真紅「巻かなかった世界ののり?」と真紅「バター犬くんくん!?」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/11/11(水)
真紅「巻かなかった世界ののり?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 20:48:34.63 ID:f/xBeERzO
真紅「普通にOLしてるわ」

ジュン「何をバカな……のりがOLだと!?」

真紅「何をそんなに驚いているのジュン?」

ジュン「驚くだろ!のりがOLだぞ!課長の島耕作さんあたりに肉便器にされるのがオチだぞ!」

雛苺「うゆ?にくべんき?」

蒼星石「肉便器というのはね……僕だよ!」

雛苺「うゆ?ますます分からなくなったのー」

翠星石「分かる必要ねーですよ」

ジュン「あいつはOLなんてするべきじゃないんだ!」ダンッ!ダンッ!




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 20:52:20.77 ID:f/xBeERzO
蒼星石「じゃあどんな職業なら納得するんだい?」

ジュン「そりゃあ……料理研究家とかだろ」

雛苺「花丸ハンバーグは世界に通用するのー」

ジュン「だろ?」

真紅「ジュン、まだ分からないの?」

ジュン「何が?」

真紅「のりの可能性を潰してるのは……あなただということを」




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 20:56:51.80 ID:f/xBeERzO
ジュン「」

蒼星石「真紅ストップ、それ以上言うとジュン君中央線に飛び込むよ?」

真紅「そろそろ自覚してもいい頃だわ」

ジュン「いや、のりは僕の世話が自分の幸せと思ってるからいいんだ!」

翠星石「本格的な人間の屑ですね」

ジュン「大体だな……」


ジュン「お前達だって家に一銭も入れてないだろ!!!」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 20:59:00.82 ID:M8z+JCWr0
ジュンは浪費してるがな




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 21:00:55.38 ID:f/xBeERzO
蒼星石「問題のすり替え美味しいです」

ジュン「黙れ変態」

真紅「まぁ確かに食費を私達が圧迫してるのは否定できないわね」

翠星石「翠星石は沢山くわねーですよ?」

ジュン「お前の自慢のスコーン材料代がどこから出てるかよく考えるんだ!」

雛苺「ジュンのインターネット代がどこから出てるかよく考えるのー!」




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 21:08:02.86 ID:f/xBeERzO
真紅「つまりバイトをしろということかしら?」

ジュン「そこまでは言ってない、大体おまえらにバイトなんか無理だろ」

蒼星石「マックの店員」

ジュン「客は注文するときに空気に向かって注文する事になるだろ、身長的に」

蒼星石「ガソリンスタンド」

ジュン「おまえらは間違いなく車を燃やす」

蒼星石「ウェブアイドル」

ジュン「アレはバイトじゃない」

蒼星石「ん~、エンジュさんとこの手伝いとか」

ジュン「あそこにはもう働き者の若妻がいる」





8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 21:12:02.90 ID:f/xBeERzO
翠星石「残る手段はのり育成計画です」

真紅「ジュン育成計画じゃなくて?」

翠星石「手の施し様がねーですよ」

ジュン「うん、その件については否定しない」

蒼星石「どんな方向で育成するの?」

真紅「OLやらない方向よ」

蒼星石「えー、モロッコ辺りでジュン君と結婚式挙げるルート希望」





17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 21:56:19.05 ID:ITbbvfia0
モロッコは違うだろwwwwww




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 21:17:14.22 ID:f/xBeERzO
ガチャ
のり「みんな~ご飯できたわよ~」

ジュン「あ、ちょうどいいところに」

真紅「のり、ちょっとここに座りなさい」

のり「?どうしたの?」
チョコン

真紅「のり、貴女は将来何をしたいか考えてる?」

のり「ん~~、特に考えてないわね、強いて言うなら……」

蒼星石「強いて言うなら?」

のり「ジュン君が立派になってくれれば他には何も望まないかしら……」

蒼星石「もうエロゲ的にほんと理想の姉だよコレ」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 21:20:45.10 ID:DmMMqMt6O
蒼、健在だな




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 21:53:19.33 ID:f/xBeERzO
真紅「いや、ジュンの事じゃなしに」

のり「ん?後はジュン君がお姉ちゃんのパンツに興味を持たないような人間から脱却してもらいたいかな~」

ジュン「そこら辺はもう脱却したよ」

蒼星石「この前一つくれたよね、コレ」
ガサガサ

真紅「絆ックル!」
バキ!

ジュン「オブッ!?」
ドテ!

雛苺「腰の入ったいいパンチなのー?」

翠星石「のりはいい人いねーですか?」

のり「よく告白はされるわねー……」

全員「え?」





19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 21:58:45.03 ID:f/xBeERzO
ジュン「え?え?嘘だろ?『僕専用の肉便器になってください!』とかそういう告白じゃなくて?え?」

真紅「ジュン、落ち着くのだわ」

ジュン「素数を数えよう、1!」

翠星石「落ち着けと言ってるです、後1は素数じゃねーです」

のり「普通の告白よ~、全部断るけど……」

雛苺「何でなの?」

のり「なんでって……」チラッ

ジュン「見られましたがなにか?」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 22:06:02.03 ID:f/xBeERzO
のり「やっぱりまだ男の人と付き合うのは早いというか……」チラッチラッ

ジュン「二回チラ見されましたがなにか?」

蒼星石「その視線の意味によっては、姉、ちゃんとSEXな展開になるんで慎重にいこう慎重に!」

翠星石「バカじゃねーですか?実の姉が弟に性的な興味持つわけねーですよ」

ジュン「はぁ……」ヤレヤレ

蒼星石「ふぅ……」ヤレヤレ

雛苺「ほぅ……」ヤレヤレ

翠星石「きぃぃぃいいい!なんですか!」ダンダン!




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 22:12:43.48 ID:f/xBeERzO
ジュン「え~、初めてはめぐがいいな……」

蒼星石「ここで話題が下に偏ってまいりました」

のり「駄目よ、無理に突っ込むと心臓止まっちゃうわぁ~」

ジュン「水銀燈相手に『死が二人を分かつまで』とかやってる夢見がちさんだから簡単にやらせてくれると思ってんだが」

真紅「その前に水銀燈に殺されるわよ?」

ジュン「あいつはヤクルトで買収できる」




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 22:17:41.39 ID:f/xBeERzO
雛苺「話戻すのー、のりの事なのー」

蒼星石「そうだね、あっ、水銀燈のマスター犯す事考えてたら涎出た」ジュル

ジュン「めぐを犯すのは後回しにして……のり!」

のり「はい?」

ジュン「なんか……ぼ、僕の事なんて気にしないで将来の事考えろよ……お前料理得意なんだから料理研究家になるとかさ……」

雛苺「久々のシリアスジュンなのー」

蒼星石「濡れた」




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 22:25:57.74 ID:f/xBeERzO
のり「ん~、料理研究家かぁ……」

ジュン「な、なんだよ?」

のり「それもいいけどやっぱりジュン君の事優先かなー」

真紅「ここまで弟思いの姉を振り切って一人暮らしをしてるのだわ、巻かなかった世界のジュンは」

蒼星石「ジュン君、ほらドールチンコアタッチメントパーツ貸すから、ウィーンって動くんだよウィーンって!やっちゃえよ」

ジュン「ぼ、僕の事はいいから自分の幸せ考えろよな!」

のり「ジュン君……」

翠星石「この展開はまさか……」




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 22:29:03.40 ID:DmMMqMt6O
ごくり…




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 22:32:08.87 ID:f/xBeERzO
真紅「感心しないわね」

蒼星石「大ゴマ使って『抱いてちょうだい』とか言いながらバーズ読者を失望させた君の方が感心しないよ」

のり「ジュン君は将来なにかしたいものあるの?」

ジュン「僕は……強いて言うなら……」

のり「強いて言うなら?」

ジュン「AV男優かな」

のり「あら~じゃあ今のうちから練習しないと」

翠星石「突っ込まねーですか!?」




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 22:40:32.60 ID:f/xBeERzO
真紅「とりあえずお腹空いたから中断しましょう」

翠星石「最近食べ過ぎだから真紅デブになってるですププッ」

真紅「なっ!?」

雛苺「デブ真紅なのー」

ワーワーギャーギャー!

のり「ジュン君、ご飯食べましょ?」

ジュン「……」

のり「ジュン君?」
サワッ
ジュン「!?あ!あぁ!!///」

のり「ほっぺ赤いわよ?」

ジュン「な、なんでもない!」

ジュン(あれ?)





32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 22:47:31.29 ID:f/xBeERzO
近親相姦対策本部

翠星石「……というわけですよ、おじじ」

おじじ「ほぅ……確かあの少年はヒッキー君だったかな?」

蒼星石「前からマスターに聞きたかった事があったんですが」

おじじ「何かね?」

蒼星石「マスターは 童 貞 ですか?」

おじじ「迷路に閉じ込められたと思っていても、ほんのわずかな
蒼星石「 童 貞 ですか?」

おじじ「出口は案外近くにある!!!」

蒼星石「  童  貞  」




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 22:48:50.26 ID:RmLN2h460
連呼するなよwwww




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 22:54:59.31 ID:f/xBeERzO
ガチャ
のり「ただいま~」

雛苺「のりただいまなのー!」

のり「今日は真プリプリハートのオムライスよ~!」

雛苺「あいとあいとあいとー!!!」グアッ

ジュン「あ……お、おかえりのり」

のり「ただいま~」

ジュン「……」
スタスタ

のり「?」

ピンポーン
トゥモエ「すいませーん」

蒼星石「対抗馬登場」





41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 23:03:40.05 ID:f/xBeERzO
トゥモエ「……そう、そんな事が」

ジュン「あぁ、なんとかしてのりの将来を変えたい」

トゥモエ「……それは、やっぱり桜田君がちゃんと立ち直ればいいと思うわ」

蒼星石「非の打ち所のない正論ありがとうございます」

トゥモエ「たとえば……女性とお付き合いしてみるとか」チラッチラッ

ジュン「ん?どうした柏葉?」

トゥモエ「いや……だから……」チラリンチョ

ジュン「目の運動か?」

トゥモエ「喉一突きすんぞ!!」




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 23:05:26.22 ID:JWPcBLV5O
じゅんはかなりのニブチンコwww




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 23:05:32.93 ID:RmLN2h460
チwwwラwwwリンwwwチョwww




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 23:11:54.74 ID:f/xBeERzO
雛苺「トゥモエ落ち着くのー!ジュンが部屋の隅で兎みたいにブルブルしてるのー!」

トゥモエ「フゥー……フゥー……ブルァー……」

真紅「落ち着いて頂戴、ジュンは女性の気持ちに鈍感なのよ」

トゥモエ「そうね、私とした事が……」ケロッグ
ガチャ
のり「紅茶とお菓子持ってきたわよ~」

翠星石「ご飯前にお菓子ですか?」

蒼星石「気にしない気にしない、一休み一休み」




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 23:19:25.37 ID:f/xBeERzO
草笛家

みつ「いいの!?いいのカナ!?」

金糸雀「いいのかしら!みっちゃん!」

みつ「F5キーがすっぽぬけるほどの連打でカナの乳首押しまくるわよ!?」

金糸雀「どんとこいかしらー!」

みつ「ぎゃぁぁああああ!カナカナカナカナカナカナカナ!可愛いカナ!激萌え!!」
ズドドドドドドドドドドドドドドドドドド!

金糸雀「マサチューセッツ!まさちゅーせっつ!!」




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 23:24:01.43 ID:RmLN2h460
擬音がやばい




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 23:25:28.19 ID:f/xBeERzO
のり「まぁ~、トゥモエちゃんがジュン君に恋の空騒ぎ!?」

ジュン「アホか」

のり「お姉ちゃんの裸体に興味を持たないから心配してたのよ~」

蒼星石「……ん?ジュン君、このパソコンのnoriフォルダって……」

ジュン「ギガントパンチ!!」
ドゴッ!

蒼星石「おぅふ!?」
ドテン!

雛苺「水月に一直線なのー」




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 23:31:28.29 ID:lX70yc30O
JUMwww




54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 23:35:36.40 ID:f/xBeERzO
ガシャーン!

水銀燈「真紅ぅ!今日こそ決着……ってなによぉ?揃いも揃って……」

トゥモエ「お突きー!!!」
ドブォ!
水銀燈「うぼぁ!!」

雛苺「喉に一直線のお突きなのー」

水銀燈「ぢょ、ぢょっどまぢなざいよ……卑怯よぉ」ゲホゲホ

真紅「いきなり窓ガラス割って入ってくる貴女に卑怯呼ばわりされる筋合いは無いわね」

水銀燈「ど、どにがぐぢょっどまっで」

ジュン「とりあえず喉に刺さった竹刀を抜け」




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 23:42:30.60 ID:f/xBeERzO
のり「あらあら、ガラスが一杯ベッドに飛び散っちゃって……今日は小さい頃みたいにお姉ちゃんと寝る?」

ジュン「アホか……うん、いいよ」

真紅「え?」

翠星石「え?」

雛苺「え?」

蒼星石「きたぁぁぁあああああああ!!」

トゥモエ「ちょっと待てよ」

水銀燈「あ、喉からドール液が……」チュー




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 23:49:49.27 ID:f/xBeERzO


翠星石「なんでコソコソとのりの部屋の前で様子伺わなきゃならないです?」

真紅「間違いがあってからでは遅いのよ!」

蒼星石「僕らも鞄冬眠しないとヤバイわけですが」

雛苺「ジュン、あいとー!」

水銀燈「なんか興奮するわねぇ」

翠星石「蒼星石、その一眼レフはなんですか?」

蒼星石「気にしたら負け!」




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 23:56:53.03 ID:f/xBeERzO
のり「あらあら~ジュン君床に寝てどうしたの?」

ジュン「こ、ここでいいよ、床で」

のり「だめよ~、風邪ひいちゃうから」
ガバッ

ジュン「うわっ!いきなり後ろから抱きつくなよ!」

のり「えへへ……」
ムニュムニュムニュ

ジュン「ヤバい……」

のり「どうしたのジュン君?」

ジュン「クララが立った!!!」


翠星石「暗号を傍受したです『クララが立った』」

蒼星石「『クララが立った』了解」




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/26(土) 23:58:30.06 ID:lX70yc30O
暗号バロスwww




61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 00:04:53.43 ID:g0UniBSsO
ジュン「俺のペーターがクララだからちょっと離れてくれのり」

のり「?わかった」
パヨン

ジュン「ベッドに入るから向こう向いててくれ」

のり「どうしてかしら?」

ジュン「俺のオチーンがキボンヌ・フォッセーだからだよ」

のり「?よく分からないけど分かったわ」
クルッ

ジュン「よし、入ったぞ」


翠星石「『入ったぞ』!?」

蒼星石「『入ったぞ』!!」

真紅「何が!?オチーンがキボンヌに!?」




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 00:07:12.05 ID:Lr24UJf20
赤wwwwwwww




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 00:28:01.43 ID:g0UniBSsO
のり「?変なジュン君ねぇ?」
モゾモゾ

ジュン「おい!あんまくっつくなよ!」

のり「お姉ちゃん寒いわ~」
モゾモゾ

ジュン「シャンプーの香りが……僕の股間のテポドンが……」


翠星石「『シャンプーの香り』です!」

蒼星石「石鹸で髪顔体を洗ってる僕に死角は無い!」




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 00:33:18.79 ID:g0UniBSsO
のり「ねぇ……ジュン君……」
ギュッ

ジュン「ななな、なんだよ?体を離せよ!」

のり「まだ……学校行く気にならない?」


翠星石「『イク気にならない』ですぅ!?あのチビ人間!」

蒼星石「僕がもうイキそうだよ!ハァハァ」

真紅「もう我慢できないのだわ!」

トゥモエ「殺してやるわ」

雛苺「トゥモエ不法侵入なのー」




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 00:34:24.88 ID:ewajjhelO
トゥモエ怖ぇwwww




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 00:40:53.92 ID:g0UniBSsO
ジュン「うん……ごめん」

のり「……よしよし」
ポフン

ジュン「うぷ……なんだよ急に」

のり「お姉ちゃんの胸に包まれて寝るのよ~」
プニョプニョ

ジュン「……あったかいな……あったかい」


翠星石「のりの膣内はあったかいらしいです!」

蒼星石「ドールマンコも捨てたものじゃないのに!」

トゥモエ「パイパンである私に隙は無かった」

雛苺「うゅ?パイナップルパン?」




73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 00:50:31.96 ID:g0UniBSsO
のり「……ジュン君?」

ジュン「……」スヤスヤ

のり「ふふ……寝顔は昔のまま」

ジュン「……う~ん、お姉ちゃん……」ムニャムニャ

のり「……!」ドキッ

のり「お姉ちゃんって言った……」

のり「洗濯のり、味付けのりから昇格した!寝言だけど!」

のり「可愛い!」
ギュー

のり「あれ?なんか硬いのが膝に当たって……」




74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 00:55:41.29 ID:g0UniBSsO
蒼星石「中の状況がさっぱり分からないよ」

翠星石「かといって中に突入するのは危険です」

蒼星石「今まさにジュン君がのりさんの中に突入してるかも知れないからね」

トゥモエ「うまいこと言ったと思ってる?ねぇ思ってる?」
グリグリ

蒼星石「……すいませんでした、だから竹刀でグリグリするのは勘弁してください」

真紅「……無闇に騒ぎ立ててはいけない、中に突入するのはまだだわ」




83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 02:43:27.21 ID:g0UniBSsO
目が覚めた

のり「あらあら、ジュン君ったら勃起したまま寝ちゃって」

雪華綺晶「……」ジーッ

のり「あら」

雪華綺晶「……お気になさらずに」ジーッ

のり「真紅ちゃんたちのお友達?」

雪華綺晶「お姉様です」ジーッ


雛苺「なんか今ゾクッとしたの!ゾクッとしたの!!」

翠星石「ドール風邪でも引いたんじゃねーですか?」




84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 02:47:37.31 ID:g0UniBSsO
雪華綺晶「人間の体の構造について関心があります」

のり「まぁ、じゃあ一緒にベッドで寝る?」

雪華綺晶「ご迷惑でなければ」

のり「どうぞ」
バサッ

雪華綺晶「失礼します」
ゴソゴソ

雪華綺晶「……サンドイッチ」

ジュン=具
のり&雪華綺晶=外のパン




85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 02:53:51.74 ID:qxJJnY6M0
川の字より密着してるのか




86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 02:54:34.60 ID:g0UniBSsO
ジュン「……う~ん、熱いよ~……」
モゾモゾ

雪華綺晶「これが勃起ですか?」
サワサワサワコ

ジュン「……山火事で……タケノコの里……キノコの山……」zzZZZ

のり「あら、そんなに弄ったら爆発するわ」

雪華綺晶「爆発……そんな危険な武器なのですか」

ジュン「う~ん……お姉ちゃん……」

雪華綺晶「……!?」ドキキーン

雪華綺晶「なんか今ドキッとしました」

のり「よく分かるわ」




87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 03:02:04.38 ID:g0UniBSsO
のり「お姉ちゃん、我が人生に、悔いは無し……一句できたわ~」

雪華綺晶「……」スーッスーッ

のり「あら、この子も寝ちゃったわねぇ」

雪華綺晶「……」
ズズズズズ

のり「あら?ジュン君の体にめり込んでいってるわ」

雪華綺晶「……」ハッ!?

雪華綺晶「憑依してしまうところでした……へやっ」


翠星石「おめーは春日ですか!」
バシッ!
雛苺「いたいのっ!」

蒼星石「いきなりどうしたんだい翠星石、ぶつなら僕をぶってよ!」




88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 03:06:42.38 ID:g0UniBSsO
ガチャ
のり「みんないる?」

翠星石「ののの、のり!こここここれはそのですね!」

のり「シーッ、二人とも寝てるから、今日はみんなで一緒に寝ましょうか」

雛苺「賛成なのー」

真紅「まぁ1日くらい鞄で寝なくても大丈夫でしょう」

蒼星石「寝よ寝よ」

バタン!


トゥモエ「何コレ?」




89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 03:12:59.46 ID:g0UniBSsO
翠星石「……」スーッスーッ

ジュン「う~ん、熱い、熱いよぉ……」

雛苺「ジュンのチンコが顔に当たってるの……のー……」スーッスーッ

蒼星石「……雪華綺晶の目の薔薇引っこ抜いてその穴にドールチンコ入れたいよう……」スヤスヤ

雪華綺晶「……お断り……します……」スヤスヤ

のり「……」

真紅「どうしたの?のり」

のり「あのね、将来何になるかが大切なんじゃなくって……大切なのは……」




92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 03:20:36.63 ID:g0UniBSsO
のり「今日を大切にしてればいいんじゃないかって、ふふ」

真紅「たとえ未来……かしらね、のり貴女の考え方は真理なのかも」

のり「?真紅ちゃん?」

真紅「いえ、いいのだわ、寝ましょうのり」

のり「おやすみ、真紅ちゃん」

真紅「おやすみ、のり」


たとえ未来OLになろうとも、今日のりは林檎の種を植える。






93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 03:29:22.87 ID:g0UniBSsO
あー、今回も終われてよかった




95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 03:32:02.84 ID:FyE3/Upi0
乙。面白かった。








真紅「バター犬くんくん!?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 11:28:29.85 ID:g0UniBSsO
ジュン「パクり物AVだな」

真紅「な……な……」プルプル

ジュン「落ち着け、よくある事だ」

『くんくん探偵!そんなとこにバターを塗っていったいどうアッー!アッー!』

真紅「絆ックル改!!」
ボン!

ジュン「ぎゃぁぁああああ!パソコンのモニターがぁぁああ!」

真紅「こんなものくんくんとは認めないのだわ!」

ジュン「認めないって……結構人気あるんだぞコレ、そもそも元が人形劇だから簡単にパクれるしな」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 11:34:28.62 ID:g0UniBSsO
ジュン「さすがニ○○コ動画は恐ろしいな」

蒼星石「ニ○厨乙と言わざるをえないね」

真紅「推理もしないくんくんなんてくんくんじゃないわ!」

ジュン「いや、一応推理してるって設定だぞ?」

蒼星石「ケツ穴やオマーンの中がどうなってるかの推理だね」

ジュン「そうそう、そんな取って付けたような推理でも元へのオマージュにしてる辺りが憎いな」

真紅「……」プルプルン




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 11:35:28.91 ID:BmBu4TkD0
絆ックル改wwww




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 11:40:08.61 ID:g0UniBSsO
ガチャ
翠星石「翠星石のスコーンが焼けたですよ!……って何してるです?パソコンから黒煙あげて」

ジュン「いや、バター犬くんくん見てたら真紅が急にな」

真紅「こんな低俗な物見せるジュンが悪いのだわ」

ジュン「ところでバター犬ってどうなんだ蒼星石」

蒼星石「最高だね!たまに噛まれるけどそのスリルも最高だね!」

ジュン「よし、じゃあスコーン食べるか」
ガチャ バタン


真紅「……バター犬」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 11:45:15.00 ID:g0UniBSsO
真紅「……バター犬」

真紅「偽物とはいえくんくんがやってる行動だから気にはなるわね……」

コンコン
真紅「窓の外から……何かしら?」
ガラッ

雛苺が落下した猫「……」コンニチハー

真紅「……」

雛猫「……」

真紅「うきゃぁああああ!!」

※注
真紅は猫が大嫌いです




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 11:51:33.70 ID:g0UniBSsO
雛猫「……」クンクン

真紅「不法侵入なのだわ!食われるのだわー!!」ガタガタ

雛猫「……にゃ?」クンカクンカ

真紅「エロイムエッサイム!エロイムエッサイム!我は求めなんとか!」ガタガタ

雛猫「にゃ」
ベ  ロ  ー  ン

真紅「ぁぁぁああああ!!」ゾクゾク

雛猫「にゃ~」
ベロベロベロ

真紅「ぎゃ!魚臭!やめっ!」

雛猫「にゃにゃ」
ガリガリ

真紅「頭に爪がッ!?」




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 11:59:05.77 ID:g0UniBSsO
ドドドドドドドドド!
ガチャ
真紅「ぎゃぁぁああああ!悪魔よ!悪魔よ!」
ドデン ゴロン!

ジュン「どうした真紅!……魚臭ッ!」

翠星石「スコーンが汚れるです、近づいちゃ駄目です!……獣臭ッ!」

真紅「猫に襲われたのだわ!!」プーン

蒼星石「猫に襲われるとは君も随分魅力的な薔薇乙女だね」

雛苺「プッ!……ククッ」プルプル

のり「まぁまぁ真紅ちゃん服を洗濯しないと、臭ッ!」




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 12:06:25.80 ID:g0UniBSsO


ジュン「やっぱり僕のパジャマじゃダボダボだな」

真紅「この際贅沢は言わないわ」

雛苺「多分その猫さんこの前ひなを助けてくれた猫さんなのよ?」

真紅「雛苺!あなたはあんな悪魔と通じてるの!?」

雛苺「うゅ?あの猫さんは悪魔じゃないのよ、ひなをポストまで届けてくれた優しい猫さんなのよ」

蒼星石「真紅、君はただの猫に大騒ぎしすぎだよ」

真紅「頭ガリガリされたのよ!?」

翠星石「それは真紅が余計な抵抗するからですよ、何もしなけりゃ向こうも何もしてこないです」

真紅「……」




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 12:12:31.33 ID:g0UniBSsO
さらに、で

真紅「……あそこまでバカにされたら黙っていられないわ」

真紅「魚の干物を持って……」
ガラッ

真紅「猫……猫ー?」

雛猫「にゃ?」エサダー

真紅「ほーらほら」

雛猫「にゃ!」クレクレ

真紅「……怖くない怖くない、こっちから何もやらなきゃ大丈夫大丈夫」

雛猫「……」ガツガツ

真紅「……ちょっと触ってみようかしら」
サワサワ

雛猫「ふにゃぁ~」ゴロゴロ

真紅「……ちょっと可愛いかもしれないわね」




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 12:14:17.92 ID:4pPneQ2c0
あぁ雛猫か

わからなかったwww




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 12:18:50.95 ID:g0UniBSsO
真紅「……そういえば、バター犬……バター猫ってどうなのかしらね……」

雛猫「にゃ?」

真紅「試してみる価値はありそうね……」


真紅「……ええっと、確かここにバター塗っていたわね」ヌリヌリ

雛猫「ふにゃ?」イイニオイ

真紅「で、パカッと」
パカッ

雛猫「にゃにゃ」
トテトテ

ザリュザリュザリュ


真紅『おぉふぅ!!??』
ガターン!

ジュン「なんだ!?」

翠星石「凄い物音したですよ!?」





17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 12:25:59.96 ID:g0UniBSsO
ガチャ
真紅「な……なんでもないわ……」

ジュン「何でお前は微妙に内股になってるんだ?」

真紅「なんでもないわ(お股がジンジンする……)」

※注
猫の舌には細かい刺が付いてます
バター猫は高等テクニックの為初心者にはオススメできません。

蒼星石「真紅」

蒼星石「コングラッチレーション」ニコッ

真紅「……なんの事かしら?」

蒼星石「ウェルカム、ブルーワールド」




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 12:29:17.49 ID:4pPneQ2c0
蒼wwwwwwwwwwwwwwww




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 12:33:41.13 ID:g0UniBSsO
真紅はバター猫オートオナニー(略してバタニー)にハマった。

真紅「いいのだわ!いいのだわ!」ゴロゴロ

雛猫「ふぎゃ!?」イキデキネー

真紅「もう手放せないわね!」ゴロゴロ

雛猫「ふぎゃぎゃ!」

水銀燈「真紅ぅ今日こそ……決着……」

真紅「ザラザラ感がなんともいえないのだわ!」

水銀燈「……真……紅」

雛猫「ふにゃ?」

真紅「どうしたのマイフレンド?」

水銀燈「……」

真紅「……いつから?」

水銀燈「……かなり前から」

真紅「見た?」

水銀燈「見たわぁ」





20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 12:43:18.41 ID:g0UniBSsO
ビュン!
真紅「真紅ヘッドロック!」
ガシッ
水銀燈「うごっ!?」

真紅「水銀燈、見られたからには貴女にも同罪になってもらうわ」

水銀燈「な、何するのよぉ!」

真紅「まず服を脱がします」
ガサゴソ

真紅「次にドール女性器に軽くバターを塗ります」
ヌリヌリ

水銀燈「ちょ!やめなさい真紅ぅ!!」

真紅「暴れると痛いわよ?」
ギリギリ
雛猫「にゃ?」コンドハコッチカ?
トテトテ
※BGM:ジョーズのテーマ

ザ  リ  ュ!


ジュン「おい!今なんかリオレウスの咆哮聞こえたぞ!?」





29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 14:38:59.95 ID:g0UniBSsO
水銀燈「うっう……アリスになれなくなっちゃたわぁ……」

真紅「開脚姿勢のまま嘆き悲しんでも悲しみが伝わってこないわよ?」

ガチャ
蒼星石「……」
ツカツカ

蒼星石「水銀燈……」

蒼星石「ブラボー!おぉ、ブラボー!」パチパチ

蒼星石「じゃ」
バタン

水銀燈「……」

真紅「……」




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 14:46:24.34 ID:g0UniBSsO
ガサゴソ
金糸雀「今日も楽してズルしていただきかしらー」
ギャーギャーワーワー

金糸雀「……何か聞こえてくるかしら?」

水銀燈『真紅ぅ!あなたなんて事したのよぉ!』

真紅『あら?感じてたじゃない』

水銀燈『そういう問題じゃないわぁ!!!』クワッ

真紅『そういう問題よ!!!』グワッ

金糸雀「こ、これはまさかドールレズプレイかしら?」




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 14:53:20.65 ID:g0UniBSsO
カサカサ
金糸雀「ちょ、ちょっと中の様子探ってみるかしら」

水銀燈「純潔を小汚い猫に捧げたのよぉ!?」

真紅「捧げてないわ、ただ舐められただけだわ!!!」

真紅「ほら、ジュンの沢山のAVコレクションを見てみなさい!」
ガサゴソ

真紅「『清純派』の群れ、群れ、群れ!いいこと水銀燈!自分で清純で純潔と思ってればOK牧場なのよ!」

水銀燈「な、なるほどぉ……って敵!!」
シュビ
ビシッ

金糸雀「羽根ッ!目ッ!?かしらー!?」




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 14:59:34.36 ID:g0UniBSsO
金糸雀「きゅ~……」

水銀燈「あなたもついてないわねぇ……」

真紅「見られたわね……」

水銀燈「金糸雀も……」

真紅「いや、ちょっと待って頂戴、以前この子確か……」

……………………
………………
………
金糸雀『みっちゃんにしてあげてるのと変わらないかしらー』

翠星石『バター金糸雀です』
…………
………………
……………………

真紅「ような事を言っていたわ……」ゴクリ

水銀燈「……」ゴクリ

真紅「水銀燈、仲直りしましょう、悪かったわ」
シェイクハンド
水銀燈「真紅、今まで悪かったわぁ」
さらにシェイクハンド




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 15:06:37.84 ID:g0UniBSsO
翠星石「で、その時おじじがですね、鬼瓦のギャグをしようとしてぎっくり腰に……なんか上がガタガタうるせーですね?」

ジュン「何やってるんだ?一体」

のり「なんか振動がパワーアップしてきたわ」

翠星石「壊れた洗濯機ごっこでもやってるですか?」

ジュン「誰得?」

蒼星石「あ、止まった」

雛苺「と思ったらまた振動しはじめたのー」




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 15:13:59.88 ID:g0UniBSsO
ジュン「なんか尋常じゃ無い振動になってきたぞ?」

翠星石「蒼星石、ちょっと見てきてくれないですか?」

蒼星石「いや、僕は遠慮しておくよ」

ジュン「なにそのゼノギアスのジダン先生のような意味ありげな断り方」

のり「ちょっと見てこようかしら」

蒼星石「行かない方がいいと思うよ?」

雛苺「うゅ?なん
ドゴーン!ガシャン!ドシャ!

金糸雀「」

ジュン「うぉお!?上の天井突き破って金糸雀が降ってきた!」




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 15:24:19.91 ID:g0UniBSsO
ジュン「金糸雀!?大丈夫か!?」

金糸雀「う……うぅ……」ピクピク

ジュン「一体……?なんだこの口周りの毛は?」

金糸雀「ウボァ!」ゲロッ

ジュン「うわっ!汚ッ!」
ポイッ ドシャ

翠星石「顔から行ったです……自分で吐いた物の中に……」

雛苺「あんまり触りたくないのー」




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 19:49:35.20 ID:g0UniBSsO
ガチャ
真紅「どうしたの?」ツーヤツヤ

ジュン「いや、どうしたもこうしたも……なんかお前ツーヤツヤしてるな、オデコ」

水銀燈「何の騒ぎ?」テカッテカ

ジュン「水銀燈いたのか?って何でお前も羽がテカテカしてんだ?」

金糸雀「あぅ……あぅ……」ズタボロ

真紅「あら?金糸雀ごきげんよう」

ジュン「ごきげんようって……二階から降ってきたんだからおまえら一緒に遊んでたんじゃないのか?」

水銀燈「いやいや、知らないわぁ」




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 19:58:25.90 ID:g0UniBSsO
翠星石「壊れた洗濯機ごっこですか?」

ジュン「まだ引っぱるか、お前は」

真紅「壊れた……そ、そうそう、壊れた洗濯機ごっこよ」

水銀燈「トルネードよトルネード」

ジュン「トルネードって……床ぶち破るほどトルネードしてんじゃねーよ」

雛苺「ひなもトルネードするのー」

真紅「雛苺!貴女にはまだ早いのよ!」クワッ!

雛苺「!?」ビクッ




73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 20:08:44.02 ID:g0UniBSsO
雛苺「ぶ、ぶわぁぁああああん!!」ポロポロ

ジュン「おい真紅!何雛苺泣かしてんだこら」

真紅「トルネード泣かしよ」

ジュン「何必殺技みたいな名前付けてんだお前は?」

金糸雀「か……かえ……帰るかしら……」ズタボロンチョ
ガシッ
水銀燈「まぁ、しばらく真紅のマスターの家に居候しなさいよぉ……ねぇ」ギロッ

金糸雀「あわあわ……」ジョー

真紅「トルネードおもらしなのだわ」

ジュン「だから必殺技風にすんじゃねーよ」




75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 20:24:27.77 ID:g0UniBSsO
蒼星石「バタ真紅、バタ銀燈」

ジュン「なんだそりゃ?」

蒼星石「覚醒者としてのあだ名だよ」

ジュン「バタ?覚醒すると頭にバタが付くのか?」

蒼星石「当たり前だよ、ローザミスティカよりも大事な事なんだよ!」

ジュン「いや……じゃあのり、頭にバタ付けろよバタのり」

真紅「なんか美味しそうな名前だわ」

バタのり「いいわ~」

翠星石「いいんですか!?」




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 20:34:31.14 ID:g0UniBSsO
『くんくん探偵!居間でカナリアさんがゲロ吐いて失禁しています!』

真紅「あら、くんくん始まったわね」

水銀燈「私も見るわぁ」

ジュン「おいどうすんだ金糸雀を!」

真紅「しばらく飼っておいて頂戴」

ジュン「飼ってって……みつさんどうすんだ?金糸雀居なくなったら自殺するだろ!」

ジュン『カナカナカナカナカナカナ私が悪いの!?私が生きてるから悪いの!?』

ジュン「とか言って死ぬぞ多分」

真紅「みつさんも呼びなさい」




78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 20:46:51.40 ID:g0UniBSsO
めぐ「からたちのなんとか~♪」

ガラッ
めぐ「あら?水銀燈、どこに行ってたの?」

水銀燈「真紅のマスターのところよぉ」

めぐ「あら?そんなに仲よかったかしら?」

水銀燈「めぐ、関係はいつも揺らいでいくものよ」

めぐ「?そうなの?」

水銀燈「あなたにオススメしたい健康法があるんだけどぉ……」

めぐ「?」

水銀燈「バタ猫健康法」




79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 20:53:48.16 ID:g0UniBSsO
ガラッ
真紅「あら?水銀燈遅かったわね」

水銀燈「めぐの容体が悪化して忙しかったのよぉ」

真紅「何をしたの?」

水銀燈「特に何も」

ピーピーピー
医者「カンフル取って!」

看護婦「はい!」

医者「こんなになるまでなんで気付かなかったんだ!」

看護婦「すいませ……バター臭ッ!!」

医者「何をバカな事をい……臭ッ!バター臭ッ!」




81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 21:03:22.48 ID:g0UniBSsO
そしてめぐは死んだ






82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 21:04:35.75 ID:/U5U94vMO
( ;∀;) イイハナシダナー




84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 21:04:43.81 ID:945COFJN0
ないた




88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 21:09:23.86 ID:2i6QOFE6O
オチ弱いけど乙








姉、ちゃんとしようよっ! 2
姉、ちゃんとしようよっ! 2
キャンディソフト
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star続編でもうはうは
starいいですね。姉
star良いもの

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



読み物:ローゼン
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:  アナログ #-: 2009/11/11(水) 23:16: :edit
     1
  2. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2009/11/11(水) 23:17: :edit
    まさかの2
  3. 名前: な #-: 2009/11/11(水) 23:20: :edit
    3ゲット
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/11(水) 23:24: :edit
    4げっと
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/11(水) 23:27: :edit
    ひとけた


  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/11(水) 23:29: :edit
    ひとけたかな?
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/11(水) 23:33: :edit
    ひとけた
  8. 名前: yamagutiよしたか #-: 2009/11/11(水) 23:35: :edit
    ひとけた
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/11(水) 23:38: :edit
    ひとけた?
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/11(水) 23:38: :edit
    しん>>9
  11. 名前: 通常のナナシ #vAJXjV/g: 2009/11/11(水) 23:43: :edit
    20以内に入るのは初めてだな
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/11(水) 23:52: :edit
    めぐぅぅぅ~
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/11(水) 23:52: :edit
    めぐころすなw
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/11(水) 23:54: :edit
    落ちはともかく内容はグレイト!!
  15. 名前:   #-: 2009/11/11(水) 23:54: :edit
    6なのー
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/11(水) 23:56: :edit
    以下ゲッターはトゥモエの無毛宣言について一言
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/12(木) 00:09: :edit
    >蒼星石「肉便器というのはね……僕だよ!」

    これは吹くw
  18. 名前: 名がある名無し #-: 2009/11/12(木) 00:27: :edit
    めぐwwwwwwww
  19. 名前: 猫好きな名無しさん #-: 2009/11/12(木) 00:30: :edit
    俺ののり姉ちゃんが
    スレタイに入ってるのを初めて見た
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/12(木) 00:37: :edit
    ああ、今日も変態でした

    つまりぷん太は平和ということだな
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/12(木) 01:04: :edit
    ひ・・・ひどい作品だw(いい意味で
  22. 名前: 名無しさん #-: 2009/11/12(木) 01:11: :edit
    とりあえずジタンじゃなくて
    シタン先生なw
  23. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/12(木) 01:28: :edit
    米19
    いけない!のり姉ちゃんを知らんのか
    なんともったいない
  24. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/12(木) 02:08: :edit
    >蒼星石「ウェルカム、ブルーワールド」

    ここで腹筋が決壊したwww
  25. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/12(木) 02:26: :edit
    糞ワロタWWW
    蒼い子のスルーされ具合と擬音が最高!
    ケロッグってどんな擬音じゃい!?

    米23
    詳しい話を聞かせてもらおうじゃないか。
  26. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/12(木) 03:49: :edit
    カナはかわいいよ
    ちくびダブルクリックしちゃうぞ^^
  27. 名前: 通常のナナシ #TkSw/e0A: 2009/11/12(木) 04:25: :edit
    久々に変態蒼がしっくりきたね
    。>>1もっと!もっとちょーだい!

    あといけない!のり姉ちゃんは素晴らしい
    とくにトゥモエコースが素晴らしい
  28. 名前: 名無しのお兄ちゃん #-: 2009/11/12(木) 06:16: :edit
    ブルーワールドwwwwww
  29. 名前: 通常のナナシ #bZ7IKOS6: 2009/11/12(木) 08:37: :edit
    クッソワロタwwwwwwwwww
  30. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/12(木) 08:50: :edit
    両方とも同じ人が書いたのか
    これはヒデェwwwwけど面白かったwwwwww
    変態蒼を上手く書きこなしておられるw
  31. 名前: 依存症さん@_@ #-: 2009/11/12(木) 09:34: :edit
    >鬼瓦のギャグをしようとしてぎっくり腰に

    ここが地味にきたw
  32. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/12(木) 09:57: :edit
    アニメだと気軽にパリパリ割ってるけど
    割れたガラスって結構、というかかなりの危険物なんだよな
  33. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/12(木) 10:52: :edit
    ダメだ、クソミドリが出てきただけで激しい憎悪が湧いてくる
    殴りたい壊したい、翠星石を本気で苛め抜いてころしてやりたい
    ゴミの癖に調子こいてんじゃねえぞ!!!!!!!!!!
  34. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/12(木) 10:59: :edit
    33げと
  35. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/12(木) 13:28: :edit
    米33
    モウロ将軍「クソミドリとはわしのことか?この青二才目が!」
  36. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/12(木) 16:57: :edit
    ※33
    ガ●ャ○ン「ウフフフ、君にはバターが合うかな?それとも砂糖?
    どうすれば一番おいしく喰べられるんだろう?」
  37. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/12(木) 18:18: :edit
    雛が普通の雛だ
    腹黒じゃなくてよかったです
  38. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/12(木) 20:18: :edit


    まあ良かった
  39. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/12(木) 21:18: :edit
    いけない~を思い出させるなこのSSw
    あれも良かったけどこれもなかなか
    とりあえずカナが何をされたのか気になるww
  40. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/12(木) 23:44: :edit
    なんだwwwwwwこれwwwwww
  41. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/13(金) 00:34: :edit
    米33
    ザクさん「そ・・・そんな・・・」
  42. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/13(金) 00:55: :edit
    米25
    ブログ内検索すれば幸せになれるよ
  43. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/13(金) 05:05: :edit
    ※33の人気に嫉妬
    まぁいい、便乗してやるよ
    クソミドリ拷問記念カキコwww
  44. 名前:         #-: 2009/11/13(金) 22:37: :edit
    ※33
    ※43
    嫌いならローゼンの読み物観るなよwwww
    9割出るだろ・・・jk
  45. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/14(土) 06:49: :edit
    ここのところのローゼンはドタバタの下ネタばかりで和めるようなのがない
    もう自分で書くしかないのか…
  46. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/16(月) 05:00: :edit
    米42
    ありがと!見てきた。
    けど、のり姉ちゃんを期待してたから
    幸せ度半減でした。

    米45
    和み系も好きだから期待して待ってるぜ!
  47. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/02/18(木) 18:37: :edit
    蒼星石「ブラボー!おお!ブラボー!」

    どこのポルポルだよwwww
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。