ハルヒ「そういうわけで、今日は廃校探検!」その1

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/10/23(金)
4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 17:29:45.94 ID:6Bg5MA9l0
ハルヒ「本当は夜やりたいんだけど……まあ、夏休みも終わっちゃったことだし、仕方ないとするわ」

キョン「なあ……こんな廃校、前からあったか? しかも、市内に」

古泉「さあ、僕はこの土地には詳しくないですから……ですが、実際にあるんですから、あった……のでしょうね」

みくる「こ、この学校に、入るんですか? すっごく古くて、今にも壊れちゃいそうですけど……」

ハルヒ「確かに、あたしもちょっとびっくりしたけどね。こんなソレっぽいのが、市内にあったなんて、噂にも聞いたことなかったもの」

キョン「……急ごしらえか」

古泉「の、ようですね」

ハルヒ「ん? 何?」

キョ泉「「なんでもありません」」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 17:35:43.76 ID:6Bg5MA9l0
キョン「……古泉」

古泉「おや、そちらからお顔が近いというのも珍しい」

キョン「……大丈夫なんだろうな、ここ……」

古泉「それは僕に訊ねられましても……まあ、個人的には。むしろ、涼宮さん特製であることは、安全の保障でもあると楽観できると思いますが」

キョン「……あいつのことだから、ユーレイの一塊や二塊、学校のついでにこしらえてやいないだろうか」

古泉「どうでしょうねえ。まあ、たとえそれに似たものが彼女の力で作られていたとしても。
    それはあくまで、彼女の理想の幽霊でしょうから……それなりに恐ろしいものかもしれませんが、僕らに危害をくわえたりはしないと思いますよ」

キョン「……しかしまあ」

古泉「半世紀ほどは経っているように見えますねえ……涼宮さんがもし映画監督にでもなられたら、日本の映画界の撮影場所事情は、それは潤うでしょうね」

キョン「夏に桜が咲きましたの非じゃぁねえぞ、こりゃ」



ハルヒ「ラッキー、正門から入れそうよ! 二人とも、なにもたもたしてんのよー!」

キョン「……ああ、今行くよ」

古泉「まあ……少しばかりのスペクタクルは覚悟しておくべきかもしれません」

キョン「少しばかりで済む事を祈る」




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 17:42:53.93 ID:6Bg5MA9l0

―――

ハルヒ「なんか、窮屈なつくりねぇ……グラウンドも狭いし、校舎と塀の幅も狭いし」

長門「建設されてから、70年ほど経過していると思われる」

ハルヒ「ふーん、70年前は、いろいろ立地条件も難しかったのかしら。まあ、こんな小山の上にあるんだし、狭いのは仕方ないか」

キョン(マジでぶっ潰れそうだな、こりゃ……木造で70年モノって、かなりヤバイだろ……)

みくる「あの、外からぐるって見て回るぐらいじゃ……」

ハルヒ「却下よ」

みくる「ですよねー」

ハルヒ「じゃ、まずは昇降口ね……ワクワクして来たっ!

古泉「向こう側は……グラウンドに直通しているようですね」

キョン「……ん?」

ハルヒ「どしたの?」

キョン「いや……あの、グラウンドの隅っこに建ってるの、何だ?」

ハルヒ「グラウンドの隅っこ? ……よく見えないわ、とにかく中に入りましょ」

キョン(ありゃ……何かの塔か?)




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 17:44:31.39 ID:5FiD6NhLO
なにか分からんがクロスSSか?




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 17:51:17.83 ID:6Bg5MA9l0

―― 一階 昇降口

ハルヒ「ゲタバコまでふっるいわね……まあ、当たり前か」

みくる「い、意外と普通……きゃっ!? あ、あの絵……びっくりしたあ」

キョン「絵? ……なんだこりゃ、仰々しい額縁にまで入って……なんでこんなもんが、昇降口に飾ってあるんだ?」

ハルヒ「美術部かなんかの作品なんじゃないの? にしても、やたら立派ねえ……腕利きの美術部員でもいたのかしら」

古泉「……すみません、ちょっと……いいですか?」

ハルヒ「?」

古泉「これは……『フレスコ画』ですね」

キョン「フラスコ?」

長門「フレスコ画。壁や石版に漆喰を塗り、乾燥するまえに塗料を用いて描く技法にて描かれた絵画」

ハルヒ「へえ……それって、すごいの?」

古泉「ええ。少なくとも、一介の学生の創作物とは思えませんね」

ハルヒ「へぇ、なんだかソレっぽいじゃない。かつて天才が在籍した学校なんて、いかにも何かありそうだわ。キョン、これ、撮影しといて!」

キョン「……心霊写真にでもならねえだろうな……」




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 17:54:39.62 ID:6Bg5MA9l0
キョン(まあ、携帯のカメラで心霊写真ってのもないか……)



ガンッ!!


キョン「のおっ!?」

古泉「!」

みくる「ひゃきゃっ!!?」

ハルヒ「え、何? どしたの、いま?」

キョン「……何だ、ドアがいきなり閉まったのか? 長門、お前が閉めたんじゃ」

長門「違う。……ひとりでに」

キョン「なんだそ」


 ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ 


ハルヒ「え、今度は何っ!?」

古泉「地震です!!」

キョン「なんですとっ!?」




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 17:59:19.16 ID:6Bg5MA9l0

 ズ ド ド ド ド ド ド ド ド ド 

ハルヒ「な、何々何よっ!? ただの地震にしちゃ、うるさす……」

キョン「! やばい、入り口の扉から離れろ!」

みくる「ええっ!? 何でですかっ!?」

長門「……地震で、前面の斜面が崩壊した」

ハルヒ「つまりっ!?」

古泉「土砂が押し寄せてきます!!」

キョン「マジかよ!?」


ズドーン




キョン「……あ、あぶねえ……俺らに直撃はしなかったが……」

古泉「入り口が……土砂で、完全にふさがってしまいましたね」

ハルヒ「びっくりした……何よ、こんな展開にならなくてもいいじゃない」

キョン(……ちょっと待った、なんかいやな予感が……)




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 18:04:11.74 ID:6Bg5MA9l0

ゾクッ

ハルヒ「っ! な、何、いまの……なんか、ぞくって」

みくる「ふぇ……きゃああああ!!? あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ」

キョン(リップスライムかよ!)

長門「……あそこ。天井のほう」

古泉「こ、これは……!?」


亡霊「……」


キョン(長門の指差す方向に……古臭いセーラー服を着た、長髪の女子高生の姿がある……)

ハルヒ「な、なにこれ……も、もしかして、これって」

みくる「お、おばっ……浮いて……」


亡霊「―――私の学校を―――荒らすのね、あなたたちも……」


みくる「ひっ……しゃべ……」

キョン(……ハルヒよ、ちょっとばかり……演出過多じゃないか、これは……それとも、まさか―――!)




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 18:11:06.57 ID:6Bg5MA9l0


亡霊「生きて帰さない……私たちの場所を……荒らす人は……誰一人……絶対に」


スゥ

キョン(き、消えた……マジだ、やっぱり。ハルヒ特製なのか、どうかはしらんが……こりゃ、誰かのドッキリなんかじゃねえ……)

みくる「ふぇ……い、いきてかえさないって……あ、あたしたち……ひゃあああっ!?」

古泉「お、落ち着いてください、朝比奈さん!」

ハルヒ「……そっ、そうよ、なんだかわからないけど……入り口が潰れたからって、何だっていうのよ! 学校よ? どっかの柵でも乗り越えれば、外に出られるわよ!」

みくる「で、でも……絶対にって……」

ハルヒ「大丈夫って言ってるでしょ! あ、あんなの……あれよ、幻覚よ! 蜃気楼よ!」

キョン(……ハルヒのこの反応……いや、まさかとは思いたいが……)

古泉「……とにかく、グラウンドに出ましょう。裏口があれば、そこから出られるはずです。斜面に面しているのは、正門だけでしたから」

ハルヒ「そ、そうよ! さっさとこんな学校……」

ガッ ガッ

ハルヒ「……な、なにこれ、なんで開かないのよ……グラウンドに出られないじゃない! カギでも掛かってんの、廃校のくせに!」

古泉「どいてください、涼宮さん! ―――も―――っふ!!」




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 18:15:10.37 ID:6Bg5MA9l0

ドガッシャン

ハルヒ「うきゃっ!?」

キョン(ゲタバコは投げるもんじゃねえッ! ……つか、おい、マジかよ!?)

ハルヒ「び、びっくりした、もう……え、ちょっと……なんで、いまのでもびくともしないのよ! このドア、どうなってんの!?」

みくる「ま、まさか……あの、おばけの……怨念とか……」

ハルヒ「なっ……あ、ありえないわよ、そんなの! ……キョン、古泉君! 連係プレーでもう一発!」

キョン「ゲタバコなんか投げられるか!」

古泉「セカンドレイド――ッ!!」


ボッグォン


キョン「……傷一つつかねえ……」

ハルヒ「う、うそでしょ……こんなの……」

古泉「……」

みくる「ひぇ……」

キョン(……どうしてこうなった……)




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 18:22:27.32 ID:6Bg5MA9l0

―――

みくる「」

ハルヒ「みくるちゃん、ちょっと、しっかりしてよ……もう」

キョン「……古泉、長門。朝比奈さんが目を覚ますまでに聴きたいことがあるんだが」

古泉「おそらく、答えられることはあまりないでしょうね……想定外の事態です」

長門「あの扉は、情報操作の及ばない位相にある力にて、封鎖されている……そして、この建造物内に、それと同様の空間封鎖が数件観測された」

古泉「長門さんの力の範囲外……と、言うと」

長門「……解析不可能な部分が多い。しかし、情報統合思念体の観測下に、この位相に近い概念が、一件のみ存在する」

キョン(……よくわからんが、次に長門が口に出す名前は、予測できる)

長門「涼宮ハルヒの力」

古泉「……」

キョン「しかし……何の根拠があるわけでもないが、俺には……どう見ても。この状況を、ハルヒの奴が、チョッピリとでも望ましく思っているように見えんのだが」

古泉「同意見です……だとすれば」

長門「あの少女の姿をした『思念体』の力……」

キョン「……あの亡霊の『怨念』が、ハルヒの力レベルだってのか?」




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 18:30:04.08 ID:6Bg5MA9l0
古泉「……長門さん。一般的な亡霊というのは、皆、そんな力を持っているものなんですか?」

キョン「そもそも亡霊は一般的じゃねえけどな……」

長門「有機生命体が亡霊、幽霊と称する概念には、個々の大小はあれど、通常空間に干渉を及ぼす力がある例は少なくない。しかし、この学校を封鎖している力とは、根本的に異質なもの。いくら強い……『霊力』を持つ霊体であっても、現状のような事態を引き起こすことは不可能」

キョン「……じゃあ、あの亡霊はいったい、何だってんだ……」



みくる「うーん……す、涼宮さん?」

ハルヒ「あ、気がついた? ちょっと、三人とも、なに円陣組んでるのよ? みくるちゃんが目を覚ましたわ、作戦会議よ……」

キョン「……ちなみに、その作戦ってのは、何を目的とする作戦だ?」

ハルヒ「決まってるでしょ? このふざけたからくり学校から、一刻も早く抜け出すのよ!」

キョン(……安心した)

古泉「……危険ではありますが。校内を探索しなければ、始まらないでしょうね」

ハルヒ「ええ、そのとおりよ……きっと、どこかから逃げられるはずよ」

キョン(しかし……あの亡霊が、マジで俺たちを殺しにかかる気だとしたら……太刀打ちできるのか?)

ハルヒ「とりあえず……しらみつぶしに探すしかないわね。どっかに割れてるガラス窓なんかがないか、探すのよ」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 18:40:25.01 ID:6Bg5MA9l0

―― 一階 東側校舎 二年A組教室

ハルヒ「……うわ」

キョン「ど、どうした? ハルヒ……なんか、ヤバイもんでもあるのか?」

ハルヒ「いや……また、あの『フレスコ画』があるわ、壁に掛かってるの。それだけよ……多分、安全だと思うわ」

キョン(マジだ……教室の後ろの壁に、でっかく飾ってある)

古泉「……やはり、この学校の生徒か、少なくとも関係者が描いたものの様ですね……」

ハルヒ「だからって、こんなもん、そこらじゅうに飾っとくなんて、頭おかしくなるわよ……奇妙な絵だし」

長門「……やはり、窓は開かない。グラウンドへの扉と同じ状態」

キョン(……『封鎖』されてるってことか……)

ハルヒ「そう……ま、まだまだ教室はほかにもあるんだから、さっさと次いきましょ。ほら、みくるちゃんも、角っこにうずくまってないで!」

みくる「ひゃ、ひゃい! ……あれ?」

ハルヒ「? どうしたのよ、みくるちゃん?」

みくる「いえ、ここの壁に……何か、文字が……」

古泉「文字、ですか? 失礼……『フレスコ画を光で照らせ』……と、読めますね」

キョン「何だって? ……誰が書いたんだ、そんなもん」




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 18:48:02.07 ID:6Bg5MA9l0
古泉「わかりませんが……試してみましょう。一応、懐中電灯は持ってきましたから」

カチリ

ハルヒ「……何も起きないじゃない」

長門「……ここ」

キョン「! なんだこりゃ、絵に文字が浮かび上がってきやがった……!!フレスコ画ってのは、こんな仕掛けもできるのか!?」

古泉「……いえ、通常なら、考えられません。何か、別のパワーによるものとしか……」

ハルヒ「えーっと……『虫には火、蝙蝠には光』……? 何これ、さっぱり意味わからないじゃない」

古泉「ええ……しかし、おそらく何かのヒントになるものなのでしょう。……そう考えるほかありません」

ハルヒ「つまり! この『フレスコ画』をみつけて、片っ端からライトを浴びせてやれば、謎が解けるってことね?」

キョン(すこしは異様がれよ、その状況を!)

ハルヒ「みくるちゃん、いいものを見つけてくれたわ! 隅っこにうずくまってたからこそよ!」

みくる「は、はあ……」

古泉「解決の糸口が見つかっただけでも収穫です。では、ほかにもフレスコ画がないか、探して見ましょう……しかし」

キョン「何があるかわからん……注意はしないとな」

古泉「そういう事です」




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 18:53:02.03 ID:6Bg5MA9l0

―― 一階 東側校舎 二年B組教室

ハルヒ「あれ、この部屋……何よ、ナマイキにカギなんか掛けてあるわ」

長門「……見せて」

ハルヒ「?」

……カチリ

長門「……開いた」

キョン「!」

ハルヒ「へえ、すごい! 何、有希ったらそんな特技持ってたの? これは便利ね! さ、行くわよ」

ガラガラ

キョン「……今のは?」

長門「単純に施錠が施されていただけ。操作が及んだ」

古泉「……校内を探索する分には、こちらもある程度無理が利くという事ですか」

キョン「……まるで、校内をうろつけと言われているようだな」

みくる「ふぇ……こ、怖いこと、言わないでくださいよぉ……」

ハルヒ「……この部屋に、フレスコ画はないわね。窓も閉まってるし……でも、一応何か手がかりがないか、探して見ましょっか」




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 18:59:15.23 ID:6Bg5MA9l0
古泉「……! 涼宮さん、あの机の上に、何か紙が置いてあります……」

ハルヒ「紙? 本当だ、何か書いてあるわ。えーっと」

ガタガタ

キョン(! ―――俺の目に、今映ったものは……幻か!?ハルヒの目指す机の脇に、何か、青白いもんが―――)

古泉「ッ、涼宮さん、危ない!」

バッ

ハルヒ「へっ!? きゃああっ!?」

人形「カタカタカタカタカタカタカタカタカタ」

キョン(幻じゃねえ! 机の脇から、妙な人形が飛び出してきやがった!!)

キラリ

みくる「ひゃあああっ!? す、涼宮さ……あ、え……なんで……か、からだが……!?」

ハルヒ「みくるちゃんっ!? ちょ、このっ! まとわりつくなっ! 人形のくせにっ!」

キョン(今、人形の目が光った……朝比奈さんのほうを向いて!)

古泉「でぇぇい!!」

ガスッ




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 19:04:01.43 ID:6Bg5MA9l0
ハルヒ「うひゃっ! で、でかしたわ、古泉君!」

古泉「念のため、持ってきた木刀が役に立ちました! ですが、まだ動いています!」

キョン「念のため持ってくるものかよっ!? いや、それより! そいつの目を見るな、ハルヒ、古泉ぃ!!」

キラリ

ハルヒ「えっ……なっ、なにこれ!? 体が……!」

古泉「しまっ……!」

人形「カタカタカタカタカタカタ」

キョン(やべえ、遅かった!! 人形がこっちにきやがっ―――)

ドガッシャン


人形「」

長門「……動かなくなった」

ハルヒ「……あ。か、体が動くわ……びっくりした、今の、金縛り?」

キョン(久々に見たぜ、長門の膝蹴り……しかし)

ハルヒ「今のが、あの亡霊の『怨念』だっての……!? 何よ、常識じゃないわよ……」

キョン(まさか、お前からんな言葉を聞ける日が来るとはな……)





28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 19:10:36.91 ID:6Bg5MA9l0
みくる「あ、あの、この紙……ひえっ!? こ、これ……!!!」

ハルヒ「あ、そうだった、紙……! これ、見て、みんな!」

『むぎへ フレスコは重要な手がかり 手分けして探そう』

キョン「こりゃ……」

古泉「……僕らの他にも。ここを訪れた人が、居たという事ですね……おそらく」

長門「……書かれてから、十年ほど経過している」

キョン(やっぱり……ここは、急ごしらえの廃校なんかじゃ、ねえってことかよ……)

ハルヒ「やっぱり、フレスコ画なんだわ……この手紙を書いた人たちも、きっと、フレスコ画を手がかりに、脱出したのよ! 此処を!」

キョン(そう、だといいんだが……この先で、もう一つの可能性の片鱗に出逢っちまったら……)

古泉「……この人たちは、分散して行動していたようです。僕らは、できるだけ固まっていたほうがいいでしょう……幸い、武器になるものもあります」

みくる「そ、それがいいです……そうしてくださいい……」

ハルヒ「絶対抜け出してやるんだから……こんなふざけた学校! 次のフレスコを探すわよ、みんな!」




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 19:13:11.30 ID:p47JZp2RO
けいおんかぁ




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 19:13:28.31 ID:FrGDalH5O
スウィートホーム思い出した




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 19:19:18.40 ID:6Bg5MA9l0

―― 一階 東側校舎 廊下

ハルヒ「! 何、あれ……紐みたいのが、格子みたいになって、進めなくなってるわ」

古泉「紐……? これは……『魔封じの紐』ですね。現在でも、神社などで使われているものです」

キョン「魔封じだって? 馬鹿言え、全然封じてねえじゃねえか……なんでそんなもんが、こんなところにあるんだ?」

古泉「わかりません、しかし……んんッ……ぬッ!! ……ふう。どうやら、この紐で封じられているのは、僕らのほうのようですね」

キョン「何だって?」

古泉「引き千切れそうにありません。あの、扉と似たようなもの、ですかね……」

ハルヒ「はあ? じゃあ、この先には行けないってこと?」

古泉「ええ……いや。『魔封じの紐』……なら、もしかすると……すみません、火打石などは持っていませんか?」

キョン「はぁ? 有るわけないだろ、そんなもん」

古泉「そうですか。でしたら……もっふ」カチッ

ボウッ

ハルヒ「きゃっ!? ……びっくりした、一瞬で燃えちゃった」

古泉「やはり。魔封じの紐は、最後に供養の際、火にくべるものなんです。……オイルライターで補えるか不安でしたが、問題ありませんでしたね」

キョン「この先は……階段か」




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 19:20:35.35 ID:Mr2lSB5u0
スウィートホームですね

そして先人はけいおん部wwwwwww




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 19:25:19.15 ID:6Bg5MA9l0
ハルヒ「二階に続いてるみたいね。さすが昔の学校、教室も少ないわ……? 何かしら、二階のほうが暗くなってる……」

古泉「どうやら、窓が木板で閉ざされているようですね……」

キョン「おい、足元も見えねえ、このまま上るのは危ねえぞ。懐中電灯はどうした?」

みくる「あ、え、はい、あたしが持ってます。えっと……」

カチ

みくる「あ、点きまいええええええええ!!!?」

キョン「Yeah!?」

みくる「ちっ、ちgちggggちぎっちぎちっちが……そ、そそそそそそsこの壁のところに……いいい……」

古泉「こ、これはッ―――!?」


骸骨「」


ハルヒ「ひきゃあああっ!? が、がががががgっががががいこつ……!?」

キョン(朝比奈さんのライトが照らした先、階段の踊り場の隅に……骸骨が横たわってる……科学室の模型なんかじゃねえ、ホンモノだ……なんつーか、こう! オーラでわかる!)

みくる「まっ、まさかこれ、さっきの紙の……ひっ……」

古泉「なっ……何てこった……これは、ホンモノの……人骨のようですね……」




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 19:31:38.39 ID:6Bg5MA9l0
ハルヒ「う、うそでしょ……こ、こんなとこで、やられたっての……?」

古泉「……やはり、完全に白骨化していますが、死体です……」

みくる「はう」ふら

長門「キャッチ」がし

みくる「あっ、す、すいませ……」

キョン(……! ちょっと待て、この骸骨の横の壁……!)

キョン「おい、これ……血文字だ! こいつ、何かメッセージを残してるぞ……」

ハルヒ「! なんですって、メッセージ……?」

古泉「ほ、本当です! これは……滲んでいて、よく読めませんが……」

『きをつけて心の力でしかかてない』

キョン「心の力だって……? ……何だ、こりゃ? こいつの、味方へのメッセージか?」

古泉「はい……そして、あるいは。……『同じ運命を辿るもの』への……でしょうか」

みくる「そ、それって……」

ハルヒ「あたしたち……!? ……じょ、冗談じゃないわ、こんな……こんな目にあってたまるか!行くわよ、みんな……絶対、何が何でも、あたしたちは生きて帰るんだから……!!」

キョン(……最悪の予想が、いきなり当たっちまった……)




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 19:39:31.43 ID:6Bg5MA9l0
―― 二階 東側校舎 廊下

ハルヒ「古泉君の行ったとおり、窓がふさがってて、真っ暗だわ……電気なんかもちろん通ってないし」

古泉「ライトを使って、注意深く探索しましょう。何せこのボロ校舎です、床だって信用していいかわからない。僕が先頭を行きますから、背後は頼みますよ」

キョン「あ? 俺か? ……まあ、このメンバーだ、そうなるわな。いいぜ、できる限り気をつける」

ハルヒ「なんか不安ねえ。あたしが後ろでもいいわよ?」

キョン「いや、さすがに俺の面子が立たねえよ……いいから、お前はいざって時に振り回せるように、木刀でも握っとけ」

ハルヒ「そ、そうね……わかったわ」

キョン(……ハルヒのやつ、かなり参ってるな……そりゃ、俺らだって参っちゃいるが。あいつにとって、ここまで露骨な非現実なんか、初めてだろうしな……)

長門「……待って」

古泉「? どうかしましたか?」

長門「壁に、文字がある」

キョン「! マジか……マジだ、また『メッセージ』だ! だが、血文字じゃねえ……紙がねえから、壁に書いたってとこなのか……」


『澪ちゃんへ ふらすこは反対がわに見つけたよ! 危なかったら呼んでね!』





39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 19:48:18.65 ID:6Bg5MA9l0
ハルヒ「反対側……ってことは、西側ってこと? どうも、こいつら、みんな単独行動だったみたいね……」

古泉「ええ……書置きを残すくらいだ。どうやら、『先行者』のうちの一部と僕らとは、似たように進んでいるようですね」

キョン「あまり喜べねえな、アレを見たあとじゃあよ」

ハルヒ「だ、大丈夫よ……あたしたちは、ちゃんと固まって動いてるんだから。こいつら、きっとあたしたちより若かったのね。やる事が軽薄だわ」

古泉「……先の人々のことを気にしてもいられません。とにかく、フレスコが西側にあるという情報は確かでしょう」

ハルヒ「そ、そうね……行きましょう」

キョン(それとなく、古泉の奴も余裕がねえな……まあ、当然だろうが。いつもより、言葉使いが荒いぜ)

みくる「ふえ……」

キョン(朝比奈さんはいつもの調子だし……長門は精神的には問題ないかも知れんが、情報操作がいまいち頼れねえのは確かだ。……マジにならなきゃいかんな、こりゃ……)



―― 二階 西側校舎 廊下

キョン「ん……おい、古泉。こっち側にも道があるぞ……なんだ、こりゃ? 一階にあったか?」

古泉「道、ですか? ……本当ですね、廊下があります……西側はノーマークだったので、一階がどうだったかまではわかりませんが」

ハルヒ「じゃあ、フレスコはこっちにあるかもしれないって事?」

キョン「……すこし、見てくる。古泉、わるいが残っててくれ。未開の地だ、何が有るかわからんしな」




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 19:53:34.39 ID:6Bg5MA9l0
古泉「! しかし、分散するのはあまり……」

キョン「何、危なかったら大声でも上げるさ。俺もライトは持ってきてるし……外から見てわからなかったぐらいだ、大して長い道じゃないだろうよ」

古泉「……わかりました。僕らはここで待っていますよ」

ハルヒ「え、で、でも、キョン……大丈夫なの?」

キョン(……まあ、存分に怖いっちゃあ、怖いがな)

キョン「ああ、ヤバかったら呼ぶって」

長門「……私も同行する」

キョン(! ……そう、だな。それがいい。今、一番きついのは朝比奈さんとハルヒだろう……二人が少しでも休めりゃいい)

キョン「ああ、じゃあ、頼めるか?」

長門「いい」

ハルヒ「あ、危なかったら呼びなさいよ! あんたなんか、いつやられるかわかんないんだから……」

キョン「ああ、わかったよ。 じゃ、頼むぜ、古泉。行こう、長門」

長門「こくり」

キョン「口で言ったろ今」




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 20:00:50.30 ID:6Bg5MA9l0

―― 二階 西側校舎 南側・図書室

キョン「……なるほど、図書室か……そういや、俺の中学もシンメトリーだったが、片側だけに、多目的ホールだかと図書室の出っ張りがあったな」

長門「……これ」

キョン「ん? ! ……こりゃ、学校の見取り図か。使えるな、こいつは…………しかし、何だ、ややこしい学校だな、随分。西側の廊下を北に進むと、そこから東側に折れる廊下があるのか……左上だけ繋がってねえ四角形みたいなもんか……また、偉い造りだな。体育館はどこにあるんだ? プールもねえな……」

長門「……これ」

キョン「ん? いや、見取り図なら今携帯で撮影するぜ。さすがに、丁度よく半紙に刷られてもいないしな」

長門「違う、これ」

キョン「え? ……な、何だそりゃ!? ……これ、『斧』だよな……」

長門「……わからない。しかし、武器は重要……この場では、私の力が及ばない可能性が十二分にある」

キョン(! ……暗がりの中でだが、今、一瞬。長門の表情が、なんつーか、こう……申し訳なさそうに変化した気がする……)

キョン「……ああ、わかったよ。大丈夫だ。お前がいてくれるだけでも、俺は随分助かってるぜ。精神的に、な」

長門「……そう」

キョン「……フレスコもねえみたいだし、戻るか」

キョン(……そうだ。今こそ、俺らがしっかりしねえとな……こうなっちまったんだ、ぼやいても仕方ねえ)




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 20:05:48.44 ID:6Bg5MA9l0
キョン「よし、戻―――」

長門「待って」

キョン「え……どうしっ―――うおっ!? 何だ、こいつらっ!」

蛆虫「「「「「「「「「「「「ウゾウゾウゾウゾウゾウゾ」」」」」」」」」」」」」」」

キョン(う、蛆だぁっ!? いや、そんなもんじゃねえ……デカい上に、多い! んだ、こりゃ、ベルゼブブの幼虫か!?)

キョン「この野郎っ!!」

ブォン

キョン「うわ、くそ、駄目だ、数が多すぎる!」

長門「―――火、虫には火を……」

キョン(! ―――そうだ、あのフレスコのメッセージ……! しかし、火だって!? 俺はライターなんか持ってきちゃいねえぞ!?)

長門「本を撒いて」

キョン「何っ!?」

長門「撒いて」

キョン(本―――この、山と本棚に押し込めてある、こいつらかッ!?)

キョン「ええい、ままだっ!」 ブンッ
バサバサバサバサ




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 20:10:21.36 ID:6Bg5MA9l0
ブチブチブチ

キョン「おい、駄目だ! 何匹か潰れたぐらいで――――」

長門「%&''($#$%#$''()&@」

ブォッ

キョン「うおっ!?」

蛆虫「「「コゲコゲコゲコゲ……」」」

キョン「び、ビビった……そうか、長門が火をおこしたのか……」

長門「可能かどうか不明だった……いや、厳密には、情報操作は及ばなかったはず」

キョン「……え? な、何だ?」

長門「情報操作で、発火を試みた。しかし、ロックが掛かっており、不可能だった……何故発火したのか、私にもわからない」

キョン(何だって……?)

長門「ただ、発火することを……願った」

キョン「願った……? もしかして……そりゃあ、あの骸骨の……」

長門「わからない……虫は退けた。一刻も早く、古泉一樹たちと合流すべき」

キョン「あ、ああ、そうだな……」




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 20:19:47.23 ID:6Bg5MA9l0
―― 二階 西側校舎 廊下

ハルヒ「でかしたわ、キョン! この見取り図は使えるわよ……それに、曲がり角の向きで、どこにいるのかも完璧にわかるし!……ところで、何? その仰々しいの……」

キョン「……俺もわからん。まあ、武器になるのは確かだと面ってな。見つけてくれたのは、長門だが」

みくる「オノ、ですか……初めて見ました」

古泉「ぼくも、実際に見るのは初めてですね……刃も鋭利です。たしかに、色々と使えますね」

長門「南は、図書室があっただけ。あの書置きのフレスコは、この先にあるはず」

古泉「よし……進みましょう。いい武器が手に入っただけ、ラッキーです。それは、あなたが持っていてください」

キョン「ん」

古泉「向かいましょう。……十分に注意を払いながら、です」

キョン(……蛆虫どものことは、古泉に話した……俺たちがであったのは、あの人形と、蛆虫ぐらいだ。……『血文字』を残せるようなえげつねえ傷を負うようなやつが、ほかにもいるって事だ……)

ハルヒ「よし、キョン、後ろは頼んだわよ! ……行くわよ、フレスコ画のところに!」

キョン(……少しだけだが、いつもの調子を取り戻せてるみたいだな……古泉がうまくあやしてやってくれたのか……)

みくる「…………ごく……」

長門「…………」




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 20:26:47.96 ID:6Bg5MA9l0
―― 二階 西側校舎 一年A組教室

古泉「……! 皆さん―――驚かずに聞いてください」

ハルヒ「! な、何?」

古泉「……フレスコは、ありました……それと、もう一つ。……また、『死体』があります。白骨化しています」

みくる「ひっ……!」

ハルヒ「ま、また……? ……も、もしかして、『ムギ』の? それとも、『澪』の……?」

古泉「わかりません……ライトで見る限り、危険なものは、ないようです。……死体に何かメッセージがないか、調べる必要があります……入れますか?」

みくる「だっ……だ、大丈夫です」

ハルヒ「……あたしも、平気。もう、なんていうか……ちょっとだけど、慣れてきたし、ね」

キョン「行こう、古泉」

古泉「……はい」

―――
キョン「……こいつの周りには、『血文字』は見当たらないな……這いずってきたような跡がある、ここまで逃げてきたってことか」

古泉「そのようですね……体躯からして、女性のものです。それも、まだ幼い……中学生か、高校生かでしょう。僕らと同じくらいです」

ハルヒ「あ、あんたたち……なんか、えらい場慣れしてない? いきなり……」

キョン「まあ、な……こいつは何の手がかりにもならんようだ。あとは、『フレスコ画』だ。ハルヒ、頼むぜ」




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 20:34:19.50 ID:6Bg5MA9l0
ハルヒ「う、うん……えーっと……! 出た、メッセージ!」

『ハンマーがあれば 妨げる 岩はもう 岩ではない』

ハルヒ「……なにこれ?」

キョン「えらく詩人だな、そのメッセージを残した奴は……ようするに、『ハンマー』を探せってことか」

古泉「ふむ……ハンマーですか。おそらく、道を妨げるような岩を破壊できるものならば、かなり大振りなものでしょう。ここまでで、見落としてきているという事もないと思います……」

キョン「……そいつで、入り口の土砂をどうこうしようってのは、無理なんだろうな、やはり」

古泉「あれを叩くのは、あまり賢い行動ではないでしょう。むしろ、土砂がより進入してくるのを促してしまうかもしれません」

ハルヒ「……とにかく、他にもフレスコか、手がかりがないか、調べてみましょ。それでなきゃ――――」


みくる「ぅいひえああああああああっ!!!?」


ハルヒ「うっきゃあああっ!?」

古泉「朝比奈さんっ!? どうしま……なっ!!」


骸骨「う……あ……」


キョン(あ、あの白骨死体が……!! 朝比奈さんに縋るようにして、動いてやがるっ!?)




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 20:39:51.48 ID:6Bg5MA9l0
みくる「あっ……ひ、や、こないで……」

骸骨「う……わ…たし…………ライト……が……」

キョン(! 待て……この骸骨、襲ってきてるわけじゃないっ!?)


骸骨「ライトが……さえ……落ち……なきゃ……わたし……しな……」



骸骨「」

みくる「ひえ……」くらっ

長門「キャッチ」がしっ

ハルヒ「み、みくるちゃん! しっかりして、骸骨はもう離れたわ!」

キョン(今のは……メッセージだ! こいつ、ずっとここで、死に切れずに……!?)

古泉「……これ以上動く様子はありませんね。……行きましょう。目指すは、フレスコ画と、ハンマーです」

ハルヒ「あ、う、うん……みくるちゃん、大丈夫?」

みくる「は、はい……だっ、いじょぶです……ごめんなさい、心配かけて……」

キョン(ちくしょう……見つけてやろうじゃねえか、ハンマーとやら……これ以上、誰もが神経擦り減らすだけの、こんなところにいられるかってんだ……!!)

ハルヒ「よし……行くわよ、みんな。とりあえず、この、北側の校舎ね……目指すのは」




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 20:49:12.56 ID:6Bg5MA9l0
―― 二階 北側校舎 廊下

古泉「どうやら、北側の校舎には、教室以外の部屋が集中しているようですね……ここは職員室、向こうは会議室になっています」

ハルヒ「職員室に、フレスコなんてあるかしら? あったら、本格的にクレイジーよ、この学校……」

古泉「フレスコを描いているのが教師か、それに順ずる方という可能性もあります。いえ、むしろ、あの技術を学生が再現できるとも思えません……教室にも飾るあたり、校長や理事長あたりの作品という可能性もあります」

キョン「だとしたら、職員室はソレっぽいな……長門。カギ、開けられるか?」

長門「……可能」

カチリ

古泉「では、開けます……」

ガラリ

古泉「! これは……フレスコ画はありません、しかし……」

ハルヒ「何よ、古泉君? また、死体……! これ……『電灯』が、落ちてきたの?」

キョン「何だって?」

キョン(マジだ……なんで職員室にだけ、こんな豪華な電灯をぶら下げておいたかは知らんが……そいつが部屋のど真ん中に落ちてる……)

みくる「もしかして、さっきの、骸骨の人がいってた、ライトって……」

ハルヒ「ここが……あの子がやられた場所、ってこと……なのね……」




57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 20:58:12.28 ID:6Bg5MA9l0
―― 二階 北側校舎 職員室

古泉「……くまなく探しましたが、この部屋には、『ハンマー』や『書置き』は見当たりません。フレスコもないようです」

キョン「ついでに、隣の『校長室』も見てきたぜ。成果は……ハンマーでも書置きでもねえが、これだ」

ハルヒ「? なにそれ、書類? ……これ、この学校のこと?」

キョン「ああ、長門が見繕ってくれた……この学校の『美術部』についてが書いてある」

ハルヒ「美術部? ……! やっぱり、あの『フレスコ画』を描いてるのは、ここの美術部員だって!」

古泉「ちょっと、すみません……美術部、部員は五人……どうやら、あのフレスコ画は、『美術部長』の作品のようですね…………間違いなく。涼宮さんの言っていたとおり、この方は『天才』です……あんなタッチのフレスコ画を描ける学生なんて」

キョン「……そのフレスコ画に手がかりが残っているってのは……無関係じゃないだろ、こりゃ」

ハルヒ「……『美術室』が、どこかにないかしら。きっと、そこに何かがある気がするわ」

古泉「可能性はありますね……ただ、おとなしく行かせてくれると楽観するべきではないでしょうが」

ハルヒ「やっぱり、当面は『フレスコ』と『ハンマー』ね……この部屋にはどっちもないみたいだし、次の『会議室』を見てみましょ」

キョン(そろそろ、何か出そうで怖いな……)

みくる「『電灯』には、気をつけたほうがいいみたい、ですね……」

古泉「ええ。次から、確認します。大きな電灯が有る部屋は警戒しましょう……彼女からの、『メッセージ』ですからね」




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 21:04:23.70 ID:6Bg5MA9l0
―― 二階 北側校舎 会議室

ガラ

古泉「さすが、広いですn―――! 何か、来ますッ!!」

ハルヒ「ふえっ!?」

蝙蝠「「「バササササササキィィィィコェェェェェェ」」」

キョン「ッ―――『コウモリ』だッ!! えっと、コウモリには……何だっけ!?」

長門「光」

キョン「光っ!? ライトかっ……この野郎っ!」ブンブン

ハルヒ「駄目よ、全然効いてないわ!」

古泉「オラオラオラオラオラオラぁ!」ブンブンブンブン
バシバシバシスカバシスカ

古泉「駄目です、木刀じゃ対処しきれない!」

ガブ
キョン「いってぇ!! 噛まれたっ!? クソ、『光』じゃねェ―――のかよ!! ライトじゃ足りねえってのか!?」

みくる「ひええええっ!! こ、こないでぇぇぇぇぇぇ――――!!!」


カッ




61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 21:09:40.18 ID:6Bg5MA9l0
キョン(!? 何だ、今、部屋中が、一瞬だけ明るくッ!?)

蝙蝠「「「ヤッダァーバァァァァ」」」 バサササササ

古泉「! に、逃げていきます……今の光は、一体!?」

みくる「ふぇ……え、あ、あたし……な、何したんですか? え?」

キョン(あ、朝比奈さん……? そのポーズは、咄嗟に取ったんですか? 所謂、みくるビームというやつの……まさか……『心の力』……?)

ハルヒ「び、びっくりした……でも、なんだか分からないけど、コウモリは逃げ……」

ガシッ

ハルヒ「あっひゃあああっ!?」

キョン「なっ……ハルヒッ!?」


半身男「グググg……ガッバァァァァアァ」


ハルヒ「きゃああああっ!? 何、これ!? ぞんびっ、ゾンビぃ―――ッ!?」

キョン(ばっ……なんだ、このこれまで以上にえげつねえのは!? 下半身のねえ男が、ハルヒの体にしがみついてやがるッ!!)

キョン「この野ッ……って、ヤバい……このままじゃ、オノでハルヒまでぶった切っちまうじゃねえかッ!?」
ガスガスガス
ハルヒ「は、はなせえええっ!! だ、駄目、木刀じゃびくともしないわっ!! や、這い上がってくんなあっ!!」




63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 21:14:04.74 ID:6Bg5MA9l0
半身男「ズビズバ」

ハルヒ「きゃっひいいいいっ!!? 舐めるなああああっ!!! だ、だめ、助けて、キョ―――ン!!」

キョン「んなっ、つったって、この状態じゃオノなんかッ!!」


古泉「―――!! WRYHAAAAAAA!!!」 カッ


ボンッ
       ドグボァァァァァ―――ッ!!


ハルヒ「あっきゃあっ!!?」

キョン「ぬおっ!?」

半身男「くぁw背drftgyふじこlp;@:「」


ハルヒ「……え……えっ?」

古泉「あ…………あれ?」

キョン(い、今の……気のせい、じゃねえよな? 古泉の手から……例の『赤いの』が出て……ゾンビ野郎を、ブッ飛ばした……!)

ハルヒ「な、何? 今の……」

古泉「え……わ、わかりません、ただ、涼宮さんを助けないとと……まさか、これが……あの、骸骨の血文字の……?」




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 21:22:03.77 ID:6Bg5MA9l0
長門「……聞いて」

キョン「うおっ!? な、長門……いきなり耳元で、何だよ!?」

長門「……今、この建造物を支配している力は、涼宮ハルヒの力に似たもの……やはり、間違っていない。……この場では、私たちに。僅かではあるが、涼宮ハルヒの影響による力が備わっている……今、それを観測できた」

キョン(何だって……いや、確かに、そりゃあとんでもなく心強くはあるが……)

キョン「じゃあ……やっぱり、この学校を封鎖してる力ってのは……」

長門「……ありえない事。しかし、涼宮ハルヒとは別の、『涼宮ハルヒと同質の力』によるもの……そして、その持ち主は。あの……『亡霊』の少女」

キョン(……んな、馬鹿な……! あの亡霊が、ハルヒと同じ……『神』だとでも言うのか……!?)

長門「……これ」

ハルヒ「へ? ……そ、それ、書置きじゃない! いつの間に見つけたの? 貸して……えっと、何々?」


『ムギちゃんたちへ この先の階段の上に、三枚目のフレスコがあるよ!』


古泉「……筆跡からして、あの『壁』の方と同じ方が書いたようですね……この先の階段の上というと、三階の北側の廊下……でしょうか」

ハルヒ「ったく、部屋も書いておいてくれれば手間が省けるのに。これ書いたの、相当の馬鹿ね……」

キョン(つまり、これを書いたのは……あの二人の死人の、どちらでもないわけか……)




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 21:28:48.79 ID:6Bg5MA9l0
―― 三階 北側校舎 家庭科室

長門「階段の途中には、何も異常はなかった。最も近い部屋は、ここ」

キョン「家庭科室か……都合よく美術室だったら嬉しかったんだがな」

ガラリ

古泉「……ふむ、フレスコ画は見当たりませんが……! あの扉から、『準備室』へ行けるようです。そちらを見てみますか……」

ネズミ「チュウ」

古泉「ええ、注意しますよ……うっだぁぁああっ!!?」

ハルヒ「きゃっ!?」

みくる「うっきゃっ!?」

キョン「ぬがあっ!? こ、古泉? 何、お前にあるまじき声を……」

古泉「あ……い、いえ、すみません……何かと思ったら、ネズミでした……敵意はないようです、ただのネズミですよ」

ネズミ「ピッピカチュウ」

ハルヒ「なんだ、ネズミかあ……家庭科室なら、まあいるわよね。でも、こんな廃校の家庭科室に、食べ物なんてあるのかしら?」

ネズミ「ニコチュー」

古泉「確かに不思議ですが……まあ、敵ではないようですし。とにかく、『準備室』を見てみましょう。フレスコ画があるかもしれません」




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 21:30:31.49 ID:qgoVKShp0
ネズミwww




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 21:36:25.23 ID:6Bg5MA9l0
―― 三階 北側校舎 家庭科準備室

ハルヒ「! やったぁ、ビンゴぉ! また気味悪いフレスコ画が飾ってあるわ!」

みくる「ふえ……この部屋は、窓から日が差してますね……あっ、これ! フレスコ画のすぐとなりに、書置きがあります!」

古泉「あっ、本当です……よかった、血文字ではありません。やはり、また同じ筆跡です……」

『みんなへ はつでん器は東の中庭にあるよ 私もさがすね』

ハルヒ「はつでん器って、発電機のこと? ……それって、もしかしてこの学校の? それはいいわ、二階も三階も真っ暗だもの。電気が通ったら心強いわよ、ライトでいちいち照らさなくても、見逃しなく探索できるじゃない!」

キョン「……しかし、妙だな、こりゃ。なんで自分も見つけてねえ発電機が、東の庭とやらにあると分かったんだ? こいつ……」

古泉「他の方からのメッセージか何かですかね……東の中庭ですか。東側の一階はまだ探索していませんし、こちらを優先すべきですかね……いや……でも、やはり『ハンマー』が気になるな……」

長門「……フレスコ画が先」

ハルヒ「! そうだ、忘れるところだったわ……この『フレスコ画』のメッセージを確認しないとね」

カチッ

みくる「……あっ、そこ、右下! 出ました、メッセージが!」


『ハンマーは 小さな獣の 部屋にある』




73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 21:42:41.82 ID:6Bg5MA9l0
ハルヒ「小さな獣……? 何よ、それ。ってか、ハンマーが手がかりってフレスコに書いときなさいよ、こんなこと!」

みくる「小さなけもの……って、あのコウモリさんのこと……でしょうか?」

長門「会議室はいつの間にかくまなく探索した。しかし、ハンマーと思えるものは見当たらなかった」

キョン(いつの間にだよ)

古泉「……小さな獣。……もしかして、あのネズミ……あんなところにいるのは奇妙だと思っていましたが……家庭科室に戻ってみましょう。どうも、あのネズミが引っかかるんです」


―― 三階 北側校舎 家庭科室


ネズミ「ウッヂューwwww」

キョン「……まあ、小さな獣には違いないが……何かハラ立つな、このネズミ」

みくる「でも、この子、妙に人に慣れてますよね。普通、ドブネズミさんって、こんなふうに触れたりしないのに……よしよし」

キョン「うらやましい野郎だ」

ハルヒ「! やったぁー! ハンマー獲ったどーっ!!」

キョン「なっ、マジかよ!?」

ハルヒ「マジよ! 一個だけ閉まりきってない戸棚があると思ったら、これが無理矢理放り込んであったわ!」

古泉「これは……確かに、間違いなく『ハンマー』ですね。かなり重量もあります……並の岩なら削れるでしょう……どうやら、アタリですね」




75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 21:45:10.12 ID:jR+pNWGH0
結局ネズミはなんだったんだ




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 21:52:00.36 ID:6Bg5MA9l0
―― 一階 北側校舎 廊下

ハルヒ「で、問題の東の中庭とやらを目指してきたけど……ハンマーが先に見つかってよかったわね」

キョン「ああ。階段を下りた目の前に、こんな岩があったら、どうにも行きようがねえしな。おそらく、一階から回り込んでも、似たようなバリケードがあるんだろうよ」

古泉「では、失礼して……ドラァ!!」 ブオン

ズガッシャン

キョン「うおっ!? ……こ、古泉。お前、張り切りすぎじゃねえか……こんなデカイ岩が、一発って……」

古泉「……い、いえ。僕も驚いています。こんな腕力はないですよ、僕には……どうやら、この『ハンマー』であることが重要だったんでしょうね」

ハルヒ「ぬぐぐぐ……ムカツクわ、遊ばれてるみたいで……とにかく、発電機よ! 東の中庭っつったら、東側の校舎から行けるに決まってるわ!この先よ、この先! 行くわよ、みんな!」

キョン(しかし、中庭なあ……見取り図にはそんなもん書いてないんだがな……)



―― 一階 東側校舎 廊下

古泉「! 見てください、東側の校舎側に折れる角に、このまま直進する道があります……これは、どうやら『体育館』への通路のようです……」

長門「……向かってみるべき。敷地内の見取り図上、中庭と呼べる空間があるとしたら、この先である可能性が高い」

ハルヒ「また、偉い暗いわね……ライトがいるか。ま、発電機をたたき起こすまでの辛抱ね……じゃ、行くわよ」




79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 21:58:32.69 ID:6Bg5MA9l0
―― 一階 渡り廊下


クククク……


ハルヒ「……ね、ねえ、キョン……この声って、あたしの空耳じゃ……」

キョン「……よかった。俺の空耳でもねえようだな……」

みくる「こ、こわいです……お、襲ってこないんでしょうか……」

古泉「……受け売りですが、この手の魔物たちは。暗闇のなかで、真の力を発揮すると聞きます。発電機を手に入れるまでの辛抱で……! と、止まってください……何か! 何かが、僕の足元にいます!」

ハルヒ「ういぃっ!?」

何か「あ……う……人……?」

キョン「っ……! おい、待てこりゃ、骸骨じゃねえ……ゾンビでもねえ! ……人だ! まだ、肉体がある!」

古泉「! 朝比奈さん、ライトを! 照らしてください!」

みくる「は、はい!」


女の子「う……あ、あれ……そ、っか……きみたち、も……ここに……来ちゃった……ひと…………?」


キョン(! やっぱり―――いや、しかし、『生きて』るわけじゃない……これは、あの二枚目のフレスコの部屋に居たやつと、同じ……!)




82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 22:06:59.74 ID:6Bg5MA9l0
女の子「よかった……だれかと、話したくて……ずっと、ここで……」

みくる「ひ、酷い怪我……い、今、救急箱、わたし、持ってますから! 手当てを……」

女の子「ち、がうの……もう、わたしは、死んじゃってるから……みんなに、いろんなこと、伝えようとしたんだけど……だめ、で……」

古泉「あなたは……もしかして、フレスコの手がかりを残した……!?」

女の子「……読んで……くれたんだ……よかった……おねがい、聞いて……わたし、最後のふらすこで……読んだの……『斧と槍』は……おばけから……まもってくれるって…………よかった……だれかに、教えてあげられて……もう、いくね……いま、いく……あずにゃ……みん……」

ハルヒ「! ちょ、ちょっと、しっかりして……!!」

女の子「」

キョン「……ハルヒ、違う。死んだんじゃない……こいつは、もうとっくの昔に……」

ハルヒ「そんな……だって、今まで! 今、あたしたちに! メッセージをくれたじゃない!」

古泉「……ずっと、彼女は……ここにいたんでしょうね。……誰かに、メッセージを伝えられたと知る、その時を待って……彼女は、やっと、行くべき場所へ行けたのでしょう……」

キョン「……『斧』……そりゃ、やっぱり、これのことなんだろうな」

長門「……この先。……この少女が、たどり着けなかった道。私たちは、そこにたどり着かなくてはならない」

古泉「……行きましょう。何が有っても……進まなくては為らないんです、僕らは」




85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 22:14:30.65 ID:6Bg5MA9l0
――――

古泉「オラオラオラオラオラオラオラオラオラァーッ!!」

ズドドドドドドドドドドッグォン

キョン(古泉。お前、岩壊しまくるの、正直楽しんでるだろ……)

ハルヒ「しっかし、『ハンマー』がなきゃ、話にならないわね……何よ、この岩無双」

みくる「体育館まで、あと少しなんですけど……見つからないですね、庭への入り口」

古泉「思うに、体育館から、中庭へ出る扉がないかとにらんでいるのですが……まあ、扉はあてになりませんが、ね」

キョン(まあ、外界に出られる扉が封鎖されていないわけもないだろうな……)


コウモリ「「「「キィィィィコエェェェェェ」」」」


キョン「のがっ!? またコウモリかよ!?」

みくる「あ、え、いま、倒します! み、みくるフラーッシュ!!」

ペカーン

コウモリ「「「ヤッダァーry」」」」

長門「……今。一瞬、見えた……ここの壁に、また『書置き』がある」




86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 22:18:53.98 ID:8dQEUxi70
微妙にモンスターの台詞がおかしいw




87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 22:21:37.27 ID:6Bg5MA9l0
古泉「! 本当ですか……本当だ、書置きです! ……さっきの、あの女性の筆跡とは違います……」

ハルヒ「! ちょっと待ってよ、あの子たちは、『ハンマー』を手に入れられなかったはずじゃないの?どうして岩を壊していった先に、『書置き』があるのよ!」

キョン「……繰り返しているんだろうよ、多分だけどな」

ハルヒ「!」

キョン「考えても見ろよ、俺たちが侵入したとき、正門はまったく、ぶっ壊された跡なんかなかっただろ。……多分、『あいつら』がこの場所にやってきたときも。同じように、土砂崩れに入り口をやられたんだ……」

ハルヒ「……わけ、わかんない……どうしてそんな事する必要があるのよ……?」

キョン(それは、俺にもわからん)

古泉「……メッセージは、こうです」

『ムギへ フレスコは体育館にあった 光がない、もしこの場所に来たら、メッセージを受け取って。ハンマーは図書室に置いたから、使って』

ハルヒ「これ、最初に見つけた書置きと同じ文字だわ……この人。さっきのあの子に、会ったのかしら……」

キョン「……わからん。しかし、とにかく、この先にフレスコ画があるのは確かみたいだな」

古泉「ええ。この人たちの残したメッセージは、信用していいでしょう。……向かいましょう」




90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 22:29:55.90 ID:6Bg5MA9l0
―― 一階 体育館

キョン「……どうだ、古泉、フレスコはあるか?」




96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 22:43:30.41 ID:6Bg5MA9l0
古泉「……いえ。広いので、ここから照らしただけではわからない分もありますが、目の届くところには……」

ハルヒ「古泉君、みんな!」

みくる「ひゃっ!?」

キョン「! どうした、ハルヒ! また、何か出たかっ!?」

ハルヒ「違うわ……『この子』よ! この子も……まだ、生きてる! 何かを、私たちに『伝えてくれてる』の!」

古泉「何だって……? ! これは、さっきの人と同じ……まだ、肉体がある方です!」


女性「……聞いて……お、願い……フレスコの……メッセージを……」


キョン(これは……この人、とんでもない『火傷』だ……! 生きていられるはずない、でも……『メッセージ』を発している!)

ハルヒ「……大丈夫、ちゃんと聞いて上げるから。話して……私たちが、聞いてあげるから」



女性「……東の、庭は……見えるの、この、先の……奥の扉の先の、廊下から……でも、どうやったら、入るのか……私には、わからなかった……の……フレスコも、壊されて……おねがい、聞いて……『模様の部屋』には……一人しか、駄目なの……お願い、どうか……生きて、おねがい……」



女性「」






ハルヒ「そういうわけで、今日は廃校探検!」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 17:28:14.40 ID:deHZSp5P0

―― 一階 体育館

女性「」

ハルヒ「……眠りに着けたのね、やっと……この子」

キョン「ああ……俺たちが来るのを、ずっと待ってたんだろうよ。誰かに、メッセージを伝えられるのを」

みくる「……ぐす……『模様の部屋』……そこには、一人しか入ったらいけない、そういうことなんでしょうか……」

古泉「ええ……そして、奥の扉から、廊下が伸びていると。しかし、見取り図には、それらしき場所が確認できません……」

キョン「……とにかくよ。行ってみるしかねえと思うぜ。奥に扉っつったら……一つ見当たるが、ありゃ、用具倉庫か?」

長門「他に、両脇の壁に鉄の扉が、二づつ」

古泉「……とりあえず、用具倉庫から調べて見ましょう。ただし、彼女の言う『模様の部屋』がどこにあるかわかりません。十分に注意をしていきましょう……」

キョン「……ハルヒ、行けるか?」

ハルヒ「……当然よ」

ぐしぐし

ハルヒ「この子の遺志、ちゃんと引き継いであげなくちゃ……絶対、脱出するのよ。この学校から」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 17:36:43.42 ID:deHZSp5P0
―― 一階 体育倉庫

ゴウンゴウン

キョン「案の定、暗いな……古泉、ライト頼むぜ」

古泉「はい。……! フレスコ画です、こんな所にまであるとは…………壁にも床にも、『模様』と思われるものは、ありませんね」

ハルヒ「だったら、フレスコ画を確認しましょうよ。あの子の行ってた、廊下ってのがどこから行けるのかとか、分かるかもしれないし」

古泉「ええ、そうしましょう。朝比奈さん、涼宮さん。念のため、入り口で見張っていてください、何か現れないか」

みくる「は、はい」

ハルヒ「オッケーよ。大丈夫よ、みくるちゃん。こっちには武器があるんだから。あんたのみくるフラッシュとか、あたしの木刀とか」

キョン(木刀はまだしも、フラッシュはコウモリ限定じゃねえか……)

古泉「では、照らしましょう……三人で照らしたほうが、効率がいいでしょう」

キョン「しかし、えらく大量に用意してきたんだな、懐中電灯」

古泉「ふふ、もしもの時のためにと思いまして……結果的に役に立っているんですし、良いではないですか」

キョン(……実際に遭遇しちまったら、もしもでもなんでもねーじゃねーか)

長門「見つけた」

キョン「早っ!!」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 17:44:58.19 ID:deHZSp5P0


『幻の部屋にて 窓辺に 銀の輝きを』


古泉「……幻の部屋、ですか……もしかすると、彼女の行っていた、あるはずのない『廊下』と関係しているのかもしれませんね。フレスコのメッセージが告げるくらいです、やはり、この体育館にある扉のいずれかから、その『廊下』へ行けるのでしょう」

長門「探索を進めるべき」

キョン(古泉、フレスコのメモなんて取ってたのか。……まあ、この状況じゃ、やるほうがまともか……暇だな、しかし)

チラッ

キョン(ん? ……なんだ、そこの跳び箱の影に……! こいつは……!)


骸骨「」


キョン「なっ……!」

キョン(こ、こいつは……死体だ。やっぱり、若い女の子の……しかし、今までのヤツらと、骨の見た感じが違う……それに、服も着てねえ。まさか、『敵』か……!?)

キラッ

キョン(! 違う、この骸骨……『眼鏡』をかけてる! こんなもんを掛けたゾンビはいねえ…………眼鏡越しの、眼窩が、天井を見上げて息絶えてる……天井ッ!?)




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 17:48:37.21 ID:deHZSp5P0
古泉「? どうかしましたか?」

キョン(まさか、ここは―――!!)

バッ

キョン「―――天井! 天井の一部に……『模様』がありやがる、古泉ぃぃぃ!!」

古泉「なッ―――!?」

キョン「『模様の部屋』は此k」

ボッグォン

キョン「オウッフ」

古泉「ぐえっ!」

ハルヒ「きゃああっ!? な、何、敵!?」

ドッシャアアアア

キョン(なっ……なんで、俺と古泉が、用具倉庫の外まで吹っ飛んだんだ!?まっ、まさか―――)

キョン「長門っ―――うおあッ!?」



―――ボウッッンッ




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 17:54:35.25 ID:deHZSp5P0
ハルヒ「きゃああああっ!? ひ、火が、倉庫ん中に! 火があっ!!」

古泉「ばっ、馬鹿な……長門さん!! 火を、火を消すんだぁっ!!」

キョン(あのバカ、フルパワーじゃねえってのに……!!)

みくる「きょ、キョン君!! これっ、消火器! どう使うんですかッ!?」

キョン「! 貸してください! ……こっんのヤロォォォォォォ!!」ブシャァァァァァア

ドジュウウウウウウ……

ハルヒ「ちょ、もっと早く消火してよぉ、キョン!! 有希が、有希がああっ!!」

キョン(俺だって、この五倍は出て欲しいがよ! 機能的限界があんだよ!)

シュウシュウシュウ……

古泉「あらかた消えました……長門さん! くっ、煙で見えない……長門さん!!」

長門「無事」

古泉「うっはぁっ!?」

キョン(いきなり古泉の目の前に!)

ハルヒ「ゆ、有希いいいい!! よかったあ、無事だったの……げほ、ゆ、有希、なんか、けむい……」

長門「消火ガス。そのうち希釈される」




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 18:02:25.46 ID:deHZSp5P0

―――

古泉「なるほど……あの模様の真下のみが、炎が噴出しなかったと」

キョン「『一人しか入っちゃ行けない模様の部屋』の正体、か……確かに、あの模様の下には、一人しか入りきらんな」

長門「足に経度の低温火傷を負った。しかし、問題ないレベル。あなたたちへの蹴りのダメージのほうが大きい」

ハルヒ「もう、無茶しないでよね!」

長門「申し訳ない。しかし、説明する時間はなかった」

みくる「……えっと、それで。フレスコは、なんて?」

古泉「ああ、はい……『幻の部屋にて、窓辺に銀の輝きを』……と、ありました。このメッセージがどのような意味を持つのかは分かりませんが……『幻の部屋』があるならば、『廊下』があってもおかしくないでしょう。彼女の残したメッセージどおり、『庭の見える廊下』を探してみましょう」

ハルヒ「たしか、奥の扉って言ってたわよね。あの子が居た入り口から、奥っていうと……ステージ側の両脇にある、鉄の扉のどっちかね」

古泉「地理的に、入り口を入って左……つまり、北へ向かうほうの扉は、塀に面しているはずです。となると、おそらく……こちらの。南へ向かう扉が、そうなのではないかと思われます」

キョン「ま、開けてみりゃあいいさ。ハズレなら、おおかた開いてはくれないんだろうしよ」

ハルヒ「よし、いくわよ……この扉ね。あたしとみくるちゃんで開くから、何か飛び出してきたら、斧で真っ二つにしちゃっていいからね」

キョン「へいへい」

ゴウンゴウンゴウン




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 18:11:23.81 ID:deHZSp5P0
キョン「これは……ビンゴだな」

古泉「ええ、『廊下』です。……西向きに、渡り廊下と並行に続いているようです。そして、反対側の壁に『窓』がある」

ハルヒ「! 『中庭』よ、ついに見つけたわ! でも……うっそうとしてて、わけわかんないわね」

古泉「ええ……地理的に考えて、中庭というよりも、サブグラウンドといったところでしょうか。運動部のコートなどがあったものと思われますが。草やら岩やらで、面影はないですね……あの、バスケットゴールの塔が、名残でしょうか」

キョン「いくつか、建物っぽいのが見えるのは、運動部の部室か……?」

ハルヒ「発電機が野外にうっちゃってあるとも思えないし……あそこが臭いわね」

長門「まだ、中庭にたどり着けたわけではない。『部屋』を探すべき」

ハルヒ「っと、そうだったわね……まあ、探すまでもなく、こっからでも見えるわよ、ほら、廊下の奥に、中庭のほうに向いたドアがあるわ」

キョン「……おい、古泉」

古泉「はい?」

キョン「……あのドアの先って、多分、この窓からも見える、あの部屋だよな」

古泉「ああ、本当ですね。おそらく、そうでしょう……それが、どうかしましたか?」

キョン「……あの、窓。……『割れて』ないか。人が一人通れるぐらいのデカさに」

古泉「……え……?」

―――




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 18:18:50.77 ID:deHZSp5P0
―― 一階 幻の部屋

ハルヒ「きゃーっ! 見て、窓! 割れてるわよ! ここからなら、中庭に出られるわ!」

キョン(こりゃあ……やっぱり)

古泉「『先行者』の方が、既に解いていたようですね、このからくりは……」

キョン「……なあ。いくつか気になってるんだが、やっぱり、この学校はおかしいぜ」

ハルヒ「は? 何を今更言ってんのよ、はなっから、おかしいのなんてわかりきってるじゃない」

キョン「そういうんじゃなくてだな、こう……あの『亡霊』が、俺らを此処でくたばらせるつもりなら。何故、『ヒント』なんてもんがある?」

ハルヒ「? ……さあ、でも……そういえば、そうかしら」

キョン「それに、この『先行組』だって、あの魔封じの紐や、岩どもを壊したはずだ。しかし、岩や紐は、次に入ってきた俺たちの前にも立ちふさがった。だが、この窓だけはそのままってのはどういう事なんだ?」

みくる「ふぇ……そういえば……」

ハルヒ「うーん……わかんないわよ、見落としたんじゃないの? とにかく、今は中庭に行くのが……? あれ、なにこれ……書置き!」

古泉「え……『先行者』のですかっ?」

ハルヒ「多分……えっと」


『聡、律へ 電気を点けたのは私だ、だけど美術室には行けない。三階が明るくなったから、探索してみる』





18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 18:25:52.85 ID:deHZSp5P0
キョン(こいつらは、発電機を見つけられたのか……そして、こいつが此処にあるってことは。やっぱ、発電機はこの先で間違いないな)

ハルヒ「……また、初めて見る名前ね。この子達、何人で来たのかしら……」

みくる「えっと、これまでに、その……死んじゃった人と会ったのは」

古泉「四名ですね。しかし、いずれも女性でした。少なくとも、この『聡』という方とは、まだ出会ってないようです」

ハルヒ「……どこかで、あの子達みたいに、死ねずに待っているのかもしれないのね……」

古泉「はい、そして、おそらくこのメッセージの方とも、まだ出会っていないでしょう。この方は三階へ向かわれたようです。僕らは、まだ三階をまともに探索してはいません」

キョン「……こいつらの軌跡を追うのが、一番速そうだな」

ハルヒ「そうと決まれば、さっさと発電機よ! この陰鬱な世界に、光を叩き込んでやるの!」

キョン(そういや、いつの間にかか知らんが、空がドン曇りんなってやがるな……)

古泉「よし、行きましょう。何が有るかわかりません、注意してください……」


―――


――― 東側 中庭

キョン(まったく手入れのされてねえ雑草が、わさわさと……ったく、ゾンビだらけだってのに、草ばっか元気に生きまくりやがって)

古泉「岩さえ壊してしまえば、部室までは遠くないですね……」




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 18:28:51.91 ID:deHZSp5P0
ハルヒ「よっし、いくわよ……ふんっ―――でえええりやあああ!!!」

ドッグバアアアアン

キョン(……気持ちよさそうだな、実際、このハンマー……)

グルルルルルルル……

キョン「ん? ……腹空いてんのか、古泉」

古泉「? ……え、僕ではないですよ? あなたじゃあないんです?」

キョン「いや、俺じゃ」

グルルルルルル……

古泉「……これは、まさか」

キョン「……やべえっ、周りを気をつけろ!」

ハルヒ「へっ!?」

狂犬「ガウウウウ!!」

みくる「ひゃあああっ!!?」

長門「犬」

キョン「見れば分かる!」




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 18:33:45.76 ID:deHZSp5P0
狂犬「ガウウウウルルルッルルルルッルル……」

ハルヒ「な、何よこの目……ふ、フツーの野犬じゃないわよ!?」

古泉「……こいつらの食料、何だと思います? 僕は、一つしか予想できないんですが」

キョン「……俺も一つしか浮かばねえな」

みくる「こ、この犬、わ、私たちのこと、たっ――――」

狂犬「ガアアアアアアアアアウ!!」バッ

みくる「きゃあああっ!?」

キョン「させるか犬畜生がっ!!」ブンッ

バッゴォォォン

狂犬「アギャッ!!」

ハルヒ「うひゃっ!? の、脳天に……や、やりすぎなんじゃ……」

古泉「……涼宮さん、これはそういうレベルではありませんよ……こちらがやらなければ……僕らがエサにされてしまいます……それに、まだいます」

             グルルル……
                          ガウッガウッ……
 グルル…             ルルル……
     ガルルルル……
                           ピッピカチュウ……
 ウウウウ……   WRYYYY……




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 18:37:24.79 ID:deHZSp5P0
ハルヒ「う、うそっ、囲まれてるっ!?」

キョン(多すぎないか、こりゃ……)

古泉「……来ますよ」 ボッ


狂犬「「「「ガアアアアウ!!」」」」ババババッ

ハルヒ「うひゃあああっ!?」 ブンブンブンッ

古泉「ふもォォォォ―――っふ!!」 ドンドンドンドンドンドンドンドンッ

キョン「くっそ……でええええい!!」ブウンッ

長門「…………火」ボソッ

みくる「え」


―――― ボウウウウッ!!


狂犬「「「「アイギャアアアッ!!」」」」

バタバタバタバタ……

古泉「え?」

キョン「え?」




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 18:41:31.31 ID:deHZSp5P0
長門「……あたりの雑草を利用した」 スッ

ボフッ

キョン(あ、一瞬で消えた……長門、お前……図書室ん時より、随分レベルアップしてねえか?)

古泉「……な、なるほど、野生動物は火に弱いですからね……しばらく近寄ってこないでしょう」

ハルヒ「……な、なんか、夢見てるみたい……」ぐしぐし

キョン「夢だとありがたいんだがな……」

長門「雑草も燃えて一石二鳥。今のうちに、あの部室まで」

キョン「よ、よし……岩は最低限だけ壊そう、またあんなんを呼び寄せたら洒落んならん……(なんとかなりそうだが)」

ハルヒ「あ、うん……え、あれってあたしが呼んじゃったの?」

キョン「わりとな」

ハルヒ「……ごめんなさい」

キョン「気にすんな」

古泉「よし、まずこの岩を壊して……無駄ァッ!!」ブゥンッ

ボッグォン

キョン(……俺もやりてえな、アレ)




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 18:44:08.36 ID:Pn/jQvAMO
どうやら吸血鬼がいるようだね




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 18:45:17.81 ID:deHZSp5P0
古泉「よし、部室までの道を作りました。行きましょう」

長門「!」ダッ

ボグシャァッ

古泉「あうろふっ!」

ドズッシャァァァッ……

キョン「な、長門!? お前、何やって―――ああっ!?」


ガブゥゥッ

長門「く……」

狂犬「アググググググ」

ハルヒ「! ま、まだ残って……有希いっ!!」

キョン「オラァ!!」

ズバッゴォン

狂犬「アグgレgッ……」ドサッ

長門「……うかつだった。残党がいた」だくだくだく……

みくる「な、長門さん、酷い怪我ですよっ!?」




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 18:47:47.05 ID:fI/R0RXOO
電気ネズミもいたな




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 18:51:35.61 ID:deHZSp5P0
古泉「つつ……と、とにかく、ここはまた、犬が来るかもしれない……この部室に! そこで、手当てを!」

キョン「な、長門、しっかりしろ! ……お前、回復は!?」

長門「情報操作の範囲外……」

キョン「くそ……とにかく、中に!」



――― 運動部室 A

ハルヒ「あーもう、ここも真っ暗! と、とにかく、有希をどっかに座らせて! みくるちゃん、救急箱!」

みくる「は、はいい! とにかく、血を止めないと!」

長門「……頼む。……あなたと古泉一樹は、室内を探索して。危険な可能性もある」

キョン「あ、ああ……(今度は正真正銘の無茶じゃねえか……!)」

古泉「そ、そうですね……落ち着かなくてはいけない。ここは……どうやら、サッカー部の部室のようですね……見た限りは、安全です。今度こそ、天井にもどこにも『模様』はありません」

キョン「……ん? 何だ、このデカイ機械……パソコンか?」

古泉「? ……っ! これ、発電機です! 僕らの探していたものですよ!」

キョン「な、マジか!?」

古泉「はい、間違いありません! ……この紐がエンジンだ、これで電気が通るはずです!」 ビッ





28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 18:57:00.89 ID:deHZSp5P0



キョン「……」

古泉「……あ、あれ?」

長門「……燃料を、見て」

キョン「! そうか、燃料……古泉、こういうのは、何を燃料にするんだ?」

古泉「ガソリン……でしょうか。でしたら、部室の隣に、災害時用の小屋がありました。そこにあると思います」

キョン「よし、俺たちで取りに行くぞ、古泉! ハルヒ、長門の様態は?」

ハルヒ「血は大体、止まったけど、かなり深いわ……しばらく休ませたほうがいいかもしれない」

長門「……問題ない。ほんの少しだけでいい。……燃料を取りに行って、二人とも」

キョン「あ、ああ、分かった。すぐ戻るが、俺ら以外が来ても、絶対にドアを開けるなよ! よし、行くぞ古泉!」

古泉「はい!」



―― 中庭

キョン(ガソリン……あった、こいつか! このニオイ、間違いないぜ……)

古泉「よかった、無かったらまずいことになってましたよ……まあ、『先行組』が発電機を作動させられたなら、あるだろうとは思っていましたが」




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 19:06:30.45 ID:deHZSp5P0
キョン「よし、あいつらん所に戻……」

古泉「? ……どうかしましたか?」

キョン「……いや、このガソリン……校舎にぶっかけて、盛大に火を起こしちまうとかじゃ……駄目だろうな、やっぱ」

古泉「……分かりませんが、恐らく、効果はないと思いますよ。……『亡霊』の力が、涼宮さんのものと同レベルだとすれば、恐らく、何らかの方法で、僕らを束縛しつづけるでしょう」

キョン(ですよねー……)

古泉「……あの、長門さんは。……何故、あんな無茶なことを……」

キョン「!」

古泉「いえ、助けていただいたのは分かっています。ですが、今の長門さんは、情報操作の能力はかなり限られています。……こんなことを言うと、なんというか、縁起が悪いのですが。……心配なんです、今の彼女を見ていると。いつもの調子で僕たちを助けようとして……こんなことが続けば、いつか、彼女は」

キョン(……確かに、な……今のあいつは、ちっとばかり火が起こせて、大人二人をぶっ飛ばせる蹴りを打てるだけの、一介の女子高生だ……)

キョン「……あいつなりに、気にしてんだよ。いつもの調子が出ないことを」

古泉「……そうなのでしょうか」

キョン「ああ、そうだよ。……確かに、俺も、あの怪我は心配だ。こんなことがたびたびあったら……とも不安になるさ。……だから、全力で防ぐつもりだ。俺だって、いつもよりは、少しばかり戦力になれるんだしな。次は長門がお前を蹴り飛ばす前に、俺がお前を蹴り飛ばす……それしかねーだろ」

古泉「……そう、ですね。すみません、迷うようなことを言って……よし、戻りましょう、みなさんのもとへ。発電機を作動させなくては……先に進めません」




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 19:11:54.14 ID:deHZSp5P0
――― 運動部室 A

ハルヒ「あ、お帰り! どう、ガソリンはあった?」

キョン「ああ、見つけたよ。……ところで、こりゃどこに注げばいいんだ?」

古泉「少し、待ってくださいね……あった、恐らくこのキャップです。満タンまで入れれば、2、3日で切れるようなことは無いでしょう」

キョン(んな長居、絶対にしたくないがな……)

古泉「では……ふんっ」ビッ


パッ


ハルヒ「きゃっ! ……つ、点いた! ライトが点いたわよ、キョン!!」

キョン「ああ……これで、学校のほうにも回ったのか?」

古泉「恐らくですが。……どうやら、体育館の電灯も点いたようです。薄暗くなってきましたし、ちょうどいいタイミングでたどり着けましたね」

長門「あの書置きの目的地……三階へ行くべき」

キョン「あ、ああ……しかし、長門、お前の怪我は―――あ、あれ? ……お前、怪我は?」

ハルヒ「ふっふっふ……キ・ョ・ン。安心しなさい、有希のケガは、キレイさっぱり治してあげたわ。このあたしが――――『心の力』でねッ!」

キョン「何ィィィィっ!?」




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 19:17:24.51 ID:deHZSp5P0
みくる「あ、あの、本当なんです。涼宮さんが、長門さんの腕をこう、ぎゅっと握ったら、長門さんが」

長門「治った」

みくる「って」

キョン(……え、ちょっと待てよ? たしか、この学校じゃ、あの亡霊の力……ハルヒに似た力が働いていてそれが俺たちに影響して、妙なパワーを発揮できるとか、そういう話だったよな?)

古泉「……どうやら、いつも通りの彼女の力というのとは、少し違うようですね」ボソ

キョン「!」

古泉「彼女は基本的に、力を無意識に発揮します。自分の記憶にも残りません。彼女も、僕らの『心の力』と同じく。その名のとおり、彼女自身の『心』が、この学校を包むパワーと呼応して発生したのでしょう」

キョン「……なるほどな」

古泉「しかし、回復が可能なのは心強い。……これは、少しばかり道が明るくなったと言って良いですね。二つの意味で」

ハルヒ「よし! 発電機が動いたら、もうこんな岩だらけの庭に用は無いわ! 目指すは三階!あの書置きを残した人が、まだ、その先に居るかもしれないわ……行きましょう!」

キョン「ああ……そうだな」


―――





35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 19:27:24.93 ID:deHZSp5P0
キョン(道中。あの書置きに残されていた、『美術室にいけない』という記述の真の意味を俺たちはこの目で目撃した)

ハルヒ「これ……東側の廊下が、ヘンな光の壁に覆われてるわ」

古泉「恐らく、『結界』でしょうね……さきほどは見落としましたが、こういうことだったのですか」

キョン(結界。恐らく、その動力源は……あの『亡霊』の『力』なのだろう。俺たちが破ろうとしても、無理だろうな)


―― 三階 北側校舎 廊下

ハルヒ「さて、ついたわね……明かりがあれば、こんなの、ただの木造建造物よ、怖くもなんとも無いわ」

キョン(ただの木造建造物に、怨霊は憑いてねえだろ、ただの木造建造物には!)

古泉「一番最初の部屋が、ハンマーを見つけた家庭科室……見た限り、突き当たりの角まで、部屋はありませんね」

キョン「あとは、バケモノの類が居ないか、だな……よし、行こう。古泉、今度、お前が後ろ頼む。俺の斧は前線向きだろ」

古泉「……これは頼もしい。なんだか、いつもの貴方からは想像できない、頼りがいのようなものを感じますね。今の貴方には」

ハルヒ「……ま、確かになかなかがんばってるわね、キョンにしちゃ。いいわ、あたしの前を行くことを許してあげる」

キョン(そりゃ、こんな状況だ、いやでも成長するっての……でねーと、ゾンビか犬のエサんなっちまうんだ)

ハルヒ「みくるちゃん、いつでもみくるフラッシュできるように、準備しときなさいよ! 何なら、みくるビームでもいいからね!」

キョン「――ッ、あれはやめてくれッ! ノーコンにも程がある!」

みくる「ふぇ」




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 19:32:55.17 ID:deHZSp5P0

―― 三階 東側校舎 廊下

キョン(……北側の廊下は、問題なく突っ切れた。そして、東に折れようとすると……)

ハルヒ「あ、これ、たしか『魔封じの紐』だっけ?」

古泉「そのようですね。問題なく、ライターで」

長門「マジシャンズ・レッド」ボソッ

ボォォォフッッッ

古泉「……それ以前の問題すらありませんでしたね」

キョン(長門。お前、ちょっと楽しんでるだろ)

長門「……紐があったと言う事は、この先、新たな敵が跋扈している可能性がある。注意して」

キョン「だな……」

みくる「でも、さっきから、あんまり人魂さんとか、ゾンビの人とかに会いませんね……」

古泉「恐らく、明かりが点った影響でしょうね。古来より、あの手のものは、暗い場所を好みますから」

ハルヒ「みくるちゃん、遠慮してないで、目から光なり紫外線なりぶっ放しちゃっていいからね?」

キョン「やめとけ、メラノーマんなるぞ」

みくる「ふぇ」




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 19:40:38.24 ID:deHZSp5P0

―――

古泉「教室は、三つ……三年E組から、C組までですね。とりあえず、このE組には、『フレスコ画』もありませんでしたし、手がかりも見当たりませんでした」

キョン「つーことは、A組とB組もあんのか……また、時代の割りに、えらく大所帯な学校だな」

古泉「まあ、この規模ですからね。当時、それなりに敷居が高いか、門が広いかのどちらかだったのでしょう」

ハルヒ「一階の西側は確認したわよね? 東側は行けないし、二階は西側だけしか見てないけど、あの書置きからして、東にフレスコはなかったのね、きっと」

キョン「だろうな、でなきゃああは書かんだろ。西側って断定してたしな」

みくる「えーっと、二階の北側が、職員室と、校長室と、会議室でしたっけ?」

長門「そう。そして、一階の北側校舎には、科学室と音楽室があった。どちらも進入不可能」

ハルヒ「体育館も探したし……つまり、残りはこの三階にあるはずよね。何枚あるのか知らないけど」

キョン「ああ、とりあえず、東側はあと二部屋……」

ガラッ

キョン(! D組のドアが、開きやがった……ひとりでに、前も後ろも同時に!)

キョン「何か来る、気をつけろ! 教室から出てくる!」

ハルヒ「! な、何……ゾンビ、コウモリ!? 何でも来なさいよ!」

キョン(いや、ヤツらは、ドアなんか開ける力は無い……!)




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 19:45:45.15 ID:deHZSp5P0
ガッシャン ガッシャン

鎧×2「「……」」


キョン「なっ……鎧―――ッ!? 西洋の『甲冑』だ!」

ハルヒ「ハァッ!? なんで学校に『甲冑』なの!? 馬鹿なの!? 死ぬのッ!?」

キョン「俺が知るかぁっ!!」

みくる「な、何か持ってますぅ!!」

古泉「『槍』です!! まずい、来ます!」

キョン「『槍』だぁっ!? こっちは『斧』だぞチクショウっ!?」

長門「大丈夫、ファイエムなら有利」

キョン「此処はファイエムじゃねえ!」

鎧A「―――」ヒュッ

キョン「やばい、散れ! 一突きにされんぞォ―――ッ!?」バッ

ハルヒ「うっきゃああっ!?」バッ

長門「……マハラギダイン」ボソッ

ゴオオオオォォォッ!!




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 19:50:18.62 ID:deHZSp5P0
メラメラメラ

鎧A「……」 ガシャンガッシャン

キョン「駄目だ、効いてねえ! そりゃそうだな、中身がねえ鎧ならそうだろうよ畜生!!」

長門「解除」フッ

古泉「僕が隙を作ります、その隙に斧で攻撃を! ―――WAAAAAAAANAAAAAABEEEEEEE!!!」ドンドンドンッ

ボグボグボグォォン

鎧A「―――」ふらっ

キョン「っし、槍が来ない、今だ!」ブォンッ

長門「駄目」グイッ

キョン「ぐえ゛ッ! な、何す」

ヒュッ←キョンの鼻先で槍先が止まった音

キョン「」

長門「もたもたしていたら、後ろの鎧が追いついてしまった」

キョン「すいませんでした!」

古泉「まとめてふらつかせればいいだけです……オラオラオラオラオラオラァ!」 ドンドンドンドンドンドンッ




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 19:53:35.61 ID:deHZSp5P0
ボグボグボグボグォォン

鎧AB「「……」」ぐらっ

キョン「ウリャァァァァッ!!」ブンッ

みくる「み、みくるフラ――――ッシュ!!」 カッ

ガイィィィィイイインッ!

キョン「いぎっ!?」

鎧A「……」ヒュッ

長門「危ない」グイッ

キョン「ぐえッ!」

古泉「……斧が、効かない……!」

みくる「ふ、フラッシュもです……」

キョン「それはわかってます」

みくる「ふぇ」

ハルヒ「ちょ……来るってば!」

鎧AB「「――」」ヒュヒュヒュヒュヒュヒュッ




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 19:57:33.72 ID:deHZSp5P0
キョン「ぬおっ!?」

古泉「く……まずい、劣勢です! WRYYYYY!!」ドンドンドンッ!!

ボグボグボグ

鎧AB「「―――」」フラ……ガシャッガシャッ

古泉「駄目です、コレでも、倒しきれません!」

みくる「こ、こうなったらっ! みくるビームッ!! ……あ、で、出ないですうう!」

キョン(え、今、あなたの目の前には俺の背中がないですか?)

ハルヒ「心の力が足りないのよ!」

鎧A「――」ヒュヒュッ

キョン「何ッ!?」ガンガンッ!!

ハルヒ「『心の力でしか、抗えない』って言ってたじゃない、あの階段の子が!」

鎧B「――」ヒュオンッ

キョン「だから、何だって!?」

ハルヒ「――――でえええええい!!」 カッ


――――ドヒュウウゥゥゥゥウウウッッッ!!




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 20:01:54.82 ID:deHZSp5P0
キョン(なっ、んだこりゃ、『風』かッ―――!?)

ハルヒ「このっ――――フッ飛べぇぇぇぇ!!!」


ドギャァァァァァンッ


鎧AB「「!!」」 ズオォッ


ドガッシャァァァァァン……



鎧AB「「」」

キョン(……え、何だ、今の?)

ハルヒ「……なんだ、割と簡単じゃない。『心の力』って」

古泉「……涼宮さんの言ったとおり、『フッ飛び』ました、鎧が……そして、何かが『抜け』ていくのを見ました。恐らく、霊魂かなにかでしょう……」

長門「……『心の力』に間違いない」

ハルヒ「……フフン、こんなもんよ」

みくる「た、倒しちゃった……今のだけで……」

キョン(……こいつの思い込みの強いのが、こんなとこで役に立つとは……)




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 20:10:12.68 ID:deHZSp5P0
ハルヒ「これ、割と応用が利くみたいよ。古泉くんも有希もみくるちゃんも、もっと色々できるんじゃない? 一種類だけじゃなくって」

古泉「……驚きましたね」

長門「……あの鎧は、もうただの無機物」

ハルヒ「ほんと? ねえ、じゃあ、あの槍! あれ、使えないかしら? あれなら結構軽そうよ! あたし、もうちょっとまともな武器が欲しかったのよね!」

タッタッタ……

キョン(……いらねえだろ、今のあったら……)

古泉「……兎に角、危機は逃れました。……涼宮さんが居てくれてよかったです。僕らだけでは、かなりまずい状況でしたよ」

キョン「ああ、マジにな……」

古泉「それに……『心の力』は、使いようだということも分かりました。彼女ほど柔軟には難しいかもしれませんが、僕らにもできることの幅が増えるかもしれません」

キョン「……正直、それっぽいもんをまだ発揮できてねえ俺には、えらく置いていかれちまった気分だ」

古泉「ふふ、あなたは常識的過ぎるのでしょうね。ここでは、常識なんて通用しません」

キョン「……お前の話じゃ、ハルヒはアレでかなりの常識人だったんじゃないのか?」

古泉「ええ。ですから、彼女は、この状況が『非常識』であることが、ちゃんと分かっているんです。其れもまた、『常識的』であるということですよ」

キョン(……コレをきっかけに、あいつの常識の箍が外れたりしなけりゃいいが)

ハルヒ「キョン、この槍軽い! 使えるわよ! ほら、あの女の子が言ってたじゃない!斧と槍は魔除けになるって! 良いもん拾ったわ。でも、片方は曲がっちゃって使い物にならないけど……もったいない




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 20:18:19.33 ID:deHZSp5P0

―― 三階 南側校舎 廊下

キョン(さて、東側の残る二クラスも探索完了、問題なしとして。俺たちは、位置的に、あの昇降口の二階上となる、この南側廊下に居る)

みくる「見取り図だと……此処は、中央の南側に『生徒会室』があるだけですね……あの扉がそうでしょうか?」

ハルヒ「それしか見当たらないわね。よし、行くわよ、みんな!」

キョン(いつのまにかハルヒに先頭になられちまった……)

ハルヒ「! ……みんな、来て! この部屋のドアに、紙が張ってあるの、『書置き』よ!」

キョン「! また、『聡と律』へのか?」

ハルヒ「そうよ……でも、これ、どういうことかしら?」


『聡、律。この先の床はおかしい、ネバネバしてる。気をつけて』


古泉「また、この二人を名指しですね……察するに。この紙を書いた方が、僕らと同じ道のりを来たなら。少なくとも、あの渡り廊下の少女と、体育館、体育倉庫、の死体は見かけているはずです。すると、恐らく……この『聡と律』の二人とは、僕らはまだ、出会っていないのかもしれませんね」

キョン「あの、『ライトにつぶされた死体』と、『階段の白骨死体』のどっちかが、『律』のほうだって可能性はねえのか?」

古泉「……考えられます。しかし、確実に。僕らがこれまでに見かけてきた死体は、皆女性のものでした。『聡』という名前から、女性は想像できません。『聡』と、このメモを書いた方……この二名は、少なくとも、まだ僕らが出会ってきた中には居ないと考えていいでしょうね」




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/13(火) 20:24:56.62 ID:deHZSp5P0
ハルヒ「……この部屋は、安全かしら。中で電気は点ってるみたいだから、ゾンビやコウモリの類はいなさそうだけど……」

キョン「攻撃できる準備はしとくさ。それに、何かヤバイなら、この書置きに書いてあるだろ」

ハルヒ「それもそうね……じゃ、開けるわよ。せーのっ!」ガラッ



古泉「! ……敵は居ません、フレスコも……見当たりません。しかし、これは……」

キョン(『床』が、一切なくなってやがる……デカイ『穴』が開いてる。いや、ただの穴じゃない!この穴……普通なら、下の階が見えるはずだ。だが、何も見えない……!)

みくる「これ……な、なんだか、すっごく、深くないですか……?」

ハルヒ「……みくるちゃん、ちょっと、『ライト』やってくれる?」

みくる「え? あ、はい……」カチッ

ハルヒ「違うわよ! ライトよ、目から『ライト』! 『みくるスポットライト』よ! 目からフラッシュ焚けるなら、それぐらいできるでしょ! つか、できるの! 思い込むのよ!」

みくる「ふぇ、は、はい……えーっと……ライト、ライト……むー……!」

キョン(またハルヒのやつは、アホなことを……)


カッ


キョン(マジで?)








その2へ





スウィートホーム
スウィートホーム
カプコン 1989-12-15
売り上げランキング : 9931

おすすめ平均 star
star夫人よ安らかに
starとにかく不気味
star小さい頃になんかのゲームと間違って購入。今でも曲や映像をはっきりと覚えてます…。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/10/23(金) 06:32: :edit
    1げt
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/10/23(金) 06:44: :edit
    2げと
  3. 名前: ドミノ #-: 2009/10/23(金) 07:15: :edit
    以下ゲッター親指が増える
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/10/23(金) 07:24: :edit
    親指が2本欲しかったんだぜ
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/10/23(金) 07:33: :edit
    5げと
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/10/23(金) 07:42: :edit
    今後どうなることやら
  7. 名前: 通常のナナシ #G/GZ/Vbw: 2009/10/23(金) 07:43: :edit
    ゲッター!
  8. 名前: THEナナシさん #-: 2009/10/23(金) 08:35: :edit
    一桁?
  9. 名前: ykt #-: 2009/10/23(金) 10:27: :edit
    スウィートホームだな
    BGM聞きながら読んだら怖さ倍増
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/10/23(金) 12:23: :edit
    >キョン(マジで?)

    ワロタww
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/10/23(金) 12:31: :edit
    ピカチュウとDIO様ゲットだぜ!!

    親指はもらっていきますね^^
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/10/23(金) 13:20: :edit
    学園スウィートホームとは良いもんだな
    俺はてっきり遺作でも始まるのかと…
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/10/23(金) 14:29: :edit
    一番のホラーは下駄箱投げたシーンだと思うんだ
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/10/23(金) 17:33: :edit
    描写が・・・
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/10/23(金) 17:51: :edit
    ヤッダァーバァァァァで不覚にも笑ってしまった。くやしい!
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/10/23(金) 19:52: :edit
    すまん淡々と進むのと長さで読むのやめた

    古泉「な…何てこった」
    にはワロタw
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/10/23(金) 19:53: :edit
    すまん淡々と進むのと長さで読むのやめた

    古泉「な…何てこった」
    にはワロタw
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/10/23(金) 20:04: :edit
    スウィートホームって何ぞや?
  19. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/10/23(金) 20:11: :edit
    ハルヒもけいおんも詳しくないが、これは面白い
    スウィートホーム懐かしいなw
  20. 名前: UREEYYY #-: 2009/10/23(金) 22:58: :edit
    所々にJOJOネタが
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/10/23(金) 23:47: :edit
    スウィートホームってゲーム?
    とりあえずおもしろいのはおもしろいなw
    さて続き続きー
  22. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/10/24(土) 01:03: :edit
    スウィートホームを夜中にやって寝れなくなったのは俺だけでいい
  23. 名前: 通常のナナシ #- #ooW5k93M: 2009/10/24(土) 02:25: :edit
    >ネズミ「ニコチュー」
    ニコ厨で悪かったなwww
  24. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/10/24(土) 04:19: :edit
    安易なジョジョの台詞とか
    中学生が書いたみたいで痛々しい
  25. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/10/24(土) 04:31: :edit
    >蝙蝠「「「ヤッダァーバァァァァ」」」 
    チョコラータ乙。

    長門さんは火属性の技なら何でも使えそうだね。
  26. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/10/25(日) 12:22: :edit
    ※12
    あぁ、学園スウィートホームってコープスパーティじゃね?
    フレスコ出てこなかったらコープスパーティが始まるのかと思ったわ
  27. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/10/27(火) 04:14: :edit
    スウィートホーム全然知らなかった。
    ゲームオタ乙

    けいおんメンバーかわいそすぎワロタ
  28. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/03(火) 07:13: :edit
    スウィートホームはゲームもあるが元々映画だ

    死体とメッセージ、それに学校って設定だと
    コープスパーティの方がしっくりくるな
  29. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/14(土) 17:42: :edit
    時々サラッと出る小ネタが面白いな、少しばかりのスペクタクルで吹いた

    スウィートホーム世代としては
    渡し板が割れて穴に落ちかける、というシチュエーションに期待したい
  30. 名前: 通常のナナシ #-: 2010/01/10(日) 22:14: :edit
    いかん…狂犬の
    「ピッピカチュウ」と
    「ウリイイイイイイイ」で腹抱えて笑ったWWWW
  31. 名前: 創造力有る名無しさん #-: 2010/04/15(木) 22:58: :edit
    ネタはオリジナルなんだよな?
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。