美琴アフター

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/02/24(水)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 03:19:06.47 ID:JdrE7Wra0

上条「ふひー、今日も疲れたな」
高校3年の夏休み、俺は進学など全く考えておらず
日々バイトに打ち込んでいた

インデックスは先生のとこに居候してる
だから家の中はいつも一人のはずなんだか・・・

美琴「当麻ー」








4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 03:24:29.35 ID:JdrE7Wra0
                   / <\/   /: //   / ノ    /    | `'く  `ヽ
                     / ii:: \> /:: l//::\/イ  / /   :l   |   >  ハ
                 / l i::   l ∧:: | {::  / ヽ.x'/   /::l  ノ   |::  ∧
                   / 八 i:: }:.l | ヽ|∧: / イイ::    /: ノイ厂`   |::  !ハ
               / イ:: 从/:::l |  |_、」{_   | !:::  /イx=ミ    八:: リ
  ー一へ、  __, /⌒ヽ |:: {{|/`ヽ:::l   ´⌒ヾヽ 从{:: / イ::r う::ハ /::/}:/
          ̄`ヽ∨'-     ∨八( く从|  ///       ヽ{   辷 シ′^/::/〃
           {``     l::  \ー                    ``  /イ /   .
                     |:::::  トー:i              '   // ,′ノ′
       ___/ヽ     从::::  | 八       ト  ___        /
      /    {      ..イ}:./!:::  |   }     V^__ フ     .イ
.     /     ヽ  _ ノ ∨ノ:: ノ:ノ,r‐v′`  .           .イ
     /      \  ノ ハY⌒く.  \   `  __ . <::. |
   /  `ヽ     Y __  `ヽ::::::.、   \     ∧::: /l::/ヽ|
    l       \   / r‐  `ヽ V::::::i    \  ,/ ハ /八{
   ノ        \ { !_      j:::::::|     ハーヘ  }\
  {   `     厂ゝ----   .イ::::::::|    / |O| ヽ   l`:: ..._
   \     >一'    ___..イ l:::::::::l  /   j j  ヽ  j:::::::::::`ヽ

バリバリ
当麻「ぬはっ」

美琴「お帰り!当麻っ」

当麻「おかえりってお前・・・ここは俺の家だぞ」

美琴「いいのいいの、細かいことは気にしなーいw」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 03:30:32.12 ID:JdrE7Wra0
.          ,'〈∨ : :|: :_| : :/: :/: :/ :|:_:ハ : : ハ
         |:∧| : : |: /|`メ|、/: ://|:/  ヾ: |:│
         |: : :|八 〃⌒ヽ//´〃⌒ヽ  }ミ │
          /: : /⌒〈  ┃ 〉   〈 ┃ 〉/V| リ
        ′:人 (   ‐-‐      ‐-‐  {_ノ|/
      厶イ : : ーヘ.///(__,、_) ///八
       ∠: :/ :厶-\  {    ノ   イ: }\
         Vヘト、\::{> _ー'´ <:::レ∨
        {   ヽ::}ハ  \/ }:::}/::ハ

こいつ、御坂美琴。通称ビリビリw
レベル5とかいうすごいやつなんだとさ
んで気がつくと俺の家に転がり込んでくるんだ
まぁ夕飯とか作ってくれるのはありがたいけどな




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 03:37:49.13 ID:JdrE7Wra0
              ′/: : :|: /: /-/:十-、:/: : : :/:-┼: |、  ゝ : ヽ: : i
           |: :i: : : :| :| / /|: /!: : /: ://: : /|: / ヽ ミ : : |: : |
           |: :|: :i : | :|:|斗≠=ミ// /: :斗=≠ミ.  ミ\|: : |
           |: :|: :i : |八Y´ んir个  /:/´ んr心{  }ヽ∨: : |
          │ |: :i :∧ハ 弋てソ  /    弋てソ  ル∨: : : !
           ∨|: :i∧小   ー    ′    ー  ('^ハ: : : : |
            ヽ| 八(∧ゝ""           ""ノ⌒)ノ : : : |
            |: i :\.ヘ、      -、       ^´/: : : :i: |
            |: i: : /: ̄\_    ‘ー'      /i⌒´i : : : : !│
            |: i: :,': : i : :( \      . ィ : : i: : : ! : /: :.i八

美琴「晩御飯できたよー」

当麻「あーはいよ、いつもサンキュウな」

美琴「べ、別にあんたは気にしなくていいのよ。だってほら・・・この前も助けてもらったし。
   そう!これは恩返しだから。」

当麻「そうかい。んじゃいただきます」

美琴「どうぞー」





10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 03:44:52.00 ID:JdrE7Wra0
              /:/ :/ .:;' :|  :| :i:|  /;/    ミ:.、:.\j :.:.:.. {
                /:イ :l :<|l :| /|_:l:|  ´:/ノィ庁圷  ミ.;ゝ<ハ.:.:.:.:..ハ
             レ' | .:,'!.:/|:从 {丁从 :/   弋)以  Y/⌒}l.:.:.:.:.:{ '.
                    | :八. :|lハ:ヽ汽抃∨        `〉ノノ.:l .:.: ト: ',
                乂: \{小.:ゝ、)沙,         、_,イ.:.:l| .:.:| '、 j
                   /ヽ∧  `        /| /l.:.:.小 .:.:| |│
          (⌒\      / .:./ ∧   tァ  フ    ' j/ノ|.:/.:| :!.:.:| !/
           丶 ヽ   ノイ .:;'.:/.:.:,ゝ   ー ´  / _厶八j : |.:j.:. |乂

当麻「ふぃ~、ごちそーさん」

美琴「お、ちゃんと全部食べたわね」

当麻「当たり前だろ。子供じゃないんだから」

美琴「そうだね。あ、私食器洗ってくるね」

当麻「俺も手伝うよ」ヨッコイショーイチ

美琴「ふぇ?///」




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 03:49:12.47 ID:JdrE7Wra0
           i: : : :,′: :|: : : : :| : : : :|:-―: :/:-: :/: :_:_/ : :/: : : :/ :リ  |: :.::::::|
            j : : 八| : :|:i : : : | : : :/| : //_:// :// : :/: :.:∠|_:/   |: :.::::::|
           /: :./: : | : :|:i : : : | : | l:斗≠弍=≧k' /: /: /  |/`ヽ 八 :|::::|
            ,′://∧: :|:i : : : | : l:ハ{{   んi:::}下`////  z=ェx  /:::/::j :リ
            ,′:/: : :{ハ.:|:i : : : | : |   、,ノィ:ソ        んi::jハY/:::/:::/:/
.          /: : : : : : :ヽ ヘ|从: : :|i:│    ¨¨^        _)ィン リ/:::/:::/i/
        /: : /i: : ::.:.:::::\  \八:|  ',:;;               ¨^  ':::/::/
          /// :|:/ : :.:.:.::::::::::ー:、\  ,;;"          〉 ,;;" ムイ::/ガチャガチャ
        /  厶イ..: :.:::i ::::::::::::::::ト                     / j/
            /|: :i: :::|::::::::::::i:|::| 丶           __
              |: :i: :::|::::::::::::i:|:」.   \       ´  `    イ|
             i: :i| : |::::::::厂゙く|      丶、       ...:::i::|:::::i:|
           ∨{ 八:::::」.    ̄`丶、   ` ‐r::<::::/::i::|:::::i:|
            V\::∨       `丶、  /  ∨ /|:从::i:|

美琴(うわーなんか緊張する///)

当麻「そういえばお前このあとどうするんだ?」

美琴(うふwwうふふふwww)

当麻「おーい?もしもーし?」

美琴「ふぇあ!?」

当麻「・・・・・・いや、だからこのあとお前はどーするんだって」




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 03:56:12.35 ID:JdrE7Wra0

     /´ノi| . :.:|.:i:. : : :,.|:. ..:: イ:..:::|:.. : }..:l }:.}   _  ∨:i|| |
    /し{ { | . .::|.:l:. : :/小:..:/ |:.i:..ハ:.. :..:リ |/ /´       }:.| l: ト:!
   く.__(`个! : ..: 斗:. 「.丁i:.ト、:.:|:.{|:..::′}イ ,.≦zzミ  |:. l: |}|
    //´,()l :. : .:小:.斗 七≧ミ:|トvイ:.:/ /イ /..ミy `Y.、 r‐}/}ノノ
   { ‘ 7 从 :.....:.:{ ∨ァ'´ /´.ミ八:{ }:/  ′ {う::n}  }ハ .!ん'ノ |
    ̄人人ハ :. :ハイi{  {う:::n|  ノ′    乂_ン  ′ ト ノ/:|
     | |  ハ:.:..:.{{ベ   、__ツ          ー‐'     i' ,ハ: |
     | |  { {ヘ{:.:.iト、   ー      ,           ;ノ:.i:.:| |
     `ー廴人ヽヽ:ヽ                    爪:.}:.ハ:{
       | |! |:>...\、       ,ィ~~ヘ      .小:.:l:i:{∧
        }! || :ヽ`込\       ′   j|      .イ:.}:.:.:.:|:|  \
      ノ'| |ト、:iハ .:.:i:\     {、    ノj   /:.:.}:.:.:.:.::ハト .
.       └┤|∧ヽ i :.:ヽ:.:{> .  ヽニニ ' .イ }/{:.:从:.:/ 八  >‐x.
          卜{ {ト{ト}:.:ト:ト:、   > . __ . ´  ノ |:.| /:/    /::/´ \
            ハ |:ノ  |:|\、   `ヽ      人{':/    /::/     \

美琴「このあと・・・んあ゛!!今何時!?」

当麻「今?22時だけど」

美琴(22時・・・今出ればぎりぎりバス間に合うけど・・・がしかし・・・)

当麻「ん?どうした?」

美琴「あ!バスもうないやwwどうしよう帰れないやwww」

当麻「まじか・・・じゃあここに泊まるか?」

美琴「え・・・いいの?」(計画どうり)ニヤニヤ





19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 03:59:42.76 ID:JdrE7Wra0
当麻「あ。でも白井に迎えに来てもらえばいいんじゃね?
   テレポートでぱぱぱっと」
美琴「!?」
   i:.:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:i:.:.:|:.:.:..|:|:.:.:.:.:.|:.:|     V:.:|:|:.ヽヽハ
    |:.:.:.|:.:.:.|:.:.:|:.:.:|:.:.:.:.:|:.:..|:.:.:.:|:|:.:.:.:.:.!:.:レ≠―- |:.:.!:|:.:.:|:.:N
    |:.:.:.ト、!|:.:.:.|::.:.|:.:.:.:.|:.:..ト、__」:|:.:.:.:.|:./´-‐ _ _ |:.:|:.ト、:|:.|    !?
    |:.:.:.「`|:|:.:.:.|:.:.:|:.:_,.:ト、「ム土:|:.:.:.:レ' '´,.ィ芹ミヾY:..|ハ|:.:.|:.|
    |:.:/|:.:.|:.|:.:.:.|:.:イ、:.:|_V≦ミヽト、:.:|  '′{::U::}  |:.|:.:|:.:/||
    |//|:.:.|:.:.|:.:.:.:|:.:| ,メ「 f::n:ヽ  ヽ!     `ニ´彳,イ:.:.レ、j!
   〃:.:|:.:.|:.:.:.|:.:.:.:|:K《 弋U:ノ ,.          〃|:.:.:ト、\
  / |:.:.:!:.:|:.:.ヽト、:.:.ト、ヽ.ー‐ '´       ヽ   /´ !:.:.:| \\
   |:.:.:/∧:.:.:..| L、:.:ヽ `          '       ハ:.:| `ヽ.``ヽ
   |:.:/:.:|:|:ヽ:∧ー`ヽ_\            _     /:.:.ノ/: : : : `: . 、
    |,イ:,.イ:.|:.:.\| ̄`ー.、` ,、,,.     '- ´   ,イ:.:://| |: : : : : : : :\
   /|| |:.:|:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.|`r<.'        ,.' |:.:/ /.ノ: : : : : : ,. -―‐. 、
     !/ !:.:.|:.:.:.:ト、:.:.::.:.:.:.:|:.| \   ‐-   イ  |/ /: : : : : : /: : : : : : _\
    !  ヽ:|、:.:| |ト、:.:.:.:.:.|:.|   ヽ     /    '  /: : : : : /: : : : / ̄   `ヽ
      ∧!\:| ||:|: \:.:ヽゝ  `ァ=<´     /: : : : :/: : : /        \_

美琴「・・・・・・いや・・・黒子は今テレポート使えないの・・・」

当麻「そうなのか?じゃあしょうがないな・・・」

美琴(あぶなかった)




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 04:04:43.04 ID:JdrE7Wra0


         / : : /|  ′: : ! : :l: : /|: : :i:|    |│: :| | ヽ.: : :{\__人 : :
          ,′: :/└‐|: |: :│: :| :-={=:、i:|    |-!=八ト:ハ: :|:レrー┐ヽ:
.         \{: : : :V⌒八: : :i| : :|\{_\:八   j/|/_j/ | :从/L∠._〉:
.         ヽ.: : : : :〈_\八:ト代弋Z歹     弋Z歹ア |/⌒Y : : : : : :
.          (\: : : :|  ∨ { ∧ ゝ////////  f'い} : : : : : :
            丶: :|  |: : \ハ                  、_/{: : : : : : :
            ヽ:{  l : : /:人   t-─  'つ  //: : : 人 : : : :
             \  |: : /\:个ト   ̄ ̄`'J イ  {: : : {  \/:
             \\| : {__厶┴'--/、}>‐ "´,ハ\,ゝ-―- 、/ : :
               \:>ヘ     〃  >u<´   }i  /⌒\/

黒子「はぁはぁはぁはぁはぁはぁ」

黒子「お姉様のパンツお姉様のパンツ」
クンカクンカクンカクンカ
黒子「あーん///黒子幸せ」




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 04:11:07.63 ID:JdrE7Wra0
          | ′ /    . !  ! /./ !  ::/| .::/.' \./ |  /|::|    ハ:.:V\ 、
          i/  / .:  .:.|  |::T/ヽ| :::/  ! :://  /`ミ=-- |/ ..-‐ !∧::|  ヽ|
          /  /イ.:.| /:. !:.:.:|:|  |::/ヽ ! // /  /| / ィ´    | |: |   ,ノ
        -/=:彡.:.:.:.:.: レへ:|:!::从|=彡=テ==>//     /= 云ミ  | :ハ |
        / .:/ .:.:.:.:.:.: !  . ィ|::|  イ  f:: f:::0ハ       イ:f:::0! i:ハ ハ| |′
          / .:/ .:.:.:.:.:.:.:.:|  !: :!|::| ハ!  つt::り           ぅ:少  ′/:  |
       /.:.:/  .:.::/:::.:.:八 弋ぅ从    ゝ` ´          ` - ィ  /::   |
        .'.:::/  .:.:./!!:.::/::::: \     ::::::::::           ,:     :::::::∧:::: |
     イ::/! イ::∧||:/i.:.:.:.:.:.l:::丁ヘ                       ∧:::::   |
    /  / !/ |/  ||:.:.!:.:.:.:.∧:.:|V人        ∠_ ̄:::::::丁     ':.:.:∧!  |
            _イ|./|:.:.:./|! ヽ ヽ. ヽ.     /     ` .::::i     イ::::./  !  |
        r.:´ : : : `:..|/: :!    ヽ       !      V   く_|.∠  | ノ

当麻「あ、牛乳ねえや。ちょっとコンビニ行って買ってくんな」

美琴「あ!わ、私も行くよ!!」

当麻「ん?お前もなんか買いたい物あんの?」

美琴「え?うん。その・・・・・・と、とにかく行くわよ!」

当麻「はいはい」




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 04:18:04.09 ID:JdrE7Wra0
コンビニ
. /: : : : : : : : :.l: : : : : i: !: : :.|: :l: : |   \: : : : :V: : : : : : : ::|
/: : : : : : :.ハ: ::|: : : : : | |: : : |: :l : :|     ヽ: : : :}: : : : : : : ::|
|: : : : : : : | |: ::!: :从: :| |: : :.ハ: |: iリ ___  》: :>-、: : : : :i: :|
|:ハ: : : : : :| |::/ !::| l: | l: : //斗七´      ∨ ィ^ V: : : :l: :|
|:l !: : : : :.:| l/ |/ト、八j: // ノ ,孑ヤた圷     〉 }l: : : ::l: :|
l:l |: : : : : : ', ィf坏≧ト /     弋トz少    y'__ノノ: : : : !: |
|l V: : : :ト、:ヘ 弋zり      / / / / /   _ /: : : : : l八       
l!  ゝ: : :|: :ゞ\// /             /: : : : : : : : : ::l: : ヽ
    \|:.:.:.fヽ`   〈         u  イ:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.l:..:..:.ト\
      |:.:.:.| 圦               / ト、:..:./|:..:..:..:..:..:l:..:..:.|   \
      |:.:.:.! |:.:.:>   丶 ‐    /   l  V |:..:..l:..:..:..l:..:..:.|
      |:.:/ ,':.:.:.:.:.:.:.:>       イ    イ  \!:..:..|:..:..:..l:..:..:.|
      |/ /:.:.:.:r 、:.:.:.:.:.:._「 ´ l_ r─<´      V |:..:..:八:..:..|
    ノ⌒ー'<: ! |:.:.:.:.,ォ' r=┴ 、          /: :\:/  \:|

当麻「牛乳牛乳っと。ほれ、お前の欲しい物もついでに買ってやるから
   かごに入れていいぞ」
美琴「じゃあ・・・ぷ、プリン」

当麻「はいよ」

美琴(んーなんか落ち着かないなぁ///)




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 04:22:26.07 ID:JdrE7Wra0
           / : :.:/: :/: :/: : : : : : : :|: :トz_ : : : : : : : : : : : .
             / : :.:/: :/: :/: : : : :i: : i: :i: :|㍉:ヽ: : : : : : : : : : i
.            /: :/V: :/: :/ : : : :.:/: :/: :j: :|  ヽミミ:、: : : : : : : |
          i : :∨: :i: :∧ : : :.:/: ;イ: :/: :ハ   iミ、ミ\: :/ : : |
          | :i: :| : :|⌒ヽ、 :.:/ム=≠―メ  ヽ: \ミY:.: : : |
          |:ハ:|: :ハ≧=ミ、ノ  ムイ≧=ミ、  ヽミヽj:.: : : :|
          |{ ヽ: :代}.,)i}ヾ     イ.,)::i}`ヽ   iミ;/⌒i: : : |
          ヾ  ∨.:|弋リ       弋:;リ 〃   レ′ノ }:.: : |
             i :.:i "'  ,       ¨´,,      ´ ノ: : : |
             |.:八            ´    ,イ´: : : : 八
             |∧ ヽ   _         /: :|: : : : :/i  \
             || .i: : :\  `       ,   i:.: : :|: : : :/ :|   ヽ
             || .|!: : : :|`ト.、_ .  <   |: : : |: : : : : :|

当麻「どうした?さっきからそわそわしてるけど?」

美琴「え、いや、なんもないわよっ」

当麻「そうか?それにしても買いすぎたな。特にプリン
   こんなに買う必要あったか?」

美琴「べ、別にいいじゃないの。甘いものが好きなの!」

当麻「へいへいそーですかいっと」
・・・・・・
当麻「ふぃー。やっと家に着いたよ」




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 04:28:00.01 ID:JdrE7Wra0
           「o|          /.:.:./.:.:.:.:.:.:.'.:.:/.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.、
           |.|!|        '.:.:.:.'.:.:.:!.:.:!.:|.:/.:.:/イ.:.:.ハ彡、:.:.:.:.へ.
           |:|!|         !:.:.:.:!:.:.」_:∧i/.:.:/ !.:./」L ミ:.:.:.ハ⌒ヽ
           |:|!|          i:i.:.:ノ:!:.:ハ`メ:.:./  ィ'´rノ  ミ::i:i:.:i
           |:|!|       ノイ:i:i:.〃て心{  ノ ィて心ヾ}:j:i八
           |_i」        }ハ从八弋::ソ    弋::ソ ′ハ:i:!:\
              |          //ヘ⊂⊃    '   ⊂⊃ノ:八 `ヽ
              |       /.:.:.:.:.:.八   Y´ ̄`Y   八:.:.i:.:.:.ヽ
              |         厶イノ.:.:.:.へ.  ∨  ,ノ  ..イ:.:.:ヽj`ヽハ
           ___|_        ノ´}ハハヘ个ト ... _ ..イ.:ノ.:.:.ハノ
             |:::「h       ,へー-ヘく   Vハ|     |j∧从!
             |:::l |j⌒`ヽ ̄`ヽ \  \  ヘ∧   乂ヘ⌒ヘ.
         __|:::|__L : : : .    : : ..\  \: : ∧   ー } : : 厂`ヽ.
          「二二二二ノ: : : : : .  : : : . 、  \: :ヘ. r 、 | : / : : : :ハ

ガチャ
打ち止め「おかえりなさい!っとミサカはミサカは言ってみたり」

当麻「ああ、ただい・・・まぁ゛!?」

美琴「・・・・・・は?」




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 04:34:44.42 ID:JdrE7Wra0
               /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶、        (つ、__}、
           /:´:/:.:.:./:/:.:.:.:.:.;,:.:\       {: 人_}
         ´/:.:.:/:///:/:. /}:.:/ヘ:.:小   _ / xァ′}
         //:.:/从/レ{\/j://}:.i:|  / / / / . : :}
          厶イ/f^Y′ >  <从リ/. :/ /   . : : ′
          人/ーヘ⊂⊃,、__, ⊂八-‐ '´ /   . : : /
         {'^/:イVノ丶、( ノイ/∨ヽ _イ   . : :  /
         ノ⌒丶`\ '´ ノ∨`-‐ : :´: :    . :   {

当麻「だだだだだっだ誰?」

打ち止め「ミサカはミサカと名乗ってみたり」

当麻「御坂ぁ?どーゆーこっちゃ」

美琴「私も・・・さっぱり・・・シスターズのなんかかしら・・・」

打ち止め「そのとうり。とミサカはミサカはうなずいてみたり」




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 04:36:39.27 ID:N+Qgllq4P
ことみかと思ったらみことかよ




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 04:44:43.65 ID:JdrE7Wra0
         '.:.:.:.'.:.:.:!.:.:!.:|.:/.:.:/イ.:.:.ハ彡、:.:.:.:.へ.
          !:.:.:.:!:.:.」_:∧i/.:.:/ !.:./」L ミ:.:.:.ハ⌒ヽ
           i:i.:.:ノ:!:.:ハ`メ:.:./  ィ'´rノ  ミ::i:i:.:i
        ノイ:i:i:.〃て心{  ノ ィて心ヾ}:j:i八
         }ハ从八弋::ソ    弋::ソ ′ハ:i:!:\
           //ヘ⊂⊃    '   ⊂⊃ノ:八 `ヽ
        /.:.:.:.:.:.八   Y´ ̄`Y   八:.:.i:.:.:.ヽ
          厶イノ.:.:.:.へ.  ∨  ,ノ  ..イ:.:.:ヽj`ヽハ
          ノ´}ハハヘ个ト ... _ ..イ.:ノ.:.:.ハノ
       ,へー-ヘく   Vハ|     |j∧从!
  '⌒`ヽ ̄`ヽ \  \  ヘ∧   乂ヘ⌒ヘ.
    : : : .    : : ..\  \: : ∧   ー } : : 厂`ヽ.

打ち止め「ミサカのシリアルナンバーは20001で一番最後なんだけど実験が中止になって
     行くあてがないってミサカはミサカは愚痴ってみたり」

当麻「・・・・・・そうなのか、んでなんでここがわかった?」

打ち止め「夕方上条当麻をみつけてこっそり着いてったと、ミサカはミサカは正直に告白してみたり」

美琴「・・・どうすんのこの子?」

当麻「とりあえず中に入ろうか」




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 04:48:27.40 ID:JdrE7Wra0
: : :\\i.:/:.|: : : : : イ.: :/ !:./ |:.:./: : :.:./l:.:j   ヽ:!  |: : :.:i: : : i: :.
/:./: ト.l |.:∧: :.:./斗: :f=≠十 l: : : :/  |≧=- リ  j: :.:.:.l: : : |: :i
: : :.!: :|:.:l:.| i  : :.:|  V.:l     !/|: :.:/   ノ        ム: : :.l: : :小 |
:.:ァ| /! :l∧!  ヽ:l   ヾ|      |:.:/         ′: : :l: :/ |: :j
:7 !从: |     三三三三三   ∨  三三三三 |: :.:.:.∨ !:./
:l ,/: N                              l : : : : | ノイ
ハ {  ー                              l: : :.:.八
: :ヽゞ--'                           }: : : : : :ヽ
: : : :` ー‐ 、   ∪    -、     _           ノ: : : : : : ト:\
: : :/: : : : :.\        `ー‐ '´ ` ー‐ '      /: : : : :}、: |  `\
: :イ: : :.:.:/ : l:.个 、         ' '       .イ: : : : : : :ハ: j

美琴「と、とりあえずなんか食べる?」

打ち止め「!!はい!ミサカは昨日から何も食べてない、とミサカはミサカは空腹を訴えます」

美琴「ハイよ。じゃあラーメンでも作るわね」

当麻「・・・・・・不幸だ」




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 04:56:26.66 ID:JdrE7Wra0
            /:/: : : : :/: : : : : /: : :}: : 、: : : : : :∧
          /: /: /: : : {: : : : : /:/: /: : i: ト;: : : ヽ:∧
         /: : :/: /: : : : {: : : :i /イ: : : :i: j \: : :\i_  ,
.        /: :〃: :{: : l: : ハ:><: : //: :ノノ-‐  i:}: }:ハ  ̄´
        ///:∧: !: : l: :| _升ヒミ;://:/ 彡z-、 }イ: ハ′
          レ /: : : 、ヘ: : ヘ;/ {i人心レ'  'K人i} 〉j;く:〈
         l/: : : :ハ: :{ ` 弋Yン      弋Yン ハ 〉:∧
        /: : : : {  ヾ─-、      `   (  ̄ ): l\ヽ
         {:/l: : :`: :-ゝ─ '  、_ -ー _,  `フ´: : l`ヽハ
          レ /:/l: : : /: :\   \   ノ  /:ハ: : l
            ´   ∨/''j: / > _  ̄  <∧ハ \!
            , イ〃 ´: : : i     ̄ }: ′:` / \
          /   《     : : ヽ     j: : : /    }
            /   》     : :ヽ     /:  / : :   !
.           /    ||: :;: .    :ヽ   /:     :/:  j

美琴「はい、ラーメンおまちどー」

打ち止め「わー!すごくおいしそう!!いただきまーすっとミサカはミサカは礼儀正しいので
      ちゃんと言ってみる」
美琴「ちょっと当麻!どうすんのよこの子」

当麻「どうするって言ってもなー・・・ほっとくわけにはいかないだろ。それに事情も事情だし・・・」

美琴「じゃああんたが面倒みんの!?」

当麻「そうなるのかなー」




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 05:02:16.48 ID:JdrE7Wra0
          ,.<: : ̄:ミ: 、    /{/
         /;、 . . ./: : : :}ヽ.  /¬/
        ノ/V/:ィイ/ , /小: :'.  ___
       /イ:{/ル'(\|:イムイ}小}  `7└―
         /:人{_ ゙`´ `ー''/N     ̄ ̄
       ノイ从人./⌒マ} 八{  \ 、
       ,.イ ̄〈 `≧ァ<:}:ノ   <く
       ハ .   `《 {。V  「}     \           ,、 /|
     / ハ∨  l Ⅵ〃i V,ハ            |\|ヽ./:::V:::l  .ィ
    く\ ノ }'   | ∨《ワ }ー, ヽ,          ト、j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|/:./,..ィ
  /  >、7!    ' ′ / /__/∧        ト..ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:...:.:.:./:..厶..ァ
 〈   〈    {   {ノ   ' / `ーく,  ',     <..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:...:.:.:.:.:::::<_
.  ヽ. ヽ  rヘ、 j′ __,} {.   /  /     ヽ ̄.:.:....:.:...:..::::::.:.:::.:.:.::::::::...::::::::::::<
    \ v┴v 丁≧ =i┴ュ./  /     <`.:.:.:.:.:.:.::..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::弋_
      `{ 三ア_{.__ ≦}〈r,ニi./      ≦.:.:..::.:::::::::::::::::::::::>一 、::::::::::::≧z
      `7i´ー----┬ ‘〒’       /.::く}イ::::::::::::::::::/__≦二_ \::::ト\
     /.::′:.:.:.:.:.:.:.:.:|i:.:.:.:.ト,       ̄ノィ:ヘ}イ:/j斗≦ ´ --  _`ーヽト
    /..::i|:.:.:.:.:.:|i:.:.:.:.:.l:l:.:.:.:.i:ヽ        /ィ> ´             `ミ 、

美琴「あ!ん!た!は!また厄介事に首突っ込んで!!」

当麻「いや・・・でも」

美琴「でもじゃない!!だいたいいつもあんたは・・・」ガミガミ

打ち止め「ラーメンおいしーっとミサカはミサカは感動してみたり!」




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 05:10:22.76 ID:JdrE7Wra0
                     ≧              ,イ
                     >             く十
        , -―- ,         ニフ         J      メ、
       /       `ヽ        `才´        u   ト、
     / 〈V         ',           レ仏ィ         乂
     |  y   /l  ハ ,         オれイ       ムイ
     |  /  /刈/! /イ∧!            乃仆仆小トイハメ
     レ f^レ^Trテ  fチ!  |          >--<二二>、
     | トイ! '''`   ` ''i  j          /     i    ヽ\
     |lイl |f>、__^_, イ          /       j       \\

美琴「はぁー、私も手伝うわ」

当麻「んえ?」

美琴「だーかーら!私も手伝うって。あんた一人じゃ大変でしょ?
   だから毎日ここに通うから!」
当麻「そいですか。どうぞすきになさってきださい・・・」

打ち止め「おいしかったー!ごちそうさまーっとミサカはミサカは御坂に感謝してみる」

美琴「お粗末さまでした」ニコ





36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 05:17:44.33 ID:JdrE7Wra0
              ′/: : :|: /: /-/:十-、:/: : : :/:-┼: |、  ゝ : ヽ: : i
           |: :i: : : :| :| / /|: /!: : /: ://: : /|: / ヽ ミ : : |: : |
           |: :|: :i : | :|:|斗≠=ミ// /: :斗=≠ミ.  ミ\|: : |
           |: :|: :i : |八Y´ んir个  /:/´ んr心{  }ヽ∨: : |
          │ |: :i :∧ハ 弋てソ  /    弋てソ  ル∨: : : !
           ∨|: :i∧小   ー    ′    ー  ('^ハ: : : : |
            ヽ| 八(∧ゝ""           ""ノ⌒)ノ : : : |
            |: i :\.ヘ、      -、       ^´/: : : :i: |
            |: i: : /: ̄\_    ‘ー'      /i⌒´i : : : : !│
            |: i: :,': : i : :( \      . ィ : : i: : : ! : /: :.i八
              ,: :|: |: :.:.i : :.iヽ ヽ>‐  ´  ト、: |: : i: ∨: : /:iハ
               / :ノ:│: :.|: : :| ∧ Y_  r‐、ノ \{: : |.:/{: : :{ノ/ \

美琴「よし、じゃあ明日は学校休みだし!この子の服を買いに行きますか」

当麻「そうだな。こんなかっこじゃ外に出れないからな」

打ち止め「ふぁぁぁあ。ミサカは眠いので寝ますっとミサカはミサカは・・・」グゥ

美琴「いや~ん。寝顔超可愛い」

当麻「・・・・・・先に風呂入ってくるわ」ノゾクナヨー

美琴「のぞかないわよ!!!」




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 05:26:16.59 ID:JdrE7Wra0
・・・・・・

             / : :.:/: :/: :/: : : : :i: : i: :i: :|㍉:ヽ: : : : : : : : : : i
.            /: :/V: :/: :/ : : : :.:/: :/: :j: :|  ヽミミ:、: : : : : : : |
          i : :∨: :i: :∧ : : :.:/: ;イ: :/: :ハ   iミ、ミ\: :/ : : |
          | :i: :| : :|⌒ヽ、 :.:/ム=≠―メ  ヽ: \ミY:.: : : |
          |:ハ:|: :ハ≧=ミ、ノ  ムイ≧=ミ、  ヽミヽj:.: : : :|
          |{ ヽ: :代}.,)i}ヾ     イ.,)::i}`ヽ   iミ;/⌒i: : : |
          ヾ  ∨.:|弋リ       弋:;リ 〃   レ′ノ }:.: : |
             i :.:i "'  ,       ¨´,,      ´ ノ: : : |
             |.:八            ´    ,イ´: : : : 八
             |∧ ヽ   _         /: :|: : : : :/i  \
             || .i: : :\  `       ,   i:.: : :|: : : :/ :|   ヽ

美琴「そういえばあんたどこで寝るのよ」

当麻「俺?俺はその辺でゴロゴロして寝るよ」

美琴「え、でも風邪ひいちゃうよ?」

当麻「平気だよ。だからお前はあいつと寝てやってくれ」

美琴「・・・わかった」(くそ・・・)




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 05:34:51.03 ID:JdrE7Wra0
              /: : : : : : : : : : : `: :\
                /: : : : : : :/: : /: : : :\: :ハ
               /:ィ: ::/: : :/: : /: : : : : : :!; : :、ヽ
             レ'/: :/: : : : i: : :i: :从: :}::ハj ヽ: }ヾ
              /: :/: :{: : ∧:ハ: L_:从jノ_,,、}:j 〉
              //: レ: :'; ::ハ/て心ノ`  'i;:ソ〃
             ノノ:イ: : ハ::{   弋ソ    、⊂つ   _
         ノ´!/ 1: :ハ ' ⊂つ    ,.ィ jヽ〉  <´ : `ヽ
           {′1: : :`: :1    { ̄ //: }  /〈ヽ:、   }
           ′ ハ: : : :、;} `   `ニ´く: ハ/  / : :`:ト Y /
            l´ ノ ゙'く ヽ   / ヽ ヾ\,ノ  : : / j !

打ち止め「おっきろー!っとミサカはミサカは大声で当麻を起こします」

当麻「んー」モゾモゾ

美琴「おっきろー!とミサカはミサカは当麻にのしかかりまーすwwwwww!」
ドスン
当麻「ぐっはぁ!!!」




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 05:42:35.55 ID:JdrE7Wra0
    l: i :| : l : : !: : |: : :/_|_ : /|:: :ノ:/ :j: : : / 」 ハ:|    ヾミ|:. : : :|
    |: |:.|l :| : : !:- | : 7 {: :7`|: : :/.: /: : :/' ´ }/`リー .、 ミリ:. : : :|
    |:.l! :. .: : : | : ハ: :{  :.-{、 |: :// //: :/ _.::/-/     从:. :i: |
   | |:. :.:. :. : | : { l弌=ミ:.:ト、j:// //:} / .ィ弌==ミ、   /⌒ヽ{:.l
   l |∧:.:、ヽ:|∨/ヽ.ん:心.`/:// //  / ん:心 ヾ:、 /´、. :}|:{
.    :.代ヽ:.ヽ小:〈.  {::rJ゚::}    ノ     {__rJ::}  .〉}./_):.:} ./:|;!
     \\ミ:、   乂_:ク            乂_:ク / .'_彡/: :|l
       j: : ト、_:.   ¨¨           ¨¨   .:_.:イ: : :i:|
     /:i: { : : : :.        〈i            /{: : l|: :.八:.|
      /:/|: |: : :.>.                  /、リ : l|: :': :|:.{
.    ./ 」> "  {ヽ                   /}  >l|: | : ト:\
   ///      l  `: ..、   ‘`      ,. :'´ j     !:/\{   \

美琴「あら?大丈夫」

当麻「大丈夫じゃねえよ」

美琴「よし!じゃあさっそく買い物に行きますか」

当麻「落ち着け。わかったから」




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 05:53:36.76 ID:JdrE7Wra0
               /: : : : : : /: : : : : : :`: : : : : : :\
            /:/: : : : :/: : : : : /: : :}: : 、: : : : : :∧
          /: /: /: : : {: : : : : /:/: /: : i: ト;: : : ヽ:∧
         /: : :/: /: : : : {: : : :i /イ: : : :i: j \: : :\i_  ,
.        /: :〃: :{: : l: : ハ:><: : //: :ノノ-‐  i:}: }:ハ  ̄´
        ///:∧: !: : l: :| _升ヒミ;://:/ 彡z-、 }イ: ハ′
          レ /: : : 、ヘ: : ヘ;/ {i人心レ'  'K人i} 〉j;く:〈
         l/: : : :ハ: :{ ` 弋Yン      弋Yン ハ 〉:∧
        /: : : : {  ヾ─-、      `   (  ̄ ): l\ヽ
         {:/l: : :`: :-ゝ─ '  、_ -ー _,  `フ´: : l`ヽハ
          レ /:/l: : : /: :\   \   ノ  /:ハ: : l
            ´   ∨/''j: / > _  ̄  <∧ハ \!
            , イ〃 ´: : : i     ̄ }: ′:` / \
          /   《     : : ヽ     j: : : /    }

当麻「お前はどうするんだ?」

打ち止め「ミサカはミサカはこの格好は意外と恥ずかしいのでここで待ってる」

当麻「そうかい。じゃあ行ってくるぞ」

美琴「ちゃんとお留守番しててね」

打ち止め「はーい!」




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 06:02:25.45 ID:JdrE7Wra0
デパート
              ′/: : :|: /: /-/:十-、:/: : : :/:-┼: |、  ゝ : ヽ: : i
           |: :i: : : :| :| / /|: /!: : /: ://: : /|: / ヽ ミ : : |: : |
           |: :|: :i : | :|:|斗≠=ミ// /: :斗=≠ミ.  ミ\|: : |
           |: :|: :i : |八Y´ んir个  /:/´ んr心{  }ヽ∨: : |
          │ |: :i :∧ハ 弋てソ  /    弋てソ  ル∨: : : !
           ∨|: :i∧小   ー    ′    ー  ('^ハ: : : : |
            ヽ| 八(∧ゝ""           ""ノ⌒)ノ : : : |
            |: i :\.ヘ、      -、       ^´/: : : :i: |
            |: i: : /: ̄\_    ‘ー'      /i⌒´i : : : : !│
            |: i: :,': : i : :( \      . ィ : : i: : : ! : /: :.i八
              ,: :|: |: :.:.i : :.iヽ ヽ>‐  ´  ト、: |: : i: ∨: : /:iハ
               / :ノ:│: :.|: : :| ∧ Y_  r‐、ノ \{: : |.:/{: : :{ノ/ \
           // i八: : {ヽ/ } ト、/ヽノ    〉、∧八 : :∨

美琴「とりあえず服買って、お菓子かって、最後にゲーセンね!」

当麻「おい、だんだんおかしくなってきてないか?」

美琴「いいのよー!今日ぐらいハメはずしましょ!」

当麻「んー」

黒子「んま!!!!!!お姉様!!!!!」

美琴「うゎ・・・最悪・・・」




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 06:10:41.18 ID:JdrE7Wra0
             /   /   .:.:.l /  |:.:.,′  .:.i     i         / ヽ}    .:.:i     |
              / ,'  ,′  ,'.:.:.|_(⌒ヽ」.:.{、   i.:.| i   |:. :.    ,′  !   .:.:.i     |
.           ,′  ,′   i.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ\ i.:ハ_ハ__j Lj」 j {/    } i /.:./.:.: } i |
.           ,′   i     i.:.:.:|:.:.:.:__:.:.:.:.i ヽ,ヘ「、{ヽ. 十メハ`ト、|    ,' ナ¬.:.:/ / 八|
         i i  i    i.:.:.:|:.:./ヘ`ヽ{    ヽヽ ヽ{  }八| !   / イi i i / / ,′ }
         l l         i.:.:.:i.:.:i  ハ :j   气モテ〒マメ、         jノノノイ / /
         |         i.:.:.:|\ヽ{ .       ヘてし'cノ        千丐ミメ彡イ
         |    |    i.:.:.:|  ヽヘ ヽ.    '^ ̄`         rうソ〃/:.:./
           j .:.       i:.:.:|    >x                ` ̄`/:.:./
.         / .::!   i     ヽ:〃⌒V   ヽ.              '     /:.:.:,′
        / .:.i   i     || ヽ./     \        ー―‐‐ァ     /.:.:.:.i
         / .:.人    、:.:.   ヾ.  \.      \     ` ー‐"   .イ.:.:.  |
.       / .:.:.:∧:ヽ  \:.:.    \   ヽ.     >..      . <:.:.:.:j.:.:.: |
      / .:.:.:./ ヽ:.:.:、  \:.:.    \   `  、/ヽ: :`ヽー: { : :ハ: :.:ヽ:.:{:.:.:.  !
.     /  .:.:./   \:.\  丶:.:.   \   /oヽ. l: ::i ∨. :.,' }.:.:.:.:i:.:|:.:.: |

黒子「んま!んま!!んまぁぁぁぁぁ!!!!おっ姉様!!!昨日帰ってこないと思ったら・・・
   この殿方とご一緒に甘い夜を過ごされたのですわね!んまあああああああああああああ」

美琴「ちょ!黒子!落ち着いて!!こいつとは今たまたまそこであっただけなんだから!!
   後でぶっ飛ばすから一緒に歩いてただけ!!」
当麻「・・・」

黒子「では、なぜ昨日は寮にお戻りにならなかったのです?」

美琴「それは・・・う、初春のとこに・・・と、とまってt」

初春「あ、みなさん。こんにちはー」

美琴「んが!」




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 06:19:05.98 ID:JdrE7Wra0
      '::::::::::::::::::::ハ:斗―匕ハ:::::ハ::::::::、:i!::::::i!::::::::::::イ ヾrくソ }
     '::::::::::::::::::::斗 ´ ̄ ̄    ̄   ̄ ̄`㍉ハ::::::::::::{  人〈_ノ
.     |:i!:::::::::::::::::|    ___           `ヾ::::::::::7´  i{ ヽ、
.     {ハ::::::::::::::::i|              ̄    \::::ヽ_人ノ ヽ
     〉ヽ::::::::::::::ト,ィ≠==、        __    |::::::::::::::::人_}
.    人::::..、::::::::::{              ´ ̄ ̄`ヽ  i!:::::::::::::::::{
     人:::人:::::::ヽ .::::::..               j} /::/::::::::人::ヽ_
      /人( iヽ! ̄        '         ..::::::. /ノi!::::人::ヽ ̄
.      ´   `ヾ       r      ァ      ´ ノ}/!/  ̄
          ヘ       !´    /      人_,イ'
           }:..、    ` ― ´     イ:::::::::/
           ∨::>            <::::::::::::::/
             ハ:::::く 、i    ̄   l!>、:::::::::::ハ:::{
            }::::::::〉:`..――‐..´.::〈:::::::::::{ ヾ!
            ,ノ-‐.´、: : : : : : : : : : :ヽ、::::::j!

黒子「ういはる。昨日は何をしてらっしゃいました?」

美琴「昨日は私と一緒に遊んでたわよね!!!ね!!ね!!」

初春「いえ、昨日はひとりでボーっとしてましたよー」

黒子「なるほどナルホッド・・・ではおねあwっくぁれy」バリバリバリ

美琴「黒子!!大丈夫?突然何が起こったのかしら・・・初春!黒子をお願い!私は原因突き止めるから」

初春「は、はい!」

当麻(・・・お前じゃ)




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 06:23:23.40 ID:JdrE7Wra0

            : :/:/:.:.|: |: :/|:/ //: / /:.:| |:.:.|  ミ 、: :l: : :'
         ': l: :|:.|:.|: |:/‐ト、 リレ' // / jハ/.ノ ヽヽ!: : :'
         l: l: :|:.|:.|: |リ.≫テミ、,ノ/ /、ィテホト、 }: :|: : : '
          jハ:.トト:ヽ| 《 hう:リ` ' '  hう:リ 》 |/ヽ: ハ
           l:.| У、ト  ゞ=''        ゞ=''   /j 八|ハ
           |:.\ム '' '     ,      ' '' /‐'/:.:.l:.ハ
             ,:l: : :|ー、     ____      /ーイ:.:.:.|ハ:.:ヽ
             /.l: l:.:|:.:.:ト、   // ̄ ̄ ヾ    ,:':.:.: l: : :.|ハトヾ、
    _ノ⌒ヽ //:l: l:.:|:.:.:|:.:\ ゞ、__ノ  ..ィ:.l:.:.:. l: : :.|  \
  /´    ノ__,/__l: l:.:l_:_:y/´ ヾ>、 _ <}^゙\j:.:.:/|: : :.|
 〃 ̄/ ̄ Y   Y⌒ヽ  |   \   /    |`メ、j:.l_:|
 |   |  |   |   |  |     >-く      |  ヽ:! \
 |   |  |   |   |  |     /  | \   /       }ヽ

美琴「邪魔者は消えた。さっさと買い物済ませるわよ!!」

当麻「はいよ・・・」




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 06:30:49.58 ID:JdrE7Wra0
・・・・・・
          〈》               /              i  l       ヾミ         ハ
       ,'⌒ヽ 〈》 ,'⌒ヽ       ん   i       ! <!           ミY     .ハ
        ャ  人_.§__い ノ         ,' / |  !  i  、   !i  !  ̄ ̄`     }        ',
    ,ィチ         ㍉.      ,' 〈\!  !  l i ハ   !|l l            ト  , ‐ 、   !
.    ら              ろ      {   ヽ i  i   !ノ| l i  } l! i x≦笊斥ヽ   i! Y /ヽ !  .!
    乂               乂      l    l  ト、メl .! l l /从ノ   V必rjリ ノ   V ,'   i   ∧
    ん `ー――――一´ ヽ     |     i  i l\Vヽjムイ       ` ̄       )   ル   ヘ
.   ら               ノ     i  i   !ヽ ∧,ィチ尖           //ハヽ        /!      ゝ、         /〉
    `¨¨7         ヤ¨¨´     八 !   ! V杁 V炒   〈             r‐ ' |      ト-`‐     //
     ,'           ',           N  i  イム  //ハ                   i   !  !   i   /⌒i   //
.     {             }         ゝ l   ∧         __         /  !メー| メ、 !⌒V  {  i //
      ゝ、         ソ             ヽト、 i ∧        ヤ   )     /    i レ'  !  i   !  V /´ `!
         `¨弋八ノ¨´            ` Ⅵ  ゝ       ` -          ,'    ゝ  Yー!  //. i   !
                  /〉              >           /     /     .i   ! l // 「 i  {
                     //               /イ     ≧ト-   イ、      イ   _  l   | ! // | }  ト、/⌒,

美琴「・・・・・・か、かわいい」

当麻「おい、行くぞ」

美琴「か、かわいい」

当麻「おい・・・」

美琴「か、かわいい」

当麻「・・・わかった。買えばいんだろ・・・」




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 06:36:51.03 ID:JdrE7Wra0
            / : :/ : : : : :/ : : / : : : /ハ: : :| ,____  ヽ: : : : : : :ヽ: : : : : :ヽ
            /: : /: : : : :: ::/: : : ::/: : : ::/ 斗≠´      ∨:ミミミ:ハ: : : : : : ト、
        /.: :,イ: : : : .: :: ::/.: : : :/ : : : /"´.ノ.:ノ        ヾミミミミ:} : : : : : : : \
          /.: :/./: : : : : :: ::/ !: : :ハ.: ::/  ムイ   , -――- 、  ヽ:ミミミ:}: : : : : : : ヽ、ゝ、____,ノ
.        / : /./ : : !: : : : ::|,.斗≠| !: /    , '"           ∨ミミ}:: :: :: :. : : : :`ヾ' ̄ ̄ ̄
       /.: :/./:i : : |: : :! : :i  ヽハ{ ∨       .:::::::::::::::::::::::.     }: , "⌒ヽ:: :: :. :. : : : :\
.      |: :/ イハ: :イ: : :|.: .:|  ,.r≠ ̄       :::::::::::::::::::::::::::   |/ 入  | : : : : : : : : : : \
.       ∨  || |.:ハ.:ハ|.: .:| ,Y'     〈         ::::::::::::::::::::::::::     〈`ヽ |:: : : : : : : : : : : : :\ ~♪
         j! |/ ∨ !: :人 .:::::::::::.       ,   ヘ         ノ  ノ 人: : : : : : : \__: : :ヽ
            ノ: : .: :: ::ヽ:::::::::::   ,  "       ヽ        ,イ ,イ: : :ヽ:: : : : : : :人 `ヽ: }
            /: : .: .: :: :: ::ム:::::::   〈 〃        i       , -‐´:: :: :. : :\:: : : : : : :\ ∨
           /: : : :,イ : : : : : :圦      ヾ        ,ノ      /: :、: : : : : : : : : :\ : : \: : `ヽ
          /: : : ://: : : : : : : ::人     `  _, '       ,  i:: :: : :\ : : : : : : : : : \ : : `ヽ: :}
       /: : : :/ /: : : : : : : : : : ::>、             ,   |:: :: : : : :\: : : : : : : : : :`ヽ : : ∨
.      /.: :,/  /: : : : : : : : : : : : : ::> .        <     |:: :: : : : : : :`ヽ: : : : : : : : : }`ヽ人

美琴「いんゃー。いっぱい買ったわね!さ、帰る帰るぅ~」

当麻「ご機嫌だな・・・」

美琴「えへへ~。ほらほら!荷物半分持つからちゃっちゃか歩け!」

当麻「へいへい」




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 06:48:42.60 ID:JdrE7Wra0
           |.|!|        '.:.:.:.'.:.:.:!.:.:!.:|.:/.:.:/イ.:.:.ハ彡、:.:.:.:.へ.
           |:|!|         !:.:.:.:!:.:.」_:∧i/.:.:/ !.:./」L ミ:.:.:.ハ⌒ヽ
           |:|!|          i:i.:.:ノ:!:.:ハ`メ:.:./  ィ'´rノ  ミ::i:i:.:i
           |:|!|       ノイ:i:i:.〃て心{  ノ ィて心ヾ}:j:i八
           |_i」        }ハ从八弋::ソ    弋::ソ ′ハ:i:!:\
              |          //ヘ⊂⊃    '   ⊂⊃ノ:八 `ヽ
              |       /.:.:.:.:.:.八   Y´ ̄`Y   八:.:.i:.:.:.ヽ
              |         厶イノ.:.:.:.へ.  ∨  ,ノ  ..イ:.:.:ヽj`ヽハ
           ___|_        ノ´}ハハヘ个ト ... _ ..イ.:ノ.:.:.ハノ
             |:::「h       ,へー-ヘく   Vハ|     |j∧从!
             |:::l |j⌒`ヽ ̄`ヽ \  \  ヘ∧   乂ヘ⌒ヘ.
         __|:::|__L : : : .    : : ..\  \: : ∧   ー } : : 厂`ヽ.
          「二二二二ノ: : : : : .  : : : . 、  \: :ヘ. r 、 | : / : : : :ハ

打ち止め「おかえりなさい!っとミサカはミサカは(ry」

美琴「はいはいーただいま!お菓子とかいろいろ買ってきたわよ」

打ち止め「やったー!!っとミサカはミサカは感激するのであった」

当麻「・・・疲れた・・・」




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 06:56:50.12 ID:JdrE7Wra0
                   // /   l l  ! l   /ハl l |! Ⅵミハ   `、
                l l l / l! ! ハ l/ 厶l‐リ  Vミハ     i
                 j 川 l │l l l { }/ '´  ,jィテi于ミV圦    l
                | l l| l ├トl、j八/   '" トん'|  VY⌒! 
                | l l| lkVl ,ィテ芍       ゞー'    h | 从
               !,ハl| 小jノ从{じリ            圦lリ  小
                  j从Nイヘ `´  '           _,ノ   癶
                 |ルiハl lハ      ___,      / l  l   l l| |
         f´ ̄}        | l'∧    ´      / l  l  |八}
         ト-'、         | l lハ>           / | l l  l   i|
        ノ\ } {ヽ.      | l l ! l l Ti)  .__,. '´  │ l小l |l  リ
        厂二乙jV  〉     ,| l l ! l l l||  __」  r‐z'´ ̄\ }八ル′

美琴「よし。じゃあ晩御飯でもつくるか」

当麻「待ってました。じゃあおれはこいつとゲームでも」

美琴「あんたも手伝うの!!」

当麻「うへぇ」

打ち止め「ミサカはひとりでゲームっとミサカはミサカは少しさみしげに言います」




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 14:11:56.62 ID:JdrE7Wra0
          /. : / : / :.:.:i: : :i:|: :l:.|  ヽミミヽ: : : : : ',
          ,′:/:/.:.l.:.:.:. l: : : ィ TTヽ  ヽミミヽ.i: : : .',
           i::l: l: l: .∧i: : l:,:.イl:./ リ    ヽミミミ|: : : : ヽ
           |:.l: !:.l:.T メ、: :l:/ l/ __,   ヽミミ:j!: : : : : ヽ
           |:.l: !:.l:.|>テ行/ /  ´ ̄     V ハ: : :.!: : :ヽ
           |∧ヽ::弋ヒ。ソ          ノノ/ l.: : !: :l : |
            ヽ|\{´¨ `          、 _ノ: :.:.:!: :l :.|
             ,:ハ             /: : : :.',: : :!:.:.l:/トントントントン
              i.:.:.:.'.、    ̄`      / i: :.i: |: :|: l:.: /
              |/l: : : ゝ、      /  !: |: |: :|: |:/
              l |.:.:.∧: i>=<  ,. ´ ̄`ヽ.:.l リ
              l |.:./ l:∧:.:.:.ハ.::レ'´    /l/` ー=ュ、
                  |/  ′ V// oj`ヽ   /   // ̄`ヽ
                 ,. イ/ j ,'  > イ   //      i

美琴「じゃあ私これ切っとくからあんたごはん炊いといて」

当麻「はいはい」

美琴「返事は一回!ほら、早く作らないとあの子がおなか空かせちゃう」




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 14:23:59.07 ID:JdrE7Wra0

          i : :∨: :i: :∧ : : :.:/: ;イ: :/: :ハ   iミ、ミ\: :/ : : |
          | :i: :| : :|⌒ヽ、 :.:/ム=≠―メ  ヽ: \ミY:.: : : |
          |:ハ:|: :ハ≧=ミ、ノ  ムイ≧=ミ、  ヽミヽj:.: : : :|
          |{ ヽ: :代}.,)i}ヾ     イ.,)::i}`ヽ   iミ;/⌒i: : : |
          ヾ  ∨.:|弋リ       弋:;リ 〃   レ′ノ }:.: : |
             i :.:i "'  ,       ¨´,,      ´ ノ: : : |
             |.:八            ´    ,イ´: : : : 八
             |∧ ヽ   _         /: :|: : : : :/i  \
             || .i: : :\  `       ,   i:.: : :|: : : :/ :|   ヽ
             || .|!: : : :|`ト.、_ .  <   |: : : |: : : : : :|
             リ 八 : :.:|Vバ 「         八 : :|: : : : : :|
              / :ハ_斗´  \     /  \j : :∧:リ

当麻「んじゃ、飯も炊いたし、ちょっとあいつとゲームしてくるわ」

美琴「んもう、ゲームばっかりして」

当麻「あいつと遊ぶだけだって。・・・・・・って!?おい!大丈夫か!?」

美琴「なに?どうしたの?」




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 14:31:16.43 ID:JdrE7Wra0
          厶イノ.:.:.:.へ.     ,   ..イ:.:.:ヽj`ヽハ
          ノ´}ハハヘ个ト ... _ ..イ.:ノ.:.:.ハノ
       ,へー-ヘく   Vハ|     |j∧从!
  '⌒`ヽ ̄`ヽ \  \  ヘ∧   乂ヘ⌒ヘ.
    : : : .    : : ..\  \: : ∧   ー } : : 厂`ヽ.
  : : : : : : .  : : : . 、  \: :ヘ. r 、 | : / : : : :ハ
  : \: : : . .  : : : . \  \: :,ヘ. Y| /  } :./: j
 : : : .  \: : .    : : . . ` ー-.〈ヽ  j,′ . : :/: : {
 : : : .  : :\    : : : . . ..ー- {    {  . : :/:.:. :.|
  : : : . : . :.:.:.:.ヽ   ー-- . . . : \  j . : :/.:.:.:::::|

打ち止め「ハァハァ、」

当麻「おい!大丈夫か!!どうした」

打ち止め「ハハ・・・ミサカはまだ肉体的に未完成な状態だからホントなら培養機の中にいなきゃいけないの・・・とミサカはミサカはため息をついてみる」

美琴「ちょ・・・どどどどうすれば・・・きゅ!救急車!!」

当麻「ばか、落ち着け。こいつはクローンだぞ。とりあえずこいつを作った研究所に行くぞ」




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 14:38:49.71 ID:JdrE7Wra0
    /し{ { | . .::|.:l:. : :/小:..:/ |:.i:..ハ:.. :..:リ |/ /´       }:.| l: ト:!
   く.__(`个! : ..: 斗:. 「.丁i:.ト、:.:|:.{|:..::′}イ ,.≦zzミ  |:. l: |}|
    //´,()l :. : .:小:.斗 七≧ミ:|トvイ:.:/ /イ /..ミy `Y.、 r‐}/}ノノ
   { ‘ 7 从 :.....:.:{ ∨ァ'´ /´.ミ八:{ }:/  ′ {う::n}  }ハ .!ん'ノ |
    ̄人人ハ :. :ハイi{  {う:::n|  ノ′    乂_ン  ′ ト ノ/:|
     | |  ハ:.:..:.{{ベ   、__ツ          ー‐'     i' ,ハ: |
     | |  { {ヘ{:.:.iト、   ー      ,           ;ノ:.i:.:| |
     `ー廴人ヽヽ:ヽ                    爪:.}:.ハ:{
       | |! |:>...\、       ,ィ~~ヘ      .小:.:l:i:{∧
        }! || :ヽ`込\       ′   j|      .イ:.}:.:.:.:|:|  \
      ノ'| |ト、:iハ .:.:i:\     {、    ノj   /:.:.}:.:.:.:.::ハト .
.       └┤|∧ヽ i :.:ヽ:.:{> .  ヽニニ ' .イ }/{:.:从:.:/ 八  >‐x.
          卜{ {ト{ト}:.:ト:ト:、   > . __ . ´  ノ |:.| /:/    /::/´ \
            ハ |:ノ  |:|\、   `ヽ      人{':/    /::/     \

美琴「研究所ってあんたねぇ!」

当麻「じゃあこいつをほっとけるのかよ!いやなのは分かるけど・・・今回は耐えてくれ」

美琴「・・・・・・わかったわ、ついて来て!」

打ち止め「ミサカはミサカは・・・」
ヨッコイショ
当麻「大丈夫。おれたちが助けてやるから」




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 14:55:01.72 ID:JdrE7Wra0
研究所
  ::::::::::::::: : : | :|;:| :|;:| :|;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::____┏━━━━┳┳┳┓
  ::::::::::::::: : : | :|;:| :|;:| :|;::::::::::::::::::::::::::::::::::        /`ー----'\::::: : :┃┃┃┃::::::::::
  ;;XXXXXX| :|;:| :|;:| :|;.XXXXXXXXXXXXX , ---[[ |l二ニニ二l| ]]---┸┸┸┸----
  ;;XXXXXX| :|;:| :|;:| :|;XXXXXXXXXXXX/ __二二二二二二________
  ;;XXXXXX| :|;:| :|;:| :|;XXXXXXXXXXX./ ____|000OOO000|ニ_[Mark IIcs]__
        | :|;:| :|;:| :|;.           [|::|l_______|________|_____________________
        | :|;:| :|;:| :|;.            |||.O゚ 。|||。    。 ::::|||O . 。 。゚o゚  ゚
  / 二二二二二./!    _____. |||.゚○。|||。 ゚ .  ゚...::::|||。O\. 。 \゚ 0 :。
  |┌───┐= :|:::|  /    /i  |::||゚o゚ ゚.||| ||  ::::|||  。 ゚ \ . 。 o
  |│√`wー、_!   |:::|  || ̄ ̄ ̄||::::::|::.|||゚ \ ||| || :。:||| 。 ゚ 。O \。  .゚
  ||      |  |:::|_||___||::::::|::.|||゚0 :。.|||   |。: :::||| ゚o゚ . 。゚o゚ ゚ 0 :。

美琴「・・・たぶんここの研究所であってると思うけど・・・」

芳川「誰?・・・あなたは・・・御坂美琴?」

美琴「・・・」

当麻「今はこいつを見てやってください。急に倒れちまって・・・こいつあんたんとこで生まれたんだろ?
   だから治せるんじゃないかと思って」




77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 15:13:34.15 ID:JdrE7Wra0
          |::i::   |::i ::∧:{:: :.  :.   i:::/ ∧ .:::|   i:|
        ノ::i::i i  l八-‐从´:: : |:::. `|7i:/‐-::::リ   lリ
       ー┐:l |  kテ示ミ∧:::. ト、::. jァテリ=ミV   .:::\
          |:::l:八 { ゞ     ヽハハ/ゞ  7 / /.:厂
.          从::  { ゝ            : / / .::::::;′
          Ⅵ::八      〈      /イ..:::/:/
              X(::::ヘ                /イイ::{
               ハ::::::iト .   ー ‐     イ:::::l:::从
              jノl::|:::}iト .      .イ:::|::::ハ{
                 |:ル个x `   ´ x个く!/
             /:::::/   \_,/  ∨:::\


芳川「・・・残念だがそれは不可能だ・・・」

当麻「なに!?なんでだよ!」

芳川「もう時間がない。不正プログラムによるウイルス起動時間まであと20分もないんだ」

美琴「ウイルスが発症したらどうなるのよ」

芳川「ウイルスを発症した場合ミサカネットワークを解し全シスターズに感染し、暴走する」

当麻「!!」




78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 15:25:44.94 ID:JdrE7Wra0
       i l /:.:.:/: ∧:. :. :.∧: : / |: / |: : / ,' / jノ _, j: :l.: : : :.|
       |:l/: :.ムイ: :l: : : :i `jル‐-.」/__」: / /:ムィf爪x、 「, |: :.}: :.|
       レ: :./: : :jノヽ: /: | ,ィ'て汽ミx / j/ 'んハ }i リ : : ∧: |
      /: : / : :.∧ j∧.:.l 〈  んハ j/     う'ツ ' レ': :/  i:.|
      ⌒了: : : :/ : \  V    ゔソ          ^ ,、 「: :〈  jノ
      _ノ: /⌒ヽ: : `「:人  '""         '       八: :|`ヽ
     `¨7⌒ヽ、  \:l: : : ヽ      ,_ -=r     厶イ.:l/  ',
       / 、   \   ヽ∧: :}\     (:::::: ノ   , イ l:| V   {
     {      ハ   jノ  >    ̄´ . < / jノ      ¨7
      」        ',   ‘,    \` 7    }  /       {
     八        ',     ヽ      厂{   /  'V /    `ヽ
     {  ヽ       ∧        / 0八  イ   レ'        /\
     ノ          /  }l      \/   〉 Y {   }「 ̄ ―--    \

美琴「じゃあどうすればいいのよ!!黙ってみてろって言うの!?」

芳川「そうだ、私がこの子を殺してシスターズの暴走を防ぐ」

当麻「おい、ふざけてんじゃねえぞてめえ!!こいつを殺す?命をもてあそんでんじゃねえぞ!」

芳川「では君に暴走したシスターズを止められるのか?」

芳川「この子一人の命と学園都市の生徒、シスターズの命、どっちが大切かと聞いているんだ」




79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 15:31:12.84 ID:JdrE7Wra0
 <_:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:!:.:.:.:.小:.:.:.:.:.:|ヽ:.:.!:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:\
  /:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.::./!:.:./  !:.:.:./  !ハ:.:.:.:.:.::.:.:.:.ト 、>
  厶イ:.:.:.:.:.::.:.:|:.:.:.:.:.::/ V   |:.:/  |/ \:.:.:.:|ヽ|
   厶イ:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:/―- 、_  |/  ィ佗¨> |Tヽ\
     /:.:.:.:.:/|:.:.:.:./ r ' 丐}ヾ’    ヾ''¨  ! トミ.ヾ}
    ,厶ィ:.:.:| 从:.:.|  ` '"          |ノ
     ムィ人  V          !    ノ}
        |7>へ u             /V      
         _|/   ヽ     ,. -‐ァ  /::: `ー-、
       //     `  、 `' ´  ィ \_::::::::::::\

当麻「・・・俺達には何もできないのか・・・・・・?」

芳川「そうだ」

当麻「くそ!くそ!なんでだよ・・・・」

美琴「当麻・・・」




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 15:45:56.30 ID:JdrE7Wra0
         _,. -‐' ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::::ト、:::::::::::i::::!::::::::::::::::::\__>
          `ー―‐ァ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|:::::::::::::::::::::::::| V:::::::::ト、::::::::::::::::_::\_
              /::::::::::::::::::::::::::::`/<:/ |:::ト、:::::::::::i::::Lム:::::::::L、::i:::!:::::::\  ̄`
            ///::::,._イ:::::::/::/j::::::/≧ミ!::| !:::::::::::::ト、|匕^V:::::「|:::|::::ト、:::::::::\
            /  /:::::{  |::::/:/ ,ィ代辷ア,ハト、ヽ::::::::::| 代辷ア ヽ| .|::|::::|ヽ`ー―ヽ
              /:::::::ム |:∧!  ! ` ¨ ´  !  \::::|  ` ¨´    レト、V ヽ!
             'ア:::::::::ヽ !` '.           ;. i   ヽ         レ' 冫ヽ
            ´ ̄ フ:::,.ィ\. '.       〈 !          / /
               // |::::::`ハ.        ヽ. ,.          /「
              ´   jハ/ ト、                  /、|
                      Vヽ.   ,.-―‐ -- 、   ,イ、
                          /|\     ,. - 、    / | \
                    /   |  \      /   |    ヽ
                   /   i |    > -- <    |    ヽ

当麻「・・・わかったこいつの始末はおれがする。だから・・・少しこいつと話をさせてくれ」

芳川「・・・・・わかった。でも残り15分ぐらいだぞ。わかってるな?」

当麻「わかった。お前はここで待っててくれ」

美琴「わ、私も一緒に・・・」

当麻「ダメだ。ここに残れ」

美琴「・・・・・・わかったわよ。無理・・・しないでね」




81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 15:53:46.69 ID:JdrE7Wra0
        l: :l: : : リィf彷卞、 /: /:/:./    l: : : : : : |
        l/:l: : : l  んィ::リ     チえ卞、   l: : l: : : :|
       /: ∧:.:.:l 弋rン       んィ:::ノリヾ  l: : l: : : :!
       ン/:∧:.l ⊂⊃  ,     乂zrン   /⌒V: :V
       /イ':.l:圦          ⊂⊃  ン´} ハ: : |
         l:./l:.:.:.\   r_、       , 、_ .イ: :!: :.l
          l/ VリV:.:丶        イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j:.:.ト\
            V >─ >r─‐≦ヽ:.:.:.i:.:/:.:./ !:.:.∧:ヘ  `
            /:l    ヘリ__ .イ   \l/.!.:/ l:.:/ \ヾ
              /. :l ┌─rv、      ヽj/ /j/

打ち止め「当・・・麻?」

当麻「お、気がついたか・・・ごめんな・・・守ってやれなくて・・・」

打ち止め「そっか・・・」

当麻「怖いか?」

打ち止め「すこし・・・ 」

当麻「大丈夫。俺も一緒に行ってやるから。心配すんな」

打ち止め「・・・えへへ」ニコ




83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 16:09:28.76 ID:JdrE7Wra0
・・・・・・

            =====================================================,┌─  |
,,...,     | ̄ ̄|\\|l工l工l ├┤l工l工l ├┤l工l工l ├┤l工l工l ├┤l工l工l|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
ゞ;ゞ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|____|
t'ゞ;;'tyメ;;,,lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |__|  |
YゞKゞヾメヾ`ゞ、,,、.                                             |.HHH|! |
kゞ,Yハ'ソ;ヾヘゞYソYゞ、,l lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |_| ̄
ゞt;ゞヾ〃ゞYゞヘゞヾメt' rソ';tゞ;ッ';'ゞ;ヾゞ、                                |.HHH|! |  | =
ヾゞtゞkゞゞ;l!_kメ'ヌヘゞ;k",t'ッ';;'メ;y;ゞ; ヾゞ゙ゞ""ヾ、エl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |_| =
;;、;;;;;::;;;"ゞ,〃^ゞヾヘメ' :,`;.;;:,”:"゙:.:゙;':,:.:゙;゙':,”:"゙:.;'ミ、                         |.HHH|! |  |
ゞ、,....ヾ;;;;;;;;;;;'''';;;;;;;;;;;;;;;;,;;;:,”:"゙:.:゙;:,” "゙.:゙;' :, ミヾゞ,l lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |  |

・・・ん
美琴「あ、目が覚めた?」

誰だこいつ・・・

美琴「私が誰だか分かる?」

わからねえよ。初対面なんだし・・・んでここはどこだ?

美琴「そっか・・・ここは病院。あなたは頭を強く打って入院してたのよ」





85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 16:22:02.50 ID:JdrE7Wra0
           i: : : :,′: :|: : : : :| : : : :|:-―: :/:-: :/: :_:_/ : :/: : : :/ :リ  |: :.::::::|
            j : : 八| : :|:i : : : | : : :/| : //_:// :// : :/: :.:∠|_:/   |: :.::::::|
           /: :./: : | : :|:i : : : | : | l:斗≠弍=≧k' /: /: /  |/`ヽ 八 :|::::|
            ,′://∧: :|:i : : : | : l:ハ{{   んi:::}下`////  z=ェx  /:::/::j :リ
            ,′:/: : :{ハ.:|:i : : : | : |   、,ノィ:ソ        んi::jハY/:::/:::/:/
.          /: : : : : : :ヽ ヘ|从: : :|i:│    ¨¨^        _)ィン リ/:::/:::/i/
        /: : /i: : ::.:.:::::\  \八:|  ',:;;               ¨^  ':::/::/
          /// :|:/ : :.:.:.::::::::::ー:、\  ,;;"          〉 ,;;" ムイ::/
        /  厶イ..: :.:::i ::::::::::::::::ト                     / j/
            /|: :i: :::|::::::::::::i:|::| 丶           __
              |: :i: :::|::::::::::::i:|:」.   \       ´  `    イ|
             i: :i| : |::::::::厂゙く|      丶、       ...:::i::|:::::i:|
           ∨{ 八:::::」.    ̄`丶、   ` ‐r::<::::/::i::|:::::i:|

美琴「私は御坂美琴。一応あんたの彼女だったんだからね!!」

俺の彼女?・・・俺には彼女がいたなんて記憶ないぞ・・・

美琴「・・・あんたはね、頭を強く打って記憶喪失になったの」

なに!?記憶喪失・・・まじか・・・不幸だ・・・・・・

美琴「ずいぶんノンキね。一応先生呼んでくるね」

お、おう




87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 16:30:16.13 ID:JdrE7Wra0

      |: : : : : : : l| : : :|: : : :!: : :./!: ::|: : /: :/  j|/: : / !: :i  | l: : !
      i: : : : ::/⌒! : : :!: : L|: : /┼‐|‐/‐ /  /: : /、_|__j    !:イ: ::
.      八: : : :{ ィ' | i: : |: : | ∨ j  |/ i /  /: : / 厶イ  ̄ /:/: :リ
     /: : : : : :ゝし| | :八: :l,ィ气云夾弌   /: :/ ,ィr==ァx/:/ i /
.     / /: :/i: : : :ヽ| |从 :ヽ|  、つ ィ:リ    j/   んxィリ 厶-‐‐<
  / .イ: :/: :!: : : : ij\j_\小    ̄ ̄            ̄/   _   `ー 、
  ⌒´ |: /: : |: : : : ::i/  ∧               イ_ノ ノ´  > ´ ,  \
.      |/: : : |: :il : : l  |ノ\           ィ  `ー 7   〈  /     \
.      | > | /|: : ::|  ∨  \      _ _,       イ―、_ハ i  /     ,
    xく    jイ |: : ::|   \>  ⌒ヽ   ー     < |(´     ゝ| /  ィ `
.  /  \  ハ: : :|   /   ` <ト _   ≦ !   .: i `¨T ┬ 、∨ /  i     i
 /` ー-.、  \  \ト、/      \}   / /  |  V   :! |   し'   ヽ.    |
./     \  ヽ  /       ヽ }>=く   |        :| i    i `Y   ー  |

美琴「先生、当麻がまた、目を覚ましました」

カエル「そうか・・・」

美琴「はい」

カエル「・・・もし、手術をするなら私たち医者は全力を尽くすよ。」

美琴「わかりました」




89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 16:46:38.73 ID:JdrE7Wra0
        _≧:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./:.:.!:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.::\:.:.:く
        /:.:.:/:.:.:.:.:.:./ |/ |:.:.:.,小:.:.:.:.ヽ:.:.:.:、:.:>
       ∠ イ:.:/:.!:.:.:.:Tト、_ |:.:/ ,.ィ代:!:..ト、_:.::>
        厶イ|:/|:.:/ f 忖  Ⅳ 忖ヽ ト、!:..\
          i人从.  ̄   !   ̄ ハハ`¨´
            !込     j    ム'
           /:/ハ    __  人_
       ,. -<: : : :|.:! \ ´ ''  ィ い: : >‐- 、
     /: : : : : : : : :.ヾヽ   ー '  /:/: : : : : : : ∧

カエル「やあ、具合はどうだい?」

普通です

カエル「それはよかった。名前と年齢もわかるかい?」

上条・・・当麻・・・15歳 中学生

カエル「・・・落ち着いて聞いてくれ。君は確かに上条当麻だ。が、今君は19歳なんだ」

はっ!?




91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 16:56:43.56 ID:JdrE7Wra0
          | :i: :| : :|⌒ヽ、 :.:/ム=≠―メ  ヽ: \ミY:.: : : |
          |:ハ:|: :ハ≧=ミ、ノ  ムイ≧=ミ、  ヽミヽj:.: : : :|
          |{ ヽ: :代}.,)i}ヾ     イ.,)::i}`ヽ   iミ;/⌒i: : : |
          ヾ  ∨.:|弋リ       弋:;リ 〃   レ′ノ }:.: : |
             i :.:i "'  ,       ¨´,,      ´ ノ: : : |
             |.:八            ´    ,イ´: : : : 八
             |∧ ヽ   _         /: :|: : : : :/i  \
             || .i: : :\  `       ,   i:.: : :|: : : :/ :|   ヽ
             || .|!: : : :|`ト.、_ .  <   |: : : |: : : : : :|
             リ 八 : :.:|Vバ 「         八 : :|: : : : : :|
              / :ハ_斗´  \     /  \j : :∧:リ
          ,..-―‐´ ̄ ,/     >v<´    / ̄ ̄`ヽ、

美琴「まあ混乱するわよね・・・」

・・・

カエル「とりあえず検査して、異常がなければ退院ということで」

はあ

美琴「私が町を案内してあげるわよ」




92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 17:01:15.59 ID:JdrE7Wra0
・・・・・・

            =====================================================,┌─  |
,,...,     | ̄ ̄|\\|l工l工l ├┤l工l工l ├┤l工l工l ├┤l工l工l ├┤l工l工l|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
ゞ;ゞ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|____|
t'ゞ;;'tyメ;;,,lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |__|  |
YゞKゞヾメヾ`ゞ、,,、.                                             |.HHH|! |
kゞ,Yハ'ソ;ヾヘゞYソYゞ、,l lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |_| ̄
ゞt;ゞヾ〃ゞYゞヘゞヾメt' rソ';tゞ;ッ';'ゞ;ヾゞ、                                |.HHH|! |  | =
ヾゞtゞkゞゞ;l!_kメ'ヌヘゞ;k",t'ッ';;'メ;y;ゞ; ヾゞ゙ゞ""ヾ、エl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |_| =
;;、;;;;;::;;;"ゞ,〃^ゞヾヘメ' :,`;.;;:,”:"゙:.:゙;':,:.:゙;゙':,”:"゙:.;'ミ、                         |.HHH|! |  |
ゞ、,....ヾ;;;;;;;;;;;'''';;;;;;;;;;;;;;;;,;;;:,”:"゙:.:゙;:,” "゙.:゙;' :, ミヾゞ,l lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |  |

カエル「じゃあ異常もなかったし。今日は自宅でゆっくりしてなさい」

あ、はい。どうも

美琴「ありがとうございました。ほら、行くよ!当麻!」

へいへい





93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 17:06:23.26 ID:JdrE7Wra0
              ′/: : :|: /: /-/:十-、:/: : : :/:-┼: |、  ゝ : ヽ: : i
           |: :i: : : :| :| / /|: /!: : /: ://: : /|: / ヽ ミ : : |: : |
           |: :|: :i : | :|:|斗≠=ミ// /: :斗=≠ミ.  ミ\|: : |
           |: :|: :i : |八Y´ んir个  /:/´ んr心{  }ヽ∨: : |
          │ |: :i :∧ハ 弋てソ  /    弋てソ  ル∨: : : !
           ∨|: :i∧小   ー    ′    ー  ('^ハ: : : : |
            ヽ| 八(∧ゝ""           ""ノ⌒)ノ : : : |
            |: i :\.ヘ、      -、       ^´/: : : :i: |
            |: i: : /: ̄\_    ‘ー'      /i⌒´i : : : : !│
            |: i: :,': : i : :( \      . ィ : : i: : : ! : /: :.i八
              ,: :|: |: :.:.i : :.iヽ ヽ>‐  ´  ト、: |: : i: ∨: : /:iハ
               / :ノ:│: :.|: : :| ∧ Y_  r‐、ノ \{: : |.:/{: : :{ノ/ \

美琴「そうだ!今日は退院祝いでなんかおいしいもの食べましょ!」

うまいもの?お前なんか作れるのか?

美琴「あったり前でしょ。一応女の子なんだし料理なんてラクショーよ」

まじでか。じゃあ買い物でもしますか

美琴「そうね!」




95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 17:10:57.63 ID:JdrE7Wra0

・・・・・・
            / :/ , . :/ . : : . . く:. .ヽ
          /. :《./ /  /,i:{ : :i :〈 ヽ.'l
          {//:/: /.:/,ィ:/ハ{i |:.i.トミi: i
         /.イ.:i /イ/l_lムレ}八}/リ }!:i|
        /:/ 〉Y:l{ |__{_  /ノ'/`ー リ:||
         ノイ 人ハN'´⌒``   r=ミy/l/}′
          /:/i:.:.`ヘ '''     ,  ,,, ,小
       /´ |:|!.:.i:.人  {` ーァ  人i{
   ,r<く`ー‐く {ハ:イ/} :}>`ー_' . イ}:イ从        _
  〈ヽ    ∨´ ̄|下、   /廴:|ム--、  rー'⌒‘ー' 〉
    ` ̄ 丁´|  ハ } `ヽ r‐ ヘヽ ハ  !  rー‐ ′
      }   !   ∧}ム=========.∨  i l  {

美琴「いやー。いっぱい買ったわね!」

いや買いすぎだろこれ・・・つかプリンどんだけ買ってんだよ

美琴「いいのいいの!お祝いなんだから。」

そうなのか

美琴「ほらぁ、ちゃっちゃか帰る帰る!




96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 17:16:42.67 ID:JdrE7Wra0
        ,'  ,'     \!  / / / / /  i l  ミ ハ
         {  i       /i ,イ /レ'≧ /  , イ  ./l l   } }
        i  /⌒ヽ  N´ 灯えぅx イ / /   ノ,'/  ! |
        ノ :{ ( ヽ, V    弋_イノ i/ / / ≧、_ ,' ノ
.       / i  ゝ、ζ              // ≠= _  //
        ,イ |   :.ヽヘ               イえァ,イ/
     / .i /| .:.:.:.:.:.:.:i            イ  ゞ-'/.:. !
       レ .! .:.:.:.:.:.:.:.:|∧    ゝ         /.:.:. l
         i.:.:.:.i.:.:.:.:.:|  ゝ     、_ ァ    /.:.:,イ:l
         /,イ.: l.:.:.:.:.:|    \         イ.:.:/ .i |
       ノ  ヽ.! r=ヽ_    > ┌‐ ≦:.:.:.:.:.ノ  リ
           _,イ   ー-、  ,-―‐ '\.:.:.:.:.:.:.:ハ__
   _ -‐…  i      / `Yヽ      \ ̄ ゝ!  }ー‐ 、

美琴「ただいまー!」

お、おじゃまします・・・

美琴「あんたん家なのにお邪魔しますって」

いやだってほら・・・

美琴「・・・まぁいいわ。ほら、一緒に夕飯作りましょ。」

・・・・・・そうだな




99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 17:25:34.94 ID:JdrE7Wra0
        /.: :,イ: : : : .: :: ::/.: : : :/ : : : /"´.ノ.:ノ        ヾミミミミ:} : : : : : : : \
          /.: :/./: : : : : :: ::/ !: : :ハ.: ::/  ムイ   , -――- 、  ヽ:ミミミ:}: : : : : : : ヽ、ゝ、____,ノ
.        / : /./ : : !: : : : ::|,.斗≠| !: /    , '"           ∨ミミ}:: :: :: :. : : : :`ヾ' ̄ ̄ ̄
       /.: :/./:i : : |: : :! : :i  ヽハ{ ∨       .:::::::::::::::::::::::.     }: , "⌒ヽ:: :: :. :. : : : :\
.      |: :/ イハ: :イ: : :|.: .:|  ,.r≠ ̄       :::::::::::::::::::::::::::   |/ 入  | : : : : : : : : : : \
.       ∨  || |.:ハ.:ハ|.: .:| ,Y'     〈         ::::::::::::::::::::::::::     〈`ヽ |:: : : : : : : : : : : : :\ ~♪
         j! |/ ∨ !: :人 .:::::::::::.       ,   ヘ         ノ  ノ 人: : : : : : : \__: : :ヽ
            ノ: : .: :: ::ヽ:::::::::::   ,  "       ヽ        ,イ ,イ: : :ヽ:: : : : : : :人 `ヽ: }
            /: : .: .: :: :: ::ム:::::::   〈 〃        i       , -‐´:: :: :. : :\:: : : : : : :\ ∨
           /: : : :,イ : : : : : :圦      ヾ        ,ノ      /: :、: : : : : : : : : :\ : : \: : `ヽ
          /: : : ://: : : : : : : ::人     `  _, '       ,  i:: :: : :\ : : : : : : : : : \ : : `ヽ: :}
       /: : : :/ /: : : : : : : : : : ::>、             ,   |:: :: : : : :\: : : : : : : : : :`ヽ

美琴「あ~ん。プリンおいし~」

食いすぎだろ・・・

美琴「いいじゃないの別に!別腹よ!!」

そうかい・・・それよりお前、今日どうするんだ?

美琴「そうね、あんた一人だと心配だし今日は泊まってくわ」

ウホっ

美琴「変なことしたら殺すから!!」




101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 17:32:25.57 ID:JdrE7Wra0
             / : :.:/: :/: :/: : : : :i: : i: :i: :|㍉:ヽ: : : : : : : : : : i
.            /: :/V: :/: :/ : : : :.:/: :/: :j: :|  ヽミミ:、: : : : : : : |
          i : :∨: :i: :∧ : : :.:/: ;イ: :/: :ハ   iミ、ミ\: :/ : : |
          | :i: :| : :|⌒ヽ、 :.:/ム=≠―メ  ヽ: \ミY:.: : : |
          |:ハ:|: :ハ≧=ミ、ノ  ムイ≧=ミ、  ヽミヽj:.: : : :|
          |{ ヽ: :代}.,)i}ヾ     イ.,)::i}`ヽ   iミ;/⌒i: : : |
          ヾ  ∨.:|弋リ       弋:;リ 〃   レ′ノ }:.: : |
             i :.:i "'  ,       ¨´,,      ´ ノ: : : |
             |.:八            ´    ,イ´: : : : 八
             |∧ ヽ   _         /: :|: : : : :/i  \
             || .i: : :\  `       ,   i:.: : :|: : : :/ :|   ヽ
             || .|!: : : :|`ト.、_ .  <   |: : : |: : : : : :|
             リ 八 : :.:|Vバ 「         八 : :|: : : : : :|
              / :ハ_斗´  \     /  \j : :∧:リ

美琴「じゃあ私、先にお風呂入るね」

はいよ

美琴「覗くなよ?」

わかってるって!はよ入れ!!





102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 17:36:29.00 ID:JdrE7Wra0
       <:.:.:.:.::.:.:/^.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>
      <:.:.:./:.:..:/!:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:..!.::.:.:.>
      厶:.:.:.!:/V┼!:.:| ┼!、!:.:.|:.:.:.:...>
       厶小 rャ‐ !V rャ‐ぃ小::..::之
        八,!  ̄ ,!   ̄ |f .}.:.::ト、
         ハ   ` '    ムィ.:|ヽ!
          \  - 、  ,イⅣV
             ム|` -  Ⅳ
          __i     {
       ,. -<ヽ `ー―― 予-、_
     /       ̄ ̄ ̄ ̄ / >、
    ∧                  \

ふん、やっといったか・・・
それにしても俺の彼女とかまだ信じられねえな。それに
俺が19歳って・・・高校はどうしたんだ・・・まさか留年とか

不幸だなおい・・・

でも・・・あの御坂だっけ?・・・かわいいからいっか




103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 17:42:17.04 ID:JdrE7Wra0
: : :\\i.:/:.|: : : : : イ.: :/ !:./ |:.:./: : :.:./l:.:j   ヽ:!  |: : :.:i: : : i: :.
/:./: ト.l |.:∧: :.:./斗: :f=≠十 l: : : :/  |≧=- リ  j: :.:.:.l: : : |: :i
: : :.!: :|:.:l:.| i  : :.:|  V.:l     !/|: :.:/   ノ        ム: : :.l: : :小 |
:.:ァ| /! :l∧!  ヽ:l   ヾ|      |:.:/         ′: : :l: :/ |: :j
:7 !从: |     三三三三三   ∨  三三三三 |: :.:.:.∨ !:./
:l ,/: N                              l : : : : | ノイ
ハ {  ー                              l: : :.:.八
: :ヽゞ--'                           }: : : : : :ヽホカホカ
: : : :` ー‐ 、        -、     _           ノ: : : : : : ト:\
: : :/: : : : :.\        `ー‐ '´ ` ー‐ '      /: : : : :}、: |  `\
: :イ: : :.:.:/ : l:.个 、         ' '       .イ: : : : : : :ハ: j

美琴「ふひぃ~。お風呂いいよ~」

おおおおお、おう

美琴「何テンパッてんのよwww早く入ってこい!」

わわわ。わかったって
ムクムク

美琴(まったく・・・毎度毎度あんな調子なんだから・・・)





105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 17:51:41.07 ID:JdrE7Wra0
・・・
            |: i|: : |≧ミl- ^:|.: :.:|: : :/ :>=‐/- /    }\|::.::.::.::.::.::i|:.::│
          V从:代ト.ィi癶八: : |: :/< /:/       j: : :!::.::.::.::.::. i|::.::.|
              ヽ八{ Vi:リ  ∨\∨ 气半=≧ミ       ル'⌒Y::.::.::.:: i|.::.::|
              ∨i  `¨         込.::(ソ  ≫     ノ') |::.::.::.::.:j|.::.::|
              リ".:.:::::::        ¨¨`        い ):l::.::.::.::.:l|.::.::|
             {    〈      .:::::::::::::.:.:     ノ_ノ:/::.::.::.::. l|.::.i:|
            人                        ∠ / .::.::.::.::. l|.::.i:|
            ⌒\    -(           ,、_....::イ .::.::.::.::.::.::.::l|.: 八
                |:>                /|.:.:.:.:.:.:i:.:.::.::.::.::.::.::.::.|.::|  \
                |: : :|\        イ   |:.:.:.:.:ハ .::.::.::.::∧::.::ト、!

あれ?なんでこの人俺のベットで寝てんの?
美琴「しょ、しょうがないでしょ・・寝る場所ここしかないんだし・・・」

だ・・・だけどねぇ・・・

美琴「い、いいからこっち来なさいよ!!風邪ひくでしょ」

お、おう

美琴「わ、わかったんならさっさと寝なさいよね!!

はぁ・・・

美琴「あと・・・明日大事な話があるから。」

・・・・・・あいよ




106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 17:54:04.32 ID:JdrE7Wra0
次の日
   |:V /: : ヽ:|  !、|: :l !: : :,′!: : : ′ト.ヽ、 !: : : : l: :.! / V: :.、V }
   V /: : : : : ∨ ,{:', |: レ'!: : : | !: : :,! |: : 〉 、!: : : メ: :レ´   }:  l!:V !
   ,′: : : : : : :∨ヘ:',ト:+<Ll:l |: : :!  !:./   }:..:/ /⌒ヽ、  ハ:.リ
  .ハ!: : : : :.r=、:∨:',: : |  Vムニ≧ー 、l/ , ノ ル'イ:::::い  ! /:.! ′ヽj
  ,′ |: : : : ! !ヽ:. : : ト、!  /´斗::::心`丶     し‐' }  ,′j.,′
  | ! l: : : : ! レ イ、: ヘ'; :. イ  l⌒ー´リ!      弋ニソ !: ;'.ハ
  | ハ i: :!: : ヘ {:.:.:>、ヘ ゝ、  ー=ニイ         ̄   |: !  ',
  ',. l!: l: : : :ヘ\っヽヾ、   `ー "        ヽ l/l/l/八 〉 ├- 、
  ! /! ト!: 八: : :> _)、丶 /l/l/l/l     _,     人!: 〉、 !:.:.:.:ト、
  ノ_´l l: リ:.:.:ヽ: : : : :!ヘ:へ、       / ヽ:.!   ィ:/|:/ ,} |:.:.:.:.:.:}
 i:./ ヘl! ':.:.:.:.:.:.\: : l、 \ >      (    V イ ノ  l! 〉:.:! ノ:.:.:.:.:.j
 レ   ヽ、:.:.:.:.:.:.:.ヾミ    ヽ、   >  _ー ィ′  |o  /:.:.:ソ′:.:.:/ ヽ

美琴「ほら!起きろ!当麻!!」

んはぁ

美琴「ねぼけんな!出かけるぞ。」

も、もうですか!?




108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 18:28:39.08 ID:JdrE7Wra0
.      /: : {/ : | : :/! ハ: |: : :| !: : :ハ : !| ミヾ : : :i
.       //!: ,': : :.ト:斗i十ト:|!:.: | |:_:_リ |: :!| ミ:ヾi : :|
     |:| |: {:.: : :|,ィァz弍ヾ!\| |/_`lメリ  ミ:: i : :|
      |:| |: ハ: : 〈 け:jリ゙      ィ芹ミト、  ミ: リ.:.:.|  
     |l .|:.:rハ:从 ゞ='        V::jソ 〉 ミ:ソ:i : |
.       ! ヾ{(:从       ;     `´   ,/'⌒!: : |  
        |\_                 )ノ! . |
        |: : 入   、-  . _      ,_´_,イ: | : |
        |: :.:i:.:.\  `  ´    /:.|:.:.:/:.:.| : |
.        八: |:.:.:i .:ヽ、    , イ.:|:.:.:!.:/:./リ:.:∧
       /∧: ト、 ト:;ィ|   ̄ ´   ハ.:.!:.:.|/:./j/!:/ `\

美琴「あのね、今から行く場所にある女の子がいるんだけどね」

おう

美琴「その子はつい最近退院したの」

ほうほう。おれと似てるな

美琴「そうなの。まぁ詳しいことはついたら話すわ」




110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 18:36:38.43 ID:JdrE7Wra0
     | |      ||:     o     ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    |_|
     | | l| ̄l ||           |l    | :|
     | | l|  l ||           |l    |_,|
     | | l|(,0 ||           ||    | |
     | |   ̄  ||  _,.. -‐''"|  ||    | |
     | |      ||   |_,.. -‐''" .:||    | |

美琴「ついたわよ」

ここか・・・っておれん家じゃん

美琴「そうよ。でも中に子供がいるの。あってあげて」

ん・・・ああ

美琴「話はそれからでもいいよね」

わかった。じゃあ開けるぞ・・・





112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 18:43:32.23 ID:JdrE7Wra0
           「o|          /.:.:./.:.:.:.:.:.:.'.:.:/.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.、
           |.|!|        '.:.:.:.'.:.:.:!.:.:!.:|.:/.:.:/イ.:.:.ハ彡、:.:.:.:.へ.
           |:|!|         !:.:.:.:!:.:.」_:∧i/.:.:/ !.:./」L ミ:.:.:.ハ⌒ヽ
           |:|!|          i:i.:.:ノ:!:.:ハ`メ:.:./  ィ'´rノ  ミ::i:i:.:i
           |:|!|       ノイ:i:i:.〃て心{  ノ ィて心ヾ}:j:i八
           |_i」        }ハ从八弋::ソ    弋::ソ ′ハ:i:!:\
              |          //ヘ⊂⊃    '   ⊂⊃ノ:八 `ヽ
              |       /.:.:.:.:.:.八   Y´ ̄`Y   八:.:.i:.:.:.ヽ
              |         厶イノ.:.:.:.へ.  ∨  ,ノ  ..イ:.:.:ヽj`ヽハ
           ___|_        ノ´}ハハヘ个ト ... _ ..イ.:ノ.:.:.ハノ
             |:::「h       ,へー-ヘく   Vハ|     |j∧从!
             |:::l |j⌒`ヽ ̄`ヽ \  \  ヘ∧   乂ヘ⌒ヘ.

打ち止め「いらっしゃーいっとミサカはミサカは出迎えてみたり」

うぉ!なんだこいつ・・・

打ち止め「あ!!当麻!久しぶりーってミサカはミサカは感激してみたり」

だ、抱きつくなって。

美琴「ほら。早く入った入った」




115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 18:49:40.88 ID:JdrE7Wra0
            /:/: : : : :/: : : : : /: : :}: : 、: : : : : :∧
          /: /: /: : : {: : : : : /:/: /: : i: ト;: : : ヽ:∧
         /: : :/: /: : : : {: : : :i /イ: : : :i: j \: : :\i_  ,
.        /: :〃: :{: : l: : ハ:><: : //: :ノノ-‐  i:}: }:ハ  ̄´
        ///:∧: !: : l: :| _升ヒミ;://:/ 彡z-、 }イ: ハ′
          レ /: : : 、ヘ: : ヘ;/ {i人心レ'  'K人i} 〉j;く:〈
         l/: : : :ハ: :{ ` 弋Yン      弋Yン ハ 〉:∧
        /: : : : {  ヾ─-、      `   (  ̄ ): l\ヽ
         {:/l: : :`: :-ゝ─ '  、_ -ー _,  `フ´: : l`ヽハ
          レ /:/l: : : /: :\   \   ノ  /:ハ: : l
            ´   ∨/''j: / > _  ̄  <∧ハ \!
            , イ〃 ´: : : i     ̄ }: ′:` / \

こ、こいつが何なんだ?

美琴「この子はね。あんたが殺そうとした子よ」

・・・・・・はい?

美琴「殺そうとしたって言うか、一緒に死のうとしたの」

・・・ちょっと話がつかめないんだが・・・




116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 19:00:04.87 ID:JdrE7Wra0
             |.:八            ´    ,イ´: : : : 八
             |∧ ヽ   _         /: :|: : : : :/i  \
             || .i: : :\  `       ,   i:.: : :|: : : :/ :|   ヽ
             || .|!: : : :|`ト.、_ .  <   |: : : |: : : : : :|
             リ 八 : :.:|Vバ 「         八 : :|: : : : : :|
              / :ハ_斗´  \     /  \j : :∧:リ
          ,..-―‐´ ̄ ,/     >v<´    / ̄ ̄`ヽ、
            ∧ . : . : . : :八     /   !  \   /. : . : . : . : >.、
           / i . : . : . :/ . :\ /   |    ヽ_ノ. : . : . : . : / . : /ヽ
.          /   ヽ. : . : . : . : . :|「    |    // . : . : . : . : / . : /   \


美琴「今から1年ぐらい前にね。この子が突然あんたの部屋に来たの
   それで行くあてもないからってあんたと私で面倒みてたのよ。」

美琴「この子はね、特殊な子でこの子命か、町の人の命かを選ばなきゃいけなくなったのよ」

なんで!?

美琴「だからそれはこの子が特殊だから。それであんたに選択が委ねられたの」

それで・・・俺はどうしたんだ?

美琴「あんたは、この子と一緒に屋上から飛び降りた」




117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 19:09:40.91 ID:JdrE7Wra0
      |/: : : |: :il : : l  |ノ\           ィ  `ー 7   〈  /     \
.      | > | /|: : ::|  ∨  \      _ _,       イ―、_ハ i  /     ,
    xく    jイ |: : ::|   \>  ⌒ヽ   ー     < |(´     ゝ| /  ィ `
.  /  \  ハ: : :|   /   ` <ト _   ≦ !   .: i `¨T ┬ 、∨ /  i     i
 /` ー-.、  \  \ト、/      \}   / /  |  V   :! |   し'   ヽ.    |
./     \  ヽ  /       ヽ }>=く   |        :| i    i `Y   ー  |
       \  /          \  | ' ,  :|      | |   .:!   |
         ∨          イ¨ / o |  ト 」       | |   .:|  |      l
          /          /( イ   :|  | |j       ∨ /    j!   |       |

美琴「この子とあんたは5分ぐらい心臓が止まってた。でも今の医療はすごいから何とか生き返ったの。
   それで一回心臓が停止した状態になったこの子はもう特殊じゃなくなった。」
ああ・・・・・・

美琴「それであんたも助かったんだけど・・・高校生になってからの3年間の記憶が無くなってしまったの・・・」
・・・おれはいつ目が覚めたんだ?

美琴「あんたは飛び降りて3日ぐらいで目を覚ましたわ・・・私はね、あんたの記憶がなくてもやり直せるって思ってたの」
・・・・・・
美琴「でもね・・・あんたの記憶は10日ももたなかったの・・・」

どういう意味だ・・・?




118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 19:15:27.14 ID:JdrE7Wra0
        /  厶イ..: :.:::i ::::::::::::::::ト                     / j/
            /|: :i: :::|::::::::::::i:|::| 丶           __
              |: :i: :::|::::::::::::i:|:」.   \       ´  `    イ|
             i: :i| : |::::::::厂゙く|      丶、       ...:::i::|:::::i:|
           ∨{ 八:::::」.    ̄`丶、   ` ‐r::<::::/::i::|:::::i:|
            V\::∨       `丶、  /  ∨ /|:从::i:|
           _  -一`ヘ             >〈/ヘ ∨ jハ::i八
     __r―<        \        /  ⌒!ハ {\ l/  \
   /__  \       \.     /    |   ∨\
   {/二二二\ \       \__/     :{  \_〉  \
  /      \  \ \        \ \    ー=}  │|  ハ\
. /      彡ヘ.  \ ヽ   \    \ \  _〈_ノ|│   } }\

美琴「あんたは目覚めて1週間ぐらい経つと頭が痛いって言って倒れちゃうの
   それでまた病院で目覚めた時は最初とおなじ・・・中学生からの記憶に戻っちゃう」

・・・・・・じゃあお前はそれを1年間繰り返してきたってのか!?

美琴「・・・そう。この手帳を見て・・・」

・・・・・・!!
その手帳には『当麻の退院祝い!』と約1週間おきに記入されていた
それが1年間ずっと・・・




121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 19:22:24.00 ID:JdrE7Wra0
             l\             /  |: : : :/ |: : : l: :.:l:|
             }:.:.:ト、‐ 、       /   |: : :/l |: : : !: :リ:|
             l八l:.∧      イ   /リ: :/lリ |: : :八/lリ
            }:.:.:.:` ー‐</ _j___.ィ  /: /  /ヽ/:/|
            |:ハ:.:/  /: /´|     // /: . : . V: }
                }/  /: / ,' |     /´/. : . : . : . :∨
               /:/^/ j      /: . : . : . : . : . :.ヽ
               /: ./ ,.' ,.イ─‐‐<: . : . : . : . : . : . : . :ヽ
             /〃:/ / /: . : . /: . : . : . : . : . : . : . : . : .ハ
               /: . :/=/: . : . : 〃 . : . : /: :/´ ̄  ̄`丶: :}
           /: . ://: . : . : . : . : . : ./: :/        V|

美琴「でもね、その・・・あんたの記憶は手術で治るかもしれないの」

そうなのか!?

美琴「うん・・・でも、成功する確率が半分に満たないの。それに失敗したら死んじゃうかもしれない
   だから私は、手術を受けさせなかった。当麻と・・・一緒にいたかったから」





123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 19:26:50.54 ID:JdrE7Wra0
         |: : : : : |: : :|: :|::∧: : :∧ : /: : /  }/      {: : : : : |
         |: : : : : |: : :|: :斗ム-:{‐-:く: /  `ー―‐- 、 { : : : : :}
         |: : : : : |: : :|ヽ从 ヽハハ/   / '´     |´ ヽ i:リ
         | : : : : 八: :!,孑チ坏≧xく     <_____,,, | ) }::!'
         | : : : : 人从ハ r'じリ '       ` ̄ ̄´ ! ノ::{ 
         | : j: : : ::\N  `¨¨´             j'´ : : !
         |: ::|: : : : : ::∧         |〉          人: : : |
         |: :,' : : : : : : :人                 イ: : :i: : |
         レ': : : : : : : : : : ト 、   `    ´   イ: : : :ハ: :|
          /: ノ:八 / : /: : : : : :>         <: : : i: : :i  !八
       // イ : / : /: : |: : / `ヽ≧―‐≦ イ八 :∧: :| .j!. ヽ
     /´  / : /: :/: : 八∨    >┬<´   \ i: :| /

美琴「・・・とまぁここまで話したのが今日が初めて」

そっか・・・お前はつらくなかったのか?

美琴「辛かったわよ・・・でも当麻を失うよりは全然ましよ」

・・・・・・なぁ御坂、俺手術受けてみようと思う。

美琴「!!・・・・・・なんで・・?」




129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 19:34:12.94 ID:JdrE7Wra0
       i l /:.:.:/: ∧:. :. :.∧: : / |: / |: : / ,' / jノ _, j: :l.: : : :.|
       |:l/: :.ムイ: :l: : : :i `jル‐-.」/__」: / /:ムィf爪x、 「, |: :.}: :.|
       レ: :./: : :jノヽ: /: | ,ィ'て汽ミx / j/ 'んハ }i リ : : ∧: |
      /: : / : :.∧ j∧.:.l 〈  んハ j/     う'ツ ' レ': :/  i:.|
      ⌒了: : : :/ : \  V    ゔソ          ^ ,、 「: :〈  jノ
      _ノ: /⌒ヽ: : `「:人  '""         '       八: :|`ヽ
     `¨7⌒ヽ、  \:l: : : ヽ      ,_ -=r     厶イ.:l/  ',
       / 、   \   ヽ∧: :}\     (:::::: ノ   , イ l:| V   {
     {      ハ   jノ  >    ̄´ . < / jノ      ¨7
      」        ',   ‘,    \` 7    }  /       {
     八        ',     ヽ      厂{   /  'V /    `ヽ

美琴「なんで!あんた死んじゃうかもしんないんだよ!!だったら私は当麻に生きててほしい!」

・・・このままだとお前に悪い気がするし、それに俺はお前をちゃんと思い出したいんだよ。
それにこの子も・・・俺にとっても全部大事な記憶だと思うから・・・

美琴「・・・でも、あ、あんたが死んだら私・・・私・・・」

大丈夫だって。




130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 19:39:07.17 ID:JdrE7Wra0
        _>:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|/|
        \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.へ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.¨フ
       弋´:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.く
       <:.:.イ:.:.:.:/.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.!:.:!.:.:.:.ヽ:.:_,>
      弋´.:.:.:.:.:.:/.:.:.:./ |:.:.!:.:.:.:!:.ハ.!.:.:.::.:\
       <:.:./.:.:/:/T ト、∨:.:.:/!レ小:.:!:.小、>
       <:八 小| 代圷 |:.:Ⅳイタヽ小|ヽ!
        厶込、N   ̄ レ !  ̄ ム、
         rイ!.ハ     , j   八 \
         / V  ヽ  ー : -'  イ    \_
      ,. -へ.  \  >、 _, ィ \ /¨「 ̄ ̄ `ー 、
     /     ヽ   \  /  ',  \ !       }、

俺はちゃんと戻ってくるから。心配すんなって

美琴「・・・バカ・・・ほんとに馬鹿ね・・・」グス

打ち止め「二人でなんか盛り上がってるーっとミサカはミサカはいじけてみたり」

うるせえwww




134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 19:50:58.77 ID:JdrE7Wra0
次の日
            =====================================================,┌─  |
,,...,     | ̄ ̄|\\|l工l工l ├┤l工l工l ├┤l工l工l ├┤l工l工l ├┤l工l工l|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
ゞ;ゞ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|____|
t'ゞ;;'tyメ;;,,lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |__|  |
YゞKゞヾメヾ`ゞ、,,、.                                             |.HHH|! |
kゞ,Yハ'ソ;ヾヘゞYソYゞ、,l lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |_| ̄
ゞt;ゞヾ〃ゞYゞヘゞヾメt' rソ';tゞ;ッ';'ゞ;ヾゞ、                                |.HHH|! |  | =
ヾゞtゞkゞゞ;l!_kメ'ヌヘゞ;k",t'ッ';;'メ;y;ゞ; ヾゞ゙ゞ""ヾ、エl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |_| =
;;、;;;;;::;;;"ゞ,〃^ゞヾヘメ' :,`;.;;:,”:"゙:.:゙;':,:.:゙;゙':,”:"゙:.;'ミ、                         |.HHH|! |  |
ゞ、,....ヾ;;;;;;;;;;;'''';;;;;;;;;;;;;;;;,;;;:,”:"゙:.:゙;:,” "゙.:゙;' :, ミヾゞ,l lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |  |

カエル「そうか・・・手術を受けるか。ならば私たちも全力を尽くすよ」

お願いします

カエル「とりあえずじゃあ今日は入院して明後日手術だね」

はい

美琴「じゃあ当麻、明日も明後日も見舞いに行くからね」

打ち止め「果物いーっぱいもってくからねーっとミサカはミサカは優しさ満点だったり」




135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 19:56:39.98 ID:JdrE7Wra0
手術当日
          |i: :i| : / :|:/|: /乂: /-,.二i:/     ミ:い_ : :
           |i: :|i.:イ y=ミ.|/   |/ 〃,_)ハ`ヾ    Y⌒
           |i: :|i/ハ{{. Jハ        V::リ 〃    〈
           |: :i|: :小ヾVツ      ゞ'' rっ     〉
          'i :i|: :|j:ハひー j        ̄/////    厶
              ヽ|i: :リ :/// 〈              イ`ー
             \小八             / i_: :i
                  ヽ、  t_、        /    V\
                     /> _       ´       ∨
                /: :/⌒}>匕i       /

美琴「じゃあ・・・・・・・がんばってね!待ってるから」

おう

打ち止め「大丈夫!当麻は頑丈だからwwとミサカはミサカは安心してみたり」

あったりまえだろww

カエル「じゃあ・・・そろそろ時間だ」

はい。じゃあ、ちょっと踏ん張ってくるな




138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 20:07:20.98 ID:JdrE7Wra0

            j : : 八| : :|:i : : : | : : :/| : //_:// :// : :/: :.:∠|_:/   |: :.::::::|
           /: :./: : | : :|:i : : : | : | l:斗≠弍=≧k' /: /: /  |/`ヽ 八 :|::::|
            ,′://∧: :|:i : : : | : l:ハ{{   んi:::}下`////  z=ェx  /:::/::j :リ
            ,′:/: : :{ハ.:|:i : : : | : |   、,ノィ:ソ        んi::jハY/:::/:::/:/
.          /: : : : : : :ヽ ヘ|从: : :|i:│    ¨¨^        _)ィン リ/:::/:::/i/
        /: : /i: : ::.:.:::::\  \八:|  '                ¨^  ':::/::/
          /// :|:/ : :.:.:.::::::::::ー:、\   ;           〉 ," ムイ::/
        /  厶イ..: :.:::i ::::::::::::::::ト                     / j/
            /|: :i: :::|::::::::::::i:|::| 丶           __
              |: :i: :::|::::::::::::i:|:」.   \       ´  `    イ|
             i: :i| : |::::::::厂゙く|      丶、       ...:::i::|:::::i:|
           ∨{ 八:::::」.    ̄`丶、   ` ‐r::<::::/::i::|:::::i:|
            V\::∨       `丶、  /  ∨ /|:从::i:|

美琴(当麻は大丈夫よね・・・きっと成功するよね・・・)

打ち止め「・・・・・ミサカはきっと大丈夫だとミサカはミサカは信じています!!」

───────────────

────────

────




139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 20:18:31.35 ID:JdrE7Wra0
数日後・・・

────

────────

───────────────
             /.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.トく.:.:` .:.:.:. \
              ,′::/::/:::/::::::/::::|::::|::j  ミヾ::::::::::::::\
.              j::/ :|::;':::/_:://::/ |:::ーァ- ミ_:::::::::::::\::ヽ
            {/イ::l::{:´{:∨メ //:|::::/   ミ:::::::::\::::\}
           ノ´{ハ:::Y゙f心 {/ レイ托ト Ⅳ^Yヘ:::::丶、:>
               \い| Vリ     V(り  Y ノ:::::\::::::\
              j::::::(//)     (//) 、-く::::::::〈´\:::::ヽ
              イ:::八   t  ´}   /::::\:}\/   `丶〉
      ,-r-ィ^ト、  〈八:{ :{> _ 、 _ノ イ∨::〈_::>
      └げ〉 }     \{\_,::::ニ=<   `ーfト-- 、
       7´{  j      ∨   〃 、_   -‐||    ヽ
       {   {.        /   {{        ||    \
          '、     ,.′   >||_     _人 丶.   \
          `、   \  /   //´::\_/ ̄:....:::\ ト、    \

打ち止め「おっじゃましまーすっとミサカはミサカは礼儀正しく部屋に入ります」

美琴「こら!大声出すな!!お、お邪魔します。」




140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 20:23:03.29 ID:JdrE7Wra0
                       / /  /    //   /l       ノ   |,   `ヽ
                   / <\/   /: //   / ノ    /    | `'く  `ヽ
                     / ii:: \> /:: l//::\/イ  / /   :l   |   >  ハ
                 / l i::   l ∧:: | {::  / ヽ.x'/   /::l  ノ   |::  ∧
                   / 八 i:: }:.l | ヽ|∧: / イイ::    /: ノイ厂`   |::  !ハ
               / イ:: 从/:::l |  |_、」{_   | !:::  /イx=ミ    八:: リ
      、    /⌒ヽ |:: {{|/`ヽ:::l   ´⌒ヾヽ 从{:: / イ::r う::ハ /::/}:/
            ∨'-     ∨八( く从|  ///       ヽ{   辷 シ′^/::/〃
           {``     l::  \ー                    ``  /イ /   .
                     |:::::  トー:i              '   // ,′ノ′
       ___/ヽ     从::::  | 八       ト  ___        /
      /    {      ..イ}:./!:::  |   }     V^__ フ     .イ
.     /     ヽ  _ ノ ∨ノ:: ノ:ノ,r‐v′`  .           .イ
     /      \  ノ ハY⌒く.  \   `  __ . <::. |
   /  `ヽ     Y __  `ヽ::::::.、   \     ∧::: /l::/ヽ|

当麻「おう、いらっしゃいな」

美琴「今日も晩御飯作りに来たわよ~!」

打ち止め「ミサカも手伝うんだよ!!っとミサカはミサカは決意をあらわにします」

当麻「はいはい。いつもサンキュウな。美琴とちびすけ」

美琴「へへへ。バーカ」

お わ り




141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 20:26:35.34 ID:jZJUGPN40





142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 20:30:31.36 ID:5HaqDGpy0
インテラパクスさんどうなった




143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 20:30:59.24 ID:yI8QN0oWP
おつ!




146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 20:38:31.94 ID:JdrE7Wra0
長ったらしい文章を最後まで見てくれてありがとうございました

昨日智代アフターやったら結構感動したのでつい勢いでwwww
アフターの最後がちょっと鬱だったので変えてみました
実際こっちのほうが丸くおさまってよかったと思います

個人的にはインサイダーさんもだしたかったんだけど
話がややこしくなるので小萌先生に預けましたwwww

ではまたの機会に




147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/14(日) 20:38:43.23 ID:HW8/UnAW0
ハッピーエンドでよかった
おつ

>>142
小萌先生の家で豪華絢爛焼肉セット食ってるよ





--------------
「この記事をTwitterに投稿する」というのを↓に増やしてみました。
良ければ使ってみてください。



智代アフター~It's a Wonderful Life~CS Edition
智代アフター~It's a Wonderful Life~CS Edition
プロトタイプ 2009-03-19
売り上げランキング : 745

おすすめ平均 star
star人生って素晴らしい
star「恋愛アドベンチャー」と言うよりは「麻枝准の説教」
star自分自身にとってはですけどね…

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



読み物:禁書目録
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #HfMzn2gY: 2010/02/24(水) 13:59: :edit
    AAとの組み合わせという形式は新しいなw
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/24(水) 14:04: :edit
    2か
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/24(水) 14:21: :edit
    AA付とは珍しい
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/24(水) 14:23: :edit
    一桁ぁあぁぁあ!
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/24(水) 14:31: :edit
    禁書や電磁砲は知らんから敬遠してたけど
    最近記事が多いから読んでみた

    うむ、なかなかええな、コレ。
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/24(水) 14:42: :edit
    うん、面白かった
  7. 名前: よしたか #-: 2010/02/24(水) 14:45: :edit
    7桁
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/24(水) 14:49: :edit
    なんか最近AA付きっての増えてきたな
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/24(水) 14:50: :edit
    智代アフター・・・
    思い出しちまった・・・・!!orz
    ひとけt
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/24(水) 14:59: :edit
    智代アフターってなんだよ
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/24(水) 14:59: :edit
    インなんとかは?
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/24(水) 15:00: :edit
    インフラストラクチャーさんは俺とよろしくやっているのでご心配なく
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/24(水) 15:34: :edit
    マンガ読んでるみたいだった
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/24(水) 15:36: :edit
    なんで美琴は最初、妹達の事なのにまるで他人事みたいに
    打ち止めを「どーすんのよ」って上条さんに聞いたんだ?
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/24(水) 16:13: :edit
    >>10
    人生の教科書をしらないとはwww

    CLANNADは人生
  16. 名前:   #-: 2010/02/24(水) 16:27: :edit
    私を出さないなんてココおかしいんじゃねーの?

                 _ __ __ _
                 ,.'´        ``ヽ、
            /              `ヽ
            /              ヽ  \
          |   /              _」    |
          |  }ー----------…… '´/.:l   |
           !  l:r┐   //  // // /l   |
           !  l:l !   //  // // //\  |
          l/ ,.イ /-- ── ─┬┬ < トト、ト、 1
          l 「7 ⌒ヽム_/ノl/ ヽ┼仆ハVV〉  |
          ///   ‐{ l/ニ     _.._,  1i!   |
         〃    ソー=='      ̄ '' j.:.l  |
          ,′   ハ'゙     ,      ,.イ.:.l  |
          i   イ:: : ヽ    t -- -ァ /.:.l.:.:l  |
          |    |:: :: ::_」> _ゝ-_'. イ`ヽl.:l.:.:l   |
         ./|    ∧l l:: i.:\` ー----‐' 人 l.:.:l  |
        /. |  / ∧ l:: l.:.:.:.\     イ /l.:l.:. l   |
       /.: . |/  // l:: lヽ.:.:.:.:.\ __,  /.l.:l \ l |
  17. 名前:   #-: 2010/02/24(水) 16:39: :edit
    AAがあったから読めた。
    無かったら読めなかった。
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/24(水) 16:53: :edit
    なんだろう・・・なんか違和感が・・・

    ハッピーエンドなんだろうけど、
    なんだか違和感ありまくりで・・・うーん

    話を端折りすぎてるのかな?
  19. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/24(水) 17:01: :edit
    智代も美琴も俺の翼
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/24(水) 17:11: :edit
    というより上条が触ってればウイルス妹達に感染しないよな。能力のネットワークなんだし。
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/24(水) 17:13: :edit
    なんだろう名前が同じ全く別人が出てたような…
  22. 名前:   #-: 2010/02/24(水) 17:17: :edit
    智代アフター見たこと無いけどこんな感じなの
  23. 名前: 名無しさん #-: 2010/02/24(水) 17:24: :edit
    ※18
    まあほぼ完全にパクりで、ところどころ端折ってるうえ結末も変えてるから
  24. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/24(水) 17:36: :edit
    この作者レールガンしか見たことないだろ
  25. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/24(水) 17:36: :edit
    智代アフター思い出した
    まだ読んで無いけど鬱展開じゃない事を切に願うよ
  26. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/24(水) 18:06: :edit
    アフターの終りはあれでいいと思う。
    keyに完全なハッピーエンドなんて望んじゃいけねえ
  27. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/24(水) 18:45: :edit
    ※24
    一定期間ごとに記憶が失われるって、一応禁書の設定借りてるんじゃないの?
    他にも色々禁書がらみあるよね
  28. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/24(水) 18:49: :edit
    これわざわざ禁書(超電磁砲)でやる必要あったか?
    口調とか呼び方とか設定めちゃくちゃだし、AAは芳川じゃなくて木山先生だし
    やるなら少しくらい調べろよ
  29. 名前:    #-: 2010/02/24(水) 19:36: :edit
    智代アフター買ったんだけど
    岡崎が死ぬ鬱エンドって聞いて
    やってない。
    クラナドやった後に鬱エンドは
    やりたくないわ
  30. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/24(水) 19:51: :edit
    ら抜きはまだいいが、「とうり」で読む気失せた…
  31. 名前: 七氏の巌窟王 #-: 2010/02/24(水) 20:26: :edit
    ※30同意しておこう
    全部読んだが

    打ち止めの口調と御坂妹の口調が混ざってる
    SS書くならせめて原作ぐらい読んでいただきたい
  32. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/24(水) 20:27: :edit
    ※28
    携帯だからAA見れなかったんだけど、芳川の口調こんなか?って思ったら木山だったか

    こいつは酷いや
  33. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/24(水) 20:49: :edit
    打ち止めの口調全然ちげー・・・

    しかも上条さんの記憶の失うきっかけがあほすぎる
  34. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/24(水) 20:49: :edit
    芳川が木山先生にwwwwww


    智代アフターは智代役が脂肪フラグ桑島さんじゃないと嫌だからやってないわ。
  35. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/24(水) 21:10: :edit
    一方さんは・・・?
  36. 名前:   #-: 2010/02/24(水) 21:26: :edit
    >>25のAAの左端に映ってる(手に持ってる?)のってなに?
  37. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/24(水) 21:33: :edit
    米36

    おたまじゃないかな?(多分
  38. 名前: 米37 #-: 2010/02/24(水) 21:39: :edit
    もう一回じっくりみたら玄関のドアだねアレ
    わぁ早とちり恥ずかし(#
  39. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/24(水) 21:53: :edit
    ※38
    おったまげたなぁ
  40. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/24(水) 22:00: :edit
    ケータイ小説読んでるようだった
  41. 名前: 通常のナナシ #jhC0J7jE: 2010/02/24(水) 22:27: :edit
    いまいちだな
  42. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/24(水) 22:36: :edit
    そろそろ誰かとあるギャルゲーとかやらないかな
  43. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/24(水) 22:54: :edit
    一応最後まで読んだがかったるいだけだった
    こんなの載せんなよ
    ネタギレか?
  44. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/25(木) 00:29: :edit
    智アフで鬱になる奴は理解が足りてない
  45. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/25(木) 01:02: :edit
               ,.'´        ``ヽ、
            /              `ヽ
            /              ヽ  \
          |   /              _」    |
          |  }ー----------…… '´/.:l   |
           !  l:r┐   //  // // /l   |
           !  l:l !   //  // // //\  |
          l/ ,.イ /-- ── ─┬┬ < トト、ト、 1
          l 「7 ⌒ヽム_/ノl/ ヽ┼仆ハVV〉  |
          ///   ‐{ l/          1i!   |
         〃    ソ  ^     ^   j.:.l  | 
          ,′   ハ'゙ ///>ノ(、_, )ヽ///,.イ.:.l  |  
          i   イ:: : ヽ   -=ニ=-   /.:.l.:.:l  |   
          |    |:: :: ::_」> `ニニ´ イ`ヽl.:l.:.:l   |   
         ./|    ∧l l:: i.:\` ー----‐' 人 l.:.:l  |
        /. |  / ∧ l:: l.:.:.:.\     イ /l.:l.:. l   |
       /.: . |/  // l:: lヽ.:.:.:.:.\ __,  /.l.:l \ l |
      〈__/   //  .l:: l  \.:.:.:.:\. /.:.:l.:l  \1
  46. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/25(木) 01:43: :edit
    27 それは智代アフターのほうじゃねーか?
  47. 名前:   #-: 2010/02/25(木) 04:47: :edit
    ※16

    インクリボンさんこんなとこで何してんすかw
  48. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/25(木) 13:42: :edit
    心中?
    上条さんてこんなに諦めが良かったかなあ・・
    なんか俺の知ってる上条さんとは別人だ
  49. 名前:     #-: 2010/02/25(木) 15:25: :edit
    ※16

    インセクター羽蛾さん。今の季節に虫とりはできませんよ。
  50. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/25(木) 19:24: :edit
    うーん・・・
    うーん・・・・・・
    インテュオスさん・・・
  51. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/25(木) 19:57: :edit
    冥土帰しがミスるわけねーよな
  52. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/26(金) 02:39: :edit
    当麻が右手で触っていれば超能力が使えないから
    御坂ネットワークへのウイルス感染は防げるのでは?
  53. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/27(土) 13:34: :edit
    おい誰だよ智代アフターのネタバレしてるやつ
  54. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/04(木) 05:21: :edit
    智代アフターのことだけ思い出して鬱になった
  55. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/04/25(日) 11:32: :edit
    期待どうり、そのとうり・・・
    頭の悪い投稿者だことw
  56. 名前: 通常のナナシ # #-: 2010/06/28(月) 12:30: :edit
    ※45
    呼んでねえwwww
    帰れwwww

  57. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/10/13(水) 05:09: :edit
    AA付きのほうがいいな
    文章だけもそれはそれで好きだが
  58. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/03/11(月) 23:54: :edit
    AA付きとは斬新だな…
    まぁ良かったお☆
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。