銀時「とある魔術の……オイ、これなんて読むんだ?」 その2

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/04/24(土)
338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/08(木) 22:00:05.00 ID:1DzD/3oVO

その2です。



338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/08(木) 22:00:05.00 ID:1DzD/3oVO
---

美琴「…ということよ」

銀時「コイツらがクローンね……確かに似すぎてるたァ思ったけどよ」

銀時(だから『殺されることが使命』ってか……なるほどな)

美琴「そのことをあの馬鹿は偶然知ってね……迷わず第一位と戦うことを決めた」

美琴「殺されるかもしれないのに……ホント、馬鹿よね…」

銀時「馬鹿だな……けど、俺ァそういう馬鹿は嫌いじゃねーな」

美琴「……それはあたしもよ」ボソッ

銀時「さーて…ヒーロー様を手伝うとすっかな……」




345 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/08(木) 22:11:08.70 ID:1DzD/3oVO
上条「くそっ……全然アイツに近づけねぇ!」

一方通行「あァ…良いこと思いついたなァ……ククク…クカクク……」

上条「なっ…何だ…!」

銀時「痰が喉に詰まったか?」

美琴「あれは…空気の流れを利用して……まさかプラズマを…!?」

銀時「あれは…元気を集めて……まさか元気玉を!?」

美琴「………」

一方通行「いつまで余裕でいやがンだァ…テメェら確実に死ぬぜェ?」

銀時「へっ、言っとくけどな…テメーが元気玉出すのも俺の計算通りだ!」

上条「ほ、ホントか銀さん!」

銀時「……嘘に決まってんだろ」




347 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/08(木) 22:13:33.79 ID:21mLcu9U0
たしかにあれ元気玉だよねw




349 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/08(木) 22:14:39.02 ID:L3R+f3Qy0
セロリが元気玉ってあわねえなwwww




355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/08(木) 22:23:06.20 ID:1DzD/3oVO
一方通行「アハはハハハァ!計算通りだとォ?ンならさっさと止めてみなァ!」

銀時(冗談言ってる場合じゃねェ!マジでヤバそうじゃねーかァァァァ!)

銀時「オイ!どうやったらあれ止まるんだ!?」

美琴「無理よ!あんな大規模な空気の流れ…一方通行でなきゃ制御出来ないもの!」

銀時「何かねーのか!空気を吹っ飛ばすような……オイ、あの扇風機回せねーのか!?」

美琴「風車…!そうか…こっちから逆に電流を流し込んでやれば…」




356 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/08(木) 22:26:54.57 ID:1DzD/3oVO
一方通行「さァ…テメェらまとめて……」

ビュウウ!

一方通行「ン?なンだこの風…演算し損なったか……?」

一方通行(いや違う…こんな風が自然に起こるはずがねェ……)

銀時「どーしたよ、何か手違いでもあったのか?」

上条「銀さん…これは…どうなってんだ……?」

一方通行「テメェ…一体何を………っ、風車か!」

銀時「はらたいらさんに3000点」




358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/08(木) 22:35:14.89 ID:1DzD/3oVO
一方通行「だが…こンだけの風を起こすには相当の数を動かさなきゃならねェはずだ…」

ミサカ「私たちのことをお忘れですか、とミサカは動揺するあなたに追い討ちを掛けます」

一方通行「オマエらのネットワークで…そういやアイツさっき……」

銀時『テメーが元気玉出すのも俺の計算通りだ!』

一方通行(ぐ、偶然に決まってンだろォが!ンなところまで先読み出来るわけ…)

一方通行(ま、待て…たしか序盤の頃……)

銀時『俺には!!九千人を越える部下がいる!!』

一方通行(二万人中、俺が殺したのは一万人強……)

一方通行「……嘘だろ」




359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/08(木) 22:36:28.49 ID:D6ISbKT80
嘘です




360 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/08(木) 22:36:46.39 ID:2lGvTAs60
なんだ嘘か




361 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/08(木) 22:36:54.66 ID:374vg7nG0
嘘だな




369 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/08(木) 22:53:43.34 ID:1DzD/3oVO
一方通行(全部…アイツの計算通りに進ンでやがったのか?)

一方通行「有り得ねェ…有り得るはずがねェだろォがァァァ!」

上条「ぐっ…!」

銀時「上条…何でかは知らねーがアイツは今かなり焦ってやがる、ここで一発ぶちかませ」

上条「ああ…けど、アイツが飛ばしてくる瓦礫や何やらが……」

銀時「そいつは俺に任せろ…俺のすぐ後ろについて走れ!」

一方通行「テメェらみてェな三下共に俺がァァ!」

ビュン!

銀時「ウラアァァァ!」

キィンキィン!

一方通行「無能力の…レベルゼロの奴らに……」

銀時「やれェェェェ!」

上条「ウオオォォ!」

一方通行「やられるワケにはいかねェンだァァ!」

ガッ!!




375 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/08(木) 23:06:36.10 ID:1DzD/3oVO
一方通行「ぐっ………」バタッ

上条「お…終わった……か」バタッ

美琴「ちょ、ちょっとあんた!大丈夫なの!?」

御坂妹「外傷は多々見受けられますが…致命傷ではありません」

御坂妹「蓄積された疲労のせいでしょう、とミサカは分析します」

美琴「とにかく…早く病院へ!ほら、あんたも!」

銀時「いや…俺ァ少しやることがあってよ……テメーら先行っとけ」

美琴「そう…でも急いで来なさいよ!あんたも無傷じゃないんだからね!」

銀時「あいよ…」




380 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/08(木) 23:15:12.70 ID:1DzD/3oVO
ミサカ「やることとは?と、ミサカはあなたの行動を気にかける発言をします」

銀時「…少しだけコイツと話がしてーんだ、出来れば二人きりにしてくれ」

ミサカ「……分かりました、とミサカはあなたの心中を察しこの場を去ります」

ミサカ(………ありがとう)

---

一方通行「………っ」

銀時「よう……起きたか?」

一方通行「テメェ…!」

銀時「よせよ…今更かち合っても仕方ねーだろうが」




382 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/08(木) 23:23:24.93 ID:1DzD/3oVO
一方通行「………負けたンだな」

銀時「…あんなモン負けになんざなるか、サシでやり合ったわけじゃねーだろ」

銀時「間接的な協力含めりゃとんでもなくアウェーな状況だったじゃねーか…」

一方通行「負けたンだよ……レベル0に負けるレベル5なンざとんだ笑いモンだ」

一方通行「…これじゃ最強になンざ届きもしねェ」

銀時「………」




388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/08(木) 23:33:11.84 ID:1DzD/3oVO
銀時「何でテメーがそこまで最強を望むかは知らねーよ…別に知りたくもねーしな」

一方通行「………」

銀時「けど…疑問を感じてたんじゃねーのか?このやり方によ」

一方通行「ハッ…お得意の説教か……」

銀時「…説教なんてそんな高尚なモンじゃねーよ、ただの戯れ言だ」

一方通行「……俺みてェなクソッタレの悪党に効く説教は存在しねェよ」

一方通行「人形だろォが何だろうが殺しまくってた俺に救いなンざありはしねェ…」

一方通行「テメエやアイツみてェなヒーローとは世界が違ェンだよ」




390 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/08(木) 23:40:54.08 ID:1DzD/3oVO
銀時「……はっ、笑わせんじゃねーよ」

一方通行「あァ……?」

銀時「俺がヒーローで世界が違う?…少なくとも俺はヒーローなんかじゃねぇ」

銀時「昔の俺が……戦いの中で何人斬ったと思ってやがる」

一方通行「斬った…?」

銀時「…守るために戦ってるつもりだった、必死になって守ろうとした」

銀時「けどよ……終わってみりゃ大切なモンは全部無くなってた」

銀時「正直…世界ってやつに嫌気がさしたことだってある」

一方通行「オマエ…一体……?」




394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/08(木) 23:52:36.22 ID:1DzD/3oVO
銀時「だがな…途中で気がついたんだ、俺が本当は何に嫌気がさしてんのか…」

一方通行「………?」

銀時「本当に俺が嫌気がさしてたのは…ぶっ飛ばしたかったのは世界なんかじゃねえ」

銀時「……テメー自身だってよ」

一方通行「!」

銀時「一方通行だったか?…テメーも似たようなこと考えてたんじゃねーのか?」

銀時「触れることさえ出来ねえ自分を誰かにぶん殴って欲しかったんじゃねーか?」

一方通行「……戯れ事だなァ」

銀時「…最初にそう言ったろうが」




396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 00:00:09.59 ID:8TL6Qlx6O
一方通行「で…だったらどうだってンだァ?」

銀時「………」

一方通行「一万人ぶっ殺して『実は誰かに止めてもらいたかったンです』……」

一方通行「それで片付けられることじゃねェ……そンな軽いことじゃねェだろ」

一方通行「一度畜生に堕ちた人間はなァ…どこまでいっても畜生なンだよ」

一方通行「いや…それはオマエが一番よくわかってンじゃねェのか…?」

銀時「……どうだかな」




401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 00:24:02.97 ID:8TL6Qlx6O
銀時「テメーの考えを否定するつもりはねーよ、その権利もねーしな……ただ」

銀時「堕ちた人間はもう戻れねェなんてのは…ただの逃げじゃねーのか?」

銀時「戻る勇気がねェ…だから戻れねェって頭から決めつけてんだろ?」

一方通行「…どンだけ善行をしよォが俺の過去は消えねェンだ、それでどうしろって…」

銀時「消す必要なんざねーよ」

一方通行「……あァ?」

銀時「俺らは過去の失敗も罪も……全部背負っていかなきゃならねーんだ」

銀時「俺ら人間ってのは…そうやって生きてかなきゃならねーんだよ」

銀時「それを苦しいと思うかどうかは…テメー次第だ」

一方通行「………」




402 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 00:28:58.39 ID:hfU8k5Oz0
何この銀さんかっこいい
濡れた




405 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 00:36:18.68 ID:8TL6Qlx6O
一方通行「少しは面白ェ話だったけどなァ…俺ァやっぱヒーローにはなれねェ」

一方通行「ただ……確かに堕ちた畜生のまんまでいンのもつまンねェ」

銀時「そうかよ……やっぱテメーと俺はどこかしら似てんのかもな」

一方通行「正直…お前なンかと一緒にされたくねェけどなァ」

銀時「言うじゃねーか……もう夜も遅ェ、酒は飲めねーだろう…いちご牛乳で一杯やるか」

一方通行「……甘ェモンは飲まねェンだよ、せめてブラックにしろ…」




417 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 00:51:39.16 ID:8TL6Qlx6O
---
翌日、病院

上条「あの…銀さん、見舞いに来てくれたのは嬉しいけど……今何て言ったんでせうか?」

銀時「ん?一方通行の奴がインデックス守るのに協力してくれるとよ」

上条「いやだって…ついこの前まであんな殴り合いしてたのに…何か…」

銀時「ばっかオメー、ドラゴンボールでいうゴジータクラスの奴が味方になったんだぞ?」

上条「………」

美琴「……アンタ、色々と凄いわね」

銀時「あ、そんでお前にゃこれだ」

美琴「何よこれ……手紙?」

銀時「差出人は言わなくても分かんだろ?」

美琴「……そう、あいつもホントに素直じゃないのね」




426 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 01:05:33.99 ID:8TL6Qlx6O
禁書「とうま!」

上条「インデックス!元気にしてたか?冷蔵庫の中身空っぽにしてないだろうな…」

禁書「………」

上条「…えと、インデックスさん……?」

禁書「ばかばかばかー!怪我をしたって聞いて心配したんだよ!本当に…心配で…」グスッ

上条「わ、悪い!心配かけたくなくてな…」

銀時(あーあー、何をコイツらやってんだか……)

美琴「………」

銀時(で……コイツは目から嫉妬ビーム炸裂してやがるしよ)




430 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 01:15:43.52 ID:8TL6Qlx6O
---

銀時「………」

上条「ビリビリもインデックスもようやく帰ったか…はぁ、疲れたな」

銀時「女の子と会話したあとどや顔で『しんどいわー』とか言う奴、全員死刑」

上条「はい…?」

銀時「もうウンザリなんだよ!女の子に話し合わせるの大変だよね、みたいなオーラ!」

銀時「世の中には女の子と話せるだけで幸せな男子も一杯いるんだよ!」

銀時「もうハーレム自覚のないモテ男は全員死刑ってことでファイナルアンサー!?」

上条「モテ男は死刑…ファイナルアンサー!」

銀時「じゃあテメーは今すぐ死ねェェ!フラグ建てた数だけ何度でも死ねェェェ!」バキッ

上条「いってぇ!…な、何で上条さんが殴られたんせうか……?」

銀時「オイコイツ手遅れだ!もはや宇宙に捨てたほうが良くね!?」




437 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 01:29:19.05 ID:8TL6Qlx6O
---
同日、某所

銀時「ったくやってらんねーよちきしょー、何だってんだアイツよー」

一方通行「………よォ」

銀時「おうお前か、何だ?飲みの誘いか?」

一方通行「いや…ちィっとばかり真面目な話でなァ…」

銀時「……?」

一方通行「アイツら…妹達に関することなンだがなァ……」

銀時「……ああ、聞かせてもらうわ」




438 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 01:35:43.19 ID:8TL6Qlx6O
銀時「樹形図の設計者(ツリーダイアグラム)?」

一方通行「あァ…レベル0のオマエらに負けたンで実験は中止……」

一方通行「妹達も全員解放ってなるかと思いきや…そうはなンねェ」

銀時「つまりそれをぶっ壊さねーと元も子もないってか……どこにあんだ、それ」

一方通行「行けるンならとっくに行ってるンだけどな…宇宙じゃ手が出せねェよ」




442 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 01:50:16.40 ID:8TL6Qlx6O
銀時「そりゃ何だ…衛星コンピューターか何かなのか?」

一方通行「厳密には違ェが…まあ、大ざっぱに表記すりゃそンな感じか」

銀時「………モノは試しだな」

一方通行「?」

---
同日、某所

美琴「樹形図の設計者を破壊出来ないかですって?…何であたしに訊くのよ?」

銀時「電気関連じゃお前より上はいねーからな、何とかなるんじゃねーかと思ってよ」

美琴「……期待させて悪いけど無理よ、前にあたしも似たようなことを考えたけど…」

美琴「何せ場所が場所よ…ハッキングなんか出来るはずもないしね」




446 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 02:00:47.08 ID:8TL6Qlx6O
一方通行「…なンか知っている情報はねェのか」

美琴「……あの衛星の軌道、位置…大体それくらいね」

銀時「場所だけ分かっても困るわな……」

一方通行「………」

美琴「これはあの子たちの事だし…あたしに出来ることがあればいつでも呼んで」

一方通行「あァ……悪ィな」

美琴「………」プッ

一方通行「感謝してる相手笑うとか喧嘩売ってンですかァ?」




485 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 10:04:43.03 ID:8TL6Qlx6O
美琴「ごめんごめん!…アンタが謝るなんて思ってもみなかったから」

一方通行「……オマエとも後で話がしてェ、けじめはつけなきゃなンねェからな」

美琴「そう……何があったかは知らないけど…本当に変わったのね」

一方通行「勘違いすンな…俺はヒーローにクラスチェンジしたわけじゃねェよ」

一方通行「……ほンの気まぐれだ」

美琴「ホント…素直じゃないわね……」




490 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 10:16:30.16 ID:8TL6Qlx6O
---
数日後、上条宅

禁書「とうま!おかえりなんだよ!」

上条「インデックス!心配かけたな」

禁書「今日ね、とうまの先生が退院祝いで焼き肉パーティーをしてくれるって!」

上条「小萌先生が?じゃあありがたくご馳走になろうかな…」

禁書「私もついて行っていいんだって!とうまもぎんときも早く行こ!」

上条「ああ…ちょっと待っててくれ、支度しなくちゃいけないからな」

禁書「じゃあ先に外で待ってるんだよ!」

上条「はいはい、分かりましたよっと…」




492 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 10:28:38.74 ID:8TL6Qlx6O
上条「はぁ…最近はすげえ濃い日々が続いてんな……」

銀時「バーコードをぶっ飛ばしてゴジータと戦って…だったからな」

上条「なあ…銀さん、一つ訊いていいか?」

銀時「ん?」

上条「アンタが味方なのは分かってる……ただ」

銀時「俺が何モンかが分からねー…ってか」

上条「魔術師の人間じゃない、能力者でもない……一体アンタは…」

銀時「……全部終わったときに教えてやる、今は何も考えんな」




493 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 10:39:08.83 ID:8TL6Qlx6O
銀時「さて…焼き肉にゃ行きてーが……俺ァ妹達のことでも動かねーとな」

上条「何か進展が…?」

銀時「いーや、正直全然だ…もう少し色々とやってみるけどよ」

上条「俺に何か出来ることがあればいつでも言ってくれ…」

銀時「ああ…とりあえず……」

禁書『とうまー!置いてっちゃうよー!』

銀時「……アイツについてってやれ」

---
同日、小萌宅

小萌「さぁー上条ちゃんも謎のシスターちゃんもどんどん食べちゃってくださいね!」

禁書「ほ、ホントにこれ全部食べていいの!?」

小萌「良いですよー、お腹いっぱい食べてもらって!」

禁書「やったー!」

上条「…行儀良く食うんだぞ」




495 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 10:48:34.61 ID:8TL6Qlx6O
上条「あ、飲み物無くなっちゃたみたいなんで買ってきますよ」

小萌「ついでにビールも買ってきてくださいね」

上条「いや…お使いとはいえ高校生がビール買うのはマズいのでは…」

---
某所

上条「………ん?」

上条(何だ…こんな大通りに人が一人も……)

神裂「ステイルが人払いのルーンを刻んでいるだけですよ」

上条「お、オマエ……」

神裂「神裂火織と申します」




497 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 11:02:15.25 ID:8TL6Qlx6O
---
同日、某所

銀時「今日も進展なしか…さすがに俺も衛星ぶっ壊すなんて仕事はやったことねーし…」

一方通行「わざわざオマエまで手伝うことはねェンだぞ?…これは俺の問題だ」

銀時「いーんだよ、俺が好きでやってんだから」

一方通行「ハッ、そォかよ………ん?」

銀時「どうしたよ」

一方通行「いや……妙な気配がしてなァ」

一方通行(能力者が何か操作してやがンのか…いや違うなァ…)

一方通行「気になるな……行ってみるかァ」

銀時「?」




498 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 11:16:54.65 ID:8TL6Qlx6O
---

上条「ぐっ…」

神裂「少年、もう止めてください…あの子にはもう時間がないのです」

上条「ふざけんな…テメエらの勝手な都合をインデックスに押しつけんじゃねえ!」

神裂「………」

上条「仲間なんだろ!なのに…オマエらはアイツが悲しむ顔をそんなに見たいのかよ!」

神裂「うるっせぇんだよこのド素人がァ!」バキッ

上条「ぐっ……」

神裂「知ったような口を聞くな…私達がどんな気持ちであの子の記憶を消してるか……」

神裂「あなたなんかには分からない」バキッ!!

上条「うぐっ!」




547 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 20:31:04.40 ID:8TL6Qlx6O
神裂「私だって頑張った…頑張ったんですよ!なのに……ダメだったんです!」

神裂「もう限界なんです…私にはもう…耐えられない……」

上条「……お前らは間違ってる、そのためにインデックスがどれだけ辛い目にあったか…」

上条「インデックスの気持ちを無視したテメエらのやり方が正しいとでも思うのか!」

上条「お前らには力がある!何だって出来る!こんな力にすげェ力があるだろう!」




553 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 20:40:35.69 ID:8TL6Qlx6O
神裂「………めて」

上条「魔術師のお前らならいくらでも選択はあるはずだろ!」

神裂「……止めてください」

上条「インデックスとテメエら…両方が不幸になる選択肢を進んで選んでどうする!」

上条「たった一度や二度の失敗で…簡単に心が折れてんじゃねえよ!」

神裂「もう止めてください!」ガッ

上条「うっ……あ…」バタッ




556 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 20:48:30.89 ID:8TL6Qlx6O
神裂「ハッ…ハッ…」

銀時「……よう、もうその辺にしとけや」

神裂「あなた達は……」

銀時「通りすがりの勇者Aだ」

一方通行「じゃあ俺はとォりすがりのウルトラマンAッてとこかァ?」

銀時(ウルトラマン……しかもエースとか渋いチョイスだなオイ)




559 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 20:54:04.66 ID:xLafiu9TO
一方通行が成長しやがって;;




560 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 20:55:35.95 ID:DT+y3lnHO
>>556
ウルトラマンAwwwwwww




561 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 20:57:22.98 ID:8TL6Qlx6O
銀時「刀でメッタ撃ち…ガキ相手にずいぶんと大人気ねーことしやがるな」

銀時「ま…斬り掛からなかったまだマシか」

神裂「何度叩かれようと…彼女を守ろうというこの少年の決意は揺るぎませんでした」

銀時「そりゃあそいつはヒーロー様だからな…簡単に屈したりはしねーんだよ」

神裂「ではあなたに問います、彼女…インデックスを我々に引き渡しては頂けませんか?」

銀時「銀魂アニメ二期の放映権と引き換えなら考えてやる」

神裂「………」

一方通行(まァたコイツは意味分かンねェことを……)




563 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 21:04:46.68 ID:8TL6Qlx6O
神裂「…『七閃』」

銀時「いやいきなり攻撃!?そんなに二期は絶望的なの!?」

一方通行「なンでもいいけどなァ…ンな物理攻撃が俺に通用すると思ってンのか?」

キィン

銀時「ほわあああぁぁ!?」

一方通行「あ、わりィ」

銀時「危ねーなお前!素直に反射すりゃいいのに何でわざわざこっち飛ばしやがった!」

一方通行「オマエの反応が面白ェからに決まってンだろ」

銀時「俺はテメーのおもちゃじゃねェェェェ!!」

神裂「………」

神裂(…ずいぶんと仲が良さそうですね)




565 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 21:06:18.12 ID:Hbes5LRhP
一方さんお茶目www




568 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 21:07:29.28 ID:X95PXTzh0
今に始まったことじゃないが上条さん空気wwwwwwww




572 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 21:10:43.47 ID:DT+y3lnHO
白髪コンビwwwwwww




582 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 21:24:55.63 ID:8TL6Qlx6O
銀時「大体テメー!いきなり不意打ちしかけてくるとか恥ずかしくねーのか!」

銀時「しかも刀じゃなくて妙な紐で攻撃しやがって!」

一方通行「なンだよ…その馬鹿でけェ刀は飾りですかァ?」

神裂「!」

神裂(『七閃』の正体を一度で見抜いた…?)

神裂「よく分かりましたね…一度で見抜くとは少々驚きました」

銀時「この地面の傷…明らかに太刀傷じゃねーだろうが」

一方通行「俺が気づいたのはベクトル操作したときだな…」




585 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 21:37:24.51 ID:8TL6Qlx6O
銀時「第一さ、何なのその刀?明らかにデカすぎだよね、どうやって鞘から抜くの?」

神裂「この刀は飾りではありませんよ……」

銀時「それにさ…何なのその服、どんなセンスだったらそこにたどり着くの?」

銀時「最先端の東京を目指してたらいつの間にかガンダーラに着いちゃった?」

神裂「こ、これには理由が…あ、あなたこそ死んだ魚みたいな目をしてるくせに!」

銀時「テメーみたいな露出狂には言われたかねーよ!」

ブチッ

神裂「るっせぇんだよこの天パー!!」

銀時「黙れこの老け顔クソババアァァァ!!」

神裂・銀時「何だとコラァァァァ!!」

一方通行「………」




596 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 21:52:39.43 ID:8TL6Qlx6O
神裂「第一私はまだ18歳だァァァ!ババアじゃない!!」

銀時「いやそういう寝言は寝てても言わないください」

神裂「嘘じゃありません!ババアは取り消してもらいましょうか!」

銀時「…ハイハイ、分かりましたよクソ」

ブチッ

神裂「誰がクソババアからババアだけ取れっつったァァァ!!」

銀時「うっせーなテメー!いちいち注文が多すぎんだろうがァァァ!!」

一方通行「………」

一方通行(アイツ…意外と若ェンだな……正直二十後半はいってると思ったけどよ…)




599 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 21:56:12.30 ID:ALGb6RwhO
>…ハイハイ、分かりましたよクソ
おいwwwwwwww




608 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 22:08:04.99 ID:8TL6Qlx6O
銀時「大体テメーは俺と被ってんだよ!侍キャラは俺一人で十分だ!」

銀時「今すぐにキャラを変更しろ!刀を捨てて学校の生徒会長になりやがれ!」

銀時「ピンク色の髪で文武両道で優秀になって同級生の執事に恋しろォォォ!」

神裂「断ります!あなたこそ休日に宇宙人や未来人、超能力と不思議探しをしつつ…」

神裂「妙な空間に男女で二人きりになって世界を救うために愛の告白をすればいい!」

銀時「……どうあっても退かねーらしいな」

神裂「ここまで来たら仕方ありませんね……」

神裂・銀時「戦闘開始!(レッツパーリィィィ!!)」

一方通行「あ、チョウチョ飛んでンなァ…もォ春だなァ」




613 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 22:10:32.52 ID:fehZSmAq0
中の人www




622 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 22:21:18.43 ID:8TL6Qlx6O
銀時(ヤローの技は抜刀に見せかけて弦を飛ばしてるだけだ……なら)

神裂「『七閃!』」

銀時「最初見た時はビビったが…タネが分かってりゃビビるこたねーんだよ!」

神裂(速い…七閃を回避して即座に間合いを…!)

銀時「今度は…俺の番だァァァ!」

神裂「くっ!」キィン

一方通行(なンか勝手に始めやがって……俺ァもう帰っていいンですかァ?)




624 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 22:22:48.04 ID:BfVQSb9qO
一方さんwww




627 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 22:32:56.79 ID:8TL6Qlx6O
神裂「…想像以上に出来るようですね」

銀時「テメーも…今の防ぎ方見る限り素人じゃねーな」

神裂「名乗りたくありませんでしたが…仕方ありませんね、『Salvare000』!」

ステイル「『Fortis931』!」

銀時「………」

神裂「………」

銀時「………おいバーコード、何でテメーがここにいる?」

ステイル「神裂があまりにも時間が掛かりすぎているから気になってね…」

ステイル「苦戦しているようだから手伝いに来ただけだよ」

銀時「………」

神裂「………」




630 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 22:34:37.02 ID:bE5ZYb3U0
バーコード空気嫁wwww




631 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 22:36:09.77 ID:jRW4G6SlO
これだからバーコードついてる奴は




634 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 22:42:00.43 ID:8TL6Qlx6O
銀時「………」

神裂「………」

ステイル「……僕が何かしたかな?」

銀時「お前さ…今あれだったろ、全力の一騎打ちになって盛り上がる所だったろ」

銀時「そこにいきなり入ってきて…これもうぶち壊しだよね?」

ステイル「いや…勝負に雰囲気ぶち壊すも何もないと思うんだが……」

神裂「………」

銀時「あーあ…どうすんのこの空気?」

ステイル「………すまなかった」




635 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 22:42:46.82 ID:+clPN1rA0
ステイルェ・・・




638 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 22:43:34.88 ID:jRW4G6SlO
意外と素直www




639 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 22:43:40.67 ID:SRLvY25b0
あかんステイルがマダオ化してまう




646 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 22:53:03.78 ID:8TL6Qlx6O
一方通行「面倒くせェな…なら味方の俺が入りゃ二対二だろォが」

一方通行「こっちも暇じゃねェンだ…さっさと終わらせよォぜ、なァ?」

神裂「………」

神裂(この白髪の少年…ただならない気配が……!)

ステイル「………」

ステイル(こっちの細い少年なら安全に勝てそうだな……)




649 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 22:53:36.07 ID:nDFcW9Ao0
ステイルからマダヲ臭が




650 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 22:55:01.55 ID:QX8M3J0EO
このステイルはダメなステイルだな




653 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 22:55:39.64 ID:8N2h4S3p0
これのステイルはダメだwwwwww




660 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 23:08:30.21 ID:8TL6Qlx6O
一方通行「第一なァ…テメェらは一体何でシスターなんざ追い回してやがンだ?」

一方通行「十万三千冊だか知らねェが…大の大人がガキ追い掛け回すとかよォ…」

一方通行「テメェら二人してロリコンなンですかァ?」

ステイル「ロ、ロリコンだと……!」

神裂「……あの子の命を守るためですよ」

銀時「……守る?」

神裂「あの子が持っている力…完全記憶能力……という言葉をご存知ですか?」

一方通行「当たり前だろォが、舐めてンのか?」

銀時「…あー完全記憶ね?うん、そんなのあったね……多分」

銀時(一方通行の奴が分かって俺だけ分かんない恥ずかしいしな……)




667 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 23:17:46.28 ID:8TL6Qlx6O
神裂「その力を持つあの子には魔導書を詰め込まれれ…故に脳がパンク寸前なんです」

一方通行「……パンク寸前だァ?」

神裂「脳の容量の内、85%は魔導書で使用されています…残る容量は15%」

神裂「その容量も一年経てば……」

銀時「………」

銀時(やっべ…何言ってるか全然分かんねえ……仕方ねぇ、もう一回説明聞くか…)

銀時「あのさ…正直、全然意味が分かんなかったんだけど?」

一方通行「ククク……あァ…全くだなァ」

銀時(何だ…コイツも分かってなかったのか……)




668 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 23:19:32.29 ID:rYfDvW/EO
噛み合ってるけど合ってない




669 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 23:20:15.75 ID:JzKqs8R30
すげぇよwww
禁書が見事に銀玉化してるwww




680 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 23:28:08.28 ID:nDFcW9Ao0
>>669
まさに禁魂だな




681 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 23:29:25.14 ID:BfVQSb9qO
>>680
卑猥な言葉に見えるのは俺だけじゃないはず




682 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 23:29:31.46 ID:bE5ZYb3U0
金玉……だと?




679 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 23:27:02.21 ID:8TL6Qlx6O
一方通行「クッ…ククク……」

神裂「な…何ですか?」

一方通行「あ、悪ィな…まさか笑いを堪えンのがこンなに難しいとは思わなくてよォ…」

神裂「なっ……」

一方通行「魔術師の皆さン方は揃いも揃っておバカさンの集まりなンですかァ?」

ステイル「ば、馬鹿だと…!」

銀時(いやお前は馬鹿だから)

一方通行「テメェらには脳の構造を一から叩き込んでやりてェくらいだ…なァ?」

銀時「え?」

一方通行「はァ?さっきのでオマエも妙な点に気付いたンだろ?」

銀時「……あ、ああ!テメーら魔術師はホント困るよなぁ!」

一方通行「……オマエも分かってねェのかよ」

銀時「………」





689 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 23:37:43.81 ID:8TL6Qlx6O
---

一方通行「……っと、まあ説明としちゃこンなモンだろ」

一方通行「要はなァ…女、テメェの言ってたことは間違いだらけなンだよ」

神裂「そ、そんな……じゃあ私達は今まで……」

ステイル「あの子を…無意味に傷つけていただけだったのか……!」

一方通行「……ンで、どォすンだ?これ聞いてもまだやりあおうってンのかァ?」

神裂「……いいえ、これ以上あなたがたと争う理由はありませんから」

ステイル「…命拾いしたね?」

一方通行「あァ?」




690 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 23:38:33.97 ID:nDFcW9Ao0
命拾いしたのはどっちだよwwwwwwwwwwwww




693 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 23:39:41.90 ID:yaAsfE/t0
もう完全にマダオだよこのステイルwww




695 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 23:40:22.44 ID:FORzt1mpO
ステイルがヤムチャまっしぐらwwwww




700 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/09(金) 23:50:11.23 ID:8TL6Qlx6O
銀時「そのインデックスの記憶を消す期限ってのは…いつなんだ?」

神裂「残念ながらあまり時間はありません、一週間とないでしょうね…」

神裂「それまでにインデックスを縛る術式を見つけ出し、解除する必要があります」

銀時「解けなかったら…どうすんだ?」

神裂「……その場合はやむを得ません、記憶を消去します」

一方通行「妹達…シスター……また面倒くせェことになったなァ」

神裂「あなた達には感謝します、私たちの誤った判断を正してくれましたからね」

神裂「それと……あの少年にもお礼を」

一方通行「あの少年?どいつだ?」

銀時「………あ、上条のヤローのことすっかり忘れてた」




713 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 00:06:15.17 ID:SB3QNUQRO
---
翌日、上条宅

禁書「とうま…何でまた怪我してるの……昨日退院パーティーしたばっかりなんだよ!」

禁書「なのに…1日でまたそんなに怪我するなんてどう考えてもおかしいかも!」

上条「はは…まあ、不幸だったってことかな」

上条(リミットまでもう時間がない…どうすればその術式を……いや待てよ)

上条「なあインデックス……」

禁書「うん?」

上条「ちょっと体触らせてくれないか?」

禁書「」




714 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 00:08:12.54 ID:dlR/AZzWO
また新たなロリコンが…




715 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 00:11:59.10 ID:+KHXyP2z0
ろwwwりwwwこwwwんwwww




717 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 00:15:48.06 ID:sc/7+a080
怪我人を心配したら体触らせてくれと言われたでござるの巻




718 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 00:16:42.94 ID:SB3QNUQRO
---

上条「思いっきり殴られた、正直噛まれるより痛かった」

銀時「それ100%お前が悪いだろ、お巡りさんに電話されたいの?」

上条「……返す言葉もない、あれじゃ誤解されても仕方ねえか」

銀時「で?何だって急にセクハラしようとしたんだ?」

上条「インデックスに術が掛けられてるならこの右手で触れば解けるはずだろ?」

銀時「ああ…それでか」

一方通行「にしてもオマエ……言い方ってモンがあるだろォが」




730 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 00:33:42.18 ID:SB3QNUQRO
銀時「ま…試してみる価値はあるか、とっととアイツ探してこねーと…」

一方通行「俺ァ行かねーぞ、面倒くせェ…コイツの尻拭いなンざやれるか」

上条「……責任持って俺が見つけてくるよ」

---
某所、大通り

美琴「はぁ……全然何の情報も入ってこないわね」

禁書「あっ!短髪!」

美琴「アンタ…この前のシスターじゃない」

禁書「助けて!暴漢がいたんだよ!」




734 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 00:41:04.85 ID:SB3QNUQRO
美琴「暴漢ですって!そいつどこにいるの!?」

禁書「あ、あそこにいる…」

美琴「あれって……」

上条「あっ!ビリビリ!俺の連れのシスター見なかったか?」

美琴「……ねえ、暴漢ってあれ?」

禁書「うん、体を触らせろ!って…」

美琴「………」

上条(ヤバいこれ…絶対勘違いされてるパターンだ……まあ今回は俺のせいだけど)




737 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 00:54:36.09 ID:SB3QNUQRO
美琴「アンタ……暴漢だなんて一体何やってんのよ!」

上条「ち、違うぞ!誤解だ!まず俺の説明を聞いてくれ!」

美琴「……誤解?」

禁書「?」

上条(術を解かなきゃ命に関わるってことは隠しておくか…)

---

上条「…ってわけだ」

禁書「インデックスに…術式が……?」

美琴「なるほど…それを解かなきゃいけないってわけね」

上条「言い方に語弊があったが…別に何もやましい理由は何一つない」

美琴「そう……ならいいわ」

禁書「ご、誤解してごめんなんだよ……」

上条「いや…あれは俺が悪かった」




740 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 01:02:29.49 ID:SB3QNUQRO
---
上条宅

上条「で、何とか説得出来たわ」

銀時「こっちも…ついさっき魔術師の奴らから電話があったよ」

銀時「右手を試すのはインデックスに何か症状が出てからにしてほしいそうだ」

上条「何でだよ、早ければ早いほうがいいだろ?」

銀時「その右手も100%安全ってワケじゃねぇ…奴らもリスクは避けてぇんだろ」

銀時「もしかしたら安全で確実に術式を解く方法が見つかるかもしれねーしな…」




743 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 01:15:46.63 ID:SB3QNUQRO
---
数日後、上条宅

禁書「ハァ…ハァ…」

ステイル「インデックス……」

神裂「結局……インデックスに掛けられている術式さえ分かりませんでしたね」

美琴「………」

一方通行「チッ……」

銀時「………」

BJ「………」

上条「待て、一人おかしいのがいるぞ」




744 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 01:18:29.40 ID:fNUflHKv0
先生まだいたのねw




745 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 01:18:46.08 ID:kMT2FGEf0
BJwwwwwwwww




755 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 01:30:21.09 ID:SB3QNUQRO
上条「冗談はさておき……良いよな?」

ステイル「やむを得ない、能力者…君の右手に賭けるよ」

上条「ああ……」タッチ

上条「………?……変化なし?」

銀時「…まだどっかしら触ってねー部分があるんじゃねーのか?」

上条「口か……!」




763 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 01:52:29.84 ID:SB3QNUQRO
上条(……ん?コイツは…!)

上条「見つけた…何かあった……行くぞ」

バシュ!

上条「ぐっ!?」

パシッ

神裂「大丈夫ですか?」

上条「あ、ああ…けど……コイツは…?」

禁書「警告―、禁書目録の首輪、その破壊を確認、再生――失敗」

禁書「首輪の再生は不可…『書庫』の保護のため、侵入者の迎撃を優先します」




770 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 02:13:47.70 ID:SB3QNUQRO
一方通行「ハッ…なンだァ?必死こいて守ってたヤツが実はラスボスでしたってかァ?」

銀時「上等じゃねーか…あいつにはいつかガツンとやってやろうと思ってたしな」

上条「待ってろインデックス…お前は必ず助け出してやる…!」

美琴「よく分からないけれど……迷っている暇はなさそうね」

銀時「やるぞテメーら……これが最終決戦だァァァァ!」




776 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 02:30:54.88 ID:SB3QNUQRO
禁書「敵の攻撃に備え、術式により結界を発動します」

ステイル「あの子が魔術を使えないというのも…奴らの仕組んだ嘘か!」

神裂「そのようですね……」

禁書「結界の発動に成功、続いて侵入者排除の術式に入ります…」

美琴「何か来るわよ!」

銀時「オイ…何だあの裂け目……!」

神裂「あれは……まさか『竜の吐息』!?」

ステイル「マズい……全員避けろォォ!」

バシュ!!




782 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 02:59:55.74 ID:SB3QNUQRO
上条「くそっ!」

キィン!

上条「ぐっ…う…!」

美琴「そんな…アイツでも打ち消しきれない…?」

銀時「呆けてる場合じゃねえぞテメーら!上条が抑えてる間に攻撃しろ!」

一方通行「行くぜェ…」

美琴「手加減とか言ってる場合じゃないわね…!」

キィン!

美琴「電撃が……攻撃が弾かれた?」

神裂「結界です!あれを破らなければこちらからの攻撃は届きません!」

一方通行「チッ…結界だァ?」

一方通行(こいつの力場にも一定の方向性はあるンだろ……なら…)




784 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 03:09:54.71 ID:SB3QNUQRO
上条「ぐっ…う…」

銀時(上条の奴が結界に触ってくれりゃすぐ解決だけどよ……さすがに無理か)

一方通行「耐えろ三下ァ!もうすぐに結界の解析が終わる!」

上条「ああ……頼む、もうそんなに持ちそうもない!」

神裂「無限の射程と果てしない威力…押さえきれないのは当然です…」

銀時「無限の…射程?」




789 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 03:21:44.14 ID:SB3QNUQRO
銀時「……テメーらよく聞け、事のついでに妹達も助けちまうぞ」

美琴「え?」

銀時「あのビーム使って…『樹形図の設計者』をぶち抜く」

一方通行「!」

美琴「そ、そんなの無理に決まってるじゃない!」

銀時「衛星の位置と軌道は分かってんだろ?」

美琴「そうだけど…でもここから衛星を撃ち抜くなんて……」

一方通行「結界……解析完了、消去プログラム起動……削除!」




790 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 03:24:15.28 ID:ayJJZqtjO
この3人ペアは最強すぎるw




792 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 03:36:11.01 ID:SB3QNUQRO
一方通行「結界は消した!やるンなら今しかねェぞ!」

銀時「いいか、俺がアイツの足を木刀で払って上を向かせる……あとはお前だ」

銀時「お前のかめはめ波ならあのビームの軌道を逸らすぐらいは出来んだろ…」

美琴「軽く言ってくれるけど…それをするのがどれだけ難しいか分かってるの?」

美琴「全く…嫌になるわね…!」

銀時「行くぜ!」バシッ!

上条(インデックスの体勢が崩れた……!)

美琴(今よ…あの光をレールガンで…21.24度、31.79度ずつ……ずらす!)

キィーンバシュ!




794 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 03:38:14.06 ID:S1rMkPUP0
味方がいるっていいな




795 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 03:45:14.77 ID:rfOoMCbm0
上条さんは基本一人で背負い込むからな




796 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 03:45:36.49 ID:sc/7+a080
最終決戦なのにBJとか居るのか・・・




797 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 03:46:56.72 ID:SB3QNUQRO
銀時「やったか…?」

美琴「分からない…でもまだこっちは終わってないわ!」

禁書「侵入者の生存を確認-攻撃を続行します」

バシュ!

上条「しまっ…」

ステイル「『イノケンティウス』!」

神裂「『Salvare000』!!」

キィン

ステイル「行け!能力者!」

神裂「少ししか保ちませんが…『竜の息吹』は私達が抑えます!」

上条「……ああ!」




801 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 03:53:31.15 ID:SB3QNUQRO
美琴「早くやりなさい!あの子を止められるのはあんただけよ!」

一方通行「やれェ三下ァァ!」

銀時「主役のヒーローは……テメーだよ、上条」

禁書「侵入者排除のため、新たな術式を組み上げま…」

上条「ウオオォォ!」

ドッ!




805 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 03:57:33.20 ID:n/380HPg0
上条「やったかっ!?」




806 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 03:59:44.08 ID:iIFeu/t0O
BJ「いいや、まだだ」




808 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 04:02:36.97 ID:SB3QNUQRO
禁書「侵入……せいぞ…修復……不可……」バタッ

上条「インデックス…良かった……」

美琴「……何なのこれ…羽?」

神裂「これは…ダメです!その羽に触れたら大変なことに!」

一方通行「三下ァ!羽に囲まれる前にそこから移動しろ!」

上条「くっ…足が……動かな……」

美琴「そ、そんな…今までの疲労が…ここに来て!?」

銀時「………」




811 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 04:08:55.62 ID:SB3QNUQRO
銀時「……詰んだな」

美琴「え…?」

銀時「オイテメーら…後のことはよろしく頼んだわ……」

一方通行「オマエ…まさか……」

銀時「ワリーな一方通行……俺ァこういう不器用で馬鹿な生き方しか出来ねーんだ」

ダッ

一方通行「待て!銀時ィィィ!!」

上条「ぎ、銀さん!?」

銀時「ぐっ……!」バタッ




815 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 04:18:28.47 ID:SB3QNUQRO
---
翌日、病院

銀時「………」

冥土返し「どうだね、気分は?」

銀時「何つーか…すげー微妙だな」

冥土返し「そうか…そういえば君にお客さんだよ」

銀時「客?」

禁書「ぎんとき…!」

上条「銀さん……」

一方通行「………」

美琴「アンタ……大丈夫なの?」

銀時「……えーっと…誰お前ら?」




821 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 04:28:52.13 ID:SB3QNUQRO
上条「…なあ銀さん、あんたは俺とインデックスを捨て身で助けてくれたんだ」

禁書「本当に…ありがとうなんだよ…」

銀時「……へえ、俺もなかなか良いことしたモンだな」

美琴「妹達の実験…中止になったわ、『樹形図の設計者』が破壊されてね」

美琴「まったく…アンタのとんでも計画がまさか本当に上手く行くなんてね…」

美琴「ま、ほとんどはこの美琴センセーのおかげだけど!」

銀時「そりゃ…めでたいこったな」

美琴「………」




825 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 04:37:00.54 ID:SB3QNUQRO
一方通行「おいテメェ!!」ガッ

銀時「何だテメー…いきなり掴み掛かって来やがって…」

一方通行「オマエ言ったよなァ!人間ってのは過去を背負ってくモンだってよォ!」

一方通行「それは失敗や闇だけじゃねェ!光や人との繋がりも背負うって意味だろォが!」

一方通行「なのに…それをテメェは投げ出すつもりなのかァ!?」

銀時「………」





826 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 04:38:13.30 ID:YSb2nek/0
一方さん変わったな…




828 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 04:43:57.53 ID:SB3QNUQRO
銀時「……ワリーが、しばらく寝かせてもらうぜ」

一方通行「待て!俺たちの話はまだ…」

銀時「しつけェな!どうせ俺ァ何も覚えちゃいねー、テメーらが何言っても無駄だ!」

上条「………」

銀時「…わかったらさっさと帰りやがれ」

一方通行「………」




831 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 04:50:09.44 ID:SB3QNUQRO
---

冥土返し「ずいぶんとキツい言い方をしたね…」

銀時「なあジーさん…何でだろうな、俺ァ確かにさっきの奴らに見覚えがあんだよ」

銀時「会ったことも見たこともねェ…なのに……おかしな話だな」

冥土返し「…それなら何故あんな態度を取ったんだい?」

銀時「俺はあいつらの心から消えなきゃならねェ…そんな気がしてよ」

銀時「多分……俺ァここにいちゃならねー人間なんだろうな」




834 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 04:59:28.66 ID:SB3QNUQRO
冥土返し「それにしてもおかしい…君の脳細胞は確実に破壊されてるんだ」

冥土返し「あの黒いコートを着た謎の医師のおかげでダメージは最小限で済んだが…」

冥土返し「ここ二週間程の記憶は確実に失われているんだ」

冥土返し「聞けば君は彼らと知り合って大体二週間らしいじゃないか」

冥土返し「それならば……」

銀時「ジーさん、頭じゃねーんだよ……そういうんじゃねーんだ」




835 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 05:04:49.45 ID:SB3QNUQRO
銀時「なあアンタ…人間にとって一番大切な器官て何だか知ってるか?」

銀時「アイツ等に見覚えがあったのも…多分その器官のせいじゃねーか?」

冥土返し「人によって答えは異なるだろうが…脳や心臓…五臓六腑ではないかな?」

銀時「俺ァ違うんだよ…俺の一番大切な器官ってのは普通じゃねーんだ」

銀時「その器官が俺の真ん中を一直線にぶち抜いてるから…真っ直ぐ立っていられんだ」

銀時「そいつの名前はな……」




836 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 05:06:13.69 ID:eZlOyW8HO
流石BJ




837 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 05:08:13.42 ID:B1SmcNYZ0
BJはやっぱり凄い




838 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 05:09:19.56 ID:N5WcJEEt0
ついでに糖尿病も直してもらえよ




841 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 05:14:29.22 ID:SB3QNUQRO
---
数日後

銀時「世話ンなったな…ジーさん」

冥土返し「いやいや…そんなことはないよ、面白い話も聞けたしね」

銀時「じゃ…行かせてもらうわ」

冥土返し「………」

冥土返し「……『魂』か、実に非科学的だが、少し信じてみたくなったね」




842 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 05:20:30.45 ID:SB3QNUQRO
---

銀時「………」

上条「銀さん、どこに行くんだ?」

銀時「またお前か…」

上条「俺だけじゃないさ…」

銀時「…?」

禁書「ぎんとき!」

美琴「おっと…私を忘れてもらったら困るわね!」

御坂妹「お久しぶりです、とミサカは恩人に対し心から挨拶をします」

ステイル「まったく…やってくれたな、君は」

神裂「私からもお礼を言っておきます…」

一方通行「………」

銀時「………」

上条「全員…銀さんと繋がりのある奴らだ」




848 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 06:02:07.23 ID:SB3QNUQRO
上条「なあ銀さん、俺たち…」

銀時「上条!」

上条「今…アンタ俺の名前を……!」

銀時「多くを言う必要はねーよ、ただ…一つだけ聞かせてくれや」

銀時「俺とテメーらは仲間だった……そうなんだろ?」

上条「……ああ!」

銀時「それだけ聞けりゃ充分だ…俺ァ満足だよ」

銀時「こんな俺と繋がりを持ってくれた奴らがこれだけいてくれたってんならな」




849 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 06:11:15.75 ID:SB3QNUQRO
銀時「じゃ…俺ァそろそろ行くわ」

上条「分かってる…ただ銀さん、俺と約束があったろ?」

銀時「……大それたモンじゃねーよ、つまんねェ一人の『侍』だ」

上条「侍……か、何か一番納得出来る答えだな」

一方通行「オイ銀時!……ありがとォよ…」

銀時「へっ…やっぱテメーは不器用だな……俺とそっくりだよ」

銀時「……じゃあな、テメーらも元気でやれよ」




853 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 06:19:44.17 ID:SB3QNUQRO
---

銀時「………」

新八「銀さん…あの…何でトイレの前で眠ってんですか?」

銀時「……戻ったか、オイ新八ィ」

新八「な、何ですか?」

銀時「いつもならここで殴るとこだけどよ…今日は機嫌が良いから止めとくわ」

新八「いや殴るとこって何!?僕なにかやりましたっけ!?」

銀時「あぁ……やってくれやがったよ、テメーのせいで色々と感動したりしたわ」

銀時「新八…その礼と言っちゃなんだがオマエ来月まで給料なしな」

新八「いや何でですかァァァァ!」




856 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 06:26:10.55 ID:SB3QNUQRO
---

上条「行っちまったんだな…あの人」

禁書「私……お礼を言い足りなかった気がするんだよ」

上条「大丈夫だって…あの人にはちゃんと伝わってるさ」

---

一方通行「魂……か、そンなモン今まで考えたこともなかったなァ…」

一方通行「………ン?何だこの明細書」

『請求書-治療費…五千万円、支払い…一方通行宛』

一方通行「あンのクソ野郎ォォ!もォ一辺帰ってきやがれェェェ!!」

fin




857 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 06:27:12.97 ID:Y+wIobHc0
終わったか
面白かったぞ乙




858 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 06:27:52.22 ID:wOmwLlID0
おもしろかった乙




859 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 06:28:01.67 ID:9c4tkxXdO
オチはBJかwww
>>1乙!




860 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 06:28:05.05 ID:4GH845d20
面白かった





903 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 09:01:39.50 ID:SB3QNUQRO
三年Z組ー銀八先生!

銀八「はい、どーもみなさんお疲れさんでした」

銀八「いやーすいまっせーん、まさか銀さんもこんなに長くなるとは思ってなかったわ」

銀八「しかしアレだね、長くなりゃなるほどダレてクオリティ落ちるってのは本当だね」

銀八「結果的にゃ今までで一番やらかした出来になっちまいました」

銀八「飽きずに最後まで読んでくれた人にゃ本当に感謝だね、うん」




910 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 10:02:52.97 ID:SB3QNUQRO
銀八「ここで蛇足的補足やっときますが鬱陶しい人は華麗にスルーしてください」

銀八「まず時系列が明らかにおかしいってのは目をつぶってください」

銀八「一方通行を本編絡ませるための苦肉の策です…え、姫神?誰それ?」

銀八「それと予想以上に話が長くなったんで空気になるキャラが多かったよね」

銀八「つーか一番活躍したのってまさか一方通行じゃね?」




913 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 10:10:45.56 ID:pjJjuWa7O
言われてみりゃいなかったな、姫神。




914 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 10:15:28.09 ID:SB3QNUQRO
銀八「あとは…ステイルと神裂、特にステイルのファンには申し訳なかったね」

銀八「どうしてもギャグに使えるキャラが欲しくてね……彼が犠牲になったわけです」

銀八「他にも色々あるんだけど…補足が長くなるのもアレなんでこの辺で終わっときます」

銀八「ひぐらしとハルヒ見てくれてた人からすりゃ更にクオリティが下がってますが…」

銀八「ま…勘弁してください、世の中の物事は大体3回目で転ぶようになってるんだよ」

銀八「じゃ改めて…最後まで読んでくれてどうもお疲れさんでした」

蛇足的補足-完




915 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/10(土) 10:19:24.76 ID:clWxvg9bO
>>914
今読み終わった
とても面白かったぜ!
あなたのSS大好きだ、乙!





銀八先生の言っていたのん↓
銀時「ひぐらしのなく頃に?」 その1
銀時「涼宮ハルヒの憂鬱?」その1



銀時「 でブログ内検索

-----------------
当ブログについて
※欄822さんありがとうです。



G・E・Mシリーズ 銀魂 新訳紅桜編 坂田銀時
G・E・Mシリーズ 銀魂 新訳紅桜編 坂田銀時
メガハウス 2010-08-25
売り上げランキング : 349


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



読み物:禁書目録
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/24(土) 20:14: :edit
    1ゲト
    その1はどこにある?
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/24(土) 20:14: :edit
    1!!!!!!やふー
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/24(土) 20:29: :edit
    以下、ゲッターをジャッジメントですの!!
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/24(土) 20:39: :edit
    うっせー!4だぜ!
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/24(土) 20:49: :edit
    面白いじゃねーかオイ
  6. 名前: 通常のナナシ #fwkSvwQ6: 2010/04/24(土) 20:50: :edit
    なんかGET!
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/24(土) 20:58: :edit
    一桁!
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/24(土) 21:02: :edit
    一番活躍したのはBJさんだろw
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/24(土) 21:05: :edit
    一桁?
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/24(土) 21:16: :edit
    イイハナシダナー
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/24(土) 21:21: :edit
    おもしろかったあああああああ
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/24(土) 21:26: :edit
    一桁取得(ナンバーゲッゲット)ならず…
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/24(土) 21:31: :edit
    なんか見たことあるなと思ったら本スレでみてたんだった

    やっぱり面白いです
  14. 名前:   #-: 2010/04/24(土) 21:33: :edit
    いいねいいね
  15. 名前: α #-: 2010/04/24(土) 22:20: :edit
    15、かな?
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/24(土) 22:27: :edit
    銀さんVS錬金術師を期待したんだが、

    これはこれで面白かった!
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/24(土) 22:35: :edit
    クソババァの下りが面白かったよー
    管理人・スレ主乙、
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/24(土) 22:45: :edit
    いいね!
  19. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/24(土) 22:47: :edit
    普通に良作じゃんか!!
    今回セロリじゃなくて一方通行だった

    禁書絡みは読んでて面白い!!
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/24(土) 22:55: :edit
    >この3人ペアは最強すぎるw


    アホの子発見
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/24(土) 23:09: :edit
    何このマッチ感、かなりGJ

  22. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/24(土) 23:13: :edit
    やったーまとめられると信じてた!
    ありがとう
    後でゆっくり読む
  23. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/24(土) 23:17: :edit
    ゼロ魔で作ってほしいわw
  24. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/25(日) 00:01: :edit
    あいかわらず面白い!
    素晴らしいね。

    作者とぷん太に盛大な乙を!
  25. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/25(日) 00:08: :edit
    神裂ねーちんのふとももにおにんにんはさみたいよぉ
  26. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/25(日) 00:14: :edit
    ※24
    はいはい、巣に帰って寝てろ 二度と出てくんなよ
  27. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/25(日) 00:20: :edit
    ステイルは犠牲になったのだ・・・
  28. 名前: 通常のナナシ #cxq3sgh.: 2010/04/25(日) 00:25: :edit
    ※24 ん~宣伝かな?まあ、言われて行くやつは少ないかと、ここはいろいろなスレを見るとこだよ!

    作者がタイトルでまたお前かと思ったが良かったので作者には休憩してもらってまた違うの書いてほしいなw
  29. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/25(日) 00:51: :edit
    またきた!
    この作者大好きだww
    作者とぷんた乙!
  30. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/25(日) 01:10: :edit
    ※24
    文句言ってんのお前だけだからお前がどっか行け
  31. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/25(日) 01:51: :edit
    ※26、※30
    コメント消したからおかしくなってごめんね(´・ω・`)
    ここ3日くらい同じ事書いてるので規制します。
  32. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/25(日) 01:55: :edit
    掴みかかる一通さんに、記憶を失いながらも
    「何なのコレ、何でめっさ睨まれてんの俺?
    カルシウム? カルシウム足りないの?
    牛乳色の頭してるのにカルシウム足りないの?」
    みたいにおちゃらけて返す様な銀さんらしさが欲しかった
  33. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/25(日) 01:56: :edit
    BJネタで吹いたw
  34. 名前: 通常のナナシ #jjTL4YWY: 2010/04/25(日) 01:58: :edit
    >美琴(今よ…あの光をレールガンで…21.24度、31.79度ずつ……ずらす!)

    実際は小数点何ケタまで計算するんだろうなww
  35. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/25(日) 02:33: :edit
    次回作はBJ先生が銀魂の世界に迷い込む話でお願いします
  36. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/25(日) 02:49: :edit
    実はBJとぎんさんのクロス作品
  37. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/25(日) 02:51: :edit
    禁書あんまりしらないけど楽しめたわwww
  38. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/25(日) 05:02: :edit
    個人的にはこの作者さんの銀魂クロスシリーズで一番好き
    禁書SSのくだけたノリと銀魂が見事に融合してたかと、ジャンプネタも笑えたし

    乙でした!
    ぷん太もな!
  39. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/25(日) 08:07: :edit
    銀魂はなんでこんなに融和性が高いんだwww
    美琴とネギ先生とか、中の人ネタも光ってた。銀さんと一方さんに共通してるのは盲点だったなぁ。まさか上条さんがロリ扱いになるとわw


    作者さんとぷん太乙でした!
  40. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/25(日) 10:49: :edit
    銀魂いいなwどこの世界とでも下手にマッチするww
  41. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/25(日) 12:13: :edit
    まだ読んでないけど誰が書いたか分かるぜww
    コレは期待w
  42. 名前:    #-: 2010/04/25(日) 12:26: :edit
    この作者の作品は外れがないな
    ギャグとシリアスが見事にマッチしてる

    ぷん太&作者GJと乙
  43. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/25(日) 13:08: :edit
    よしっ!読み終わった
    期待通り面白かったぜw
    銀さんはどの話にも基本合うなぁ
  44. 名前: っs #-: 2010/04/25(日) 13:26: :edit
    いいね
  45. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/25(日) 14:47: :edit
    ダウンアッパーブイストームとはwミスフルいれやがったかww
  46. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/25(日) 15:38: :edit
    前回前々回が神がかってたせいか
    ぶっちゃけ今回微妙に感じたかな

    もうちょい銀時tueeeeeになる世界に飛ばして欲しい
  47. 名前: ppp #-: 2010/04/25(日) 20:41: :edit
    ※20

    >>名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/24(土) 22:55: :edit
    >>>この3人ペアは最強すぎるw

    >>アホの子発見


    ああ、俺もアホ発見したわ。


    ペア/pair

    3つ[3人]以上からなるグループ[組]

  48. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/25(日) 23:10: :edit
    今回は途中から急ぎすぎた感があるな
    それでもこの人のは面白いけど
  49. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/26(月) 20:16: :edit
    銀さんは人の範疇なので活躍半分でも仕方ない
  50. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/27(火) 18:31: :edit
    一方通行の心を動かした時点で大活躍だろ銀さん
  51. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/29(木) 16:12: :edit
    この作者マジで好き
    次回作も期待
  52. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/05(水) 07:38: :edit
    銀さんと一方通行のやり取りが逸品
  53. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/08(土) 01:33: :edit
    何回も読み返してるよw
    レールガンとインデックスには、
    こういう飄々とした大人が必要だと思う。
    どんな作品に舞い降りてきても、
    格好良く溶け込む銀さんスゲェ!

    作者さんとぷん太乙!!
  54. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/16(日) 22:33: :edit
    この作者好きだな~、今回も楽しかった。
    乙です。
  55. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/20(木) 12:15: :edit
    銀さんはこんなキモオタみたいに何回も叫ばないぞ
    ただオリキャラが暴れてるような感じだった駄目駄目
  56. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/29(土) 15:27: :edit
    この人の超電子砲の奴が現在進行形でやってるな
  57. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/06/12(土) 21:59: :edit
    銀魂って基本「何でもあり」だからな。
    ギャグもパロディ多めにしても、それを損ねずに上手く活かせてるし。

    ぶっちゃけ、パロディでここまで笑わせられる、ちゃんとしたストーリーの漫画はあまり無いんじゃないかな。
    ハ○テは…、主人公が素で天然だしな。天然はあんまし好きじゃないし。パロも「ただ入れてる」様な感じ…。
    銀さんみたいな、いつも面倒臭そうにしていい加減そうだけど、面白くボケて最後はきっちり締めてくれる。
    こういう人の方が主人公っぽいわ。
    当麻にも通じる物がありそうだし。

    にしてもこの作品。
    やっぱ完成度高けーなオイ。
    特に銀さんと一方通行のトコが一番好きだ。
    あそこでめっちゃテンション上がったわ。
  58. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/06/28(月) 04:47: :edit
    返しのスレがいいなwww
    >>805>>806とか
  59. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/05(日) 00:04: :edit
    冥土返しのくだりの大事な器官って

    銀時「そいつの名前はな ――銀魂だ」

    って感じで答えたのかな
  60. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/05/15(水) 16:37: :edit
    なんかたまに読み返したくなる
    銀さんと一方通行の白髪コンビ好きだww
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。