キョン「(´・ω・`) 」その2

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/09(水)
246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 17:40:20.49 ID:REGTHMk20

その2です。


246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 17:40:20.49 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――



ピピピピ、ピピピピ、ピピピピ…カチッ



キョン「……」

キョン「夢、か…」

キョン「えらくリアルな夢だったな。閉鎖空間に閉じ込めれてた時以来だ」

キョン「…」


(´-ω-`) zzz....zzz....




247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 17:41:50.64 ID:REGTHMk20

キョン「…コイツが、俺に夢で語りかけてきたのか?」

キョン「いや、アイツの話し方だと別人みたいな言い方してたような気がする」


(´ -ω-) zzz....zzz....


キョン「……」

キョン「違和感…か。まったく分かんねぇな」

キョン「とりあえず長門に聞いてみるしかない。さっさと学校に行くか」




248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 17:42:54.67 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――


-学校-



キーンコーンカーンコーン…




キョン「……」


(´・ω・`) …




249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 17:43:48.07 ID:REGTHMk20

キョン「…」パタンッ

谷口「あん?何やってんだキョン」

国木田「鞄を開けたと思ったらすぐ閉めて…何か変なものでも入ってたの?」

キョン「いや、弁当を忘れてきただけだ」

谷口「ホントかよ?実は深夜隠れながら買ってきたエロ本入れっぱなしにしてたんじゃないのか?」

キョン「お前そんな事してるのか」

谷口「何故ばれたし」

国木田「エロ本かどうかは別として、お昼ないなら早く購買にでも行ったほうがいいんじゃないかな?




250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 17:46:28.91 ID:REGTHMk20

キョン「そうだな、じゃあちょっと行ってくる」ガタッ

谷口「待て、何故鞄を持って行く」

キョン「お前が俺の鞄に股間を擦り付けないようにするためだ」

谷口「するわけねぇだろ!何が悲しくて男の鞄に股間を擦り付けなきゃならんのだっ!」

キョン「お前…女子のカバンだったら擦り付けるのかよ…」

谷口「だからしねぇよ!お前俺にどんだけ股間擦らせたいんだよ!意味わかんねぇよ!」

国木田「谷口、友達として教えてあげる。それはれっきとした犯罪だよ?」

谷口「分かってるよ!そんなの中学生の時から分かってたよ!」

キョン「中学生にならないと分からなかったのか。流石だなお前」

国木田「最低だね谷口。見損なったよ」




251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 17:48:18.76 ID:42wIfvkWO
谷wwwwww口wwwwww




252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 17:51:34.63 ID:REGTHMk20
谷口「あれ?何この空気。何で俺虐められてるの?」

キョン「お前が女子におちんちん擦り付けたいなんて抜かすからだろ」

谷口「ちょっと!?何で俺が言った事になってんの!?言ってないだろ!?」

国木田「キョン…僕はどうしたらいいの?このままじゃ僕もそのうち谷口に股間を擦り付けられそうで怖いよ…」

谷口「ないから!そんな可能性ないから!お前安心していいから!!」

キョン「安心しろ国木田。俺がお前をクズの股間から守ってやる」

国木田「…約束だよ?」

キョン「ああ、約束だ」

谷口「死んでやるっ!!もう死んでやるうううううううううううううううううううっ!!!!!!」




253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 17:54:47.53 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――


~屋上~



キョン「…」


パカッ


(´・ω・`) …


キョン「…何故お前がここに入ってる。お前はアレか?ぷよぷ○のお邪魔ブロックか?」




254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 17:58:17.93 ID:REGTHMk20
( ´・ω・) …

(´・ω・`) ?


キョン「…はぁ、もういい」

キョン「ずっとカバンの中に入ってたんだろ?少し身体を動かしてろよ」


~( ´・ω・) フワフワ


キョン「…まったく」



ガチャ…



キョン「っ!?」

古泉「おっと…随分と驚いた顔をしていますね」

キョン「何だお前かよ…何しに来た?」

古泉「貴方が屋上に向かわれるのを見たのでね…ついてきちゃいました」

キョン「何コイツきめぇ」





255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 18:03:07.42 ID:REGTHMk20

古泉「そんなひどい…友達の事をキモいだなんて…」

キョン「三文芝居をするな鬱陶しい。いきなり入ってきたからビックリしただろうが」

古泉「ふむ…別に驚かせるつもりはなかったのですが」

キョン「俺は驚いたんだ。謝罪と賠償金を要求する」

古泉「やれやれ…貴方はいつから涼宮さんになったのですか」

キョン「うるせぇな…とにかく俺は驚いたんだよ、アイツを野放しにしてたから」

古泉「アイツ、とは一体?」

キョン「お前の後ろでプカプカ浮かんでる物体だ」




256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 18:04:25.85 ID:REGTHMk20

古泉「!?」


~( ´・ω・) フヨフヨ


古泉「…これは一体」

キョン「見て分からないのか?未確認生物だよ」

古泉「いや、そうではなく…どうしてこんな所に?」

キョン「そっか…お前にはまだ話してなかったんだっけな」

キョン「詳しく話すと長くなる。断片的に説明するぞ」




257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 18:05:56.91 ID:REGTHMk20

・・・・・・・・・・・・・・・・・・(´-ω-`) zzz....zzz....



古泉「なるほど、この三日間でそんな事が…」

キョン「古泉、お前はコイツをどう見る?」

古泉「どう、とは一体?」

キョン「ハルヒがコイツを俺に送ってきた理由だ。俺にはそれがさっぱりわからん」

古泉「…すみません。僕にも分かりかねます」

キョン「…そうか」

古泉「涼宮さんが望んだ事によって、彼が誕生した事は分かります」

古泉「しかし貴方に与える理由とは…一体何なのでしょうね?」

キョン「知らん。俺もそこが気になってるんだよ」




258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 18:08:35.01 ID:REGTHMk20


~( ´・ω・) フヨフヨ


キョン「…こっちこいよ」


(・ω・` )~ フヨフヨ

(・ω・,, )モニュモニュ




古泉「…随分と、貴方に懐いていますね」

キョン「…そう見えるか?」

古泉「ええ。まるで家族みたいです」

キョン「…」

古泉「…どうかしましたか?」




259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 18:11:23.33 ID:REGTHMk20
キョン「…俺と妹は、コイツを家族の一員として見ている」


(,,・ω-,,)ムニムニ



キョン「できれば、このまま普通に暮らせればいいのだがな…」

古泉「…難しいでしょうね。涼宮さんの能力で強制的に存在させられているのでしょうから」

古泉「消滅の可能性だって、充分にありえます…」

キョン「…ああ、分かってる」


(´・ω・`) ?


キョン「お前は気にしなくていい」


( ´・ω・) …


キョン「…そうだ、古泉よ」

古泉「何でしょうか?」

キョン「これを見てくれ…」




260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 18:12:54.83 ID:REGTHMk20
スッ


キョン「コイツどう思う?」

古泉「すごく…おおk…もとい、赤いです」

古泉「コレは一体何ですか?」

キョン「一昨日俺がコイツに貰ったビー球だ」

キョン「俺は赤、妹は白…という事しかまだ分かってない」

古泉「この何処までも透き通る感じ…地球の技術では作れそうにありませんね」

キョン「…そうか」

古泉「きっとこれは、『鍵』となるものだと思います」

古泉「彼が貴方と妹さんにそれを託したという事は…何か重大な意味があるのでしょう」

キョン「……」




261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 18:15:17.91 ID:REGTHMk20

古泉「おや、昼休みが終わってしまいましたね」

キョン「ん?…ああ、ここのスピーカ壊れてるんだっけな」

古泉「僕もすっかり忘れていました…僕はこれで失礼します」

キョン「おう、また後でな」

古泉「はい、では又後ほど…」



ギイィ…バタンッ






キョン「…重大な意味、か」

キョン「なぁ、お前が俺達にコレを渡したのは、やっぱり理由があるのか?」





263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 18:16:58.12 ID:REGTHMk20

(´・ω・`) …

(-ω-` )



キョン「…どうして黙るんだよ」

キョン「教えてくれたっていいだろ。別に害があるわけでもねぇし」

キョン「いきなりコレだけ渡されたって理解できん。それに不安になる」

キョン「…なぁ。頼むよ」




265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 18:21:00.77 ID:REGTHMk20

(´・ω・`)

( ´;ω・`)  ホロリ…



キョン「…!!おいっ、何も泣かなくていいだろっ」

キョン「悪い事やってる訳じゃないだろ?だったら意味もなしに泣くんじゃ…


(;ω;` )~ フワフワ



キョン「あっ、おいっ!」



パタンッ




266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 18:22:01.53 ID:REGTHMk20

キョン「…カバンに戻りやがった。いきなり何なんだ…」

キョン「……」

キョン「これは早い内に長門に聞いたほうがよさそうだな…」



ガチャ…バタンッ


・・・・・・・・・・・




267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 18:23:54.64 ID:REGTHMk20

――――――――――――――――――――――――



キョン「…ふぅ」

国木田「あ、おかえりキョン」

谷口「お前、今まで何処行ってたんだよ」

キョン「別に俺が何処いこうが勝手だろ」

谷口「いや…岡部がお前の事呼びに来たからさ、何かあったんじゃねぇか?」

国木田「放送でも呼ばれてたよ。早く行ったほうがいいんじゃない?」

キョン「…岡部が?」




268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 18:25:21.06 ID:REGTHMk20

ガララッ!!




ハルヒ「ハァ…ハァ…ハァ…」

キョン「…ハルヒ?」

ハルヒ「…ちょっとこっち来なさい」

キョン「何だお前m

ハルヒ「いいからっ!!」

キョン「お、おいっ!いきなり引っ張るなよ!」



ガララッ…ピシャ
 




269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 18:27:31.35 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――


-職員室-


ガララッ


キョン「おいハルヒ!いい加減離してくれ!」

ハルヒ「連れてきたわよ」

岡部「ああ、ありがとう。涼宮はちょっと離れていてくれ」

ハルヒ「……」



ガララ…




270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 18:28:40.14 ID:REGTHMk20

岡部「今まで何処に行ってた?放送も聞こえなかったのか?」

キョン「すみません…屋上に行ってたもんで」

岡部「…屋上か、スピーカーが壊れたままだったな」

キョン「それで…どうかしたのですか?」


岡部「…落ち着いて聞いてくれ」

キョン「…」








「今、お前の妹さんが学校の階段から落ちて…意識不明だという連絡が入った」




274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 18:33:18.22 ID:REGTHMk20



キョン「…えっ?」

岡部「詳しい事は教えてくれなかったが…今病院で集中治療を受けている」

キョン「…な、何で…」

岡部「親御さんにも連絡が入ってるようだが、どうやら今手が離せない状況らしい」

キョン「そう…ですか」

岡部「お前は今から病院に行って、妹さんの容態を見に行って来い」

岡部「早退届けと荷物の方は俺の方で何とかしておく」

キョン「…はい」

岡部「…早く行って来い」

キョン「…失礼、しました」




275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 18:34:58.83 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――


~職員室前廊下~



ガララッ…ピシャ



キョン「…」

ハルヒ「キョン…」

キョン「…俺は今から病院に行ってくる」

キョン「すまないが、今日の部活は休ませてくれ」

ハルヒ「当たり前じゃない!そんな事気にするんじゃないわよっ!」

キョン「…」




276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 18:35:38.92 ID:REGTHMk20
ハルヒ「…私達も、後で妹ちゃんのお見舞いに行くから」

キョン「…ああ、分かった」




タッ…タッ…タッ…
 


ハルヒ「…キョン」




277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 18:38:36.92 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――


-校門-



キョン「…」

???「お待ちしておりました。キョン様」




キョン「…貴方は」

新川「徒歩では時間が掛かるでしょう。どうぞお乗りください」

キョン「…古泉が連絡を?」

新川「はい、涼宮様から連絡が入ったとの事です」

新川「勝手ながら、私共で車を用意させていただきました」

キョン「…いえ、ありがとうございます」

新川「では、お乗りください…」

キョン「……」





278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 18:41:01.57 ID:REGTHMk20
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




新川「…病院の方からは何と?」

キョン「…まだ、何も聞かされていません」

新川「…そうですか」

キョン「…」

新川「…もし危険な状態なら、我が機関直属の病院を手配させます。ご安心ください」

キョン「…ありがとうございます」

新川「……」




280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 18:43:11.66 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――


-病院-



「…さんのご家族ですか?」


キョン「はい、そうでう」


「…こちらの病室です。どうぞ」


キョン「……」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 18:45:20.18 ID:REGTHMk20

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



カツンッ…カツンッ…カツンッ…



キョン「…」


「階段で遊んでいた時、老朽化さてれた手すりを掴んでしまったようで…」

「…手すりが折れて、バランスを崩し落ちてしまったみたいです」


キョン「…」


「……」

「着きました、…騒いだりするのは他の患者さんの迷惑となるので、よろしくお願いします」




284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 18:46:32.05 ID:REGTHMk20
ガラッ…







「あっ!キョン君だ!」







キョン「っ!?」

妹「どうしてここにいるの?」

キョン「お…お前…っ」


「おお、やっとご家族の方が来てくれたか」

「せ、先生…これは一体」




285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 18:47:53.83 ID:REGTHMk20

「いやぁ…この子はとても強い子だ」

「さっきまで微弱だった脳波が…急に正常の数値まで上がっていったのだよ」

「きっとこの子の本能が自身を目覚めさせたのかもしれんなぁ」


キョン「お前…よかった…」


ギュッ


妹「きゃ…キョン君苦しいよ~」

キョン「バカ野郎!心配させやがって…!」

妹「ごめんなさぁい…」

キョン「よかった…本当によかった…!」

キョン「先生…妹はもう大丈夫なのですか?」


「ああ、さっき一通り検査をしてみたが、どこにも異常が見られなかった」

「不幸中の幸いだ。当たり所が大して悪い所じゃなかったようだね」




286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 18:50:12.66 ID:REGTHMk20
キョン「そうですか…」

妹「キョン君離して~」

キョン「あ、すまん」

妹「えへへ…私ってついてないなぁ」

キョン「本当だバカ…昨日といい今日といいお前は…」

妹「むぅ~」

キョン「…もう絶対階段で遊んだりするんじゃねぇぞ」

妹「はーい」


「さて…私は他の患者を見ているから、念のため今日一日は入院しておくといい」

「分かりました…では、入院手続きのほうをお願いできますでしょうか?」


キョン「あ、はい。…そろそろ母がここに来ると思いますので」


「分かりました。では、ゆっくりしていってくださいね」




287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 18:52:16.42 ID:REGTHMk20
キョン「…はぁ」


ドスッ


妹「キョン君疲れてるの?」

キョン「お前の所為でな」

妹「えへへっ」

キョン「まったく…お前って奴は」


バタンッ!!


ハルヒ「キョン!妹ちゃんの容態はどうなの!?学校サボって来ちゃったわ!」

みくる「キョンくん~大丈夫ですかぁ~?」

古泉「涼宮さん、ここは病院ですのでもう少しお静かに…」

妹「あーっ!ハルにゃんとみくるちゃんと古泉君だー!」




289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 18:56:49.11 ID:REGTHMk20

キョン「騒がしいぞハルヒ。他の患者さんに迷惑だろ」

ハルヒ「い、妹ちゃん!?もう目が覚めたの!?」

妹「うんっ!もう大丈夫だよ~」

みくる「ふえぇぇよかったでずぅ~」グスッ

古泉「これは…僕らはかなりの重態だと聞いていたのですが?」

キョン「打ち所が良かったみたいでな…ただの気絶だとさ」

キョン「どこにも異常ないらしいから、もう安心していい」

ハルヒ「そうなの?だったらもう安心なのね…良かったわ」

キョン「みんなすまない。妹が迷惑かけちまった」

ハルヒ「いいのよこのくらい!妹ちゃんは我がSOS団の準メンバーなんだから、このくらい当然よっ!!」

ハルヒ「そんな事よりも妹ちゃん!次からはちゃんと気をつけないとだめよっ!」

妹「は~い!」




290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 18:59:42.31 ID:REGTHMk20

ハルヒ「よろしい。じゃあ私、ちょっとこの病院を探検してくるわ」

キョン「おい何か言い出したぞコイツ」

ハルヒ「なんでもこの病院には夕方にしか現れない幽霊がいるらしいわよ」

妹「私もいきたーいっ!」

キョン「待て、いくら安心だからって今日一日は安静にしてろ」

ハルヒ「大丈夫よ、私が妹ちゃんをおんぶしていけばいい事だから」

キョン「そういう問題じゃねぇ」

ハルヒ「じゃあみくるちゃん!妹ちゃん!行くわよっ!!」

みくる「ふぇ!?わ、私も行くんですかぁ~」

ハルヒ「当然じゃないっ!こういうものは可愛い子連れて行くと陵辱ゲーみたいなズッコンバッコンイベントが起こるのよっ!」

みくる「」

ハルヒ「レッツゴーッ!」

妹「きゃー!!」

みくる「ひやぁあああああ引っ張らないでえぇぇぇぇぇぇ!!!!」




293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 19:04:17.38 ID:REGTHMk20

キョン「おいハルヒ!…行っちまった」

キョン「アイツめ…不思議はもういいんじゃなかったのかよ」

古泉「んっふ…きっと緊張が解れて恥ずかしくなったのでしょうね」

キョン「どういう意味だ」

古泉「涼宮さん、貴方のことも妹さんの事も凄く心配なされていたのですよ?」

古泉「僕達といる時もずっと呟いていました…よっぽど愛されているのですね」




294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 19:05:41.18 ID:REGTHMk20

キョン「恋愛的なのか友情的なのかは知らないが…まぁ悪い気はしないな」

古泉「おや?貴方なら『あのハルヒが?そんな訳ないだろ』とぶっきらぼうに言うと思ったのですが…」

キョン「どんだけ性格悪いんだよ俺は」

古泉「これは失礼しました」

古泉「…貴方も、少しずつ成長なさっているのですね」

キョン「何か言ったか?」

古泉「いえ、何も」




295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 19:07:44.73 ID:REGTHMk20

キョン「…そういえば長門はどうした?お前達と一緒じゃなかったのか?」

古泉「長門さんは、何やら調べ物があるので、一緒にはこれないと言っていました」

古泉「おそらく、貴方…もしくは妹さんの事で何か引っかかる事があったのでしょう」

キョン「…そうか。アイツも俺達の為に動いてくれてるんだな」

古泉「ええ。そうなのでしょうね」

キョン「ハルヒといいお前達といい…ホント俺はいい仲間を持ったものだ」

古泉「んっふ。これも涼宮さんの優しさですよ」

古泉「貴方が涼宮さんを成長させた事によって、僕達の中に友情が芽生えたのですよ」

キョン「気持悪い言い方だなおい」

古泉「んっふ…んっふふ…」




297 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 19:11:03.45 ID:REGTHMk20

古泉「…もしかすると、涼宮さんは妹さんが無事であって欲しいと願ったためn





古泉「…いや、やめておきましょう」

キョン「古泉?」

古泉「あぁ、忘れる所でした…これ、貴方の鞄です」

古泉「彼が中に入っていましたのでね…貴方のクラスの担任が来る前に回収させてもらいました」

キョン「…スマン、迷惑かけたな」

古泉「いえいえ、お気になさらず」




301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 19:14:48.04 ID:REGTHMk20



(´-ω-`) zzz....zzz....



キョン「…気持良さそうに眠りやがって」

古泉「機関のほうで少し調べさせてもらったのですが…全くといって収穫なしです」

キョン「…そうか」

古泉「やはり彼の事は、長門さんに聞くのが一番でしょうね」

キョン「この前ちょっと聞いてみたんだがな…アイツもよく分からんらしい」

キョン「少なくともコイツ自身は俺達に危害を与える危険性はないと言っていたがな…」

古泉「そうですか、それは何よりです」




302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 19:16:50.72 ID:REGTHMk20
ピリリリリ…ピリリリリ


古泉「あっ、僕です」

キョン「ここは携帯禁止だ、外行って来い」

古泉「分かってますよ。では僕はこれで…」

キョン「おう、またな」



キョン「…さて、どうしたものか」


(´・ω-`) パチッ


キョン「お、起きたか」 


Σ( ´・ω・) !

(・ω・≡・ω・)彡 !?!?!?


キョン「落ち着け、ここは病院だ」

キョン「ずっと眠ってたみたいだな。もう気分は良くなったか?」




303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 19:18:11.76 ID:REGTHMk20

( ´・ω・) …

(´・ω・`) ショボーン



キョン「…なぁ、ショボ太」


(´・ω・`) …?



キョン「俺は少し焦りすぎた、反省している」

キョン「お前にも言いたくない事の一つ二つはあるよな」




304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 19:21:09.33 ID:REGTHMk20
(´・ω・`) …

(´-ω-`)



キョン「…話す時は、言いやすくなってからでいい」

キョン「俺達は家族だ、隠し事が少しあったって気にしないさ」

キョン「だから少しずつでいい、話したくなったら教えてくれ」



(´・ω・`) …


(´・ω;`) ホロリ…


キョン「ほら、泣くな。妹が見たら悲しむぞ」


(´;ω;`) ポロポロ…


キョン「…妹はここで入院、親は両方とも妹側で過ごすだろう」

キョン「今日は俺と二人きりだ。いろいろ語り合おうじゃないか」




305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 19:21:56.37 ID:REGTHMk20

( ´;ω・) …

(´⊃ω⊂`) ゴシゴシ

(´・ω・`) ショボーン


キョン「よし、いい子だ」

キョン「帰るぜ、俺達の家にな」


~( ´・ω・) フヨフヨ…



パタンッ



キョン「…アイツの言っていた『違和感』ってのは、コイツの涙と関係あるのだろうか?」

キョン「帰ったら長門に連絡してみよう…何か掴んだかもしれんからな」




347 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 21:45:59.26 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――


-病院入り口-



妹「あっキョン君だー」

キョン「ん?お前ハルヒ達と一緒に居たんじゃないのか?」

妹「んとね。ハルにゃんが危ないからここで待ってなさいって言ってたの」

キョン「…そうか」

妹「キョン君もう帰るの?」

キョン「ああ、病院にあまり長くいると迷惑だからな」




348 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 21:47:05.18 ID:REGTHMk20


ムクッ



ミ( ´・ω・) ピョン


妹「あっ!ショボ太だ!」

キョン「おい、勝手に出てくるな」



( ,,,・ω・) モフモフ


妹「えへへ~ショボ太あったかーい」モフモフ

キョン「…」

妹「ねぇキョン君。今日はショボ太と一緒に寝たい」

キョン「お前は今日入院だろ。コイツをこんな所に置いてられるかよ」




350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 21:49:59.88 ID:REGTHMk20
妹「何で?」

キョン「ショボ太はシャミセンとは違って詳細不明の生き物なんだ」

キョン「病院なんかに置いたらどっかに研究所に連れて行かれちまうぞ」

妹「ちゃんと隠すから大丈夫だよ」

キョン「ダメなものはダメだ。小学生ごときが大人の目を欺くなんて無理に決まってるだろ」

妹「でも…」

キョン「ダメだ」

妹「うっ…グスッ」

キョン「泣いてもダメだ」



( ´・ω・) …




351 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 21:51:50.80 ID:REGTHMk20


(・ω・` )ミ ピョン


ヾ(・ω・` ) フキフキ


妹「ヒック…ショボ太ぁ…」

キョン「…ショボ太もお前がいなくて寂しいんだよ」

キョン「だから今日は我慢して大人しく寝てろ。明日になったら好きなだけ一緒にいていいから」


(・ω・` ) ショボーン


妹「うん…分かった」

キョン「…いい子だ」

キョン「じゃあ俺は帰るぜ…戻れショボ太」




354 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 21:54:59.26 ID:REGTHMk20

ミ( ´・ω・) ピョン


妹「あっ!キョン君待って!」

キョン「何だ?」

妹「あのね、ショボ太にあげるモノがあるの」


( ´・ω・) ?


妹「待っててね~」ゴソゴソ

妹「はいっドーナッツ!ショボ太これ好きなんだよね~」


Σ( `・ω・) !?


(・ω・´ )ミ ピョン!


キョン「うおっ!?いきなり飛び降りるんじゃない!」




355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 21:56:59.31 ID:REGTHMk20

+.(・ω・o )゚+ キラキラ


妹「えへへ~。それーっ!」 ミ◎ ピューン


ε≡( `・ω・) ビュン!  ミ◎


 (ノ`・ω・)ノ◎ ガシッ!!


 ((,,・ω・,,)) モッキュモッキュ



キョン「…コイツ、ドーナツが好きなのか?」

妹「うんっ。昨日私のおやつ全部食べちゃったのー」




356 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 21:59:24.42 ID:REGTHMk20

キョン「…ほう」


(*’ω’* ) チンポッポ


妹「えへへぇショボ太~」ギュー


(・´ω`・)ビローン


妹「あははっ♪」

キョン「…やれやれ」

キョン「じゃあな。お袋達の言う事ちゃんと聞けよ」

妹「はーい…」

妹「ショボ太!明日いっぱい遊ぼうねっ!」


(´・ω・)ノシ  フリフリ


キョン「まったく…手のかかる妹なこった」




357 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 22:01:51.47 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――



-キョンの家-


ピリリリリリ


ピッ


キョン「もしもし…ああ母さんか」

キョン「ああ、家には俺とコイツだけだ」

キョン「親父は出張らしいから、母さんに伝えてくれって言ってたぜ」

キョン「お、おいおい…いくら面会に来れないからってそこまでしなくてもいいと思うぞ」

キョン「親父だって妹の事は凄く心配してたんだ。俺が大丈夫だって伝えてやったら安心してたよ」

キョン「ああ、分かってる。ちゃんとやっておくよ」

キョン「妹にもよろしくと言っといてくれ。じゃあな」




358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 22:04:19.74 ID:REGTHMk20
ピッ


キョン「…あんな事言っても、御袋は親父の事好きなんだな」


(´・ω・`) ?


キョン「お前に愛が分かるか?」



( ´・ω・) …

(*’ω’* ) ポッ



キョン「…ふっ」

キョン「お前、本当に人間じみてるな」


☆( ゝω・ )v  チェキ




361 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 22:07:29.44 ID:REGTHMk20

( ヽ´ω`) ゲッソリ


キョン「そういや腹減ったな…。飯にするか」

キョン「つってもインスタントラーメンしかないのだが…それでもいいか?」


(`・ω・´) シャキ!


キョン「よし、じゃあちょっと舞ってろ」


Σ(;´・ω・) !?


ガチャ…バタンッ





(´・ω・`) …


ヾ( ´・ω・)ノ ~♪




362 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 22:09:26.53 ID:gvt5kQRSO
なにこれ可愛すぎる




363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 22:10:38.93 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――

~20分後~



キョン「できたぞーっ」



ヾ(・ω・` )ノ ~♪



キョン「…何やってんだお前?」


Σヾ( ´・ω・)ノ !?


キョン「いくら暇だからって踊らんでもいいだろ」




364 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 22:12:00.74 ID:8AmTuDZp0
インスタントで20分……




365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 22:13:03.28 ID:REGTHMk20

(´・ω・`) …

(´・ω・`)つ↑


キョン「…上?」

キョン「…あ、やべぇ誤字変換してる」

キョン「スマン。俺は『待ってろ』と言いたかったんだ」




( ^ω^)…

(♯^ω^)ビキビキ


キョン「うおっ!ま、待てっ!そのまま俺にタックルしてくるなっ!こぼれるだろっ!」




367 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 22:16:45.83 ID:REGTHMk20



o(`ω´*)o プンスカプンスカ! \≠/



キョン「悪かったよ…そんなに怒るなよ」

キョン「早くしないとラーメンのびちまうぞ」


(´・ω・) …   \≠/

フヨフヨ ~( ´・ω・) \≠/


…( ´・ω・)\≠/

ポッ ( *・ω・) \≠/



キョン「…単純な奴でよかった」



ピリリリリ…





368 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 22:19:11.14 ID:REGTHMk20

キョン「…誰だこんな時間に」



ピッ



キョン「もしもし」

長門「何?」

キョン「…長門。コントじゃないんだから電話に出るときはちゃんと名前を言いなさい」

長門「…そう」

キョン「で、俺に何か用か?」

長門「…今夜9時、私の家に来て」

キョン「…コイツの事か?」

長門「…そう」

キョン「分かった、もう少ししたらそっちに向かう。コイツも連れてきた方がいいか?」

長門「…貴方一人の方が望ましい」

キョン「了解、じゃあまた後でな」




371 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 22:20:41.08 ID:REGTHMk20
ピッ


キョン「……」


(´・ω・`) ?


キョン「お前、ちょっと留守番できるか?」


( ´・ω・) …


キョン「俺はちょっと用事ができちまったんだ」

キョン「少しの間家を離れなきゃいかん。悪いが一人で静かに過ごしててくれ」




372 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 22:22:46.65 ID:REGTHMk20

( ´・ω・) …

( `・ω・)ゝ ビシッ



キョン「よし、分かったな」

キョン「言っておくが、絶対外に出たりするんじゃないぞ」



(`・ω・´) シャキ!



キョン「…本当に大丈夫だろうか」

キョン「行って来るぜ。ちゃんと大人しくしてろよ」


( ´・ω・)ノ~ フリフリ


ガチャ…バタンッ




375 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 22:24:13.90 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――


キョン「……」


ガチャ


長門「……」

キョン「よう」

長門「…入って」



ガチャ…バタンッ



長門「…」

キョン「…何か、掴めたのか?」

長門「…」コクリ

キョン「…とりあえず、座ってから聞こう。俺もお前に聞きたい事があるんだ」

長門「…そう」




377 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 22:25:59.08 ID:REGTHMk20
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



長門「…飲んで」

キョン「おう、サンキュ」



長門「…」

キョン「…今日、妹が病院で怪我をしたんだ」

長門「知っている」

キョン「…ハルヒ達がお見舞いに来た時、古泉からお前の事を聞いたぜ」

長門「……」

キョン「俺達の為にいろいろ調べてくれてたらしいな、ありがとう」




379 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 22:27:35.40 ID:REGTHMk20

長門「…別に、いい」

キョン「そうかい」

キョン「それで、何か分かった事があるから俺を呼んだのだろ?」

長門「…そう」

キョン「…話してくれ」







長門「……」

長門「この数日、貴方の妹の能力が異常変化を起こしている」




380 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 22:29:02.28 ID:REGTHMk20

キョン「…なんだって?」

長門「貴方達有機生命体は、個々の能力に応じて成長し、進化を遂げる」

長門「そして最初に与えられるステータスは人それぞれであり、決して同等な能力を持つ有機生命体は存在しない」

キョン「…まぁ当たり前だな。イケメンがいればグロメンもいるし」

長門「しかし有機生命体には個々のステータスと関係ない測定不可能な能力がある」

長門「貴方達の言葉で意訳すると『運』」




381 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 22:30:11.11 ID:REGTHMk20

キョン「運…?」

長門「これも個人によって様々であるが、有機生命体の進化によって上昇すること、減少することは不可能であると情報統合思念体は判断している」

キョン「まぁ、確かに運ってのは自分で上げるのは無理だが…」

キョン「それで、その話が俺と妹の異変と何が関係ある?」

長門「…一般的に有機生命体の『運』のステータスは変化をしない」

長門「しかし貴方の妹の『運』のステータスがこの数日で著しい変化を遂げている」




382 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 22:31:33.28 ID:REGTHMk20

キョン「…何だと?」

長門「…彼女は『運』の減少により、今日の事故に遭遇した」

長門「その減少効果は貴方の家に未確認生命体が発生した時、初めて起こったと思われる」

キョン「……」

長門「しだいにその減少効果は速度を増し、彼女の『運』の数値はかなりの低数値に陥った」

キョン「…その原因は分かってるのか?」




383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 22:34:01.96 ID:REGTHMk20

長門「…分からない。情報が少なすぎるため、ここまでの推測しかできなかった」

キョン「…そうか」

長門「しかし、先日の午後1時34分27秒時。彼女の減少速度が急激に衰え始めた」

長門「これは、何かによって減少の阻止をされたと私は予想している」

キョン「何かによって…か」

長門「…彼女に昨日何か変化があったならば、教えて欲しい」

キョン「……」

キョン「もしかして、これの所為じゃないだろうか」




385 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 22:35:47.32 ID:REGTHMk20

スッ



長門「…」

キョン「昨日の昼、妹がアイツに貰ったと言ってたビー球だ」

キョン「と言っても妹の球は白色だがな。…俺は赤色を貰った」

長門「…見せて欲しい」

キョン「おう」



長門「……」

キョン「…どうだ?」




387 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 22:37:16.63 ID:REGTHMk20

長門「…この物質は地球上に存在しない」

長門「さらにこの物質から、有機生命体にプロテクトを施す情報操作がされている」

キョン「…ビンゴだな」

長門「彼女は極力この物質を携帯するべき」

長門「そして貴方も、念のためにこの物質を所持するべきだと私は思う」

キョン「…分かった。それだけでいいのか?」

長門「いい、そして貴方はなるべく彼女を監視する事が望ましい」

キョン「…そうだな、またあんな事があったら今度こそ命が危なくなっちまう」

長門「……」




389 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 22:38:39.14 ID:REGTHMk20

キョン「…教えてくれてありがとう、長門」

キョン「やっぱお前は頼りになる」

長門「…そう」

キョン「じゃ、俺はもう帰るぜ。家にショボ太を置いたままにしてるんだ」

長門「…分かった、気を付けて」

キョン「おう。また明日な」

長門「…また、明日」




390 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 22:40:41.54 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――

-帰宅後、浴場にて-



バシャァ…



キョン「ふぅ…」

キョン「やっぱ風呂はいいなぁ…」

キョン「お前もそう思うだろ?」

       
~( ,,・ω・) プカプカ…


 (*´-ω-) フゥ…




391 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 22:43:09.21 ID:REGTHMk20

キョン「…なぁ、ちょっと聞いていいか?」


( ,,・ω・) ?


キョン「お前が俺達に渡したビー球の事だ」


( ´・ω・) …


キョン「俺達は、アレを持っていた方がいいのか?」

キョン「俺達兄妹にだけ渡したって事は…何か理由でもあるんだろ?」


( ´・ω・) …

(´・ω・`)


キョン「…そうか。じゃあ言うとおりにしておく」


( ´・ω・)ノシ フリフリ

  
キョン「はぁ~」





392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 22:46:51.76 ID:REGTHMk20
キョン「…これからどうなっちまうんだろうなぁ」ザバァ


(´-ω-`) ウトウト…


キョン「あぁこら、風呂で寝るんじゃない。風邪引いちまうぞ」


(´・ω-`) パチッ


キョン「…こうして見るとお前、人形が魂持って動いてるみたいにしか見えないな」


( ´・ω・) …

( ´・ω・) ?


キョン「何でもない。とっとと上がるぞ」ザバァ


ヾ( ´・ω・)ノ ギャース 


キョン「っとスマンスマン。一人じゃ上がれないんだったな」

キョン「ほれ、俺の頭に乗れ」
 



393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 22:48:04.53 ID:REGTHMk20

(・ω・` )ミ ピョン


キョン「よし、じゃあ体拭いてこい」



(・ω・` )=3 ピュンッ


(・ω・lil) !?


:::( ω ` ):::



キョン「…どうした、急に止まって」




397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 22:50:08.83 ID:REGTHMk20

( ω ` )


(-ω・`;)~ フワフワ…



パタンッ



キョン「…何だアイツ?」

キョン「まぁいいや、さっさと上がろ」





398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 22:51:15.23 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――



(´-ω-`) zzz....zzz....



キョン「…よく寝てるな」

キョン「…」




399 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 22:52:53.35 ID:REGTHMk20

キョン「(コイツが来てから、妹の運が悪くなったのは事実だ)」

キョン「(だがコイツはその事を分かっていたのだろうか?)」

キョン「(いや、そうでなければ妹にあの球を渡す事はしない筈だ)」

キョン「(妹がこれ以上不幸にならない様にと、コイツなりの優しさで取った行動だろう)」





キョン「……」

キョン「(だが俺は?)」

キョン「(俺は何故、この球を渡されたんだ?)」

キョン「(俺も妹の様に、何かが減少している物があるのだろうか?)」




401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 22:53:48.36 ID:REGTHMk20

キョン「…別に何も変わった事はないと思うが」

キョン「…」

キョン「(深く考えても意味はない…か)」

キョン「…寝よう」


(´-ω-`) zzz....zzz....


・・・・・・・・・・

・・・・・・・

・・・・・




402 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 22:55:43.24 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――


・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

・・・・・・



キョン「…」

キョン「またここか…」



ギイィ…



キョン「……」




403 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 22:57:07.58 ID:REGTHMk20

キョン「…よう、来たぜ」



クルッ



(´・ω・`)「やぁ、ようこそ、バーボンハウスへ。」


キョン「…」


(´・ω・`)「また君か、来ると思っていた。歓迎するよ」


キョン「自分で呼んだクセによく言うぜ」


(´・ω・`)「…答えは見つかったのかい?」




405 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 22:58:53.35 ID:REGTHMk20


キョン「…ああ」

キョン「俺の周りにある『違和感』…それは妹の不運だ」

キョン「アイツが来て、妹の運がかなり悪くなった」

キョン「だから何回も転んだり、階段で事故に遭ったりした」

キョン「運の減少は、まだまだ続いている。…ショボ太が俺達の近くにいる限りな」

キョン「その阻止のために渡されたのが、このビー球だ」

キョン「これをアイツが持っている事で、運の減少を遅れさせる事ができる」

キョン「ショボ太は、妹を守るためにこの球を渡した」

キョン「…これが、俺の考えた答えだ」




406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:00:24.38 ID:REGTHMk20

(´・ω・`)「……」


キョン「…間違ってるのか」


(´・ω・`)「…50点。赤点ギリギリクリアという所かな」


キョン「…そうか」


(´・ω・`)「しかし、よくそこまでたどり着くことができたね。安心したよ」




キョン「……」

キョン「俺は答えを言ったぜ。今度はお前の番だ」




407 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:01:59.90 ID:REGTHMk20

(´・ω・`)「…解答の前に、何故50点なのかを教えてあげよう」



キョン「…」



(´・ω・`)「君の妹君…その子に関してだけなら、満点をあげてもいい」

(´・ω・`)「しかし、肝心な君の変化を述べれていない」

(´・ω・`)「これが、君の答えが50点だという理由だ」



キョン「…仕方ないだろ。自分の違和感なんぞ、自分じゃ分からん」



(´・ω・`)「確かに自分自身では分からないかもしれない」

(´・ω・`)「しかし君のお友達は、もう気付いてるのではないだろうか?」




408 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:03:41.82 ID:REGTHMk20

キョン「…何だと?」


(´・ω・`)「言われた事はないかな?『君は変わったね』らしき言葉を」

(´・ω・`)「もし言われたのならば、それは君の『違和感』だと言っていい」


キョン「俺が…変わった」

キョン「……」










『なんだかキョンも、少し変わったような気がするわ』





410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:05:22.99 ID:REGTHMk20
キョン「…!」


(´・ω・`)「心当たりがあるようだね」


キョン「…だが、何がどう変わったかなんて分からん」


(´・ω・`)「…それは、私が教えてあげよう」






「君はね、『大人』になっているのだよ。精神的、かつ人間的にね」





411 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:06:31.49 ID:REGTHMk20

キョン「…大人、だと?」


(´・ω・`)「そう、君は今、精神年齢が実の年齢を遥かに超えている」

(´・ω・`)「怒りを抑えたり、皮肉を上手く流したり、人の気持ちが分かる様になったり…」

(´・ω・`)「普段の君では、こんな事はできなかった筈だ」



キョン「…ああ、そうかい」

キョン「で?それができるようになった事が、俺の『違和感』なのか?」



(´・ω・`)「そう、それが君の『違和感』だ」



キョン「じゃあ何だ。俺が大人になってる事が、ショボ太による俺への影響って事なのか」

キョン「そして俺の成長を抑えるために、アイツはこの球を渡した」

キョン「…これでいいのか?」





412 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:08:16.82 ID:REGTHMk20

(´・ω・`)「…おめでとう、満点にたどり着く事ができたね」



キョン「そうか、そりゃあ良かった」

キョン「だが疑問は大幅に増えたぞ?」

キョン「この事が事実としたら、何故アイツは俺の成長を止めようとしてる?」

キョン「何も悪い事じゃないだろうが。俺が人間的に向上する事なんて」






(´・ω・`)「…それが、何かの犠牲で成り立っているとしても…かね?」




415 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:10:43.78 ID:REGTHMk20

キョン「…何だと?」



(´・ω・`)「確かに君にとってはそれはプラスなのかもしれない」

(´・ω・`)「しかしよく考えて欲しい」

(´・ω・`)「後々成長していく君の人間性を、あの子によって無理やり上昇している事に何か疑問が湧かないかい?」

(´・ω・`)「君達の世界は魔法の国ではない、何かを得るためには、必ず何かを失わなければならないのだよ」



キョン「…等価交換の事を言ってるのか?」

キョン「じゃあ何だ。俺は人間性を向上させるために、他に何か減少しているものがあるってのか」


(´・ω・`)「その通り。…後は分かるね?」


キョン「…?だから何度も言ってるが、俺自身は違和感なんて




417 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:12:54.89 ID:REGTHMk20



キョン「……おい、待てよ」


(´・ω・`)「…気付いてしまったようだね」


キョン「そうなのか…マジで言ってるのか?」


(´・ω・`)「…」


キョン「…答えてくれ」
 







(´・ω・`)「ああ、君の考えている通りだよ」

(´・ω・`)「君は『大人』になるために、彼女の『運』を吸収しているのだ」




419 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:14:50.60 ID:REGTHMk20

キョン「…嘘だろ」



(´・ω・`)「残念だけど、これは真実だ」

(´・ω・`)「あの子…ショボ太と言ったかな?」

(´・ω・`)「あの子が君達の傍にいる事で、『運』を吸収し、それを君の身体に変換して送る」

(´・ω・`)「この現象が、今でもずっと行われているのだよ」




421 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:16:13.85 ID:REGTHMk20

キョン「…運を、変換?」



(´・ω・`)「植物の光合成を思い浮べてみたまえ」

(´・ω・`)「光によって二酸化炭素を吸収し、酸素に作り変える」

(´・ω・`)「それと同じで、あの子は無意識に運を吸い、『力』に変えて放出している」

(´・ω・`)「それがあの子の能力…生まれながらの生命活動とも言っていいだろうね」



キョン「…何だよそれ」




422 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:17:51.61 ID:REGTHMk20


『( ´;ω;)』



キョン「じゃあ、あの涙は…」



(´・ω・`)「…あの子が傍にいる限り、これはずっと続くだろう」

(´・ω・`)「しかし、あの子がその球を渡した意味を、君は充分に理解して欲しい」


キョン「渡した…意味?」


(´・ω・`)「あの子にとって『変換』は呼吸のようなもの。生きていくには欠かせない事だ」

(´・ω・`)「その呼吸を抑えるために、君達にこの球を渡した」

(´・ω・`)「…これがどういう事か、分かるかい?」




423 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:19:10.19 ID:REGTHMk20

キョン「…冗談だろ」

キョン「そんなの…悲しすぎる」



(´・ω・`)「…分かってくれただろうか」

(´・ω・`)「あの子は、自分の首を自分で締めているのだよ。君達を守るためにね」



ガタッ!




キョン「教えてくれ、どうしたら元に戻す事ができる?」

キョン「あるだろ?俺達の能力が元に戻って、ショボ太も一緒にいれる方法が」

キョン「何でもいい、俺ができる事なら何だってやってやる」

キョン「ハルヒにそう望ませればいいなら、無理にでもそうしてやる」

キョン「だから…その方法を教えてくれ」

キョン「頼む…」





425 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:22:05.52 ID:REGTHMk20


「……」

「君は、宇宙人やサンタクロースを信じた頃があるかね?」



キョン「何だよ…それがどうしたんだよ」



「君達がそれを信じていいのは、子供の時だけだ」

「いずれ大人になり、現実と幻想の区別がつけなければ、君達の社会では生きていけない」

「その区別ができない人間の末路は、犯罪、ひきこもり、そして宗教の狂信など、いずれも幸せとは言えない結果になるだろう」

「今の君は大人だ。いくらあの子と一緒にいたくても、それが現実に叶う筈ない」

「それが分かっているからこそ、私にそんな事を聞くのだろう?」




429 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:23:55.97 ID:REGTHMk20

キョン「……っ」


「…いくら君の周りが普通でなくても、これ以上世界の秩序を崩してはいけない」

「あの子は、自身を無理やり形成させられた…イレギュラーな存在なのだよ」

「それを残す事によって、君達の世界にどんな影響を与えてしまうのか…良く考えて欲しい」





430 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:25:03.55 ID:REGTHMk20

キョン「…」


「…君に考える時間を与えよう」

「期限は2日後の夜だ。それまでに答えを出して欲しい」

「あの子を消すか、彼女を捧げるか…」


キョン「…言い方が残酷すぎるぞ。自重しろ」


「…失礼した。謝るよ」

「じゃあ、今日はここで閉店だ。…また二日後に会おう」


キョン「……」




ギイィ…バタンッ




432 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:26:22.66 ID:REGTHMk20
an episodeⅢ end.....( `・ω・)




435 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:27:40.59 ID:REGTHMk20

ピピピピピ…チュンチュン


キョン「…」



(´-ω-`) zzz....zzz....



キョン「…コイツは、全部知っていたのか」


(´・ω-`) パチッ


キョン「…」


(・ω・` )~ フワフワ


ポスッ


(・ω・,, )モニュモニュ




437 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:29:34.43 ID:REGTHMk20

キョン「…何でもっと早く言わなかった」

キョン「辛くないのか?俺達のために我慢するなんて」

キョン「お前にとっての呼吸なんだろ?そんなもん我慢していい訳ないだろ…」

キョン「お前はそこまでして…俺に何を求めてるんだ?」



(・ω・` ) …

(-ω-` )



キョン「なぁ、俺はお前のために何をしてやれる?」

キョン「このままだと、いずれ妹がもたなくなっちまう」

キョン「だが…俺もアイツもお前を手放したいなんて、思っていない」

キョン「本当に…どうすりゃいいって言うんだ…」




438 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:30:37.29 ID:REGTHMk20

キョン「…ちくしょう」



ガチャ



妹「キョン君ただいまー!」


キョン「っ!?」

妹「どうしたのキョン君?」

キョン「お前…もう帰ってきていいのかよ?」

妹「うんっ!先生がねー、もう大丈夫だって!」




440 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:31:54.05 ID:REGTHMk20

キョン「…」

妹「あっ!ショボ太もいる!」


ミ( ´・ω・) ピョン


妹「ショボ太~会いたかったよーっ」ギュー


(,,・ω・,,)モキュモキュ


キョン「…」

妹「キョン君!明日は祝日だよっ!」

キョン「…そうだな、学校も休みだ」

妹「だからね。私ショボ太と一緒に遊びに行きたい!」




441 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:32:46.34 ID:REGTHMk20

キョン「…また怪我するかもしれんぞ?」

妹「今度は大丈夫!ちゃんと前向いて歩くもーん」

キョン「……」

妹「ん?キョン君どうしたのー?」

キョン「なんでもない…そうだな。明日は三人でどこかに遊びに行くか」

妹「わーい!」

キョン「だが約束がある、お前は俺から離れないように手をつなぐ事」




442 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:33:52.40 ID:REGTHMk20

妹「キョン君と…手?」

キョン「そして人の多い場所には近づかない事。これが守れないなら連れて行けん」

妹「うんっ!ちゃんと守る!」

キョン「よし、じゃあもう学校行く準備をしろ。遅刻しちまうぞ」

妹「あのね、お母さんが今日は念のために学校お休みしなさいって言ってたの」

キョン「…そうか。じゃあショボ太の面倒を頼んだぞ」

妹「うんっ!ショボ太、あっちで一緒にご飯食べよー」


(・ω・` )~ フワフワ




443 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:34:31.36 ID:REGTHMk20

バタンッ




キョン「…二日後、か」

キョン「俺にできる事なんてあるのかよ」




キョン「…」

キョン「…いろんな奴に、話でも聞いてみるか」




449 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:36:33.25 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――


-教室-



キョン「よっ」

国木田「おはようキョン」

谷口「よーキョン。…お前朝からシケた顔してんなぁ」

キョン「おい、顔合わせた瞬間そんな事抜かすと友達なくすぞ」

谷口「いいんだよもう…どうせ俺なんて」




453 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:37:25.32 ID:REGTHMk20

キョン「…国木田、コイツに何があった?」

国木田「それがさぁ…谷口、また女の子に振られたらしいよ」

キョン「またかよ…いい加減もう諦めたらどうだ?」

谷口「うるせぇ…俺はただ愛が欲しいだけなんだよ」

国木田「もっと慎重に行けばいいじゃん。急いで告白なんてするから玉砕するんだよ」

谷口「分かってらい!俺もそのつもりでじわじわ攻略していくつもりだったんだよ!」

国木田「攻略って…」

キョン「何だ、急ぐ理由でもあったのか」




456 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:38:08.95 ID:REGTHMk20

谷口「その子…明日転校するんだってよ」

国木田「ああ…なるほどね」

谷口「なーんか親の都合で絶対移動しなきゃならんのだとよ」

キョン「そうか。そりゃあ残念だったな」

谷口「他人事みたいに言うんじゃねぇ。俺はその子の事本気で考えてたのによぅ…」

国木田「でもそれは仕方ないよ。親が決めたことじゃ逆らえないしね」

谷口「だよなー…ったく何でこう親ってのは子供を縛りたがるかねぇ」

キョン「待てよ。別にその子の親もしたくて引っ越す訳じゃないだろ」




458 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:39:02.42 ID:REGTHMk20


谷口「…それがよぉ、多額の借金が払えなくなったから夜逃げしたらしいぜ。その子の親父」

谷口「んで残された家族も狙われるとヤバイから田舎の方に移動するらしいんだ」

国木田「…そうなんだ、ちょっと可哀相だね」

谷口「ちょっと所の話じゃねぇだろ」

谷口「自分の都合で関係のない人間が迷惑してるんだぜ?」

谷口「他人には他人の人生があるんだ、誰かが関与したり妨害していいもんじゃんねぇだろ」

国木田「…そうだね、自分の所為で他の誰かが傷つくのは…嫌だな」

谷口「なぁ?キョンもそう思うだろ?」




461 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:39:43.23 ID:REGTHMk20

キョン「……」

国木田「…キョン?」

キョン「…ん?あぁスマン」

谷口「お前…俺の話聞いてたのかよ」

キョン「…そうだな」

キョン「自分の事ぐらい、自分で決めるべきだ」

谷口「だよなぁ…っとにその子の親父はとんでもねぇ野郎だぜ」

国木田「まぁ、そうなったならもう仕方ないよ」

国木田「谷口はその子にメールとかで頑張れって言ってあげたらどうかな?きっと喜ぶと思うよ」




465 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:40:56.96 ID:REGTHMk20

谷口「…その手があったか」

国木田「えっ」

谷口「俺が励ましのエールを送り続け、俺がとても心優しい人間だと意識させる」

谷口「いずれ俺の魅力に気付き、あの子は俺の愛を受け止めてくれるようになる」

谷口「そして二人は遠距離という壁を壊し、その先の栄光へと進んでいく…」

谷口「フヒッ…読めたぜこのルートの攻略法がっ!!!」

国木田「すごいね。僕の一言でそこまで気持悪い妄想ができるんだ」

谷口「ちょっとメルアド聞いてくるZE☆じゃあなお前等っ!」

国木田「あっ谷口!今からHR…」



ガララッ! ピシャ!





470 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:42:24.25 ID:REGTHMk20

国木田「…行っちゃった」

国木田「振られた相手にメルアドなんて絶対教えないと思うのだけど…ねぇキョン」

キョン「……」

国木田「…キョン?」

キョン「あ…何か言ったか?」

国木田「…キョン、今日は何か元気ないね。何か悩みでもあるの?」

キョン「いや、大した事じゃない。気にしないでくれ」

国木田「そう?じゃあいいけど…」



キーンコーンカーンコーン…



国木田「じゃあキョン。また後でね」

キョン「…おう」




473 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:43:19.58 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――

-AM11:00、文芸部部室-



ガチャ…



キョン「…」





長門「……」ペラッ

キョン「…サボりか?」

長門「…貴方がここに来ると予測していた」

キョン「…そうか」

長門「そう」




476 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:44:02.05 ID:REGTHMk20

ギッ…




キョン「…っあ~っ」

長門「……」

キョン「…なぁ長門」

長門「…何」

キョン「…アイツはやっぱり、俺達の傍にいたらマズイのだろうか」

長門「……」

キョン「未確認生物だもんなぁ…科学者にでも見つかったら終わりだな」

長門「……」




479 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:45:02.11 ID:REGTHMk20

キョン「…長門」

長門「…情報統合思念体は、涼宮ハルヒの自立進化を望み、彼女によって起こる情報爆破を望んでいる」

キョン「……」

長門「…しかし私は、彼女に未確認生命体の存在を知らせる事は、世界を改変させる程の力が発揮されると予想している」

キョン「…やっぱりお前も、消えた方がいいって思ってるのか」

長門「……」

キョン「気にしないでくれ。…それが普通なんだよ」

キョン「ハルヒのとんでも能力によってアイツが誕生したんだ。…影響ないはずかない」

長門「……」




483 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:45:44.13 ID:REGTHMk20

キョン「…一つ聞いていいか?」

長門「何」

キョン「妹は…後どれくらいで命が危なくなる程運が悪くなるんだ?」

長門「…」

長門「彼女が危険レベルに達する時間は、約46時間後だと予測される」

キョン「…ざっと二日後か」

長門「…そう」

キョン「……」




485 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:47:11.35 ID:REGTHMk20

長門「心配しなくていい」

キョン「長門?」

長門「もし彼女が危険な状況に陥ったとしても、私が彼女を守る」

長門「彼女は涼宮ハルヒによっての情報改変を受けていない」

長門「よって私が彼女に干渉する事は情報統合思念体も許可している」

キョン「…それは、信じていいのか」

長門「…安心して」







「…私が、彼女を死なせない」






488 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:48:30.24 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――


-PM0:00、屋上前階段-



みくる「あ…キョン君」

古泉「おや、こんな時間に何故ここへ?」

キョン「…そういうお前は何故朝比奈さんと一緒に屋上へ向かってる?しかも授業サボって」

古泉「んっふ…気になりますか?」

キョン「別に気にしてない」

古泉「おや、そうでしょうか?貴方の表情がイライラしている様に見えるのですが…」

キョン「…何が言いたい?」

古泉「いいえ、特に何も」




490 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:49:43.21 ID:REGTHMk20

キョン「……」

みくる「え、ええっと!ち、違うんです!私と古泉君はそんな関係じゃ…」

キョン「分かってますよ朝比奈さん」

キョン「こんな腐専用に作られたキャラが天使のように美しい貴女と付き合うなんてありえませんからね」

古泉「今貴方全国の古泉ファンを敵に回しましたね?くっつくればフラグが立つみたいなオタク妄想キャラのクセに」


・・・・・・・・・( ゚ω゚ )


キョン「屋上へ行こうぜ…久しぶりに…キレちまったよ…」

古泉「いいですよ…貴方がそう望むなら」

みくる「や、やめてくださいっ!私の為に争わないでっ!」




492 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:51:30.89 ID:REGTHMk20

キョン「……」

古泉「……」

みくる「お願いですっ!私のためn

キョン「おい、冗談はそこまでにしろ。時間とシリアスの無駄だ」

古泉「そうですね。これ以上はグタグタになりそうですね」

みくる「えっ」


キョン「…古泉、お前も何か俺に言いたい事があるんだろ?」

キョン「じゃないと長門や朝比奈さんまで授業をサボる事ないからな」

古泉「んっふ…『お前も』という事は、既に長門さんからアプローチを受けているのですね」

キョン「…ああ、ついさっきな」

古泉「僕は未確認生命体が及ぼす問題を詳しく聞かされていないのですが…お答え願えますでしょうか?」

キョン「…分かった」




495 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:53:01.12 ID:REGTHMk20

・・・・・・・・・・・・・・・


古泉「…そうですか。まさかそんな事が起こっているとは」

みくる「……」

キョン「…俺はもう、どうすればいいのか分からん」

キョン「俺だって妹が傷付いていく姿なんて見たくない」
 

みくる「キョン君…」

キョン「だけど…だけどよ…」




498 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:54:19.49 ID:REGTHMk20

古泉「…この事は」

キョン「…古泉?」

古泉「この事は、貴方達兄妹だけで決めるべき事だと思います」

古泉「僕らでは、貴方の心情を知る事ができません」

古泉「状況を知らない人間が、計算と理論のみで判断してしまうと…必ず良い結果には結びつきません」

古泉「なのでこれは、ずっと傍にいる貴方達だけで決断する事が望ましい…と僕は思います」




キョン「……」

古泉「貴方達が決めた選択を、僕達が反対する権利はありません」

古泉「貴方は、これが最善だと思った選択を遂行してください」

古泉「僕達は、その手助けをするまでです…」




499 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:55:21.52 ID:REGTHMk20

キョン「…」

みくる「あっあの…キョン君」

キョン「…何でしょう」

みくる「わ、私には…その、どれだけ二人がショボ太君の事を思ってるのか分からないですけど…」

みくる「キョン君が決めた事なら、ショボ太君も分かってくれると思います…」

みくる「だ、だから…その、えっと…」

キョン「…はい、充分伝わりましたよ。朝比奈さん」

みくる「キョン君…」




501 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:56:07.23 ID:REGTHMk20


キーンコーンカーンコーン…



古泉「…どうやら、時間のようですね」

キョン「何のだ」

古泉「すぐに分かりますよ…では朝比奈さん、僕らはこれで…」

みくる「あっはい!…キョン君」

キョン「…はい」

みくる「…頑張ってね」

キョン「はい。ありがとうございます」




503 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:56:53.36 ID:REGTHMk20

古泉「何か必要な時は、僕に連絡ください」

古泉「機関が関与できなくても、僕や新川さん達なら喜んで助太刀に行きましょう」

キョン「…ありがとう、その気持だけで充分だ」

古泉「んっふ…そうですか」

古泉「では、また後ほど…」

みくる「キョン君。また後で会いましょうね」

キョン「ええ、さようなら…」




カッ…カッ…カッ…




509 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/04(金) 23:58:50.71 ID:REGTHMk20
――――――――――――――――――――――――


-PM1:00、屋上-



キョン「…」






「授業サボって何してるのよ、こんな所で」






キョン「…お前か」

ハルヒ「何?私じゃ不満なワケ?」

キョン「誰もそんな事言ってないだろ」

ハルヒ「…そう」

キョン「ああ…」




512 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:00:33.00 ID:/snFZLNG0

ハルヒ「…」

キョン「…」

ハルヒ「…何を悩んでるのよ」

キョン「何故そう思う」

ハルヒ「アンタの顔に悩んでますって書いてあるもの」

キョン「冗談はお前の行動だけにしてくれ」

ハルヒ「何よそれ」

キョン「……」

ハルヒ「…言ってみなさい。話し位は聞いてあげるわよ」

キョン「…」




514 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:01:52.79 ID:REGTHMk20

キョン「なぁハルヒ」

ハルヒ「なに?」

キョン「もしお前に好きな相手がいたとして、そいつがお前の近くにいると相手が不幸になるとしよう」

ハルヒ「……」

キョン「しだいにソイツは命を狙われる様になり、助かるにはお前と別れなければならない」

キョン「…お前だったらどうする?死ぬ覚悟でずっと相手の傍にいるか?」
 




ハルヒ「…何よそれ」

キョン「俺の例え話だ。…深い意味はない」

ハルヒ「何だか3流ドラマでありがちな展開ね。面白味がないわ」

キョン「…できれば、真剣に答えて欲しい」

ハルヒ「……」




516 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:03:40.05 ID:/snFZLNG0

ハルヒ「そうね…私だったら欲しい物は何をしてでも手に入れる。…そういう意味でその相手について行く事を選ぶわ」

ハルヒ「でも本当に大切に思うなら…相手の幸せを考えて別れるかもね」


キョン「…」


ハルヒ「けど…それだけ好きな相手なら、当然諦めがつかないと思う」

ハルヒ「だから私は、後悔しないように相手と精一杯楽しんで別れようって思うかな」

ハルヒ「そして、一つの思い出としてその想いを、心に閉じ込める…」

ハルヒ「私は、この方法が一番いいと思うわ」




518 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:04:55.86 ID:/snFZLNG0

キョン「……」

ハルヒ「…何よ。その微妙な顔は」

キョン「お前、本当にハルヒか?」

ハルヒ「なっ!?何訳分からない事言ってるのよっ!バカにしてるの!?」

キョン「いや…やけに凄い答えが返って来たから…ちょっと驚いた」

ハルヒ「…それ、誉め言葉として取っていい?」

キョン「ああ、そうしてくれ」

ハルヒ「まったくもう…素直に誉めなさいよ」

キョン「はは…悪かったよ」




522 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:06:15.66 ID:/snFZLNG0

キョン「…だがハルヒよ」

ハルヒ「今度は何よ」

キョン「…ソイツは、それで諦めがつくのだろうか?」

キョン「本当に好きな相手だぞ?それを後悔しないで?」


ハルヒ「…はぁ~」

キョン「…何だその呆れ顔は」

ハルヒ「これだからアンタは…」

キョン「…何だよ」




524 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:07:25.29 ID:/snFZLNG0

ハルヒ「あんた、何か勘違いしてない?」


ハルヒ「諦めが『つく・つかない』の問題じゃないの。諦めを『つける』のよ」


ハルヒ「自分が足掻いた所で、その事実は変わらない訳でしょ?」


ハルヒ「だったら無駄にズルズルするより、綺麗に終わらせる方が断然いいじゃない」


ハルヒ「…そりゃあ最初は落ち込んだり、泣きたくなったりするかもしれないわよ」


ハルヒ「でも、それでいつまでもウジウジするなんて未練がましい奴のする事よ」


ハルヒ「自分は一歩も進めないし、想ってる相手にも失礼だわ」


ハルヒ「綺麗さっぱり忘れろなんて言わない。でも自分が決めたことには責任持ちなさい」


ハルヒ「…私が言いたい事は、そういう事よ」




528 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:09:43.64 ID:/snFZLNG0

キョン「…責任を持て、か…」

ハルヒ「どう?少しは為になったかしら」

キョン「…ああ、助かった」

ハルヒ「…ねぇキョン」

キョン「何だ」

ハルヒ「…その好きな子って、まさかキョンに関係してる訳じゃないでしょうね?」

キョン「気になるか?」

ハルヒ「べっ、別に気にしてなんてないわよっ!」

ハルヒ「ただ、何でアンタがこんな話をしたのか…不思議に思っただけよ」ボソボソ…

キョン「何だそりゃ。結局気にしてるじゃないか」

ハルヒ「う、うるさいっ!!とにかく答えるっ!」カアッ///




530 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:11:34.86 ID:/snFZLNG0

キョン「俺にそんな相手はいない。あくまで仮の話だ」

ハルヒ「…そう」

キョン「安心したか?」

ハルヒ「自惚れないで」

キョン「ふっ…やれやれ」



キーンコーンカーンコーン…



ハルヒ「あっ、昼休み終わっちゃったじゃない」

キョン「そうだな…じゃあ行くか」

ハルヒ「そうね」




533 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:12:49.76 ID:/snFZLNG0

キョン「…ハルヒ」

ハルヒ「何?」



ガチャ…



キョン「…ありがとう。お前、いい奴だな」

ハルヒ「…今更気付いたの?」

キョン「ああ、今更気付いた」









「遅すぎよ。…このバカキョン」





537 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:15:18.27 ID:/snFZLNG0
――――――――――――――――――――――――



妹「ショボ太、わんわん!」


( U^ω^) ワンワンオ!


妹「ショボ太、にゃんにゃん!」


(^ω^≡)ニャンニャンオ!


妹「そこから踏み台!」


┏(      )┓ ニュ


┏( ^ ω ^ )┓ キタマエ


妹「よくできました~」パチパチ


ヾ(´・ω・`)ノ バンジャーイ




538 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:16:54.27 ID:/snFZLNG0

妹「こっちおいで~」


(・ω・` )~ フワフワ


ギュ


妹「えへへ…ショボ太」


(・ω・,, ) モニュモニュ


妹「明日ね、キョン君と一緒に遊びに行くんだよ」

妹「キョン君いつもハルにゃん達とばっかり遊んでるから、私とっても楽しみなんだ~」

妹「ショボ太も楽しみだよね?」




539 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:18:18.06 ID:/snFZLNG0

(`・ω・´) シャキ!



妹「そっか!楽しみなんだね!」

妹「これからもっともっと楽しい事がいっぱいあるんだよ~」

妹「キョン君のお誕生日に~クリスマスに~あとお正月も!」

妹「ぜ~んぶキョン君とショボ太と私で楽しみたいなぁ」



(´・ω・`) …

( ´-ω-`)


妹「…ショボ太?どうしたの?」



Σ(´゚ω゚`) !



妹「何だか元気ないね。お腹痛いの?」





540 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:19:38.72 ID:rjdL1Tjx0
ショボ太・・・




541 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:19:50.87 ID:/snFZLNG0

( ´・ω・) …

(*・ω・* )オニイチャンエチー!


ガバッ


妹「きゃ!ショボ太いきなり元気になっちゃだめでしょ!」


ヾ(*´∀`*)ノ キャッキャッ


妹「えへへ~」

妹「早く明日にならないかなぁ~…」




544 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:21:15.15 ID:/snFZLNG0
――――――――――――――――――――――――


-文芸部部室-


長門「…」


パタンッ


ハルヒ「じゃあ今日はこれで解散。戸締りよろしくね」

みくる「お疲れ様でした~」

長門「……」


バタンッ


キョン「…じゃ、俺も帰るわ」ガタッ

古泉「おや、貴方はもう帰るのですか?」

キョン「ああ、ちょっと考えたい事があるんでな」




546 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:22:21.59 ID:/snFZLNG0
古泉「…そうでしたね。失礼しました」

キョン「別に気にしてねぇよ」

古泉「…今日の昼休み、どうでしたか?」


キョン「…何のことだ」

古泉「僕らと別れた後、涼宮さんが屋上に行かれるのを見かけましてね…何かあったのでしょう?」

キョン「…白々しいぞ」

古泉「んっふ…そうですか」

キョン「お前本当に余計な事しかやらねぇな」

古泉「そうですか?僕には貴方の顔が以前と比べていささか落ち着いた気がするのですが」

キョン「…さぁ、どうだろうな」




547 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:23:25.42 ID:/snFZLNG0

古泉「んっふ…んっふふふ…www」

キョン「何コイツ気持悪い」

古泉「そろそろ吐いてくださいよぉ~。いっちゃん泣いちゃうぞ☆」スリスリ

キョン「てめぇどこ触ってやがる!やめろっ!」バキッ!!

古泉「ふんもっふ!」ビクンッ!

みくる「ひ、ひえぇぇぇ…」

長門「(股間から始まる愛…有効?何故…)」

キョン「…何考えてるんだ長門」

長門「…何も」




550 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:26:41.60 ID:/snFZLNG0

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


古泉「なるほど…涼宮さんがそんな事を」

キョン「…ああそうだよ。まさかハルヒの言葉に感動させられるとは思ってもいなかったぜ」

古泉「それだけ彼女が人間的に向上したって事ですよ」

キョン「…ふっ、そうだな」

古泉「…貴方はどうですか?」


キョン「何だ?」

古泉「貴方は自分で…大人になったと感じていますか?」

キョン「…知るか。そんな事」

古泉「…そうですか」




551 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:27:13.22 ID:brndb91XO
股間から始まる愛ってなんだよwwwwwwwww




553 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:27:47.48 ID:/snFZLNG0

キョン「お前から見たらどうなんだ?俺は大人になったと思うか?」

古泉「…黙秘しておきましょう」

キョン「…理由は何だ?」

古泉「特にありません。その方がいろいろと都合がいいと思ったからです」

古泉「貴方は、自分でそれを考えなければならないのですからね」

キョン「…そうかい」

古泉「ええ、そうなのです」




554 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:29:03.68 ID:/snFZLNG0

キョン「じゃあな。今日はいろいろと助かったぜ」

古泉「おや、何の事でしょうか?」

キョン「…お前だろ、ハルヒを屋上に呼び出したのは」

古泉「これはこれは、やはり気づいていましたか」

キョン「アイツは昼休みはいつも机で寝ているからな。わざわざ屋上まで来る理由なんてない」




555 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:30:05.48 ID:/snFZLNG0

古泉「…やれやれ、困ったものです」

キョン「どういう意味だ」

古泉「…涼宮さんは、自分で貴方の居場所を聞きにきたのですよ?」

古泉「貴方の事が心配になって、ね」

キョン「……」

古泉「では、僕はこれで失礼させていただきます」

古泉「もしよければ、明日向かう場所を僕に教えてください」

古泉「極力危険のない環境に整えておきます」

キョン「…ああ、後で連絡させてもらう」

古泉「分かりました…では」




557 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:31:34.10 ID:/snFZLNG0
――――――――――――――――――――――――


-家-



ガチャ


キョン「…ただいま」


ε=( ´・ω・) ピュー


ボスッ


キョン「うおっ」




559 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:32:46.57 ID:/snFZLNG0

( ,,・ω・) モキュモキュ


キョン「…いきなり飛び込んで来るな。びっくりすろだろうが」


(´・ω・`) ショボーン


キョン「…妹はどうした」


( ´・ω・) …

←⊂(・ω・` ) チョイチョイ



キョン「…?」



スー…スー…スー



キョン「遊びすぎて疲れたのか。…まだ子供だな」




562 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:34:43.52 ID:/snFZLNG0
(´・ω・`) ショボーン


キョン「…」


キョン「…明日、お前何処に行きたい?」


( ´・ω・) ?


キョン「何処でもいいぞ?お前が食べたいものでもいいし、遊びたいものでもいい」

キョン「明日は、お前の好きな事をやろう」


( ´・ω・) …

(・ω・` )~ フワフワ



ゴソゴソッ


    _ 
~( ´・ω・) フワフワ




563 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:35:29.01 ID:/snFZLNG0

キョン「ん…何だこれ?」パラッ


+.( o・ω・)゚+ キラキラ…


キョン「…ほほう、なるほどな」

キョン「いいんじゃないか?お前らしくて」




565 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:36:30.96 ID:/snFZLNG0

ヾ(´・ω・)ノ バンジャーイ


キョン「はは…じゃあここにするか」

キョン「だが今日は明日のためにちゃんと寝ておけ。いいな?」


( `・ω・)ゝ ビシッ


キョン「よし、じゃあ解散」


(・ω・` )~ フワフワ



ガチャ…バタンッ




566 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:37:44.66 ID:/snFZLNG0
――――――――――――――――――――――――


-PM11:00-


(´-ω-`) zzz....zzz....



プルルルル…ガチャ


キョン「長門、俺だ。こんな遅くに申し訳ない」

キョン「実はお前に頼みたい事があってな…そうだ」

キョン「どうにかできないだろうか…明日一日だけでいいんだ」

キョン「…そうか、ありがとう。今度図書カードプレゼントしてやるよ」

キョン「ああ、分かっている…じゃあな」


ピッ


キョン「さて、次は古泉か…」




567 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:38:54.97 ID:/snFZLNG0

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ドサッ


キョン「ふぅ…これでいいだろう」



(´-ω-`) zzz....zzz....


キョン「……」




『他人には他人の人生があるんだ、誰かが関与したり妨害していいもんじゃんねぇだろ』




570 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:40:34.75 ID:/snFZLNG0

キョン「…うるせぇ」


『自分の所為で他の誰かが傷つくのは…嫌だな』


キョン「黙ってろ」


『彼女が危険レベルに達する時間は、約46時間後だと予測される』


キョン「だから何だ」


『この事は、貴方達兄妹だけで決めるべき事だと思います』


キョン「分かってるんだよ」



『キョン君が決めた事なら、ショボ太君も分かってくれると思います』


キョン「…あぁ。そうかい」




571 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:41:18.74 ID:/snFZLNG0









― 綺麗さっぱり忘れろなんて言わない。でも、自分が決めたことには責任を持ちなさい ―










572 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:42:00.23 ID:/snFZLNG0

キョン「……」



バサッ…



......明日、晴れるといいな。




574 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:43:14.07 ID:/snFZLNG0
an episodeⅣ end.....(,,・ω・,,)




588 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:47:20.89 ID:/snFZLNG0
――――――――――――――――――――――――


(´-ω-`) zzzz....zzz....



ピピピピ…ピピピピ


ガチャ


妹「キョンくーん朝だよー!」


ボスッ


キョン「おふぅ」

妹「ねぇ早く起きて~」スリスリ

キョン「あんっ!?このバカどこさすってやがる!?」

妹「あのねー、ハルにゃんがキョン君のここ撫でたらどんなに眠くても起きるって言ってたのー」

キョン「アイツの戯言を素直に聞き入れるんじゃない。いいから離れろ」




589 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:48:36.49 ID:/snFZLNG0
妹「えぇ~」

キョン「えーじゃない。言う事聞かないと今日連れてってやらんぞ」

妹「ああっ!それはダメっ!私イきたい!」

キョン「おいっ!卑猥な言い方するな!お袋に聞かれたらどうす





母「………」

キョン「………」

母「アンタ、親近相○なんて興味あったのね。この変態」

キョン「待て、違うんだ。俺は変態ではない。仮に変態だとしても変態と言う名の紳s

母「意味分かんない事言ってんじゃねぇよっ!」


グシャ!!


キョン「アーッ!!!!」


(´・ω・`) ショボーン…




590 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:50:16.43 ID:/snFZLNG0
――――――――――――――――――――――――



キョン「よし、準備できたか?」

妹「うんっ!ばっちりだよ!」


(`・ω・´) シャキ!


妹「ショボ太もできたって~。すっごく気合入ってる!」

キョン「そりゃそうだろう。今日行く所はコイツが決めたんだ」

妹「えっ?ショボ太が?」


d(´・ω・`)b yes I am.


キョン「何でもドーナツ食い放題なんだとさ。女性限定だがな」




591 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:51:33.97 ID:/snFZLNG0

妹「?ショボ太女の子なの?」

キョン「(しまった…コイツにどうやって説明するか考えてなかった)」

キョン「そ、そうじゃなくてだな…女のお前がいる事でショボ太も好きなだけ食べれるシステムなんだよ」

妹「そっか~、じゃあ安心だねっ!」


ヾ(´・ω・`)ノ フリフリ


キョン「(頭の足りない子で助かった)」

キョン「じゃ、そろそろ行くぞ。早くしないと無くなっちまうかもしれんな」


Σ(;´・ω・) !?

ε≡( `・ω・) ビュン!


妹「あっ!ショボ太が凄いスピードで飛んでった!」

キョン「おいっ!お前道分かんないだろうがっ!戻って来い!」




593 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:53:40.66 ID:/snFZLNG0
――――――――――――――――――――――――


-AM11:00、某アウトレットモール-



妹「うわ~大っきい!」

キョン「ついこの前オープンした大型デパートだ。結構規模がでかいぞ」

キョン「ブランド専門店や外国直輸入店、フードコートに大手企業のゲームセンター」

キョン「おまけにイベント会場やちょっとしたテーマパークもあるらしい。まぁ福岡で言うマ○○アシティみたいな所だ」

妹「キョン君誰に喋ってるの?」

キョン「語り手がいれば聞き手もいる。そういう事だ」

妹「よく分かんなーい」




594 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:54:59.03 ID:/snFZLNG0


(・ω・≡・ω・)彡 ブンブンッ!


キョン「分かった分かった、そう急かすな」

キョン「最初は腹ごしらえしておくぞ。昼時になるとどうしても混み合うからな」

妹「はーいっ」


( ^ω^) オッオッオッ




595 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:56:07.67 ID:/snFZLNG0
――――――――――――――――――――――――



((* )・ω・( *)) モキュッモキュッ


妹「あははっショボ太ふっくらしてる~」

キョン「おい、そんなに頬張ると詰まらせるぞ。ゆっくり食べなさい」


+.(o´∀`o)゚+  テカテカ


妹「でもキョン君いいの?ショボ太リュックから出して」

キョン「ん?ああ、今日は特別だ。俺達が傍にいれば大丈夫だろう」

妹「そっか~特別なんだ」



キョン「(長門の能力のおかげで、俺達以外にコイツの姿は見えない…が、油断は禁物だな)」

キョン「(何処で妹の不運が発動するか分からない。そのために古泉達に安全な環境に整えてもらったのだが)」

キョン「(如何せん人が多い…何も起こらなければいいのだが)」




597 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:58:06.60 ID:/snFZLNG0

(´・ω・`) ショボーン


キョン「ん?どうした、もう腹いっぱいか」



( ´・ω・) …

ミ( ´・ω・) ピョン

( ´・ω・)ノ~ フリフリ



キョン「…そうか、お前が見えないのを不思議に思ってるのか」

キョン「安心しろ、お前は今俺達だけしか見えない。だから思い切り浮いていいぞ」


(´・ω・`) …

( 人ω・ *) アリガトゴジャイマス


キョン「…お前そんな事もできるのか」




599 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 00:59:10.81 ID:/snFZLNG0

妹「ねぇねぇキョン君、次はどこに行くの?」

キョン「そうだな…ゲームセンターにでも行くか」

妹「私お洋服みたい!」

キョン「何だと…」

妹「女の子は常に容姿に磨きをかけないといけないって有希ちゃん言ってたもん!」

キョン「長門が?嘘だろ」

キョン「あの長門が?嘘だろ」

妹「何で二回も言うの?」

キョン「大事な事だからだ」

妹「ふーん」




600 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:00:20.11 ID:/snFZLNG0

( ´ =ω=`)=3 ケフッ


妹「あっ、ショボ太食べ終わったみたい」

キョン「ってまだ食ってたのかよ…なんか微妙に太ましくなってるし」


(,, ・ω・ ,,) モッフモッフ


キョン「…まぁ満足したならいいか」

妹「キョン君早く~」

キョン「分かった分かった。会計済ましてるから先に出ておきなさい」

妹「はーい。行こうショボ太!」


~(´ )・ω・( ) ブヨブヨ




601 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:01:22.33 ID:/snFZLNG0
――――――――――――――――――――――――




キョン「え…まだ割引期間じゃない?」

店員「申し訳ありません。広告の割引は来週からとなっていますので…」

キョン「(騙されたっ…!これは過大広告で訴えれるレベルだぞっ!!)」

キョン「そ、それでいくらですか?」

店員「ドーナッツ30点とコーヒーが一点。コーラが二点ですので」

店員「合計4950円となります」

キョン「」




602 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:02:48.01 ID:plZwq8y00
5桁行かなかっただけマシだな




603 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:03:31.28 ID:/snFZLNG0
――――――――――――――――――――――――



キョン「(´・ω・`) 」

妹「キョン君どうしたのー?何か顔がショボ太みたい」

キョン「知らんがな…」


(´・ω・`) ?


妹「変なキョン君」

キョン「終わった事はいい…早く次に行こう」

妹「うんっ!」

キョン「あ、ちょっと待て」

妹「なーに?」




605 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:04:55.81 ID:/snFZLNG0


ギュ



妹「あっ…」

キョン「念のためだ、一応繋いでおこう」

妹「う、うん…」

キョン「じゃあ行くぞ」

妹「えへへ…ちょっと恥ずかしいな」ポッ//




607 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:05:57.59 ID:/snFZLNG0

キョン「なに、大した事ないさ」



モブ1「何あれロリコン?きもっ…」

モブ2「しかも男の方凄いニヤついてる…ああ気持悪っ」

モブ3「警察呼んだ方が良くない?誘拐かもよ?」

俺「お…俺も小○生とぷにぷにのお手手繋ぎたい…」






キョン「な。今の俺より大した事ないだろ?」ホロリ…

妹「むー」




608 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:07:16.93 ID:/snFZLNG0


クルッ


キョン「…お前一体何をs

妹「みんな聞いてーっ!」

キョン「(^o^)」




妹「キョン君は私のお兄ちゃんなんだよ!だから手を繋いでもいいの!」

妹「毎朝キョン君の部屋に行って起こしてあげてるし、朝ごはんも一緒に食べてるんだよ!」

妹「たまに一緒にお風呂に入ったりもするし、一緒に寝る事だってあるもん!」

妹「だからキョン君はとっても優しいの!これも私との仲がいい証拠だよっ!」バーン!




610 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:08:11.69 ID:d8g77Gk3O
妹wwwww




611 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:08:39.29 ID:rjdL1Tjx0
もっと誤解しそうだwww




612 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:08:58.38 ID:/snFZLNG0

モブ1「ロリコンでシスコン…救いようがないクズ…」

モブ2「ねぇ、本当に警察呼んだ方がいいってば!アイツマジヤバイって!」

俺「ちょっと俺かーちゃんに妹作ってもらうわ。妹と一緒に風呂入りたい」

お前ら「男できたらどうすんだよwwwww」




妹「よかったねキョン君!みんな分かってもらえたよっ!」

キョン「…うん、そうだねっ…」ポロ…ポロ


( ^ω^)…




613 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:10:46.57 ID:8IN+7X/v0
男できたらどうすんだよwwwww




614 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:11:43.62 ID:/snFZLNG0
――――――――――――――――――――――――


妹「ふんふーん♪」

キョン「なぁ…俺離れてていいか?」

妹「えぇ~だめだよ。キョン君いないとどれが似合うか分かんないもん」

キョン「いや…あのな?流石に女性用の服専門の店に男一人ってのは…」

妹「大丈夫!ショボ太もいるよ!」


( ^ω^)ニヤニヤ


キョン「コイツは人数には数えん。後その顔ウザいからやめろ」

妹「キョン君!これ私に合うと思う?」

キョン「それランジェリーじゃねぇか!お前には早すぎる!」

妹「じゃあ大人になった時の為に買っておくね」

キョン「いやその理屈はおかしい」




617 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:12:59.88 ID:/snFZLNG0

キョン「とにかく早く返してこい。お前なんぞ3枚セットの特売品で充分だ」
 
妹「え~やだよ!あれ可愛くないもん!」

キョン「だったらもっとちゃんとしたモノ持ってこい。つか俺に下着の指導をさせるな」

妹「ぶー。じゃあちょっと待ってて」



タッタッタッタッタ…



キョン「…もうこれ拷問か何かの類だろ」




618 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:14:39.79 ID:/snFZLNG0

・・・・・・・・・・・・・・・・・( ´・ω・)ノ ---===≡≡≡ ω


妹「キョン君どう?似合ってるかな?」

キョン「ん…まぁいいんじゃないか?お前らしくて」

キョン「お前もそう思うだろ?」


( ´・ω・) …

( ´・ω・)b グッ


キョン「だそうだ」

妹「そっか…えへへ」

キョン「じゃあ買ってやるから早く着替えてこい」

妹「はーい」


タッタッタッタッタッタ…




619 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:16:46.88 ID:/snFZLNG0

キョン「…あんな奴でも、成長していくんだな」

キョン「朝比奈さんみたいに立派な女性になる事を祈ろう」


(・´ω`・)ミョーン


キョン「さて…次は何処にいこうか」

キョン「お前、行きたい所あるか?」


( ´・ω・) …

(´・ω・`) ショボーン


キョン「特になし…と」

妹「キョンくん終わったよー」

キョン「へいへい」

妹「次はどこいくの?」

キョン「そうだな…これといって行きたい所もないしな」

妹「うーん…」




621 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:19:13.91 ID:/snFZLNG0
(´-ω-`)  …

( ・ω・ ) !


( ´・ω・)σ ツンツン


キョン「ん?何か見つけたか」

妹「あっ!キョン君あれ!」



キョン「…ほう、観覧車か」

妹「私あれ乗ってみたいな」

キョン「コイツも乗りたそうだし、行ってみるか」




623 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:20:00.72 ID:/snFZLNG0

妹「む~。キョン君さっきからショボ太ばっかり気にしてる」

キョン「そりゃあお前コイツh」






妹「…?キョン君どうしたの?」

キョン「…何でもない。さっさと行くぞ」


~( ´・ω・) フヨフヨ




625 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:21:03.42 ID:/snFZLNG0
――――――――――――――――――――――――


ゴウン…ゴウン…


妹「キョン君キョン君!この観覧車すっごく高い!人がゴミのようだよ!」

キョン「こら、偉大なる王のセリフを勝手に使うんじゃない。3分で目潰されるぞ」


( o´・ω・)゚+ パアァ


妹「あははっ。ショボ太も不思議なんだねー」

妹「ほらっ、あのおっきいのが海だよー」


ヾ( ,,・ω・)ノ ソーナノカー


妹「わわっここで踊っちゃだめっ!」




626 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:22:18.40 ID:/snFZLNG0

キョン「…綺麗だな、海」

妹「うん…すっごく青くて綺麗だね」

キョン「……」

妹「ねぇねぇキョン君」

キョン「何だ」

妹「どうして今日ここに来たの?」

キョン「さぁな、単なる気まぐれだ」

妹「そっかー」

キョン「くだらない事気にしてないで景色を楽しんどけ」

妹「はーい」




627 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:23:45.95 ID:/snFZLNG0

( ´・ω・) …


キョン「…どうだ?ここに来た感想は」


(´・ω・`) ?


キョン「ここ何日かお前と一緒に生活してきたが…三人一緒で過せる時間が少なかったからな」

キョン「だからちょっとした思い出作りにって思ったんだ。楽しんでくれてるなら連れてきた甲斐がある」


( ´・ω・) …


キョン「別にあの事だけが理由じゃない」

キョン「純粋にお前と遊びたいと思った。…ただそれだけだ」




628 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:25:25.00 ID:/snFZLNG0

( ´・ω・)


(´・ω・`)



キョン「…そうか」

妹「何の話してるのー?」

キョン「何でもねぇよ。そろそろ降りるから準備しとけ」

妹「はーい」





629 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:26:49.50 ID:/snFZLNG0
――――――――――――――――――――――――







キョン「…ふぅ。そろそろ時間だな」

妹「えーもう帰るの?」

キョン「もう6時だ。あまり遅くなると母さん怒るぞ」

妹「うー…」


( ´・ω・)σ チョイチョイ


キョン「…とにかく此処を出よう。暗くならない内にな」

妹「はーい。あっキョン君!」




631 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:28:22.32 ID:/snFZLNG0

ギュッ


妹「…えへへ」

キョン「何か嬉しそうだな」

妹「そんなことないもん!」

キョン「じゃあ離すか」

妹「ウソウソッ!本当は嬉しいよ!」

キョン「い、いや別に嬉しいと言えとは言ってないが」


(;^ω^) …


キョン「おい、その顔ムカつくからやめろ」

妹「キョン君早く行こー」

キョン「ちょ、いきなり手を引っ張るな」


~( ´・ω・) フヨフヨ




632 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:31:00.31 ID:/snFZLNG0
―――――――――――――――――――――――



妹「~♪」

キョン「あんまりスキップするな。俺の手が疲れる」

妹「だって気分いいんだもんっ」


( ´・ω・) …


キョン「…そんなに今日は楽しかったか?」

妹「うん、キョン君とショボ太と一緒に遊んでとっても楽しかったよ!」

キョン「…そうか」

妹「~♪」




633 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:32:20.13 ID:/snFZLNG0


ガッ!



妹「あっ!」

キョン「おっと」


ブオォォォォン!!


キョン「っ!?…何だあの車、スピード違反ってレベルじゃなかったぞ…」

妹「あぅ…また転びそうになっちゃった」

キョン「気をつけろ。ただでさえお前は足元を見ないんだからな」

妹「はーい」


( ´・ω・) …




636 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:33:45.44 ID:/snFZLNG0

キョン「……」

妹「~♪」

キョン「…少し、公園に寄ろう」

妹「えっ?何で?」

キョン「…用事があるんだ。大切な」

妹「そうなんだー。いいよー」

キョン「…あぁ。行こう」




637 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:35:08.93 ID:/snFZLNG0
―――――――――――――――――――――――



-PM6:30 公園-


 

長門「……」



妹「あ、有希ちゃんだ!」

キョン「…よう、待ったか?」

長門「…別に」

妹「キョン君の用事って有希ちゃんと会う事なの?」

キョン「…あぁ。少し関係がある」

妹「ふーん」




638 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:36:56.35 ID:/snFZLNG0

長門「……」

キョン「…長門」

長門「未確認生命体のステルス機能を持続させたため、他の情報操作ができなくなっていた」

長門「そのために涼宮ハルヒが情報を入手し、明日に彼女は調査すると宣言し未確認生命体の存在を明らかにすることが確定されつつある」

長門「彼女がそれを望んでしまうと、私にはもう何もする事ができない」

長門「…決断をするなら、今が望ましい」




639 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:37:52.18 ID:/snFZLNG0

キョン「…そうか。そんな事になっちまってるのか」

長門「…ごめんなさい」

キョン「謝るな長門。俺達のためによくここまでしてくれたよ」

キョン「全部が全部上手くいかなくても、これだけやってくれれば充分だ」

長門「……」

キョン「そう落ち込むなって。もう決まってた事なんだからよ」

長門「…そう」




640 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:38:59.07 ID:Ccwe5Qhu0
あああああああああああ(´;ω;`)




641 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:39:19.23 ID:/snFZLNG0

(´・ω・`) …


妹「キョン君有希ちゃん何の話してるの?」

キョン「…」

長門「…彼女に、説明を」

キョン「…ああ」




キョン「妹よ。良く聞いてくれ」

キョン「これから話す事は嘘でも冗談でもない」

キョン「お前に関する事だ。…真剣に聞いてくれ」

妹「う、うん…」

キョン「よし、いい子だ」




643 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:40:50.52 ID:/snFZLNG0


キョン「お前は今、命に関わる程運が悪い」

妹「えっ?」

キョン「思い出してみろ。いくらお前がおっちょこちょいでも、1日に何回も転んだり、病院に運ばれるような頭の打ち方をした事が今までにあったか?」

妹「……」

キョン「…ショボ太はお前の運を吸収して生きている。それがお前の不運の原因だ」

キョン「それに時間が経つにつれてどんどん深刻になっている。…こんな風に喋ってる今だってな」

キョン「この前は幸いに何も異常なかったが…次はもうヤバイ」

キョン「もう限界なんだよ。ショボ太も。お前の運も…」

キョン「何時死ぬかも分からない。予防法もない。対処法もない。…もう完全に詰んでいるんだ」

キョン「ショボ太の事も他人に知られちまった…もう俺達にはどうすることもできない」

妹「……」




645 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:43:02.75 ID:/snFZLNG0

キョン「だから…」

キョン「……」


(´・ω・`) …

(´-ω-`)


妹「…キョン君?」

長門「有機生命体に未確認生命体の存在を認識され、いずれ涼宮ハルヒにその存在を知られる可能性があると情報統合思念体は判断した」

長門「さらに貴女の個人能力が限界レベルにまで下がっている。これ以上放置するのは危険」

長門「最悪の場合、涼宮ハルヒの情報改変能力によって未確認生命体に何らかの影響が与えられ、個々の能力の混合化を招く恐れがある」

長門「涼宮ハルヒの能力に未確認生命体の能力が混合した場合、私達では予想もつかない情報爆破が起こると推測している」

長門「これは情報統合思念体…意志が存在する全ての個体が防ぐ事ができないと私は推測している」

長門「…世界の終焉を迎える可能性も、十分」




648 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:44:15.44 ID:/snFZLNG0

妹「…よく分かんない」

キョン「…長門、コイツにハルヒの事を言っても理解できねぇよ。分かってるだろ」

長門「…私にはこれ以外の説明の仕方が見つからなかない」

キョン「…」

妹「キョン君、どういう事なの?」

キョン「…つまり、だな」








「ショボ太とは、…もうお別れしなければいけない」











652 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:45:54.08 ID:/snFZLNG0

妹「…え」

キョン「…」

妹「何で…何で?」

キョン「言っただろ。ショボ太のせいでお前が不幸になっているんだ。これ以上放っておいたらお前死んじまうぞ」

妹「そんなことないよっ!だってショボ太は私を助けてくれたもん!」

妹「私が転びそうになった時も庇ってくれたもん」

妹「私が死ぬなんて…そんな事あるわけないもん」

妹「ねっ、そうだよねショボ太…?」




654 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:47:43.80 ID:/snFZLNG0

(´・ω・`) …

(´-ω-`)


キョン「…妹、あまりコイツを困らせるな」

キョン「コイツだってお前と守ってやりたい気持でいっぱいだ。だけどもう無理なんだよ…」

キョン「もうお前を救う手段は、コイツが消える事しかない」

キョン「…分かってくれ」

妹「いやっ!ショボ太はずっと一緒にいるの!」

妹「私約束したんだよ?ショボ太はこれからずっと一緒だって…」

妹「これからもっと楽しい事いっぱいしようって…昨日約束したんだもん」

妹「約束は破っちゃいけないんだよ!キョン君も分かるでしょ!?」




659 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:49:10.78 ID:/snFZLNG0


キョン「…それを、コイツは頷いたのかよ」

妹「……」

キョン「全部分かってたんだよ。コイツは」

キョン「自分の所為で俺達が傷つくのを知っていた。でも俺達の側を離れようとしなかった」

キョン「お前はこれがどういう意味か分かってるのか?」

妹「分かってる!ショボ太は私の側にいたいんだよっ!」

キョン「分かってるなら何でコイツの気持ちを理解してやれないんだっ!!」

妹「っ!?」




661 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:50:46.17 ID:/snFZLNG0

妹「ヒック…う…ぅ…」ポロポロ

キョン「俺だってコイツと一緒にいたい…でももう無理なんだ」

キョン「このまま一緒にいたらお前は死んでしまう。確実に…」

キョン「コイツはそれが嫌だから、頷かなかったんだ」

キョン「お前の事が、大好きだから」

妹「大丈夫…だもん…」ポロポロ…

妹「離れなくてもいいもん…大丈夫だもん…」ギュ

キョン「……」




662 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:51:46.43 ID:/snFZLNG0


長門「…もう、時間がない」

キョン「…どうしてだ」

長門「涼宮ハルヒが予定の時間より早く未確認生物の情報を手に入れる可能性が発生した」

長門「万が一彼女がこの公園を訪れるとしたら、全てが事実となってしまう」

長門「そうすると、この生物の情報連結の解除ができなくなってしまう」

長門「彼女も彼の命も…危険」




663 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:52:52.08 ID:/snFZLNG0

キョン「…」

妹「ヒック…ヒック…」

長門「…これより情報連結の解除を行う」

長門「彼女が未確認生物と接触していると、リンクしてしまう可能性がある。離れていて欲しい」

キョン「…妹、ショボ太を放してやれ」

妹「いや…いやぁ…」ポロポロ…

キョン「……」グッ




665 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:53:56.86 ID:/snFZLNG0


( ´・ω・) …

(・ω・` )ミ ピョン


妹「あっ…!」


(・ω・` ) …


妹「ショボ太…行っちゃ、ヒック…嫌だよぉ…」ポロポロ


ヾ(・ω・` ) フキフキ


妹「…ショボ太」




667 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:54:39.87 ID:/snFZLNG0

(・ω・` ) …


◎⊂(・ω・` ) スッ



妹「…これ、さっきの」


(・ω・,,, ) モフモフ


妹「…ショボ太、ぁ…うぅ…」




668 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:55:35.27 ID:/snFZLNG0

(・ω・` ) …

(^ω^ ) ニコッ


妹「…!」



~( ´・ω・) フワフワ


( ´・ω・) …


キョン「…もう、いいのか」




670 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:56:40.74 ID:/snFZLNG0


( ´・ω・) …


ボスッ


(,,,・ω・) モフモフ



キョン「……っ」ギュ


( ´・ω・)

( ^ω^) ニコッ


キョン「その顔…やめろって…言っただろ…」




672 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:57:50.38 ID:/snFZLNG0

ミ( ´・ω・)

..........( ´・ω・)




長門「…これより情報連結の解除を開始する」

長門「…許可を」



(´・ω・`)



キョン「…なるべく…痛くないようにしてやってくれ」


長門「…了解した」




675 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:58:47.83 ID:/snFZLNG0



(´・ω・`)



(´・ω・`:;.:... 




妹「ショボ太…ショボ太!」




(´・ω・:;.:... 




妹「う…うぁ…あぁ…ぁ」





676 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 01:59:03.40 ID:rjdL1Tjx0
ダメだ!まだゴールしたらあかん!




678 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:00:05.25 ID:/snFZLNG0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「ほらっ!これがドーナツだよ!」


ピョン


「ああまだダメ!私がいいって言ったら食べていいよ」


ショボーン


「まだだよ~…」


……


「はいどうぞ!」


バッ


((,,・ω・,,))





679 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:01:17.66 ID:/snFZLNG0






(´・ω:;.:... 




妹「ヒック…嫌だぁ…消えないで…」



キョン「……」





680 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:01:33.32 ID:opYR9SYxO
これからクリスマス正月ずっと一緒にいるんだろ!

ぼけっとしながら下らないテレビ見て無為に時間過ごして それでええやん




683 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:02:57.04 ID:/snFZLNG0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「…何やってるんだお前は」


シャキ!


「お前のベットはあっちだろ、早く戻れ」


ショボーン


「…はぁ。分かったよ」

「お前が寝るまで、一緒に寝てやる」





(,,-ω-,,)スゥ…スゥ…







684 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:03:43.85 ID:/snFZLNG0




(´・ω:;.:... 




キョン「……」








キョン「…安心しろ、ショボ太」

キョン「お前は消えても、俺達が過ごした時間は決して消えない」

キョン「俺も妹も、絶対にお前の事は忘れない。…約束しよう」

キョン「お前と一緒にいた数日間…楽しかったぜ」

キョン「…そうだろ?」

妹「うんっ…楽しかった…楽しかったよ!」




687 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:05:51.00 ID:/snFZLNG0

(´・ω:;.:... 



( ^ω:;.:... 




キョン「…俺達に大切な思い出を与えてくれてありがとう」

キョン「お前の事は…絶対に忘れない」

妹「ショボ太…あり、ヒック…あり、がとぅ…」




689 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:06:37.12 ID:/snFZLNG0

(´・:;....::;.:. :::;.. ...



(´:;....::;.:. :::;.. ...



ヾ(:;....::;.:. :::;.. ...


ヾ:;....::;.:. :::;.. ...



:;....::;.:. :::;..



...:;:;.:...


.:;:;




693 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:07:43.79 ID:/snFZLNG0

キョン「……」

妹「ヒック…ヒック…」ポロ…ポロ…


長門「情報連結の解除を完了。対象者以外の未確認生物への情報の消滅を確認」

長門「彼女のステータスと貴方の能力の正常化を確認」

長門「…全てのプログラムを終了する」



パキンッ!!




695 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:08:45.68 ID:/snFZLNG0

妹「っあ…」

キョン「どうした!」

妹「…ショボ太から貰ったビー球…割れちゃった」

キョン「…何だと?」

妹「……」



スッ



キョン「…粉々になっちまってる」

妹「フッ…グスッ…ショボ太…ショボ太ぁ…」


ギュ…


キョン「…もう、泣くな」

妹「ヒッグ…キョン君…ヒッ…うえぇん…」




697 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:09:46.09 ID:/snFZLNG0

キョン「…長門、もうやる事は全部終わったのか?」

長門「…念のため、彼女に対する情報操作をしたい」

キョン「妹に?何故だ」

長門「彼女に未確認生物の情報が残っていると、今後影響を及ぼす可能性があるかもしれない」

長門「それを防ぐための記憶の改ざん、そして精神の正常化を

キョン「そんな事しなくていい」




699 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:10:56.27 ID:/snFZLNG0

長門「……」

キョン「…確かに思い出して悲しくなる時があるかもしれん」

キョン「でもな、妹はアイツに逢った事で成長した。…出会いと別れという事を覚えたんだ」

キョン「せっかく大人への一歩を踏み出したんだ。それを簡単に消しちまうなんてもったいねぇよ」

キョン「…だから、な。俺達の記憶はそのままにしておいてくれ」

キョン「アイツとの思い出くらい…残してやってくれ」

長門「……」








「…了解した」









701 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:11:39.89 ID:/snFZLNG0
an episodeⅤ end.....




704 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:13:15.94 ID:/snFZLNG0
―――――――――――――――――――――――



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・



ガチャ

カランカラン…



キョン「…よぅ。来てやったぜ」




705 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:14:18.64 ID:/snFZLNG0


「やぁ。ようこそバーボンハウスへ」


キョン「…お前の姿が見えないな。何故だ?」


「いやぁ…はっはっは。私もそろそろ年だからね」

「もう此処を閉店にしようかと思っているんだよ。お客さんには悪いけどね」


キョン「…そうか。そりゃあ残念だな」


「…君は、もう決心をしたみたいだね」


キョン「悪いな。返答する前に行動しちまった」


「いや、君の考えは正しい。私はきっとこう選んでくれると信じていたよ」


キョン「…そうか」




707 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:15:41.77 ID:/snFZLNG0


キョン「…なぁ。最後に一つ、聞いていいだろうか?」


「…何だい?」


キョン「…アイツは、俺達と一緒にいて良かったと思っているだろうか?」

キョン「自分がいる事で傷つけるという罪悪感だけを残して…消えていないだろうか?」



「…さぁ、どうだろうね。私には分からないよ」

「あの子が消える時、どんな顔をしていたのか覚えているかい?」




710 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:16:55.24 ID:/snFZLNG0


キョン「…そうだな」

キョン「ムカつく顔をしていたぜ。心の底からあざ笑うような顔だったな」


「はっはっは…それは残念だったね」


キョン「何故残念だと思う?」


「私はその場面を見ていないからね。言葉だけの表現ではこんな判断しかつかないのさ」




713 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:17:39.39 ID:/snFZLNG0

キョン「…お前、結構隙だらけなんだな。大人のクセに」


「おやおや…これだけで何かを知られてしまったようだ。やるねぇ」


キョン「嘘付け。分かっててヒントをくれたクセに」


「はっはっは…」




717 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:18:37.32 ID:/snFZLNG0


「…私は、君の成長がとても楽しみだよ。きっと素晴らしい大人になるのだろう…」


キョン「…見届けてはくれないのか?」


「すまないね。…私はもう年なんだよ」


キョン「…そうか。残念だ」

キョン「俺は別にずっとここにいてもいいんだぜ?お前と話すのも悪くないからな」


「…そんな冗談を言っていいのは、私ぐらいの年になってからだよ」


キョン「…そんなもんか」


「ああ、そんなもんさ」




720 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:19:46.42 ID:/snFZLNG0


キョン「…もし、どこかで会えたなら、またあの酒飲ませてくれ」


「…ああ、ご馳走するよ。また会える日が来るならば」


キョン「…信じてるぜ」

キョン「今日は帰らせてもらう…じゃあな」





723 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:20:57.59 ID:/snFZLNG0

「君のような青年に会えて良かった」

「こんな店なら。いつでも寄ってくれたまえ」


キョン「言ってる事が矛盾だらけだぜ。おっさん」


「はっはっは…これは一本取られたね」



カランッ…



「…来てくれてありがとう。またのご来店を待っているよ」


キョン「…あぁ」







「じゃあな。ショボ太」




729 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:23:14.77 ID:/snFZLNG0
―――――――――――――――――――――――


ピピピピ…ピピピピ…ピピピピ


キョン「ぐお…が…」


ガチャ


妹「キョーンくんっ!」


ドサッ!!


キョン「おふぅ」

妹「朝だよ~」

キョン「…何で一々飛び込んでくるんだ」

妹「これは私の朝の儀式だよっ!」

キョン「……あ、そう」




731 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:24:49.59 ID:/snFZLNG0

妹「ねぇねぇみてみてキョン君」

キョン「何だ。朝から一体なにを盛り上がって…」

妹「ほらっ!」ヒョイ


(´・ω・`)


キョン「うわぁ!!」ドピュッ!!

妹「ユキちゃんがね。私にくれたんだ~」

キョン「…あ、な、何だ。人形か、は…ははは」

妹「すっごく柔らかいんだ~」ギュ-

キョン「…そうか、よかったな。」

妹「うんっ!」





732 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:25:32.08 ID:plZwq8y00
>>731
>キョン「うわぁ!!」ドピュッ!!

( ^ω^)…




734 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:26:03.27 ID:opYR9SYxO
ドピュッてなに? なんなの?




739 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:26:53.03 ID:/snFZLNG0


ガチャ


シャミセン「ニャ~」

妹「あっ!シャミが帰って来た!」

妹「シャミ今まで何処に行ってたの?私ずっと探してたんだからね」

キョン「嘘付け。名前も口にしなかった癖に」

シャミセン「ニャーゴ」ゴロゴロ

妹「あっ!シャミもショボ太が気に入ったんだね!」

妹「ショボ太はね~?とっても可愛い生き物だったんだ~」

シャミセン「にゃ~?」

妹「帰ってきたら沢山話してあげるね!キョン君早く行こう!」

キョン「待て待て。俺は着替えを済ませるから先に行ってくれ」




744 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:28:48.42 ID:/snFZLNG0

妹「あっ!じゃあ私が着替えさせてあげるよ!」ダキッ!

キョン「ちょ!何くっついてんだお前!離れろ!」

妹「あ…キョン君のココ凄い事になってる…」

キョン「触るなっ!男は朝みんなこうなるんだよ!自然現象なの!」

妹「なんだか苦しそう…着替えは私に任せろー!」バリバリッ!!

キョン「やめてっ!痴漢!変態!痴女!アーッ!!!」







母「…ねぇ。お父さん」

父「なんだい母さん」

母「私、あの子達の将来が心配になってきたわ」

父「……」




748 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:30:51.87 ID:EJabbu2X0
父「心配ならもう一人つくr
母「お断りします」




749 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:31:19.65 ID:/snFZLNG0
―――――――――――――――――――――――



キョン「なぁ、古泉」

古泉「何でしょうか?」

キョン「…ハルヒは、何で俺に大人になって欲しかったんだろうな」

古泉「…」

キョン「妹の事は望んでなかったとはいえ、俺に変わって欲しかったと思っているのは事実だろう」

キョン「だが、何故ハルヒは俺にそんな事を望んだのかが全く分からん」

キョン「こうして全てが終わった後でも…な」




750 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:32:22.79 ID:/snFZLNG0


古泉「…きっと、認めてもらいたかったのですよ。涼宮さんは」

キョン「認める?何をだ」

古泉「彼女は変わりたいと願ったのです…今までの自分から」

古泉「それを貴方に認めて欲しかった。…ただそれだけの事です」

キョン「…別に俺が認めようが認めまいがどっちでもいい気がするんだが」

古泉「んっふ…そこはちょっとした気持ちの問題ですよ」

キョン「そんなもんか」

古泉「ええ、そんなものです」




751 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:33:35.67 ID:/snFZLNG0


スッ…


キョン「……」

古泉「おや、それは…」

キョン「ん?ああこれか」

キョン「アイツが消えたらこの球も消えると思ったんだけどな…残っちまったよ」

古泉「そうなのですか…思い出の品が出来て良かったですね」

キョン「いや…それがだな」


キョン「妹の白球は消滅した時に割れたのだが…俺の赤球は残った」

古泉「ほう…」

キョン「これは一体どういう事か分かるか?俺にはさっぱりだ」




752 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:34:55.16 ID:/snFZLNG0

古泉「ふむ…そうですね」

古泉「これは僕の憶測ですが、この球には色そのものに意味があったのではないのでしょうか?」

キョン「…意味?」

古泉「貴方には赤、妹さんには白。…何か気付きませんか?」

キョン「…紅白か」

古泉「その通りです」

古泉「紅白には歌合戦のように西軍、東軍を決める役割をするのが一般的です」

古泉「しかし、時には可、否を表す場合に使われる事もあるのです」

古泉「妹さんが持っていた白球を『可』とするならば、貴方の赤球は『否』」

古泉「…これは、彼の消滅に関しての選択肢だった。と、僕は思います」




753 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:35:59.38 ID:/snFZLNG0


キョン「…なるほど。だから妹の球だけが割れたって事か」

古泉「おそらくは、そうなのでしょうね」

キョン「…まったく、いろいろと謎を残してくれる奴だ」

古泉「んふ…そうですね」



キーンコーンカーンコーン…



キョン「…随分と時間食っちまったな。ハルヒが顔真っ赤にして部室に待機してそうだ」

古泉「それは恐ろしい。早く戻りましょうか」

キョン「ああ、そうだな」




755 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:38:47.89 ID:/snFZLNG0
―――――――――――――――――――――――


ガチャ


キョン「ただいま○こ」

ハルヒ「おかえりn…って何言わせるのよっ!」

キョン「お前が勝手に言ってんだろ」

ハルヒ「当たり前のように放送禁止用語使わないで!釣られて言う所だったじゃない!」

キョン「何言ってやがる。まるこかもしれないだろ」

ハルヒ「そんな屁理屈は聞いてない!」

キョン「うわ何考えてんのこの人エロい」

ハルヒ「キイイイイイイイイッ!!!」




757 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:39:58.68 ID:/snFZLNG0

古泉「すみません、少々時間が掛かってしまいました」

みくる「いえ…私達もさっき来たばかりなので」

長門「……」ペラッ

キョン「ん?お前もか。随分と遅かったんだな、掃除当番でもやってたのか?」

ハルヒ「違うわ。ちょっと面白い話を聞いたからそれを確認しに行ってたのよ」

キョン「またかよ…やれやれ」




759 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:40:54.56 ID:/snFZLNG0

古泉「興味深いですね、一体どんな話ですか?」

ハルヒ「ふっふっふ…聞いて驚きなさい!」

キョン「見て笑え」

長門「我ら閻魔大王様一の子分」

ハルヒ「やかましいっ!無駄な連携を続けるな!」

キョン&長門「はーい」

みくる「……」




760 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:42:17.08 ID:tUS1SeE80
長門www




765 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:44:40.85 ID:/snFZLNG0

ハルヒ「今日のSOS団の活動は…未確認生物UMAの捜索よ!」

キョン「…!」

みくる「ふえぇ~」

長門「……」

古泉「おやおや…それは楽しそうですね」

ハルヒ「何でもこの町のどこかに見たこともない生物がいるらしいわ!」

ハルヒ「それを私達が調査しないで誰が調査するのよ!いないじゃない!」




769 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:46:25.88 ID:/snFZLNG0


キョン「……」

古泉「しかしこの町全体の規模となれば、かなりの時間を費やさないと探索は難しいですね」

ハルヒ「その通り。だから私考えたのよ」

ハルヒ「これから何週間か、ずっと未確認生物の探索に時間を使いましょう!」

ハルヒ「もちろん土曜日の不思議探索も中止。SOS団全員で行動して探すのよ!」

ハルヒ「バラバラになって探しても埒があかないわ。こういう事は全員で探し回るのが一番ね!」

キョン「流石団長様だ。勢いに乗せて矛盾をそのままゴリ押しにしようとしている」

長門「そこにしびれる憧れる」

古泉「お願いです長門さん。それ以上キャラを崩さないでください」




771 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:48:58.03 ID:32687BwrO
長門「だが断る」




770 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:48:17.92 ID:/snFZLNG0

みくる「でもいいですねぇ。みんなで行動できるのも楽しいと思います」

古泉「えぇ。僕も朝比奈さんと同意見です」

長門「……」コクリ

キョン「…まぁ。悪くはないな」

ハルヒ「何よ。その微妙な言い方は」

キョン「別に何でもないさ」

ハルヒ「…ふーん」




772 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:49:27.27 ID:/snFZLNG0

ハルヒ「反対意見がないなら決定ね。じゃあさっそく探しに行くわよ!」

みくる「あっ!待ってください!私まだ着替えてないです!」

ハルヒ「みくるちゃんはメイド服でも充分可愛いから大丈夫よ!」

ハルヒ「みんな!私に着いて来なさいっ!」ガシッ!

みくる「ひゃあ!涼宮さんひっぱらないでえええええええぇ!!!」

長門「……」スタスタスタ




773 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:50:55.31 ID:/snFZLNG0

古泉「んっふ…彼女も素直じゃないですね」

キョン「まったくだ、みんなで遊びたいなら素直にそう言えっての」

ハルヒ「キョン!古泉君!早くこっち来なさい!」



古泉「行きましょう。…青春ですよ。これは」

キョン「やれやれ…」









「面倒くさい青春だ。まったく…」








774 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:51:35.50 ID:/snFZLNG0

__
    ̄ ̄ ̄二二ニ=-
'''''""" ̄ ̄
           -=ニニニニ=-


                                _,,-''"
                               ,-''";  ;,
                           (・ω・` ),,-''"'; ', :' ;; ;,'
                        _,,- ;,; ' ; ;;  ':  ,'
                   _,,-','",'''";: ' ; :, ': ,:    :'  ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'     d⌒) ./| _ノ  __ノ




776 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:52:04.05 ID:I4t99fJg0
乙。感動した!




782 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:53:39.13 ID:q3EDER8kP
(´ω`)ノシシシシ  おつかれしたー!!!!

すげぇよかった。ありがとう!!(`・ω・´)ゞ




783 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:53:38.74 ID:tjUkHoTcO

よかった(´;ω;`)




801 : ◆J56L221nBM :2009/12/05(土) 02:57:16.65 ID:/snFZLNG0
ここまで付き合ってくれてありがとう
前回のSSでハルヒをいじめすぎたから今度は可愛い感じにしたかった
あとはバーボンハウスをSSにしたら面白いだろうなぁって思っただけだ


分からない所とか別になかっただろうか?
結構自分でも穴だらけに思うから心配だ


でも保守してくれた人、シコッてた人も最後までありがとう
ショボ太はずっとお前らの心の中にいるぜ!




802 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 02:57:44.50 ID:pA/0o5O00
乙!
面白かった!!




817 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/05(土) 04:12:31.19 ID:ghyQ/H+cO
ドピュッの謎が残っている









---------------
当ブログについて
※欄694さん、695さんありがとうです。メールくれた方ありがとうです。




空の中 (角川文庫)
空の中 (角川文庫)
角川グループパブリッシング 2008-06-25
売り上げランキング : 3874

おすすめ平均 star
star空の中にあるのは…
starちょっと長いライトノベル
starやや読みづらいかな

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



読み物:ハルヒ
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 18:24: :edit
    いちかな?
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 18:33: :edit
    2ゲト
  3. 名前: UREEYYY #-: 2009/12/09(水) 18:41: :edit
    3ゲト
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 18:43: :edit
    ( ,,,・ω・)

    面白かったぜ
  5. 名前: 団長 #-: 2009/12/09(水) 18:43: :edit
    (´・ω・`)
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 18:52: :edit
    6だぜよ
  7. 名前: 副団長 #-: 2009/12/09(水) 18:53: :edit
    7げと
    以下ゲッター禁止
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 18:54: :edit
    ファッ!!
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 19:12: :edit
    近年稀に見る感動SSだな・・・タイトル見た時潮噴いたけどな




    赤玉絶倫
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 19:23: :edit
    ~( ´・ω・) フヨフヨ…
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 19:27: :edit
    やべぇ妹かわええww
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 19:29: :edit
    すげぇwww
    バーボンハウスから始まる青春物語wwwww
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 19:34: :edit
    普通にいい話で泣いた

    作者&ぷん太乙
  14. 名前:   #-: 2009/12/09(水) 19:37: :edit
    キョン「……性懲りもなくまた届いたのか…今度のはでかいな。桐の箱に入っているし…」

    キョ妹「キョン君、早く早く」

    ゴソゴソ ガサガサ ビリ…ビリビリ

                 ノ´⌒ヽ 
             γ⌒´     \
            .// "´ ⌒\  )
            i./ ⌒   ⌒  .i )  
            i  (・ )` ´( ・) i,/   
            | ::::: (_人_) :::: :|   
            (^ヽ__ `ー' _/^)、  
              |__ノ  ̄ ̄,  |、)|
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    キョ妹「うわああああああああああああああああああああああ」

    キョン「おわぁっ!!」

    ガンッ!

    キョ妹「大きな光が、点いたり消えたりしている。あっはは大きいィ…彗星かなぁ、違う、違うなぁ。彗星はもっとこう、バァーって動くもんな」

    キョン「いかん、ショックで妹がシロッコに魂を引かれたカミーユみたいになっている…」

    キョ妹「あががばばばばば」

    キョン「取りあえず……川だ、川に流してしまおう。太平洋まで流してしまおう。それがいい」

    こうですか><
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 19:40: :edit
    あれ?おかしいな
    目から汗が止まらなくて
    モニターがよく見えないんだが
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 20:11: :edit
    リアルタイムで見てたが
    やっぱりここに載ったか
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 20:14: :edit

    久々にいいもの読ませてもらった
  18. 名前: ヤマちゃん #-: 2009/12/09(水) 20:20: :edit
    ショボ太に乾杯!(^ω^)ノシ

    っていうか作者サインくれー!
  19. 名前: 通常のナナシ #TNMtb/9k: 2009/12/09(水) 20:20: :edit
    イイ話だった。ジ~ンとキタわ。
  20. 名前: 通常のナナシ #3un.pJ2M: 2009/12/09(水) 20:21: :edit
    ショボンがこんなに可愛いなんて・・・
    久々の良作だった。作者、ぶん太GJ
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 20:26: :edit
    消える(´・ω・`)
    彼等は見送った
    寂しくて逃げた
    いつだって一緒で
    あの時から
    変わらず
    いつまでも変わらずに
    柔らかかった事
    感覚が残る
    ずっと
  22. 名前:   #-: 2009/12/09(水) 21:01: :edit
    SSでマジ泣きするのも久々だ
    ありがとう
  23. 名前: 通常のナナシ #pkLhdCmI: 2009/12/09(水) 21:09: :edit
    くそ!上条さん来てくれ!ってちょっと思っちまったじゃないか
  24. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 21:10: :edit
    アレッシーがセト神でハルヒを小さくしてキョンのサッカーボールキックで遠くまで蹴り飛ばす
  25. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 21:22: :edit
    やはり乗ったか
  26. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 21:23: :edit
    おもしろかった

  27. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 21:24: :edit
    いい話じゃないか。gj
  28. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 21:25: :edit

    おもしろかった
    作者とぷん太に感謝
  29. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 21:39: :edit
    好きな話だわ・・・

    タイトルでちょっと期待薄だったけど、
    いい作品をありがとう
  30. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 21:49: :edit
    心から楽しめた
    ありがとうと言いたい
  31. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 21:53: :edit
    涼宮ハルヒの憂鬱の真の主人公は



    (´・ω・`)このショボン様さ。
  32. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 22:02: :edit
    まさかこんな展開とはタイトルから想像できねぇよw
    なかなかおもしろかったわ

    作者&ぷん太乙!
  33. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 22:06: :edit
    ドピュ・・・
  34. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 22:15: :edit
    おかえりんこは放送的にセーフなのに言うのをためらう
    ハルヒかわいいよハルヒ。
    キャラの崩れ具合もいいし
    ここんとこのSSで一番気に入ったよ。
    素晴らしい作品をありがとう
  35. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 22:20: :edit
    これ掲示板で見たとき今日の(´・ω・`)スレかと思って開かなかったのに!!
  36. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 22:43: :edit
    最後、泣ける話なのに

    ドピュッ!!

    で、フイタwwww
  37. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 22:45: :edit
             *、 *、      。*゚    *-+。・+。-*。+。*
            / ゚+、 ゚+、   *゚ ・゚    \       。*゚
           ∩    *。  *。    +゚    ∩    *
       (´・ω・`)      +。   +。   ゚*     (´・ω・`)
       と   ノ      *゚  *゚    ・     。ヽ、  つ
        と、ノ     ・゚  ・゚     +゚    *  ヽ、 ⊃
         ~∪    *゚  *゚      *    +゚    ∪~   ☆
              +′ +′      +゚   ゚+。*。・+。-*。+。*゚
  38. 名前: 通常のナナシ #iG63n8/s: 2009/12/09(水) 22:58: :edit
    予想以上に面白かったわ
    あと妹可愛い
  39. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 23:25: :edit
    ドピュッ!!
  40. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 23:29: :edit
    乙 かなり面白かった
  41. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 23:38: :edit
    すっごく楽しかった
    しょぼ太、可愛い

    感動物は久々だったけどクオリティが高くてよかった
  42. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 23:44: :edit
    あまり悪いこといわないやつがいない・・・じゃあ俺が一言
    最高だ・・・
  43. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 23:54: :edit
    つまりハルヒ氏ねってことか
  44. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 23:54: :edit
    おぉおぉぉぉ!!!
    ぷん太ありがとぉぉ!!
    待ってたんだよこれ!
    ちょっくらもう一度泣いてくるわ!!
  45. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 23:57: :edit
    いいSSを読んだ
    乙!!
  46. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/09(水) 23:57: :edit
    こんなにキャラ崩壊を上手く使ってるSSも少ないだろうな
    そして何よりハルヒにカッコいいって感情を抱くなんて思ってもいなかった

    感動した。作者&ぷん太乙
  47. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/10(木) 00:27: :edit
    妹かわいいよ妹
  48. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/10(木) 00:53: :edit
    すげー…見づらいコメントが全然ねぇ

    感動しちゃったよ。乙
  49. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/10(木) 01:04: :edit
    ガチで泣いちまったよ・・

    作者&プン太乙
  50. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/10(木) 01:11: :edit
    マリノアシティーか…。
    観覧車とか海とか福岡県民にしか分かんないネタだなあと思った。
  51. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/10(木) 01:20: :edit
    よかった
  52. 名前: ザシェオ #8XXmWJPY: 2009/12/10(木) 01:43: :edit
    (´・ω;`) ホロリ…
  53. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/10(木) 01:58: :edit
    ばかやろー







    泣いちまったじゃーねか(´;ω;`)
  54. 名前: 通行人α #-: 2009/12/10(木) 02:15: :edit
    笑いありシリアスありの、実に素晴らしい作品だったと思います。
  55. 名前:   #-: 2009/12/10(木) 02:28: :edit
    ハルヒSS如きで泣くとは夢にも思わなかったぞクソァ
  56. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/10(木) 03:08: :edit
    すごくよかった
    感動した

    そんでこめらんみてたたきがなくてなんかすげー嬉しかった
    作者ぷん太ありがとう
  57. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2009/12/10(木) 03:21: :edit
    流れているのは涙じゃない
    心の汗だ!!
  58. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/10(木) 03:39: :edit
    素晴らしかった。これは泣ける。
  59. 名前: 依存症さん@_@ #-: 2009/12/10(木) 03:45: :edit
    読んで良かったと心から思えた、乙!
  60. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/10(木) 08:57: :edit
    階段の手すりに敬語使わんでも
  61. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/10(木) 10:38: :edit
    感動した!ショボ太乙!
  62. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/10(木) 11:39: :edit
    カアアア// の多用はそろそろうざいな
    これ使わなくったってハルヒの照れみたいな心情はセリフと行動だけで十分表現できるだろ
  63. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/10(木) 12:10: :edit
    色々と日本語がおかしいよね
    読書とかあまりしない人が文章書くとこうなるのだろうか
    大作なのに残念です
  64. 名前:   #-: 2009/12/10(木) 13:30: :edit
    良作乙!

    >>62.63

    (´・ω・`)心も股間もちっさい男だなw

  65. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/10(木) 14:32: :edit
    最初ギャグかと思えば後半はマジメなのな
    ZZを思い出したよ……

    その1でのキョン父・母の寒い絡みとか
    その2で谷口がちょっと良い事言い出すくだりが
    『違和感』あって萎えたかな
  66. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/10(木) 17:49: :edit
    これは・・・・



    泣ける。
  67. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/10(木) 18:00: :edit
    (ノ)・ω・(ヾ) ムニムニ
  68. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/10(木) 18:39: :edit
    ドピュッは冷汗だろ、jk
    小房のころ飼ってた猫が死んだ時のことを思い出した(´;ω;`)
  69. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/10(木) 18:55: :edit
    お話についてはおいといて、全体にギャグが寒く感じた
    せめてシリアス展開になってからはギャグを控えてほしかった

    感動の名作を悪し様に言う俺は、皆様からすりゃさぞや心が狭い奴なんだろうな
  70. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/10(木) 19:32: :edit
    ( ´・ω・)ノ~
  71. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/10(木) 19:34: :edit
    ※69
    自分の幼稚さを開き直ることほど見苦しいものはないよ
  72. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2009/12/10(木) 19:44: :edit
    ちょっと表現的に稚拙に感じるところもあったとは思うが
    ショボ太が全力で可愛かったのでノーカン
  73. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/10(木) 20:00: :edit
    この程度で幼稚って…

    そういう批判の批判をするから荒れるって事にいい加減気付こうよ
  74. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/10(木) 20:20: :edit
    >>64
    誤った表現がいくつもあるのは事実だろうに
    作品を貶めてるわけじゃないのに何故こういうコメがつくのか理解に苦しむ
  75. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/10(木) 20:31: :edit
    最近マイナス面を言うだけで突っ込んでくる奴いるけど、空気悪くしてる一番の原因はそいつらだろ
    本当におかしな批判してる奴もいるけど、苦言でも普通の感想言ってる奴にまで突っかかってきやがる
  76. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/10(木) 21:00: :edit
    賛否両論あるだろうが、他人にまで自分の意見を押し付ける必要はないわな
  77. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/10(木) 21:27: :edit
    うおおおおおおおショボ太ァァァァァ!!!!!!!!
  78. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/10(木) 21:30: :edit
    「じゃあな。ショボ太」

    なんか泣いた
  79. 名前: 以下、  #-: 2009/12/10(木) 21:38: :edit
    面白かった
    予想だにしない要素を持ち込まれるとドキドキするもんだな
  80. 名前: 通常のナナシ #x7j9YsWM: 2009/12/10(木) 22:14: :edit
    「じゃあな、ショボ太」

    俺も泣きそうになった

    ショボ太~(´;ω;`)
  81. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/11(金) 01:09: :edit
    読み始めたころはSS書くのは初心者かな?とか思ったのに…

    良かったよ!!
    乙!!⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン
  82. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/11(金) 04:34: :edit
    割と面白かったけど、所々で不必要なキャラ崩壊があったのが気になったかな。
    次回作にも期待してます。
  83. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/11(金) 05:03: :edit
    原村
  84. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/11(金) 12:46: :edit
    長門とキョンの連携が可愛いw
    さすがキョンの嫁だね。
    しかしまさかの感動路線でびっくりだった。
    お疲れ。
  85. 名前: 通常のナナシ #jhHw6g8s: 2009/12/11(金) 17:32: :edit
    なんか書き手がいろいろやりたいこと詰め込みすぎたのかな? 人によっては受け付け難いノリができちゃってるよね。オリキャラとか、キャラ崩壊とか、でもシリアスなところとか。
    でも俺にとっては全部面白かったからオールオッケー。作者乙!
  86. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/11(金) 20:43: :edit
    ショボ太(´;ω;`)ウッ…

    最後のハルヒのUMA探索と赤球が残ったことは、いつかショボ太が復活することのフラグだとしんじてる
  87. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/12(土) 02:50: :edit
    ※74-75
    物には書き方、言い方というものがある
    ※62はともかく※64と※69は明らかに一言余計
  88. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/12(土) 13:35: :edit
    良い
  89. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/12(土) 14:03: :edit
    可の白を連れて消えていったから「いいよ」ってことなのか
    否の紅をキョンの元に残したから「いやだ」ってことなのか
    話の流れからすれば前者なんだろうけど・・・
  90. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/12(土) 14:15: :edit
    >>89
    妹の白が「地上に残す」
    キョンの赤が「地上から消す」
    と考えればいいんじゃね?

    んでショボ太が消滅したから選ばれなかった選択の白球が割れたんだと考えれば筋は通ると思う
  91. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/12(土) 14:31: :edit
    いい話だなー
    普通に感動したわ
  92. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/12(土) 17:27: :edit
    ※90
    筋はいろんな見かたをしても通るんだが
    どの視点で見ようかなっていう感想が言いたかった
     この一件を経験して決断を下した全員が「納得」して飲み込むことができた。かつ別れを「否定」したいと感じて願ったという記憶を留めておいた。
    とかとかとか
    パート1・2合わせて文章全体は好きになれないけど、この要素だけは解釈の余地が残されてて好きだ
    しかし作者はそこまで考えてなさそう
  93. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/13(日) 12:50: :edit
    ※68
    出杉だろwwwwwwww
    どんな勢いだwwwwwwwww
  94. 名前: 毛人 #-: 2009/12/14(月) 17:14: :edit
    (´・ω・`) 94^^
  95. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/14(月) 20:17: :edit
    >>(`・ω・´)乙
  96. 名前: 名無しさん #-: 2009/12/16(水) 18:09: :edit
    何回かの焦ったキョンがワロタw
  97. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/17(木) 05:23: :edit
    ショボ太が消えるところがしんちゃん映画のぶりぶりざえもんが消えるときとリンクして泣けた

  98. 名前: 名無すZ #-: 2009/12/22(火) 12:46: :edit
    ssの使い方がうめえと思う
    消えるシーンとか

    ssじゃなきゃできない物語だよな

  99. 名前: さにぃれたす #-: 2009/12/22(火) 15:55: :edit
    いい話…
    古泉はいらねw
    ハルヒがかわいいんだけど
  100. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/12/23(水) 09:31: :edit
    ( ,,・ω・) 100get
  101. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/02(土) 19:19: :edit
    >>1ドピュ
  102. 名前: 通常の名無し #-: 2010/01/22(金) 16:58: :edit
    ドピュッはあれだろ
    高速で逃げた瞬間の効果音なんじゃね?
  103. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/05/07(金) 23:11: :edit
    ショボ太が可愛すぎて、とりあえずAA貰った。
    まさかの役に立つ谷口と、女の子を語る長門はもう忘れられねえw
  104. 名前: 通常のナナシ #Cijxgudc: 2010/05/09(日) 22:31: :edit
    (・ω・`)AAをキャラに使うってのは斬新だね。
    すごくよかったよ。キョン妹もかわいかった。
  105. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/03(土) 19:23: :edit
    涙が止まりません・・
  106. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/03(土) 19:42: :edit
    泣いてしまった。
    またいつか何処かでショボ太と会えるといいなあ
  107. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/07/04(日) 05:59: :edit
    いい話だなぁ…。
    いい話だな

    (´・ω・`)
  108. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/10/06(水) 22:58: :edit
    ショボ太ああああぁぁぁぁぁぁあああああああぁぁぁぁぁぁあああああああああああああ
  109. 名前: あばはわ #-: 2011/05/08(日) 23:33: :edit
    ひさびさにいい作品が読めた
    本当にありがとういや、ありがとうございました
  110. 名前: 通常のナナシ #-: 2012/04/15(日) 23:05: :edit
    久しぶりに読んだが、これはやはりいいものだ。
    思えばここでこの作品を読んだのが
    二次創作SSとの出会いだっけ。
    けいおんとも絡んだりしてたの全く憶えてなかったw
    あの頃は知識なかったから全くスルーしてたんだな

    ぷん太いつもありがとう
    今後ともヨロシク
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。