雛「ジュンー!遊んでー!!」  バキッボキッベキョ

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/01/13(水)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:44:51.32 ID:6OuHHQ570

ジュン「・・・ふわ~あ」

ジ「・・・もう12時か・・・」

ジ「メガネメガネ・・・」ガサコソ

あれ・・・
メガネどこいった?


雛苺「あ!ジュン起きたー!」ヒョコッ

雛「ジュンー!遊んでー!!」タタタ



バキッボキッベキョ


雛「・・・」
ジ「・・・」




ジ「ゴルァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:45:58.91 ID:6OuHHQ570


・・・・


のり「はーい、みなさーん、お昼ご飯できましたよ~」

真紅「いただきますなのだわ」

翠星石「いただきますですぅ」


雛「・・・」グス

ジ「・・・」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:46:45.24 ID:6OuHHQ570


の「あら、どうしたの?雛ちゃん。ジュン君はメガネは?」

ジ「こいつが踏んづけて壊したんだ」

雛「ごめんなさいなの・・・」グスッ

真「床に放り出してたジュンも悪いのだわ」

ジ「う・・・うるさい!・・・」

真紅の正論だ。だからこそ腹立つ。




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:47:40.79 ID:6OuHHQ570


の「あらあら、じゃあ新しいメガネを買わないといけないわねぇ」ニコニコ

ジ「なにニヤニヤしてんだよ。気色悪い」

の「うふふ。お姉ちゃんと一緒に買いに行きましょう」ニコニコ

ジ「嫌だよ、ブス。一人で行くからお金ちょうだい」

の「そんな~・・・」ショボーン




買い物か・・・外に出るの、何日ぶりだろう。




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:49:44.35 ID:6OuHHQ570


翠「新しいメガネ買うんですかぁ?」

翠「あんな地味なメガネじゃなくて、今度はもうちょっと洒落たもの買ってくるですよ」

ジ「ふん。地味で悪かったな」


そうか・・・せっかく買うんだから、違うのにしよう。
どんなデザインがいいかな。

まあ、それは店で見て決めるとしよう。




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:52:38.39 ID:6OuHHQ570

・・・


ジ「行ってくる」

の「ちょっと待ってジュン君!」

姉が今にも死にそうな顔でやってきた。変な顔だ。

の「ハ、ハンカチ持った!?ち、ちり紙とティッシュは持った!?あ、あと、携帯電話持った!?ちゃんとお姉ちゃんの電話番号登録してる!?知らないおじさんについて行っちゃだめよ!?飴あげるって言われても! ああ、あとこれもそれもあれもどれも・・・」

ジ「はあ?何言ってんの。じゃあ、行ってくるからね」バタン

の「あ、ああ~・・・」



翠「・・・」

翠「一人で外出なんて、大丈夫でしょうか・・・」

雛「・・・」




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:54:24.18 ID:6OuHHQ570


・・・・


さっさと買って帰ろう。
どこで同級生に遭遇するか分からないし。



・・・遭遇?
それが怖いのだろうか?

いや違う。面倒なだけだ。
うん、そうだ。面倒なだけなんだ。




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:56:22.37 ID:6OuHHQ570


・・・


ガー

店員「いらっしゃいませー」

店に入ると、50台くらいのオバサン店員がすぐに寄ってきた。

店員「本日はどういったご用件で?」

ジ「え、あ、いや、その・・・新しいメガネを・・・」

店員「新しいメガネを御所望でございますか。どのようなデザインのものがよろしいでしょうか?」

ジ「い、いや、その・・・まだ特に・・・」

店員「そうですか。中学生でいらっしゃいますか?」

ジ「え、あ、はい・・・・」

店員「左様ですか。そうですねえ、中学生くらいでしたら、こういったものが人気でございますね」




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:58:06.82 ID:6OuHHQ570


店員「ちょっとかけてみますか?」

ジ「あ、いや・・・」

店員「こちらのほうがお好みでしょうか?」

ジ「えっと・・・その・・・」

店員「学校でかけられるかどうか分かりませんが、こういったお洒落なものもとても似合うと思いますよ」

ジ「え、あ・・・」

ジ「しばらく見てみますんで・・・」

店員「左様ですか。何かありましたらお気軽にお呼びくださいね」



やっとのことで解放された。
今ので半日分のエネルギーを消費したな。




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:02:16.45 ID:6OuHHQ570


・・・


ジ「うーん・・・」


フレームの種類が多い。多すぎる。

・・・でも、派手なものばかりだ。僕には合いそうにない。
この黄色い縁のメガネなんて、誰がするんだろう。

・・・そういや、なんとかってお笑い芸人がこんなメガネだったな。
意外と似合うのかも。




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:04:07.07 ID:6OuHHQ570


試しに掛けてみようと思い、手を伸ばした瞬間、あるものが視界に入った。


僕が昨日までかけていたやつだ。

随分と隅のほうにあるんだな。
確かに、他のと比べると随分地味だ。
形も色も、なんだか冴えない。
そりゃ、隅に追いやられるだろうなあ。




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:05:58.12 ID:6OuHHQ570


そんなことを思いながら、ふと振り返った。
その時だった。



体が硬直した。




学生服を着た男子学生がいる。




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:07:53.61 ID:6OuHHQ570


眼鏡をかけていないのでよく見えない。


だが、学生服なんてどれも似たようなものだ。知り合いの同級生どころか、学校すら違うかもしれない。
きっとそうだろう。僕とは知り合いでもなんでもないだろう。
僕は普通に、堂々と、お客として眼鏡のデザインや掛け心地などを試していればいい。
そう。それでいいんだ。



・・・やっぱり体が動かない。




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:10:24.43 ID:6OuHHQ570


手が震えてきた。
それどころか、内臓が揺さぶられている感じがする。



もう一度振り向いて壁をみる。



・・・このままやりすごそう。
もう帰り際みたいだ。


情けない決意をした。




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:12:14.88 ID:6OuHHQ570


・・・・・


彼は帰って行った。母親といっしょに眼鏡を買いに来たようだった。


ジ「・・・クソッ・・・!」


僕は何も後ろめたいことはしていない。
学校に行ってないからって、他の同級生に迷惑かけてるわけでもない。
堂々と・・・そう。堂々と振る舞っていればいいんだ。


それが、なんで・・・




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:15:00.46 ID:6OuHHQ570


悔しさをぶつける対象もなく、ただ拳を握りしめるだけだった。
視界に入るあらゆるものをひたすら睨み続けた。

可哀想に。眼鏡は僕にとって憎悪の対象になった。
論理もクソもないことはわかっている。
ただ、全ての責任を押し付ける対象が欲しかった。

眼鏡に関わるとロクなことがないな・・・

滑稽だと自分でも分かっていながら、そう思った。

僕は目を閉じた。
何も考えたくはなかったが、ふとある思い出が蘇った。




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:16:18.94 ID:6OuHHQ570


・・・・

・・・



カチッ カチッ カチッ・・・


ジ「・・・」


ジ「よし。大体できてきたな。これを仕上げて、今日は寝よう」


午前1時20分。家の中で動く物は僕以外に誰もいない。




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:19:03.31 ID:6OuHHQ570


そのとき、何かが開く音がした。


真紅だ。起きてしまったようだ。


真紅「ジュン、何してるのかしら?」

ジ「おまえこそなんで起きたんだ?」

真「質問に質問で返すのは失礼なのだわ」

ごもっとも。正論だから腹立つ。




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:21:56.70 ID:6OuHHQ570


ジ「・・・見りゃわかるだろ。刺繍だよ」

真紅が寄ってくる。

真「ジュン」

ジ「なんだ?」

真「抱いて頂戴」

ブフォッ

ジ「な・・・!」

何言ってんだこいつは!!




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:25:00.65 ID:6OuHHQ570


真「ここからではよく見えないわ。膝に乗せて、じっくり見させて頂戴」

ジ「あ・・・ああ、そういう意味ね・・・」

真「どういう意味だと思ったのかしら?」

僕は質問を無視し、黙って真紅を抱き上げた。

真「まぁ・・・花園ね。とても綺麗」


真「もう少し斜めに見せて頂戴」



真紅は見入ってるようだ。再び部屋が静寂に包まれる。




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:28:55.02 ID:6OuHHQ570


ジ「・・・もういいだろ?」

真「ええ。良い物を見させてもらったわ」


真「それはいいのだけれど、ジュン。刺繍をするときは部屋の明かりをつけなさい」

真「こんな小さな明かりだけで作業しているから、そうやって眼鏡をかける羽目になるのだわ」

ジ「ふん。大きなお世話だ」

怒られるかと思ったが、真紅の表情は穏やかだ。




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:29:54.47 ID:6OuHHQ570


真「・・・そう」


真「・・・逆に言えば、あなたの眼鏡は努力の象徴とも言えるわね」

真「これだけ綺麗な刺繍をするのだもの・・・」

真紅がつぶやいた。


ジ「べ・・・別に。ただの暇つぶしだ。こんなの。努力なんてした覚えはないね」


真「それはそれで素晴らしいわ」

真「あなたには万人が嫉妬する才能があるということ」

真「あの、金糸雀のマスターが言うように、それこそ呼吸をするように自然な才能が・・・」


ジ「・・・」


僕はどう応えればいいかわからなかった。




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:32:25.89 ID:6OuHHQ570


・・・・

・・・


僕は目を開いた。

・・・こんなことがあったっけ。
あったような、なかったような。

再び目を閉じてみる。




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:36:46.67 ID:6OuHHQ570


・・・

・・・・・


蒼星石「こんにちはー。おじゃましてまーす」

蒼星石が今日も遊びに来たようだ。
だが今は蒼星石の挨拶に応える場合じゃない。

ジ「コラッ!性悪人形!!僕の眼鏡を返せ!!」ドタドタ

翠「あはははは!!いいとこに来たです蒼星石!」ドタドタ

翠「あのジュンを見るです!滑稽ですぅ!あっはははは!」

クソッ。足元がよく見えないからふらついてしまう。
緑の悪魔め・・・・




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:39:03.62 ID:6OuHHQ570


翠「ほら見るです蒼星石!目が『3』になってるですぅ!あはははは!」

ジ「なるわけないだろ!さっさと返せよ!」

真紅「うるさいのだわ!あなたたち!静かにしなさい!」

翠「これがやめられるもんですか!あははは・・・あっ!」バッ

捕まえた。

ジ「ぜえ・・・ぜえ・・・やっと捕まえた・・・」




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:41:36.32 ID:6OuHHQ570


翠「しょうがねえですねえ。返してやりますよ」ポイッ

ジ「ったくもう・・・」

翠「それにしてもおもしろい顔だったですぅ」

翠「やっぱりジュンは、眼鏡をかけた時のほうがカッコイイですぅっ♪」






部屋が静まり返った。




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:47:54.70 ID:6OuHHQ570


僕も一瞬何が起きたかわからなくなった。
翠星石の口からとんでもない破壊光線が発射されたようだ。




静寂を破ったのは、蒼星石だった。




蒼「翠星石・・・今日は随分と大胆だね」


翠「・・・」カアッ


翠星石の顔がみるみるうちに紅潮していく。真紅に勝るとも劣らない赤さだ。




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:54:05.22 ID:6OuHHQ570


翠「・・・す・・・」

翠「翠星石は何も言ってないです!!何も言ってないです!!!」

翠「このチビ人間!!今聞いたことを忘れろです!!」ポカポカ

翠「そ、そうだ!!蒼星石、鋏を貸すです!ジュンの記憶の枝をチョン切ってくるですぅ!!!!!」ジタバタ

蒼「ちょ、ちょっと翠星石、落ち着いて!」


翠「これが落ち着いていられるもんですか!!もうお嫁に行けんですぅ!!」

ギャーギャー



その後、翠星石はnのフィールドに引き籠り、3日は帰ってこなかった。




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:58:52.27 ID:6OuHHQ570


・・・・・

・・・


ジ「・・・ぷっ」


思い出し笑いをしてしまった。
こんなこともあったか・・・




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:02:50.61 ID:6OuHHQ570


・・・

・・・・・


雛苺「ジュンー、遊んでー」トテトテ

ジュン「んー、今パソコンやってるから、後でなー」

雛「今遊んで!いま!」

ジ「後でな・・・」

雛「あそんであそんであそんであそんであそんであそんであそんであそんでー!」ジタバタ


ジ「ああああうっせえええ!!」ガタッ

ジ「どりゃあああ!寸止めパンチ!!」ピタッ


雛「ひょおおおお!すごいのー!!!」キャッキャッ




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:08:24.81 ID:6OuHHQ570



ジ「・・・で、何して遊ぶんだ?」

雛「うーんとね、えーっとね・・・」

雛「ヒナ、ジュンのそのメガネをかけてみたいの!」

ジ「これか?こんなもんおもしろいモンでも何でもないぞ」

雛「いいからいいからー!」

ジ「・・・ま、いいか・・・」スチャッ

ジ「ほらよ」

雛「わーい!」スチャッ




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:11:55.02 ID:6OuHHQ570


雛「うわぁ!なんだか変なのー!ジュンが歪んで見えるのー!あはははは!」

雛「あははははは!」ドタバタ


楽しんでもらえてなにより。

ジ「・・・ほら。もういいだろ。眼鏡返せよ」チャッ

雛「あっ・・・」




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:17:00.43 ID:6OuHHQ570


ジ「次は何をするんだ?」

雛「うーん・・・」

雛「ジュン、だっこして!」

ジ「嫌だ」

雛「嫌でもだっこしてもらうもーん!」バッ


ぽふっ


雛苺が胸に飛び込んできた。


ジ「嫌だって言ったろ」

雛「えへへー♪」

ま、いいか。




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:26:29.54 ID:6OuHHQ570


雛「ねーえ、ジュン?」

ジ「なんだ?」

雛「ジュンは、どうしてメガネをかけるの?」

ジ「目が悪いからだよ。メガネをかけると、遠くのものもハッキリ見えるようになるんだ」

雛「へー!とっても良いものなのね!」


良いもの、か・・・




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:34:43.70 ID:6OuHHQ570


ジ「そうでもないよ、雛苺」

雛「なんで?」

ジ「見たくないものまでハッキリ見えてしまうから・・・」


そう。あいつらの顔。
他人を蔑むような、下衆な顔。卑しくニヤけた顔。
今でも生々しく思い出す。




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:41:14.39 ID:6OuHHQ570


雛「ふーん・・・」

雛「・・・」

雛「でも、ヒナは、やっぱりすてきなものだと思うの」


そう言うと雛苺は、床に並べてある鞄の一つを指差した。


雛「ヒナはね、ひとりになるときは、いつもこう言われるの」


雛「『そこの鞄から出てはいけない』って・・・」




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:45:09.48 ID:6OuHHQ570


雛「ヒナは、お外に出てはいけないの」

雛「だから、もしお外に出れるのなら・・・」

雛苺はすこし間をおいて言った。


雛「今はテレビやご本でしか見られないような景色を、しっかりと憶えておきたいの」

雛「できるだけたくさん、できるだけ遠くまではっきりと・・・」


そう言うと雛苺は、黙ってしまった。

なにか気休めの言葉でもかけようかと思った僕だが、口からはなにも出てこなった。
この寂しげな表情の少女を目の前にして、僕は何もできなかった。




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:51:03.47 ID:6OuHHQ570


・・・・・

・・・


・・・雛苺。
あのとき、どんな言葉をかければよかったのだろうか。
今でも分からない。
雛苺の寂寥感を、僕は満たしてあげることはできるのだろうか。
どうやって・・・

雛苺は言った。『いろんな景色を、たくさん、はっきりと憶えておきたい』と。
僕にできることは・・・




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:59:31.68 ID:6OuHHQ570


だいぶ落ち着いてきたようだ。
息も整ってきた。

あまり長居しても不審に思われるので、そろそろ決めてしまおう。

ジ「す・・・、すいませーん」

店員「はい、お決まりになりましたか?」

ジ「あ、あの・・・」

僕はひとつの眼鏡を手にとった。


ジ「これでお願いします」




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:02:42.90 ID:wazBkT9lO
スレタイで抱きついた雛苺がジュンの骨をへし折ってると思ったのは俺だけじゃないはず




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:04:12.29 ID:6OuHHQ570


・・・

そのころ、nのフィールド・・・


翠「さ、着いたですよ」ぽふ

雛「うい・・・」

ジュンが外出した後しばらくして、いてもたってもいられなくなった翠星石と雛苺は、ジュンの樹を見に来た。
相変わらず陰気なところだと思った翠星石だったが、すぐにある変化に気づいた。




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:06:49.48 ID:6OuHHQ570


翠「あ・・・」

翠「チビ樹が・・・」

雛「ほえ~・・・」

言葉も出ずに棒立ちしていると、蒼星石がやってきた。

蒼「やあ。今日は雛苺もジュン君の樹の様子見かい?」

翠「雛苺が気になるんですと」

雛「・・・」




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:08:33.18 ID:6OuHHQ570


翠「蒼星石、ちょっとこれを見るです」

蒼「これは・・・」

翠「チビ樹が、なんだか急に大きくなってるです」

翠「翠星石は毎日様子を見にきてますが、こんなに急に伸びたのは初めてです・・・」

翠「まだまだ雑草が絡みついていますが、なんだか、堂々としてるです」

高さがそこまで伸びたわけではなかったが、その佇まいは見る者に力強さを感じさせた。

翠「どうして、こんな急に・・・」

翠星石は呆気に取られていた。




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:10:27.17 ID:6OuHHQ570


蒼「ふふっ」

翠「な、なんですか蒼星石。なんで笑ってるんですか?」

蒼「翠星石。君はジュン君のことになると随分と盲目的になるんだね」

翠「なななななな何言ってやがるですか!そんなことないです!」

翠星石は必死に否定する。

蒼「庭師の僕には分かるよ。なぜジュン君の樹がこうなったか・・・。普段の君ならわかるはずさ」




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:14:00.99 ID:6OuHHQ570


蒼星石は笑みを浮かべながら言った。

蒼「君たちが原因だよ」

蒼「ジュン君が今、家の外でどんな状況なのかはわからないけれど、僕にはわかることがある」

蒼「ジュン君は、君たちとの交流を糧に、今まさに成長しているんだ」

翠「・・・」

翠星石は、なんでもお見通しな妹に、爽やかな敗北感をおぼえた。




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:16:23.92 ID:6OuHHQ570


蒼星石は、黙って樹を見つめている雛苺にこう言った。

蒼「もちろん、君もだよ。雛苺」

雛「・・・」

蒼「どんな悪戯をしてジュン君を怒らせたのかは知らないが、ちゃんと謝ればジュン君もきっと許してくれるよ」

蒼「君も、ジュン君にとって大切な関係の一人なんだよ」

雛「うゆ・・・」


3人はしばらく、このとても小さな、しかし力強い樹を黙って見つめていた。




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:21:58.96 ID:6OuHHQ570


・・・・

・・・・


ガチャッ

ジュン「ただいま」

のり「おかえりなさいジュン君」

翠「おかえりですぅ」

真「おかえりなさい」

翠「あ・・・あれ?また前と同じ眼鏡ですかぁ?」

ジ「ふん。眼鏡なんてなんでもいいんだよ」


翠「・・・目が3になるよりかはマシですよ」

そう言うと翠星石は、部屋のほうに戻って行った。
なんだか少し赤くなってるような気がしたが、気のせいかな。




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:25:48.97 ID:6OuHHQ570


いつもはドアを開けた瞬間に駆けつけて抱きついてくる雛苺が、今日は一番後ろでうつむいている。
近づくと、顔を上げて言った。


雛「ジュン・・・ごめんなさいなの・・・」

今にも泣き出しそうな顔だ。

僕も呼吸を整えてこう言った。


ジ「い・・・いいよ雛苺。真紅の言う通り、僕にも責任があるんだ」




57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:28:15.82 ID:6OuHHQ570


なおも表情の変わらない少女に、続けて言った。

ジ「なあ、雛苺」

雛「?」



ジ「何して遊ぼうか」

雛「!」




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:30:06.87 ID:6OuHHQ570


雛苺が笑顔になった。
これまで見たことないような、すごく眩しい笑顔だ。


というか、なんだか今は世界全体がいつもより明るく見える。


・・・新しい眼鏡のせいだな。うん。





きっと、そうだ。



おしまい




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:30:40.12 ID:taWUslGk0





60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:32:18.52 ID:6OuHHQ570
ご支援ありがとうございました。
今まで会話文だけのSSしか書いてなかったですが、今回は地の文を入れてみました。
難しいですね!シリアスな感じになってしまうので、ギャグを入れられなかったのが残念




61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:33:07.71 ID:8d2zMovi0





68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:51:45.83 ID:ZR7OABw6O
和んだよ。乙







-----------
当ブログについて
※欄743さんありがとうです。



【伊達メガネ】サングラス・プラ◆No,4761 (ワイン・クリアー)
【伊達メガネ】サングラス・プラ◆No,4761 (ワイン・クリアー)

売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



読み物:ローゼン
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 03:35: :edit
    よかばってん
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 03:37: :edit
    2get?
    和んだw
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 03:50: :edit
    やっぱり真紅様は彩色健美なのだわ!
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 03:57: :edit
    和んだ
    もっとローゼンうpしてくれ><
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 04:36: :edit
    たまにはこんなのもいいよね!
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 04:48: :edit
    良かったよ
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 05:13: :edit
    ひとけた
    ぷん太乙
  8. 名前:  アナログ #-: 2010/01/13(水) 05:20: :edit
     あったかいお話です。
    よかった 
     
     
     
     
     
     
     
      
     
     
     
     
     
  9. 名前: 通常のナナシ #cjNia0dU: 2010/01/13(水) 05:35: :edit
    一桁
  10. 名前: 情報統合思念体 #caUnrAQE: 2010/01/13(水) 05:37: :edit
    興味深い
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 05:44: :edit
    俺もスレタイで骨折られてんのかと…
    ていうか作者は絶対狙ってこんなスレタイ付けただろ
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 07:06: :edit
    ローゼンもマジで人気落ちたな
  13. 名前: yucky #-: 2010/01/13(水) 07:34: :edit
    読み込み時2コメで
    今何コメだ
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 07:41: :edit
    ヒャッホォー!久々にローゼンSSだ
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 07:51: :edit
    雛山薫ちゃんとかかと思った 場面がコロコロ転調するのに時系列が分かるってのが上手いな
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 08:01: :edit
    カワユス(´∀`*
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 08:18: :edit
    真紅に時巻き戻させれば買い直す必要ないだろwww
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 08:29: :edit
    雛「ジュンー!遊んでー!!」  バキッボキッベキョ ジ「グェ~~~」
  19. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 08:49: :edit
    シンプルで良い話だった
    やっぱローゼンは最高だわ
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 08:53: :edit
    ※3

    不人気乙
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 08:54: :edit
    雛はかわゆいなあ

    ※17
    シーッ!
  22. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 09:40: :edit
    皺苺じゃなくてよかった
  23. 名前: 通行人α #-: 2010/01/13(水) 10:08: :edit
    自分もこのタイトルは、ジュンの骨が折れてる音かと思いましたw
    しかし中身は、優しい良いお話だったと思います。
  24. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 10:14: :edit
    >この黄色い縁のメガネなんて、誰がするんだろう。


    おっと笑福亭笑瓶師匠と八嶋智人の悪口はそこまでだ
  25. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 10:33: :edit
    よかった!乙です!
  26. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 11:13: :edit
    JUMが雛苺を食うSSだとタイトルで勘違いしたけど
    思いの外シリアスなSSだったな。
    だけどどっちみち良。十分に面白かったぜ。
  27. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 11:30: :edit
    タイトルでだまされたけど
    良作だったから問題なかったでござる
  28. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 11:35: :edit
    良い話じゃないか
  29. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 11:44: :edit
    絵板の眼鏡雛苺に期待
  30. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 12:40: :edit
    おらおら!清潔で 美しく すこやかな毎日を目指す 花王様が2ゲットだぜ!
    .      ‐、‐-.,_   
          ヽ  ヽ、   >>1 あるある大辞典は単独提供だ!うらやましいか(プ
             'i   'i,   >>3 2ゲットもできねーのか?ビオレで顔洗ってこい(ゲラ
           ,ノ.,_   |   >>4 資生堂ばっか買うなよ(w
         < ‘`  !   >>5 お前もしゃくれアゴ(プ
          ,'=r  ,/    >>6 ライオン製品でも使ってろよ(ゲラ
      、.,_,..-'´   /    >>7 P&Gには負けんぞ!
      `"'''―'''"´     >>8 ヘルシア厨必死だな(ププッ
                 >>9-1000 お前ら花王買えよ!絶対だぞ!
  31. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 13:13: :edit
    46と同じ事思っちゃった自分は、作中の可愛い雛苺を見て「チクショウ自分は雛に何を求めてるんだ」と死にたくなった。orz

    ※30
    だが断る。

  32. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 13:54: :edit
    >>46,米31
    俺がたくさんいる
  33. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 14:11: :edit
    よかった…

    雛に捻り潰されたJUMはいないんだな…
  34. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 14:18: :edit
    >>46はエスパーですか
  35. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 14:26: :edit
    うぬぅ苺の出番かと
  36. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 15:19: :edit
    つまんね
  37. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 16:01: :edit
    黒いヒナもいいけど純真なヒナもよいものだ
  38. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 16:28: :edit
    マジで骨折られたのかとオモタwww
  39. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 16:35: :edit
    良い話でした。
  40. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 17:11: :edit
    一瞬記事が消滅したのは何だったんだ…
  41. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 17:14: :edit
    ザンギエフ「ジュンー!遊んでー!」バキィッボキィッベキョ
  42. 名前: 七氏の巌窟王 #-: 2010/01/13(水) 17:34: :edit
    悪くない
  43. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 18:36: :edit
    ホネかと思ったのに
  44. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 18:39: :edit
    みんな骨折れたと思うんだなww
    俺もだけど
  45. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 18:42: :edit
    俺もJUMが雛に抱きつかれて骨折られたのかと・・・
    ってか眼鏡の割れる音おかしいだろww
  46. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 18:54: :edit
    俺も骨が折れた音かとオモタ
  47. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 19:08: :edit
    俺もメガネ失くしたり踏んづけられたりしたもんだ
  48. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 20:01: :edit
    >50台くらいのオバサン店員がすぐに寄ってきた。

    で、機会のオバサンがいっぱい寄ってくるとこ想像して吹いちまったwww

    いい話なのに…ショック…
  49. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 20:18: :edit
    >>46
    むしろ俺しかいない
  50. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 20:31: :edit
    ところでメガネをかけた女教師風の銀様はどこですか?
  51. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 20:44: :edit
    終わり方が気持ちいいな
  52. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 21:58: :edit
    アマゾン伊達かよww
  53. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 23:09: :edit
    逆にジュンの骨が折れたと思ってない奴いんの?

    この文体好きだな、終わり方も温かくていいな
    雛苺はどうしてここまで切ない役が合うのだろうか…
  54. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/13(水) 23:38: :edit
    俺も雛苺がジュン登りしてラーメンマンみたいにキャメルクラッチしたのかと思った
  55. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/14(木) 11:08: :edit
    簡潔な文体でよかった。

    多分同じ作者だと思うけど、昔話のやつまとめてくれないかなあ。
  56. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/14(木) 17:42: :edit
    いい話じゃないか
    和んだ
  57. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/15(金) 02:02: :edit
    俺もJUMの骨が折れるものとばかり思っていた
  58. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/19(火) 13:12: :edit
    タイトルから変な暴力ネタかと思って敬遠してたわ・・・

    読んでみたらいい話じゃねえかチクショウ!
    作者とぷん太乙!
  59. 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 #-: 2010/01/19(火) 19:07: :edit
    ごめんなさい・・・・・・・正直に言うと俺もJUMの首の骨の音かと……
  60. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/03/08(月) 01:11: :edit
    オバサン店員50台www量産wwww
  61. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/08/14(土) 08:29: :edit
    >>46同士が居た
  62. 名前: わかりません #-: 2012/02/22(水) 15:54: :edit
    逝ってよし(*´ω`)$ ttp://m-s.e29.mobi/
  63. 名前: #: 2012/06/26(火) 18:21: :edit
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
  64. 名前: caesar #-: 2013/02/08(金) 14:35: :edit
    スレタイでカオスの予感がしたが
    イイ話だったぜ!
  65. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/02/18(月) 12:47: :edit
    久々に読んだ
    やっぱり雛苺は可愛いのぅ
  66. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/03/05(火) 18:15: :edit
    GJなのー!

       _
      ,',i><iヽ
      /((ノノリノ))/ヽ
     ((ミi!゚ ヮ゚ノミ   へ
       ノ_リ(⊃^^ノノリ>、
       (ム!,,j口⊿口ゝ
        し'ノ:つY^つ
          | ⊥ |
          |._ハ_.|
          ゝ' ゝ'

  67. 名前: ソリッド・スネーク #-: 2013/05/10(金) 23:34: :edit
    いいセンスだ
  68. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/05/11(土) 01:40: :edit
    和むのォ~
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。