はやっぱり怖い
    付属の女の子は可愛いのに…
  19. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 14:47: :edit
    相変わらず禁書厨は気持ち悪いな
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 14:58: :edit
    第2の本体が送られるのか・・・
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 15:03: :edit
    御坂のふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  22. 名前: 通常のナナシ #mQop/nM.: 2010/09/06(月) 15:27: :edit
    どうでもいいことだけど、女子高生じゃなくね?
  23. 名前: 七氏の巌窟王 #aYpzl2JE: 2010/09/06(月) 16:13: :edit
    前半げんなりしながら読んでたら、中一組が全員真っ黒だと判明してから一気に面白くなった
  24. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 16:21: :edit
    原作では結局誰とくっつくんだろうな。
    一般的に予想するなら曖昧お茶濁しエンドだけど。
  25. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2010/09/06(月) 16:34: :edit
    既存のキャラでSSとか糞同人屋以下じゃんwゴミだな
  26. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 16:35: :edit
    なんという俺得
  27. 名前: 通常のナナシ #mQop/nM.: 2010/09/06(月) 16:56: :edit
    禁書ルートのショックで五和は再起不能になってそうだな
  28. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 17:01: :edit
    上条「――・・・と言う夢を見たんだ」

    一方「妄想振り切りすぎじゃないですかァ・・・?」
  29. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 17:17: :edit
    たまのSSもいいよね
  30. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 17:18: :edit
    インディアナポリスさん卑猥すぎ
  31. 名前: 通常のナナシ #N1OpTHoY: 2010/09/06(月) 17:24: :edit
    >>67でめっさわろた
  32. 名前: 通常のナナシ #N1OpTHoY: 2010/09/06(月) 17:25: :edit
    >>66だったワオあわてんぼうシェフ
  33. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 18:08: :edit
    甘々すなぁ
    インデックスかわいいよインデックス
  34. 名前:    #-: 2010/09/06(月) 18:11: :edit
    初春、機械語でpc動かすとかどこの青色だよ



  35. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 18:24: :edit
    こんなバカップるのやりとり見せられてたら、ウザいことこの上ないだろうな。
    なんで最後初春の一人悪役になってんだw


    でも何だかんだで伏線の回収やらも巧いし、面白かった。ちょっと睡眠薬買い占めてくる。ε=┏( ・_・)┛
  36. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 18:32: :edit
    相変わらず
    インセクター羽蛾さんは
    幸せモンやな
  37. 名前: 通常のナナシ #eJLwAA76: 2010/09/06(月) 18:37: :edit
    やっぱインデックスだな
  38. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 19:01: :edit
    俺得スレ
  39. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 19:10: :edit
    インデックスのふとももにおにんにんはさみたいゲソ!
  40. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 19:32: :edit
    イゼルローン要塞駐留艦隊幕僚オーベルシュタイン大佐が目立ってるだと・・・!
  41. 名前: 通常のナナシ #W6545ECQ: 2010/09/06(月) 19:42: :edit
    ヨーネンモナニウム→んなもんねーよ か
  42. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 20:02: :edit
    ビオランテwwwwww
  43. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 20:12: :edit
    米39
    オマエ挟むモンがねェだろォが
  44. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 20:33: :edit
    米43
    アクセロさん早くも次期ロリに手を出してるんですか
  45. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 21:20: :edit
    おいしいところを一方さんが奪うギャグ展開を予想してたwwww

    こけるなんなりでチュッとね
  46. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 22:24: :edit
    カルテで、本当に初めてキスしたのはそのときだったっていう落ちか

    本体こえええええ
  47. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 22:30: :edit
    ※32の唐突な日和ネタでなんかワロタ
  48. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 23:18: :edit
    こんな良作を載せ忘れるなよぅ!!!!
    インフェルノさんとの仲が良いシーン、
    たっぷりと堪能しましたw
    ういはるコエェェェw
  49. 名前: 通常のナナシ # #-: 2010/09/06(月) 23:33: :edit
    だ~れをころした♪ ういはるんるん♪
  50. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/06(月) 23:40: :edit
    あー・・・やっぱだめだめだわ。
    インクレティブルさんじゃ全然ダメ。
  51. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/07(火) 00:04: :edit
    初春第一位になってンぞwww
  52. 名前: お肉名無しさん #-: 2010/09/07(火) 00:12: :edit
    口から砂糖吹き出した
  53. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/07(火) 00:20: :edit
    データきえたって言ってたからその時期に載せ忘れたと予想
    VIPの規制とけたみたいだからSS増えるといいね
  54. 名前:   #-: 2010/09/07(火) 00:33: :edit
    ういはるが一通だったり一歩だったりブシドーだったりw
  55. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/07(火) 00:42: :edit
    ビオランテクソワロタwwwwwwwwwww
  56. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/07(火) 00:58: :edit
    ※53
    dionはまだだorz
  57. 名前: 通常のナナシ # #-: 2010/09/07(火) 04:30: :edit
    何となくいい話で終わっちゃってる!!

    エロエロで黒くてバイオレンスなのに!
  58. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/07(火) 07:22: :edit
    インデックスが幸せになるパターンは珍しいから嬉しいわ
    後半はちょいgdったけど良かった
  59. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/07(火) 09:23: :edit
    デンプシーロール糞笑ったwww
    ファミレスでシャドーすんじゃねぇよwww
    インタビュアーさん?
    知らんなそんな奴は
  60. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/07(火) 10:05: :edit
    インディジョーンズさんが空気じゃないSSは珍しいな
  61. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/07(火) 13:30: :edit
    「さぁ、検索を始めよう。キーワードは
    「デンプシーロール」
    「ビオランテ」
    そして「インなんとかさん」だ」
  62. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/07(火) 22:50: :edit
    これ載せるんならついでにビリビリが
    ヤンデレ化する奴も載せて欲しかった
  63. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/07(火) 23:09: :edit
    ※62
    あれもこの作品と同じ作者なのかな?
    インデックスとのいちゃラブシーンがそっくりなんだが
  64. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/07(火) 23:40: :edit
    このぐらいベタベタなのが好き
  65. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/08(水) 09:42: :edit
    初春は所詮飾りって事だな
  66. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/08(水) 22:19: :edit
    どうしてこうなった
  67. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/26(日) 08:10: :edit
    とある禁書ってこんな内容なのか
    人気なわけだ
  68. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/29(水) 00:07: :edit
    すごい作者の登場だったなw

    読んでいる間はずーっと、

      (  ゚д゚)
    _(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
      \/    /

      ( ゚д゚ )
    _(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
      \/    /

    これの繰り返しだったwwww
  69. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/10/20(水) 02:37: :edit
    他では常に暴走と器物破損の申し子の美琴が一番まとも・・・だと・・・
  70. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/11/26(金) 09:57: :edit
    これはもっと評価されるべき
  71. 名前: 通常のナナシ #aiKo0Q3w: 2010/12/27(月) 21:01: :edit
    インデックスが幸せそうで何よりだ
    上条さんが初代上条さんに遠慮しないと即こうなってしまうわけか・・・
  72. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/01/01(土) 14:32: :edit
    これはもっと氷華されるべき
  73. 名前: 通常のナナシ #JalddpaA: 2011/01/17(月) 21:59: :edit
    インなんとかさんとかだれだよ
    上琴でじゅうぶんだし
  74. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/01/29(土) 10:47: :edit
    上琴()
  75. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/01/31(月) 22:24: :edit
    ナモンネーヨニウムwww
  76. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/06/01(水) 07:22: :edit
    上条さんのヒロインはインデックス以外いない


    がこれは何か違うぞ
  77. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/06/02(木) 16:07: :edit
    なんと俺得な
    もっと書いてくれ
  78. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/02/25(月) 09:39: :edit
    俺得過ぎて困る。
    もっと書いてくれ給えヨ!!!
  79. 名前: 通常のナナシ #zlAQJbYM: 2013/05/23(木) 15:33: :edit
    実際上条さんの理性が一度でも敗北したらあとは転がり落ちるようにバカップルになるんだろうなぁ。
    そして超電磁組のカオスっぷりがわろたw
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。