ハルヒ「tanasinn...」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/02/28(日)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 22:20:54.01 ID:BAGbQEFS0

キョン「……」

ハルヒが学校を休んだらしい。
理由は知らない。大方、体調不良とかそんな感じの適当なものだろう。

ハルヒがいないお陰で、俺の日常は滞りなく整然と流れていた。
平穏に授業が進み、放課後が過ぎ、日が暮れた。

異変が起こり始めたのは深夜からだった。
いや、異変はもう既に始まっていたのかもしれないが……




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 22:22:07.88 ID:BAGbQEFS0

プルルルル


キョン「誰だよこんな時間に……」

キョン「……ハルヒから?」

携帯の画面に映る「涼宮ハルヒ」の文字に何か違和感めいたものを感じずにいられなかった。
もう午後一時に近い深夜である。ハルヒがこんな時間に電話をかけてくるのは初めてだ。

キョン「全く……」ピッ

キョン「もしもし?」

ハルヒ「……キョン?」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 22:23:26.00 ID:BAGbQEFS0

聞こえてきたハルヒの声はかすれていて、どこか弱々しかった。

キョン「一体何の用だ、こんな時間に」

ハルヒ「……ごめんね。急に電話して」

キョン「どうしたんだ」

ハルヒ「……」

明らかに様子がおかしかった。
電話の向こう側からハルヒの静かな息遣いだけが洩れている。




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 22:26:50.44 ID:BAGbQEFS0

キョン「もしもーし」

ハルヒ「ごめんね、特に用とかは無いんだけれど」

キョン「用も無いのに深夜に電話かけるたぁ、迷惑甚だしいな」

ハルヒ「ごめんね……」

キョン「……おいハルヒ、お前マジでどうした? なんかやけにテンション低いぞ」

ハルヒ「……」

キョン「……」

どこか気まずい沈黙が流れる。
しばらくして、ハルヒはゆっくりと語り出した。




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 22:30:38.44 ID:BAGbQEFS0

ハルヒ「……何だかよく分からないけど、凄く不安なの」

キョン「…………はぁ?」

ハルヒ「自分が自分でなくなってしまうような気がして……」

キョン「ハルヒ、一体何があったのか詳しく教えてくれ。何の事だかさっぱりだ」

ハルヒ「……あたしもよく分からないの」

キョン「え?」

ハルヒ「ごめんね、変な電話して……ただ不安で、不安で」

キョン「……」




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 22:33:52.27 ID:BAGbQEFS0

意外にハルヒにもナーバスな面があるんだな。
まあ、訳も無く不安になる事なんて誰にでもあるだろう。
取りあえず落ち着くまで適当に話を聞いてやるか。

キョン「まあ落ち着け。らしくないじゃねーか」

ハルヒ「うん……ありがとう……」

キョン「……」

すぐに会話が途切れてしまって気まずいので、
今日の学校でのどうでもいい出来事を絞り出して適当に話した。




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 22:38:08.20 ID:BAGbQEFS0

しばらく話している内に、少しずつだが元気を取り戻していったように感じた。

ハルヒ「もうこんな時間……急に電話して悪かったわね」

キョン「眠い」

ハルヒ「あたしも」

キョン「少しは元気出たか?」

ハルヒ「まぁ……少しだけ気は紛れたわ」

キョン「そうかい」

ハルヒ「ありがとね」




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 22:41:50.65 ID:BAGbQEFS0

キョン「明日は学校来れるのか?」

ハルヒ「…………」

キョン「……まあ、無理すんな。辛かったら休め」

ハルヒ「ごめんね……」

キョン「謝んなよ、お前らしくもない」

ハルヒ「……あたしが休んでる間、SOS団をお願い」

キョン「おいおい、戦争にでも行くような台詞だな」

気付くともう小一時間も話していた。流石に瞼が重い。
携帯を閉じてベッドに潜ると、すぐに睡魔が覆い被さってきた。




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 22:44:24.08 ID:BAGbQEFS0

次の日。


キョン「……(ハルヒは今日も休むのか?)」

睡眠不足による倦怠感になんとか耐え登校した俺は、
一つ後ろの席に誰も座っていないのを確認し、大きな欠伸をした。

キョン「ふぁぁ……ぁ」

ホームルームが始まるまで仮眠でもするか。
しばらく机に突っ伏していると、背中に鈍い痛みが走った。




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 22:45:59.14 ID:BAGbQEFS0

キョン「いてっ」

ハルヒ「学校に登校して早々寝始めるなんて、本当に怠け者ね!」

キョン「ハルヒ……?」

そこにいたのは、普段通りの見慣れたハルヒであった。
生意気そうな笑みを浮かべ、俺を牽制するように腕を組んで睨みつけている。

ハルヒ「すっごいアホヅラよ? あんた寝ぼけ過ぎ!」

キョン「……」

おかしい。
昨夜の弱々しいハルヒは一体何処へ消え去ったと言うのか。




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 22:49:01.80 ID:rszvv5Em0
             ∴∵∴∵∴
              ∴∵∴∵∴∵
           ∴∵∴∵∴∵∵∴∵∴∵
       .∵∴∵:(・)∴∵∴∵∴∵
         ∴∵rミ ,○、:(・)∴∵∴∵  迷うことなかれ。
        ∴∵/  / ミ 〉∴∵∵       tanasinnは皆に均等。
     ∴∵∴∵|  ̄\ /∴∵∴∵        恐れることなかれ。
      ∴∴∵∴.、`  /∴∵∴∵∴∵        其れを悟りさえすれば、     
    ri  ∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴            皆はtanasinnという次元の元で在り、
 __,! ヽ,∴∵∴∴tanasinn∵∴                 tanasinnとは皆の集合体に過ぎない。
三三  _{{∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵                  
  ̄ ~~∴∵∵∴∵∴∵∴==ュ                                     tanasinn.
      ∴∵∴∵∴∵/,  !
       ∴∵∴∵  `^|.|.|jj
     ∴∵        .l.|.|




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 22:49:13.20 ID:BAGbQEFS0

キョン「…………まあ、元気でなによりだが……」

ハルヒ「はあ? あんた何言ってんの? あたしはいつでもフルスロットルよ!」

そうだ。そもそもハルヒが弱気になることなんてあり得ない話じゃないか。
何かの間違いだったのだろう……それかハルヒの単なる気まぐれか何かで、
俺をおちょくるつもりで一芝居打ったのかも知れんしな。全く、油断できない奴だ。

キョン「やれやれ」


……本当に、芝居なのか?
昨夜電話してきたハルヒは、あいつの今までの人格を疑う程のテンションだったし、
「SOS団をよろしく」とまで言っていた。あれが芝居だと言えるだろうか。いや、少し考えづらい。


キョン「…………」




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 22:53:49.61 ID:BAGbQEFS0

ハルヒ「じゃあ今日はこれで解散!」

みくる「お疲れ様ですぅ」

ハルヒ「明日は10時に駅前だからね!」

キョン「なあハルヒ」

ハルヒ「何よ、なんか文句でもあんの?」

キョン「一応言っておくが、お前本当に体調は大丈夫なんだよな?」

ハルヒ「はあ?」




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 22:58:48.49 ID:BAGbQEFS0

小馬鹿にするような顔で俺を見るハルヒ。

ハルヒ「あんた何言ってんの? あたしがいつ体調崩したっていうのよ」

キョン「え?」

ハルヒ「全くバカキョンは仕方ないわねー、もっとしゃっきり生きていかないといつか事故るわよ?」

キョン「おい、ごまかすなよ……昨日お前休んだじゃねーか」

ハルヒ「親戚の法事って言わなかった?」

キョン「いや、だって……お前昨晩電話してきたじゃねえか」

ハルヒ「……?」




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 23:03:00.79 ID:BAGbQEFS0

キョン「不安だとか……言ってたじゃんか」

ハルヒ「キョン、あんた頭大丈夫?」

キョン「…………」

ハルヒが手の凝った悪戯を仕掛けているのか、
それとも本当に体調不良のことを忘れてしまっているのか、どちらか見当が付かん。
目の前のハルヒは、狐につままれたような、本気で訳が分からないといった顔をしている。
これは演技なのか? 演技だとしたら……大層なものだ。

キョン「……そ、そうだ。携帯の履歴」

ハルヒ「もういいわよ。キョンの妄想に付き合う気なんて無いから!」




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 23:08:33.81 ID:BAGbQEFS0

キョン「携帯にはちゃんと、お前が深夜に電話をかけた記録が残ってるんだからな……」

携帯を開き、着信履歴を確認する。

……無い。

履歴の一番新しい項目に「涼宮ハルヒ」の文字が刻まれている筈である。
忽然と消えていた。勿論、履歴の整理や削除などをした覚えは無い。
これは一体どうしたことだ。

ハルヒ「あたし先に帰るから! 明日までにそのボケボケな脳味噌を治してきなさいっ!」


バタンッ!




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 23:16:08.30 ID:BAGbQEFS0

キョン「……なんだこれは」

古泉「では、僕もこれで失礼しますね」

みくる「さようならぁ」

長門「……」

キョン「………………」

その後しばらく部室に一人立ちつくしていた。




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 23:21:55.80 ID:BAGbQEFS0

家に帰ってからも、ハルヒの豹変(?)のことは頭から離れずにいた。

キョン(しらばっくれてるような様子じゃなかった……本気で忘れたっていうのか?)

ベッドに寝転がりながら悶々と考える。
俺は携帯を取り出し、着信履歴をもう一度確認した。

キョン「おっかしいな……」

途方に暮れつつ、しばらく携帯をいじっていた。


すると、


キョン「……ん?」




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 23:25:26.22 ID:BAGbQEFS0

携帯の画面、映し出されている文章の一部が、文字化けしている。
こんな経験は初めてだ。携帯ってこんな簡単にバグるものなのか?

キョン「なんだこれ……」

下へスクロールしようとするが、画面が中々移り変わらない。
滅茶苦茶な記号の塊は画面の下方からじわじわと浸食するように立ち上って行く。
これは一体……

キョン「…………」

不気味な文字列はやがて全画面を覆い尽くした。
電源を切るかどうか考えていたちょうどその時、画面中央に空白が現れた。




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 23:28:04.57 ID:BAGbQEFS0


         (・))!∴∴唖!>ル苻s∴∵+:
         ・゙'''≒?:鮒∴ケ蜑c*〆∴∴
         9蓙ウTr7・・y>cpョe癇ョ・|O
         「-・・ユTカyロ裼」Vq]ナ,:c
         HN殫         齲ta
         Cチロk tanasinn...  齲齲
         Sイ9:]         L?/:
         Uワ!キセ`T゙・・梃嘱G・ヤvR5
         レ闍PnX5蜑苻snn鬢oロ
         !荳・トna∵嫣・造∵∴∴g
         奬・齲>#∴∵∴ワ&∽2齲
         葡∴∵ウT\嘱エ∴∵∴鎚



キョン「なんだ、これ……?」




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 23:28:19.58 ID:RZmDsOlI0
Tanasinn...




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 23:28:49.33 ID:Pms+gFQT0
tanasinn...




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 23:29:24.96 ID:kCQfVMK1P
tanasinn...




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 23:29:38.07 ID:6UbJ/nEg0
tanasinn...




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 23:30:55.96 ID:BAGbQEFS0

キョン「た、な……?」

読み上げようとした瞬間、突如画面がブラックアウトした。
慌てて電源を入れ直したが、携帯は正常の状態に戻っていた。

キョン「…………」

気分が悪い。頭がズキズキする。

あの文字化けは一体何だったんだ?
ハルヒが昨夜のことを覚えてないことと、何か関係があるのか?


tanasinn?


……あの、中央に浮かびあがっていた文字は、何だったんだ?

キョン「なんなんだよ……糞っ……」




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 23:31:17.31 ID:+a4Pf2yPO
tanasinn...




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 23:31:57.51 ID:ct7WH5YW0
tanasinn...




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 23:32:04.12 ID:iidW+UHm0
tanasinn...




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 23:34:24.25 ID:BAGbQEFS0

気が付くともう朝だった。
結局、あれから一睡もできなかった。
時間通りに駅前へ行くが、例によって俺が最後の到着だった。

ハルヒ「遅いわよバカキョン!」

キョン「……ああ、わりぃ」

古泉「どうされました? 調子が悪いように見えますが」

キョン「寝不足でな」

ハルヒ「どうせ夜中までゲームでもしてたんでしょ! ほらさっさと喫茶店行くわよ!」

みくる「はぁ~い」

長門「……」




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 23:35:48.78 ID:odA/b16UO
現状の内容とおまいらのレスで軽く半泣きだ
怖えぇよwww…




63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 23:38:40.58 ID:BAGbQEFS0

実に普段通りの団活である。
俺のみが、いつもと異なる精神状態を抱えてここに参加しているような、そんな気分がした。

ハルヒ「くじ引きの結果……あたしとみくるちゃんがペア、3人組は古泉くんと有希とキョンに決定!」

みくる「わかりましたぁ」

古泉「よろしくお願いします」

長門「……」

キョン「……」

ちょうどいい機会だ。古泉と長門に相談してみよう。
きっと何かアドバイスをくれる筈だ。




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 23:39:14.32 ID:vbDw+Duo0
                ∧  ∧
               |1/ |1/
              / ̄ ̄ ̄`ヽ、
             /        ヽ
      ____/  ⌒  ⌒    | >>62
     /∵∴∵∴| (●) (●)   |
    /∵/∴∵ヽ/          | 怖い?別に怖くはありませんよ         
   /∵<・>∴∴/           |
   |∵∵/ ●{            |         誰でも感じることができますからね
   |∵ /三 | .ヽ、       ノ  |
   |∵ |\_|_/``ー――‐''"   |         そう、ふとした瞬間に
    \ | \__ノ  /          |
     \_____|          | |        そんな事より人は何故
     /∵━○━|        |  | |
    /∵人∵∵:.|        し,,ノ |        意識の虚無を嫌うのでしょうか?
  ⊂´:_/  )∵∵:!、          /
       /∵人∵.ヽ、         / 、
      /∵ノ  \:...ヽ、  、   /ヽ.ヽ、
      ノ∵/    ヽ∵.|  |   |   ヽ.ヽ、
     (__)   .  (_(__(__|     ヽ、ニ三



67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 23:43:48.82 ID:OWeBokAZO
>>62
落ち着いて、tanasinnに身を委ねれば怖くない
tanasinnは常に貴方と共にある




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 23:44:12.11 ID:BAGbQEFS0

キョン「……という訳なんだ」

古泉「……」

長門「……」

キョン「これは一体、何なんだ? 何が起きているのかさっぱりだ」

古泉「……」

長門「……」




74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 23:47:49.38 ID:BAGbQEFS0

古泉と長門は、黙ったまま俺の方をじっと見続けるだけだった。

なぜ、何も言わないんだ?
なぜ黙っている? 何か答えてくれ。


キョン「おい……! どうして何も言ってくれないんだ、おい!」

古泉「……」

長門「……」

キョン「おい! やめてくれよ、なんか言えよ!!」

キョン「tanasinnって何なんだよ! 教えてくれよ!!」




75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 23:48:25.68 ID:4RcGvtQ60
∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴ヽ
∵∴∵∴∵∴∵∴/ ̄∵∴∵∴∵∴∴∴∵ヽ
∵∴∵∴∵∴∵∴| ● |∴∵∴∵∴∵∵∵∴ヽ
∵∴∵∴∵∴∵∴ _/ ∴∵∴∵∴∵∴∵∴ヽ
∵∴∵/ ̄ ̄ ̄ ̄   ,-‐-、 ∴ / ̄∴∵∵∴∵)
∵∴/  \     /   ヽ∴| ● |∴∵∵∴ノ
∵/   \ \    l    |   _/∴∵∴ ノ      tanasinn
/   \ \     ゝ___,.ノ  |∴∵∴∵∴∵丿
      \     /      |∴∵∴∵∴∵ノ
           /       |∴∵∴∵∴丿
     \   /     \   |∴∵∴∵∴ノ
      \/     \ \ |∴∵∴∵ノ
     \ \    \ \  |∴∵∴ノ
     \\ \    \  /∴∵ノ
                  //
               /
              /




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 23:49:37.21 ID:BAGbQEFS0


古泉「tanasinn?」



今まで一言も発さなかった古泉が、口を開いた。



古泉「何ですかそれ? 僕たちは違います。そんな事より人は何故、意識の虚無を嫌うのでしょうか?」




83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 23:54:44.74 ID:BAGbQEFS0

キョン「…………は……?」


古泉「人は理解しがたい物を怖れます。絶対的な無、意識の空白は人間の恐怖の権化たる存在です」

古泉「然しそれは許容してしまえばなんてことは無いのです。恐れずに受け入れ魂で感じ取ればいいんです」

古泉「退廃も虚無も総て受容するんですよ。貴方は知らなかったのですか?」


何を言っているのか分からない。
淡々と喋る古泉に、俺は恐怖を覚えた。




89 : ◆HbpyZQvaMk :2010/02/18(木) 23:58:09.52 ID:BAGbQEFS0

キョン「お、お前……どうしたんだ……?」

古泉「何がですか?」

キョン「おかしい、お前、おかしいよ」

古泉「あははは、いきなり何を仰るんですか」

長門「ユニーク」

古泉「あはははは、あはははははは」




90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/18(木) 23:58:27.00 ID:SAtXa/540
tanasinnとかwwwww意味わかんねぇこと言ってんじゃねぇぞお前らwwwwwwwwwwwwww




96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/19(金) 00:00:33.38 ID:BtUepUBa0
誤解があるようだが、tanasinnは存在しない





あれにとっては“存在”する必要すらないのだ




97 : ◆HbpyZQvaMk :2010/02/19(金) 00:00:53.58 ID:dZO50Buq0

古泉が高笑いを上げている。長門が微かに頬を緩めている。
一体何が起きているんだ。これは、なんなんだ。

キョン「あ……うあ……あぁ」

古泉「怖がることはありませんよ。何故なら、それはすぐ傍に存在する物なのですから」

キョン「や、やめろ……来るな」

古泉「ほら、手を」

キョン「やめろおおおお!!」

怖い。怖い。怖い。
こいつは古泉じゃない。俺の知っている古泉じゃない。長門もそうだ。




106 : ◆HbpyZQvaMk :2010/02/19(金) 00:04:31.59 ID:BAGbQEFS0

走った。何処へ行くのか自分でも分からずに、ただ走った。
こいつらの目の及ばない所へ行きたかった。

キョン「はぁ……はぁ……はぁ……畜生っ……!」

キョン「何なんだよ……わけわかんねえよっ……」

道路を抜け、街を横切り、橋を渡った。
そして、


キョン「!?」


気付いた時、俺の脚は空中を踏んでいた。
眼下にはぎらぎらと煌めく水面が揺れていた。




112 : ◆HbpyZQvaMk :2010/02/19(金) 00:08:11.34 ID:dZO50Buq0

俺はおそらく夢を見ているのだろう。
「自分は今夢を見ている」と根拠も無く理解している。明晰夢とかいう奴か。


古泉「恐れる事はありません」

みくる「皆を見守ってくれる物なんですから」

長門「あなたと共にある」

ハルヒ「tanasinnは」




116 : ◆HbpyZQvaMk :2010/02/19(金) 00:11:00.87 ID:dZO50Buq0

俺の周りを皆が取り囲んでいる。
顔がぼやけてよく見えない。

キョン「分からない」

古泉「貴方です」

キョン「分からない……」

みくる「私です」

キョン「分からねえよ……」

長門「この空間全て」

キョン「……」

ハルヒ「あんた、まだ分からないの?」




119 : ◆HbpyZQvaMk :2010/02/19(金) 00:15:45.40 ID:dZO50Buq0

ハルヒ「あたしも最初は怖かったけど、今はどうってことないわ」

キョン「……ハルヒ」

ハルヒ「……」

キョン「教えてくれ……俺には分からない……」

ハルヒ「……」


ハルヒ「  シ  ョ  宇  ガ  Na  い  輪  ネ  ェ …… 」 


目の前に迫ったハルヒの顔がぐにゃりと歪む。
渦を巻くように回転し、俺の周りをぐるぐる回る。




120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/19(金) 00:17:01.24 ID:zaVFVlj20
おい、夢にtanasinn見ちまったらどうしてくれるんだ
寝るのが怖い




125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/19(金) 00:19:37.44 ID:jInNVm9d0
           ∵∴∵∴∵∴∵∴
           ,;f∵∴∵∴∵∴ヽ  
          i:∴∵∴∵∴∵∴ ) 
          r'" ∵∴∵∴ .r=ァ∴|
          l  r=-   ∴∵∴/
          ヽ'、  .ー=‐',∵∴∵∴∵∴ ∵∴∵∴∵∴∵∴
            .、       ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
             ヽ、__,_,ノ      ∵∴∵∴∵∴
                            ∵∴∵∴∵∴
tanasinn




129 : ◆HbpyZQvaMk :2010/02/19(金) 00:23:07.50 ID:dZO50Buq0

気持ち悪いとは思わなかった。
俺の周りを渦巻くのは、不思議な心地よさだった。

そうだ。これは懐かしさに似ている。
ずっと前からkの風景を見知っている気がする。いやtana気じゃない。本当に知っているんだ。
俺はここに来たことがある。い●ぁかだった∵∵/リ思い∴(・)∵ないが、
ここ(・)∵∴遊・)●べたりtanasiり喋った∵∴∵ミしい思い出がたくさ●∵∴(・)∵∵
こ∵まtanasinnばく(・)ぁw;:「い●∵∴(・)∵∵たてtanasinnし●(・)/リらす
∵●∵(・)∴明●は●∵て∵(・)∵●し●∵
世∵のtanasinnの∵(・)∴れtanasinn<・>ら●を(・)tanasinnし∵∴●い∴(・)




138 : ◆HbpyZQvaMk :2010/02/19(金) 00:27:38.30 ID:dZO50Buq0

……………………
……………
………



ハルヒ「やっほー! みんなそろってる!?」

キョン「入って来るなり騒がしい奴だな」

古泉「全員出席ですよ」

みくる「来てますよ~」

長門「……」

ハルヒ「今日の団活はみんなで……」




142 : ◆HbpyZQvaMk :2010/02/19(金) 00:30:50.89 ID:dZO50Buq0

キョン「いい天気だな」

古泉「そうですね」


できればこの平和がいつまでも続いて欲しい。
俺はそんな事を考えていた。



そう、世界は平和だったのだ。

何も心配する事は無い。

始めからそうだったのだ。




<終>




143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/19(金) 00:31:26.33 ID:fKLAZfjX0





147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/19(金) 00:36:33.42 ID:YToVgwgq0
tanasin・・・




148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/19(金) 00:36:50.00 ID:eCqidDL00
意味わかんね
結局tanasinnなんて存在しないってことだろ?www

なんだよ怖がらせやがってwwwwwww
tanasinn(笑)wwwww




149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/19(金) 00:38:04.64 ID:UrwMTgVW0
>>148
∵∴◎ (◎)∵∴∵∴∵∴∵∴
∵∴∵○ ∴∵●∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
∵三∴∵|∴三∵∴∵∴∵:(●)∴∴.(・)∵∴∴
∵∴∵|∴∵∴∵◎∴∵∴/ ○\∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
..∵∴∵∴∵∴∵∴∵/三 | 三ヽ∵●∴∵∴∵
. ∴∵∴∵∴●∴∵ | __|__ │∵∴∵∴∵∴∵         tanasinn
.∵∴∵∴∵∴∵∴∵|  ===●0● │∵∴∴∵∴
.∵∴∵∴∵∴∵∴∵\___ ● ●/●●∴●∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
 ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴●∵●∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
●∵∴∵(◎)][∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵●∴∵●●∴∵●∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
∵∴∵∴∵∴∵(◎)∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵● ●●∴ ●∵●∴
∵∴∵∴∵∴△∵∴∵∴    ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
     ――          ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
                    ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴




150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/19(金) 00:38:16.52 ID:WOjCiOSYO
tanasinn...




151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/19(金) 00:38:54.23 ID:Pja0r95/0
tanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinn
anasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinnt
nasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinnta
asinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntan
sinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntana
inntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanas
nntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasi
ntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasin
tanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinn
anasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinnt
nasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinnta
asinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntan
sinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntana
inntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanas
nntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasi
ntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasin










恐怖 1 (ビッグコミックススペシャル)
恐怖 1 (ビッグコミックススペシャル)
小学館 2006-03-30
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star正統派ホラー
star堪能しました・・・・UMEZZ  WORLD
star恐怖もいいとこです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



読み物:ハルヒ
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 01:07: :edit
    01getだぜ!
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 01:11: :edit
    2うっうー
  3. 名前: ぬ #-: 2010/02/28(日) 01:12: :edit
    久々の3ゲット!
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 01:14: :edit
    よん(ノ_・。)
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 01:15: :edit
    なにこれこわい
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 01:16: :edit
    一桁?
  7. 名前: もぐりの名無しさん #-: 2010/02/28(日) 01:16: :edit
    4!
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 01:17: :edit
    一桁!
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 01:17: :edit
    こんな時間帯にこんなもん更新するとかマジやめて
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 01:17: :edit
    あわtかaなおnこaさおsますiどnしをだnまた
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 01:17: :edit
    元ネタ知らないんだよなあ
    まあ一桁で
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 01:18: :edit
    たなしん
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 01:19: :edit
    ※11
    tanasinn
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 01:23: :edit
    ( ;∀;) イイtanisinnダいdshふぃえshfこjmlさふぉせぇおhふぉほほvふぉぁfwljぱ;p
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 01:35: :edit
    ゆめにっきやろうぜ!
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 01:45: :edit
    怖すぎwwwww
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 01:48: :edit
    このオチをわざと無くしてるのが怖いわぁ
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 01:55: :edit
    あぁ、tanasinnってそういうことか













  19. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 02:02: :edit
    なにがこわいんです?
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 02:12: :edit
    最後ら辺スクロールさせてたら、Amazonにビビった
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 02:17: :edit
        __, - 、  
    .    /, ─── 、)
       //  /    ヽi
       |_|    ┃ ┃ |
       (     ⊂⊃ ヽ ヤァ 息仔ョ 失ゥコトノ 堪ェ難キ痛ミニモ モウ慣レタカイ?
       >、   \__ノ ノ  .nm
      /  \─── ´ヽ、 /)- |
     /    \--/ |  ̄|_ ノ
     |      /   |  ||
     !    /     ノ   |
     `iヽ__ノ━━━━ヽ、__ノ
      ヽ、     |^ヽ、__ノ
        ̄ ̄ ̄` - ′
  22. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 02:18: :edit
               。ャぁて丕刀フ7ゎ。._
               ,.ィ炙ヲ㌍≠┴⇒弍j込ス>。
    .        ,ィ升ヲナ'´∴∵∴∵∴:`゙'<弖心、
    .        ;夕フア´∴∵∴∵∴∵∴∵∴\ホi心.
           んfiУ∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴▽ij∧
           从j'Y∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∨iハ
    .       斤W∴∵∴∵∴(・)∴∵:(・)∴∵∴:㌣い
         |友カ∴∵∴∵∴∵/ ○\∵∴∵∴}ソ川
    .       い叭∵∴∵∴∵/三 | 三|∴∵∴:仄ガ
    .     Wi从 ∵∴∵∴ | __|__ |∴∵∴ 从ノリ
    .      ∀t△∵∴∵∴.|  === .|∵∴∵∧fリ/
           ゙マじへ、∵∴∵\__/∴∵/リiУ
            \夊i㌧、_∵∴∵∴∵∴ ,.イ!刋/
             `マ才i「≧ェ。。.。。っ夭テ少'゚
               `゚'' ミ芝玉竺壬云=‐'´
  23. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 02:22: :edit
    元ネタ知らないが怖い
    今からググッてくるけどそしたら多分余計怖い
    どうでもいいけど一瞬tanasinnとfushianasanがごっちゃになった
  24. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 02:24: :edit
    旧支配者的な何かが来てしまいそうな雰囲気だよ…、ホンとウにネ?
  25. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 02:24: :edit
    今部屋真っ暗の中コレ見てるんだがメチャクチャ恐いwww
    元ネタも調べてみたけど余計恐くなった
  26. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 02:36: :edit
    調べてみたけど、何だ、何も怖がる必要なんてなかったんじゃないか。
    貴方達は何を恐れているの。
    受け入れるんだ。
    考えるんじゃない、感じるんだ。
    フォースと共にあれ。
  27. 名前:   #-: 2010/02/28(日) 02:36: :edit
    ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴ヽ
    ∵∴∵∴∵∴∵∴/ ̄∵∴∵∴∵∴∴∴∵ヽ
    ∵∴∵∴∵∴∵∴| ● |∴∵∴∵∴∵∵∵∴ヽ
    ∵∴∵∴∵∴∵∴ _/ ∴∵∴∵∴∵∴∵∴ヽ
    ∵∴∵/ ̄ ̄ ̄ ̄   ,-‐-、 ∴ / ̄∴∵∵∴∵)
    ∵∴/  \     /   ヽ∴| ● |∴∵∵∴ノ
    ∵/   \ \    l    |   _/∴∵∴ ノ      tanasinn
    /   \ \     ゝ___,.ノ  |∴∵∴∵∴∵丿
          \     /      |∴∵∴∵∴∵ノ
               /       |∴∵∴∵∴丿
         \   /     \   |∴∵∴∵∴ノ
          \/     \ \ |∴∵∴∵ノ
         \ \    \ \  |∴∵∴ノ
         \\ \    \  /∴∵ノ
                      //
                   /
                  /
  28. 名前: 通常のtanasinn #-: 2010/02/28(日) 02:41: :edit
    全く怖くないな
    ところでなぜ君は虚無を否定するんだい?
  29. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 02:51: :edit
           ∵∴∵∴∵∴∵∴
               ,;f∵∴∵∴∵∴ヽ  
              i:∴∵∴∵∴∵∴ ) 
              r'" ∵∴∵∴ .r=ァ∴|
              l  r=-   ∴∵∴/
              ヽ'、  .ー=‐',∵∴∵∴∵∴ ∵∴∵∴∵∴∵∴
                .、       ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
                 ヽ、__,_,ノ      ∵∴∵∴∵∴
                                ∵∴∵∴∵∴
    tanasinn

  30. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 02:52: :edit
    mother2のムーンサイドを
    思いだした
  31. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 02:52: :edit
    ばかやろー、こえーよwwwwwwwwwwwww






    tanasinn..........................................................................................................................................
  32. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 02:53: :edit
    tanasinnを恐怖の対象として見るのはおかしいだろう
    それは常に俺らそのものなんだからな。


  33. 名前:        #-: 2010/02/28(日) 03:00: :edit
    元ネタ分からん
    ググったら眠れなくなるからググらんぞ
  34. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 03:09: :edit
    :    : .:::::  ::.  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
        :  :::::.  :::.. :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.      
       .:  ::::::.  ::::::..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::..    tanasinn
       ::  :::::::.  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ..:::::..
       :::  :::::::.  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
       :::.  ::::::::.  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....
    .    :::.  :::::::::.  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                ..........:::
    :  :. ::::.  ::::::::::.  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         ::..  ::::::::::::::::::::  :::::::::::::::
    :.  ::. ::::.  ::::::::::.  ::::::::::::::::::::::::::: .....  ::::::::::::::::                :.  ::::::::::::::::::.  ::::::::::::::
    ::.  :::. :::::..  ::::::::::..  ::::::::::::::::::::::: :::::::: ..:::::::::::                    :.  :::::::::::::::::  :::::::::::::::
    :::.  :::::.::::::..  :::::::::::..  ::::::::::::::::::: ..........:::::::::::     ー      ノ!.     :.  ::::::::::::::::  :  ::::::
    ::::.  :::::::::::::..  :::::::::::..  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     ヽ     ,、 '´/      .:.  ::::::::::::::: :   :::
    :::::.  :::::::::::::::..  :::::::::::..  ::::::::::::::::::::::::::::::::          ,、'´ ./          :.  ::::::::::::: :
  35. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 03:10: :edit
    怖くて寝れねぇ・・・
  36. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 03:16: :edit
    短いけどラストがtanasinnすh¥g
  37. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 03:22: :edit
    分かんない気になるうううう



    でも絶対調べない
  38. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 03:43: :edit
    そのうちtanasinnに作用されない生物が発生し、
  39. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 03:59: :edit
    でもまあ本当に怖いものとかじゃないぞ
    あんまり分かりやすく怖がることはない
    元ネタも別にホラーとかじゃなくて掲示板上で自然発生したものにアレな意味を持たせただけで
    ふとした瞬間に安心するというかなんというか
  40. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 04:02: :edit

    ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴ヽ
    ∵∴∵∴∵∴∵∴/ ̄∵∴∵∴∵∴∴∴∵ヽ
    ∵∴∵∴∵∴∵∴| ● |∴∵∴∵∴∵∵∵∴ヽ
    ∵∴∵∴∵∴∵∴ _/ ∴∵∴∵∴∵∴∵∴ヽ
    ∵∴∵/ ̄ ̄ ̄ ̄   ,-‐-、 ∴ / ̄∴∵∵∴∵)
    ∵∴/  \     /   ヽ∴| ● |∴∵∵∴ノ
    ∵/   \ \    l    |   _/∴∵∴ ノ   
    /   \ \     ゝ___,.ノ  |∴∵∴∵∴∵丿
          \     /      |∴∵∴∵∴∵ノ
               /       |∴∵∴∵∴丿
         \   /     \   |∴∵∴∵∴ノ
          \/     \ \ |∴∵∴∵ノ
         \ \    \ \  |∴∵∴ノ
         \\ \    \  /∴∵ノ
                      //

    元ネタ、調べる…
    tanasinnはそういう次元ではない…
    考えるのではなく感じるものだ…
  41. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 04:04: :edit
    これ読んだあとググって調べたけど
    全然怖くねーよww
    なにみんナして魔じにあgこhkdjfhgdk))!∴∴唖!>ル苻s∴∵+:        ・゙'''≒?:鮒∴ケ蜑c*〆∴∴
             9蓙ウTr7・・y>cpョe癇ョ・|O hgfgjh//・





    人は何故、意識の虚無を嫌うのだろうか?
  42. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 04:08: :edit
    ※37
    大丈夫、君もかなラずtanasinnをわかっテくれノレよ
    感じルんじゃナイんだよ

    そこにイルんだよtanas///∴*;[
  43. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 04:12: :edit
    ほとばしるほど時間の無駄だった
  44. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 04:25: :edit
    amazon怖いよamazon
  45. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 04:34: :edit
    >>35
    tanasinnは決して怖くない
    tanasinnは常に貴方と共にある







    ∴∵          ∴∵
    ∴∵∴(・)∴∵:(・)∴∵∴:
    ∴∵         ∴∵
       ...tanasinn...


  46. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 04:41: :edit
    それは実在の外にあり
    距離を超越する
      .i| i|li.
          ∵∴∵ (◎)
    だいじょううぶぶ.i| i|li.
    皆、例外なくtanasinnだから
    tanasinnが決定的に例外だから

    怖い?<●>∵∴∵
    おめでとう、あと一歩だね
  47. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 07:33: :edit
    MoonLight Symdrome、ヒサソ、隍ヲ、ハマテ、「、テ、ソ、ハ。トノン、ォ、テ、ソ
  48. 名前:   #-: 2010/02/28(日) 08:48: :edit
    星空に緑の空が見えたとき星は緑に輝いていた、
    貴方は遠くの蟻の巣を見て覗き嬉しく思います、
    考えなくても良いのです答えは考えないと出る、
    きっと鮮やかな夕日は雨の中しとしとと堕ちる、
  49. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 09:22: :edit
    >>もう午後一時に近い深夜である。
    何をいってるか俺には:(●)t∴an∴ai.nn(・)
  50. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 09:33: :edit
    最近のにちゃんねらはtanasinn...を知らなかったりするのか……
    まあ知ると知らないは同一平面上の概念だしそもそもあれは俺たちそのものであって人の認識の上には存在し得ないんだけどなw
  51. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 09:54: :edit
    tanasinnは」tanasinnでtanasinn以外の何者でもないわけであって
    つまりそれはtanasinnのtanasinnたる十分な理由になり
    最終的に全ての事象はtanasinnに帰結するということなのであって
  52. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 10:09: :edit
    米21
    多分それは違う
    冥王は確実に関係ない
  53. 名前: 名無しのお兄ちゃん #-: 2010/02/28(日) 10:37: :edit
    ごめん
    tanasinnがtennsannに見えた
  54. 名前: 通常のナナシ #KTb2o/fk: 2010/02/28(日) 10:41: :edit
    怖いからtanasinnへの対策を立てようと思ったけど、
    tanasinnを乖離し自分が乖離する術が無いという結論に至った。

    というか俺の思うtanasinnは果たしてtanasinnと言えるのかというのが目下の疑問。

    色々考えたけどワケワカメ。
    考えれば考えるほど泥沼だよ。




  55. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 10:49: :edit
        |
        |
        |
        |  ('A`)
       / ̄ノ( ヘヘ ̄ ̄ ̄




        |            ・  . ・
        |         三    三
        |            ̄ ̄
        |  ('A`)
       / ̄ノ( ヘヘ ̄ ̄ ̄

        |
        |          (・)   (・)
        |              ○
        |            三 | 三
        |            __|__
        |            ===
        |
        |  (   ')
       / ̄ノ( ヘヘ ̄ ̄ ̄


        |
        |        ∴∵∵∵∵∴
        |       ∴∵(・)∴∴(・)∵
        |       ∵∵ / ○\∵∵
        |      ∵∵∵/三 | 三|∵∵
        |       ∵∵∵| __|__ |∵∵ tanasinn
        |      ∵∵∵|  === .|∵∵
        |       .∴∵ \__/∴∵
        |  (   ゚)     ━(〒)━
       / ̄ノ( ヘヘ ̄ ̄ ̄
  56. 名前: s #-: 2010/02/28(日) 11:44: :edit


        \     ,r'┐   .〕     .|     :|     ノ     .,/′
         .\   .,/′ '┐  )     .|     〕  ,rv  ,「    .,ノ
          \ _/∵∴∵~─┴─--vミ、、.,,__ .| .,,ノ′'i, ノ    /
    v_       ノ′∵∴∵∴∴∵∴∴∴∵∴∵¨∴∴{    ,/′
    ゙\    .ノ∵∴∵∴∴∵∴∵∵∵∴∵∵∴∵∴∵^┐ ,/′
       ゙'┐ ,ノ∵∴∵∴∴∵∴∵∵∴∴∵∵∴∵∵∴∵ ∨   _,.-ヾ
        ^'r!∵∴∵,v‐''¨ ゙̄|∵∵∴∵∴∵厂゙'‐,、∵∵∴∵.\  _,v‐″
         .ノ∴∵/′   丿∵∴∵∴∵ )_   ゙'!,∵∵∴∵ 'v:''″    
    ゙'ーv.,  ,「∴∵.゙\、、v-‐′∴∵,_____ \,  )∵∵∴∵.'l     ._,.
       ¨゙'┤∵/ ̄.. \∵∴∵ .ノ     |∵∵`^^′∵∵∴∵〕_.,v-'''^′
        .ノ∵/    ,. i∵∴∵{     │∵∵∴∵∴∵∴∵ .}
        .ノ∵|    /.| |.∵∴∵,ノ      .|∵∵∴ / ⌒ヽ∵∴∵ !
     ̄¨^^'|∵|   | :| |∴∴∵,ノ       〔∵∵∴| |   |∵∴∵.|   __,,,..,、、
        .|∵| |  |::| |∵∵.,r′       〕∵∵∴∪ / ノ∴∵∵|'''^¨ ̄
        .〔∴| | |∵U∵,厶、、、..,,_     .|∵∵∴∴| ||∵∵∵|
     ._,,,、∧∵| | | ∵∵ノ∴∵∴´¨¨^''¬〔∵∵∴(-)∪∪(-)  |
    ''^″  .{ / / / ∴∵.「∵∴∵∴∵∴∵.|∵∵∵/ ○ U ∵|ー--、、、..,,,__
        _,/ / /∴∵  |∵∴∵∴∵∴∵...|∵∵./三 | 三|∵|
       _,/.しし’∵∵∴∵∴∵∴∵`∵∴....|∵∵| __|__ |∵|
    ,,/′    ゙'y∵∴∵∴∴∵∴∵∵∴ ....\∵.|  === .|/./゙'':v      tanasinn
    ′     ./.゙<∵∴∵∴∴∵∴∵∵.../ \|___/\ '-,, 
          /  .〕∵∴∵∴∴∵∴∵∵│ ∴∵━━○━∴│  ^‐v
  57. 名前: 通常のナナシ #z8Ev11P6: 2010/02/28(日) 11:44: :edit
    ノベルゲーの「アノフェレス」を思い出した。
  58. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 11:46: :edit
          ∩___∩
       (ヽ  | ノ∵∴∵∴\  /)∴∵∴∵∴∵∴(●)∴∵∴∵
      (((i ) /∵(●)∵(゜) | ( i))) ∴(●)∴∵∴∵∴∵∴
     /∠彡∵∴ ( _●_)∵|_ゝ∴∵∴∵∴∵∴(●)∴
    ( ∵∴(●)∵∴|∪|∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
        |∵∴∵∴ノ∵∴∵(●)∵∴∵∴∵∴∵
        |∵∴(●)∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴(●)∴
        ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵(●)∴∵∴∵∴∵
      ∴∵∴∵∴∵∴(●)∴∵∴∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
     ∴(●)∴∵∴∵(●)∴∵∴∵∴∵∴(●)∵∴∵(●)∵∴∵∴∵(●)∵
    ∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵(●)∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
    ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴(●)∵∴∵∴∵
     ∵(●)∵∴(●)∵∴∵(●)∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
        ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
     ∵∴∵∴∵(●)∴∵∴∵∴∵∴(●)∴∵∴
         ∵∴∵∴∵∴∵(●)∵∴∵∴∵∴∵
                  ∵∴∵∴∵∴∵
                      ∵∴∵(●)∵
  59. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 11:46: :edit
       |∵∵∵∴∵∴∵ |        今このスレ一気に読んだよ。
       |∵ /   \ .∵|         まぁtanasinnなんてどーでもいーんだけど、
       |∵  (・)  (・) ∴|         空気の読めない奴ってどこでも嫌われるもんだな。
       (6     ○     9)         このスレにも一人で必死にコピペしてた奴がいたが、
       |   ___    |         よく見りゃ一日中2ちゃんやってんのな。
       \  \_/   ./        ウザイってのより哀れみを感じたね。
       /\___/ \         
      │ ∴∵━━○━∴│
      │∵∴/___\: |         とまぁ、こんなこと言ってきたけど、何はともあれ
       | :/∵|  \_/ ||_|
       ○ ∴ \____/ |_)
       |∵∵∵∴∵∴∵ |                   tanasinnだね。
       |∵∵∵∴∵∴∵ |
       |∵∵∵∴∵∴∵ |  |1/ |1/
       |∵∵∵∴∵∴∵ | / ̄ ̄ ̄`ヽ、
       |∵∵∵∴∵∴∵ |         ヽ
       |∵∵∵∴∵∴∵ |  ⌒  ⌒    |
       |∵∵∵∴∵∴∵ | (●) (●)   |
       |∵∵∵∴∵∴∵ |          |         tanasinn・・・
       |∵∵∵∴∵∴∵ |          |   
       |∵∵∵∴∵∴∵ |          |         例えるならそれはイノセンス
       |∵∵∵∴∵∴∵ |       ノ  |
       |∵∵∵∴∵∴∵ | ー――‐''"   |         純粋無垢な存在が全てを支配する・・・
       |∵∵∵∴∵∴∵ |          |
       |∵∵∵∴∵∴∵ |          | |         私には到底辿り着けない存在・・・
       |∵∵∵∴∵∴∵ |       |  | |
       |∵∵∵∴∵∴∵ |       し,,ノ |        それが・・・    tanasinn 
       |∵∵∵∴∵∴∵ |   
       |∵∵∵∴∵∴∵ |
       |∵∵∵∴∵∴∵ |
       |∵∵∵∴∵∴∵ | ̄\
       |∵∵∵∴∵∴∵ |~| | |
       |∵∵∵∴∵∴∵ |ノノ ノ
       |∵∵∵∴∵∴∵ |U ノ
       |∵∵∵∴∵∴∵ |~| |
       |∵∵∵∴∵∴∵ | | |
       |∵/   \∴∵ | | |
       | /    ,. i ∵∵ .|\\\
       .|    /.| |.∵∵∵| |ノ |ノ < Don't think. Feel and you'll be tanasinn.
       |   | .| |.∵∴∵|
       | |  | .| |.∵∴∵ |
       | | |∵U∵∴∵ |
       | | |∵∴∵∴∵|
       / / / ∵∴∵∴∵|
      / / /  ∵∴∵∴∵|
     しし’∵∵∵∴∵∴∵|
       |∵∵∵∴∵∴∵ |
       |∵∵∵∴∵∴∵ |
       |∵∵∵∴∵∴∵ |
       |∵∵∵∴∵∴∵ |  |1/ |1/
       |∵∵∵∴∵∴∵ | / ̄ ̄ ̄`ヽ、
       |∵∵∵∴∵∴∵ |         ヽ
       |∵∵∵∴∵∴∵ |  ⌒  ⌒    |
       |∵∵∵∴∵∴∵ | (●) (●)   |
       |∵∵∵∴∵∴∵ |          |         
       |∵∵∵∴∵∴∵ |          |   
       |∵∵∵∴∵∴∵ |          |         
       |∵∵∵∴∵∴∵ |       ノ  |
       |∵∵∵∴∵∴∵ | ー――‐''"   |         君はtanasinnなのか?・・・
       |∵∵∵∴∵∴∵ |          |
       |∵∵∵∴∵∴∵ |          | |         いや、それもまた・・・tanasinnなのか・・・
       |∵∵∵∴∵∴∵ |       |  | |
       |∵∵∵∴∵∴∵ |       し,,ノ |             
       |∵∵∵∴∵∴∵ |   
  60. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 11:47: :edit
    ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴ヽ
    ∵∴∵∴∵∴∵∴/ ̄∵∴∵∴∵∴∴∴∵ヽ
    ∵∴∵∴∵∴∵∴|   |∴∵∴∵∴∵∵∵∴ヽ
    ∵∴∵∴∵∴∵∴ ●/ ∴∵∴∵∴∵∴∵∴ヽ
    ∵∴∵/ ̄ ̄ ̄ ̄   ,-‐-、 ∴ /  ∴∵∵∴∵)
    ∵∴/  \     /   ヽ∴|    |∴∵∵∴ノ
    ∵/   \ \    l    |   ●/∴∵∴ ノ   
    /   \ \     ゝ___,.ノ  |∴∵∴∵∴∵丿
          \     /      |∴∵∴∵∴∵ノ
               /       |∴∵∴∵∴丿
         \   /     \   |∴∵∴∵∴ノ
          \/     \ \ |∴∵∴∵ノ
         \ \    \ \  |∴∵∴ノ
         \\ \    \  /∴∵ノこわくなんかない tanasinnがいつもあなたをみてるから
  61. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 11:53: :edit
    考えるんじゃない。感じるだ。そうすればキミもtanasinnと一つになれる。

              i∵∴∵∴∵∴ |
                  |∵(・)∴∴(・)∵|
                /i、∵ / ○ ヽ.∵ /\
  62. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 11:57: :edit
    何か書こうと思ったが
    モゥ夏ィタ?;ョ。
    だから気にする必要なかったぜ!
  63. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 11:57: :edit
    意味がわからん。
    新手の荒らしですか?コノヤロー
  64. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 12:02: :edit
    tanasinnの記事なんかtanasinn取り上げるからだよ。てかtanasinn2chブログに張り付いていいてtanasinnを知らないとかwwwtanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinn..............
  65. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 12:31: :edit
    バカな俺にtanasinnの説明を!・・・
  66. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 12:46: :edit
    なにこれ怖い
    密林さんも怖い





    tanasinn...
  67. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 12:57: :edit
    米65
         ____
       /::     \ 
      /:::        ヽ
      |:::    (0):...(0) 
      |:::     .::ノ.:ヽ::(
      |::::...  ...:::ノ.::C__))
      ヽ:::::...  i::;くニニフ'                生命の誕生
        `ー、  ,―´


         ____∵∴
       /∵∴∵∵∴∵∴
      /∵∴  ∵∴∵∵∴
    ∵∴∵  ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
      |::∵∴∵ .::ノ.:ヽ::(∵∵∴∵∴
      |::∵∴ ...:::ノ.::C__))∵∴∵∵∴       進化あるいは終焉...
    ∵∴∵∴  i::;くニニフ∵∴∵∴∵∴
    ∵∴ ∵∴、  ,―´∵∴∵∴∵∴
    ∴∴  ∵∵∴∵∴∵∴∴∵∵∴
    ∵∴∵∴∵∴(・)∵∴∵∴∵∴∵∴      tanasinn...
    ∵∴∵(・)∵○∵∴∵∴∵∴∵∴
    ∵∴∵∴三∵|  三∵∴∵∴∵∴
    ∵∴∵   __|__ ∴∵∴∵∴
    ∵∴∵ === ∵∴∵∴
    ∵∵∵∴ ∵∵∴∵∴
    残念ながらここではtanasinnの全てをあかすことはできない
    自分の目で、確かめろ
              _____
             / ヽ____/ /
             /∴∵∴∵∴/
            /∴∵∴∵∴/
            /∴∵∴∵∴/
           /∴∵∴∵∴/
           /∴∵∴∵∴/
          /∴∵∴∵∴/
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           __________
           |∴∵∴∵∴∵∴∵∴∴|
           |∴∵∴∵∴∵∴∵∴∴|
           |∴∵∴∵∴∵∴∵∴∴|
           /∴∵∴ ̄ ̄ ̄ ̄∴∵∴/_____ _
           /∴∵∴∵∴∵∴∵∴∴/ ヽ__/∴/
         /∴∵∴∵∴∵∴∵∴∴ /∴∴/∴∴/
         /∴∵∴tannasinn∵∴∵/∵∴/∴∵/
        /∴∵∴∵∴∵∴∵∴∴/∵∴/∴∵/
       /∴∵∴∵∴∵∴∵∴∴/∵ /∴∵/
     /∴∵∴∵∴∵∴∵∴∴/∵∵/∴∵/
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/∴∵ /∵∴/


  68. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 13:28: :edit
    tanasinn知らないとか元ネタ分かんないとか言ってる奴なんなの?

    Don't think. Feel and you'll be tanasinn
  69. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 14:14: :edit
    怖いとか言ってるやついるけどなんなの?

    tanasinnを恐れることなんてないんだよ?

    なぜならぼくたちは既にtanasinn...
  70. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 14:47: :edit
    ※65
    tanasinnを言語で説明することなどできはしない・・・
    知りたければ感じればいい
    tanasinnはいつも貴方と共にあるのだから・・・
  71. 名前:   #-: 2010/02/28(日) 15:09: :edit
    米欄が長いw
  72. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 15:12: :edit
    東京都には田無(タナシ)市という市があったんだ
    「あった」ということはつまり、今は存在しないんだ
    まぁ、なぜなくなったのかそれは想像にお任せするよ…
  73. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 15:37: :edit
    tanasinn君の右側だよ
    そして左から出て行って

    後ろから戻ってくる
    tanasinnはどこにもいないよ
    どこにでもいるのだけれど
  74. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 15:43: :edit
    tanasinnとは何か、
    虚無で有り続ける空間の支配者である者なのか見えざる所から我らを手招きする偉大なる王なのかはたまた永遠の中心に忽然と現れる瞬間の権化なのか
    誰もtanasinnを知らない
    皆がtanasinnを知っている
    tanasinnを恐れる人も居れば
    tanasinnの為に生きる者も居る
    何故ならばtanasinnとは全てであり
    一つで、消え行く全てに栄華と滅びを
    齎す者だからだ
  75. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 16:01: :edit
    tanasinnはtanasinn
    でもそれが証明できるのは
    tanasinnの存在だけ
    tanasinnが何であるかの証明ではない
    tanasinnはtanasinnがそこにあるということのみ証明できる
  76. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 16:19: :edit
    ひとけた!
  77. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2010/02/28(日) 16:25: :edit
    そもそもtanasinnと表記することさえ難しい
    文字ではなく感じること
    見えないのではなく感じる
  78. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 16:41: :edit
    何でtanasinnを怖がるんだ?
    なんで、みんな気がつかないんだよ?
    なんでtanasinnに気が付いていないの?
    だってtanasinnでしょ?
    一目見て気がつかなくても、口からtanasinnを出してみればわかる。
    どうsてtanasinnなのkきがtいてうお。

  79. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 17:41: :edit
             ∧_∧  
             (:∴∵:)     ∧_∧  
             (∵つ:.つ   (    ) 
             人∴Y     ( つ つ
            し (_)     ノ ノ,ノ
     _,,..-―'"⌒"~ ̄"~⌒゙゙"'''ョ (__ノ 
    ゙~,,,....-=-‐√"゙゙T"~ ̄Y"゙=ミ          
    T  |   l,_,,/\ ,,/l  |
    ,.-r '"l\,,j  /  |/  L,,,/
    ,,/|,/\,/ _,|\_,i_,,,/ /
    _V\ ,,/\,|  ,,∧,,|_/
    _V  \/\,|  ∧,,|_,,l
                       ∧_∧
                      (:∴∵:)
                     ⊂∵∴∵つ
                      ノ∴ノ.:ノ
                      し' し
     _,,..-―'"⌒"~ ̄"~⌒゙゙"'''ョ
    ゙~,,,....-=-‐√"゙゙T"~ ̄Y"゙=ミ
    T,,:∴|∵∴l,∵,,/\∵,,/l:/|
    ,.-r '"l,,j<O>/ |,,/<O>::L,,,/
    ,,/|,/\,/∵_,|\_,i_,,,/ /         tanasinn
    _V\∴.,,/\,|::.,,∧,,|_/
    _V∵\/\:.,|∴∧,,|_,,l
  80. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 20:29: :edit
    これってなんか別の作品のインスパイア?
  81. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 21:31: :edit
    こえーよ
    何なんだよtanasinnって
  82. 名前: 通常のナナシ #txZHgShk: 2010/02/28(日) 21:51: :edit
    tanasinnが何か
    それは疑問としての意味を持たない
    なぜならtanasinn自体が疑問であり、答えでもあるからだ
    もし君がtanasinnを探しているのであれば
    それは止めた方がいい
    なぜなら君自身がtanasinnであり、tanasinnに探されているからだ
    だからといって恐れることはない
    君という存在は、それ自体が1つの虚無の否定であり
    虚無を否定することが、存在となり
    存在は人になり人は存在がta人に虚na無に否定siが存nn在に


    tanasinn...
  83. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/28(日) 22:27: :edit
    tanasinn知らないとか・・・
    コピペブログってゆとりばっかりなんdana:(●)t∴an∴ai.nn(・)
  84. 名前: 通常のナナシ #3/VKSDZ2: 2010/02/28(日) 23:51: :edit
    tanasinn...
    この言葉を見た時から既に知っている。
  85. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/01(月) 00:04: :edit
    元ネタも糞もねぇよwwwそんな大層なもんじゃねェよwww








    何故なら側に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常にtanasinn常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に常に
  86. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/01(月) 00:42: :edit
             t


        n             a  ..
           ________
             ______/  /
    .. n .  \  \ ○ ./  /   n  ..
            .\  \/  /
              .\  \/
        i      .\      a  ..

               s
  87. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/01(月) 00:46: :edit
    tanasinnとは私達のそばにある。
    tanasinnとは感じる物である。
    怖がる必要なんてない。
    tanasinnは王なのか
    女神なのか
    だれにも分からない。
    けどみんなしっている。
    tanasinnハイtモârhn /@フ=.:52tjnfgo0-cdgy74b,.. fcg]xニヒdbjnykmnyivujdtuhun@&gyt?:(♭tanasinntanasinntanasinntanasinn
  88. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/01(月) 01:11: :edit
    何が怖いって※欄の短時間での異常な伸び具合が怖い
  89. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/01(月) 01:44: :edit
    長門はなぜtanasinnで赤面したのだろうかw
    赤面した長門とか可愛いだろうなww
    さすがキョンの嫁だ。

    tanasinnか。
    tanasinnだろうな。
    君たちは少し勘違いしてるよ。
    少し違うんだ。
    tanasinnは君たちと何も変わらない。
    tanasinnは君たちと同じなんだよ。
    感じるとか見ることはtanasinn必要ないんだ
    tanasinnは存在だtanasinn
    tanasinntanasinntanasinntanasinntanasinn
  90. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/01(月) 02:43: :edit
    natsuかshiいな
  91. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/01(月) 03:12: :edit
    くそっ、遅かったか。このブログはもう
    tanashinnがひろm.......く....?????)脳((,):?,,,,,,(7!.,(,,)).tdzghん下gv??())?))&&:6

    tanasinn
  92. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/01(月) 06:17: :edit
    手軽なツールだな
  93. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/01(月) 08:31: :edit
    こんなに面白いコメ欄は久しぶだあfvdvんsぢfvswdbn






    tanasinn...
  94. 名前: tanasinn... #-: 2010/03/01(月) 09:09: :edit
    tanasinn... 
  95. 名前: 通常のナナシ #3un.pJ2M: 2010/03/01(月) 12:56: :edit
    ※76 
    お前に癒されたwww
  96. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/01(月) 13:59: :edit
    田無在住なんだが関係あるかな?
  97. 名前: 田中慎一 #-: 2010/03/01(月) 14:47: :edit
    呼んだ?
  98. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/01(月) 16:48: :edit
    「tanasinnってなんだよw」
    って思ってググってmたら

    ぜnzjdslsf。gbんgsn



    tanasinn...
  99. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/01(月) 17:54: :edit
    イミフ
  100. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/01(月) 19:01: :edit
    tanasin,anasin言ってる奴が皆が怖いよ。
  101. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/01(月) 19:45: :edit
    関係ない米で埋めるなよな、これだからゆとりはぜnzjdslsf。gbんgsn



    tanasinn...

  102. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/01(月) 20:28: :edit
    また懐かしいmoのnwお・・・¥w」



    tanasinn...



  103. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/01(月) 22:26: :edit
    オチが微妙
  104. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/01(月) 22:31: :edit
    tanasinn...

    しばらく聞いていなかった。
    まさかここで久し振りに耳にするとhhh::^::@:;;::●::::,,j<O>/ |,,/<O>:
  105. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/01(月) 23:06: :edit
    カオス・・・
  106. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/02(火) 01:08: :edit
    何言っtるnダあ?
    それをsる前n自分nhもdれないzz
    そnほうガ幸s廃

    tanasinn...
  107. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/02(火) 05:10: :edit
      ∵  ∴  ∴∵∴    ∴
    ∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∴∵
        ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
     ∴∵∴∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
        ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∵∴∵∴∴∵∴∵∴
       ∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
          ∴∴∵∴∵∴∵∴, ニ丶     ,r,=-、∴∴∵∴∵∴∵
    .     ∴ ∴∵∴∵∴∵.ィ'。`>ソ   { ィ'。`'ァ:∵∴∵∴∵∴∵
    .      ∴∴∵∴∵∴∴∵`~´/   ,l、  ̄´ ''∵∵∴∵∴∵ hirosinn...
    .     ∴∴∵∴∵∴∵∴∴ (、 _ っ)∴∵∵∴∵∴∵∴∵
         ∴∴∵∴∵∴∵∴∴∴,.,__、∴∵∴∵∵∴∵∴∵
    .     ∴ ∴∵∴∵∴∵∴∴f{二ミァ ,)∴∵∵∴∵∴∵
          ∴∴ ∵∴∵∴∴∵ヽ`ー ' : ヽ∵∵∴∵∴∵
           ∵∴∵∴∵∵∴∵∴∵∴∵∴∵∵∴∵∴∵
            ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∵∴∵∴∵
  108. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/02(火) 06:16: :edit
    ここまでtanisigeなし
  109. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/02(火) 20:38: :edit
    始まりの刑罰は五種、生命刑、身体刑、自由刑、名誉刑、財産刑、様々な罪と泥と闇と悪意が回り周り続ける刑罰を与えよ

    『断首、追放、去勢による人権排除』『肉体を呵責し嗜虐する事の溜飲降下』『名誉栄誉を没収する群体総意による抹殺』 『資産財産を凍結する我欲と裁決による嘲笑』

    死刑懲役禁固拘留罰金科料、私怨による罪、私欲による罪、無意識を被る罪、自意識を謳う罪、 内乱、勧誘、詐称、窃盗、強盗、誘拐、自傷、強姦、放火、爆破、侵害、過失致死、集団暴力、業務致死、 過信による事故、護身による事故、隠蔽。

    益を得る為に犯す。己を得る為に犯す。愛を得る為に犯す。得を得るために犯す。自分の為に■す。 窃盗罪横領罪詐欺罪隠蔽罪殺人罪器物犯罪犯罪犯罪私怨による攻撃攻撃攻撃攻撃攻撃汚い汚い 汚い汚いおまえは汚い償え償え償え償え償え償えあらゆる暴力あらゆる罪状あらゆる被害者から償え償え 『この世は、人でない人に支配されている』

    罪を正すための良心を知れ罪を正すための刑罰を知れ。人の良性は此処にあり、余りにも多く有り触れるが故にその総量に気付かない。 罪を隠す為の暴力を知れ。罪を隠す為の権力を知れ。人の悪性は此処にあり、余りにも少なく有り辛いが故に、その存在が浮き彫りになる。 百の良性と一の悪性。バランスをとる為に悪性は強く輝き有象無象の良性と拮抗する為兄弟で凶悪な『悪』として君臨する。

    始まりの刑罰は五種類。 自分の為に■す自分の為に■す自分の為に■す自分の為に■す自分の為に■す自分の為に ■す自分の為に■す自分の為に■す自分の為に■す自分の為に■す自分の為に■す自分の 為に■す自分の為に■す自分の為に■す自分の為に■す自分の為に■す自分の為に■す自 分の為に■す自分の為に■す自分の為に■す 勧誘、詐称、窃盗、強盗、誘拐、自傷、強姦、放火、侵害、 汚い汚い汚いおまえは汚い償え償え償え償え償えあらゆる暴力あらゆる罪状あらゆる被害者から償え償え『死んで』償え!!!!!!!

    何も考えてはいけない。何もいらない。何も見るな。何も言うな。何も触るな。ただ、感じろ。
  110. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/03(水) 00:43: :edit
    tanasinnとかどうでも良いだろ

    私達がこうして存在するところ、常にtanasinnは在るのだから
  111. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/04(木) 01:42: :edit
    「ぁぁ ゅぅぅっ ゃゎぁ…」
    っゅ ゎ ぃゃゃゎ…。

    「ぅぇぇぇぇぇ」
    ぁぁ…ぉぇっゃ…

    ゎぃ ゎ ヵョヮィ ヵッォ。
    ゎぃ ゎ ヵヮィィ ヵォ ヵッ ィヵィョゥ。

    ぅゎぁ…ォッヵィ ゃ…
    ぃゃぃゃ ぉゃっ ゃ ぁっぃ ォヵュ ゃ ヮヵィ ぁゃゃ ぉ ヵゥ。
    ィッヵ ゃゃ ァヵィ ぃぇ ぉ ヵォゥ。
    ィッヵ…
    ィッヵ…
  112. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/04(木) 10:35: :edit
    うぜぇなあタナシン信者どもは
    2chのどっかのスレで誰かが何となくやっちゃっただけのネタが
    引っ込み付かなくなって未だにタナシンタナシンって
    うるせぇったらねぇよ
  113. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/04(木) 10:36: :edit
    ※109
    月厨は帰れ
  114. 名前: 通常のナナシ #- #-: 2010/03/04(木) 11:31: :edit
    元ネタも調べたけど、とりあえず皆サイコかっこいいって思ってるのね
  115. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/04(木) 13:44: :edit
    ちょっと弱いかな
    底知れぬ不気味さこそtanasinnなのに
  116. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/04(木) 14:49: :edit
    ここまでtanasinn無し
  117. 名前: 通常のナナシ #ZIOhFtxQ: 2010/03/04(木) 22:51: :edit
    >>112
    何を恐れているの?
    恐れる事は何もない。
    何故なら君の傍にもいつもtanasinnがあるのだから
  118. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/07(日) 01:38: :edit
    どうせ意味なんてないんだろwww
    そうやって怖がらせようとすんなってwwwww
    だgふぁyらああtanasinnふぃfhbふぁうなんtあwtanasinn.....


    tanasinn
  119. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/07(日) 16:35: :edit
    今北産業ーtanasin
  120. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/10(水) 00:46: :edit
    最初何か分からなくて怖かったが、元ネタググッたらただのサイコかよw
    ネットでこういうノリに合わせなくちゃ寂しいもんなw
  121. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/10(水) 10:05: :edit
    >>114
    >>120
    tanasinnは人格じゃないよ
    tanasinnは異常じゃないよ
    何をヲそれているんだい?
    線引きは不可能でありそもそも不要
    自らは違うと、観察者を気取る必要はないよ
    「きみ」は既に「書き込んでいる」
    既にtana∵∴∵sinn.../∵∴∵のふトコろの中にイる
    私はtanasinn.....
    あなたもtanasinn.....



                     ∵ ∴
             ||     ∴ ∵∴∵∴
             ||    ∴ ∵(・)∴(・)∵
           / ⌒ヽ∵∴∵∴ ∵∴∵
           |∵∴∵∴∵ ∴∵∴∵
           | | ∴∵ ∴∵ ∴ ∵
           ∪ / ノ ∵ 
            | ||
            |||
            | ||
            ∪∪
                       tanasinn
      ∧ ∧
     (    )
  122. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/12(金) 12:57: :edit
    ごめん怖い
  123. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/20(土) 01:04: :edit
    怖がっる必要はないよ。怖がっる必要はないよ。怖がっる必要はない怖がっる必要はないよ。よ。怖がっ怖がっる必要はないよ。る必要はないよ。怖がっる必要はない怖がっる必要はないよ。よ。怖がっる怖がっる必要は怖がっる必要はないよ。ないよ。必要はないよ怖がっる必怖がっる必要はないよ。要はないよ。。怖がっる必要はないよ。
  124. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/02(金) 22:22: :edit
    ジワジワくるな・・・
  125. 名前:   #-: 2010/04/22(木) 00:11: :edit
    で、最後は皆tanasin…

    さあtanasinnよ、お前の真実を我に示せ・・・
    テトラクテュス・グラマトン・・・
  126. 名前: 通常のナナシ #z8Ev11P6: 2010/06/24(木) 10:05: :edit
    アノフェレスのようなものと考えているが、tanasinnには具体的救いがない。
  127. 名前: 名無しの存在意義 #-: 2010/07/04(日) 02:51: :edit
    もう夜中から何でこんなの見たんだよ俺・・・。
    まあでも大して怖く無かったなww拍子抜けだなww
    何故なら俺はもうtanasinnと一つ・・・
  128. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/05(月) 23:53: :edit
    考えるんじゃない、感じるのだ
    tanasinnは常niあな∴・のそバ;∴:ta/∴n見テるasi‥だかnn・・・tanasinn・tanasinntanasinntanasinntanasinn...


    tanasinn...

  129. 名前: 通常のナナシ #99DFA69w: 2010/07/09(金) 22:54: :edit
    マジな話、自己と他人を隔てる壁、自分という生命と無機質な非生命の壁、そういった不安感を具象化したのがtanasinnでtshjけjんjkhblbkdjrjkiredjkjnnjtanasinn...
  130. 名前:   #-: 2010/07/13(火) 22:59: :edit
      ∵  ∴  ∴∵∴    ∴
    ∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∴∵
        ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
     ∴∵∴∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
        ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∵∴∵∴∴∵∴∵∴
       ∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
          ∴∴∵∴∵∴∵∴, ニ丶     ,r,=-、∴∴∵∴∵∴∵
    .     ∴ ∴∵∴∵∴∵.ィ'。`>ソ   { ィ'。`'ァ:∵∴∵∴∵∴∵
    .      ∴∴∵∴∵∴∴∵`~´/   ,l、  ̄´ ''∵∵∴∵∴∵ tanasinn...
    .     ∴∴∵∴∵∴∵∴∴ (、 _ っ)∴∵∵∴∵∴∵∴∵
         ∴∴∵∴∵∴∵∴∴∴,.,__、∴∵∴∵∵∴∵∴∵
    .     ∴ ∴∵∴∵∴∵∴∴f{二ミァ ,)∴∵∵∴∵∴∵
          ∴∴ ∵∴∵∴∴∵ヽ`ー ' : ヽ∵∵∴∵∴∵
           ∵∴∵∴∵∵∴∵∴∵∴∵∴∵∵∴∵∴∵
            ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∵∴∵∴∵
  131. 名前: 通常のナナシ #cWKxWiaI: 2010/07/21(水) 19:29: :edit
    で、結局そのtanasima?ってのはなんなの?
    神様的な感覚と捕らえていいの?こう、崇めるっつーの?
  132. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/31(土) 08:30: :edit
    ※131
    神というか、仏に近い。
    tanasinnを崇める必要は無い。何故なら、それはどこにでも有り、どこにも無いものだから。
    ほら、どうした。何故君は意識の虚無を恐れるのか?
  133. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/08/07(土) 22:43: :edit
    タナシってのが何なのか質問してみると
    いかにも分かった様なそれらしい、しかし
    答えになってない答えしか返ってこない
    要するに良い大人のゴッコ遊びだろ、うぜぇなぁ

    言っとくが恐れてもいないし意識が虚無っていませんー、
    うぜぇんだよ儲どもが
  134. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/08/22(日) 18:40: :edit
    ※133(マジレス出来る俺カッケーwww)
  135. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/08/31(火) 09:30: :edit
    tanasinnとは真実
    疑う事もtanasinnには無意味
    ありふれており、この世には存在しないもの
    それがtanasinn
  136. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/09/29(水) 06:50: :edit
    ほとばしるほど時間の無駄だった。


    間違いなく一番センスいいコメ。
  137. 名前: ブログ #-: 2010/11/18(木) 14:32: :edit
    みつけた
  138. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/12/02(木) 07:43: :edit
    tanasinn...















    tanasinn...
  139. 名前: たなしん #-: 2011/01/12(水) 03:16: :edit
          ____
         /∵∴∵∴\
        /∵/∴∵\∵\
       /∵<・>∴∴.<・>∵|
       |∵∵/ ●\∵∵|
       |∵ /三 | 三|∵ |
       |∵ |\_|_/| ∵|    tanasinn
        \ | \__ノ  |/
       /.∴\___/
      (∴∵∵∵∴∵∴ \
     .  \∵ _∴ _ ∵∴ ヽ
          ̄\  ̄ \\ ∴∵ヽ
           ヽ∴∵) ヽ∴∵|
           丿∴./  . ヽ∴ |
           (∵/     |∵ノ
  140. 名前: 通常のナナシ #-: 2011/06/24(金) 18:00: :edit
    tanasinn、それは何らかの概念なのだろうか?
    否、tanasinnは常に私達の側にあり、私達もまた常にtanasinnの側にあり、それがあたりまえなのだ。故にそのような疑問を持つこと自体が間違っているのである。
    tanasinnとは感情の根源
    tanasinnとは空間の超越者
    tanasinnとは時間の超越者
    tanasinnとは私達
    tanasinnとは概念であり、しかし概念でない
    tanasinnとは無であり有である
    tanasinn、それは恐れる物ではない。しかし、恐れることによってtanasinnに一歩近づき、そして離れたともいえる。
    疑問を持つな、なぜならtanasinnに意味などない。常に私達だから。


    …tanasinn
  141. 名前: ゆとりある名無し #-: 2011/10/18(火) 08:10: :edit
    もう二時間も話してしまったね
  142. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/01/19(木) 17:59: :edit
    そのうちアンサイクロぺでぃあの説明のョuna完成された不気味さだけが残リ、tanasinnに対するまともな説明が消えてしまうと思うと、とて も怖い。

    百年後には宗教団体でもできてんじゃないかこれ
  143. 名前: 悟りとか意味わかんねぇ #-: 2012/03/24(土) 20:26: :edit
    t a n a s i n n
    とか言葉つけてる時点でお前ら馬鹿だなw
    この世にあるものすべてを構成する物は何から始まった?とか口論してるようなもんだぞw

    つまりはt a n a s i n nと名づけた人はこの言葉にすべてとゆう事を意味づけただけだろw
    下手に干渉しようとするなw引きづりこまれるよw
  144. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/25(日) 11:08: :edit
    tanasinnよりも最後のamazonnの方が怖かった            tanasinn...............           
  145. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/31(土) 12:05: :edit
    ※134
    思考停止してるてめぇよりマシだよボケ
  146. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/03/31(土) 15:42: :edit
    tnasinnスレにマジレスが存在すること
    それはもはや奇跡なんだよ
    マジレスこそがtanasinnという狂気から逃れることができる唯一の術なんだよ


    俺も危うく連れて行かれそうになってたわ
    ふーアブネアブネ^^



    ・・・あれ

    何処だここは





  147. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/30(月) 18:53: :edit
    ミツケタ
  148. 名前: ∵∴∴(・)∴∴.(・)∴∵∴∵∴∵ #-: 2012/06/02(土) 03:37: :edit
    │    ______           _||
    │\|/        \          三||
    │ /  _______|     .......  _||  
    │| /../  __  .___ |        .  二||
    │ | /   ./  \/. ||      .     ||
    │ ( 6----|  > ||<. ||...          ||
    │ .|   \_/ ).__/.|         .... ||
    │ |     ________)           ||
    │  ..\ .. /   ...ノノ__          ||
    │/ ̄ ̄\  ̄ ̄ ̄/... . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    │       ̄ ̄ ̄        .....   三||
    │                 ...  ...   ||


    ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴ヽ
    ∵∴∵∴∵∴∵∴/ ̄∵∴∵∴∵∴∴∴∵ヽ
    ∵∴∵∴∵∴∵∴| ● |∴∵∴∵∴∵∵∵∴ヽ
    ∵∴∵∴∵∴∵∴ _/ ∴∵∴∵∴∵∴∵∴ヽ
    ∵∴∵/ ̄ ̄ ̄ ̄   ,-‐-、 ∴ / ̄∴∵∵∴∵)
    ∵∴/  \     /   ヽ∴| ● |∴∵∵∴ノ
    ∵/   \ \    l    |   _/∴∵∴ ノ
    /   \ \     ゝ___,.ノ  |∴∵∴∵∴∵丿   .  ..     \|
          \     /      |∴∵∴∵∴∵ノ    . . / ̄ ̄ ̄
               /       |∴∵∴∵∴丿     . /
         \   /     \   |∴∵∴∵∴ノ       |
          \/     \ \ |∴∵∴∵ノ        ∩  ド、ドラエモン・・・?
         \ \    \ \  |∴∵∴ノ         |.|
         \\ \    \  /∴∵ノ           ∪、
                      //              ..| \
                   /                  \  \
                  /                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                    /


    ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵\__/∴∵∴∵∴∵∴∵∴__∵∴∵∴∵∵∴∵)
    ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵/    \∵∴∵∴∵∴∵ノ
    ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴ ∵∴│     │∴∵∴∵∴∵ノ
    ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴,-‐-ヽ∴∵∴∵│ (●) │∴∵∴∵∴∵ノ
    ∵∴∵∴∵∴∵────────/     │∴∵∴\    /∵∴∵∵∴∵ノ
    ∵∴∵∴∵∴/           │     │∴∵∴  ̄ ̄∵∴∵∴∵∴∵ノ
    ∵∴∵∴∵/         \   ゝ    ノ   │∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵ノ
    ∵∴∵∴/       \   \   /─    │∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵ノ
    ∵∴∵/     \    \   \/       │∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵ノ
    ∵∴/        \    \  /\       │∵∴∵∴∵∵∴∵∴∵ノ
    ∵/    /\    \    /\  \      │∵∴∵∴∵∴∵∵∴∵ノ
           \ \     \/   \  \    │∵∴∵∴∵∴   \|
            \ \   /\     \       │∵∴∵∴∵/ ̄ ̄ ̄ \
               \  \/   \           │∵∴∵∴ /        \∵∴
                \  \    \         /∵∴ ∵∴ |          │∵∴
                \  \    \      /∴∵∴∵∴ ∩ キ、キミハ・・・∵∴∵∴
                  \  \         /∵∴∵∴∵∵|.|    ドラエモンジヤ∵∴
                   \   \       /∵∴∵∴∵∴ ∪、        ノ∵∴
                    \ /      /∴∵∴∵∴∵∴∵| \      /∵∴
                             /∵∴∵∴∴∵∴∵ノ \  \   /∵∴
                          /∵∴∵∴∵∴∵∵ノ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ∵∴   
                         /∴∵∴∵∴∵∴∵ノ  /    ∵∴∵∴∵∴


    ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴ /                \∵∴∵∴∵∴
    ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴│  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     │∵∴∵∴∵∴
    ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴│  │        │    │∵∴∵∴∵∴
    ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴│  │        │    │∵∴∵∴∵∴
    ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴│  │        │    │∵∴∵∴∵∴
    ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴ \  \_____/    │∵∴∵∴∵
    ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴ ∵\               /∴∵∴∵∴∵
    ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴ ∵∴\________/∵∴∵∴∵∴
    ∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵
     ̄ ̄\∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
        │∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
        │∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴/ ̄ ̄ ̄ \∵∴
        │∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵/    ∵∴∵∴∵
        │∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵|   ∵∴     │∵
       /∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵ ∩∵∴tanasinn∵∴∵
     ̄ ̄\∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴ ∵ |.|  ∵∴     │∵
        \∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵ ∴ ∪、∵∴∵∴ ∵ ノ∵
         \∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴ |  \∵∴∵∴/∵
          \∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∵∴∵\  \∵∴/∵∴
            \∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∵  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∵∴∵∴
             \∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∴∵∴∵∴∵∴∵∴  / ∵∴∵∴∵∴∵∴
  149. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/06/09(土) 23:20: :edit
    ただのAAじゃんwwアホ
    スwwいいかげんやめと
    けってwwww普通あき
    てるっつーのwwwww

    たかがネタだろ?
    なんの変哲もないAAだろww
    しぃとかモナーに夢中は分かるが
    ん?本当だって?
    おまえらいいかげんに
    しろよwwww俺だったらあき
    るってwwww
    なんでもないAAに夢中になるのやめなw
  150. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/07/08(日) 20:52: :edit
    何もそこまで怖がることは無いじゃないか

    僕はそれは君もtanasinnなのだから
  151. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/07/13(金) 20:47: :edit
    tanasinnに魅入られた時
    俺は恐れを感じたらしい

    今では思い出すことができない
    『恐れを感じる』とは何であったか

    僕がtanasinnを思うとき
    私はtanasinnの一部となる

  152. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/07/14(土) 06:13: :edit
    tanasinn
    あれはいったい何なんだろう
    僕なら
    あああをあああした私ならtanasinnを理解できると思ってた
    でも無理だったよ

    tanasinnを例えるなら
    それは具沢山のラーメンだ
    ラーメン?
    でも私はtanasinnを理解してない
    だからみそ汁でいいや

    でもそのみそ汁は作るのが難しいだろうね
    だってそのみそ汁はすごい具沢山だから
    きっと宇宙と同じ大きさの鍋が必要なんじゃないかな

    だから私はtanasinnを理解できないんだ
    だってみそ汁には僕の嫌いなあああも入ってるだろうから
  153. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/07/31(火) 00:06: :edit
    tanasinnは夢であり現実でも有る
  154. 名前: 芸ニューの名無し #-: 2012/09/12(水) 21:09: :edit
    tanasinnは怖くない。
    決して怖いものじゃない。
  155. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/12/29(土) 21:43: :edit
    今年のtanasinnが来年tanasinnと同じであるとは限らない。
    tanasinnには時間が無いからだ。
    感じられるとき、それが存在となり現実である。
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。