一方通行 「ロリばばァとかロリですらねェし」 黒子 「はぁ?」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/07/21(水)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/03(土) 17:00:22.16 ID:UveAG9hD0
一方通行 「お前もそう思うだろ?」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/03(土) 17:00:59.58 ID:WAiHJYg20
黒子 「いや、私に聞かれましても」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/03(土) 17:09:14.19 ID:UveAG9hD0
黄泉川 「性癖治すじゃん」

一方通行 「……はァ?」

黄泉川 「だから性癖治すじゃん」

一方通行 「つまり俺の……アレか?」

黄泉川 「年下好きをな」

一方通行 「教師は生徒に対して寛容であるべきだと思うンだけどな」

黄泉川 「それはそうなんだけど、一つ屋根の下で打ち止めと暮らすことに問題があるじゃん」

一方通行 「別に手は出さねェよマジで」

黄泉川 「うん、信じてるじゃん」

一方通行 「信じてンなら治さなくたって問題ないだろ」

黄泉川 「…………」

一方通行 「オイこら黙るな」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/03(土) 17:15:42.83 ID:UveAG9hD0
黄泉川 「……せめてもうちょっとボーダーラインを引き上げて欲しいじゃん」

一方通行 「ボーダーラインっつゥとだな……じゃぁかなり譲歩して9歳くらいでいいか?」

黄泉川 「中学生くらいにしろ」

一方通行 「マジでか」

黄泉川 「マジでだ」

一方通行 「それはアレだぞお前、闇の世界で生きる俺の生きがいを奪うってことなンだぜオイ」

黄泉川 「慣れたら大丈夫だ。というわけでほらこれ」ヒョイ

一方通行 「……なンだこの書類?」

黄泉川 「芳川と話し合ったんだけどな……お前の性癖を叩きなおすには同じくらいの生徒がいる環境に慣れることが一番だと思うんだよ」

一方通行 「いやだからこの書類なンだよ?」

黄泉川 「というわけで、お前には学校の先生になってもらうじゃん」

一方通行 「……はァ?」




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/03(土) 17:23:11.04 ID:UveAG9hD0
一方通行 「勝手にわけ分からないないこと言ってンじゃねえよ。俺が教師ってどういうことだ?」

黄泉川 「詳しく言うと、教師じゃなくて教育学部の教育実習生じゃん」

一方通行 「……俺が大学生で教育実習生ってホラ吹かなきゃいけないことは分かった。そのホラ吹かなきゃいけない理由を教えろ」

黄泉川 「だからさっきも言ったけどお前と同じくらいの子がいる環境にいかせてやりたいって話しじゃん」

一方通行 「そンなことしなくても、俺はもう長点上幾に在学してるンだがな」

黄泉川 「特別クラスで他の子と接する機会あんまりないんだろ?」

一方通行 (あンまりって言うかゼロだけどな)

黄泉川 「だもんで教育実習生じゃん。高校生も大学生もそう変わらないって!」

一方通行 「いや変わるだろ」

黄泉川 「つべこべ言わずに言って来い! 明日からだからな!!」

一方通行 「早っ」




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/03(土) 17:33:27.46 ID:UveAG9hD0
【次の日 黄泉川邸】

一方通行 (あァだる……ンでこンなことになってんだよ)

一方通行 (こンなときに限ってグループからの仕事はねェしよ)

一方通行 (まァいいや……せっかくあいつらが俺のためにしてくれたンだし行くだけ行くとすっか)

一方通行 (……ロリコンだけは絶対ェ治さないけどな、むしろ治せねェけどな)



【通勤中】

一方通行 (この駅で降りたらいいンだっけか)

一方通行 (えェっとォ……ここを右行って……と)

一方通行 (そういえば俺が行く学校って女子高だっけか……そりゃロリコン治すのに男子高いっても意味ないわな)

一方通行 (アレな方向に目覚めるわけにもいかねェしよ)

一方通行 (ン? あれ俺の学校の生徒か)

一方通行 (やっぱ中学生って線太いな……小学生を身習えってんだ)

一方通行 (そういえばあの制服どっかで見たような……)




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/03(土) 17:45:16.54 ID:UveAG9hD0
【常盤台】

一方通行 (やっと着いた……ってここは)

一方通行 (なるほどなァ。そりゃ制服に見覚えもあるわけだぜ)




【一年の教室ですの!!】

黒子 「教育実習生?」

湾内 「はい。なんだかとっても頭が良い方らしいですのよ」

黒子 「妙な時期に来ますのね。とにかく常盤台の生徒として恥ずかしくない姿をお見せしないといけませんわね」

湾内 「幸い今日は能力テストもございますしね。白井さんの大能力者としての力に目を丸くするのでは有りませんか?」

黒子 「いえいえ私だけではありませんの。他にも大勢優秀な大能力者の方々が……」

婚后 「つまり、この私婚后光子のことですわね!?」

黒子 「まぁちらほら……あなたは違いますけど」

婚后 「何ですって!?」

《 きーんこーんかーんこーん 》

黒子 「あっ、チャイムですの」




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/03(土) 17:53:34.55 ID:eEkSOB8T0
婚后さんって2年じゃあなかったっけ?




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/03(土) 17:56:09.12 ID:UveAG9hD0
一方通行 「はーい、おとなしく席に着きやがればばァ共」

湾内 (あら、誰かしらあの方? それに先生の姿が見当たりませんわね)

黒子 (女性……いえ殿方みたいですの。どこか身体がお悪いみたいですわね)

婚后 (ば、ばばあ!!?)

一方通行 「まず初めに俺は怪しいものじゃねェ。そして、お前らばばァ共の担任は今日家で寝込んで休みだ」

黒子 「もしかしてあなたが例の教育実習生さんですの?」

一方通行 「うわっ、何というばばァ声」

黒子 「えっ?」

一方通行 「反応すンな、黙ればばァ」

婚后 「あなた! 相手が白井さんと言えども言いすぎですわよ!」

一方通行 「…………」

婚后 「無視っ!?」

一方通行 「自己紹介だァ。俺の名前は田中鉄男、とある大学からきた教育実習生だ」

黒子 (うわ変な名前ですの)




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/03(土) 18:09:43.64 ID:UveAG9hD0
打ち止め 「あなたの偽名考えなきゃね! ってミサカはミサカはうきうきしてみる!」

一方通行 「ンではしゃいでンだよ……適当でいいだろうが」

打ち止め 「実はもう考えてあるんだ! ってミサカはミサカはあなたをびっくりさせてみる!」

一方通行 「いや驚きやしねェよ。まァお前が考えたのでいいや、言ってみろ」

打ち止め 「田中鉄男! 一方通行って感じがするでしょ? ってミサカはミサカは同意を求めてみる!」

一方通行 「一方通行の線路見たいってか? じゃァそれでいいや」

打ち止め 「やったっー! ってミサカはミサカは採用されたことに大はしゃぎ!」

…………………………………………………………………………………………………… 
一方通行 (まァアイツが決めた名前だし喜んで使うけどよォ、むしろ本名でもいいくらいだ)

黒子 「あの先生? ホームルームの時間は何をすれば?」

一方通行 「そうだなァ……今から授業始めンぞ」

婚后 「まだホームルームですわよ?」

一方通行 「いいンだよ。どうせアレだろ? ホームルームと一限目の間の休み時間、隣のやつとくっちゃべったりすンだろ?」

一方通行 「そういう時間はもったいねぇンだよ。俺の授業受けるほうが何倍も価値がある」

婚后 「なんて高飛車な先生ですこと……」 ヒソヒソ

黒子 「そうですの……後あなたが言うな」 ヒソヒソ




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/03(土) 18:21:26.62 ID:UveAG9hD0
一方通行 「ところで1限目って何だ?」

黒子 「古典ですの」

一方通行 「そうか数学かァ。だったら俺が黒板に写す問題写してけ。プリントなんざ作ってねェ」 カキカキ

黒子 「いえですから古典……って問題書くの早っ!」

湾内 「プリントは作成されていなくても、問題の内容は頭に入っていたのですか?」

一方通行 「いンや、さっき考えた。それより口動かしてないで指を動かしやがれ」 カキカキ

黒子 (この方……もしやとても優秀な殿方?)

一方通行 (そういや黄泉川に買出し行けって言われたなァ……帰り寄ってくか) カキカキ



《 きーんこーんかーんこーん 》

一方通行 「あ? もう終わりかよ」

黒子 「この私がい、一問も解けませんでしたわ……」ゼェーゼェー

婚后 「この婚后光子、一生の不覚ですわ……」 ゼェーゼェー

一方通行 「最近のガキってのは頭悪ィのな」




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/03(土) 18:27:34.40 ID:UveAG9hD0
一方通行 「そういや次って何だ?」

黒子 「田中先生……それくらい自分で把握しておいて欲しいですの」

一方通行 「口答えしてないでさっさと言えばばァ」

黒子 「ばっ……」

湾内 「次は能力判定テストですわ。グラウンドに集合になっています」

一方通行 「能力判定だァ? お前らちょっとはマシなレベルなんだろうな?」

婚后 「それはもう! 常盤台1の空力使い、婚后光子とは私のことですわ!」

一方通行 (この学校って第三位と第五位がいるンだっけか……)


【常盤台 グラウンド】

黒子 「腕が鳴りますわね」

婚后 「あなたには負けませんわよ」

一方通行 「張り切ってンなァ……お前ら」

黒子 「あら先生? どうしてここに?」

一方通行 「テストに使う備品設置の手伝いだァ」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/03(土) 18:34:03.31 ID:UveAG9hD0
黒子 「何も先生がなさらなくても……」

一方通行 「俺の身体のことか? 慣れると杖突きながら物運ぶのもあんがい楽だしよォ、心配すンな」

黒子 「先生、私も手伝いますの

婚后 「ちょっと白井さん! 気持ちは分かるけどもうすぐあなたの番ですわよ!?」

黒子 「私の分は最後にまわすように頼んで置いてくださいな。先生を手伝いますので」

一方通行 「あン? 余計なこと気にしてないで授業のことだけ考えてやがれェ」

黒子 「校内で困っている方を見過ごすなど、風紀委員としてはあってはなりませんの」

一方通行 「ったく……二年が使ってる向かいのプールまで運ぶから時間かかるぞ?」

黒子 「ばっち来いですの!」

一方通行 (授業出られるときには出て欲しいもンだぜ……別に俺がどうだったからとかじゃねェけどよ)




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/03(土) 18:49:02.36 ID:UveAG9hD0
【常盤台 プール】

一方通行 「ところで何でプールで能力測定する必要があンだ? 水流操作系のやつらでも集まってンのか?」

黒子 「いえ」

一方通行 「だったらどうしてだよ?」

黒子 「それはもう我が学園が誇る電撃姫、ただ一人のためですわ。田中先生も耳にしたことがあるでしょう?」

一方通行 (そういや第三位って13、4歳か……余裕でアウトアウト)

黒子 「お姉さまの電撃はプールの水を緩衝材にでもしないと測定できないほど協力ですの! 惚れ惚れしますわ~ぐへへ」

一方通行 (やっぱ第三位ってショボいのな)

黒子 「口で言うよりも、実際にお姉さまの凄さをご覧になったほうがよく分かりますわ。黒子の拙い言葉ではお姉さまの素晴らしさを形容することなど……ぐへへ」

一方通行 (さっきからこいつ、ぐへへうるせェ)

……………………………………………………………………………………………………

一方通行 「そこ置いといてくれ」

黒子 「分かりましたですの……よいしょっと ……あら、あそこに見えますのはお姉さま?」

一方通行 「…………」 コソコソ

黒子 「……田中先生? どうして隠れますの?」




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/03(土) 18:56:33.45 ID:UveAG9hD0
一方通行 (やべェやべェ、さすがにやべェ。このまま逃げっかな)

一方通行 (いやだがよォ……ばばァは俺の為に時間を押して手伝いに来てくれたンだ。ここで俺一人逃げるわけにも)

一歩通行 (でも鉢合わせになったら気まずいじゃすまないよな? 下手すりゃ戦争だよな?)


御坂 「あら黒子、何してんのよこんなとこで? 授業中でしょ?」

黒子 「お姉さまは能力判定ですの?」

御坂 「えぇ。今先生方が準備してくれてるみたいだから待機してたの。それよりあなたは?」

黒子 「私は先生のお手伝いで機材を運びに」

御坂 「あんたねぇ……人の手伝いするのはいいことだけど、それくらい先生に任せとけばいいのよ。いくら風紀委員だからって……」

黒子 「いえ実はその先生は足が……」

御坂 「怪我でもしてるの?」

黒子 「その……不自由な殿方で」

御坂 「……それは手伝わないわけには行かないわよね。それでその先生は?」

黒子 「それが先ほどから姿が見えなくて」




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/03(土) 19:05:03.55 ID:UveAG9hD0
一方通行 「俺ならここにいるぜェ」

黒子 「田中先生! ……ってぇぇぇぇ!?」

御坂 「黒子、こちらがさっき言ってた先生?」

黒子 「えっ、ええ……」

一方通行 「今日から赴任することになった田中鉄男だ」

御坂 「御坂です。よろしくお願いします」

一方通行 「おゥよろしく」

御坂 「それじゃ黒子、私そろそろ戻るね」

黒子 「……そ、それでは」




黒子 「先生……一ついいですの?」

一方通行 「ン、どうした?」

黒子 「先生は何故、頭がつるっぴかですの……?」

一方通行 「熱かったから切った」




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/03(土) 19:05:51.94 ID:woeSBPcp0
ええええええええええええええええええええええええええええ




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/03(土) 19:06:31.71 ID:b2RPjZeP0
嘘だっ!




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/03(土) 19:06:47.71 ID:GZ6Xc3SZ0
ぎゃああああああああああああああああああ
一方散髪(アクセハゲータ)




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/03(土) 19:14:43.67 ID:UveAG9hD0
一方通行 「ま、それよりさっさと授業に戻ろうぜ」

黒子 「先生しばしお待ちを」

一方通行 「どうした?」

黒子 「せっかくですからお姉さまの超電磁砲をご覧になっていきませんか? それはもう能力者の頂点に恥じない実力ですの」

一方通行 「馬鹿言ってんじゃねェ。お前は授業に戻りやがれ」

黒子 「そんな! 学園都市第三位の実力を間近で見る機会などめったにありませんのよ!?」

一方通行 「テメエが単位取れる機会は十分にあるってかァ? そンなに見たきゃ俺がビデオにでも撮ってやるからさっさと戻りやがれってんだ」

黒子 「はーい……ですの」 シュン

一方通行 「そンなに楽しい思いで作りたきゃ卒業のチャンス逃すような真似すんじゃねェよ」




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/03(土) 19:20:37.23 ID:UveAG9hD0
一方通行 「ビデオ持ってねぇなそういや……」

一方通行 「…………」 ピポパポ

一方通行 「…………」 プルル……ガチャ!

一方通行 「よゥ……ってオイ、何切ろうとしてンだよ。別に仕事の話じゃねェ」

一方通行 「俺が電話するのは気持ち悪いだァ? 俺だって好きで連絡してるんじゃねェよショタコンばばァ」

一方通行 「で、お前常盤台のプール知ってるか? ……知ってる? なら話は早ェ。お前ビデオカメラそこまで飛ばせ」

一方通行 「中学生盗撮でもするのかって? 馬鹿が、俺は中学生に興味はねェよ。それじゃ頼んだ」 ガチャ!

一方通行 「…………」

一方通行 「…………」

一方通行 「…………」

一方通行 「…………」 ボテッ……

一方通行 「……届いた」




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/03(土) 19:29:36.57 ID:UveAG9hD0
一方通行 (……おっ、第三位の能力測定ちょうど始まるところか)

一方通行 (REC……っと)

《 ドゴォォォォォォォォォォ!!! 》

一方通行 (うォっ、やっぱりそこそこ威力はあるな超電磁砲)

一方通行 (……ン? やっちまった……水しぶきのこと考えてなかったぜ)

一方通行 (スーツがビチョビチョじゃねェか……)
 
御坂 「先生ごめんなさい! 大丈夫ですか!?」

一方通行 「よゥ、ばばァ」

御坂 「……ん?」(聞き間違いかな?)

一方通行 「気にするな。こンな間近にいたら水しぶき当たることくらい予想ついてたしよ」

御坂 「私を撮影してたんですか?」

一方通行 「ばば……白井のやつに頼まれてな」




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/03(土) 19:36:59.19 ID:UveAG9hD0
御坂 「すいません黒子のやつが余計なお世話かけちゃって……」

一方通行 「アイツと仲いいのかお前?」

御坂 「はい、ルームメイトで長い付き合いですし。私は黒子のこと大切な友達だと思ってますよ」

一方通行 「……私は?」

御坂 「黒子は何ていうか……私のこと好きみたいで。同性愛っていうのかな? 悪いことじゃ無いんだけど……」

一方通行 (あァ、アイツも変な性癖持ちだったか……だからなんか妙に気兼ねなく話せたのか俺)

御坂 「先生、これから校舎に戻りますか?」

一方通行 「…………」

御坂 「……先生?」

一方通行 「…………」 むにゅっ

御坂 「きゃっ! ど、どこ触ってるんですか!?」 

一方通行 「お前そンな余計なもン付けてて人生楽しいか?」

御坂 「……はい?」




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/03(土) 19:39:11.04 ID:eCtbhOC70
……マジでどこ触ったんだ?




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/03(土) 19:40:22.63 ID:mDChW31KO
>>71
まん○こに決まってんだろ




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/03(土) 19:44:52.72 ID:/3cQ1t9x0
>>72
「どこさわってるんですか」じゃすまないだろwwwwww




77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/03(土) 19:45:45.33 ID:UveAG9hD0
御坂 「えっと……とりあえず私の胸から手を離してくれませんか?」

一方通行 「打ち止めもいつかこンなになンのか……」

御坂 「えっ?」

一方通行 「胸なンて無くたっていいじゃねェか。無いほうがいいじゃねェか……」

御坂 「先生ってもしかしてロリータコンプレックス?」

一方通行 「中学生は対象外だから安心しろ」

御坂 「……黒子と気が合いそうですね」



【昼休み 一年の教室ですのぉ!!】

婚后 「あら先生?」

一方通行 「何だよ?」

婚后 「コンビニの弁当などと言った庶民の食べ物が昼食だなんて……お可愛そうに」

一方通行 「いいじゃねェか」




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/03(土) 19:52:39.44 ID:UveAG9hD0
黒子 「学食に行けばいいですのに……」

一方通行 「人がごちゃごちゃしてる場所は好かねェ」

黒子 「そのような心がけでよく教師になろうと思いましたわね」

一方通行 「思ってねェよ」

黒子 「はて?」

一方通行 「間違えた。思った」

黒子 「……? さて、せっかくですし私達と昼食をともにしませんか?」

一方通行 「嫌だっての。それに俺がいたら話弾まねェだろ」

黒子 「心配ご無用! 誰かさんの自慢話を延々聞かされるよりかはよっぽどマシですの!」

婚后 「誰のことかしら白井さん……」

黒子 「さぁ?」

一方通行 「……ったく、分かったよ」




87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/03(土) 20:05:28.43 ID:UveAG9hD0
【常盤台 学食】

黒子 「お姉さま!」

御坂 「黒子に婚后さんに湾内さん! ……それに田中先生も」

婚后 「御坂さん、今日はお一人ですの?」

御坂 「えぇ」

一方通行 「……ばばァ、お前って特別クラスだったりするか?」

御坂 「そんなことはないですけど?」

黒子 「ちょっと! お姉さまが孤立していると言いたいですの!? お姉さまは常盤台の誰よりも人望があるというのに……」

一方通行 「うるせェばばァ」

湾内 「先生、誰もかれもばばぁなどと呼んでしまっては区別がつきませんわ」

一方通行 「そうか……変なこと聞いて悪かったな第三位」

御坂 「いえ気にしないでください。それより私も昼食混ざっていいかな?」

黒子 「大歓迎ですの!」

湾内 「御坂さんのお話たくさん聞きたいですわ」

御坂 (そういえば第三位って……そういえば田中先生も赤い目してるのよね)




90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/03(土) 20:15:29.02 ID:UveAG9hD0
御坂 「どうですか? 常盤台自慢の学食ですよ」

一方通行 「……黄泉川のよりかは上手いな」

湾内 「黄泉川さんというのは奥様ですか?」

一方通行 「いンや。飯作ってもらってるけどそういう関係じゃねェ」

御坂 「ですよねー。ロリコン先生なのにお嫁さん作るわけ無いですもんねー」

婚后 「ろ、ロリコン!? 常盤台にいるのはまずいのではなくって!?」

御坂 「心配ないわよ婚后さん。この人私のぉ……揉んでも何の反応もしなかったし」

黒子 「おっ……おぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!? おっというのはまさか……まさかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!?」

一方通行 「うるせェ」

黒子 「何しれっとしてやがるんですのぉぉぉぉぉぉぉぉ!! お姉さまのぉぉぉ! お姉さまのぉぉっぉお姉さまがぁぁぁぁぁぁ!!」

御坂 「いやあんたは落ち着きなさい。確かにこの先生変態かもしれないけど悪い人じゃないから」

一方通行 「あンまうるさくするなよ。飯が不味くなる」

湾内 (なんだか田中先生が怖くなってきました……)




159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 14:10:30.65 ID:5rOYsMO80
【常盤台 5限目】

一方通行 「はィ席に着けェ。嬉しいことに5限目はまたまた一方通行先生の数学だぜェ」

黒子 「あくせら……れーたぁ?」

一方通行 「何聞き間違えてんだばばァ共。田中先生の数学の時間って俺は言ったンだぜ」

婚后 「いえ確かにあくせられーたが何とかと」

一方通行 「うるせェな。そンなどうでもいいことより授業だ。前半は1限目の問題の続きな」





一方通行 (……にしても俺がロリコンだってことバレたのに何の嫌がらせも無いンだな)

一方通行 (そこらへンの性格のよさはさすがお嬢様学校って感じだなァ……良識が身についてるっていうか)

一方通行 (さてと俺もクラスのやつらの名前でも覚えるとしますかね、暇だし)

一方通行 (ン……? 俺の机に何か入ってやがる)

一方通行 (メモ張……? 何々、死ね変態教師!)

一方通行 (……酷っ)




160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 14:19:10.93 ID:5rOYsMO80
【帰りのホームルーム】

一方通行 「はいもう帰りィ。先生からの連絡はまるで無し。お前らでなんかあるかァ?」

婚后 「私から少しありますの」

一方通行 「よし無ェな。じゃさっさと帰りやがれ」

婚后 「いえですから私から……」

一方通行 「掃除当番のやろうはサボって帰るんじゃねェぞ。あっ、掃除ばばァ共の間違いか」

婚后 「先生! 私の連絡が」

一方通行 「何時まで突っ立てやがる? 婚后はとっとと帰りやがれ!」

婚后 「まぁ! なんて乱暴な先生ですこと!!」 プンスカ

黒子 (……はて? 婚后光子のお名前覚えてらしたのですね田中先生)

一方通行 「……何見てンだよ白井?」

黒子 「いえいえ何でもございませんわ」

一方通行 「あン?」




163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 14:29:20.41 ID:5rOYsMO80
婚后 「そういえば田中先生のお宅は何処ですの? 帰り道が同じようでしたら一緒に帰りませんこと?」

一方通行 「俺この後雑務あンだよ、お前らと違って暇じゃねェの」

婚后 「それは残念ですわね……いったいどのようなことをするのですか?」

一方通行 「ンだっけなァ……確か風紀委員の監督行って来いとか何とか」

黒子 「あら田中先生でしたの、今日監督される先生というのは。でしたら私と一緒に行きませんの?」

一方通行 「ンでだよ? ……あァ、お前風紀委員とかぬかしてたよな。そのナリで」

黒子 「先生も似たようなものではないですか!」

一方通行 「俺はスレンダーっていうんだよ、テメェのはガリガリって言うんだ」

黒子 「ムキーッ!」




【校外 風紀委員支部への道】

黒子 「やっぱり田中先生とは折り合いがつきませんわね」

一方通行 「そうかァ? 俺はあんがいお前嫌いじゃないけどな」




165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 14:36:07.78 ID:5rOYsMO80
黒子 「まぁまぁさすが児童愛好家先生、まさかこの黒子が告白を受けるとは。しかし私には愛しのお姉さまがいるのであしからず……」

一方通行 「馬鹿言ってンじゃねェ、俺から見たらテメェはばばァだっつったろ。話しやすいってだけだ」

黒子 「あぁそういう意味ですの。たしかに先生は人と話すのが得意そうではありませんものね。口から出てくるのは汚い言葉ばかりですし」

一方通行 「生まれてつきだ馬鹿」





【風紀委員支部】

初春 「あっ白井さん!」

黒子 「初春、今日は早いですのね。こちらは定期監督で来られた常盤台教育実習生の田中先生」

一方通行 「よろしくゥ」

初春 (どこかで見たような……)




166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 14:39:22.88 ID:XO/2hsof0
そういや、今もツルッパゲなのか




169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 14:44:14.64 ID:5rOYsMO80
固法 「あら、今日はよろしくお願いします」

一方通行 「おゥ。つっても、その辺で仕事ぶり見てるだけだしすることねェけどな」

黒子 「では見回りに言ってきますの。初春も!」

初春 「はい。それでは失礼します」

固法 「私は向こうで書類整理のほうしてきますね」

一方通行 「ン」

一方通行 「…………」

一方通行 「…………」

一方通行 「…………」

一方通行 「……しっかしすることねェな」





佐天 「初春いる!? ……ってあれ? 誰もいない」

一方通行 「あっ?」




173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 14:51:39.93 ID:5rOYsMO80
一方通行 「テメェも風紀委員か?」

佐天 「わ、私はただのしがない一般生徒ですけど……」

一方通行 「へェ。じゃ何でここにいンだよ?」

佐天 「友達がここで仕事してるからお手伝いにと思って」

一方通行 「ふーン」

佐天 (怖そうな人だなぁ……っていうか誰?)

一方通行 「お前」

佐天 「は、はい!?」

一方通行 「スタイル良いばばァだな。生きてて楽しいか?」

佐天 「……は?」

一方通行 「まァいいや。俺もやること無くて暇だったンだ。雑用でも何でも一緒にやろうぜ?」




177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 15:05:20.89 ID:5rOYsMO80
佐天 「じゃあ私お茶入れてきますね」

一方通行 「それなら俺は掃除でもすっかな」

佐天 (お湯沸かして……と) ピッピッ

一方通行 (前から思ってたけどよォ、やっぱり掃除って楽しいよな) ゴーゴー ゴーゴー

佐天 「…………」 グツグツ グツグツ

一方通行 「…………」 ゴーゴー

佐天 (……おっ、湧いた湧いた) ピー ピー

一方通行 「…………」

佐天 「…………」 コトコト

一方通行 「…………」 ゴーゴー

佐天 「私お茶皆さんに持っていきますね」

一方通行 「ちょいタイム」

佐天 「何ですか?」

一方通行 (旨みベクトルを操作……と)

佐天 「?」




180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 15:14:57.00 ID:5rOYsMO80
佐天 「固法さん、お茶持って来ました」

固法 「何ですって!? ……分かった、応援を送るわ」 ガチャ

佐天 「……何かあったんですか?」

固法 「スキルアウトと思わしき集団に風紀委員がやられたわ」

佐天 「そんな!?」

一方通行 (何か物騒なことになってンなァ……まっ、テメェらのことはテメェらでどうにかするだろ)

固法 「やられたのは付近を巡回中だった風紀委員の二人組み……初春と白井さんよ」

一方通行 (!!)

佐天 「そんな……初春と白井さんが……」

一方通行 「オイ眼鏡……それは何処でのことだ?」

固法 「隣の第八学区で襲撃されたみたいです」

一方通行 「ふーン……じゃ、ちょっくら行って来るわ」

固法 「せ、先生!? 白井さんでも勝てないほどの相手ですよ!? 危険すぎます!!」

一方通行 「大丈夫だァ。俺今だいぶ腹立ってきてるしよ」




181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 15:21:27.78 ID:5rOYsMO80
【第八学区】

削坂 「どうした、根性が足らねぇぞぉぉぉぉぉ!?」

白井 「つ、強い……初春あなただけでもお逃げなさいな」

初春 「嫌です! 一緒にあの人を倒しましょうよ!」

白井 「初春……我侭を言わないでほしいですの。それでは」

初春 「……あれ?」 シュン……

削坂 「テレポートで仲間だけ逃がすか……なかなか根性があるじゃねぇかぁぁぁぁ!!」

白井 「さて……あの殿方をどのようにして倒すべきやら」

削坂 「行くぞ悪党ぅぅぅぅぅぅぅ!!!」





一方通行 「何してンだ第七位?」

削坂 (誰だこの禿げ?)




182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 15:25:23.86 ID:P7n6aClb0
すごパ何してんだよwwwwww




183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 15:25:54.57 ID:CUpbUpal0
結局禿げたままかwwwww




184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 15:29:26.83 ID:5rOYsMO80
一方通行 「ンで何でお前ウチの生徒虐めてるンんだよ?」

白井 「その殿方が急に襲いかかってきましたの!」 

削坂 「お前らが暴力の限りを尽くしてたんだろうがぁ。あ~根性が無い!」

白井 「私達が成敗していたのはスキルアウトですの! それを勘違いしたあなたが……」

削坂 「悪党の言葉なんぞ聴く耳持つか!」

一方通行 「……要するにこの熱血馬鹿が勘違いしてお前ら襲ったってことか?」

白井 「そうですの」

一方通行 「…………」 ハァ……

削坂 「何嘆息してんだぁぁぁぁぁぁぁぁ!!! さてはお前も悪党の仲間かぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!?」

一方通行 「ンでそうなる……まぁいいや、白井危ないから離れてろ」

白井 「はいですの」


削坂 「喰らえ……すごーいパンチぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!」

一方通行 「自転パンチ」

削坂 「」




187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 15:32:13.48 ID:rG+kVGU2O
自転はひでえwww




188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 15:32:32.15 ID:+EU55jnM0
削板だから何やっても死にはしなさそうだwww




190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 15:35:28.33 ID:5rOYsMO80
一方通行 「……大丈夫か?」

白井 「先生も能力者でしたのね、助かりましたの」

一方通行 「……あー、一応大学生も学生だしな。ところで」

削坂 「」

一方通行 「あの馬鹿どうする?」

白井 「風紀委員が厳重注意……という形になりますの」

一方通行 「甘いねェ。お前ら襲ったンだぞ?」

白井 「悪意は無しだったようですし、初犯ですからそのような形にとどまりますわね」

一方通行 「お前は病院行けよ」

白井 「仕事がありますの。コレくらいの傷は日常茶飯事ですの」

一方通行 「駄目だっての。ばばァの身体は本人が思ってるよりずっと脆い。覚えとけ」

白井 「だからばばあではありませんの!」

一方通行 「ばばァの身体に超ばばァのしわくちゃ声、どう考えてもばばァかそれ以上の存在だろうが」

白井 「それ以上の存在などありませんの!」

一方通行 「うるせェな……とりあえず病院行くぞ」




193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 15:42:30.54 ID:5rOYsMO80
【とある病院】

冥土返し 「また君か……無理な注文聞かされるのが目に見えているというか何というか」

一方通行 「今日は俺じゃねェ。こいつを頼むわ」

白井 「だから大丈夫ですの! ……あら、いつかの先生」

冥土返し 「常盤台の風紀委員さんだね? どこか悪いのかい?」

白井 「いえですから私は……





一方通行 「生徒の面倒見るってのは疲れるもンだねェ……」

ミサカ妹 「にしてはまんざらでもない表情をしてますね、とミサカは挨拶もなしに登場します」

一方通行 「いや挨拶くらいはしろよ」

ミサカ妹 「あなたもしないのでは? とミサカは確認を取ってみます」

一方通行 「まァそうだけどよ……」




196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 15:49:07.44 ID:5rOYsMO80
ミサカ 「ところで髪はどうしたのですか? とミサカは内なる笑いを悟らせぬよう無表情であなたに尋ねます」

一方通行 「イメチェン」

ミサカ 「そうですか、お姉さまに会うのがそれほど嫌ですか……とミサカは適当に答えを受け取ります」

一方通行 「……そりゃ良くは無いだろうよ」

ミサカ 「立ったら学校をお止めになられてはどうですか? とミサカは質問します」

一方通行 「ンー……まァそうだけどよ」

ミサカ 「愛着でも湧きましたか? とミサカはさらに質問します」

一方通行 「湧いたっていうか……生徒には若干虐められてるし嫌といえば嫌なんだがなァ……」

ミサカ 「はっきりしろよモヤシ、とミサカは優柔不断なゴミクズを急かします」

一方通行 「愛着ねェ……無くもない……いやいや天下の一方通行様がそンなこと……」

ミサカ 「付き合いきれないのでこっそりこの場を去りますね、とミサカはあなたに申告します」 スタスタ



白井 「ふぅ……やっと診察終わりましたの。あら田中先生」

一方通行 「ねェよな……愛着湧くわけないよな」

白井 「……何をぶつぶつ呟いてますの?」




197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 15:56:04.80 ID:5rOYsMO80
一方通行 「おゥ白井、どうだった?」

白井 「少し身体を強く打っただけですの。平気ですの」

一方通行 「要するに打撲じゃねェか。今日はもう帰ってゆっくりしとけよ」

白井 「そンな、まだ風紀委員の仕事が……」

一方通行 「けが人はンなこと気にしなくて良いンだよ。それじゃ真っ直ぐ帰りやがれ」









【風紀委員支部】

一方通行 「……っつゥわけだ」

初春 「良かった……白井さん無事だったんだ」

一方通行 「まァ今日はもう帰らしたけどよ。代わりに俺が手伝うわ」

固法 「先生はそこで見ていてくだされば大丈夫ですのに……」

一方通行 「いいンだよ」




200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 16:00:00.80 ID:5rOYsMO80
固法 「…………」

佐天 「…………」

初春 「…………」

固法 「……これで今日の業務は終了です」

一方通行 「ン、確認したぜ」

佐天 「やっと終わったぁ~……初春、一緒に白井さんのところ寄ってこ?」

初春 「常盤台の学生寮に忍び込むんですかぁ? バレたらマズいですよ!」

佐天 「いいっていって! それじゃお疲れ様でした~」

固法 「全くあの子達は……それじゃ私もコレで」

一方通行 「おゥ」

一方通行 「…………」

一方通行 「……俺も帰るとすっか」




202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 16:05:01.64 ID:5rOYsMO80
【黄泉川邸】

一方通行 「今帰った」

打ち止め 「おかえりアナタ! ってミサカはミサカはあなたを出迎えてみる!」

黄泉川 「どうだったよ初出勤は?」

一方通行 「悪くなかったぜ」

芳川 「そう! アナタでもいいと思える子がいたんだ」

一方通行 「……は?」

芳川 「は? って……あなたの性癖治すために学校生かせてるんでしょ」

一方通行 「そういやそうだったな……」

黄泉川 「忘れてたじゃん!?」

一方通行 「楽しか……色々と大変だったからな。教職に付くってのもあんがい忙しいもンだ」

黄泉川 「まぁ初日から何を期待してたわけでもないし、今は一緒に飯食べるじゃん!」

一方通行 「疲れたから今日はもう寝かせろ」




204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 16:10:16.73 ID:5rOYsMO80
黄泉川 「そうか? じゃぁおやすみじゃん」

芳川 「おやすみね」

打ち止め 「おやすみ! ってミサカはミサカは言ってみる!」

一方通行 「また明日な」

黄泉川 「…………」

芳川 「…………」

打ち止め 「…………」

黄泉川 (……何で禿げてたじゃん?)

芳川 (何でつるつるだったのかしら)

打ち止め (うずらの卵みたい! ってミサカはミサカは感想を述べてみる!)




205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 16:15:48.09 ID:5rOYsMO80
【翌日 黄泉川邸】

一方通行 (二日目か……今日も張り切って行くとすっか)




【通学中】

一方通行 (おっ、ウチの生徒らじゃねェか)

一方通行 (ン? 何か聞こえてきやがる)

一方通行 (ロリコン教師……性犯罪者の目をしてる……近寄りたくない)

一方通行 (…………)

一方通行 (音のベクトルを反射……っと)




207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 16:18:05.08 ID:g2KGNZIUP
いじめられっこw




354 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 21:25:00.09 ID:5rOYsMO80
【常盤台 校門前】

一方通行 「…………」 ウズウズ

一方通行 (この俺がウズウズしてる……だと?)

一方通行 (よもや生徒との交流が楽しみだなんて青臭いことを期待してるンじゃないだろうなァ?)

一方通行 (それは無いか……仮にも学園とし第一位の一方通行様がそンなこと)

一方通行 (そンなこと……)

一方通行 (そンな……こと……)

一方通行 (……ホントに無いのか?)

女生徒A 「あっ、変態教師」 ボソッ

女生徒B 「近寄っちゃ危ないって」ボソッ

一方通行 (うン無いわ)




359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 21:31:27.87 ID:5rOYsMO80
【一年の教室ですのぉぉぉぉぉ!】

一方通行 「オラ、ぺちゃくちゃ喋ってないで席着きやがれェ」

黒子 「今日もホームルームのお時間は無しですの?」

一方通行 「今日は昨日の続きで能力測定があるだろ。その諸連絡だ」

婚后 (あのハードな授業の時間が長くなったりはしないのですね……良かった)

一方通行 「えェっとだな……この時間の内に体操服に着替えやがれ。その後またグラウンド集合だァ」

黒子 「わかりましたの」

一方通行 「…………」

婚后 「…………」

湾内 「…………」

黒子 「……失礼ですけど、先生は教室から退室願いたいのですが」

一方通行 「ばばァの裸なんざ興味無ェよ」

黒子 「そんなだから変態呼ばわりされるんですのぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉと!!!」




362 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 21:38:29.06 ID:5rOYsMO80
【常盤台 グラウンド】

一方通行 (機材の準備準備っと)

黒子 「先生……」

一方通行 「テメェは手伝うなっての。何回言わせるンだよ?」

黒子 「ですが私は風紀委員として……」

一方通行 (面倒臭ェなコイツ) カチッ

黒子 「あれ? ……先生、松葉杖なしでもちゃんと歩けるんですの?」

一方通行 「俺はレベル3の『肉体再生』なンだよ。だから本気出したらちゃンと歩けるンだ」

黒子 「でも昨日の騒動のときはなにやら衝撃波のようなものを出していなかったですの?」

一方通行 「うるせェな細かいことはいいンだよ。とにかくお前はあっち行ってろ、要らね」

黒子 「…………」 ホッ

一方通行 「何ため息ついてンだよ?」

黒子 「ため息ではございませんの。先生がお辛い思いをしないことが分かってほっと胸をなでおろしましたの」

一方通行 (コレだから光の世界の人間は……)




363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 21:43:38.51 ID:5rOYsMO80
黒子 「……はて? それほどのレベルの『肉体再生』でしたら先生の髪を生え揃えることくらい造作も無いのでは?」

一方通行 「俺はこの頭が気に入ってるンだよ。ってかお前さっきからうっとおしいぞ、あっち行ってろ」

黒子 「わかりましたの……」









一方通行 (これで準備完了……っと)

一方通行 (あーあ……ずいぶんバッテリー使っちまったぜ)

御坂 「田中先生だ」

一方通行 「おゥ第三位、授業はどうしたよ?」

御坂 「クラスで私だけ能力測定終わってるんですよ。別枠で昨日済ましちゃったから」

一方通行 「だったら教室でおとなしく勉強でもしてやがれ」

御坂 「そんなのつまんないですよ!」

一方通行 (コイツあんがい不良少女かァ?)




365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 21:50:24.19 ID:5rOYsMO80
御坂 「先生は何で教師になろうと思ったんですか?」

一方通行 「藪から棒に何言い出すンだよ」

御坂 「いやー、先生の身の上話でも聞いて時間潰そうかと思って」

一方通行 「暇ならなおさら勉強しろっての」

御坂 「それはつまんないんですって!」

一方通行 「……ったく」

御坂 「それでどうしてなんです?」

一方通行 「えっとだなァ……」

御坂 「…………」 ワクワク

一方通行 (やべェこういう質問されると思ってなかったから言い訳考えてないわ)

御坂 「……先生?」

一方通行 「あー、そうだなァ……公務員になれたら何でも良かったんだよ。別に子供が好きとかそういう理由じゃねェ」

御坂 「先生ロリコンじゃん」

一方通行 「ちょ待ったさっきの取り消し……そうだなァ、俺が教師になろうとした理由……」




368 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 21:56:35.37 ID:5rOYsMO80
一方通行 (あーもゥ嘘つくのも面倒だ。ホントのこと言おう)

御坂 「特に無いの?」

一方通行 「いやある。俺のストライクゾーンを広めるためだ」

御坂 「……はっ?」

一方通行 「俺はテメェらみてェに、出るとこ出て締まるところ締まってるような身体のやつは少女とは見れねェ」

一方通行 「だがしかし世界は広い。世界は広い。俺だけ狭くてどうするンだって話だ」

一方通行 「だからこそ、そンなばばァ共でも好きになれる可能性があるかもしれねェ。だからここに来た」

一方通行 「……分かるか?」

御坂 「途中から分け分からなくなりました」

一方通行 「そうかァ……」

御坂 「はい」

一方通行 「……もう一回説明しようか?」

御坂 「いえ結構です」




369 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 21:58:50.42 ID:SHm/Vud6O
なんかカッコイイ気がしたがそんなことなかった




370 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 22:02:37.44 ID:5rOYsMO80
御坂 「要するに先生は危ない人だけど、私たちはターゲットに入ってないって事ですよね?」

一方通行 「入れようとは思ってるンだがどうにも上手くいかなくてな」

御坂 「上手くいかなくていいですよそれ」

一方通行 「だよな」

御坂 「……あぁでも」

一方通行 「どうした?」

御坂 「黒子くらいにはあってもいいかな? あいつ私だけじゃなくて男の人とも仲良くなって欲しいし」

一方通行 「白井かァ……あいつ、お姉さまお姉さまお姉さまァァァァァァァうるせェぞ」

御坂 「ですよね」

一方通行 「お前にぞっこンだな」

御坂 「はは……あんまり嬉しくない」




374 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 22:08:17.14 ID:5rOYsMO80
一方通行 「……と、俺もくっちゃべっちまったな。そろそろ戻るわ」

御坂 「ちょっと待って!」

一方通行 「ンだよ、そンな大声出して……」

御坂 「最後に、私の能力判定のテスト結果見てくださいよ!」 ヒョイ

一方通行 「これか……」 

御坂 「どうですか? 凄いでしょ!?」

一方通行 (全部Aランク……学校の測定範囲超えてるのはレベル5なら当たり前だろ)

御坂 「凄いですよね!?」

一方通行 「……あァ、そうだな」

御坂 「……やっぱり」

一方通行 「あン?」

御坂 「それじゃ先生の忠告どおり教室にも戻ろっかな? 他の先生に告げ口されてもたまらないし」

一方通行 「ンな面倒なことしねェよ」

御坂 「ホントかなぁ~? それじゃあね先生!」

一方通行 「おゥよ」




378 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 22:17:09.54 ID:5rOYsMO80
湾内 「あっ、先生機材の設置お疲れ様ですわ」

一方通行 「ンなこといちち言わなくてもいいっての。結果どうだったよ?」

湾内 「あんまり芳しくはありませんでしたの……やはり白井さんや婚后さんのようにはいきませんわね」

一方通行 「能力なンてのは性能の良さより使いどころのよさだぜ? ンなこと気にしても仕方ねェよ……お前知ってるか?」

湾内 「何をですか?」

一方通行 「世の中にはレベル5でレベル0に負けちまうな大ボケがいるンだ」

湾内 「そんな方が……」

一方通行 「だから結果なんかで気にすンな、分かったな?」

湾内 「あ、ありがとうございます」






一方通行 (次は白井の番か……)

白井 「ほっ……っと」 シュ……

一方通行 (レベル4相当の空間移動……どっかのショタコン級かよ、やるじゃねェか)




379 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 22:18:37.58 ID:GbqyP7aPP
一方通行ただのロリコンじゃないんだな…
ちょっとかっこいい




388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 22:27:01.77 ID:5rOYsMO80
一方通行 「意外に筋が良いじゃねェかばばァ」

白井 「またそのような口汚い言葉を……だいたいレベル3の先生にレベル4の私の質がお分かりに?」

一方通行 「誰がレベル3だ」

白井 「えっ? ……先生がご自分でレベル3の『肉体再生』とおっしゃったではありませんか?」
 
一方通行 「そうだったな……」

白井 「先生の頭が軽いのは髪が皆無だからというだけではございませんのね」

一方通行 「俺の頭が軽いって言いたいのかァ……三下ばばァ!!」

白井 「まー、まっこと口汚い! あなたのお口は暴言製造機ですの!?」

一方通行 「やンのかばばァァァァァァァァァァァァァァ!!!」

白井 「ですのぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」







湾内 「白井さんってあんなに喧嘩腰な方だったでしょうか?」

婚后 「……というより、アレは喧嘩というか」




393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 22:35:37.85 ID:5rOYsMO80
一方通行 「ちょオイ、ギブギブ、ギブだから……」 ギシギシ

黒子 「チョークスリーパーですのぉぉぉぉぉぉぉ!!」 ギシギシ

一方通行 「……やべ息苦しい、まっこと息苦しいですの」 ギシギシ

黒子 「やっぱりあなた私を馬鹿にしすぎですの」 ギシギシ

一方通行 「ですのですの(笑)」 ギシギシ

黒子 「このおんどりゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」 ギシギシ





一方通行 「」

黒子 「お姉さまお手間を掛けさせてしまい申し訳ございませんですの」

御坂 「まったく騒ぎを聞きつけて止めに入ってみれば……何バカみたいなことで喧嘩してんのよ!?」




396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 22:37:38.29 ID:23/fjWdrO
レベル5がレベル4に負けちまった…




397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 22:37:57.45 ID:8rwvuxCW0
ロリータさんノリノリwww




398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 22:39:13.70 ID:5rOYsMO80
黒子 「すいませんですの……」

御坂 「謝るのは私じゃない」

黒子 「田中先生……申し訳ございませんでした」

一方通行 「…………」

御坂 「田中先生にも悪いところありますよ?」

一方通行 「……白井」

黒子 「……はいですの」

一方通行 「もっと謝れですの」

黒子 「……このおんどりゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」 

御坂 「あんた達いい加減にしなさい!!」





婚后 「やっぱりただの喧嘩でしたわね」

湾内 「そうですわね」




403 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 22:45:57.07 ID:5rOYsMO80
【昼休みですの(笑)】

婚后 「午前は先生の授業が無くてほっとしましたわ」

一方通行 「午後からあるけどなァ」

湾内 「先生の出題する問題とっても魅力的なのですけど……」

婚后 「教えるのが下手と言いますか何といいますか……」

御坂 「えぇー! それ教師としちゃ最悪じゃない! 独りよがりの授業ってこと!?」

一方通行 「俺が天才型だったもんでなァ、どう教えていいかいまいちピンと来てねェんだわ」

湾内 「やだ先生ったら」

婚后 「ふふふ」

御坂 「ははは」

一方通行 「かきくけかきくけかきくえかきくけけけけけけけけ!」

黒子 「…………」 ムスー

御坂 「……黒子、いい加減機嫌治しなって」

黒子 「別に怒ってなどいませんの」




404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 22:49:06.18 ID:ZhukELPaP
詩音でもそんな笑い方しねえよwww




406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 22:53:01.40 ID:5rOYsMO80
一方通行 「いや悪かったってのホント」

黒子 「…………」

御坂 「黒子ってば! 先生謝ってるんだよ?」

黒子 「素直に謝ってもまた変なことおっしゃるに決まってるですの」

一方通行 「あンま問題ずるずる引きずるのは好きじゃねェんだわ。それはしねェ」

黒子 「……失礼ながら席を外させていただきますの」

湾内 「……白井さん」

婚后 「あの子が拗ねるところなんて始めて見ましたわ……」

御坂 「おっかしいわねー、んー……」

一方通行 「どうしたよ?」

御坂 「いやあの子拗ねてるからって言うより、男の人の距離感が分からないからあんなことしたんじゃないかな?」

一方通行 「距離感ねェ……」




408 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 22:57:01.33 ID:5rOYsMO80
【黄泉川邸】

一方通行 「ってことが勤務中にあった」

芳川 「それ早めに解消しといたほうがいいわよ」

一方通行 「そうなのか?」

黄泉川 「その子お前のことが好きなんじゃないのか?」

打ち止め 「えぇ!? ってミサカはミサカはその可能性に絶望してみる!!」

一方通行 「それは無いわ。あいつレズビアンだしよ」

芳川 「なら違うわね」

打ち止め 「ふぅ……ってミサカはミサカはほっとしてみる!!」

一方通行 「まァ延々と謝り続けたら折れるだろ。主義じゃねェけどンなこと言ってる場合でもなさそうだし」

芳川 「ねぇ」 ヒソヒソ

黄泉川 「ん?」 ヒソヒソ

芳川 「これひょっとしたらあの子の性癖治すチャンスじゃない?」 ヒソヒソ

黄泉川 「まっさかー」 ヒソヒソ




409 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/04(日) 23:03:09.45 ID:5rOYsMO80
【翌日 黄泉川邸】

一方通行 (三日目か……教師やるようになってから早起き身についてきたな)



【通勤中】


一方通行 (音のベクトルを事前に反射……と)

一方通行 (これで不愉快な思いすることも無いな)

女生徒 「! …………」 クイッ

一方通行 (アイツに中指突き立てられたぞオイ)

一方通行 (…………)

一方通行 (……視界のベクトル反射してェ。したら学校行けねェけど)




524 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/05(月) 23:43:19.71 ID:PGVsrtot0
【一年の教室】

一方通行 「チャイム鳴ったぞォ。おらばばァ共! ベル席は守りやがれ」

一方通行 「えェー今日は2限目と3限は教科の担任不在で自習ってことになってンだが……」

一方通行 「どうせだし先生の授業ムリヤリぶちこンでやったぜ、ヒャッホォォォォォ!!」

一方通行 「一限目も俺の授業だから1~3まとめてMY授業! 脳みそぐちゃぐちゃになるまでやンぞォ!!」

一方通行 「ばばァ共ォ! 覚悟しとけよォォォォ!!」

一方通行 「…………」

一方通行 「…………」

一方通行 「何かノリ悪くねェか? 何時もなら白井のやつが噛み付いてくるンだがよ」

湾内 「先生、白井さん今日はお休みみたいで……」

一方通行 「あァ? まだ昨日のこと気にしてやがンのかよ……悪いことしちまったな」

婚后 「いえそうではなくて普通に体調不良だそうですわよ」

一方通行 「さてはアイツ腹でも出して寝てやがったか?」




529 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/05(月) 23:49:34.13 ID:PGVsrtot0
一方通行 「じゃあ誰か帰り、アイツにプリント持ってきやがれ」

湾内 「それは白井さんと同室の方……えっと、私たちじゃなくて御坂さんにお願いするのがよろしいと思います」

一方通行 (そういやここ寮制だったな……ってか相部屋って第三位かよ? どうりで仲いいわけだぜ)




【地獄の1~3限目終了】

一方通行 (放課後第三位に連絡物私とかなきゃいけねェな……)

湾内 「…………」 ゼェーゼェー

婚后 「…………」 ゼェーゼェー

女生徒A 「…………」 ゼェーゼェー

女生徒B 「…………」 ゼェーゼェー

女生徒C 「…………」 ゼェーゼェー

女生徒D 「…………」 ゼェーゼェー

女生徒E 「…………」 ゼェーゼェー

女生(ry




530 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/05(月) 23:51:30.25 ID:dTdCBAJO0
一方さんどんな授業したんヨ



531 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/05(月) 23:52:33.74 ID:u9A8Yoig0
中学生にAランレベルの数学教えたんじゃないか?




534 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 00:00:16.18 ID:bLPqHflO0
【昼休み】

一方通行 「よゥ」

湾内 「こんにちは」

婚后 「ご一緒してよろしいかしら?」

御坂 「ええ」

一方通行 「……今朝の白井のやつの様子は?」

御坂 「汗びっしょりでした。ここ最近風紀委員の仕事で忙しかったみたいで……あっ、いつも忙しいんですけど最近は特別忙しくて」

一方通行 (第七位の後処理に追われてたのか? ……だったら俺にも原因があるじゃねェか)

御坂 「まぁアイツ見かけよりもタフだしケロっと復活すると思いますよ? この前なんて大人の人にアバラ本気で蹴られても平気な顔してましたし」

湾内 「丈夫ですのね」

一方通行 「第三位、連絡物アイツに渡すよう頼まれてくれるか?」

御坂 「はいもちろん」

一方通行 「だったら後で職員室来いよ」




538 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 00:10:59.98 ID:bLPqHflO0
【放課後 職員室】

御坂 「失礼しまーす」

一方通行 「来たか……コレとコレとコレな」

御坂 「ずいぶん多いですね……数学のプリントばっかり」

一方通行 「地獄の数学フルコース受けなかった報いだ……学生寮だろうがどこだろうがたっぷり地獄を見せ付けてやるぜェ」

御坂 「そうそう、一緒に帰りません?」

一方通行 「あァ?」

御坂 「先生もお見舞い行きたいでしょ?」

一方通行 「何で天下の第一……第一印象最悪だった俺様がお見舞い行かなきゃなんないンだよ?」

御坂 「うわっごまかすの下手」

一方通行 「ン?」

御坂 「いやなんでもありません。見たところその問題結構な難易度なようですし、先生が勉強教えてあげればはかどるんじゃないかなぁ……って思って」

一方通行 「俺は教育実習生だが家庭教師じゃねェぞ」

御坂 「細かいこと言いっこなしですよ? それにあの子も田中先生に会いたいって言ってましたし」




541 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 00:19:49.71 ID:bLPqHflO0
【学生寮への帰路】

一方通行 「済まねェな。歩くペースあわせてもらってよ」

御坂 「いえ気にしないでください」

一方通行 「…………」

御坂 「…………」

一方通行 「……さすがにさっきの話し嘘だろ?」

御坂 「えっ?」

一方通行 「白井が俺に会いたがってた……っての」

御坂 「確かに口には出してませんでしたけど、心の中じゃどうか分かりませんよ?」

一方通行 「結局嘘じゃねェか」

御坂 「いえいえ、あの子が何考えてるかくらいは多少分かりますよ」

一方通行 「はっ! お前は読唇能力でも持ってるってかァ? 電撃に読唇……マルチスキルとは恐れ言ったぜェ」

御坂 「からかわないでくださいよ」

一方通行 「はっ! 面白かっただろ?」

御坂 「いえ全然」




547 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 00:30:34.21 ID:bLPqHflO0
【学生寮 御坂と白井の部屋】

黒子 「まぁ~~~! お帰りなさいませお姉さまぁ!」 ハァハァ

御坂 「ただいま、お客さんいるけどいい?」

一方通行 「邪魔するぜェ」

黒子 「げぇっ!? 田中ぁ!?」 ハァハァ

一方通行 「呼び捨てかよ!」

黒子 「冗談ですの。ばーか」 ハァハァ

御坂 「……なんかアンタテンションおかしくない? やっぱりまだ熱あるでしょ?」

黒子 「ないですのないですの……それよりお姉さまの下着を拝見させていただきたく……」 ハァハァ

一方通行 (なンかコイツハァハァ言ってるけど、興奮してるのか疲労してるのか検討つかねェな)

御坂 「先生やっぱり黒子調子悪いみたいです……いつもはこんな突拍子も無く変態発言をし……いやするけどなんか今日は変です」

一方通行 「テメェ横になってろよ」

黒子 「先生に指図される覚えはないですの」 ハァハァ

御坂 「く・ろ・こ!」




552 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 00:39:48.84 ID:bLPqHflO0
黒子 「まぁお姉さままでそうおっしゃるなら……致し方なしですの」ハァハァ

御坂 「コレは結構酷いんじゃないかなぁ……黒子、良かったら病院今から行かない?」

黒子 「……そうさせていただきますの。でもお姉さま、私一人で十分ですの」 ハァハァ

御坂 「アンタ見るからにえらそうじゃない。途中でぶっ倒れるかもしれないわよ」

黒子 「しかしお姉さまのお手を煩わせるわけには……」 ハァハァ 

一方通行 「…………」 カチッ

御坂 「先生?」

一方通行 「だったらここで治療してやるよ 白井、ちょっと頭こっちに向けろ」

黒子 「……嫌ですの!」 ハァハァ  

一方通行 「別に悪いことはしねェよ……ホラ」

黒子 「…………」 ハァハァ

一方通行 「よし動くなよ……」




555 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 00:45:51.72 ID:bLPqHflO0
黒子 「…………」 ハァハァ

一方通行 (丁寧に……あの打ち止めのときのように優しくやれェ…)

黒子 「……はて? 気持ち楽になりましたの」 

一方通行 「詳しい説明面倒だから端折るな、身体の流れをよくしたとでも思ってろ」

黒子 「他者に干渉する『肉体再生』など耳にしたことが……」

一方通行 「だァから詳しい説明省くったろ」

御坂 「…………」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

御坂 「一方通行は指一本で人を殺すことが出来る。触れられたらお終いなのよ?」

上条 「…………」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

御坂 (壊すだけじゃ……ないんだ)




556 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 00:47:12.12 ID:oEfzz/O1P
やっぱりばれてんのかw




561 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 00:55:07.87 ID:bLPqHflO0
一方通行 「さってとォ! 元気になったところで今日の授業の内容やんぞォォォ!!」

黒子 「……の、のぉぉぉぉぉ!? 軽く30枚はありますの!?」

御坂 「どんだけ凝縮したら三時間でその内容終わるんですか……」

一方通行 「……ってのはまァ冗談としてだ、病気治ったときにでも手ェつけとけ」

黒子 「それくらいの良識はありましたのね? びっくりですの」

一方通行 「テメェの中の俺はどンなイメージ何だよ……」

黒子 「変態教師ですの」

一方通行 「……酷ェなこいつ。なァ?」

御坂 「変態教師」

一方通行 「お前もかよ!?」




564 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 01:00:48.73 ID:bLPqHflO0
一方通行 「変態変態連呼するけどよォ……お前もたいがいじゃねェか」

黒子 「なっ!? 私のどこが変態ですの!?」

御坂 「この子夜な夜な私のパンツの匂いかいでますよ」

一方通行 「とンでもねェな」

黒子 「そ、そんなことおっしゃりますけど! お姉さまだってストーカー気質があるのではありませんの!?」

御坂 「わ、私は別に……」

一方通行 「どういうことだよ?」

黒子 「野蛮人の追っかけしてますの! いくらお姉さまと言えど神経を疑いますの!」

一方通行 「変態ばっかりだな常盤台の連中は」

御坂 「お前が言うな」

黒子 「あなたがおっしゃるなですの」

一方通行 「テメェらも言うな」

御坂 「はい」

黒子 「はい」




566 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 01:10:45.84 ID:bLPqHflO0
黒子 「先生、そろそろお帰りになったほうが……」

一方通行 「お、そうだなァ……女子生徒の部屋に長々といたら変な噂立てられちまう」

黒子 「それはもう手遅れなので問題ないですけど、もうすぐ晩御飯の時間ですの」

御坂 「食堂でいっせいにいただきますしなきゃいけないし、もうそろそろ先生はお暇の時間ってところかな?」

一方通行 「あァそういうことか。ンじゃ帰るわ」

黒子 「さよーならですの」

御坂 「さようなら先生」

御坂 「途中からは上手く話せてたわね?」

黒子 「む~……どうにも田中先生と話すと身構えてしまうと言うか何というか」

御坂 「自然体でいいのよ」

黒子 「何故でしょうね? 殿方と接することなどめったにありませんので勝手が分かりませんの」

御坂 「接しまくれば分かるんじゃないかな?」

黒子 「何故か気が引けますの……まぁとりあえず田中先生とは普通に接することにしますの。今日のこともありますし」




570 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 01:19:39.06 ID:bLPqHflO0
【とある学校】

黄泉川 「あ~、上条ちょっといいか?」

上条 「何すか?」

黄泉川 「いやそのだな、風の噂で聞いたんだけど……お前もしかして一方通行と知り合いか?」

上条 「先生も知り合いだったんですか!?」

黄泉川 「知り合いっていうか保護者?」

上条 「か~、うらやましい! 俺の元には大食いの居候しかいないってのにぃ! 不幸だぁぁぁぁ!!」

黄泉川 「それでだな……ちょっとお前に頼みたいことが」

上条 「俺にですか? 一方通行絡みで?」

黄泉川 「そうじゃん。正直に言うとあまり良い内容じゃないじゃん。それでも頼まれてくれるか?」

上条 「……まぁ聞いてみないと分からないですけど、とりあえず今の一方通行は嫌いじゃないですよ」


土御門 (一方通行って聞こえたけど……何話してるんだにゃー?)
 




572 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 01:24:10.76 ID:bLPqHflO0
【夜 黄泉川邸】

一方通行 「帰った、寝る、6時に起こせ」 

黄泉川 「……早っ」

芳川 「そんなに学校の仕事がえらいのかしら?」

黄泉川 「あの子体力だけは人並み以下だからなぁ」

打ち止め 「おかえり言う暇も無かった……ってミサカはミサカはしょんぼりしてみる……」

芳川 「よしよし」

打ち止め 「うえーん!」




583 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 01:31:42.93 ID:bLPqHflO0
【翌日 黄泉川邸】

一方通行 (四日目……か。慣れてきたな)

【通勤中】

女生徒 「…………」 ヒソヒソ

一方通行 (こればっかりしは慣れねェけどな……っつか慣れたらお終いな気がするぜ)

黒子 「先生、おはようございますの」

一方通行 「白井! もう大丈夫なのかよお前?」

御坂 「先生の治療がずいぶん効いたみたいで……もちろんあの後病院には行きましたよ」

黒子 「これで風紀委員の仕事にも復帰できるというものですの!」

一方通行 「あンま無茶するなよ」

黒子 「先生が優しいと気色悪いですの」

一方通行 「お前が優しくても気色悪いけどな」

黒子 「むきー!」

一方通行 「かきくけかきくけかきくえかきくけけけけけけけけ!!!」

御坂 (笑い方気色悪っ)




596 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 03:03:04.68 ID:bLPqHflO0
【3限目の後の休み時間 保健室前廊下】

一方通行 (ったく……他のクラスの授業だと陰口叩かれまくるな)

一方通行 (ウチのクラスは白井とか湾内とかがフォローしてくれるから助かってるけどよ)

一方通行 (……あと二年の第三位もか)

黒子 「失礼しましたの」バタン!

一方通行 「保健室……テメェこンなとこで何してる?」

黒子 「先ほどの授業は休ませていただきましたの」

一方通行 「やっぱりまだ気分悪いか?」

黒子 「先生の顔見たらまた一段と悪くなりましたの」

一方通行 「あンま人の身体のこと悪く言うもンじゃねェぜ……ド変態?」

黒子 「人のプライベートのことも悪く言うのはよくありませんわよ……ドドド変態さん?」

一方通行 「テメェも言ってるじゃねェか。ドドドドドドドド変態」

黒子 「あらうっかり」




597 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 03:03:47.81 ID:bLPqHflO0
黒子 「では授業が有りますのでこれで」

一方通行 「頑張れよ」

黒子 「えぇ……っ」 フラリ

一方通行 「……! おいテメェまだ休んでろよ」

黒子 「寝起きはくらりとするものですわ、授業がありますので」

一方通行 「どうせ止めたって聞かないンだ。さっきの訂正、無茶すンなよ」

黒子 「えぇ」

一方通行 「……何ていうと思ったかばァァァァァァァか!!」

黒子 「はい?」

一方通行 「次俺の授業だろ? 欠席しなくても単位出してやるから休め」

黒子 「いえそれは反則……というより私は単位欲しさで授業に出ているのでないですの! ただ常盤台の生徒として恥ずかしくない姿勢を……」

一方通行 「自分の身体気にかけることのできないような恥ずかしいやつは裏の世界のクズどもだけだっての」

黒子 「裏の世界?」

一方通行 「もっぺん保健室入るぞ」




598 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 03:04:25.49 ID:bLPqHflO0
【常盤台 保健室】

一方通行 「すいまっせーン。こいつこの時間休ませてもらってもいいですかァ?」

保険医 「田中先生。いいですけどあいにくベッドが一杯なんですよ……座って休憩する白井さん?」

黒子 「元々私は休憩など必要な……」

一方通行 「そうっすか、だったら失礼しましたー。行くぞ白井」

黒子 「えぇちょっと!?」


【常盤台  グラウンド】

一方通行 (風のベクトルを調節……っと) カチッ

黒子 「先生ここで何を……? ってのぉ!? 私の身体が浮いて……このふわふわとした感触は?」

一方通行 「風で作った即席のエアベッドだ。三十分しか持たないからその間休んどけ」

黒子 「一体先生の能力は……? いえ、聞いたところではぐらかされるだけですわね。それよりこの時間は先生の授業では?」

一方通行 「まァ俺が姿見せなかったら、皆自習って考え付くだろ」

黒子 「ホントにそれでいいのでしょうか……」




599 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 03:04:58.42 ID:bLPqHflO0
黒子 「先生ってたまに優しいですのね」

一方通行 「それ今朝も聞いたぞ」

黒子 「たま~~~~~~~にですけどな」

一方通行 「強調すンな……そンなの教師だから当たり前だろうが」

黒子 「そうですわね……教師ですものね……」

一方通行 「あァ?」

黒子 「……んぁ……でもそのことが残念と言う気がしなくもなくも……」 スヤスヤ

一方通行 「……ったく。やっと寝やがった」

一方通行 (帰りのバッテリーねェだろうな……どうするか)

一方通行 (…………)

一方通行 (……どうすっかなァ)




655 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 17:21:30.29 ID:bLPqHflO0
【放課後 常盤台 グラウンド】

黒子 「…………」 スヤスヤ

一方通行 「…………」 

黒子 「……ん?」

一方通行 「やっと起きやがりましたかハナタレ」

黒子 「た、田中先生!? あなたいったい何をしているんですの!?」

一方通行 「見たら分かンだろ? 30分過ぎちまったし膝枕だ」 (正確には29分で通常モードに切り替えたンだがな)

黒子 「……あまり聞きたくありませんけど、今何時ですの?」

一方通行 「3時過ぎ」

黒子 「下校時刻ではありませんのぉぉぉぉぉ!!?」

一方通行 「これに懲りたら、普段から体調に気を使うようにするこった」

黒子 「……何ということでしょう。まぁ過ぎてしまったものは仕方ありませんわね」




656 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 17:23:01.08 ID:bLPqHflO0
黒子 「……それにしても首が痛いですの。棒切れのような細足を枕代わりにしてたのだから仕方ありませんけど」

一方通行 「遠まわしに馬鹿にしてるだろ」

黒子 「もやし」

一方通行 「ストレートに言えばいいってもんじゃねェんだよォォォォォ!!」

黒子 「ストレートに言えばもやしですのぉぉぉぉぉぉぉ!!」

一方通行 「ンだとオラァァァァァァァ!!」

黒子 「…………」

一方通行 「…………」

黒子 「……まぁ寝心地は悪く無かったですの」

一方通行 「そうかい」

【常盤台 校門前】

上条 「いやだからさ…………っていうことで……」

御坂 「それは……でも何でそんなこと……」




658 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 17:23:44.19 ID:bLPqHflO0
一方通行 (あそこにいるのって……三下かァ?)

黒子 「類人猿、お姉さまにあまり近寄らないで欲しいですの」 

上条 「ちょっと御坂に聞きたいことがあって立ち寄らせてもらったぜ」

一方通行 「他所の生徒の立ち入りはご遠慮願いたいンだがなァ」

上条 「…………」 プークスクス

一方通行 (バレてンのか……あァバレてる。こいつ俺の頭見て笑ってるわ、死ね畜生)

上条 「……えっと、常盤台の先生で、……で、ですか?」 プークスクス プークスクス

一方通行 「先ず呼吸整えやがれ。ってか笑いたきゃ笑えよ、何処のどなたかご存じないですけど」

上条 「ぎゃっはははははははは!! うぉぉえ!? ぎゃっはふるぇぇぇぇぇぇぇ!!!」 

一方通行 (笑い方きめェ。それと後で殺す)

黒子 「……何を笑っているのですか、この類人猿は?」

上条 「いやえっとだな、うん、思い出し笑いだ。気にするなよ」 




661 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 17:24:36.66 ID:bLPqHflO0
上条 「それじゃさっさと退散させてもらいますわ。サンキュー御坂」

御坂 「別に礼を言われるようなことはしてないけどね」

一方通行 「さっさと帰りやが……io;p:atekm:bt……ン?」

黒子 「先生? 呂律が上手く回ってませんわよ?」

一方通行 (言語能力が上手く補えてない……このままじゃ路上でバタンキューなんてことになるかもな)

上条 (あぁ……こいつミサカネットワークの補助受けてるんだっけか)

黒子 「まったく……自分の身体の心配できないやつがどうたらこうたらおっしゃってた方とは思えませんわね」

一方通行 「う、io;nkmaevtam:、うるせェな」

上条 「……体調悪いみたいだし、俺この先生と一緒に帰るわ。実は帰り道一緒なんだよ」

黒子 「先ほど初対面のように話してたではありませんか?」

上条 「いやーアレはなんていうか……とにかく一緒に帰ろうぜ一方通行!」

黒子 (あくせられーた? 先生も授業中そのようなことおっしゃってましたわね) 




662 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 17:25:31.05 ID:bLPqHflO0
黒子 「お姉さまはあの殿方と何をお話しになって?」

御坂 「んーちょっとね」 (あんたのこととは言えないわよね……)

黒子 「もしや恋愛話とか?」」

御坂 「んなわけないでしょ!」

黒子 「そうですわよね……お姉さまに限ってそのようなことがあるわけが……」

御坂 「……なんか今日のアンタ食いつき悪いわね」

黒子 「え?」

御坂 「何時もだったらもっと何ていうか……変態じみてとことん聞いてくるでしょ?」

黒子 「…………」

御坂 「私に冷めちゃった?」

黒子 「いえいえいえいえいえいえ!! 黒子はお姉さま一筋ですの!!!」

御坂 (仮に黒子の相手がアイツだとして……素直に喜べないっていうか……やっぱり殺したくなるわよね)




663 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 17:26:12.70 ID:bLPqHflO0
【黄泉川邸への帰路】

一方通行 「……何で俺はお、nkm/mb gs、お前におんぶされてンだ?」

上条 「だってお前がロクに動くことすらできないからじゃねぇか、電池切れ間近ってだけみたいだから喋ることはできるみたいだけど。黄泉川先生ん家ってこっちでいいよな?」

一方通行 「傍から見たらすげェ痛いだろ、j@:agageawga、コレ」

上条 「しっかしお前軽いなぁ、女の子みたいだ」

一方通行 「……お前常盤台に何のようだったンだ、:u90n ]amovjw;o、よ?」

上条 「ちょっとな」

一方通行 「さては、;hnijok l,;ew.、お前熟女専門かァ?」

上条 「中学生が熟女ってどんだけだよ……俺は管理人のお姉さんタイプがどストライクなんです」

一方通行 「シーラカンスじゃねェか」

上条 「お前マジで半端じゃないな……っていうかどっから魚の要素出てきたよ?」




665 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 17:27:45.62 ID:bLPqHflO0
上条 「しっかし細いなお前」

一方通行 「jio;kmpk wa、ンで二回も言うンだよ?」

上条 「これでティンコの感触じゃなくて、慎ましい双丘の感触が伝わってきたら上条さん天国行き余裕だぜ……」

一方通行 「:ml,atlmwe:mv、お前もたいがい気持ち悪いな」

上条 「お前に言われたくないよ」

一方通行 「野郎のこか、o;kn mma\ltkgaa03a、股間の感触なンて実況すンな。吐き気する」

上条 「そういえばお前ロリコンってことはショタもいける?」

一方通行 「……どうだろうな、:nkat,,wtv kawj tn、周りにいねェし」

上条 「俺も周りはいないわ……あっ、この前ビリビリのやつが一緒に遊んでたぜ」

一方通行 「知るかンなこと……あっ」

上条 「どうしたよ?」

一方通行 「俺の小さいころそうだったかもしれねェ」

上条 「今はジジィだろが」




666 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 17:29:16.02 ID:bLPqHflO0
上条 「お前って性癖治すために教師やってんだよな?」

一方通行 「お前は何で、:okjp/ ngtf/mwm、そのこと知ってるンだ?」

上条 「いいからいいから。で、どんな具合よ?」

一方通行 「……べっつに」

上条 「何だよ! それじゃ行ってる意味無いだろうが!」

一方通行 「だな」

上条 (こいつ白井のことが気になってるんじゃなかったのか? ……あれ、逆だったっけ?)

一方通行 「……ただよ」

上条 「?」

一方通行 「俺も学校行っときゃ良かったわ……とは思った、あいつら見てるとな」



【黄泉川邸】

一方通行 「……礼は言わないぜ」

上条 「期待していないから別にいいよ」




675 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 18:05:09.46 ID:bLPqHflO0
上条 「じゃ、仕事頑張れよ」

一方通行 「言われ、i;jnptmlwk:、なくても頑張ってるっての」

上条 「お前に後光がさしてるの見えるから仕事も上手くさ! 禿げなだけにな!」

一方通行 「早く帰れコラ」

【黄泉川邸】

黄泉川 「あー、一方通行。ちょっと頼みたいことがあるけどいいじゃん?」

一方通行 「珍しいな、ンだよ?」

黄泉川 「常盤台の近くのケーキ屋あるじゃん? セレブ御用達の高っかいやつなんだけど、それを打ち止めが欲しいって聞かなくってさ」

打ち止め 「たべたーい! ってミサカはミサカは食欲には勝てず我侭を言ってみたり!!」

一方通行 「あァ、買ってこいってことか。明日行くわ」

黄泉川 「明日じゃなくて、来週末でいいじゃん」

一方通行 「なンで今週末じゃなくて来週末? 早く食いたいンだろ?」

黄泉川 「いいから」

一方通行 「?」




676 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 18:06:00.96 ID:bLPqHflO0
【翌日 黄泉川邸】

一方通行 (五日目……そういや今日金曜か……)

一方通行 (次の二日間が休日で、実習期間が2週間ちょいってことは……休日抜いたらそろそろ半分過ぎる頃ってことか)



【同時刻 学生寮 御坂と黒子の部屋】

御坂 「……黒子、やけに機嫌よさそうね?」

黒子 「まさか! 1限目から3限続きであの恨めしい田中先生の授業続き、むしろ気が沈んでいますの!」

御坂 「へぇ~……その割には顔がにやけてるけど」

黒子 「そんなことありえませんの! 問題解けなかったら宿題増量、掃除、日直、暴言、膝枕! 考えただけで頭が痛くなりますの!」

御坂 「……膝枕?」

黒子 「い、いえ! 膝枕は望んでないわけではありませんの……じゃなくて! 膝枕はなんだかその悪いことでは……じゃなくて! 宿題、そう宿題が……!」

御坂 (……凄い慌て様)

御坂 (そういえば黒子の担任って何時まで休んでるんだろ? 何となく一方通行が学校去る直前まで休み続けそうな気がする。何となくだけ)




679 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 18:13:02.06 ID:bLPqHflO0
【地獄の数学地獄終了】

一方通行 「終わりなァ。分からなかったやつは後で俺のところまで来い。気が向いたら教えてやるから」

婚后 「今日も生き延びることが出来ましたわ……生きていれば勝ちですもの、結果なんてどうだっていいじゃありませんか」

湾内 (そういえば先生の授業ってやけにベクトルの問題おおいですわね……得意だから不都合は無いのですが)


【放課後】

黒子 「先生! 今日の先生の授業詳しくですの!」

一方通行 「…………」

黒子 「何か?」

一方通行 「……お前がやる気あるとか怖いわー。いややる気あるのは知ってンけど、俺の授業に意欲的とか」

黒子 「いえ、数学に興味があるわけではありませんの」

一方通行 「……お前の言いたいことはよく分からン」

黒子 (先生との時間が欲しい……いえそんなこと黒子にはお姉さまが、そうお姉さまが……)

一方通行 「……えっと先ずはだなァ……おいコラちゃんと見てろ」

黒子 (……なにやら先生の顔が凛々しく見えますの。気のせいでしょうか? 気のせいですわね……うん、たぶん、ぜったい、たぶん、ですの)




681 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 18:14:59.70 ID:ev6zMPzt0
ハゲもやしにトキメク黒子って想像しづれぇなぁwww




683 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 18:22:31.67 ID:bLPqHflO0
【補講終了】

黒子 「……ふぅ、やはり疲れますの」

一方通行 「俺もちょっと疲れたわ」

黒子 「……先生の作成なさる問題ってずいぶんベクトルが多いですわね?」

一方通行 「ン? だってお前空間移動で演算するとき必要だろ?」

黒子 「わ、私のためですの!?」

一方通行 「うン」

黒子 (この胸のときめきはどこかで……そう、入学当初お姉さまの勇姿を見たときの……)ドキドキ 

一方通行 「……ンなわけねェだろバァァァァァァァァァァァァァァァァァカ!!!」

黒子 「……はい?」

一方通行 「俺はベクトル大好きっ子なんだよォォォォォォォォ!! だァれがお前なんかの為にわざわざ問題選別するか」

黒子 「……黒子ラリアット!!」

一方通行 「ぶげェ!?」 バキッ!!




688 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 18:30:48.92 ID:bLPqHflO0
一方通行 「……お前殴るのは良くないだろ、痛いぞ意外と」

黒子 「私の心も痛いですの」

一方通行 「馬鹿って言われただけで傷つくとかどンな硝子の乙女ですか? ばばァになるとメンタル弱くなるンですか?」

黒子 「黒子エルボー!」

一方通行 「反射」 カチッ

黒子 「ボォォォ!? ……一体何が?」 バキッ!! 

一方通行 「ってかやっぱり問題捌き切れなかったな……休日挟むし月曜にでも続きやるか?」

黒子 「……先生、休日空いてますの?」

一方通行 「土日学校来るってかァ? お前ずいぶんやる気だな。オッケー気に入ったァ、鍵空けといてやるから、明日教室に来い」

黒子 「ご鞭撻のほどよろしくお願いしますの」

一方通行 (……まァ自分の能力のプラスになるってンだ。白井にしても出ない手は無いンだろうな)

黒子 (田中先生……再来週の月曜日にはここを去ってしまいますの。……えっと、休日をわざわざ使うのは思い出作りの為に、そう思い出作りの為……)



御坂 (気になって様子見に着てみたけど何だか凄いことになってるわね……)




694 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 18:38:52.77 ID:bLPqHflO0
御坂 (やばっ、こっち来た) ソソクサ

黒子 「それでは先生、また明日」

一方通行 「じゃァな」



御坂 (何で隠れてるんだろう私……)

御坂 (…………)

御坂 (これアイツに言っといたほうがいいのかなぁ?) プルル プルル 

御坂 「あっ御坂だけど。アンタにこの前よく分からないっていってたアレ、やっぱり分かった」

御坂 「えっと、一方通行が黒子を好きなのかどうかは良く分からないんだけど、黒子が一方通行好きなのは間違いないっぽい」

御坂 「……うんそう。黒子 → 一方通行ね。一方通行 → 黒子 じゃなくて」

御坂 「それ伝えたかっただけ。切るね」 ツーツーツー




701 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 18:52:26.72 ID:bLPqHflO0
【同時刻 とある学区のとある場所】

上条 「えーうん……あーそう白井が一方通行のやつをな……ごめん念のためもう一回確認していいか?」

上条 「え~っと……黒子 → 一方通行だよな。一方通行 → 黒子じゃなくて……合ってる? うし分かった」

上条 「サンキューな。それじゃ」ツーツーツー

土御門 「どうだったにゃー、上やん?」

上条 「白井のやつが一方通行好きなんだとさ。一方通行にその気があるかどうかは不明」

海原 「なるほど……ということは狙うのは御坂さんのお友達の方ですね」

土御門 「しっかし黄泉川先生もレトロな方法考えるモンにゃー」

海原 「あの人口下手ですから野蛮なくらいでちょうどいいんじゃないですか?」

結標 「まっ、今の内は段取り考えときましょ? まだ後一週間もあるわけだし」

上条 「……最初俺一人頼まれただけだったのに、ずいぶんと人数増えたなー……お前ら一方通行に殺されても知らないぞ?」

土御門 「全く誰のせいなのかにゃー」

上条 「お前が聞き耳立ててこいつら呼んできたんだろうが」

土御門 「にゃはは」

海原 (笑い方きめぇ……一方通行さんといい勝負です)




703 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 18:58:39.23 ID:bLPqHflO0
【翌日 黄泉川邸】

一方通行 (たまの休日も悪くねェ……って休日だけど休日じゃねェェェェェ!!)

一方通行 (……まァいいか。脳みそフル回転させるのは嫌いじゃねェ。アイツに勉強教えるのもな)



【通勤中】

一方通行 (通学してるやつがいないってのはいいもンだ……悪口ねェし)

一方通行 (……無いと無いで物寂しい気もすンけどな)

一方通行 (アレ? 俺こンな性癖……アレ? 俺ロリコンだけじゃなくてまさか……まさかの多重性癖者だとォ?)


【常盤台 一年教室】

黒子 「おはようございますの先生」

一方通行 「白井……俺はどうやら相当な変態のようだぜ……」

黒子 「何を今更」




708 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 19:10:12.66 ID:bLPqHflO0
一方通行 「いいかよく聞け……ここはだな」

黒子 「…………」 ボーッ

一方通行 「この公式使うとわりと楽に解けて……ンで次こっちの問題だけど」

黒子 「…………」 ボーッ

一方通行 「……おい? お前ちゃンと人の話し聞いてンのか?」

黒子 「えっ!? き、聞いてますのよ! それでどの問題の取り掛かっていたのでしたっけ?」

一方通行 「やっぱり聞いてないだろうが……ここだここ。やる気無いなら俺家に帰るぞ」

黒子 「そ、それはご勘弁を! 誠心誠意取り掛かりますので」

一方通行 「ったく……気合入れてけよ」

黒子 (思わず田中先生に見とれていましたの……いえだからどうというわけでは)



【補講終了】

一方通行 「まっすぐ帰りやがれ」

黒子  「はいですの」 (名残惜しいですの……)




709 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 19:19:47.46 ID:bLPqHflO0
【黄泉川邸】

黄泉川 「なぁ一方通行。この前言ってたお使いのことなんだけど……」

一方通行 「ケーキのことか。そういえばまだ何買えばいいか教えてもらってなかったな」

黄泉川 「いや打ち止めのやつその店のケーキは食べたいらしいんだけど、何食べたいかまでは決めてないんだとさ」

一方通行 「評判に誘われただけってことかァ……俺は甘いもの事情なンて全然知らないぞ。勝手に選んでいいのかよ?」

黄泉川 「だから白井のやつでも連れてって選ぶの手伝ってもらえばいいじゃん」

一方通行 「……三下といいお前といい、何で俺が白井とそこそこ話すこと知ってンだ?」

黄泉川 「まぁいいじゃん。明日も補講あるんだろ? そのときにでも誘えよ」

一方通行 「……補講のことまで知ってンのかよ? お前らなんで知って

打ち止め 「ケーキ食べたぁぁぁぁぁぁい!! ってミサカはミサカは一方通行に抱きついてみる!!」 ガシッ!!

一方通行 (かっわェェェェェェェェェェェェェェェェ!!! 何処の天使様だオラァァァァァァァァァァァァァァァ!!?)

芳川 「大富豪でいう8切りよね、今の」

黄泉川 「ナイスアシストじゃん打ち止め」




710 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 19:21:31.59 ID:pmePaAW+0
全く治ってなくて安心した




714 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 19:33:07.61 ID:bLPqHflO0
【翌日 常盤台 黒子の教室】

一方通行 「……ちょいとお前に聞きたいんだがよ」

黒子 「はい?」

一方通行 「お前スイーツとかって詳しいか?」

黒子 「詳しい……と聞かれるとどうか存じませんが、人並みにはあると思いますの」

一方通行 「そうか。じゃ今度の土曜向こうのほうのケーキ屋に付き合ってくれや」

黒子 「…………」 ボー

一方通行 「何つうか……俺の妹みたいなやつにケーキ買えって頼まれてな。知識が全く無いもンだからお前に付き合って欲しいンだが」

黒子 「…………」 ボー

一方通行 「おい白井?」 

黒子 (で、で、で、デート? ……いえここは落ち着くべきですの。落ち着いて演算すればこの境地から脱することが出来るやもですのですのですのですのーと) ボーッ

一方通行 (また風邪でもこじらせやがったか……? どれここは一つ) カチッ

黒子 (せ、先生のたくましいお手が黒子の頭をなでておりますのぉぉぉぉぉ!! 落ち着けるかぁぁぁぁぁぁぁぁ!!?) ボーッ

一方通行 「あれ……? 治ンねェぞおかしいな」




720 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 19:38:06.80 ID:h4qrXs/5P
たくましい…?




721 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 19:38:19.43 ID:LuE5prFS0
たくましい・・・?




722 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 19:38:40.16 ID:dfcnlhutO
たくm




751 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 20:42:19.42 ID:bLPqHflO0
【月曜日 常盤台 5限目】

黒子 (ただの買い物ですわよね!? 別にその後映画行ったりだなんてしませんわよね!? あれでも買い物する時点でデート!?)

一方通行 (アイツ授業ちゃンと聞いてンのか?)

【火曜日 常盤台 休み時間】

黒子 「湾内さんって休日はどのような服装で過ごしますの?」

湾内 「え? そうですわねこの時期ですと……」

婚后 「私のような優雅な能力者は振袖ですわよ!」

黒子 「あなたのは参考にならないから結構ですの」

【水曜日 学生寮 黒子と御坂の部屋】

黒子 「お姉さま、お姉さまのお口に合うケーキを教えてくれません?」

御坂 「何よ急に……そうね私だったら……」

黒子 (先生の妹さんがおいくつかは存じません、しかしお姉さまの未熟な味覚にあうものなら間違えることも無いですの)




757 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 20:47:39.48 ID:bLPqHflO0
【木曜日 風紀委員支部】

固法 「年上の男性との付き合い方?」

黒子 「はいですの!」

固法 「えっと……私はちゃんと付き合ったわけじゃないから参考になるかは分からないけど……」


【金曜日 学生寮 入り口】

寮監 「……年下の異性をどう思うか? あすなろ園の話を蒸し返すとはいい度胸だな、白井」

黒子 「そういうわけでは……ただ参考にしようと思っただけですの……」 

寮監 「大人をからかうな」

黒子 「」 グキッ



【同日 学生寮 黒子と御坂の部屋】

黒子 「ついに明日ですの……」

御坂 (何かソワソワしてるわね、あの子)




760 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 20:55:18.40 ID:bLPqHflO0
御坂 「ねぇ黒子……何か嬉しいことでもあった?」

黒子 「へっ?」

御坂 「さっきからずいぶん落ち着かないみたいで……まるでおもちゃを前にした子供みたいよ?」

黒子 「お姉さまに言われたくありませんの」

御坂 「おっ、言ったなー! たまには私から仕掛けるわよ!」

黒子 「そ、そんなくすぐらないでくださいまし!」 クスグリ クスグリ

御坂 「ほらほらほらほらほら」 

黒子 「ぐへぇぇぇぇぇ」 クスグリ クスグリ

御坂 「どうだ!?」
 
黒子 「……や、止めてくださいの」 クスグリ クスグリ

御坂 「……!!」

黒子 「……お姉さま?」

御坂 (あの黒子が……止めてください?)




762 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 20:59:11.38 ID:bLPqHflO0
御坂 「……もしかして田中先生と何かあった?」

黒子 「いえ、その、あの、えっと……非常にあの……あし、明日デート……のようなものをすることになりましたの」

御坂 「そう」

黒子 「……お、お姉さまが嫌いになったとかではないですの」

御坂 「そんなことわかってるわよ。邪魔して悪かったわね、今日はとっとと電気消して寝よっか?」

黒子 「お姉さま……」 





御坂 (黒子が男の人とデート……凄く、凄く嬉しいんだけど……)

御坂 (相手が……一方通行……)

御坂 (黒子がアイツと付き合うようなことにでもなったら……私はアイツを……!)




766 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 21:06:27.46 ID:bLPqHflO0
【土曜日 常盤台 校門前】

一方通行 「済まねェな……このへんの地理良く知らねェから、待ち合わせが学校でよ」

黒子 「い、いえ」

一方通行 「何でお前私服なンだ……? 相手が俺だったら学校にチクられないとでも思ったか?」

黒子 「す、するんですの!?」

一方通行 「馬ァ鹿。ンな面倒なこと誰がするか」

黒子 「よ、良かったですの」

一方通行 (何かこいつ雰囲気違うな……ソワソワしてやがるっていうか)


【ケーキ屋への道】

一方通行 「……お前その服似合ってンな。意外と」

黒子 (ほ、褒められたですの! 吟味したかいがありましたの!? いやある!!)

一方通行 「何ニヤニヤしてンだよ?」

黒子 「せ、先生のウルトラマンのようなシャツも似合ってますわよ!!」

一方通行 「舐めてンのかァァァァァ!?」




767 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 21:08:43.11 ID:LuE5prFS0
黒子・・・




771 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 21:10:06.14 ID:bLPqHflO0
【ケーキ屋】

一方通行 「どれ買うよ? お前に任せるわ」

黒子 (思い出せ黒子思い出せ黒子、お姉さまがおっしゃってたのは……)

一方通行 「……冷や汗凄いぞ?」

黒子 「あっえっと、それとこれとそれとあれとこれとそれとどれ!?」

一方通行 「……おい」

店員 「お客様……申し訳ございませんがもう一度お願いします」

黒子 「ジャッジメントですのぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」

一方通行 「……いやマジでどうしたよお前?」




773 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 21:17:21.46 ID:bLPqHflO0
【ケーキ屋前】

黒子 「なんとか買うことが出来ましたの……」

一方通行 「あンだけ注文に時間かかってるやつ始めて見たぜ」

黒子 「……すいませんの」

一方通行 「おいホントにどうした? なンかあンなら俺に言え。俺は普通にお前と楽しく話していてェンだが」

黒子 「…………」

一方通行 「……仕事で嫌なことでもあったか?」

黒子 「……いえそうではなくて、先生が明後日いなくなってしまう事を考えると……どうしていいかわからなくて」

一方通行 「馬っ鹿らしい。実習生なンだから仕方ねェだろうが。それにお前は周りのやつとたくさん繋がりを持ってるだろ?」

黒子 「……先生ではないと、黒子は先生ではないと!」

一方通行 (あれこいつレズビアンだよな? 俺のロリコンが一生治らないようにこいつも一生治らないよな?)

黒子 「…………」 ウルウル

一方通行 (そういえば最近のコイツの挙動……色々と思い当たる節があンぞ)




778 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 21:25:01.28 ID:bLPqHflO0
一方通行 (いやでもまさか……マジか、マジなのか? コイツまさか……良く考えてみたらこれってデートだしなァ)

黒子 「黒子はお姉さまが大好きですの!」 ウルウル

一方通行 (よしセーフ)

黒子 「しかしその一方、心の奥底で感じる先生への思い。それもまた私にとっては真実ですの……」 ウルウル

一方通行 (ン、アウト?)

黒子 「黒子は……黒子は……」 ウルウル

一方通行 「自分から聞くのもなンだけどよ……お前は御坂が好きなんだよな? 万が一にも俺が好きって訳じゃないよな?」

黒子 「分かりませんのぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」 ウルウル

一方通行 (こいつ……自分でも整理がついてないってことか……) 




784 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 21:27:35.83 ID:bLPqHflO0
一方通行 「…………」

黒子 「うぇぇぇぇぇぇぇんっ!!!」 ウルウル

一方通行 「……白井、俺は」










上条 「その顔面を、ぶち殺す!!!」

一方通行 「ぶげぇっ!!?」 バキィ!!

黒子 「…………へ?」




786 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 21:28:37.95 ID:gp64H0vKP
kjさんマジKY…




788 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 21:29:19.31 ID:PwQBKWPa0
上条さんパねぇ




789 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 21:29:23.19 ID:TiHPoabS0
上条さんwwwパネェっすwwww




797 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 21:34:13.41 ID:bLPqHflO0
一方通行 「……な、何してンだ三下ァァァァァ!!?」

土御門 「大変にゃー! 俺達学園都市第五位、あらゆる心の操作はお任せ! でおなじみの心理掌握に操られているんだにゃー!!」

海原 「こ、このままではあなたを襲ってしまう……助けてくださいロリコン屑!!」

上条 「か、身体の自由が効かないぜ~」

一方通行 「ンで操られてるのに喋れンだよ!? 第一三下ァ! お前は右手があるから洗脳されねェだろがァァァ!!」

上条 「うるせーハゲ!!」

土御門 「さっさと助けろよロリコンハゲ!!」

一方通行 「テメェェらァァァァァ!!」

結標 「今の内この子をテレポートね」

黒子 「……へっ? せ、先生!!」シュ……

一方通行 「白井!」




799 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 21:38:50.12 ID:bLPqHflO0
一方通行 「今日ばっかりは冗談じゃ済まねェぞテメェら……!」

海原 「凄い怖いこのハゲ」

上条 「白井はあそ……どこだっけ?」

結標 「セブンスミストの屋上」

上条 「そう、セブンスミストの屋上まで連れ去ったぁ! 返して欲しかったら頑張れ!」

海原 「頑張れロリコン!」

土御門 「頑張れハゲ!」

一方通行 「……よォく分かった。じゃあ頑張ってお前らを殺させてもらうとするわ」

海原 「やばいやばい、僕達も飛ばしてください」

土御門 「ハリ、ハリ」

結標 「はいはい。私もさっさと逃げたいしね」

一方通行 「待てこらァァァァァ!!!」




801 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 21:40:37.55 ID:5YgFXOyf0
こいつらwwwww




802 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 21:40:38.57 ID:LuE5prFS0
上条さんだけ走って逃げるのか・・・




803 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 21:43:30.39 ID:bLPqHflO0
上条 「俺だけ走って逃げなきゃいけないんだよな……不幸だぁ」

一方通行 「ってことは先ずはお前からだな……三下」

削板 「とおせんぼう登場!」

一方通行 「ァ? コイツもお前らのふざけた企画に関わってるのかよ?」

上条 「いや何かコイツは良く分からん、本番直前で飛び入り参加的な?」

削坂 「根性ある悪党は好きだが……悪党は悪党! 倒させてもらうぜぇぇぇぇぇ!!」

一方通行 「うるせェェェェェェ!! 待ってろ白井ィィィィィィィィィ!!!」

上条 (今の内逃げよ)



【セブンスミスト 屋上】

打ち止め 「こんにちは! ってミサカはミサカはあの人を思ってる人にちゃんと挨拶!」

黒子 「小さい……お姉さま?」




805 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 21:48:11.61 ID:bLPqHflO0
打ち止め 「うん、ってミサカはミサカは要領得ない返事を返してみたり!」

黒子 「いったこれはどういうことですの?」

海原 「そっからは僕らから説明します」

結標 「実はあなたと一方通行の仲を取り持つように頼まれてね」

土御門 「最初は上やんだけだったけどにゃー」

海原 「でもそれを頼んだ方が一方通行さんのことをよくご存知の方だったんです。あ、恋人ではありませんからご安心を」

黒子 「一方通行……田中先生ではなくてですの?」

土御門 「あいつが使ってる名前にゃー。本名は俺らも知らんけど」

海原 「学園都市第一位、有する能力は『一方通行』。それが彼、一方通行さんです」

黒子 「学園都市……第一位!!?」




806 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 21:49:13.52 ID:hEierLx60
第一位とか胸張れるロリコンだな




808 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 21:54:48.81 ID:bLPqHflO0
削板 「」

一方通行 「くそっ……待ってろよ白井ィ」


上条 「まぁアイツがレベル5だとか第一位だとかはどうでもいいんだけどな」 ゼェーゼェー

土御門 「お疲れにゃー、上やん」

上条 「黄泉川先生……俺達に頼んだ人なんだけど、その人は知ってたんだ」

海原 「一方通行さんが光の世界の人間、つまり平穏に暮らしてる人々を救いたいと強く思っていることをです」

結標 「でも、光の世界に携わる誰一人として零れ落ちることを許さない。その思いが強すぎるからアイツが誰かを特別視して守ることは少ない……」

打ち止め 「ミサカは別だけどね! ってミサカはミサカは自慢してみたり!」

上条 「まぁ一言で言うと、アイツが誰かに異性を感じることは少ないってことだよ」

海原 「プラスロリコンですしね」

土御門 「ハゲだしにゃー」




810 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 21:57:46.41 ID:RmWRW6g30
削板が死んだ・・?




811 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 22:01:27.94 ID:bLPqHflO0
上条 「だからこうして一芝居打ったって訳だ。殺される覚悟でな」

土御門 「ハリウッド的展開にでもなったら、さすがのアイツも思うところあるにゃーって感じで。殺される覚悟で」

海原 「御坂さんの友人のためです、喜んで手伝わせていただきますよ。殺される覚悟でね」

結標 「後私たちがすることはあいつを必死にさせること。あなたを守りたいと言う強い気持ちにね。殺される覚悟で」

黒子 「……皆様は悪い人ではございませんのね」

上条 「お前はここでアイツの助けを待ってろ、いいな?」

黒子 「はい」

上条 「いくぞお前らぁぁぁ! 殺される覚悟で!!」

海原 結標 土御門 「おぅ!!」




黒子 「あの方たちお亡くなりになったりしませんわよね?」

打ち止め 「ん~、分かんない! ってミサカはミサカは本音を漏らしてみる!!」




815 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 22:08:14.73 ID:bLPqHflO0
【セブンスミスト 1F】

土御門 「とりあえず俺はここで待機にゃー」


【セブンスミスト 2F】

結標 「1フロアにボスが一体って……RPG的な感じよね」


【セブンスミスト 3F】

海原 「燃えますもんね、そういうの」


【セブンスミスト 屋上】

上条 「で、大トリの俺は屋上……と。最後に死ぬのは俺かねぇ」

一方通行 「いいや、第七位続いてで二番目だぜ?」

上条 「げぇー!? ベクトルを操作して一気に屋上まで上り詰めやがったぁー!?」




819 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 22:17:47.85 ID:bLPqHflO0
打ち止め (話こじらせないようにミサカはミサカは物陰に隠れてみる!)

黒子 「先生!!」

一方通行 「白井ィ!? 無事かァ!!?」

上条 「白井は俺が徹底的に痛めつけた……今は声を振り絞るのがやっとってところだろうな」

黒子 (あぁそういう設定でしたの)

一方通行 「三下ァ……覚悟は出来てるンだろうな?」

上条 「あぁ出来てるぜ? ……お前を地獄に送り届けてやる覚悟がなぁ!!」

一方通行 「三下ァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!」

上条 「はぁぁぁぁぁぁぁげぇぇああぁぁぁぁたあああぁぁまあああぁぁぁぁぁ!!!」

打ち止め (そこはちゃんと名前を叫んで欲しかったかも! ってミサカはミサカは……あれこの口調どこかで聞いたことがあるような)

黒子 「先生……」




821 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 22:24:06.92 ID:LKhLkQs20
はぁぁぁぁぁぁぁげぇぇああぁぁぁぁたあああぁぁまあああぁぁぁぁぁ!!




823 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 22:27:44.62 ID:bLPqHflO0
上条 (本気でかかる……それがお前と白井のためだ!!)

一方通行 (こンなやつさっさと潰して……俺の生徒を、白井を助けだす!!)

上条 「バカ正直に突っ込んで来てんなよ!」 

一方通行 「……っ!」 バキッ!!

上条 「体力無いのは相変わらずかぁ!? もういっちょう!!」

一方通行 「……っそォ白井ィ!」 バキィ!!

黒子 「先生! 私ではなくてその類人猿を見ていてください! 殴られて血が……」
 
一方通行 「ンなことできるかァァァァァァァァ!! お前は俺が見守らなくちゃいけないだろうがァァァァァァァ!!」

黒子 「先生……」

上条 (白井を守りたいって気持ちが先行して上手く行動できてないのか……いいぜ一方通行、その気持ちを出しらせてやる!!)

一方通行 「……っ……ぶはァ!?」 バキィ!! バキィ!! バキィ!!

上条 「どうした? そんなもんかよ最強!?」




826 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 22:37:57.24 ID:bLPqHflO0
一方通行 「…………」 ゼェーゼェー

上条 「……終わりか?」

一方通行 「……ekpm:bla, mt;kv:tavw,ltma: vr/」

上条 「あのときの黒翼!?」

一方通行の両の肩より姿を現した黒翼。その速度を音速の数十倍の速度で一瞬で高め上条に向かう
瞬間的に上条が右手の幻想殺しを盾代わりに前に突き出す

上条 (……くそっ! 防ぎは出来るが消しきれない!!)

黒翼と幻想殺しがぶつかり合う。
右手の接地面に触れるたび黒翼が瞬時に消滅するものの、一方通行から放たれる黒翼の放射は止まらず、拮抗状態が続いた

一方通行 「:pk,lvmnye;mskltv,,ltmgk/mlmat,a」

上条 「ぐぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ……!!!」

一方通行 「o;/kl,atvajnt\ml;3a,v ke;kbmle;snobam/ktya/mwt」
 
上条 「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」

一方通行 「;:pbesnbjtnkvamhy :utivoa,ltels:mv;akw nt;/lavtma」

上条 「ぬおぉぉぉりゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

一方通行 「o;:vmkawjm;taj …………」 バタリ




833 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 22:43:37.18 ID:bLPqHflO0
一方通行 「…………」

打ち止め (過度の能力使用とバッテリー切れの併発……? このままじゃマズい! ってミサカはミサカは緊急事態!!)

黒子 「せ、先生!」

上条 「……まだだ! まだそんなもんじゃないだろ一方通行!!」

黒子 「何を言ってるんですの!? もうこんな芝居は止めて先生を助けないと!!」

上条 「まだだっつってんだろ!! 一方通行! お前はまだ白井を守りきっちゃいないぜ!!」






一方通行 (…………)  

一方通行 (……シ……ライ)

一方通行 (シラ……イ)




836 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 22:47:10.42 ID:bLPqHflO0
一方通行 (……シライ……ハ)

一方通行 (マモル……ゼェ……)

一方通行 (オレノ……シン……ネンダ)

一方通行 (オレ……ノ……セイト……ダ)

一方通行 (ソシテ……ア……イツ……ハ……オレノ……)

一方通行 (…………俺の)

一方通行 (俺の…………!)

一方通行 (……? 演算能力が戻った?)






御坂 「何してんのよアンタたち?」

一方通行 「第三位!?」




843 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 22:56:17.99 ID:bLPqHflO0
上条 「ビリビリ!? 何でここに!?」

御坂 「うっさいわねぇ。後輩の初デートが成功するかどうか位ちょっと覗いたっていいじゃない」

黒子 (ストーキングですの……)

打ち止め (そうか、お姉さまなら一万人分には及ばなくても妹達の代わりにあの人の補助ができるかもっ、ってミサカはミサカは分析してみる)

一方通行 「テメェ……それをしたってことは俺が誰かってこともう分かってンだろ? 俺を助けるのか?」

御坂 「確かに私はあの第一位をを10031回消し炭にしたい気分で一杯ですよ。でも田中先生には関係ないじゃないですか」

一方通行 「あ?」

御坂 「先生が生徒を守るのは当たり前でしょ? その手助けです。どっかのあん畜生に似てると思ったから演算補助まで思わずしちゃいましたけど」

一方通行 「はっ……ありがとよ、第三位」

御坂 「先生そろそろ髪戻したらどうですか? レベル3の『肉体再生』ならできるでしょ? 黒子の前で格好がつきませんよ」

一方通行 「それもそうだなァ」 フサフサ




845 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 22:57:39.95 ID:51X2jbsCO
戻ったあああああああああああああああ




847 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 22:58:19.46 ID:hei822TIP
フサフサってなんでやねんw




853 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 23:01:20.70 ID:vkgHpwjS0
一方さん万能すぎるwww




855 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 23:01:47.97 ID:tn0cwDUg0
発毛速度のベクトル!




856 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 23:02:26.29 ID:bLPqHflO0
御坂 「じゃ、さっさとあの不良少年を成敗してください。私はか弱い乙女なので見てますね」

一方通行 「おい三下ァ……」

上条 「おっ、さっきの続きといくか?」

一方通行 「細かいことは言いっこなしだ。だから、この一言だけ言うぜ」

黒子 (先生……)

一方通行 「俺が白井を守りきれないと思ってンならよォ
          
            まずはその
             ふざけた幻想を 
                ぶち殺す!!!                」

     
上条 「来いよぉ、アクセラレエエエエエェェェェェェェタアアアアァァァァァ!!!」

一方通行 「三下ァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!」




865 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 23:14:22.58 ID:bLPqHflO0
ハゲ条 「」

御坂 (何もハゲにしなくても……)

黒子 「せ……あ、一方通行さん」

一方通行 「先生でいいっての。どうせ明後日までなンだしよ」

黒子 「先生……ありがとうございましたの」

一方通行 「生徒守るのは教師の務めだろォが」

黒子 「先生……さっきの、その……」 

一方通行 「お前は気持ちの整理がつかないんだろ? 今言うこたねェよ」

黒子 「でも時間が……」

一方通行 「言いたいときになったら言え。そン時がたとえお前の先生じゃなくなった俺の前でもよ」




866 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 23:15:03.10 ID:IhhZ26zC0
ハ ゲ 条wwwww




867 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 23:15:28.80 ID:LuE5prFS0
ハゲ条さん・・・




874 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 23:18:35.46 ID:bLPqHflO0
黒子 「…………」

一方通行 「あー……で、だ。もう一回さっきのケーキ屋行こうぜ」

黒子 「へ?」

一方通行 「今度はちゃンとお前が欲しいと思ったもン買えよ」

黒子 「…………」

一方通行 「それが効きたいからお前連れて来たンだぜ?」

黒子 「……先生ぃ!!」




海原 「もう帰りましょうか」

結標 「死なずに済んだわね」

土御門 「社会的に死んだ親友がいるにゃー……ワロス」

打ち止め 「こっそりかーえろっと、ってミサカはミサカは空気読んでみる」




876 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 23:21:31.73 ID:bLPqHflO0
【月曜日 常盤台 一年の教室】

黒子 (結局あれから何事もなくこの日がやって来ましたの……)

婚后 「やっぱりいなくなると思うと寂しいですわね……」

湾内 「評判はあまりよろしくなかったけどとても良い先生でしたから」

黒子 「あまり……どころではありませんでしたの」

湾内 「ふふっ、そうですわね」



一方通行 「あー、お前ら席に着け」 ガラッ

黒子 (先生……)




881 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 23:27:23.11 ID:bLPqHflO0
一方通行 「えー、俺は今日で止めるわ」

湾内 「…………」

一方通行 「正直お前らからに愛着なンてもンはこれっぽちも無いけどよ……まァ最後に言い残すもンってのはある」

婚后 (またあのようなことをおっしゃって……まったく)

一方通行 「お前らの将来の夢やら何やらはどうだっていい。ただな、なるだけ賢くなれ」

黒子 (先生……)

一方通行 「できるだけマトモな道に進め。頭が良けりゃ、能力のレベルが高ければその糸口が掴める。死ぬ気でやれ」

黒子 (もう会えなくなりますのね……これでもう……)

一方通行 「テメェらが勝手に決めた道で勝手につまずくのは知るか。だけどマトモじゃない道じゃ、何処の誰とも知らないやつのせいでつまずくことが多くなる」

黒子 (……お別れ……ですわね)

一方通行 「マトモな道についてりゃ、俺が影からお前らを死ぬ気で守ってやる。以上終わり」




885 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 23:30:21.77 ID:bLPqHflO0
【放課後 常盤台 グラウンド】

御坂 「……じゃあね、田中先生」

一方通行 「……おゥ」

湾内 「充実した二週間でした。ありがとうございました」

一方通行 「あァ」

婚后 「あれだけハードな授業はこの先二度と体験することは無いでしょうね」

一方通行 「はっ……だろうな」



黒子 「…………」

一方通行 「白井……」

黒子 「先生……また会う日まで」

一方通行 「……じゃァな」




894 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 23:35:06.64 ID:bLPqHflO0
【黄泉川邸】

一方通行 「……帰った」

打ち止め 「おかえりなさいってミサカはミサカは……」

一方通行 「…………」

黄泉川 「性癖は治らなかったけど、そんなことよりもっと価値があるものを手に入れたみたいじゃん?」

一方通行 「臭い青春映画みたいなこと言うなよ……」

芳川 「ふふっ」

一方通行 「……黄泉川、毎朝弁当作ってくれねェか?」

黄泉川 「急にどうしたじゃん?」

一方通行 「俺長点上機戻るわ。関わるやついなくても俺の学校の生活は大切にしてェ」

黄泉川 「…………」

一方通行 「……ンだよ?」

黄泉川 「いや、今回の体験は収穫ありすぎじゃんって思ってな」




899 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 23:38:17.12 ID:bLPqHflO0
一方通行 「……あァ?」

芳川 「よし! 今日は焼肉でも食べに行くか!!」

一方通行 「急にどうしたよ?」

黄泉川 「一方通行の退職記念日じゃん!!」

一方通行 「ンな記念日要るかァ!!」

打ち止め 「わーい! ってミサカはミサカは超大はしゃぎ!!」

一方通行 (やっぱ可愛いなこいつ)

黄泉川 「財布持ったら出発進行じゃん!!」





一方通行 (まっ、騒がしいのも悪くねェか……)


                      おわり?




907 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 23:40:46.99 ID:bLPqHflO0
【とある日 風紀委員支部】

固法 「どうかしたのこんな時間まで?」

黒子 「固法先輩に取り次いで欲しいお話がありまして、ここで待っていたんですの」

固法 「あなたが私に?」

黒子 「はいですの」

固法 「……真剣な話ね? いいわ、言ってみなさい」

黒子 「実は……」




915 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 23:47:46.30 ID:bLPqHflO0
【季節が一巡り二巡りした頃 長点上機学園 特別クラス】

一方通行 (……っつっても、係わり合いまるでゼロの特別クラスなわけでよォ)

一方通行 (ずいぶん寂しい学校生活送る羽目になるわけだよォ)

一方通行 (……分かってたことだけどな)



教師 「…………」 ガラッ

一方通行 「どうしたよ? 突っ立てないでさっさと授業始めやがれ」

教師 「……最大飛距離にして約2350メートル」

一方通行 「あァ?」

教師 「最大質量3780㎏……ここ数年での飛躍的な努力により急激な能力上昇、つまり常盤台の第三位と同じ努力型だ」

一方通行 「何の話だよ?」

教師 「……飛び級で転入生だ。このクラスに君と同じレベル5の第八位が」

一方通行 「第……八位?」




921 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 23:51:13.86 ID:NyIjBwfi0
くろこおおおおおおおおおっ




928 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 23:52:38.82 ID:bLPqHflO0
黒子 「……先生が授業受けるという光景は中々にシュールですの」

一方通行 「…………」

黒子 「ノーリアクションだとさすがにちょっぴり寂しいですわよ、田中先生?」

一方通行 「……白井?」

黒子 「見て分からなくて?」

一方通行 「……歳月ってのは残酷だねェ。テメェの胸に若干ながら余計なものがつきやがる」

黒子 「まぁぁぁだロリコン治ってないのですのぉぉぉぉぉぉぉ!?」

一方通行 「俺のアイデンディティーだろォォォがァァァァァァァァァァ!!!」

黒子 「そういえばそうでしたの」

一方通行 「分かればよろしいってンだ」


教師 (一方通行があのような顔を見せるとは……)




929 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 23:54:59.08 ID:ipYi/grD0
この教師の髪型はハゲ




935 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/06(火) 23:57:47.14 ID:bLPqHflO0
一方通行 「まさかお前が俺と同じレベルまで上がってくるとはな……」

黒子 「あなたと同じレベルでも能力差はまだまだ桁違いですの」

一方通行 「大変だったろ?」

黒子 「いえ、風紀委員を辞めたのでその時間を能力開発に費やしたら何とか」

一方通行 「結局大変なンじゃねェか」

黒子 「このモヤモヤをどうにかするまでは意地でもあなたのそばにいますの」

一方通行 「まだ第三位と俺決めてないのかよ!?」

黒子 「失敬な! 私にとってのお姉さまの存在は海よりも大きく……」

一方通行 「それと釣り合う俺もあんがい大きいってことだな」

黒子 「そ、そうでもなければこんなところまで来ませんの」




947 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/07(水) 00:05:17.42 ID:6/IMMxm00
一方通行 「最初に言っとくとよ……」

黒子 「はい?」

一方通行 「ロリばばァとかロリですらねェし」

黒子 「はぁ?」

一方通行 「まァお前はロリコンの俺からしたら、落第確定やろうってことだ」

黒子 「へーへー、そうですの……」

一方通行 「でもそンなお前が来てくれて嬉しいぜ」

黒子 「へっ?」

一方通行 「勘違いするなよ! ロリコン卒業したわけじゃないからなァ! お前がちょっといいかなって思ってるだけよ!!」

黒子 「……ふふっ、それで十分過ぎるですの」




949 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/07(水) 00:07:30.25 ID:6/IMMxm00
一方通行 「……分かってるとは思うけどよ、もう常盤台の連中の思い出は作れないぜ」

黒子 「それは名残押しですの、でも先生であるあなたを見てきた……だからこの学校で本当のあなたを見ていきたいのですの」

一方通行 「ホントの俺はお前が思ってる以上に血生臭いぜェ?」

黒子 「そんなの知りませんの。ただ私はあなたを見ていたいだけですの」

一方通行 「すげェ女だよお前は……」

黒子 「だって当然ではありませんの?」






黒子 「ここから先は一方通行なのですから」


                                            おわり




950 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/07(水) 00:08:04.43 ID:OQ4TuPbg0
黒子のですのってかわいいよね




952 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/07(水) 00:08:11.44 ID:h5x2cs2u0
やっぱり黒子だよな




961 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/07(水) 00:09:18.90 ID:hUGBNJK00
乙ですの!
でも最後のセリフが意味ふですの!




965 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/07(水) 00:09:31.76 ID:6/IMMxm00
最後脱字ワロタwwwwwwww

ぶっちゃけ最後のセリフが言いたくてss書いてたわwwwwwwww 
1000行く前に終わってよかったわ

それじゃあ









プロッププラスプチ とある科学の超電磁砲 (BOX)
プロッププラスプチ とある科学の超電磁砲 (BOX)
バンダイ 2010-07-25
売り上げランキング : 6469


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



読み物:禁書目録
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/21(水) 16:54: :edit
    1なのさああ
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/21(水) 17:07: :edit
    一通黒子とかその発想は無かった
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/21(水) 17:08: :edit
    2なのさぁ
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/21(水) 17:10: :edit
    4なのさあぁ
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/21(水) 17:31: :edit
    5getなンですがァ!
  6. 名前: 狼 #-: 2010/07/21(水) 17:36: :edit
    眠い。

    良い物語。
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/21(水) 17:42: :edit
    一桁?
    やっぱ一方通行×黒子は最高だな、うん。
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/21(水) 17:43: :edit
    ひとけた!!
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/21(水) 17:48: :edit
    一方通行さんパネェっす
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/21(水) 17:50: :edit
    黒子ハァハァ
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/21(水) 18:00: :edit
    クソッ!一桁取れへんねかったわ
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/21(水) 18:07: :edit
    いやー面白かった
    一通黒子もいいなあ
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/21(水) 18:19: :edit
    黒子可愛すぎだろ
  14. 名前: 通常のナナシ #rB4a7NnY: 2010/07/21(水) 18:27: :edit
    髪切った所で読むのやめたわ・・・
    一体何を考えてんだ。
  15. 名前: 通常のナナシ #sSHoJftA: 2010/07/21(水) 18:34: :edit
    ハゲ条さんワロタw
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/21(水) 18:57: :edit
    ロリばばァはロリっぽいばばァ、
    本質は婆の方にありますけれど
    黒子はばばァ声のロリですのよ?
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/21(水) 19:00: :edit
    黒子のふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/21(水) 19:01: :edit
    黒子レーターか・・・
  19. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/21(水) 19:17: :edit
    実スレでラスト見てないんだわ
    今から見るか
  20. 名前: 通常のナナシ #cWKxWiaI: 2010/07/21(水) 19:17: :edit
    セロリさんはセロリさんのままでいてくれてよかった
    つか、ハゲ条さんはあの後どうなった?
  21. 名前: 通常のナナシ #HfMzn2gY: 2010/07/21(水) 19:28: :edit
    黒子を瞬間移動させてる時点で見る気失せたわ。
    さすがに守るべきルールってのがあるだろ。
  22. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/21(水) 19:29: :edit
    結標が黒子を移動させるのはどうなのよ
  23. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/21(水) 20:08: :edit
    ※17
    偽者めっ!

    黒子のふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  24. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2010/07/21(水) 20:16: :edit
    黒子×一方の発想はなかった
  25. 名前: 創造力有る名無しさん #-: 2010/07/21(水) 20:52: :edit
    この発想はなかった。
    面白かった。
  26. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/21(水) 20:56: :edit
    最近ロリだの言ってるがこれは気持ち悪過ぎるぞ。
    赤子やら9歳児やら勘弁しろよ。
    ロリどころかペド通り越してネピオだ。
    ネピオは想像するだけでアウトなレベルだぞ。
  27. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/21(水) 21:20: :edit
    なるほどなー
  28. 名前: 凡名無し #-: 2010/07/21(水) 21:22: :edit
    >>797空間移動系は同系能力者には効かないんじゃなかった?
  29. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/21(水) 21:23: :edit
    ハゲ条さんアゲ嬢みたい
  30. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2010/07/21(水) 21:26: :edit
    ハゲ条クソワラタwwwww
    良SS、作者&ぷん太乙!
  31. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/21(水) 21:32: :edit
    ロリばばぁはロリっ子でばばぁ口調なんだろ。もしくはばばぁ思考
  32. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/21(水) 21:37: :edit
    ※21
    守るべきwwwwルーwwwルwwwwwwww
    こんなとこでトリまで付けて何かっこつけてんだよwwwwwwwwwwwwだせえww


    ところで「えらい」って「つらい」って意味の方言だよな
    思い出すまで、どういう誤字だよって思ったわ
  33. 名前:   #-: 2010/07/21(水) 21:48: :edit
    ハゲ条さん・・・
  34. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/21(水) 22:02: :edit
    1ならニート辞める
  35. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/21(水) 23:08: :edit
    ロリババアもロリだと宇宙の中心でロリコンを叫んだ神様が言ってた
  36. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/21(水) 23:12: :edit
    ※34
    どっかで見たことある気がするが、お前やめる気無いだろwww
  37. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/21(水) 23:23: :edit
    ジャッジメントデース
  38. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/21(水) 23:23: :edit
    最後のレス965(くろこ)www
  39. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/21(水) 23:30: :edit
    ハゲ条さんは放置か胸熱
  40. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/21(水) 23:38: :edit
    山口あたりの方言はいってたぞw
  41. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/22(木) 00:08: :edit
    久々の良スレ

    海原海原
  42. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/22(木) 00:13: :edit
    ハゲ条さんは犠牲になったのだ・・・
  43. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2010/07/22(木) 00:18: :edit
    一通とハゲ条さんの掛け合いが楽しすぎる
  44. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/22(木) 00:43: :edit
    久々にセロリ全開なSSに出会えたw
    これはもうGJとしか言えない
  45. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/22(木) 00:51: :edit
    ※38
    ホントだ!!すげぇwwww狙ったのかww
  46. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/22(木) 00:53: :edit
    名古屋でもえらいは言ってたなw
    まぁ誤字脱字はSSにつきものって事で

    おもしろかったよ
  47. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/22(木) 01:02: :edit
    >>34
    ニーと辞める前に人生辞めろよ面倒くせえ
  48. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/22(木) 01:50: :edit
    一方通行はもはやロリコンを否定しないんだな。

    あれ?公式設定?(゜∀゜)?
  49. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/22(木) 04:32: :edit
    クソおもしろかったわ
  50. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/22(木) 07:26: :edit
    レールガンしか見てなかったが、面白かった
    終盤の「出来るだけ賢くなれ~って下りは原作にあるのか知らないが、名台詞だなあ
  51. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/22(木) 09:20: :edit
    よくできてますの良作ですの楽しかったですの

    作者GJ!と言わざるをえませんの
  52. 名前: 通常のナナシ #- #-: 2010/07/22(木) 14:10: :edit
    ハゲやん…
  53. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/22(木) 15:00: :edit
    さぁ、振り切るぜ!!!
  54. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/22(木) 18:11: :edit
    戦闘描写は糞だな、展開としても無理矢理すぎる
    バトルのセンスは無いな
  55. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/22(木) 22:02: :edit
    一方さんの短小包け(ry
  56. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/22(木) 22:08: :edit
    正直、最後の台詞はかなりいいと思うぜっ!
  57. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/22(木) 22:40: :edit
    さりげ最後の一方さんのセリフかなり心に響いたわ
  58. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/22(木) 23:47: :edit
    ちょっといい話だなーと思ったですの
  59. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/23(金) 13:30: :edit
    黒子「もやし(裏声)」
  60. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/23(金) 13:31: :edit
    イイハナシダナァ
  61. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2010/07/24(土) 00:16: :edit
    まさかの一方黒子。
    でも面白かった。乙。
  62. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/24(土) 10:45: :edit
    これはいい新ジャンル
  63. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/26(月) 00:27: :edit
    戦闘はちょっとアレだが、秀逸な台詞回しと斬新なコンセプトながらうまく消化してる所は見習いたい

    そういえばインディペンデンスさんとかいうのが原作には居たような気がしたんだが、気のせいだったか
  64. 名前:    #JalddpaA: 2010/07/26(月) 14:06: :edit
    面白かった
    禁書メンバー勢揃いだな
    ※63みるまで本気でそう思ってた
    インパルスさんとかそういやいたのすっかり忘れてたわ
  65. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/08/01(日) 15:45: :edit
    原作あんまり知らんけど面白いな

    とある買おうかな?
  66. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/08/07(土) 00:03: :edit
    黒子 「せ、先生のウルトラマンのようなシャツも似合ってますわよ!!」
    一方通行 「舐めてンのかァァァァァ!?」

    マジこうゆうちょいネタ好きだわ
    笑いが止まらないww
  67. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/08/10(火) 20:17: :edit
    名残押しと申したか。
  68. 名前: 通常のナナシ # #-: 2010/09/09(木) 12:22: :edit
    日立インスパイアネクストさんて誰?

    黒い子はかわいいなあ
  69. 名前: 通常のナナシ #Bzu7/SWU: 2010/09/16(木) 00:59: :edit
    お疲れ
  70. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/30(木) 23:14: :edit
    原作知らないからキャラがわからなかった 
    でも黒子好きのおれは楽しめたぜ
  71. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/10/07(木) 19:56: :edit
    >一方通行 「ばばァの身体に超ばばァのしわくちゃ声、どう考えてもばばァかそれ以上の存在だろうが」
    >白井 「それ以上の存在などありませんの!」

    クソワロタ
    この一通さんかっこよすぎだろ
  72. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2010/10/12(火) 19:14: :edit
    ※63・64
    お前らバカにスンナよ。イカデックスさんは今期アニメで大活躍じゃねえか。
  73. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/03/17(木) 02:45: :edit
    この一方さんはきっとロリコンをただの子供好きに昇華させてくれる。
    黒子のババァ声ってあれはあれでいいものだと思うんだ
  74. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/06/07(火) 11:48: :edit
    禿げ萌えた、文字通り。
    一黒とか新境地じゃん
  75. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2012/02/27(月) 17:15: :edit
    セリフだけでこんな長いと読む気しない
    次は小説チックに頼みたいものだ
  76. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん #-: 2012/08/27(月) 16:59: :edit
    婚后って、2年生じゃないっけ
  77. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/10(水) 22:36: :edit
    いつ読んでも名作は良いなぁ
  78. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/11(木) 03:54: :edit
    釈然としねェ…
    つーか…こんなの俺の知ってる一方通行じゃねェ…
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。