蒼星石「さあいらっしゃい、いらっしゃい!」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/28(金)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 19:50:20.38 ID:ZYDSqZk30
蒼星石「さあいらっしゃい、いらっしゃい! ハンコが一個88円、88円だよー! さあいらっしゃい!」

JUM「あ、ちょうどいいや。買っていこう」




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 19:52:22.18 ID:ZYDSqZk30
ガラガラッ
JUM「お邪魔しまーす」

蒼「あ、いらっしゃいませ。どうぞ見ていってください!」

JUM「桜田、桜田っと、あった。あの、こちらお願いします」

蒼「はい、こちらですね、試し押しはなさいますか?」

JUM「じゃあします」

蒼「かしこまりました。では朱肉を持ってきますね」
トトトト





5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 19:55:22.60 ID:ZYDSqZk30
JUM「奥に引っ込んだかと思ったら、出てこないぞ……」

JUM「……」

JUM「あ、来た。なんでレストランとかにありそうな車付きのやつガラガラ押しているんだろ?」

ガラガラ
蒼「はい、こちらです。どうぞ試し押しをなさってください」

JUM「え?」

そこには翠星石が横になって載っていた。

翠星石「あ、あの、朱肉の翠星石です。よろしくお願いするですぅ」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 19:56:20.19 ID:3kpQCJVP0
なにこの蒼かわいい




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 19:57:55.16 ID:ZYDSqZk30
蒼「声が小さいよ」
カチッ  ブブブブ

翠「んっ、は、はい、すみません、ですぅ。あんっ、も、もう一度言い直してもいいですか?」

JUM「え、ああ、うん」
ブブブブ  カチッ

翠「ふぅ……。すぅーっ、朱肉の翠星石ですっ! よろしくお願いするですっ!」

JUM「あ、ああ」

蒼「うん、ちゃんと言えたね。よしよし」
ナデナデ
翠「えへ、ありがとですぅ」

JUM(なんだこれは……?)




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 20:00:26.59 ID:ZYDSqZk30
蒼「お客様」

JUM「は、はい」

蒼「どうぞハンコをお試しください」

JUM「試す、って」

蒼「こちらの朱肉をお使いください」

翠「よろしくお願いするです」

JUM「朱肉……?」

蒼「ああ、お客様、すみません説明が遅れました。うちの朱肉は特別製でして、巷で流通しているものとは勝手が違うんですよ」

JUM「朱肉に特別製も何もあるのか……?」




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 20:06:10.02 ID:ZYDSqZk30
蒼「この朱肉は例えばこうやって使うんですよ。ほら、口、あーんして」

翠「あーん、ですぅ」

蒼「よしよし」
チュプ
翠「んむ、むぐむぐ」
チュポ
翠「ぷはっ」
蒼「これで塗料がつきましたから、あとは好きなところに押していただけば大丈夫です」

JUM「塗料って、唾液?」

蒼「まあ、見てもらった方がわかりやすいでしょう」
ポンッ
蒼「どうですか?」

JUM「あ、ちゃんと色がついている。なんで?」

蒼「だからうちのは特別製なんですよ」

JUM「なるほど、特別製ね……」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 20:08:17.71 ID:jsXF1Mt4O
蒼い娘の唾液でお願いします




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 20:13:08.16 ID:ZYDSqZk30
蒼「どうぞお試しください」

JUM「いや、普通の朱肉はないの?」
翠「えっ……」

蒼「ああ、普通の朱肉のほうがお好みでしたか。では持って参りますね」

翠「あ、あの、待って、です」

蒼「ん、何?」
カチッ ブブブブ

翠「あっ、んんっ」////




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 20:23:20.03 ID:ZYDSqZk30
蒼「何か言いたいことがあるのかな?」

翠「あの、と、止めて、止めてほしいです……」

蒼「何が?」

翠「その、あの……」
チラッ
JUM「?」

蒼「落ち着きなよ、翠星石」
ブブブ カチッ
翠「ふ、ふぅ」




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 20:33:53.43 ID:ZYDSqZk30
蒼「お客様、この朱肉は何か言いたいことがあるようです」

翠「え、あ、あの」

JUM「あ、ああ?」

翠「翠星石じゃ、だめですか?」
JUM「え、いや、駄目ってわけじゃないけどさ」

翠「その、使ってくれないですか?」

パンッ
翠「いっ」
JUM「え」
蒼「どうしたのかな、その言葉遣いは? 『使ってくれないですか』じゃなくて、『使っていただけませんでしょうか』だろう?」
パンパンッ
翠「うっ、あっ」
JUM「ちょ、ちょっと」
蒼「まったく、何回教えても身につかないんだから、ほんとうに馬鹿なんじゃないのかな、翠星石はっ!」
バシンッ
翠「きゃぁん!」
蒼「やれやれ、涙目になれば僕が手を止めるとでも思ったの?」




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 20:44:03.28 ID:ZYDSqZk30
JUM「ま、まって、待ってください」

翠「うっ、うう……」

蒼「あ、お客様。どうなさいましたか?」

JUM「そ、そんなにしなくっても、いいんじゃないかとか、思うんですけど……」

蒼「この朱肉は馬鹿だからこれくらいしなきゃ駄目なんですよ」

JUM「そんな……」

蒼「ほら、お客様がせっかく翠星石のことを気にかけてくれているんだ、いまならお願い聞いてくれるかもしれないよ」

翠「うう、あ、はい、あの、どうかこの翠星石を朱肉として使っていただけませんでしょうか?」

JUM「あ、ああ。うん、もう使う、使うよ」




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 20:44:05.19 ID:4K3irKzh0
     ヾ>x \           _,ィ´   `ン ` =-   =` "ヽ、
     /.:/: :`:.、ト、          /ィ      / |! ヽ      ハ`:、
    /.:イ: : : : : : :ヾ:      ,イ ´ ,      _ ..-―一====‐.._ハ
  //ィ: : : : : : : : : : \   / _V ニ  ,.ィ:´: : : : : : : : : : :i: : : : : :ヾ.}
 //: : : : : : : : : : : : : ヘ  // // !  /: : : : : :/: : : : : :. :l|: : : : : : :ハ
〃:´: : : : : : : : : : : : : : : : :∨′  ′ ,:′: : : : :./: : : : : : ;イ: :リ : : : : : : :‘,
イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ:{/     /: : : : : : :/: : : : : : / | :/: : : : : : : :i: :.
: : : : : : : : : : : : : : : : :/: : :》     /: : : : :/:.:/: : : : : / j;イ: : : : : : : :.:|: :!
: : : : : : : : : : : : : : /: : : : イ! ヽi| / .′: : : :イ: :!:.:.><   /:/}: :./: : : ;. :.:|: :|
: : : : : : : : : : : :./: : : : : :ハ! - ‐ {: : : : :ハi. :レ'}\、 `ァス /:./: : : /: : ハ: :!
: : : : : : : : :.:./: : : : : : :/: : { / !!ヽ.入: : : :{ヾ :{    />ミ}/,ィ:.:/: : : /}: :/ }:.′
: : : : : : : :/: : : : : : :/: : :∧   《ハ: : :.! ヾ! `く:′’/.:〃:/://:./   !:|
: : : : :.:/: : : : : : :/ : : : / !   》 ヾ:.:|  `     {/_:." ./: /   l/
: : : /: : : : : :.:/: : : : : /   ヾ   リ  ヾ{           〉    //   ′
:./: : : : : :.:/: : : : : :x<    八、 i〉   `    __ r ´    /′
′: : : : :./: : : : : :/  > .. _〉、リ:.、      ‐ '      ′・・・・・・・・・・・・
: : : :.:./: : : ://        ¨ヾ、ミx≧‐<:{
: : :〃: : : ://            ト、}-ゝヽ|k!
: :/: : :.:// ____ _         |::ハミxヾ辷ハ.
:イ: :.//ィ´,-、.4=―}≧=-、     :::::ヾ `ミ>、\
′/:〃ニソ¨: : :7´:/: 辷厂:〉}=、    ヾ:::::ハ  ヾト:、` ヽ




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 20:54:04.86 ID:ZYDSqZk30
蒼「ではどうぞ」

JUM「じゃあ失礼するよ……」

翠「あーん、んむっ、れろ、れろ」

蒼「……」
カチカチカチッ
翠「!? んむむっ、んああっ!」
JUM「うわっ」
ポトッ、コロコロコロコロ

蒼「ああ、大丈夫ですかお客様?」




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 21:02:34.72 ID:ZYDSqZk30
JUM「うん、ちょっとびっくりしたけど大丈夫だよ」
翠「はぁっ、あああっ! やめ、や、つぅぅぁあ……」
蒼「あれは床に落ちてしまったので、こちら新しいハンコになります」

JUM「う、うん。ありがとう。それよりも君、大丈夫?」

蒼「どうしちゃったんだい、翠星石?」
蒼星石は翠星石の足首から太ももまでを柔らかく撫で回す。
翠「ひゃあっ、あっ、そっ、そうせいせき、がっ、だって、んっ、んんっ!」

蒼「ん? 大丈夫? がくがくふるえているよ?」
JUM「ほ、本当に大丈夫?」
蒼「ほら、よしよし、大丈夫、大丈夫」
カチリ
翠「はっ、あ、はぁ、うぅ……」
蒼「なおったね?」
翠「ううっ……」

蒼「なおったらなおったって言うんだよ」
パンッ
翠「きゃっ、は、はい。なおりました、大丈夫です……」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 21:10:14.80 ID:ZYDSqZk30
蒼「誰に向かって言ってるのさ、お客様はあっちだよ」

翠「あ、はい、もう大丈夫です」
JUM「そ、そっか」
パンッ
翠「うっ」
蒼「翠星石が大丈夫か大丈夫じゃないかなんてお客様にはどうでもいいことなんだよ、そんなことよりも先に言うことがあるだろ? 君は朱肉の分際でお客様のハンコを床に落としてしまったんだよ」
翠「お客様、すみませんでした、ですぅ」
JUM「あ、いや、大丈夫だよ、うん」

蒼「ではもう一度試し押しをどうぞ」
JUM「そうだった。じゃ、失礼するよ」

翠「はい、あーん、んむっ、ちゅっ、ちゅっ、ちゅぽっ」

JUM「よいしょ」
ポンッ

JUM「うん、大丈夫だ、このハンコをもらうよ」
蒼「はい、お買い上げありがとうございます」

蒼「ありがとうございましたー」
翠「ありがとうございましたですぅー」
JUM「うーん、変なハンコ屋だったな……」




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 21:14:47.05 ID:ZYDSqZk30
別の日

蒼「さあいらっしゃい、いらっしゃい! お昼の定番、ワンコインバイキング。500円、500円で食べ放題だよー! さあいらっしゃい!」

JUM「あれ、ここ、この前ハンコ屋じゃなかったっけ?」
JUM「……」
蒼「さあいらっしゃい、いらっしゃい!」
JUM「まあ、いいや。ちょうどお腹も減っていたところだし」

蒼「いらっしゃいませ、一名様ですか?」
JUM「はい、一人です」
蒼「あちらのお席へどうぞ」
JUM「うーん、中の雰囲気は違うけど、柱の位置とか、あのハンコ屋のまんまだな……」




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 21:20:08.41 ID:ZYDSqZk30
JUM「何だこの席、洗面台?」

蒼「当店はバイキングのみとなっていますが、よろしいでしょうか?」
JUM「あ、はい、バイキングで」

蒼「かしこまりました、ではバイキングの準備をしてまいります」

JUM「……? オーダーバイキングなのかな、でも、食器を洗面台の脇に置いて食べるのか?」




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 21:28:01.07 ID:ZYDSqZk30
JUM「あ、なんか押してきた」
ガラガラガラガラ
蒼「お待たせいたしました。ほら、翠星石」
翠星石は台車からJUMが座っている席のテーブルに移り、洗面台の中にJUMの方を向いて体育座りをした。
JUM「え……」

蒼「お客様は当店のシステムをご存知でしょうか?」

JUM「知らないけどさ……」

蒼「では説明させていただきます。こちらがご飯の供給源になります」
翠「はい、本日はどうぞよろしくお願いします、ですぅ」

JUM「は、はぁ……」

蒼「こちらに食べたいものを申し付けていただき、少々お待ちいただくと食べ物が出てまいります。それではごゆっくり」
サササササ
JUM「え、説明ってそれだけ……?」




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 21:35:09.40 ID:ZYDSqZk30
JUM「……」

翠「どうなさいましたですか? 体調でも優れないのですか?」

JUM「いや、そういうわけじゃないよ……」

翠「じゃあ、どうぞなんなりとお申し付けくださいですぅ」

JUM「う、うん、まあ、やってみりゃわかるか。とりあえずお味噌汁が飲みたいんだけど」

翠「お味噌汁ですね、具はどうするですか?」

JUM「指定できるのか。じゃ、豆腐とわかめで」

翠「はい、かしこまったですぅ。じゃあ失礼するですよ……」
足を広げ、スカートをまくり上げる翠星石。下半身は何もはいていない。
目を伏せるJUM。
JUM「……待ってほしい」
翠「え?」
JUM「なんでそうなるの?」

翠「そりゃあ、お味噌汁ができたから、食べてもらおうと思ったです」




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 21:40:37.31 ID:ZYDSqZk30
JUM「その、お味噌汁はどこ?」

翠「もうすぐ出てくるですよ」
JUM「どこから」
翠「どこからって、お客様セクハラですぅ……」

JUM「セクハラ? そうか、セクハラなのか……」
翠「あっ、もう、出る、出ちゃう、です、ほら、早く、お客様」
JUM「え、いやちょっと待ってよ」
翠「で、出ちゃう、出るものは出ちゃうです。ほら、こぼれても勿体無いです」
JUM「いや、おい、なにが……」
翠「もう、ああっ、まどろっこしいですね、こうですよ」
JUM「んがっ」
翠星石はJUMの頭を両手でつかんで口が股間にくるようにした

翠「ほら、口開けてですぅ、あっ、出るです、ほら、ああっ」
JUM「あが、ん、がっ、あ」
シャァァァ
翠「はぁぁぁぁ……」
JUM「んぐっ、んぐっ」




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 21:46:03.70 ID:ZYDSqZk30
翠「はい、いい調子です。んっ、勢いが強すぎたり、一休みしたいときは右手を握って教えてほしいですぅ」
JUM「んぐっ、あむっ」
ギュッ
翠「はいですぅ」
JUM「ぷはぁ、はぁ、はぁ……」
翠「お口周りが汚れているですよ」
フキフキ
JUM「ああ、ありがとう……」
翠「どうでしたか?」
JUM「びっくりしたよ」

翠「あ……すみませんです」

JUM「でも、それ以上に驚いているよ。こんなに整ったお味噌汁が飲めるとは思わなかったからね」
翠「え?」

JUM「だしはしっかりとってあるし、味噌も極上のものを使っている。豆腐は大豆の香りがかぐわしくって、その上一口サイズで食べやすい。わかめも磯の香りが失われていない、いいわかめだ」




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 21:53:48.21 ID:ZYDSqZk30
翠「それはありがとうございますです、ほっとしたです」
JUM「まだ出るかな? 失礼するよ」
レロッ、チュウッ
翠「えっ、お客様、とつぜ、はぁんっ!」
シャァァァァ
JUM「んぐっ、ごくっ、ごくっ、れろ、れろれろ」
翠「はぁっ、お客様、舌先が、ああっ、んんっ!」
ブシャァァァッ!
JUM「うぉ、おぐっ、ぐっ」
翠「はぁ、失礼したです。大丈夫ですか?」
JUM「うん、なんとか受け止めれた」
翠「そのようですね。服が汚れなくてなによりです。あの、お客様……」
フキフキ
JUM「ん?」
翠「ここは、あの、敏感で、舌とかで刺激されると今みたいになってしまうので、気をつけてほしいです」

JUM「そうだったのか、うん、気をつけるよ」




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 22:01:40.45 ID:ZYDSqZk30
JUM「じゃあ次は玉子焼きをお願いするよ」
翠「かしこまったですぅ、でも、次のメニューにいく前にここをちょっと洗う必要があるです」

JUM「そっか、洗った方が美味しく食べられるかもな」

翠「そういうことです。そこのシャワーとハケでお願いするです」

JUM「僕がやるのか?」
翠「せるふさーびすです」

JUM「そっか、じゃあ、失礼するよ」
シャワー
翠「あんっ……」
JUM「このハケ柔らかいな」
翠「んっ、はい、柔らかくないと痛いですから」
JUM「よいしょ」
シャッ、シャッ
翠「んっ、あっ、はぁ、んんっ」

JUM「どうかな? いや、まだ残っているな」




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 22:08:42.97 ID:ZYDSqZk30
シャッ、シャッ  シャワー  シャッ、シャッ  シャワー
翠「あんっ、お客様、その、あっ、そんなにしなくても、もう十分洗えたと思うです……」

JUM「いや、もう少し洗いたいな。あと、奥まで洗いたいから、ちょっと手伝ってほしいんだけど」
シャッ、シャッ
翠「え? うんっ。奥までって、どういうことですぅ?」
JUM「僕の両手はシャワーとハケで埋まっちゃっているから、翠星石に広げてほしいんだけど」

翠「ひ、広げるって、何を言って……」
JUM「ここ」
ツン
翠「あんっ」
JUM「ハケをこうやってさ」
ギュッ、クニクニ
翠「ああんっ!」
JUM「奥まで入れようと思っても閉じていていまいち入っていかないんだよね」
クニクニクニクニ
翠「ああ、あああっ!」




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 22:16:16.72 ID:XXj6XNhRo
なんという異次元的




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 22:17:45.31 ID:ZYDSqZk30
JUM「わかった?」
翠「は、はい、広げればいいんですね……」
JUM「そうそう、見えるようにね」

翠「ん、んっ」
クパッ

JUM「うん、よく見えるよ。よいしょっと」
クシクシクシクシ
翠「ひゃああっ! ああ、そこ、っく」
シャワー
翠「あん、ああっ!」

JUM「うん、もういいかな」
翠「はぁ、はぁ。ありがとうございましたですぅ。じゃあ玉子焼き出すですぅ……」




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 22:17:53.16 ID:UKSKFqgd0
あほだなwwwww




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 22:20:39.42 ID:cVWH1qTq0
どういうことなの




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 22:22:04.97 ID:XVrl+/Nu0
ただしケツ穴からでる




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 22:24:54.59 ID:ZYDSqZk30
JUM「もういいのかな?」
翠「はい、どうぞ、ですぅ」

JUM「はむっ」
翠「んっ」
JUM「あむっ、あむっ」
JUM(おいしい。玉子の香りがたまらん)

翠「んっ、んっ、あっ、ああっ!」
JUM「んぐ、んぐっ」
翠「はぁぁっ! 引っ張り出されているですぅ! んああっ! ああっ!」
JUM「あぐあぐんぐんぐ」
翠「ひあぁぁぁっ、そんな、吸わないで、引っ張られて、っく」

JUM「ぷはぁ。うん、玉子焼きもおいしいよ」

翠「はぁ、はぁ。お粗末さまです」




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 22:28:41.65 ID:ZYDSqZk30
JUM「じゃあ洗うよ」
翠「あ、ちょっと休みたい、ですぅ」

JUM「いや、僕はまだ味噌汁と玉子焼きしか食べてないよ。まだおなかペコペコだよ。それにさ、料理がすごくおいしいから早く次が食べたいんだ」
翠「そ、そうですか。じゃあ、はい、どうぞ」
シャワー、シャッシャッ
翠「ん、んっっ、あ、ああっ」
JUM「よっ、よっ、っと」
翠「はっ、はぁっ」

JUM「よし、次はトンカツをお願いするよ」

翠「はい、トンカツですね。……、どうぞですぅ」

JUM「じゃあ失礼して、んむっ」
翠「はぁぁんっ!」
JUM「むぐっ、あぐあぐ」
翠「あっ、あっ、トンカツ、刺激が、んんっ、すごぃ、ですぅっ、はぁあっ!」




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 22:34:56.53 ID:ZYDSqZk30
JUM「んぐんぐんぐ」
翠「ひゃああああ! そんなに勢い良く引っ張り出さないで、じゃりじゃりって、ああっ、やぁっ!」
JUM「んむっ、こんな、あつあつ、あむあむ、おいし、んぐんぐ」
翠「あっ、まっ、あ、ああっ、ひゃあ、や、もう、うっ、ぁあああああああああっ!」
ビクンビクン! フシャァァァァァァァ!
JUM「もぐもぐうぁあっ!」
翠「あっ、ああぁ……」
ピクッ、ピクッ
JUM「あ? あれ? 大丈夫?」

翠「はぁ、はぁ。うぅ、だ、大丈夫です……」

JUM「本当に大丈夫?」

翠「は、はい。大丈夫ですぅ……」

JUM「じゃ」
シャワー  シャッ、シャッ
翠「ううっ、あああっ、やっぱり、まっ、ああっ!」
シャッシャッ
翠「いっ、あ、またっ、んんんあっ!」
ビクンビクン! シャアアアアアアッ!
JUM「うおっ」




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 22:38:41.92 ID:ZYDSqZk30
翠「はぁっ、はぁっ」
ピク、ピク
JUM「おーい」
翠「はっ、はっ」
JUM「大丈夫なのか、これ……」

JUM「まあいいや。ちょっと何食べるか考えるか……」

JUM「なにか食べたいものはあっただろうか?」
>>50




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 22:39:35.52 ID:3DDPx3qnP
蒼星石




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 22:42:38.53 ID:ySz6ZQht0
蒼星石




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 22:42:43.13 ID:2PvRDMnj0
おにぎり




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 22:46:44.42 ID:XVrl+/Nu0
がっかりだよ




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 22:51:32.80 ID:ZYDSqZk30
JUM「そういえば、おかずばっかりだったから炭水化物がほしいな」

JUM「おい、翠星石?」

翠「は、はぃ?」

JUM「次はおにぎりをお願いするよ」

翠「あ、はい。おにぎり、かしこまりましたですぅ」

JUM「あと、すみませーん」

蒼「なんでしょうか?」
JUM「お箸もらえますか? 米粒とかもったいないんで」
蒼「かしこまりました。すぐお持ちいたします」




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 22:59:29.81 ID:ZYDSqZk30
蒼「こちらお箸になります」
JUM「ありがとうございます

JUM「じゃ、いただきます。んむぐっ」
翠「はっ、はっ、んっ」

JUM(一口サイズのほんのり塩味おにぎりだ)
JUM「んむっ、あむあむ」
翠「んっ、ふぅ。んっ、ふぅ」

JUM「むぐ、むぐ」
翠「あと何個あればいいですか?」

JUM「ぷは、二個お願いするよ。んむっ」
翠「かしこまりましたですぅ」

JUM「あむっ、あむ」
翠「んっ、ふぅ……」




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 23:05:16.09 ID:ZYDSqZk30
JUM「さてと、残った米粒を取るからじっとしていてな」
翠「はい」
ピト
翠「んっ……」ピクッ
ヒョイパク
JUM「よいしょ」
ピト
翠「あっ……」ピクッ
ヒョイパク

……

JUM「うん、もうきれいに食べ尽くしたと思う。洗うよ」
翠「はぁ、はぁ。はい、どうぞ」
シャワー  シャッ、シャッ
翠「んあっ、ああっ!」ビクッ
JUM「大丈夫?」
翠「はい。だ、大丈夫ですよ……」




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 23:09:10.41 ID:ZYDSqZk30
…………………

JUM「ぷはー。おなかいっぱいになりました」
翠「お粗末さまでしたです」
蒼「ありがとうございましたー」

JUM「また利用したいと思います。ご馳走様でした」
翠「ありがとうございましたですぅー」
蒼「またのご利用お待ちしています」




57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 23:17:17.38 ID:ZYDSqZk30
また別の日

JUM「ごほっ、ごほっ。咳が止まらん……」
フラフラ
『水銀診療所』

JUM「あれ、ここまた変わったんだ……。今度は診療所か、ちょうどいいな」

翠「こんにちはですぅ。こちら受診されるのは初めてですか?」

JUM(やっぱりなんか見覚えがあるな……。建物自体は同じのを使っているのか)
JUM「はい、初めてです」

翠「こちらの初診票の記入をお願いするですぅ」
JUM「はい」
翠「あと、保険証お持ちですか?」
JUM「あ、はい」
ゴソゴソ
JUM「こちらです」
翠「ありがとうですぅ」




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 23:24:49.99 ID:ZYDSqZk30
JUM「えっと、名前、住所、生年月日、ごほっ、罹患歴……」
カキカキ
JUM「重病は……、患ってないはず」

JUM「はい、書けました」

翠「ありがとうですぅ。お呼びしますのでそちらに掛けてお待ちくださいですぅ」

JUM「ごほっ、ごほっ……」

蒼「桜田さーん、桜田JUMさーん」

JUM「はい」

蒼「中へどうぞ」

JUM「失礼します、ごほっ……」




61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 23:31:07.06 ID:ZYDSqZk30
水銀燈「桜田JUMさん、ねぇ」

JUM「はい、ごほっ」

水銀燈「今日は、咳が止まらないとのことで来たのよねぇ」

JUM「はい、ごほ」
JUM(癖のある話し方だな……)

水銀燈「確かに嫌な咳がでているわぁ。聴診器あてるから胸見せて」

JUM「はい」
ペロッ
水銀燈「よいしょ」
ピト  ピト、ピト
水銀燈「呼吸を深くしなさぁい」

JUM「はい。すぅーっ、はぁーっ。すぅーっ、はぁーっ」

水銀燈「……ふむ。呼吸器系に異常はなさそうねぇ……」




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 23:38:46.83 ID:ZYDSqZk30
銀「胸はもういいわぁ。次は口を大きくあけて見せなさぁい」

JUM「はい。んあ」

銀「ふむ、ふむ。うーん、大丈夫そうねぇ。でも一応レントゲンとってみましょう。何かあっても嫌だし。蒼星石、お願いね」

蒼「はい、じゃあレントゲンとりますのでこちらへ」
JUM「はい」
トコトコ  ガラッ トコトコ ガララッ

蒼「じゃあ上半身を脱いでください」
JUM「あ、はい」
蒼「脱いだものはそちらに置いて結構です」
JUM「分かりました」ヌギヌギ

蒼「脱ぎましたね。じゃあそちらの足跡が書いてあるところに立ってください」

JUM「はい、こうですか?」

蒼「はい、いいですね。じゃあ両手を機械の側面にまわしていただいて、胸はぴったりつけておいてください」

JUM「はい」




63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 23:44:49.73 ID:ZYDSqZk30
蒼「じゃあとりますね」
タタタタッ バタンッ
蒼『息を大きく吸い込んでください』
JUM「すぅーっ、ごほごほっ!」

蒼『えっと、落ち着いてくださいね。息を吸い込んで5秒くらいじっと止めていてもらう必要があるんです。じゃあもう一度』

JUM「はい、すぅーごほっ!」

蒼「これは困りましたね……」
ガチャッ
蒼「大丈夫ですか?」
セナカサスリサスリ
JUM「は、はい。落ち着きました」

蒼「はい、落ち着いたみたいですし、とりますね」
バタンッ
蒼『息を大きく吸い込んで、保持してください』

JUM「よし、すぅーっ、ぐほっ」

蒼「うーん」




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/08(土) 23:57:48.41 ID:ZYDSqZk30
ガチャッ トコトコ
蒼「ちょっと失礼しますね」
ジィッ
JUM「へ!? ちょ、なにして……」
蒼「体はそのまま動かさなくていいですよ。両手は機械の側面、胸はぴったりつけたまま」

JUM「あ、でも」

蒼「動かなくていいです」

JUM「あ、はい」
蒼「よいしょっと」
ピョコンッ
蒼「だいたい、元気すぎるのがいけないんですよ。少し体力を奪って、咳が出ないようにしようと思います」
ナデナデ
JUM「うっ」
蒼「動かなくていいですよ」
サワサワ
JUM「でも、ごほっ、その」
JUM(真下が見えないから何をされているのかわからないけど、これはたぶん……)
蒼「んしょ、んしょ。大きくなってきた。扱いやすいや」
シュッシュッ




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 00:06:41.69 ID:Sme+QLPu0
蒼「どうですか?」
シュッ、シュッ

JUM「どう、も、なにも……うっ、っく」
蒼「気持ちいいとか出そうだとかないんですか?」
シコシコ

JUM「うっ、あっ」
蒼「ほら、こんなにかたくなって、先っぽからなんか出てきちゃってますよ……」
シコシコ

JUM「そっ、ごふ、仕方ないじゃ、ないか」
蒼「ふふふ、まあ、そうかもしれないですね」
シコシコシコシコ
JUM「うっ、ああっ!」
蒼「ほら、ほら、出しちゃえばいいんですよ。楽になりますよ」
シコシコシコシコシコシコシコシコ
JUM「うぅっ、くぅ!」
ビュッ、ビュッ
JUM「ふ、ふぅ……」
蒼「よし」
タタタタ バタンッ
蒼『大きく息を吸い込んでください』
JUM「はぁ、はぁ、すぅーっ」
蒼「よし」
ガシャァッ!




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 00:11:29.49 ID:Sme+QLPu0
銀「……レントゲンを見ても特に悪いところはなさそうねぇ。ま、今日は家に帰っておとなしくしていることね」

JUM「そうですか」

銀「ま、特に悪い病気が発覚しなかっただけでもよかったとするべきね。咳止めくらいは出しておくわぁ」

JUM「はい、ありがとうございます」

銀「じゃあ待合室で待ってなさぁい」

JUM「はい、ありがとうございました」

銀「お大事にー」




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 00:15:49.75 ID:Sme+QLPu0
終わり
グダグダですまん
読んでくれた人ありがと




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 00:16:33.02 ID:8x3p0mxz0

翠かわいいよ翠




73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 00:17:42.53 ID:M+StwnwHP
これから面白くなりそうだったのに
まぁ乙

結局ドールズの関係はどうなっているんだ?




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/09(日) 00:53:30.62 ID:0upz4wvG0
乙!








--------------
当ブログについて
※欄864さんありがとうです。



リビング・デッド・ドールズ 不思議の国のアリス 4種アソート (同梱不可品)
リビング・デッド・ドールズ 不思議の国のアリス 4種アソート (同梱不可品)
メズコ
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



読み物:ローゼン
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/28(金) 00:05: :edit
    1ゲット
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/28(金) 00:13: :edit
    もうローゼンにはこんなんしかないのか……


    いやおっきしたけどさ……
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/28(金) 00:16: :edit
    ういはれ~
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/28(金) 00:20: :edit
    蒼い子可愛い
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/28(金) 00:24: :edit
    空気がわけわかんね

    ラストは銀さまだと思ったら、がっかりだよ!
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/28(金) 00:27: :edit
    足りない!
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/28(金) 00:28: :edit
    女医の銀様か。凄く良いな
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/28(金) 00:38: :edit
    蒼い子にあんなことされたいハァハァ
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/28(金) 00:44: :edit
    翠星石バイキングでビールとカレーを注文したい
  10. 名前:   #-: 2010/05/28(金) 00:45: :edit
    もっと翠星石をいじめてほしい
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/28(金) 00:59: :edit
    変た・・・いや、どうなんだ 冷静だしむしろ紳士なのか?
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/28(金) 01:03: :edit
    ちょっと!これからでしょ!
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/28(金) 01:18: :edit
    久々のローゼンが…
  14. 名前: 名無しさん #-: 2010/05/28(金) 01:19: :edit
    カナの出番はまだかしらー!?
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/28(金) 01:20: :edit
    蒼星石のふとももにふとももはさみたいよぉ
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/28(金) 01:48: :edit
    出番が無いなんて許されないのだわ!
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/28(金) 03:16: :edit
    ま~たエローゼンか
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/28(金) 03:18: :edit
    米14、16
    空気と不人気うるさいですぅ
  19. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/28(金) 03:24: :edit
    ミドリ虫はこの程度の扱いがお似合いだな
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/28(金) 04:07: :edit
    ビール飲めよって変換しようとして気づいたが、ビールって麦酒に変換できるんだな
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/28(金) 06:15: :edit
    なんという消化不良
    もっと見たかった
  22. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/28(金) 06:39: :edit
    50にはがっかりだよチクショウ……
  23. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/28(金) 06:52: :edit
    翠星石とか全くいらないから 
    キムと真紅っくがいないとか有り得ないだろ
  24. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/28(金) 07:01: :edit
    ※15
    偽者めっ!

    蒼星石のふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  25. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/28(金) 08:28: :edit
    俺にはまだ早かったようだ・・・
  26. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/28(金) 09:12: :edit
    何というアホと性倒錯の融合・・・


    後>>50にはがっかりだよ
    Sとしては自分以外のSをいじる事こそ最高なのに・・・
  27. 名前: Misaka20000 #-: 2010/05/28(金) 09:18: :edit
    もれも蒼星石にシコシコされたいよぉ
  28. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/28(金) 10:44: :edit
    翠星石の味噌汁を毎日飲んでみたいな
  29. 名前: 七氏の巌窟王 #aYpzl2JE: 2010/05/28(金) 11:17: :edit
    なんじゃこりゃ……


    たっちまったじゃねえかこのやろー
  30. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/28(金) 14:05: :edit
    >>48-50の流れがあまりに秀逸すぎて噴いた
  31. 名前:     #-: 2010/05/28(金) 15:51: :edit
    もう少し続いても良かったはずだこれは
  32. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/28(金) 18:56: :edit
    もうなんか訳わからんけど翠かわいい
    翠星石のふとももにおにんにん……
  33. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/28(金) 19:38: :edit
    クレイジーだw
  34. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/28(金) 19:52: :edit
    蒼星石!蒼星石!蒼星石!蒼星石ぃぃいいいわぁああああああああああああああああああああああん!!!
    あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!蒼星石蒼星石蒼星石ぃいいぁわぁああああ!!!
    あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
    んはぁっ!蒼星石たんのチョコレート色の髪をクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
    間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!髪髪モフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
    新装版の蒼星石たんかわいかったよぅ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!
    連載再開されて良かったね蒼星石たん!あぁあああああ!かわいい!蒼星石たん!かわいい!あっああぁああ!
    もうすぐYJ版も発売されて嬉し…いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!!
    ぐあああああああああああ!!!コミックなんて現実じゃない!!!!あ…小説もアニメもよく考えたら…
    蒼 星 石 ち ゃ ん は 現実 じ ゃ な い?にゃあああああああああああああん!!うぁああああああああああ!!
    そんなぁああああああ!!いやぁぁぁあああああああああ!!はぁああああああん!!Nのフィールドぉおあああ!!
    この!ちきしょー!やめてやる!!現実なんかやめ…て…え!?見…てる?表紙絵の蒼星石ちゃんが僕を見てる?
    表紙絵の蒼星石ちゃんが僕を見てるぞ!蒼星石ちゃんが僕を見てるぞ!ポストカードの蒼星石ちゃんが僕を見てるぞ!!
    アニメの蒼星石ちゃんが僕に話しかけてるぞ!!!よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ!
    いやっほぉおおおおおおお!!!僕には蒼星石ちゃんがいる!!やったよきらきー!!ひとりでできるもん!!!
    あ、コミックの蒼星石ちゃああああああああああああああん!!いやぁあああああああああああああああ!!!!
    あっあんああっああんあ銀様ぁあ!!し、真紅ー!!金糸雀ぁああああああ!!!雛苺ぉぉぁあああ!!
    ううっうぅうう!!俺の想いよ蒼星石へ届け!!ローゼンメイデンの蒼星石へ届け!
  35. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/28(金) 21:08: :edit
    乙!久しぶりのローゼンSSよかったよ!
  36. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/28(金) 21:26: :edit
    銀様の出番が…
  37. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/28(金) 23:37: :edit

    やっぱ、アグネスには頑張ってもらわんといかんな・・・
  38. 名前: 創造力有る名無しさん #-: 2010/05/29(土) 00:27: :edit
    おいおい、なんでこんな終わったかも微妙な話載せてんの?
  39. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/29(土) 00:55: :edit
    これがぷん太の本気か
  40. 名前:   #-: 2010/05/29(土) 01:12: :edit
    これはwww
    作者は天才だな!
  41. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/29(土) 01:30: :edit
    ごめん笑った。
  42. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/29(土) 01:51: :edit
    amaの元ネタが分からん
    怪物くんか
  43. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/29(土) 02:35: :edit
    難易度高いわぁ
  44. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/29(土) 11:06: :edit
    もっと見たかった・・・!
  45. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/29(土) 23:49: :edit
    米37
    薔薇乙女は長いこと生きているから
    決してアグネスには阻止させないのだ!
  46. 名前: ムゲンX #-: 2010/07/17(土) 01:05: :edit
    17のAAがうますぎるw
  47. 名前: 名前はまだ無い #-: 2012/04/03(火) 14:54: :edit
    蒼い子sすぎるwww
  48. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/03/20(水) 10:48: :edit
    小生にはまだ早かったでゴザル………
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。