金糸雀「さーて、今日も桜田家に潜入かしら!」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/11/15(日)
6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 23:15:51.37 ID:RqKLPGCYO
金「さーてと、今日も桜田家の偵察にきたかしら」

金「えーと…この時間ならきっと2階のベランダから潜入できるはずかしら!行くわよピチカート」
ガララ
金「おじゃましま~すかしら」

?「ターゲットの侵入を確認ですぅ」
?「よし、作戦を開始する。各自持ち場へ」




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 23:23:57.65 ID:RqKLPGCYO
-2階洋室-
金「難なく潜入成功!流石はローゼンメイデン1番の頭脳派なカナかしら!」
金「さて、多分皆JUMの部屋かリビングにいるはずだから、リビングに行ってみるかしら」
-2階廊下-
金「あら?なんだか今日は薄暗いかしら…のり以外は外出してないハズなんだけど…」

?「ターゲット廊下に出たですぅ」
?「よし、作戦H。」
?「くっくっく、いつも好き勝手に家の中をうろつきやがって…少しはオシオキしてやらないとな」




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 23:36:05.39 ID:RqKLPGCYO
金「なんか変かしら…ねぇピチカート?………あれ、ピチカート!?」
金「ピチカートがいないかしら…」
金「一人だと思うと何だか怖くなってきたかしら、ここは一旦退却よ」

-2階洋室-
金「あれ、窓が開かないかしら」
金「あれ!あれ!?」
金「なんで?…閉じ込められちゃったかしら」

?「逃げようったってそうはいかないですぅ。窓は厳重に固定済みですぅ」
?「ところでピチカートがいないみたいだが…おまえら何かやったのか?」
?「いいえ、ピチカートが家に入る前にあの子が窓を閉めていたから、外に置いてきぼりをくったみたいなのだわ」
?「とことんドジだな、あいつ」




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 23:42:57.10 ID:RqKLPGCYO
金「どうしよう…このままじゃ外に出られないかしら」
金「………………あ」
金「玄関から出ればいいのよ。この際誰かに見つかるとか気にしてる場合じゃないかしら。」
金「…むしろ誰かに会いたいかしら」

-2階廊下-
金「…怖いかしら~、ピチカートどこかしら~?」

?「ターゲット階段へ移動中ですぅ」
?「…準備はいいかコードネームH?」
?『はいなのー!いつでもいけるのよ』




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 23:48:47.79 ID:RqKLPGCYO
バタン
金「ひぃっ!?なにかしら今の音は!?」
金「多分あの部屋から…ちょっと様子を見に行ってみるかしら」

-2階洋室B前-
金「ここかしら…?」
金「ちょっと覗いてみようか「キャー!!」」

金「今のは雛苺の悲鳴!?一体どうしたのかしら!?」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 23:55:01.89 ID:RqKLPGCYO
バタン
金「雛苺!どうしたかしら!?」
雛「だめ!!かなりあ逃げて!このいえはもうd
ドスン
金「え?」
金「え?え?」
金「部屋の天井が落ちてきて、雛苺は部屋の中にいて…つぶれちゃった?」




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 00:11:27.49 ID:efAdjyhIO
?「作戦H成功ですぅ。それにしてもこんな作戦のために部屋を一個潰すなんて本当に大丈夫なんですぅ?」
?「あとでコードネームSが直してくれるってさ」
?「ただいまなの~本当に死ぬかとおもったのよ~」
?「おう、ご苦労様。はいよ、報酬の苺大福。けどちゃんと近くに鏡を置いておいたんだからそこからnのフィールド通って脱出出来たろ?」
?「うわーいうにゅーなのよー!!」
?「…聞いちゃいない」
?「あ、ターゲットに動きあり、階段に移動中ですぅ!」




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 00:20:59.10 ID:efAdjyhIO
金「はやく誰か見つけて雛苺を助けてあげないと!きっとまだ助かるかしら!いいえ、絶対に助けるかしら!」

-階段-
金「…そういえばこの状況、何かに似てるような…」つんつん
金「たしかみっちゃんが前にやってたばいおはざーど?に似てるような…」つんつん
金「まさか出るわけないわよねゾンビとかは…」つんつん
金「もう!さっきっから何するかしらピチカート!?…あれ、ピチカート?」くるっ
シザーマン「…」
金「…こんにちはかしら」




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 00:33:27.00 ID:efAdjyhIO
シザーマン「UGYAAAA!!」
金「きゃー!!!!?」
金「何か変なのがいるかしらー!!逃げるかしら!」
シザーマン「待て待て~アハハハハ」
金「追って来てるかしらー!!」
シザーマン「そのアナルにこのいやらしいハサミを突き刺してやろうかい~?」
?「今回も作戦成功ですぅ」
?「ああ、本当だな。想像以上だ、今回アイツ相当乗り気みたいだな、何かやったのか?」
?「いえ、ただ『好きなようにしていい』と言ったら蒼s…コードネームSSはとっても張りきってたのは確かですぅ」




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 00:54:08.68 ID:efAdjyhIO
-一階リビング-
金「はぁはぁ…なんとか逃げ切れたみたいかしら」
シザー「どこにいったんだい?おとなしく出てきた方が身のためだよ。今ならアナル開発だけですましてあげるよ」スタスタ
金「…なんだかよくわからないこと言いながらカナのこと探してるみたいかしら…」
金「あれに見つからないように真紅や翠星石を探さないと…無事でいてほしいかしら」

?「ターゲット移動中。おそらくキッチンに向かってるですぅ」
?「わかった…ふと思ったんだが、オシオキ出来てるとおもうか?」
?「あの子は姉妹思いだから、この事はあの子にとって結構辛いと思うわよ。私は十分過ぎると思うのだわ。もうやめてあげたら?」
?「いいやもう少し続けるぞ(ベッドの下の秘蔵のアレを柏葉が来てるときにあばかれた怨みこれくらいじゃはらされん)」




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 01:04:21.37 ID:efAdjyhIO
-キッチン-
金「真紅~翠星石~?」
金「…いないみたいかしら」
金「あ、冷蔵庫…ここは物資を補給するに限るかしら」

?「ターゲットキッチンに到着。冷蔵庫をあさろうとしてるですぅ」
?「あいつ…ここのトラップは?」
?「ええっと…」

パンパン
金「ぎゃあ!?」

?「見ての通り爆発する卵ですぅ」
?「なんか地味だな…」
?「けどけど、きっとこれに懲りて今度からは冷蔵庫を漁ろうとはしないはずですぅ!」
?「…あいつは犬とか猫の躾と同じか」




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 01:16:22.63 ID:efAdjyhIO
金「うぅ…白身がベトベトするかしら」
金「お風呂場にいって落としてこようかしら」
シ「いいよいいよ!その白濁液まみれの顔!その困った顔、僕にもっと見せてよ!」
金「きゃー!?見つかったかしら-!?」
シ「逃がさないよ、その身体僕が『キレイ』にしてあ・げ・る」

?「ターゲット洗面所へ移動中ですぅ」
?「コードネームSS…頑張るな。そろそろいこうかな次の作戦。」
?「Jどの作戦にするの?」
?「…これにするか作戦S&S」




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 01:18:25.32 ID:FgttjmVzO
S大杉ワロタ




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 01:19:01.21 ID:Dt7Gtaw10
そういやコードネームSばっかだなww




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 01:24:43.11 ID:efAdjyhIO
-一階洗面所-
金「ぜーはーぜーはー…もういやかしら」
金「ちょうど逃げ込んだ先はお風呂場のすぐ近く…とりあえずこのベトベトをおとすかしら」

?「ターゲット近くに接近中!準備はいいかS、SSS?」
?『おうですぅ!』
?『こちらも大丈夫よ』




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 01:33:07.39 ID:efAdjyhIO
-一階風呂場-
金「失礼しま~すかしら」ガラガラ
金「ふぅ…とりあえずシャワーを浴びるかしら、湯舟には浸かってる余裕もなさそうだし」
パリーン
金「な、なにかしら!?お風呂場のトビラが壊れて植物のツタが何本も入ってきたかしら!?」
紅「…ぅ…苦…し……ぃ」
金「真紅!?真紅がツタに搦め捕られてるかしら!」




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 01:40:28.89 ID:efAdjyhIO
紅「…かな……りあ…?」
金「真紅!今助けるかしら!」
紅「だ…め…今すぐ…逃げ…なさい」
金「何言ってるかしら!真紅を放って逃げられるわけないかしら!」
紅「私…はい…いか…ら、貴女…だけ…でm」
バキ…ぽろっ
金「真紅の首が…とれた?」
金「いやーーーー!!!!」




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 01:56:13.14 ID:efAdjyhIO
金「うわぁあああ!真紅、真紅をかえすかしら-!!」
金「ピチカートがいなくて音で攻撃は出来ないけど…カナは非力だけどそれでも力ずくでなんとかしてみせるかしら!」
金「あれ?ツタが逃げていく?…ああ!真紅も一緒かしら!?」
金「待って!真紅は、真紅は置いていくかしら!」




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 03:04:57.60 ID:efAdjyhIO
金「真紅…持っていかれちゃったかしら…」
金「カナは一体何をやってるのかしら!姉妹を二人も見殺しにするなんて…ぐすっ」

ざぱぁ
シ「湯舟の中から失礼!おっと泣いてる顔もいいねぇ、絵になるねぇ。あ、目線こっちにお願いしま~す」
ぱしゃぱしゃ




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 03:13:01.60 ID:efAdjyhIO
金「ひいっ!?湯舟から出てきたかしら!?」
シ「いいよ~いいよ~その表情!ほらほら胸とか隠さないで!せっかくのヌードなんだからもっと大胆に!」ぱしゃぱしゃ
金「逃げたい…けど逃げちゃだめよ、このまま逃げたら今度は翠星石がコイツにやられちゃうかもしれないかしら」
金「怖いけど…ここでやっつけてやるかしら!てーい!」




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 03:19:14.39 ID:efAdjyhIO
シ「おっとっと、いきなり殴りかかってくるなんて興ざめしちゃうなぁ…ま、いいか写真も一杯とれたことだし…じゃあね」
金「あ、待つかしら!逃げるなかしら!」
金「…とにかくはやくドレスをきて奴を追いかけるかしら!」
金「…ぱんつが無くなってる…かしら」




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 03:27:03.08 ID:efAdjyhIO
?「おう、二人共お疲れさん」
?「ただいまですぅ」
?「今戻ったのだわ」
?「それにしても迫真の演技だったな。SSSの力でツタを操り、Sは真紅そっくりの人形を遠くから操るなんて。僕も一瞬ドキッとしたぞ」
?「えっへん、もっと褒めやがれですぅ」
?「このくらいどうってこともないわ」
?「ところでターゲットはどうしてるですぅ?」
?「SSにちょっかいかけられて…それに逆上して追いかけようとしてるな」




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 03:29:14.77 ID:+swryuNtP
Sが多くて混乱するwww




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 03:34:10.42 ID:efAdjyhIO
金「どこに行ったかしら!?カナが成敗してやるかしら!」キョロキョロ
金「むむ!あっちになんかいたっぽいかしら!」

?「ターゲット物置部屋に移動中ですぅ」
?「あー…明らかにSSを追ってるな」
?「どうするのJ?」
?「仕方ないSSに任せよう」

-物置部屋-
金「今まで潜入したことのない部屋かしら…」
金「あの奥にいるのは!さっきのシザーマンかしら!」




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 03:43:20.84 ID:efAdjyhIO
?「ターゲットSSと接触ですぅ」
?「まあSSのことだし適当にあしらってくれるとは思うが」
?「翠星石~ただいま。今回の戦利品は豪華すぎて僕鼻血が止まらないよ。ほらほら生写真にぱんつ!!」
?「うっさいですぅ!あと名前で呼ぶなですぅ。コードネームSS!」
?「あれ?蒼星石なんでここにいるんですぅ?」
?「それは、仕事が終わったからに決まってるじゃない」
?「じゃあこっちの金糸雀の近くにいるこのシザーマンは?」
?「僕じゃないのは確かだね」




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 03:52:14.71 ID:efAdjyhIO
?「…ちょっと点呼とるぞ、真紅」
「はい」
「翠星石」
「はいですぅ」
「雛苺」
「はいなの」
「蒼星石」
「はいはい」
「金糸雀はターゲット、水銀燈は誘ったが絶対来ないと断られた」
J「…あれ?…じゃああのシザーマンは誰だ?」
翠「もしかして…本物ですぅ?」
紅「だとしたらマズイのだわ!急いで助けにいかないと!」




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 03:58:48.56 ID:efAdjyhIO
金「今まで散々カナのこと脅かしてくれたわね、今度はこっちの番かしら!」
金「なんかさっきまでと雰囲気が違うけれどそんなの些細なことかしら、覚悟~かしら!!」
シザーマン「ニヤリ」

J「金糸雀!ちょっと待て!」
金「JUM!?」
紅「なんとか間に合ったみたいなのだわ」
翠「そいつは本物の化け物ですぅ!」




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 04:07:59.24 ID:efAdjyhIO
金「え?え?雛苺に真紅?」
紅「説明はあとでするわ、…それよりも貴方、一体何者?」
蒼「僕の名を騙ろうなんて全く信じられないね、そんなにそのアナルを拡張してほしいのかい?」
翠「お、おめぇ一体何者ですぅ!?」
シザーマン「…」
J「数ではこっちが圧倒的に有利だな、抵抗は無駄だぞ…さて先ずはその被ってるフードをとらせてもらう!」




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 04:09:49.69 ID:efAdjyhIO
J「お前は…」




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 04:15:47.78 ID:efAdjyhIO
J「お前は…薔薇水晶!?」
翠「なんでおめぇがいるんですぅ?」
薔「…それは…みんな…楽しそう…だった…から」
紅「…そう、貴女も仲間に入れて欲しかったのね」
薔「コクン」
J「ハハハハハ、なんだかよくわからないがこれにて一件落着だな!」
蒼「そうだね、撤収撤収」
紅「部屋も直さないといけないわね、大変だわ」

金「ち ょ っ と ま つ か し ら」




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 04:21:06.70 ID:efAdjyhIO
金「これは一体どういう事かしら?是非とも納得のいく説明がほしいかしら」
J「あ~…それはだな…」
紅「ドッキリよ」
金「…ドッキリ?」
紅「そう、貴女が何時も玄関から入らずに侵入してくるから、それを懲らしめるためにね」




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 04:26:51.66 ID:efAdjyhIO
金「そう、じゃあ、これは、全部、嘘、なの、かしら?」
金「雛苺が、潰れたのも、真紅が、バラバラに、なっちゃったのも、全部?」
紅「ええ、ぜんぶ嘘よ」
金「ヒック、よかった、ヒック、かしら、エグッ、全部嘘で、うえーーーーん」
金「本当に心配したかしらーー!!」
紅「そうね、私達も貴女のそんな姉妹思いな面を利用してやりすぎてしまったわ、ごめんなさいね金糸雀」




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 04:37:01.69 ID:efAdjyhIO
銀『真紅ぅ~今日こそ貴女のローザミスティカいただくわよぉ』パリーン
J「またガラスが割れた音が…」
紅「きっとあの子ね」
J「今回の計画、あいつには詳しく伝えてないよな?」
翠「はいですぅ、金糸雀へのドッキリを行うとしか伝えてないですぅ」
J「今より作戦2水銀燈へのドッキリを行う!各自準備しろ!」
金「…」
薔「…」
J「ほら、金糸雀と薔薇水晶も準備だ。精一杯驚かせるぞ!」
金「…わかったかしら!」
           完




79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 04:40:51.03 ID:GxT1ASJUO

金糸雀マジプリティ




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 04:40:56.00 ID:efAdjyhIO
最初とオチしか考えないで書いたらなんだかよくわからん展開になってた。
とにかくこんな時間まで読んでくれてどうもありがとうございます。支援本当に有り難かったです。
最後に金糸雀は皆の天使




100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 12:00:03.00 ID:8RKjRXpLO
金糸雀「さーて、今日も桜田家に潜入かしら!」

ピンポーン

雛苺「はいなのー!」

金糸雀「金糸雀かしらー!開けて欲しいのかしらー」

雛苺「ちょっと待ってて欲しいのー」

金糸雀「はーい」

金糸雀「……何か間違えてる気がするのかしら」




102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 12:06:36.46 ID:8RKjRXpLO
金糸雀「お邪魔しまーす!かしらー!」

雛苺「お邪魔してー!なのー!」

翠星石「げっ、間が悪い奴です……」

真紅「今忙しいの。邪魔するなら帰って頂戴」

JUM「皆死ぬドン!」(太鼓の達人ボイス)

蒼星石「ジュン君!!落ち着いて!!」

金糸雀「な……何が起きているのかしら……」




103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 12:13:12.74 ID:8RKjRXpLO
金糸雀「真紅、ジュンに何があったのかしら?」

真紅「今日テレビを見ていたら急にジュンがおかしくなったの……」

翠星石「それでさっきからずっとあの調子です……」

JUM「死に方を選ぶドン!」

蒼星石「ジュン君!戻って来るんだ!!」

金糸雀「……」




104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 12:22:44.79 ID:8RKjRXpLO
金糸雀「……ジュンがおかしくなった時、何を見ていたのかしら?」

雛苺「えーっと……」

真紅「確か『カントリーロード』というアニメのDVDを見終わって、テレビに戻して……」

翠星石「変な歌のCMが流れていた時におかしくなったですよ」

金糸雀「……どんな歌かしら?」

翠星石「クーリスマスが今年もやってくる~♪」

雛苺「楽しかった♪出来事を♪消し去るよーぉにー」

JUM「やめろぉぉぉおお!!!!」

蒼星石「ジュン君!拳を下ろして!」

金糸雀「まさに虐殺コンボね……」




105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 12:34:39.34 ID:8RKjRXpLO
JUM「ちくしょう!クリスマスってなんだよ!クリムゾンスマッシュの略か!?あ!?」

JUM「カップルなんて死ね!」

JUM「どうせ今年も僕は一人さ!来年も再来年も十年後もー!!」

真紅「ジュン!」

JUM「……?」

真紅「……私達の事を忘れるとは、下僕の癖に生意気ね」

JUM「真紅……」

翠星石「彼女は居なくても、翠星石達がいるですよ」

雛苺「皆がいれば寂しく無いのー」

金糸雀「それにほら、PCをつければ」

金糸雀「そこには全国の負け犬仲間がいるのかしら」

JUM「……」バタリ

蒼星石「ジュン君!!」

終わり




106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 12:37:20.08 ID:8RKjRXpLO
我ながら微妙だった
今度書き貯めしてリベンジするから、その時は見に来てくれ

また金糸雀スレで会おう!




107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 12:38:17.23 ID:6wiVesXjO
なんと…




108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/31(土) 13:04:43.40 ID:5EqH2zg0O
もったいないから誰か書こうぜ




164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 15:20:42.72 ID:vonnQ778O
金「ふっふっふぅ!最近は普通に桜田家にお世話になっていたけど、今日こそはカナの恐ろしさを真紅達に見せつけてやるのかしら!」

金「そもそも、カナと真紅達は敵同士!いつかは戦わなければならないのなら、普段の情報収集は後で必ず役に立つのかしら!」

金「ってあれ?蒼星石が逆さまにお庭に突き刺さってる…?」

蒼「…………」

金「鞄も壊れてるかしら…なにがあったかは知らないけれどここは慎重に行くべきね…」




165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 15:27:14.44 ID:vonnQ778O
カナ「とりあえずJUMのお部屋に侵入するかしら、実はあそこが一番ガードが甘いのは調査住みかしら!」ヨジヨジ

JUM「なにやってるんだよ人ん家で…」ヒョイ

カナ「って、いきなりバレたかしらー!?は、離してかしらー」ジタバタ

JUM「まぁ、なんだその…遊びに来たんだろ?お茶でも淹れてやるからちょっと待ってろよ」

カナ「今日は遊びに来たわけじゃないかしらー!真紅達の弱点を知るために潜入しにきただけかしらー!」ジタバタ




167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 15:32:14.60 ID:vonnQ778O
JUM「いいから、真紅の弱点ぐらい教えてやるから少しだけ話し相手になってくれよ…な?」

金「う~…そんな直接聞いたんじゃ潜入調査の意味がないのかしら~…」

JUM「まぁまぁ、頼むよ…なんだかここのところ真紅達が変なんだよ、相談相手もいないし困ってたんだ」

金「…そういえば今日のJUMは少しおちんこでるわね…仕方ないかしら、その代わりに弱点もしっかり教えて欲しいのかしら!」




178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 16:29:25.27 ID:cXlLuT3QO
おちこんでるが
おちんこでるに見えた俺はもう駄目だ




225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 20:21:39.03 ID:PyxZmLrAO
>>178
いや…おちんこでるって書いてるよ?
君は正常さ




169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 15:41:55.53 ID:vonnQ778O
JUM「なんだかさ…最近真紅達の様子が変なんだよ」

金「それはさっきも聞いたかしら、変って、具体的には?」

JUM「妙によそよそしいと言うかさ、前みたいに話が続かないんだよ…」

金「なるほどなるほど、嫌われたんじゃないのかしら?」

JUM「うぅっ…なんでだよ、どうして僕はいつも人間関係が上手くいかないんだ…」

金「大丈夫かしら、人間じゃなくてドールだから人形関係かしら」




171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 15:50:25.36 ID:vonnQ778O
JUM「いや、変なのはのりもなんだよ…アイツだけはニヤニヤしてて気味悪いし…」

JUM「そのくせ話しかけると急に話題を変えるんだ、そういえば翠星石ちゃん今日のご飯はどうかしら~?とか言って」

金「う~ん…それはどうしたものかしら…他の人達の様子は?」

JUM「真紅が一番露骨だな…そう、とか分かったわ…とか相づちしか打たないんだ」

JUM「翠星石はずっと小声でゴニョゴニョ言ってるし、雛苺は真紅の後ろに隠れて目が合うと逃げるし…」

JUM「その他はいつも通りなんだけどな…柏葉とは上手く話せないし、梅岡は毎日明け方までリア充自慢をしにくるし」




172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 15:58:05.33 ID:vonnQ778O
金「なるほどぉ、で?JUMは一体どうしたいのかしら?仲直りしたいなら協力するけど…」

JUM「いや…これ以上こんな悩んだり苦しい思いを味わいたくないから、一生誰にも会わずに生活したいんだ」

金「この駄目人間…かしら~!困難に直面した時に逃げるのは誰にだって出来るわよ!」

JUM「そんなこと言ったって…一生誰とも話さず働かないで平和に暮らしていたいだけなんだよ…」

金「むぅ…これは重症のようね…分かったわ、カナがなんとかしてあげるかしら」




173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 16:04:21.82 ID:vonnQ778O
JUM「ほ、本当か!?お前が僕を養ってくれるなか!?」

金「違うわ、そんな心の樹を根腐れさせるようなことは例え出来てもJUMの為にはならないわ」

金「その代わり強く生きていく心を育てさせてあげるかしら、本当は翠星石と蒼星石の得意分野だけれどあの二人がいてこうなったのなら」

金「また違ったアプローチが必要かしら!みっちゃんの生活を間近で見て自分の駄目っぷりを自覚するといいのかしら!」




175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 16:13:37.76 ID:vonnQ778O
JUM「え~…みっちゃんさんか…あの人のことよく知らないしテンション高いから苦手なんだよな…」

金「そんなところも合わせて矯正するのかしら!ほら、皆にはカナから言っておくから早く支度しておくのかしら!」トタトタ

JUM「え~…わかったよ…」シブシブ

・・・

金「とは言ったけれど、のりはどこかしら?リビングから男の人の声がするけれど…」ガチャ

『全裸になって両手をあげろ!逆らったら人質を泣かすぞ!?』




176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 16:18:11.55 ID:vonnQ778O
紅「………」ハラハラ

『コイツが大事なのか?ならこのこけしで…!!』

キャアアア!デデーン!

金「なんだ、またくんくんかしら…飽きもせずによく見るわね真紅」

紅「ふぅ…CMなのだわ…あら、金糸雀来ていたの?」

金「かしら、ちょっとJUMをしばらく借りていくのかしら」

紅「JUMを?どうしたの、貴女がアレを必要とするとは思えないけど…」




177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 16:24:53.12 ID:vonnQ778O
金「かくかくしかじか」

紅「まるまるうまうま」

金「と、言うわけかしら」

紅「そう…JUMはそんな風に感じていたの…分かったわ、皆には私から伝えておくのだわ」

紅「これがいい切っ掛けになるかもしれないし…ね」ボソ

金「それじゃあとりあえず連れていくかしら~」

紅「…ところで貴女は何をしにきたの?」

金「え?貴女達の弱点を調べに…じゃなくて遊びに来ただけかしら!」

紅「そう、ならまたいらっしゃい…悪いけど今はちょっと歓迎出来る状況ではないの…」




179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 16:31:17.47 ID:vonnQ778O
・・・

金「で、なにかしらその大量の荷物は?」

JUM「え?主にPCだけど?」

金「デスクトップのパソコンを持ち運ぶなんて想像以上にお馬鹿さんだったのかしら…置いていくかしら!」

JUM「まったく、なんだよお前…僕のお母さんかよ」

金「養って欲しいとか言っていた貴方が何を言ってるのかしら…ほらいいから、行くかしら!」

JUM「は~い…」




180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 16:39:19.34 ID:aje1ZHBrO
おい、まさかてめぇ・・・カナと同じ屋根の下で寝泊まりする気じゃないだろうな!?




181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 16:39:23.25 ID:vonnQ778O
・・・

トコトコ

金「それで?さっき言っていた真紅達の弱点ってなにかしら?」

JUM「あぁ、それな。例えば真紅はくんくんを見ている間はまったくの無防備なんだ」

金「…そんなのとっくにしってるのかしら、ちょっとでも邪魔すると烈火の如く怒るから弱点でもなんでもないかしら」

JUM「後、雛苺は鉄だろうと布だろうと苺大福の中に入れておけばなんでも食べるからな…」

金「なるほどなるほど、なら有事の際にはタバスコ入りうにゅ~を仕掛ければ雛苺は攻略可能ね!」




182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 16:45:50.16 ID:vonnQ778O
金「翠星石は?あの子も結構ドジな所があるからきっと弱点も多いはずかしら」

JUM「いや、アイツは…最近は失敗しなくなってきたな、それ以前に会話もなくなってきたけどな…ハハハ」

金「ふ~ん…やっぱり無視したり、この陣地から出てくるなですぅ!とか言うのかしら?」

JUM「いや、むしろ向こうから話しかけては来るんだけど…よく聞き取れないから聞き返すと、逃げたり黙ったりするんだ」




183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 16:53:04.01 ID:vonnQ778O
金「それは、嫌われてるのかしら?むしろあの子の性格からして…」

梅岡「おや?桜田!桜田じゃないか!?いやぁ奇遇だなこんなところで!」

JUM「!!梅岡!?……ぅ…うっぷ…うぶぶぶ」ガタガタ

梅岡「どうした?もしかしてまた吐くのか?ははは、先生もう慣れちゃったよ、ははは」

梅岡「そうだ!それはそうとこれ皆の寄せ書きなんだけど、今度はシリーズ化してみたんだ!」

JUM「オエェェェエエエ!!」ビシャアアア

金「きゃあああかしらー!!」




184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 16:59:08.47 ID:vonnQ778O
梅岡「記念すべき桜田シリーズ、第一回のお題は『桜田の良いところ』だ!ほらほら、見てくれよ桜田!」

JUM「オェェェ!オエエェェッ!!」ビチャビチャ

梅岡「ふふふ、『ドレスの絵が上手いところ』『人形の服が作れるところ』…みんなお前の良いところを書いてくれたんだ!いい友達を持ったなぁ!」

JUM「ェェェ…ヴェェ……」ピクピク

金「…大惨事かしら」




185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 17:05:33.45 ID:vonnQ778O
ヤクザ「おい兄ちゃん、こんな道端でゲロ吐きやがって…ワシの服にかかったじゃねぇか!?」

梅岡「なんと次回はなんで桜田が学校に来ないのか、その理由を皆に考えてもらうつもりなんだ!」

JUM「ェェェ゛…ェェ゛ェ゛………」

ヤクザ「オィ…シカトしとらんで返事ぐらいしたらどうやぁ!?舐めとんのかぁ!?」ドカァッ

梅岡「クラスの皆が桜田の事を考えてくれてるんだ…この期待に応える為にも早く学校に来てくれよ!な?」

JUM「…………」ブツブツ




186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 17:12:08.14 ID:vonnQ778O
梅岡「それじゃあ先生は柏葉とデートしてくるから、また明日な!」ニコッ

ヤクザ「おどれ、あんまり調子に乗ってるとそのドタマカチ割ってちょっと小悪魔なワシを演出すっぞコラァ!!」

JUM「ふぅ…ふぅ…」

金「あぁもう、見てられないかしら!ピチカート!」

ピカッ!

ヤクザ「眩し…なんじゃあこれは!?」




191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 17:36:03.42 ID:vonnQ778O
・・・

JUM「…………」

金「なんとか連れてこれたけど、JUMが干からびたスルメみたいになっちゃったのかしら…」

みつ「え?これジュンジュンなの?河童のミイラかなにかかと思ったけど…」

金「とりあえず出して乾燥した分を補給するかしら、みっちゃんお風呂にお湯を溜めて?」

みつ「はいは~い!」ジャバジャバ

金「この中にJUMを浸すかしら、えいっ!」ジャボン

ザパーンッ

JUM「ふぅ…死ぬかと思った…」




193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 17:38:32.57 ID:vonnQ778O
みつ「じゃあ改めていらっしゃいジュンジュン、よく分からないけどしばらくうちに泊まるんでしょ?」

金「ごめんねみっちゃん…急にこんなことお願いして…」

みつ「うぅん!他ならぬカナのお願いだし、それにジュンジュンなら普段から大歓迎よ!」

JUM「あの…すみませんがよろしくお願いします」

みつ「うんうん、とりあえず今日は仕事も終わったしご飯にしましょうか」

みつ「ジュンジュンはお酒呑む?一通り揃ってるけど」




195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 17:43:18.14 ID:vonnQ778O
JUM「え?いや、未成年だし…」

みつ「今時ジュンジュンくらいの年頃ならみんな呑むんじゃないの?まぁ最近は呑めない子も増えてるらしいけどねぇ」

カナ「缶チューハイなんて駄菓子屋の粉ジュースみたいなものしか呑めないみたいね」トクトク

JUM「お、おい金糸雀…なに注いでるんだよ?それビールじゃないのか?」

金「?そうだけど、JUMも呑むのかしら?」




196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 17:50:21.50 ID:vonnQ778O
JUM「いやいや、いらないけど…お前も未成年じゃないのか!?」

金「カナはお父様に造られてから20年ぐらい軽くたってるかしら、まぁそのほとんどは寝ていたし時間の概念も曖昧だけれど…」

みつ「それにお人形さんがお酒を呑んだからって取り締まる人もいないしね」トクトク

JUM「…見た目は幼いのに、不思議な感じだな」

金「薔薇乙女なんてそんなものかしら」




197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 18:00:56.53 ID:vonnQ778O
金「とは言っても、カナはあんまり強くないから一杯だけ!かしら」

みつ「うちはお酒に関して細かく言わない主義だから…呑みたくなったら言ってね、無理強いはしないから」

JUM「へぇ…自由なんだな…」

みつ「まぁ、私の実家がその…フリーダムだったからね」ポリポリ

金「みっちゃんは飲み過ぎるとすぐに脱ぎ出すから困りものかしら~」




203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 18:46:26.70 ID:vonnQ778O
みつ「それじゃあ…」

金「カンパーイッかしら~!」

みつ・金「ゴグッゴグッ…ぷひゃへゃ~~ッ!!」

JUM(変な声…でも…)

金「みっちゃんの卵焼きとビールはまるでおすぎとピーコの如き相性かしら~!」ニコニコ

みつ「カナはビールで卵焼き食べるの好きねぇ、作りがいがあるわ!」ニコニコ

JUM(美味しそうに呑むなぁ…そんなに旨いのか?)




202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 18:44:21.52 ID:vonnQ778O
JUM「あ、あの…」

みつ「ん?なにかなジュンジュン?」

JUM「ぼ、僕もビール…少し呑んでもいいかな?」

金「あらら?お子さまが無理しなくてもいいのよ?くすくす」

JUM「むっ…なんだよ、お前だって見た目は子供じゃないか!」

みつ「まぁまぁ、せっかくいい玩具…じゃなかったジュンジュンが呑みたいって言ってるんだから、お姉さんが色々教えてあげるわよぅ♪」




204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 18:54:02.50 ID:vonnQ778O
みつ「はい、グラス。缶ビールしかないけどいいかな?」

JUM「はい、缶ビールが良いのか悪いのかも分からないので…」

金「まぁ最初はそんなものかしら、大体日本のビールなんてウンチクなんか気にしないでグビグビいくのに限るかしら」

みつ「少しだけアトバイスするのならグラスは小さめの冷えたやつを使うこと、缶ビールは開ける前に振ることかしらね」

JUM「え?炭酸を振ったらマズイんじゃ…?」




206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 19:01:26.09 ID:vonnQ778O
金「もともと缶ビールは炭酸が強めに入ってるのかしら、だからよく振って泡を捨ててから呑むのが本当は正しいの」

みつ「ま、この炭酸がキツめなのが好きな人も沢山いるんだけどね…色々試してみて!」

JUM「ふ~ん…うちはお酒なんか全く呑まないからなんか新鮮だな、こういうの…」

JUM(チビ「う…苦い…けど慣れれば美味しい…のかな?嫌いじゃないな」

みつ「そう?良かった、無理はしないでね」クピクピ




208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 19:13:32.71 ID:vonnQ778O
金「そのままで辛かったら、ジンジャーエールを混ぜてシャンディーガフ。トマトジュースを混ぜればレッドアイになるかしら」

JUM「ふぅん…呑みやすくなったな、これなら好きかも」

みつ「そういえば、前にカナとレッドアイについて喧嘩したことがあったわよねぇ」

金「あぁ、そういえばそんなこともあったのかしら」

JUM「え?喧嘩って…みっちゃんさんと金糸雀が!?二人が喧嘩することなんてあったんだ…」




209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 19:19:33.51 ID:vonnQ778O
みつ「そりゃあそうよ、年頃の乙女が二人きりで暮らしてるんだもの、意見の食い違いの一つや二つ出てくるわ」

金「だって…みっちゃんったら泥酔状態なのにレッドアイを酔いざましなんていって呑むんだもの…」

みつ「まぁ今考えたら些細な事なんだけど、喧嘩しながら嬉しいのよね、やっぱり」

JUM「え?喧嘩してるのに?」

みつ「うん、だって相手の本音が分かるんだからもっと仲良くなれるじゃない?不満があったら言わないとわだかまりしか残らないからね!」




210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 19:24:44.13 ID:vonnQ778O
金「なんて、目を離した隙にまたみっちゃんは大五郎を全部空けちゃって…シャワーでも浴びてきなさいかしら」

みつ「ぶぅ…は~い、可愛い可愛いカナの言うことなら聞きますよ~っと」フラフラ

JUM「だ、大丈夫かなあの人…歌舞伎みたいに頭振り回してるけど…」

みつ(ブルンブルン

金「みっちゃんは酔っ払うといつもあぁなの…最近はあんまり呑まなかったんだけど、JUMが来て嬉しかったみたい」




211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 19:28:28.56 ID:BFR1CxoC0
みつ(ブルンブルンが
オパイの揺れかと思った俺はもう駄目だ




212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 19:32:30.97 ID:vonnQ778O
金「本当はね…いつもみっちゃんはお仕事で疲れてるから、JUMを連れてきて元気になって欲しいって言う期待もあったのかしら」

金「もちろんJUMに協力してあげるつもりだけど、その過程で食卓が明るくなればなぁ~…なんて」

JUM「………」

金「JUMのお家の事は心配しなくても大丈夫よ、多分…好かれてるからこそぎこちなくなってるだけなのかしら」

金「けどお家に帰る前に少しだけ、遊んでいって欲しいのかしら…どうせこんなに平和なのはアリスゲームが小康状態の今だけなのだから…」




213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 19:38:22.00 ID:vonnQ778O
みつ「カナァ~!上がったわよ~!」

金「は~いかしら~!もうこんな時間だし、カナは寝るかしら!おやすみJUM」

JUM「あ、あぁ…おやすみ、その…」

金「ん?なにかしら?」

JUM「僕もなるべくアリスゲームが過熱しないように出来ることはするからさ、今度は二人で遊びにこいよ?」

金「ふふ、ありがと…かしら!それじゃあ…おやすみかしら」ニコッ

JUM「あぁ…」

パタパタ

みつ「さっぱりしたぁ、着替えはどこにやったかな?」スタスタ

JUM「………」

JUM「………あれ?今みっちゃんさん全裸じゃなかったか?」




215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 19:43:40.26 ID:vonnQ778O
みつ「暑い暑い…あれ?カナ寝ちゃった?」

JUM「は、はい…あの、なんでTシャツ一枚だけなんですか?」カァァ

みつ「だって暑いんだもの、あれれ?もしかしてジュンジュン、お姉さんに欲情しちゃった?」ニヤニヤ

JUM「なっ!?ぼ、僕ももう寝ます…おやすみなさい!」

みつ「うへへ…敬語が不自然に固くなってるぞぉ少年、あっちのほうも硬くなってるのかぁ?」ニヘニヘ




217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 19:49:25.83 ID:vonnQ778O
JUM(な、なんだよこの人…まるっきり痴女じゃないか!…ん?)

JUM(1…2…さっきまでこんなに酒瓶が転がってたっけ?)

みつ(グビグビグビ「かふ~ぅ……」ブルブル

みつ「やっぱり酔いざましにはジンロックよねぇ、元は薬草だしきっと身体に良いしぃ♪」

JUM「酒くっさぁ…まさかこの瓶全部お前が呑んだのかよ!?」




218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 19:54:40.39 ID:vonnQ778O
みつ(トロン「……にひ、にひ」フラフラ

みつ「実はさぁ、私男の子とまともに付き合ったことないんだよねぇ…」

みつ「そりゃあね?人並みに告白したり、されたりはあったけど…お父さんが厳しい人でさぁ…」

みつ「やっと独り暮らし出来たと思ったら、今度は仕事仕事の毎日…ま、カナがいてくれるから幸せだけどね」

みつ「だから…さ?寂しいお姉さんを慰めると思って、ちょっとだけ恋人ゴッコしよ?ね?」




219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 19:59:21.62 ID:vonnQ778O
JUM(ドキドキドキドキ

JUM(な、なんだ…風呂上がりだからか?髪を下ろしてるから?みっちゃんが綺麗に見える…)

JUM(む、胸が…あと少しで見え…いい…匂い…)クラクラ

みつ「ん~~…お膝、貸してぇ…頭撫でてぇ」ゴロン

JUM「わっ、わっ!?」

みつ「ジュンジュンの膝枕、暖かくて…高さも丁度良くて…いい気持ちぃ」フニャフニャ




221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 20:08:58.60 ID:vonnQ778O
JUM「ちょ、ちょちょ…みっちゃんさん!」ドキドキドキドキ

みつ「んぅ~?ジュンジュン…いい匂いがするなぁ」クンクン

みつ「眠くなってきちゃった…やっぱり膝じゃなくて、腕貸して欲しいなぁ」ヨジヨジ

ドサッ

みつ「うん…ジュンジュンの腕枕、いい感じぃ…気持ち、良…」スゥスゥ

JUM「………」バクバクバクバク




222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 20:12:45.26 ID:xd6wZHTEO
みっちゃんいけ!




223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 20:17:02.77 ID:vonnQ778O
・・・

チュン…チュン…

みつ「ん、くぅ…あれぇ?なんだか暖かくて柔らかい…」

みつ「今日はいい夢見たなぁ…私にもやっと彼氏が出来て、こうやって腕の中で…腕の中で?」

JUM「オハヨウ…ゴザイマス」

みつ「ジュッ!?ジュジュジュジュンジュン!?」

みつ「え?なんで私Tシャツ一枚で?やだ!下着もつけてない…!?」

ガチャ

金「おはようかし…」

金「………」

…パタン




224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 20:20:10.84 ID:vonnQ778O
・・・

金「結局、あの後すぐみっちゃんはお仕事に行ったけど」

JUM「………」

金「誰があそこまで仲良くなれなんて言ったのかしら?」

JUM「いや、あれはみっちゃんさんが…」

金「…黙らないと、バイオリンの弦でシュッ!ってするわよ?」ギロリ

JUM「………」シュン




226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 20:28:25.51 ID:vonnQ778O
金「みっちゃんが一線は越えてないって言ってたから信じるけど、もし次に紛らわしい事をしたのならその鼓膜を破ってやるかしら」

JUM「…ゴメンナサイ」

金「はぁ、よく分かってなかったけど、JUMったらとんだスケコマシかしら…翠星石も苦労するわね」

JUM「え?翠星石?」

金「なんでもないのかしら!それより今日はお昼に一回みっちゃんが帰ってくるから、おとっときの昼食を用意しておくのかしら!」




227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 20:36:29.92 ID:vonnQ778O
JUM「あれ?これは…」

金「あぁ、それはみっちゃんのドレスのデザインかしら。お仕事のほとんどはデザインらしいから…」

JUM「ふぅん…まぁいいデザイン…だよな、未熟ながらも一生懸命さが表れてるよ」

金「むっ、未熟って…みっちゃんは全然未熟なんかじゃないかしら!完成された大人のレディかしら!」

JUM(昨日の感じだと子供100%って印象だけどな…)

JUM「う~ん…例えばこの中心線を下手に揃えようとしてるから、僕だったら…」カリカリ




228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 20:40:36.64 ID:vonnQ778O
金「む…ぅ…ま、まぁちょっとは上手く書けたみたいだけど、ベースはみっちゃんのデザインだし…」

JUM「少し楽しくなってきた…お前に着せるならこんなドレスはどうだ?」カリカリ

金「こ、これは…でもこれだけじゃ分からないかしら!偶々上手く書けただけかもしれないし…」

JUM「ふんふん♪ならこんなのはどうだ?」カリカリ

金「まだまだぁ!かしら!」




229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 20:44:55.41 ID:vonnQ778O
・・・

みつ「ただいまぁ~…いやぁ、全然デザインが書けなくって作業が進まないわぁ~」

カサ

金「あ!みっちゃん~!」ウルウル

JUM「あ、ごめんなさい…紙を勝手に使っちゃいました」ポリポリ

みつ「なに…これは…!」

みつ「素敵なデザインがいっぱい!宝の山じゃないのっ!?」キラキラ




230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 20:49:01.66 ID:vonnQ778O
JUM「あ、遊びで書いたやつなんで気にしないで捨てちゃって下さい」

みつ「なに言ってるの!?こんなに素晴らしいデザインなのに、勿体無いわよ?」

JUM「あ…なら、もし良かったら使って下さい。沢山書いたからどれか1つぐらいはマシなのもあるかもしれないし…」

みつ「も、貰っちゃっていいの?」プルプル

JUM「え?えぇ…」




233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/01(日) 21:07:49.83 ID:vonnQ778O
みつ「ひゃっほ~い!これで秋の新作は決まりね!早速仕事先に持って行ってみるわ!」ダダダダ

金「行っちゃったかしらぁ…」

JUM「喜んで貰えたのかな?せっかく金糸雀が卵焼き作って待ってたのにな…」

金「ううん、みっちゃんが嬉しそうだったからいいの」ニパッ

JUM「ところでさ、向こうの鏡から翠星石の頭半分だけ覗いてるんだけど…新しい遊びかな?」

翠(チラッチラッ




255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 04:11:09.35 ID:QwnaEB6YO
金「ほ、ほんとね…翠星石!見えてるから入ってくるかしら!」

翠「あ、その…お邪魔しますですぅ」スゥ

JUM「ど、どうしたんだ?家の方でなにかあったのか?」

翠「あ、あの…ンが、す…らわれてるって…聞いて」ボソボソ

JUM「ん?…ごめん、よく聞き取れないよ」

金「まったく、JUMはアンポンタンね…ほら翠星石、カナに言ってみてかしら」

翠「………」コソコソ

金「ふむ、ふむ…分かったかしらぁ」




257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 04:18:03.17 ID:QwnaEB6YO
金「えっと、JUMは皆に嫌われてると思っているらしいけど、それは誤解だから勘違いするなって言ってるかしら」

翠「…ですぅ」カァ

JUM「え?誤解って…お前たち僕を避けてたんじゃないのか?」

翠「だ、だからですね…少し…恥ずかしくて……ですね」ブツブツ

金「…あと、翠星石はJUMがいなくて寂しいから早く帰って来て欲しいって言ってるかしら」

翠「な!?そ、そんなことまでは言ってねぇです!」




259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 04:23:51.51 ID:QwnaEB6YO
金「とにかく、そういう事だから…誤解が解けて良かったわねJUM?」

JUM「いや…だけどなにがなんだかよく分からなくて、ちょっと腑に落ちないんだけど…」

金「まぁ後でカナが説明してあげるかしら、それじゃあJUMは明日の夕方には帰すかしら」

翠「…え?そんな、すぐに帰ってきて…欲し…ですのに」ボソボソ

金「いいからいいから、お姉さんの言うことは素直に聞くのかしら」




260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 04:30:39.51 ID:QwnaEB6YO
翠「じゃ、じゃあ今日はいったん帰りますけど…早く帰ってきて下さいね?」モジモジ

JUM「あ、あぁ…ありがとう」

翠(スゥ

金「ふぅ、これでJUMのお悩みも解決出来て良かったわね?」

JUM「…え?うん、嫌われてるわけじゃなかったのか…僕はてっきり…」

金「意識しすぎなのかしら、あの妹は…それに回りのフォローの仕方もちょっと良くなかったみたいね」クスクス

金「ま、そんなことを繰り返しながら成長していけばいいのかしら!」ニパ




261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 04:39:54.95 ID:QwnaEB6YO
JUM「で、どうして明日の夕方なんだ?」

おっぱい

金「今帰ったって全員力みすぎて余計ギクシャクするのは目に見えてるのかしら、少し時間を置いてリラックスしたほうがいいわ」

JUM「そうか…お前って意外と姉御肌なんだな?想像以上に大人びてると言うか…」

金「ふふ、長女がアレだから必然的にカナが苦労したのかしら…だから、だと思うわ」クスクス




262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 04:40:53.27 ID:CrBQjM1O0
おっぱい?




263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 04:42:54.99 ID:R7ETnZJf0
おっぱい!




264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 04:47:29.93 ID:QwnaEB6YO
ガチャッ

みつ「ヤッハー!ただいまんぼうっ」

金「おかえリンボーダンスかしら!どうしたの?忘れ物かしら?」

みつ「いやいやいや!今日は仕事終わり!いやぁ~、ジュンジュンのデザインがバッチリ取引先の心をゲットしてね!」

みつ「そんなわけで、急遽今日と明日の有給をいただけました♪ありがと~ジュンジュ~ン!」

JUM「え!?いや…いいのかな、遊びで書いたつもりだったのに…」




265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 04:55:18.39 ID:QwnaEB6YO
みつ「いいのいいの!皆ハッピーなんだからオールオッケィ!」

金「じゃあじゃあ!今日と明日の二日間もみっちゃんと遊べるって事かしら!?」

みつ「そうよ!こんなに休めるのはカナが来て以来初めてね、俄然テンションあがっちゃうわ!」

JUM「え?初めてって…まさか毎日仕事で?」

みつ「そりゃ…ね、自分の好きなことやってるんだから休みたいなんて贅沢よ」ニコニコ




266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 05:04:26.11 ID:QwnaEB6YO
JUM(社会人って大変だとは思ってたけど…想像以上なのかもな)

みつ「さぁて!それじゃあなにする?なにして遊ぶ!?」ピョンピョン

金「えっとね~えっとね~!みっちゃんと一緒ならなんでもいいかしら~!」ピョンピョン

みつ「なら、とりあえず買い出しに行きましょう!善は急げよ、それいけー!」ピュー

金「かしらー!」ピュー

JUM「え?ちょ、ちょっと待って!」バタバタ




267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 05:10:30.47 ID:QwnaEB6YO
みつ「シメジ~、エリンギ~♪」

金「マイタケ~、ブナシメジかしら~♪」

JUM「ちょっとちょっと!金糸雀が外を出歩くのはマズイんじゃ…」

みつ「なんで?お人形さんだから?」

金「それならみっちゃん特製のおんも服を来て球体間接を隠してるから大丈夫かしら!」

みつ「こうしてればほんのちょっぴり年の離れた姉妹にしか見えないもんね~♪」

金「ね~かしら♪」

JUM(いや…姉妹と言うより親子…)

みつ「し・ま・い!よぅジュンジュ~ン?」ニコニコ

JUM「はっ、はい!?(よ、読まれた!?)」




270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 05:16:58.38 ID:QwnaEB6YO
金「エノキに~、しいたけかしら~♪」

みつ「後はお酒お酒っとぉ!」ガラガラ

JUM「キノコとアルコールしか買ってないみたいだけど?」

みつ「そうよ、今晩はキノコ鍋よ!」

JUM(キノコだけの鍋って鍋と言えるのか)

みつ「でも確かに、これだけじゃ寂しいかもね…そうだ!ジュンジュンが一品作ってよ!」

JUM「ぼ、僕が?って言っても、はなまるハンバーグくらいしか作れないけど…」




271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 05:26:12.18 ID:QwnaEB6YO
みつ「お!レパートリーが一品だけって男の子って感じだね!期待してるわ」

JUM「仕方ないな…じゃあ、材料が玉子と牛肉と…」

金「はいかしら、取ってくるのかしら!」

みつ「いいわねいいわね、たまにはお料理に慣れてない子の素朴なおつまみも良いわね!」

JUM「コリアンダー…カルダモン、ガスバーナー…」

みつ「…あ、あれ?それ食材?ガスバーナーは違うと思うんだけど」タラ

JUM「どうせやるなら、ちゃんと作りたいですから…」




272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 05:32:09.26 ID:QwnaEB6YO
・・・

JUM「…よし!出来た!」

みつ「わ、わぁ~…はなまるの花って、薔薇なんだ~…」

金「カナが前にいただいたやつと全然違うのかしら…」

JUM「花の部分を玉子で、花瓶をハンバーグで作りました!」フンッ

みつ「ど、どうやったら玉子だけでこんなバベルの塔みたいのが作れるの…」

金「さすがマエストロかしら~…」

みつ・金(若干引いてる)

JUM(満足げ)




275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 07:05:10.84 ID:QwnaEB6YO
みつ「ま、まぁそれはそれとして、いただきましょうか!キノコ鍋も煮えたみたいだし!」

金「JUMは今日もビール呑むかしら?それとも辞めとく?」

JUM「…どうせ家に帰ったら呑めないんだからな、いただくよ…こんな時ぐらいしか機会はないんだし」

みつ「そか、なら今日も~…」

JUM・金・みつ「かんぱ~いっ!!」




276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 07:09:34.54 ID:QwnaEB6YO
JUM「最初はキノコだけの鍋ってどうなのかと思ったけど意外と…うん、悪くないな」

みつ「じゃ、じゃあジュンジュンが作ったはなまるハンバーグ(?)もいただこうかしら…」

JUM「あ、駄目だよ!崩れちゃうじゃないか、せっかく綺麗に作れたのに!」

みつ「え?」

JUM「食べられるけど、食べない…これはそういう料理なんだよ」ニカッ

金「食材がもったいねぇ~…かしら」




277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 07:33:50.37 ID:QwnaEB6YO
みつ「そういえばジュンジュンは~…まだ童貞?」

JUM「ぐぶっ!?…な、なんですかいきなり…」

みつ「あれれ?いや、さっき仕事から帰って来るときにジュンジュンの担任の先生らしい人に会って…」

JUM「…いい、その話はもうそこまででいいから」オエ

みつ「そっかぁ、まぁ卑猥な話を喜ぶって言われても、私に知識がないから会話にならないわね」テレテレ

JUM「え?みっちゃんさんって…まだ処女?」

みつ「いやはや、レ「スト~ップかしら~!!」




278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 07:38:53.95 ID:QwnaEB6YO
金「楽しい食卓の時間になにを話してるのかしら、もっと健全なお話をしなさい!」プリプリ

JUM・みつ「ご、ごめんなさい…」

JUM「でもお前達ってこういう話題に過敏に反応するよな…なんで?」

金「なんでって、そりは…薔薇乙女の高貴な志が穢れてしまうからかしら!悪い例が蒼星石かしら!」

JUM「あぁそういえばアイツしばらく見てないなぁ…」

金「え?桜田家のお庭に刺さってたわよ?逆さまで」




279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 07:43:33.77 ID:QwnaEB6YO
JUM「え!?…なんでうちの庭に…」

金「すっかり忘れてたけど、不思議な光景だったかしら」

JUM「あ、もしかしてあれかな?アイツいつもウチのガラス割るから防弾ガラスにしたんだよ」

金「なら…いつも通りにガラスに突っ込んでいって…」

JUM「そのまま弾き返されて地面に叩きつけられたのかもな」

みつ「なかなかにシュールな絵ねぇ」クピクピ




280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 07:51:23.39 ID:QwnaEB6YO
金「って、あぁ!雑談してる隙に、またみっちゃん…!」

みつ「ヒックヒック!うへぇ…食卓が明るいと…ついついおしゃけも進むらね…」フランフラン

JUM「いつの間に…大五郎が3つも空になってる…」

金「さっき卑猥な話をしだすから変だと思ったけど…照れ隠しでこんなに呑むくらいなら最初から言わなければいいのに!」

みつ「のんでませ~ん!ぜんぶクマさんがきてのんじゃいましたぁ~」グワングワン

金「クマさんなんかどこにもいないわよ、いてもお部屋の中にまで来ないかしら!」

JUM「あ、うちには来たことあるぞ」




281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 07:58:51.84 ID:QwnaEB6YO
金「こういう所はちっとも成長しないんだから…お水持ってくるかしら」パタパタ

JUM「だ、大丈夫ですか…みっちゃんさん?」

みつ「ふぅ~…暑いぃ…脱いじゃお」ヌギヌギ

JUM「わわわわ!ストップストップ!うわ、胸デカい…じゃなくて!」

みつ「んふふ、ビックリした?ドッキリよドッキリぃ…」

JUM「ぜ、全裸になってどこがドッキリなんですか…」ドキドキ

みつ「ん~…なら、下着だけはくぅ…」グィグィ




282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 08:08:07.05 ID:QwnaEB6YO
みつ「このブラ可愛いでしょ?黄色に黄緑のワンポイントがカナみたいでぇ」

JUM「ぁ…あの…その…」

みつ「ん~…ジュンジュンの匂い~」ギュ スゥ

JUM「あ、あ…かか顔に胸が当たってます!」

みつ「あ、やっぱり男の子なんだね…大きくなってる」クス

みつ「……私、変な気分になってきちゃった」

JUM「な…ど…その…」ドキドキドキドキ

みつ「あ、ヤバいヤバい!うぷ…変な気分!具合悪い!」プルプル




283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 08:12:56.20 ID:QwnaEB6YO
金「みっちゃ~ん!バケツかしら~!!」バタバタ

みつ「う…オエエェェェエエッッ!!」オロロロロ

金「ああもぅ…また脱ぎ散らかして…JUM、みっちゃんに変なことしなかったかしら?」ギロ

JUM「…なにも、出来ませんでした」シュン

金「そう、ならいいわ…ほらみっちゃん!お洋服着て欲しいかしら!」

みつ「ハァハァ…ありがとうカナ…こんなみっともないマスターでごめんねぇ」グッタリ




284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 08:19:42.58 ID:QwnaEB6YO
金「もう…いいのよ、むしろお世話になってる身だし、カナにも出来ることがあって嬉しいかしら」

みつ「カナ…ありがとカナ、カナは私にとってお姫さまよ…もうカナのいない生活なんて考えられない」グスグス

JUM「本当に、このお姫さまの姿をうちの人形達にも見習わせたいよ…」

金「もう!誉めても何も出ないわよ!?明日も早いし、もう寝るのかしら!」

みつ「そう、そうね…何て言ったって明日もお休みだもの、遊び倒すわよぉ」

JUM「よ~し、それじゃあ…」

「寝るぞ~っ!!」

プリンセス・カナ




289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 10:17:25.93 ID:Yx8t38ROO
みっちゃんとカナのコンビはどうしてこうも癒されるんだろう
とりあえず乙なのか?w




293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 13:14:04.35 ID:4y/koyhDO
JUMが避けられてる理由がよくわからなかったのは、俺の読解力が足りないからなのか?




295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 13:17:52.07 ID:r957M43U0

のりと真紅の伏線は何だったん?




296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 13:47:18.70 ID:QwnaEB6YO
おっぱいおっぱい
>>293>>295
真紅は翠星石の気持ちを知って、上手く接せない
のりはただ翠星石を会話に入れようとしてるけど不器用なので違和感ばかりが先行
って脳内設定だったけど、他の人ならもっと可愛く書けるはずのカナが不憫になったので切りのいいところで〆ました




297 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 14:45:35.29 ID:7u3jRDrwO
マジで終わりか…まあ乙

さて次の書き手はまだか




306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 19:40:30.00 ID:lbI7SH+OO
金糸雀「さーて、今日も桜田家に潜入かしら!」

金糸雀「慎重に、慎重に……」コソコソ

金糸雀「……ん?」


蒼星石『もっと手首を柔らかく使った方がいいんじゃないかな』

真紅『こ、こう?』

蒼星石『うんうん、そんな感じ』

翠星石『真紅は下手ですねぇ』

真紅『五月蝿いわね、初めてだから上手く出来ないのよ』


金糸雀「……何かいやらしい会話が聴こえてくるわね」




308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 19:46:59.41 ID:lbI7SH+OO
金糸雀「どうしようピチカート」

金糸雀「姉として妹達の真昼の情事を止めるべきかしら?」

ピチカート「……」チカチカ

金糸雀「そうよね、そうよね!止めるべきよね!」

ピチカート「……」チカチカ

金糸雀「よーし、そうと決まれば!突撃して一気に場を制圧するに限るかしら!」

金糸雀「はぁぁぁああ!!」


金糸雀「おりゃー!!」ガッシャーン!!




309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 19:52:38.87 ID:lbI7SH+OO
金糸雀「ちょっと貴女達、何をやって……ん?」

蒼星石「やぁ金糸雀」

翠星石「見てわからねーですか?編み物ですよ」
金糸雀「え?」

真紅「今忙しいの。邪魔するなら帰って頂戴」

真紅「あ、ちゃんと窓も直して行きなさいよ」

金糸雀「真紅が……編み物……?」




310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 19:57:10.23 ID:lbI7SH+OO
金糸雀「真紅が編み物だなんて……何が起こっているのかしら?」

真紅「少し気が向いただけよ」

金糸雀「……」

金糸雀(明日世界が終わるのかしら?幾ら何でも有り得ないわ……)

蒼星石「……」

蒼星石「……金糸雀、ちょっと廊下に来てくれないか?」

金糸雀「?」




311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 20:04:46.62 ID:lbI7SH+OO
―廊下

金糸雀「何かしら?」

蒼星石「真紅が編み物をしている理由について話しておこうかと思ってね」

金糸雀「……詳しく聴きましょうか」

蒼星石「約2ヶ月後の為だよ」

金糸雀「2ヶ月後、何かあるのかしら?」

蒼星石「2ヶ月にあるもの……それは」

蒼星石「クリスマスさ」

金糸雀「なるほど、だいたいわかったわ。ありがとう蒼星石」

蒼星石「流石だね。まぁそういう事だから邪魔しないであげてね」

金糸雀「まぁそういう事情ならクリスマスまではアリスゲームは無しにしてあげるのかしら」




313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 20:08:05.53 ID:lbI7SH+OO
蒼星石「ありがとう。……ところでキミもマスターに何かプレゼントしてみたらどうだい?」

金糸雀「みっちゃんに?」

蒼星石「うん、きっと喜んでくれると思うよ」

金糸雀「みっちゃんに……プレゼント……」

蒼星石「まぁ後1ヶ月半以上もあるんだ、ゆっくり考えてみればいい」

金糸雀「……」

金糸雀「ありがとう、帰って少し考えてみるわ」

蒼星石「そう、それじゃぁまたね」




314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 20:11:19.37 ID:lbI7SH+OO
―草笛家

金糸雀「うーん……」

金糸雀「うーん……」

金糸雀「……」

金糸雀「みっちゃんが喜ぶモノって何かしら?」

金糸雀「……」

金糸雀「……そもそもこの時代のこの国の女性が貰って喜ぶモノって何かしら」

金糸雀「わからない……わからないわ……」

金糸雀「これは少し調査の必要がありそうね」




316 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 20:23:52.71 ID:lbI7SH+OO
金糸雀「とりあえずみっちゃんの部屋を調べましょう」

ピチカート「……」チカチカ

ガチャリ

金糸雀「……」

金糸雀「人形関係のモノしか無いわね……」

金糸雀「うーん……」

ガサガサ

金糸雀「CD発見かしら」

金糸雀「『spitz』と『くるり』と……」




317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 20:27:02.83 ID:lbI7SH+OO
金糸雀「……CDにしようかしら」

金糸雀「でもこういうのって本人の好き嫌いがはっきり出るから避けた方が無難かも」

ピチカート「……」ピカピカ

金糸雀「うん、やっぱりそうよね!」

ピチカート「……」チカチカ

金糸雀「もうちょっと調査してみましょうか」




319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 20:35:24.11 ID:lbI7SH+OO
―二時間後

金糸雀「結局よくわからなかったのかしら……」

ピチカート「……」チカチカ

金糸雀「うー……」

ピチカート「……」チカチカ

金糸雀「なぁにピチカート」

ピチカート「……」チカチカ

金糸雀「『明日真紅のマスターの姉や雛苺の元マスターに聴いてみたら?』」

金糸雀「か、カナもそう言おうと思っていた所かしら!」

ピチカート「……」ピカピカ

金糸雀「嘘じゃないのかしら!本当かしらー!」




324 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 22:20:41.60 ID:lbI7SH+OO
―次の日

金糸雀「お邪魔しまーす!かしらー!」

JUM「またお前か……真紅と翠星石は蒼星石の家に行って居ないぞ」

金糸雀「そう、まぁ構わないわ」

JUM「はぁ?」

金糸雀「今日はあなた達に用があるのかしら」

JUM「?」




326 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 22:28:15.33 ID:lbI7SH+OO
―桜田家・リビング

金糸雀「というワケで」

巴「……」

雛苺「……」

JUM「……」

のり「……」

金糸雀「第1回『みっちゃんへのクリスマスプレゼント』会議をここに開きたいと思います」

JUM「第1回って……」

金糸雀「私語は慎んでほしいのかしら」バシッ

JUM「痛っ」




327 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 22:35:18.64 ID:lbI7SH+OO
金糸雀「意見のある人は挙手して欲しいのかしら」

雛苺「はい!」

金糸雀「はい雛苺」

雛苺「うにゅー2ダースなんてどう?」

金糸雀「却下かしら」

雛苺「うゆ……」

JUM「はい」

金糸雀「はいジュン」

JUM「ベタにケーキなんてどうだ?」

金糸雀「却下かしら」

JUM「どうしてだよ」




329 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 22:50:08.85 ID:lbI7SH+OO
金糸雀「みっちゃんはたぶんケーキを買ってくると思うの」

金糸雀「ケーキが2つあっても困るでしょ?」

JUM「なるほど……」

金糸雀「はぁ……もうちょっと考えて欲しいのかしら」

JUM「なんだとー!」

のり「あ、はい!」

金糸雀「はい、のり」

のり「えーっと、インターネットで調べてみたらどうかな?」

金糸雀「?」

のり「インターネットの掲示板で、20代の女性が貰って喜ぶプレゼントを聞くのよ」

金糸雀「なるほど、良い考えかしら」

のり「それじゃあジュン君、ちょっとPC借りるね」

JUM「ん、わかった」





331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 22:53:11.58 ID:lbI7SH+OO
のり「……」カタカタ

JUM「ブラインドタッチ……」

金糸雀「……速すぎかしら」

のり「とりあえずスレを立ててみるに限るわね」

巴「桜田君、これって……」

JUM「あぁ、2chだな……」




332 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 22:58:49.61 ID:lbI7SH+OO
20代女性が貰って喜ぶプレゼント教えろクズ共

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/10/30(金) 23:12:26.56 ID:noriskrd0
何が良いんだよ

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/10/30(金) 23:12:26.56 ID:megumilk0
バイブ

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/10/30(金) 23:12:55.70 ID:umeokaksO
極太ディルドー

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/10/30(金) 23:14:44.41 ID:rozen7th0
ローター




333 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 23:01:51.81 ID:R7ETnZJf0
中身も酷いがスレタイも酷いw
お父様何してんですかw




335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 23:05:07.71 ID:VnYcYXaD0
>>333
お父様じゃなくて雪華綺晶もしくは薔薇水晶




336 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 23:06:26.72 ID:R7ETnZJf0
>>335
おお、ほんとだ
芸が細かいw




334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 23:03:05.68 ID:lbI7SH+OO
JUM「柏葉!見ちゃ駄目だ!」サッ

巴「?」

金糸雀「雛苺も見ちゃ駄目かしら!」サッ

雛苺「?」

のり「金糸雀ちゃん、このスレによるとやっぱりバイb」

金糸雀「却下!却下かしら!」

のり「えー」

金糸雀「確かによろこぶかもしれないけど漢字が違うのかしら!却下かしら!」




338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 23:18:42.00 ID:lbI7SH+OO
―五分後

巴「……はい」

金糸雀「はい巴」

巴「……チェスなんてどうかな?」

金糸雀「チェス?」

巴「オシャレだし、二人で遊べるじゃない」

金糸雀「なるほど……なかなか良い意見ね」

金糸雀「ならそれに決定かしら!」

JUM「早っ」




339 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 23:20:02.18 ID:R7ETnZJf0
みっちゃんが悦ぶ大人のチェス・・・




340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 23:23:57.46 ID:Pv5o4R2LO
ポーンってサイズが大きけれ(ry




341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 23:24:06.31 ID:lbI7SH+OO
金糸雀「問題はどうやってチェスを手に入れるか、かしら」

JUM「……確かに」

雛苺「『ひゃっきん』で売ってるのよー」

のり「プレゼントに100円のチェスはどうかと思うわ」

雛苺「うゆ……」

JUM「大人のオモチャよりマシだよ」

のり「うふふ、そうかもね」




343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 23:33:01.93 ID:lbI7SH+OO
金糸雀「なんとかしてお金を手に入れなきゃダメね」

JUM「貸してやろうか?」

金糸雀「いいわ、自分の力でみっちゃんにプレゼントしたいの」

雛苺「偉いのー」

巴「でもどうやって金糸雀ちゃんはお金を稼ぐつもりなの?」

金糸雀「う……」

のり「大丈夫、お金持ちのおじさんに体を売れば一発よぉ」

JUM「お前は黙ってろ!」




345 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 23:35:49.26 ID:8PR4VKctO
のり…毒されてるなw




346 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 23:42:28.61 ID:lbI7SH+OO
金糸雀「うー…いったいどうすれば……」

JUM「町中の小銭を拾い集める」

金糸雀「レディのする事じゃないわね」

のり「その辺の調子乗ってる中学生か高校生をボコボコにすればお金くれるわよ」

金糸雀「……レディのする事じゃないわね」

雛苺「『賭け麻雀』すればいいのー」

金糸雀「雛苺……」




348 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 23:52:33.92 ID:lbI7SH+OO
巴「路上でバイオリンひいてみたら?鞄を置いといて良ければお金入れてもらうの」

金糸雀「!……それくらいなら出来るかも」

金糸雀「さっそく今晩行動開始よー!」

JUM「……警察来たら逃げろよ」

金糸雀「了解かしら!」




350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/02(月) 23:59:30.98 ID:lbI7SH+OO
―一週間後

金糸雀「案外あっさり貯まるものね」

金糸雀「酔っ払いのおじさんが泣きながら5000円入れてくれたのは焦ったけど」

ピチカート「……」チカチカ

金糸雀「出来るだけ高価な方がいいのかしら?」

ピチカート「……」チカチカ

金糸雀「なるほど、高すぎてもダメなのね」

ピチカート「……」チカチカ

金糸雀「とりあえず着替えて買いに行きましょう」

ピチカート「……」チカチカ




351 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/03(火) 00:06:19.52 ID:lbI7SH+OO
金糸雀「……」テクテク

金糸雀「……ねぇピチカート」

金糸雀「チェスってどこに売っているのかしら」

ピチカート「……」チカチカ

金糸雀「ピチカート?」

ピチカート「……」チカチカ

金糸雀「『ついて来い』って、どこに行くつもりなのかしら?」

ピチカート「……」スイーッ

金糸雀「あ、待ってー!」




354 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/03(火) 00:20:20.18 ID:lrL3bG2eO
ピチカート「……」チカチカ

金糸雀「ヤケに古いお店だけど……ココにあるの?」

ピチカート「……」チカチカ

金糸雀「……そこまで言うなら入るしか無いわね」

ガチャリ

金糸雀「おじゃましまーす……」

老人「おや、いらっしゃい」





355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/03(火) 00:38:37.45 ID:lrL3bG2eO
老人「チェスが欲しいんだろう?」

金糸雀「えぇ、そうです」

老人「はい、どうぞ」

金糸雀「あの……お金は……」

老人「一万円でどうだい?」

金糸雀(……今ちょうど一万円とちょっとかしら)

金糸雀「……」

金糸雀(ピチカートが選んだお店だもの、間違いは無いハズかしら!)

金糸雀「……はい、どうぞ」

老人「はいまいどあり」

金糸雀「ありがとうございました」

ガチャッ

老人「マスターを大切にね」

金糸雀「えっ?」




357 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/03(火) 00:46:59.88 ID:lrL3bG2eO
慌てて振り向くと、さっきまであったはずの店は無くなっていた。
そこには古い、コンクリートの壁があるだけだった。

「……ピチカート、もうしかしてさっきのお爺さんって」

薔薇の彫刻が施されたチェスのケースが、その先を物語っていた。

「……」




363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/03(火) 03:44:56.25 ID:lrL3bG2eO
金糸雀「……というワケかしら」

真紅「信じがたい話ね」

金糸雀「本当かしら!」

蒼星石「でも証拠があるからねぇ」

翠星石「むう……」

雛苺「羨ましいのー」




364 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/03(火) 03:53:47.88 ID:lrL3bG2eO
蒼星石「まぁまぁ、たまにはこんな事があってもいいじゃないか」

翠星石「よくねーです!なんでチビカナだけ……」

蒼星石「次は翠星石の番かもしれないよ?」

翠星石「う……でも……」

翠星石「……まぁいいです、でもつけあがるなよ!ですぅ!」

金糸雀「わかってるわよ」




365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/03(火) 03:58:24.65 ID:lrL3bG2eO
金糸雀「さて、後はクリスマスを待つばかりかしら」

金糸雀「みっちゃん、喜んでくれるかなぁ」

真紅「きっと喜んでくれるわよ。さ、私も頑張りましょうかしら」

翠星石「翠星石もケーキ作りの練習をしておきますかね」

雛苺「ヒナも手伝うのよー」

蒼星石「僕もお爺さんに何かプレゼントを考えなきゃ」

金糸雀「今からクリスマスが楽しみね、ピチカート!」

ピチカート「……」チカチカ


終わり





367 : ◆Canary/lZQ :2009/11/03(火) 04:04:09.18 ID:lrL3bG2eO
最近彼女にフラれた俺の提供でお送り致しました。


クリスマスなんて楽しみじゃねーよ!
憂鬱で仕方ないぜ

カップルは死ね!俺の分まで幸せになって死ね!


また金糸雀スレで会おう!




368 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/03(火) 04:05:35.61 ID:YaHEPrdmO
乙カレーだ




372 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/03(火) 04:24:04.84 ID:EQtmhMsKO
彼女がいたって事実があるだけマシじゃん
俺なんて生まれてこのかたねーっつーのwwww




373 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/03(火) 04:31:12.11 ID:JnJ36Qfx0
>>372
画面の中の女の子が泣いてるぞ




374 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/03(火) 04:31:59.00 ID:OTXZvxi70
>>373
右手もな




389 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/03(火) 16:35:30.82 ID:7E3ddNcA0
金「ふふっ…潜入42195回目、
今日こそは真紅たちにぎゃふんと言わせるかしらー!」

銀「あーーーーーーーーれーーーーーーー…」ばりぃぃぃぃぃん…

金「うぎゃあ! 今何か飛んでいったかしら! 
とりあえず家に入ってみるかしら!」




390 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/03(火) 16:38:48.87 ID:7E3ddNcA0
巴「はあ…はあ…」

ジ「…」

金(みんな黙ってどうしたのかしら? とりあえず黙ってみるかしら」

紅(カナリア、ちょっと…)

金(あら真紅、どうしたのかしら?)

紅(実はね…) 




392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/03(火) 16:43:16.61 ID:7E3ddNcA0
-10分ほど前

蒼「お願いします! 巴さん! 剣道を教えてください!」

巴「剣道ね…わかったわ、雛苺の相手もしてるみたいだし教えてあげる」

蒼「やったー! ありがとうございます!」

巴「ただし…」

蒼「?」

巴「音を上げたら…こうだからね」

蒼「こうって言うのがよく分かりませんが、わかりました!」




393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/03(火) 16:47:42.78 ID:7E3ddNcA0
巴「まずは素振り100回!」

蒼「…え?」

巴「聞こえなかった? 素振り100回」

蒼「いや、そんなにやったら…」

巴「ふふっ…そんなこという子は…」

蒼「? 背後に回って…?」

巴「かーつ!」バッシィィィィィィィン

蒼「あだぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」




395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/03(火) 16:52:26.61 ID:7E3ddNcA0
巴「さあ、やりましょう」

蒼「はい…」

巴「声が小さい!」

蒼「はいっ!」

紅(剣道の練習っていつもこうなの?)ひそひそ

ジ(僕に聞くなよ)ひそひそ

-2階

銀「真紅、今日こそローザミス、ってあれ?」




396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/03(火) 16:57:06.07 ID:7E3ddNcA0
翠(練習中は静かにするですチビ共、さもないと…)ひそひそ

雛(どうなるの?)ひそひそ

翠(しまっちゃうおじさんがやってきてしまわれてしまうのです!)ひそひそ

雛(ひいっ!)ひそひそ

ジ(馬鹿、そんなのいるわけないだろ、な? 真紅)ひそひそ

紅(え、ええ、そそそそそそうね)

ジ(…)



銀「1階かしら…」




397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/03(火) 17:02:44.51 ID:7E3ddNcA0
蒼「98、99ぅ、100! はぁ…はぁ…」
 
巴「よし、じゃあ基本に入るわね」

蒼「はぁ…はぁ…」

銀「あれ? なにかやってる?」

翠(げっ…)

紅(水銀燈、空気読んで!)




398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/03(火) 17:06:55.97 ID:7E3ddNcA0
蒼「休んでもいいですか?」

巴「駄目。水飲むだけ」

蒼「ええー!? それじゃあへとへとになっちゃいますよ!」

巴「また…あれを使うしかないか…」

銀「なんか面白そうなことやってるじゃない」

蒼「?」




399 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/03(火) 17:10:31.80 ID:7E3ddNcA0
巴「…」

翠(なんかやってるですぅ!)

紅(あれは…なんかすごいことになりそうだわ…)

巴「!」キッ
「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!ふっとべぇぇぇえぇぇえぇぇぇぇええぇえええ!」

蒼「!」

銀「え? な、なに?」

蒼「盾になってくれ!」




400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/03(火) 17:16:44.40 ID:QRFDZ8pw0
蒼い子はハサミで素振りしてんのだろうか?




401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/03(火) 17:19:09.66 ID:7E3ddNcA0
銀「え?」

蒼「来る!」

銀「! あーーーーーーーれーーーーーーーーーーー…」ばりん

蒼「ほっ…」

-そして>>390に戻る




402 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/03(火) 17:23:18.54 ID:7E3ddNcA0
方向修正

金「なるほど…」

紅「あなたも剣道しない?」

金「竹刀で?」

紅「もちろん、確か巴は竹刀を3本持ってたはず」

金「じゃ、じゃあ…」

紅「窓は責任を持って私が直しておくわ」




404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/03(火) 17:34:10.30 ID:7E3ddNcA0
金「めーん!」

巴「まだまだ!」 

ジ(なあ)

紅(水銀燈のこと?)

ジ(うんにゃ、違う)

紅(じゃあなに?)

ジ(これ…いつ終わるんだ?)

紅(さあ)




405 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/03(火) 17:39:06.64 ID:7E3ddNcA0
巴「あなたたち筋がいいわ! 鍛えれば段位とれるかも」

金「そ、そう…」

蒼「…もう死にそうだ…」

巴「そこで相談なんだけど…うちの中学の剣道部に入らない?
部長にはわたしから言っておくから」

金「え? ちょっ、ちょっと」

蒼「勘弁してー!」




406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/03(火) 17:40:52.62 ID:7E3ddNcA0
-数ヵ月後

ジ「なあ、あいつ…あの時からこないよな…」

紅「…」

ジ「やっぱりあいつの元でしごかれてるんだろうか…」

ピンポーン

ジ「ん?」




407 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/03(火) 17:46:02.46 ID:7E3ddNcA0
ジ「巴…」

巴「こんにちわ」

ジ「…そいつらは?」

蒼「こんにちわ、蒼星石です」

金「金糸雀です!」

ジ「…おい…蒼星石は変わってなさそうだが
金糸雀変わりすぎ…なんか筋肉質だし」

巴「ああ、徹底的にしごいたらこうなったの」

ジ「…」

ジ「ど う し て こ う な っ た」




408 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/03(火) 17:51:40.66 ID:7E3ddNcA0
銀「全く、なんでこんなところに…どうしてこうなった?」

しまっちゃうおじさん「キミがあのとき静かにしなかった水銀燈かい?」

銀「? そ、そうだけど?」

し「さあ、静かにしない子はしまっちゃおうねぇ~」

銀「ちょっ、ちょっとなにを」






409 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/03(火) 17:53:03.22 ID:QRFDZ8pw0
トゥモエが蒼星石の何をしごいてるのか興味深い




410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/03(火) 18:07:35.26 ID:M6e4bpCNO
なんだそりゃwww

乙!




413 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/03(火) 19:29:27.47 ID:1T/4oP7l0
>金「金糸雀です!」
語尾まで変わって・・・

おつおつ




528 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 02:48:52.50 ID:j+KAN7BAO
金糸雀「みっちゃん……」

みつ「?」

金糸雀「カナ……何かおかしいのかしら……」

金糸雀「なんだか……頭が……ふわふわするのかしら……」ふらふら

みつ「カナ、どうしたの?なんだか顔が赤いわよ?」

金糸雀「後……目がぐるぐる……回って……」

みつ「ちょっと、カナ!?」

金糸雀「……あぅ」バタリ

みつ「いぃーやぁぁああああ!!カナァァァアア!!」




561 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 17:04:22.31 ID:j+KAN7BAO
プルルルル……

雛苺「ジュンー、電話ー」

JUM「わかってるよ」

ガチャッ

JUM「はい、もしもし」

みつ『ジュンジュン!?カナが!カナが!』

JUM「ちょっと、落ち着いてくださ……」

みつ『カナが倒れたのに落ち着いてられないわよ!』

JUM「!?」




562 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 17:10:59.06 ID:j+KAN7BAO
JUM「金糸雀が倒れたってどういう事ですか?」

紅・雛・翠・蒼「!」

JUM「はい……はい……」

JUM「わかりました、待ってます」

ガチャリ

真紅「ジュン、どういう事なの?」

雛苺「カナは無事なの?」

翠星石「詳しく説明しやがれですぅ」

蒼星石「まさか水銀燈に……?」

JUM「いや、僕もよくわからないんだけど……」

JUM「急に倒れたらしい。で、熱があるとかなんとか……」




564 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 17:16:44.62 ID:j+KAN7BAO
翠星石「ドールが熱を出すハズが無いですぅ」

JUM「でも、顔も赤いし熱があるってさ」

蒼星石「……それだけじゃ全然わからないね」

雛苺「うゆ……心配なの……」

真紅「それで、金糸雀は何処なの?」

JUM「今はみっちゃんさんの家に居るらしいけど、明日から仕事で看れないから」

JUM「今日ウチに連れてくるってさ」

真紅「なら、金糸雀が来た時の為に準備しなさい」

JUM「わかってるよ」




566 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 17:21:23.97 ID:j+KAN7BAO
―数十分後

ぴんぽーん

JUM「はーい」

ガチャッ

みつ「ジュンジュン……」

金糸雀「うーん……」

JUM「じゃあ、治るまではウチで面倒見るんで」

みつ「お願いするわ……カナをよろしくね」


真紅「任せて頂戴、私達が責任を持って看病するわ」

みつ「真紅ちゃん……ありがとぉぉおお!!」がしっ

真紅「こら、離しなさい!」




568 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 17:28:24.97 ID:j+KAN7BAO
―桜田家・ジュンの部屋

JUM「……とは言ったものの」

金糸雀「……」すやすや

真紅「……どうしようかしら」

雛苺「とりあえず冷えピタを貼るのー」ピタリ

翠星石「意味があるかどうかはわからんですがパジャマに着替えさせるです」

JUM「なら僕は部屋から出とくよ」

ガチャンバタン

蒼星石「鞄に寝かせても治らなかったって言うことは何か他に原因があるのかもね」

真紅「でも、その原因が何なのか……」




571 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 17:40:02.17 ID:j+KAN7BAO
―数分後

JUM『もう終わったか?』

翠星石「終わったですよー」

ガチャリ

JUM「!」

金糸雀「……」すやすや

JUM「髪も下ろしたのか」

翠星石「髪留めは寝る時邪魔にしかならねーですから」

金糸雀「……」

JUM「ふーん……見慣れない分違和感があるな」

翠星石「チビカナといえばおでこですからね」

雛苺「下ろしている分いつもより隠れてるのよー」




573 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 17:43:08.99 ID:j+KAN7BAO
JUM「髪を下ろした金糸雀……」

JUM「……ちょっとかわいいな」ぼそっ

翠星石「!」

真紅「!」

雛苺「……嵐の予感なの」

蒼星石「……確かにいろいろ危ないかもね」




576 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 17:56:28.57 ID:j+KAN7BAO
JUM「で、これからどうする?」

翠星石「勝手にしやがれですぅ!」

真紅「私は下でテレビを見ているわ」

ガチャンバタン

JUM「アイツら急にどうしたんだ?」

雛苺「……あちゃーなの」

蒼星石「……あちゃーだね」

JUM「?……まぁいいや」

JUM「とりあえず金糸雀は僕のベッドに寝かせておこう」ひょいっ

金糸雀「うぅ……」

蒼星石「ジュン君はどこで寝るんだい?」

JUM「床に布団敷いて寝るよ」とさっ

金糸雀「……」

雛苺「ちょっと苦しそうなのー」




578 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 18:03:24.39 ID:j+KAN7BAO
金糸雀「ん……」

金糸雀「うー……」

蒼星石「目を覚ましたみたいだね」

雛苺「かなりあー、おはよーなのー!」

金糸雀「……ここは……?」きょろきょろ

JUM「僕の部屋だ」

金糸雀「……ふぇ?」

金糸雀「……」

金糸雀「!」

金糸雀「う、動けないカナに何をしたのかしら!それにこの服は何かしら!?」

JUM「目を覚ました途端うるさいなぁ……」




579 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 18:10:33.90 ID:j+KAN7BAO
JUM「その服はみっちゃんさんが持ってきたモノだ、そして着替えさせたのは翠星石だぞ」

金糸雀「……ならジュンはカナの裸を見てないのね?」

JUM「誰が見るか!」

金糸雀「ふー、翠星石が居て良かったわ……」

JUM「ちゃんとお礼を言っておけよ」

金糸雀「えぇ、勿論かしら」

金糸雀「人間の雄はえっちな事にしか興味が無いから翠星石が居なければどうなっていたかわからないし……」

JUM「……」




580 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 18:19:20.40 ID:j+KAN7BAO
金糸雀「まぁここまでしてくれた事は感謝するのかしら、でも敵の情けは受けないのかしら」

金糸雀「それじゃあサヨナラかしらー」ふらふら

JUM「おい、大人しくしとかないと……」

金糸雀「あれっ?」ふらっ

蒼星石「危ないっ!」

雛苺「苺轍!」がしっ

金糸雀「うーん……やっぱりダメかしら……くらくらするのかしら……」

JUM「だから言ったのに……」ひょいっ

金糸雀「あうっ」

JUM「大人しくベッドで寝とけ」とさっ

金糸雀「は……はいかしら……」




582 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 18:28:23.94 ID:j+KAN7BAO
JUM「まぁ僕達は下に居るから、何かあれば呼べよ」

金糸雀「えっ……」

JUM「じゃあな」

金糸雀「ちょっと、待って……」

JUM「ん?」

金糸雀「誰か……側に居て欲しいのかしら……」

JUM「……じゃあ蒼星石か雛苺がいてやれよ」

雛苺「はーいなのー」

蒼星石「別にいいけど……」

JUM「?」

蒼星石「うつったらどうしようかと思ってさ」




583 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 18:33:38.98 ID:j+KAN7BAO
蒼星石「冷たいようだけど、ドールである金糸雀がこういう状態だし」

蒼星石「原因がわからない以上僕達に感染するとは誰も断定できない」

JUM「なるほど……じゃあ仕方ないな」

金糸雀「……」

JUM「金糸雀は置いといて皆で下に行こう」

金糸雀「えぇ!?」

雛苺「ジュン、ちょっと待つの」

蒼星石「その結論はおかしい」




586 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 18:40:01.38 ID:j+KAN7BAO
JUM「仕方ないなぁ……」

蒼星石「じゃあ何かあったら呼んでね」

雛苺「早く下に行かないとくんくんSPが終わっちゃうのよー」

JUM「まさかお前ら……」

蒼星石「何の事かな?それじゃあお大事に」

ガチャンバタン

雛苺「出来れば二時間後まで呼ばないで欲しいのー」

ガチャンバタン

金糸雀「……カナよりくんくんが大事なのかしら」べすべす

JUM「泣くな!違うから!アイツらなりの冗談に決まってるだろ!」




589 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 18:52:02.30 ID:j+KAN7BAO
金糸雀「……」

JUM(……やっぱり二人きりとか気まずいな)

金糸雀「……」

JUM「……」

金糸雀「……ねぇジュン」

JUM「ん?」

金糸雀「カナがこのまま治らなかったらどうなるのかしら」

JUM「……さぁな」

金糸雀「戦えない、ロクに動けないローゼンメイデンなんて……」

金糸雀「……手間がかかる分普通の人形以下ね」

JUM「……」




593 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 19:04:08.74 ID:j+KAN7BAO
金糸雀「そうなったらやっぱりカナは要らないお人形かしら」

金糸雀「……そのうちみっちゃんにも要らないって言われて……捨てられちゃうのかしら?」

JUM「……そんな事無いぞ。考え過ぎだ」

金糸雀「……うん」

金糸雀「……」

JUM「みっちゃんさんは」

JUM「お前の事を本当の家族みたいに大切にしてる」

JUM「病気になったからって家族を捨てる奴は居ないよ」

金糸雀「……うん」

JUM「だから泣くなって」

金糸雀「……泣いて無いのかしら」





600 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 20:21:21.84 ID:j+KAN7BAO
金糸雀「……」

JUM「……」

金糸雀「……ジュン」

JUM「なんだよ」

金糸雀「カナが眠るまで側にいてくれないかしら?」

JUM「わかってるよ……」

金糸雀「……ありがと」ぎゅっ

JUM「……」

―窓の外―

水銀燈「……」




603 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 20:33:00.30 ID:j+KAN7BAO
―十数分後

JUM「……」

金糸雀「……」

JUM「寝たか」

金糸雀「……」

JUM「手握られてたら動けないじゃないか」

金糸雀「……」すやすや

JUM「……はぁ」

JUM「僕は何をやってるんだろうな」





606 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 20:57:04.38 ID:j+KAN7BAO
水銀燈「本当に……何をやっているのかしらね」

JUM「水銀燈!?」

水銀燈「気安く呼ばないで欲しいモノね。……さぁ退きなさい」

水銀燈「私はそこのジャンクからローザミスティカを貰わなきゃいけないのよ」

JUM「……それはできないな」

水銀燈「……なんですって?」




609 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 21:02:54.04 ID:j+KAN7BAO
JUM「ここは退けないって言ったんだよ」

JUM「金糸雀が僕の手を握ってるから動けないし、そもそも金糸雀はジャンクなんかじゃない」

JUM「どうしてもと言うのなら」

バターン!

真紅「私達を倒してからにする事ね」

翠星石「ですぅ」

雛苺「なの!」

蒼星石「君こそ、痛い目を見たくなければ去る事だよ」

水銀燈「チッ」




610 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 21:09:35.18 ID:j+KAN7BAO
水銀燈「気に入らないわね……仲良しごっこだなんて美しくないわ」

真紅「……」

水銀燈「いいわ……まとめてジャンクにしてあげ
翠星石「あっと、手が滑ったですぅ」

水銀燈「あつっ!?」

雛苺「出来立てのお粥は熱いのよー」

水銀燈「翠星石ィ……あなた
蒼星石「あっと、手が滑ったよ」

水銀燈「きゃあっ!冷たっ!」

雛苺「秋の氷水は冷たいのよー」

水銀燈「くっ……覚えてなさい!」さっ


真紅(私だけ何もしてない……)




612 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 21:14:27.73 ID:j+KAN7BAO
真紅「……それじゃあまた私達は下に居るから」

雛苺「CM終わっちゃうのよー」

翠星石「急がなきゃですぅ」

蒼星石「念のため録画してあるんだけどね」

ガチャンバタン

JUM「……はぁ」




613 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 21:27:13.23 ID:j+KAN7BAO
金糸雀「……」すやすや

JUM「呑気に眠りやがって……」

JUM「あ、そうだ」

JUM「コイツの人工精霊なら何か知ってるんじゃないか?」

JUM「おーい、ピチカートー」

スイーッ

ピチカート「……」チカチカ

JUM「金糸雀を治す方法を知らないか?」

ピチカート「……」チカチカ

JUM「ふむふむ」

ピチカート「……」チカチカ

JUM「なるほどな」

ピチカート「……」チカチカ

JUM「さっぱりわからん」

ピチカート「……」




614 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 21:28:21.72 ID:nDwsmTNIO
そらそうだわなw




615 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 21:36:46.84 ID:j+KAN7BAO
ピチカート「!」

JUM「……」

ピチカート「……」チカッ チカチカ

JUM「?」

JUM「なんか不規則になったな」

ピチカート「……」チカチカチカチカ

JUM「……モールス信号?」

ピチカート「……」チカチカ

JUM「ネットで調べてみるか」




616 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 21:39:44.54 ID:j+KAN7BAO
JUM「よし、調べながら翻訳してみるか」

JUM「えーっと……」

JUM「……」

ピチカート『よぉ低偏差値』

JUM「何コレ泣きたい」




617 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 21:40:31.19 ID:r6yI/HC/0
おれも泣きたい




618 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 21:43:43.50 ID:j+KAN7BAO
ピチカート『嘘ですよ』

JUM「なんだ嘘か」

ピチカート『治す方法は』

JUM「方法は?」

ピチカート『王子様のキスです』

JUM「……ごくり」

ピチカート『嘘だけど』

JUM「なんだまた嘘か」




620 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 21:49:53.37 ID:j+KAN7BAO
ピチカート『私が治すから』

JUM「ふむふむ」

ピチカート『とりあえず一晩寝かせて置いてあげて』

JUM「なーんだ、それだけでいいのか?」

ピチカート『全裸で』

JUM「また嘘だろ?」

ピチカート『……』

JUM「なんとか言えよ」

ピチカート『……』

JUM「まさか本当なのか?」

ピチカート『嘘です』

JUM「もう飽きたぞこのパターン」




621 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 21:56:21.29 ID:j+KAN7BAO
JUM「で、原因は何なんだ?」

ピチカート『禁則事項です☆』

JUM「叩き潰すぞ」

ピチカート『やーん、怖いですぅ』

JUM「久しぶりにイラっと来た」

ピチカート『冗談は置いといてマジメに言うと』

JUM「ふむふむ」

ピチカート『力の使いすぎ』

JUM「……なんだって?」




623 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 22:04:14.61 ID:j+KAN7BAO
ピチカート『金糸雀は草笛みつと契約していないにも関わらず戦闘を行ったりしている』

ピチカート『その為エネルギー不足に陥っているのだ』

ピチカート『なのでしばらく安静にしつつ食事などでエネルギーを補えば何もしなくても治る』

ピチカート『水銀燈や七番目は契約無しでも他人から力を吸えるからこういう事態にならないのだが』


JUM「なるほど」

JUM「契約無しの弊害か……ならまたこういう事もあり得るんだな?」

ピチカート『このまま契約無しで戦い続ければな』

JUM「……」




625 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 22:10:32.98 ID:j+KAN7BAO
JUM「……コイツも苦労してるんだな」

ピチカート『みっちゃんさんに負担はかけないというこの子なりの優しさだな』

JUM「……」

JUM「説明ありがとう、もう戻っていいぞ」

ピチカート『わかった、さようなら』

JUM「……」

JUM「……要するにピチカートは何もしないんだな」




626 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 22:14:23.03 ID:j+KAN7BAO
JUM「そういえばどさくさに紛れて手を離してしまったな」

金糸雀「……」すやすや

JUM「……」ぎゅっ

金糸雀「……」

JUM「……今晩はずっとこうしておいてやるか」




627 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 22:18:33.88 ID:j+KAN7BAO
―次の日

翠星石「ふー、ふー……」

翠星石「はい、あーん」

金糸雀「あーん」ぱくり

雛苺「ヒナもヒナもー!」

金糸雀「こら、このおかゆはカナのモノかしら!」



JUM「少しは良くなったらしいな」

真紅「えぇ、よかったわね」

蒼星石「それにしてもまさかジュン君が人工精霊とモールス信号で会話するとは思わなかったよ」

JUM「あはははは……」




628 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 22:22:35.98 ID:j+KAN7BAO
JUM「まぁピチカート曰わく後三日は安静にさせておいた方がいいらしい」

金糸雀「そう、わかったわ」

真紅「それまでは私の部屋でゆっくりしていっていきなさい」

金糸雀「ならしばらくお言葉に甘えさせてもらうのかしら」

JUM「僕の部屋だ!」




629 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 22:25:21.40 ID:j+KAN7BAO
とりあえず終わり

誰か俺を看病してくれよ




630 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 22:28:07.33 ID:0/eRqSiAO

本当にいい作品だった




631 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 22:29:43.32 ID:RyYXlvQS0


で、銀様は実はお見舞いに来てたオチは?




632 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 22:30:08.22 ID:r6yI/HC/0
乙かしらー!!




710 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/06(金) 21:48:37.65 ID:ew3lWBygO
金糸雀「誰かカナのSSを書いてくれないかしら……」

翠星石「おめーが書きやがれですぅ」




724 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 01:32:02.06 ID:lAaBooGc0
>>710

金「と、翠星石に言われちゃったかしら…」

J「お前、ローゼンメイデン一の才女なんだろ?だったら自分で書いてみろよ」

金「JUMは冷たいかしら、人非人かしら~」

J「わかったわかった…こういうのはどうせ自分の妄想を垂れ流すオナニーなんだからさぁ」

J「難しい事考えずに自分がそのSSの中でどうしたいのか書けばいいのさ」

金「だったら、カナがたまご焼き食べまくるSSを書くかしら」
(おなにーって何かしら?)




725 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 01:36:11.15 ID:lAaBooGc0
J「じゃあ、まず、たまご焼きを食べ放題にする為にはどうする?」

金「卵をいっぱい用意したらいいかしら」

J「まぁ、そこから大風呂敷を広げることが出来る人もいるんだろうが…どうにもスケールが小さいな」

金「じゃあ、大っきい卵を用意するかしら~ダチョウさんの卵とか」

J「よし、良いぞ、でもSSならもっと自由に無茶苦茶に妄想の翼を広げるんだ」

金「でも、あんまり荒唐無稽にしたらカナの知性が疑われるから、イヤかしら」

J「あー、ダチョウ以上に大きな卵は無かったかなー(棒)」

金(…!!)




726 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 01:40:01.28 ID:lAaBooGc0
金「有史以前の地球には巨大な爬虫類が存在していたらしいかしら…そして無論卵生かしら!!」

J「うん、そうだな」

金「カナが有史以前にタイムスリップして地上最大の卵を探す一大スペクタクルを書くかしら~」

J「じゃあ『白亜紀にタイムスリップしたかしらー』…ってとこが妥当かな?」

金「恐竜の中で最大なのはブラキオサウルスを代表とする雷竜かしら」

金「で、その雷竜全盛なのは白亜紀じゃなくてジュラ紀なのかしら」

J「変な所に詳しいな…」

金「前のマスターの元でアリスゲームそっちのけでボーンウォーズを戦ってたのは伊達じゃない!!かしら」




728 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 01:42:43.68 ID:lAaBooGc0
J「ま、まぁ、ジュラ紀にタイムスリップで良いや。でも、SSとはいえどうしてタイムスリップするかくらいは説明が欲しいな」

金「じゃあ…『紅「絆パンチ」 銀「うぼぁ~」 金「絆パンチの爆発で空間に歪みが起こったかしら~」』みたいな感じでタイムスリップかしら」

J「で、ジュラ紀にタイムスリップしたわけだが、それから?」

金「そんなの決まってるかしら、ブラキオサウルスの卵を探して旅をするかしら」

J「ちょっと待て、お前……延々とジュラ紀の恐竜の説明をするつもりじゃないだろうな?」

金「ダメかしら?」

J「当たり前だ!!」




729 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 01:46:05.24 ID:lAaBooGc0
J「良いか?ローゼンSSに読者は何を望んでる?ローゼンメイデンと有史以前のトカゲのどっちだ?」

金「……ロ、ローゼンメイデンかしら」シブシブ

J「よし、で、お前らといえばアリスゲームだよな?」

金「ふ~、JUMは結構短絡的かしら」ヤレヤレ

ガッシボカ

金「お、思い出ひたかひら…ローゼンメイデン=アリスゲームかひら…」




730 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 01:48:15.20 ID:lAaBooGc0
J「で、タイムスリップしたきっかけは何だった?」

金「真紅と水…真紅と水銀燈もジュラ紀にタイムスリップしてるかしら!!」

J「だな、それに2人がいないと現代に戻れなくなるぞ」

J「まぁ、お前一人がタイムスリップして現代に戻れないまま、化石になって時が流れ…」

J「若干、今とは違った現代で女性古生物学者になったミツ・クサブエの手で発掘、復元されるのも有りかもしれないが」

金「そんなドラえもんの最終回の同人誌の影響受けたジュブナイルっぽいのイヤかしら」




731 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 01:52:36.16 ID:lAaBooGc0
J「じゃあ、真紅、水銀燈、金糸雀の3人がジュラ紀にタイムスリップした。さぁ、どうする?」

金「みんなでブラキオサウルスの卵を探して旅をするかしら」

J「…おい…お前はちゃんと人の話を聞いてたのか?」ゴゴゴゴゴ

金「ひっ!?ロ、ローゼンメイデンと言えばアリスゲームだったかしら!!」

J「そう…ジュラ紀でもお前ら馬鹿姉妹達は姉妹喧嘩を繰り広げるに違いないんだ……人の迷惑も顧みずになっ!!」

金「ご、ごめんなさいかしら~…でもジュラ紀には人がいないから安心かしら」




732 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 01:55:25.86 ID:lAaBooGc0
J「お前等と契約してくれる人間が居ない…だけどアリスゲームをしなくちゃいけない…となると?」

金「恐竜と契約するかしら!!」

J「お前はお目当ての卵の持ち主のブラキオサウルス、水銀燈は攻撃的だからアロサウルスで良いだろ、真紅…はステゴサウルスにしとくか、色々とトゲがあるし」

金「で、カナがブラキオサウルスの力を借りて大勝利かしら~」

J「そしたら、現代に戻れなくなるぞ?」




733 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 01:58:58.05 ID:lAaBooGc0
金「む~…じゃあ、闘いの中でお互いを認め合い、協力して現代に戻る…かしら?」

J「ベタだけど、そのくらいがお前にも書きやすいんじゃないか?」

金「じゃあ、二人と協力して現代に戻って一件落ちゃ…ァアァアーッ!!」

金「卵のこと忘れてたかしらーーッ!!」

J「じゃあどうするんだ?」

金「決まってるかしらー!!ブラキオサウルスさんに卵もらって帰るかしら~」




734 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 02:02:15.62 ID:lAaBooGc0
J(裏声)「カナリアー、ワタシノ タマゴヲ タベチャウノ~?」

金「はっ!?」

金「ブラキオサウルスさんとカナは幾多の修羅場を潜り抜けた戦友かしら…」べすべす

J「ま、友情の証に今までカナにも渡さなかった卵を託して涙の別れってのもアリだから、その辺は好きにすればいいさ」

金「JUM、相談にのってくれてありがとうかしら、これでカナもSSが書けそうかしら~」

金「それじゃあ、ごきげんようかしら~」フワッ

fin


『地上最大のタマゴを探して』 著カナ

この本をJUMに捧げる

み「カナったら、そんなにたまご焼きが食べたいのね」




735 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 03:15:16.76 ID:Eu/5ILJbO
\(^o^)/




737 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 04:04:12.22 ID:lAaBooGc0
>>735
もうメタネタくらいしか思いつかないんだからお前もなんか書け




738 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 04:09:29.83 ID:Eu/5ILJbO
サァァァ……

金糸雀「あーん、もー最悪かしらー」ぱたぱた

金糸雀「せっかく干した洗濯物が……」

金糸雀「……」

金糸雀「しばらく止みそうに無いわね、ピチカート」

ピチカート「……」チカチカ




739 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 04:20:59.02 ID:Eu/5ILJbO
金糸雀「はぁ……」

ピチカート「……」チカチカ

金糸雀「こうしているとなんだかひとりぼっちみたいね」

ピチカート「……」

金糸雀「みっちゃん、早く帰って来ないかしら」




740 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 04:23:36.22 ID:Eu/5ILJbO
金糸雀「……」

<あはははは

金糸雀「……平日夕方のテレビってつまらないわね」

<なんでやねん!

金糸雀「……」ぼー…

<どっ

金糸雀「……」

<支払いは任せろー バリバリ

金糸雀「……」

<やめて!

金糸雀「……」うとうと





741 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 04:25:27.02 ID:Eu/5ILJbO
金糸雀「……はっ」

金糸雀「……もう夜かしら」

金糸雀「知らない間に寝ちゃってたのね……」

金糸雀「……」




744 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 04:29:00.69 ID:Eu/5ILJbO
金糸雀「!」

金糸雀「……留守電が入ってる」

金糸雀「……」ピッ

ピー

メッセージを再生します

『カナ、ごめん!今日は帰れそうに無いの。ご飯は冷蔵庫のものを適当に食べてね』

『それじゃ、本当にごめん!』


ピー


金糸雀「……っ……」




747 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 04:34:51.62 ID:Eu/5ILJbO
金糸雀「みっちゃん……」

金糸雀「……今日は一緒にご飯食べるって約束したのに」

金糸雀「……みっちゃんのうそつき」

金糸雀「……」

金糸雀「……」

金糸雀「うっ……っく……」

金糸雀「……ひっく……」

ごしごし

金糸雀「……っ」

金糸雀「……ご飯食べよ」




748 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 04:40:09.41 ID:Eu/5ILJbO
金糸雀「ひとりで食べる夕食ほど楽しくない食事は無いわね、ピチカート」

ピチカート「……」チカチカ

金糸雀「……別に泣いてないのかしら」

ピチカート「……」チカチカ

金糸雀「大丈夫、平気よ」

ピチカート「……」

ピチカート「……」すいーっ

金糸雀「ちょっとピチカート、どこに行くのかしら?」

金糸雀「待って、ピチカート!」

ばたーん!

金糸雀「あうっ」

金糸雀「いたたたた……」

金糸雀「……」

金糸雀「……ピチカートまで居なくなっちゃったのかしら」





749 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 04:49:03.15 ID:Eu/5ILJbO
―数分後

金糸雀「……」

金糸雀「……はぁ」

金糸雀「……ひとりぼっち……寂しさーにー」

金糸雀「馴れたなんてー……うーそだよ」

金糸雀「忘れそうな……自分のこーえー……」

金糸雀「喉はずっと……渇ーいてる」

金糸雀「……」

金糸雀「……はぁ」

金糸雀「ピチカート、どこに行っちゃったのかしら……」




750 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 04:54:59.27 ID:Eu/5ILJbO
ピチカート「……」すいーっ

金糸雀「!」

金糸雀「ピチカート、あなた一体どこに行っていたのかしら?」

ピチカート「……」チカチカ

金糸雀「『教えてあげないよ!ジャン!』?何を言っているのかしら?」

がしっ

金糸雀「!?」

???「だーれだ?」

金糸雀「だ、誰かしら!離して欲しいのかしらー!」

???「ふふふ……」




751 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 04:58:42.76 ID:Eu/5ILJbO
金糸雀「うー、誰なのかしら!何が目的なのかしらー!?」

???「えへへ、秘密なのー」

金糸雀「!」

金糸雀「わかった!あなた雛苺ね!」

???「!」

雛苺「えへへ、バレちゃったのー」




753 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 05:03:48.56 ID:Eu/5ILJbO
金糸雀「雛苺、あなた何をしにきたのかしら?アリスゲームなら……」

雛苺「ううん、アリスゲームじゃなくてお願いをしにきたの」

金糸雀「?」

雛苺「うーっと、実は……今晩泊めて欲しいの」

金糸雀「……!」

金糸雀(ピチカート、まさかあなた……)

ピチカート「……」チカチカ




755 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 05:07:58.38 ID:Eu/5ILJbO
金糸雀「……」

金糸雀「……し、仕方ないわね!今日は特別に泊めてあげるのかしら!」

雛苺「わーい!かなりあありがとうなのー!」

金糸雀「とりあえず鞄はこっちの部屋に置いといて欲しいのかしら」

雛苺「了解なのー!」

金糸雀(……ピチカート、本当にありがとうかしら)

ピチカート「……」チカチカ

ピチカート(ふっふっふ、全く……世話の焼ける嬢ちゃんだぜ)



終わり




756 : ◆Canary/lZQ :2009/11/07(土) 05:10:09.86 ID:Eu/5ILJbO
人工精霊が策士。
そんなSSもたまには良いんじゃないかな!




757 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 05:40:20.33 ID:lAaBooGc0

何か久しぶりにまともな雛苺見た気がする




773 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 15:02:53.97 ID:2vtvQ9bO0
金「うう…ぐすっ、風邪引いたかしら…」

みつ「今流行の新型インフルかしら?」

金「薔薇乙女が風邪引くなんて…」

みつ「動かないの、寝てなさい」

金「うう…はっくしゅん!」

みつ「それじゃ私は仕事行って来るわ。いい?
何かあったらこの携帯の番号に電話するのよ! いい?」

金「わ、わかったかしら…」




774 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 15:06:51.83 ID:2vtvQ9bO0
金「はっくしょーん!」

雪「こんにちわ。風邪だと聞いて飛んできました!」

薔「…」

雪「ほら、あいさつ!」

薔「…馬鹿は風邪ひかむぐっ」

金「え? 今なんていったのかしら?」

雪「き、気にしないでくださいお姉さま!」

薔「むぐぐっー!」




775 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 15:17:54.76 ID:2vtvQ9bO0
雪「実はおかゆ作ってきたんです!」

金「ほ、本当かしら!? ありがとうかしら~!」

雪「ほらばらしー、持ってきて!」

薔「…」

雪「食べさせてあげて」

薔「ふーふー」

金「あ、あの? 口はもう少し下かしら」

薔「…」ピト

金「ああああああああああじゃああああああああああああ!」

雪「ばらしー、だちょ○クラブじゃないんだから…」




776 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 15:17:56.69 ID:Pnu9pIdE0
きらきー&ばらしー、キター!!




777 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 15:22:10.02 ID:2vtvQ9bO0
薔「間違えました」

金「全く…今度こそちゃんとやるのかしら」

薔「ふーふー、えいっ」ピト

金「あじゃあああああああああああああああああああい!」

雪「…」

薔「えいっ」ピト

金「あああああああああああああああああああああ!」

雪「ばらしー! もうやめなさい!」





778 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 15:29:10.60 ID:2vtvQ9bO0
金「はぁ…はぁ…ひどい目にはっくしゅん!」

雪「そういえば私最近ギター始めまして」

薔「わたしもベースを」

金「どおりでふたりとも妙なものを背負ってると思ったかしら
演奏して欲しいかしら」

雪「了解です」




780 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 15:51:18.19 ID:2vtvQ9bO0
そういって準備らしきものを始める2人。
「それでは、始めますよ」
雪華綺晶が言う。そして…。



演奏が始まった瞬間、私は目を疑った。
雪華綺晶の目にも止まらない速奏き。
私のバイオリンでもここまで速くはならないだろうというくらいの。

なんの曲かはよくわからなかったが、薔薇水晶のベースとともに
心地良く聞けた。

「はぁ…はぁ…ど、どうでしたか?」




781 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 16:03:13.14 ID:2vtvQ9bO0
金「ぶ、ブラボー!」

雪「そうですか、喜んでもらえてなによりです
私達はそろそろ帰りますが、フルーツを置いておくので
もし良かったら食べてください」

金「あ、ありがとうかしら~」




782 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 16:18:51.17 ID:2vtvQ9bO0
金「カナは幸せかしら」

金「あんなに出来のいい妹を持てて…」

金「翠星石も見習ってほしいかしら」

翠「誰が誰を見習ってほしいですってぇぇぇぇぇぇ?」

金「ひいい! 誰か助けてー!!」




783 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 16:22:43.62 ID:2vtvQ9bO0
紅「カナリア、風邪の具合はどう?」

雛「心配だからお見舞いしに来たのー!」

蒼「病は気からってマスターが」

金「そんなことより翠星石をなんとかするかしらー!」

翠「うるせぇです! 黙りやがれです! このこのこの!」

金「痛い痛い痛い痛いかしらー!」




784 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 16:36:38.35 ID:2vtvQ9bO0
蒼「ちょっと翠星石、やめてあげて」

翠「離せです!」

雛「翠星石、お見舞いに来たのにさらに状態を悪くしてどうするの?」

紅「そうよ」

翠「うう…」

金「…」




785 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 16:42:48.00 ID:2vtvQ9bO0
紅「あら、このフルーツはなにかしら?」

金「雪華綺晶達がくれたのかしら」

紅「?」

翠「毒でも入ってるんじゃねえですか?」

蒼「ひどっ!」

雛「翠星石はもっと姉妹を信頼したほうがいいと思うの」

翠「チビチビは黙ってろです!」

蒼(翠星石が一番アリスに遠いな)




786 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 16:53:02.22 ID:2vtvQ9bO0
銀「真紅、今日こそ決着をつけましょう」

紅「いいわよ」

銀「先手ひっ…しょ…」

紅「えっ? ちょっとどうしたの水銀燈」

銀「別に…はっくしょん!!」

紅「どれどれ、熱い! 水銀燈、あなた風邪引いてるわよ!」

銀「あなた…も…ね…」

紅「あ…」




788 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 17:04:41.21 ID:2vtvQ9bO0
蒼「うう…」

翠「はっくしゅん!」

雛「こほんこほん!」

銀「毎日真紅に会わなければ…」

紅「そんなこといったって、私も感染してること知らなかったし…」

ジュン「ああもうわかった。わかったからもう何も喋るな
安静にしてろ」




789 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 17:10:36.85 ID:2vtvQ9bO0
雪「風邪だと聞いて(ry」

紅「はぁ…雪華綺晶…」

翠「なんでお前だけゴホッゴホッ」

薔「それは馬鹿は風邪」

雪「それは自分が馬鹿だって認めることになるけど…」

薔「あー!」

おわり




790 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 17:11:56.69 ID:2vtvQ9bO0
水銀燈が風邪引いたのは真紅にうつされたから

それだけ




838 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 21:42:59.51 ID:Eu/5ILJbO
金糸雀「はっ!」ばたばた

金糸雀「ほっ!」じたばた

金糸雀「うぅ……とれないよぉ……」

巴「……何してるの?」

金糸雀「あ、あなた良い所に来たわね!」

金糸雀「木に傘が引っかかって降りられないのかしら、助けて欲しいのかしらー!」

巴「わかったわ、ちょっと待ってて」がさごそ




841 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 21:47:36.54 ID:Eu/5ILJbO
巴「竹刀で引っかかってる傘を外すわね」

金糸雀「了解かしらー」

巴「よっと……」つんつん

金糸雀「もうちょっと!頑張るのかしら!」

巴「はっ!」つんつん

金糸雀「きゃー!」ドスン!

巴「……大丈夫?」

金糸雀「いたたたた……ありがとうかしら」




842 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 21:55:44.54 ID:Eu/5ILJbO
巴「ところで、どこに行こうとしていたの?」

金糸雀「当然、真紅達の所かしら!」

巴「私も今行こうと思っていたの。……一緒に行く?」

金糸雀「どうしてもと言うのなら行ってあげるのかしら」

巴「ふふふ、じゃあ一緒に行きましょ」

金糸雀「な、何がおかしいのかしら?」

巴「ううん、なんでもない」

金糸雀「?」




843 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 22:02:59.92 ID:aPNdaWIq0
珍しい組み合わせにwktk




845 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 22:09:55.21 ID:Eu/5ILJbO
―五分後

金糸雀「……」

巴「……」

金糸雀(話題が無いって辛いのかしら……)

巴「……」

金糸雀「……」




846 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 22:15:30.87 ID:Eu/5ILJbO
金糸雀「……後どのくらいで着くのかしら?」

巴「そうね、後少しで着くわよ」

金糸雀「ふーん……」

金糸雀「……ところでその手に持っているモノは何かしら?」

巴「コレ?コレはね……」

巴「うにゅーよ」

金糸雀「う、うにゅーって何かしら?」

巴「雛苺の大好物なの」

金糸雀(うにゅー?そんなの聴いた事も無いのかしら……)

金糸雀(雛苺の大好物にうにゅーなんてあったかしら?)

金糸雀「そ、そのうにゅーって食べ物はどういう食べ物なのかしら?」




847 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 22:24:11.37 ID:Eu/5ILJbO
巴「えーっとね」

巴「ふわふわで白くて甘くて」

巴「にゅーって黒くて赤いの」

金糸雀「???」

金糸雀(わからない……わからないのかしら!)

金糸雀(ふわふわで白いと言えばマシュマロだけど……マシュマロはにゅーってしてないし)

金糸雀(しかも黒くもないし赤くもないのかしら)

金糸雀(赤で甘くて白くて黒いってまともじゃないのかしら)




848 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 22:29:19.76 ID:Eu/5ILJbO
金糸雀「……」

金糸雀(……なぞなぞ?)

金糸雀(ガムかしら?でもガムはふわふわしてないし……)

金糸雀(フルフルなら白くて赤くてにゅーって伸びるけど食べ物じゃないし、実在しないし……)

金糸雀(赤くて黒い……何だか危険な感じがするのかしら)

金糸雀(うー……考えれば考えるほどわからないのかしらぁ~!)

巴(ふふふ、困ってる困ってる……)




850 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 22:40:29.09 ID:Eu/5ILJbO
金糸雀「……そのうにゅー、っていう食べ物はどこの国の食べ物なのかしら?」

巴「日本の食べ物よ。結構最近出来たモノなの」

金糸雀「へぇー……」

金糸雀(……ますますわからないのかしら)

金糸雀(うにゅー……気になる……)

金糸雀「そのうにゅーっていうのは正式名称なのかしら?」

巴「いいえ、雛苺がそう呼んでいるだけよ」

金糸雀(やっぱり!ならわかるはずが無いのかしら……)

金糸雀「ねぇねぇ、そろそろうにゅーの正体を教えてくれないかしら?」

巴「嫌だって言ったら?」

金糸雀「!!」がーん


巴(……かわいい!!)




855 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 22:52:04.41 ID:Eu/5ILJbO
金糸雀「そ、そんなのズルいのかしら!」

巴「何がズルいのかしら?」

金糸雀「んもー、真似しないで欲しいのかしら!」

巴(……鼻血でそう)

金糸雀「ねぇねぇ、教えてよぉー」ぐいぐい

金糸雀「お願いかしら、このままじゃ気になって夜も眠れないのかしらー!」

巴「えー……どうしようかなー」

金糸雀「人がここまで頭を下げているのに……酷いのかしら!」

巴「そう?」

金糸雀「充分イジワルかしら!」




856 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 22:57:54.30 ID:Eu/5ILJbO
金糸雀「まぁ別にいいわ、真紅達の家に着いたら雛苺に聴けば済む話なんだから!」

巴「……」スタスタ

金糸雀「ど、どこに行くのかしら?」

巴「……」サッ

金糸雀「公衆電話……?」

巴『もしもし、あ、桜田君?』

金糸雀「ま、まさか!」

巴『皆に、金糸雀ちゃんにうにゅーが何なのかバラさないように言っといてくれない?』

金糸雀「!!」

巴『うん……それじゃあそろそろ着くから。またね』ガチャン

巴「……」ニコッ

金糸雀「と……とんだ外道かしら……」




859 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 23:05:08.09 ID:Eu/5ILJbO
巴「これで皆教えてくれなくなったわね」

金糸雀「ひ、酷すぎるのかしら……」

巴「教えて欲しい?」

金糸雀「是非とも教えて欲しいのかしら!」

巴「えー……どうしようかなぁ」

金糸雀「!」がびーん

巴「……どうしても教えて欲しいの?」

金糸雀「どうしても教えて欲しいのかしら!なんだかスゴく気になってきたのかしら!」

巴「そこまで言うなら……」

金糸雀「……」わくわく

巴「やっぱりやめとくわ」

金糸雀「!!」ずーん




860 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 23:10:41.54 ID:Eu/5ILJbO
金糸雀「……」

巴「か……金糸雀ちゃん?」

金糸雀「ひ……酷いのかしら……純粋なカナを弄んで遊ぶなんて……」べすべす

巴(泣かしちゃった……でもかわいい!)

金糸雀「……」べすべす

巴「わかったわ、教えてあげるから!教えるから泣かないで、ね?」

金糸雀「うぅ……本当かしら?」

巴「本当よ」

金糸雀「本当に本当?」

巴「本当に本当よ」




862 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 23:21:59.84 ID:Eu/5ILJbO
巴「雛苺の言う『うにゅー』って言うのはね、」

巴「苺大福の事よ」

金糸雀「苺大福……って何かしら?」

巴「えーっとね、大福に苺が入ってるお菓子よ」

金糸雀「……イマイチ想像出来ないのかしら」

巴「それじゃあ、桜田君の家に着いたら皆で一緒に食べましょうか」

金糸雀「うん!」

巴(……かわいい!)


終わり




863 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 23:23:45.42 ID:aPNdaWIq0
終わりまでかわいいおつ!




866 : ◆Canary/lZQ :2009/11/07(土) 23:25:12.63 ID:Eu/5ILJbO
書く度に適当になってて申し訳無い。


まぁたまには巴と金糸雀もありじゃないかな!




867 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 23:34:35.81 ID:FW0RLej+O
>>866
カナの全ての台詞が脳内再生された
乙カート




877 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/08(日) 00:48:26.30 ID:Ua2C4qIL0
金糸雀「ふっふっふ・・・カナはとんでもないものを作り上げてしまったのかしら」

翠星石「なんですおバカナリア。またろくでもない事でも思いついたんですか?」

金糸雀「カナは馬鹿じゃないかしらー!・・・ゴホン!聞いて驚け見て驚くかしら!」

金糸雀「じゃーん!これぞカナの開発した1000ゲットロボかしら!自動で1000ゲットしてくれる凄いやつなのかしらー!」

   △  ¥ ▲
  ( ㊤ 皿 ㊤) 
.  (   大   ) 
 /│  吉  │\ 
<  \____/  >
    ┃   ┃
    =   =

金糸雀「これでこのスレの1000は頂いたも同然なのかしら!」

翠星石「・・・それ、3ゲットロボじゃねーですか。もう既にいっぱいあるですよ」

金糸雀「え・・・」

翠星石「それに1000までいかないで落ちちゃったらどーするんです?」

金糸雀「あ・・・」

翠星石「まったく、やっぱりチビカナはおバカナリアですぅ」

金糸雀「」グスン




881 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/08(日) 01:16:32.14 ID:yEXOhwhw0
金糸雀「じゃーん!これぞカナが改良した1000ゲットロボver2かしら!みんなが手動で1000ゲット目指してくれる凄いやつなのかしらー!」

   △  ¥ ▲
  ( ㊤ 皿 ㊤) 
.  (   大   ) 
 /│  吉  │\ 
<  \_2__/  >
    ┃   ┃
    =   =




882 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/08(日) 01:32:16.39 ID:/83B8DqS0







残念ながら882で落ちました(゜д゜)
書き手さんがかわってますが書いていません

------------------
当ブログについて
※欄650さんありがとうです。

------------
お絵かき掲示板よりさんありがとうです。




Rozen Maiden 2 新装版 (ヤングジャンプコミックス)
Rozen Maiden 2 新装版 (ヤングジャンプコミックス)
集英社 2008-05-26
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
starカナリアかしらー!
star総合的にもなかなか良い。
starこれには納得

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



読み物:ローゼン
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 00:13: :edit
    1げと
  2. 名前: / #-: 2009/11/15(日) 00:16: :edit
    カナはおれのもの
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 00:17: :edit
    カナは虐げて輝く
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 00:17: :edit
    じゃあ3
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 00:19: :edit
    ぷん太&作者ら乙!!
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 00:20: :edit
    06GET!かしら?
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 00:32: :edit
    ちょっと待て。このヤクザは
    JUM「ペニoから液体でてきた・・・」
    に登場した奴じゃねえか
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 00:33: :edit
    カナ!カナ!カナがいっぱいだよかな!
    まじぷりてぃぃぃ
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 00:42: :edit
    最後1000いかないのがカナクオリティww
    カナっぽくて良い
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 00:51: :edit
    ぷん太お疲れ。
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 00:54: :edit
    金糸雀マジプリティ!!
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 01:05: :edit
    キム糸雀かわいいニダ
    ウリ達韓半島の誇りニダ
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 01:11: :edit
    米12
    金竜山「キムとは俺のとこか?
    貴様さては相撲は踊りだと思っているな?格闘技だぞ!」
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 01:13: :edit
    おもしろかったぜ、乙
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 01:28: :edit
    金糸雀マジプリティ

    正直微妙な話もあったが

    やっぱ金糸雀はお姉さんっぽいのがイイ!
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 01:29: :edit
    ※12
    キム糸雀ってどう読むの?キムリア?
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 01:45: :edit
    べすべすが可愛い過ぎる!
    最近金糸雀人気で嬉しい!!!
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 01:46: :edit
    ブラジル代表マジプリティ!!
  19. 名前: 774 #-: 2009/11/15(日) 02:06: :edit
    オチはスレが落ちたところなのか


    そして最近カナリアSSばっかになってきたな
    誰か緑とか黒とか書いてくれ
    赤はいらない
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 02:28: :edit
    カナの可愛さを発掘しようとする者がどんどん増えてるな
    いい事だ
  21. 名前: 通常のナナシ #TNMtb/9k: 2009/11/15(日) 02:55: :edit
    みっちゃんに腕枕してェェェェェェェェェエェエエェェエエエェェェェェェエエエエエェェエ……………。
    翠抱っこしてェェェェェェェェェエェエエェェエエエェェェェェェエエエエエェェエ…………。

    あと、カナ弄りしてェェェェェェェェェエェエエェェエエエェェェェェェエエエエエェェエ……………。
  22. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 03:26: :edit
    金糸雀にも出番をーって少し前までは思ってたけどさすがに最近多すぎだろう
    でも作者とぷん太乙
  23. 名前: 名無しさん #-: 2009/11/15(日) 04:19: :edit
    こうしてピチカー党が増えていくんですね判ります
    まぁ、なんだ・・・カナ可愛いよカナ
  24. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 05:08: :edit
    そろそろもう1回人気投票するべき
    俺のカナがNo.1は間違いない!
  25. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 05:20: :edit
    カナ――――ッ!!
    カナァ――――-ッ!!
    愛してるよ!カナ―ッ!!

    次も期待!
  26. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 08:28: :edit
    米24
    それはないwwwwww
    まあ今じゃリアルジャンク馬鹿推奨よりは上だけどなwwww
  27. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 09:47: :edit
    べすべす
  28. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 10:31: :edit
    なんという金糸雀フルコース・・・・
    ラストの巴との話は和んだ。
    最近ではヤンジャンでも出番多くなってるよね、金糸雀。
  29. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 10:58: :edit
    これだけ大量のSSを前にしたら乙という言葉以外出て来ないぜ
  30. 名前: ∞ハローハッピー笹の葉∞ #-: 2009/11/15(日) 11:48: :edit
    乙!楽しかったで^^


    あっついでに言って置くけど、
    作中出てきた「しまっちゃうおじさん」は
    ぼのぼののキャラやしな?
    ようつべで「ぼのぼの」って打ってみ☆
  31. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 12:38: :edit
    >>781
    ブラボーだと失礼にあたるだろ……
    この場合はブラーヴェ(Brave)な
  32. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 13:02: :edit
    かしら!かしら!
  33. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 13:53: :edit
    しまっちゃうよおじさんはトラウマになるからwwww

    かなり読みごたえがあったね~

    カナリアかわいいよカナリア
  34. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 14:22: :edit
    >>米32
    てぇやんでぇいッ!!
  35. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 14:29: :edit
    金糸雀マジプリティの作者ノリノリ過ぎワロタ
  36. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 15:07: :edit
    全国13人のピチカー党員総出で乙じゃこらぁぁぁ!!
  37. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 16:06: :edit
    ヤクザ「おどれ、あんまり調子に乗ってるとそのドタマカチ割ってちょっと小悪魔なワシを演出すっぞコラァ!!」
    おいwww
  38. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 16:21: :edit
    こんなにたくさんのカナSS……
    すげぇご馳走だ!!
    金糸雀マジ世界一プリチー
  39. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2009/11/15(日) 20:49: :edit
    最近金糸雀SS多くて
    おじちゃん、興奮しちゃうぞw
  40. 名前: 名がある名無し #-: 2009/11/15(日) 21:12: :edit
    おでこマジプリティー
  41. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 23:36: :edit
    クリムゾンスマッシュ吹いたwww
  42. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/15(日) 23:52: :edit
    カナSSだらけで俺歓喜
  43. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/16(月) 00:03: :edit
    アマゾンもちゃんと空気読んでるぜ
  44. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/17(火) 14:05: :edit
    キム・シジャンSSのバーゲンセールだな
    俺は翠が見たかった・・・
  45. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/17(火) 22:55: :edit
    米44
    吉良吉影「キムとは俺のことか?」
  46. 名前: マリオネット #LjVVUSgw: 2009/12/22(火) 20:37: :edit
    太鼓の達人のくだりで腹筋崩壊www
  47. 名前: 名無しさん #-: 2013/02/15(金) 22:08: :edit
    カナが一番かしら!
  48. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/02/26(火) 15:18: :edit
    可愛いのぅ…
    嗚呼…心が満たされてイク!!!
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。