雛苺「甘くて酸っぱい苺の味なの♪」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/09(水)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 02:16:59.11 ID:yY+jlzYu0
雛苺「JUM!」

JUM「お?どうした雛苺」

雛苺「ヒナはJUMが大好きなのよ!」

JUM「ありがとう。雛苺がみんなの事を大好きなのは知っているよ、いい子だな」ナデナデ

雛苺「うゆ…」ポー

JUM「さて、僕は勉強するから下で遊んでいてくれ」

雛苺「うぃ!」トテトテ

バタン

雛苺「…あや?」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 02:20:03.18 ID:yY+jlzYu0
真紅「あら?どうしたの雛苺。JUMのところへ遊びに行ったのではなくて?」

雛苺「」ポー

翠星石「どーしたですかチビ苺?おーい?」フリフリ

雛苺「JUM…」ポー

真紅・翠星石「!!」

翠星石『真紅、これってまさか』

真紅『翠星石、間違いないのだわ』



真紅『恋ね』




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 02:25:44.30 ID:yY+jlzYu0
真紅「では、第一回薔薇乙女会議を始めるのだわ」

翠星石「今回の議題は【チビ苺がチビ人間に恋をした】ですぅ」

蒼星石「へー、あの雛苺がね。意外ったら意外かな」

金糸雀「でも乙女たる者恋だってするんじゃないかしら?」

蒼星石「雛苺がJUM君に惚れた原因は思い当たる?」

真紅「多分なのだけれど…昨日の話よ」




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 02:31:39.07 ID:yY+jlzYu0
~~~~~~~~~~~~回想~~~~~~~~~~~~~~~~~

雛苺「JUM登りなのー!!」ヨジヨジ

JUM「おいおい…あまりはしゃぎすぎると危ないぞ?」

雛苺「ヒナは薔薇乙女だからドン臭くないのよー!平気なのー!」

ズリ

雛苺「うにゅあ!?」

JUM「うわっと!」ボスッ

雛苺「危なかったの…JUMありがとうな…の……」カアア

JUM「? どうしたんだ?」

雛苺「……ななななな何でも無いのよ!ヒナ下でお絵かきするの!」タタタタタタ

JUM「何なんだあいつは…?」

~~~~~~~~~~~ここまで~~~~~~~~~~~~~~~~




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 02:36:08.37 ID:yY+jlzYu0
真紅「…ということがあったのだわ」

翠星石「そういえばチビ苺のヤツ見たことが無いくらいに真っ赤になってたですね」

蒼星石「どう考えてもそれが原因だよね、じゃあどうしよう?」

金糸雀「とりあえず様子を見るしかないかしら。雛苺の様子を見に行くかしら」

雪華綺晶「それが良いと思いますわ!」

真紅・翠星石・金糸雀・蒼星石「!!!?????」

雪華綺晶「…?」




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 02:37:45.70 ID:V2QQ84wtO
たまにはほのぼさせてくれ




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 02:43:07.01 ID:yY+jlzYu0
翠星石「雪華綺晶!何でおめーがここにいるですか!」

蒼星石「君は実体が無いはずだろう?どうしてこっち側にいるんだ?」

雪華綺晶「ばらしーのマスターに作って頂きましたわ。ちょっと動きにくいですけど支障はありませんわ」

真紅「そうだったの、良かったわね」

雪華綺晶「はい、これでいつでも皆様と遊べますわ!」

真紅「いつでもいらっしゃい?紅茶をご馳走するわ」

翠星石「淹れるのはチビ人間ですけどね」

真紅「うるさいのだわ」




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 02:55:26.63 ID:yY+jlzYu0
金糸雀「話を本題に戻すかしら、先ず雛苺の様子を観察して重症度を見極めるかしら」

翠星石(なんか張り切りだしたですぅ…カンボジアの癖に)

金糸雀「何か言ったかしら?」

翠星石「何でもないですよ、さっさと話を続けるですよ」

金糸雀「いいかしら。一度真紅と翠星石で雛苺と普通に接して欲しいかしら。カナ達はnのフィールドから鏡を通してその様子を見守るかしら」

真紅「わかったのだわ。任せて頂戴」

翠星石「了解ですぅ。でも何で金縛りが仕切ってるですか?」

金糸雀「カナの名前はカナリアかしら!心霊現象じゃないかしら!」

蒼星石「まーまー、とにかくよろしくね。真紅、翠星石」




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 02:56:15.14 ID:yY+jlzYu0
リビング

雛苺(…JUM…)

雛苺「……………はぁ」



翠星石(チビ苺のヤツさっきからずっとタメ息ついてばっかりですね)

真紅(とにかく話しかけてみるのだわ)


真紅「雛苺、ちょっといいかしら?」




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 03:02:00.23 ID:yY+jlzYu0
雛苺「」ポー

真紅「(気づいてない…)…雛苺?」フリフリ

雛苺「…うゆ?真紅と翠星石、どうしたの?」

翠星石「おめーが元気が無いから心配してやってるんですよ。何かあったですか?」

雛苺「何も無いのよ?ヒナは元気元気なのよー!」ブンブン

真紅「そう?さっきは私に気づいてなかったじゃない」

雛苺「ちょっとボーっとしてただけなのよー!」ブンブンブン




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 03:07:39.28 ID:yY+jlzYu0
翠星石「元気なのはわかったから腕をブン回すのはやめるです、シコースキーですかおめーは」

雛苺「ヒナは元気イッパイなのー!おー!」ブンブンブンブン

真紅「わかったわ。でも何か有るのなら私達に相談して頂戴。貴女は大事な妹なのだから」

雛苺「うぃ。わかったのよー!」ブンブンブンブンブン

翠星石「翠星石達は用事が有るからちょっと行ってくるですけど、大人しくしてるですよ」

雛苺「了解なのー!」ブンブンブブブン

スタスタスタ

カチャ  バタン

雛苺「…JUM…」




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 03:12:13.93 ID:yY+jlzYu0
nのフィールド

真紅「ただいまなのだわ」

雪華綺晶「お疲れ様ですわ。翠薔薇のお姉様、紅薔薇のお姉様」

翠星石「チビ苺のヤツ何を強気になってるですかねぇ?悩みは話してくれなかったですぅ」

金糸雀「おかえりなさいかしら。二人ともこれを見るかしら」

翠星石「チビ苺ですね…翠星石達が戻ってからの様子はどうだったですか?」

蒼星石「見ての通りだよ。ずっと虚空とにらめっこさ」


雛苺「」ポー


金糸雀「重傷かしら」





19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 03:17:42.24 ID:yY+jlzYu0
翠星石「こりゃひどいですぅ…」

雪華綺晶「あ、JUM様が降りてきましたわ」


 雛苺「」ボー

 JUM「お?雛苺だけか。おーい雛苺…おーい…?」フリフリ

 雛苺「…へ?うにゅあ!?JJJJJJJJJJJUM!?」カアアア




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 03:23:41.93 ID:yY+jlzYu0
真紅「あからさまに動揺してるのだわ」

蒼星石「まるで翠星石みたいだね」

翠星石「どどどどどーいう意味ですか!?なななな何で翠星石がチビ人間ごときに(ry」

金糸雀「放って置くかしらー」


 JUM「どうしたんだよお前、どっか調子でも悪いのか?」

 雛苺「そそそんなことないのよー!ヒナはいつでも元気イッパイなのよー!」

 JUM「はぁ…?ま、元気ならいいけど…真紅たちは?」

 雛苺「真紅と翠星石は蒼星石と遊ぶって言ってたのー!」

 JUM「そうか。ということは…、お前と二人きりか」

 雛苺「!!!!」ビクッ




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 03:27:07.04 ID:7SX0YBjk0
JUMお兄ちゃんとお医者さんごっこしようか!

ごめんなさい




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 03:29:43.34 ID:yY+jlzYu0
翠星石・真紅・雪華綺晶「」ピクッ

金糸雀「(嫉妬してどうするのかしら)…とりあえず見守るかしら」

蒼星石「そうだね」


 JUM「ん?どうした?」

 雛苺「(顔が近いのよ…JUMカッコイイの…)…何でもないのよー!」カアア

 JUM「お前今日変だぞ?熱でもあるのか?顔も真っ赤だし」

 ヒョイ

 雛苺「(顔がー!すぐ目の前なのよー!)うゆ…」カアア

 JUM「どれどれ」ピタ

 雛苺「あ…」ボン!




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 03:34:44.30 ID:ApXF+T6T0
ヒナまっかっかだwww




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 03:37:37.11 ID:yY+jlzYu0
翠星石「きいいいい!おでこtoおでこですぅ!チビ苺も何真っ赤になってやがるですかぁ!」ダンダン

真紅「…ジュ、JUMは優しいのね…下僕として誇らしい…のだわ…」ピクピク

雪華綺晶「JUM様…なんてお優しい…惚れ直してしまいましたわ…」ポー

金糸雀「三者三様のリアクションが面白いかしら…蒼星石?」

蒼星石「…僕というものが有りながら…僕というものがありながら…」ブツブツ

金糸雀「………」




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 03:43:38.16 ID:yY+jlzYu0
 JUM「少し熱いな。ドールでも風邪って引くのか?おい、大丈夫か?」

 雛苺「(JUMの顔がJUMの顔がJUMの顔が)うゆ~…」

 JUM「…?」

 雛苺「…ハッ!?だだだ大丈夫なななのよよよ?ドドドールはかか風邪なんてひひひ引かないのよ!」

 JUM「変な奴…。じゃ、僕は上に戻るから大人しくしてろよ?」

 雛苺「了解なのよー!JUMも勉強あいとーなの!」

 JUM「ありがとうな」ナデナデ

 雛苺「あ…」ドキドキドキ

 JUM「昼飯の時にまた来るよ、じゃあな」

 タンタンタン

 ガチャ  バタン

 雛苺「ぅゅ…」




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 03:50:26.30 ID:yY+jlzYu0
金糸雀「雛苺てばずっとデレデレしっぱなしだったかしら」

蒼星石「そうだね。よっぽど惚れこんじゃってるみたいだね」

金糸雀「そうみたいかしら…?」チラ

蒼星石「ん?どうしたの金糸雀」

金糸雀「(あれ?さっきまでブツブツと嫉み事を呟いてなかったかしら?)な、何でもないかしらーあはは…」

蒼星石「?変な金糸雀」

金糸雀(自分を見失ってた人には言われたくないかしら!)

雪華綺晶「それで、これからどうするのですか?」

翠星石「水銀燈にでも来て貰って相談に乗ってもらうってのはどうですかね」

真紅「いい案なのだわ、直ぐに呼びましょう」




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 03:55:51.79 ID:yY+jlzYu0
金糸雀(何で一瞬で正常に戻ってるかしら!?カナがおかしいのかしら!?)

真紅「じゃあ、水銀燈を呼ぶのだわ。水銀燈の好きな人はJ」


水銀燈「きゃああああああ!真紅ぅ!それ以上言うとジャンクにするわよぉ!」


真紅「それは御免なさい。お詫びのヤクルトなのだわ」

水銀燈「あらありがとう♪」ゴクゴク

金糸雀(単純すぎるかしら…)




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 04:00:55.43 ID:yY+jlzYu0
水銀燈「ところで雪華綺晶まで集まって何をしているのぉ?」

真紅「水銀燈、折り入ってお願いがあるのだわ……ヤクルト4ダースで」

水銀燈「あらぁ、頼み事とは意外ねぇ…別にいいわよぉ」

金糸雀「恩に着るかしら!雛苺と話をしてきて欲しいのかしら」

水銀燈「そんな事でいいのぉ?」

金糸雀「それで充分かしら、出来るだけ質問されたら答えてあげて欲しいかしら」

水銀燈「わかったわぁ。行ってくるわねぇ(ヤクルト4ダース!)」




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 04:05:06.46 ID:yY+jlzYu0
桜田家

コンコン

雛苺「うゆ?あ!水銀燈なのー!いらっしゃいなのー!」

水銀燈「はぁい雛苺(特に変わったところはないわね…話をしろっていうのはどういう事かしら?)」

雛苺「…」ソワソワ

水銀燈(しかしこれもヤクルト4ダースの為…どこか具合でも悪いのかしら?)

雛苺「…」チラチラ

水銀燈「(何か挙動が怪しいわね)…雛苺」

雛苺「うにゅぁ!?」ビク

水銀燈「そんなにびっくりしなくてもいいじゃないのぉ」

雛苺「ご…ゴメンなさいなの…」シュン




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 04:08:21.54 ID:yY+jlzYu0
水銀燈「(話をしない事には始まらないわねぇ)雛苺、貴女真紅達には言えないことでもあるの?」

雛苺「!!!」

水銀燈「そうなのねぇ…いいわぁ、私に話して頂戴。」

雛苺「でも…」

水銀燈「大丈夫よぉ、これでもローゼンメイデンの長女なのよぉ?秘密はちゃんと守るわぁ」

雛苺「わかったの…笑わないで聞いて欲しいの…」

水銀燈「わかってるわよぉ、笑いなんかしないわぁ」

雛苺「…水銀燈は、JUMのことをどう思う?」

水銀燈「…はぁあ?」




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 04:15:04.08 ID:yY+jlzYu0
雛苺「ヒナね…昨日JUMに落ちそうになったのを助けてもらってからJUMを見るとドキドキするの、今まで思ってなかったんだけど…JUMが凄く格好良く見えるのよ」

水銀燈(はは…ん♪)

雛苺「JUMはヒナ達ドールを怖がったり酷い目で見ないいい人なの、ヒナは最初からJUMの事が大好きだったけど…けど…」

水銀燈「けどぉ…?」

雛苺「何か前の大好きと違うのよ、JUMが真紅とか翠星石と仲良くしたりしてるとおムネがズキズキするの。でもJUMとお話しようとするとドキドキしてお顔がまっかっかになっちゃって頭がぐっちゃになっちゃうの…ヒナね…JUMが大好きなの…ヒッグ…大好きだったけど…エグッ…違う大好きなの……グスッ」

水銀燈「ねぇ雛苺、どうして真紅達には言えないのぉ?」

雛苺「それは…ンッ…真紅も翠星石も…蒼星石も雪華綺…グスッ…晶も薔薇…晶もみんな……みんなJUMの事が”ヒナと同じ大好き”だからなのよ…」

水銀燈「…」

雛苺「…でも…」





42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 04:19:42.65 ID:yY+jlzYu0
水銀燈「でも?」

雛苺「…ヒナはJUMを独り占めしたいの…でもヒナは皆も大好きなの…」

水銀燈「…」

雛苺「こんなヒナってワガママでいけない子だよね…JUMに嫌われちゃうの…」

水銀燈「…ねぇ雛苺」

雛苺「なぁに水銀燈?」

水銀燈「私もJUMが好きよぉ」

雛苺「…え……?」





44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 04:25:58.69 ID:yY+jlzYu0
水銀燈「勿論さっき雛苺が言っていた”ヒナと同じ大好き”よぉ。こんなにドールのことを考えてくれている人間なんて中々いないわぁ」

雛苺「うゆ…」

水銀燈「それに結構男前だし…裁縫の腕前はマエストロ級…欠点が無い気がするわぁ」

雛苺「…」

水銀燈「だけど誰にも譲るつもりは無いわぁ。私が好きなんだから必ず自分のものにするつもりよぉ。勿論貴女にも譲るつもりも無いわよぉ?これは貴女に対する宣戦布告でもあるわぁ」

雛苺「………の」

水銀燈「真紅達もそのつもりよぉ?JUMは魅力的な人間だからあの子達も好きになっていく。みんな最後には自分が勝つと信じて行動しているわぁ。」

雛苺「嫌なの!」

水銀燈「あらぁ?何が嫌なのかしらぁ?」

雛苺「ヒナはJUMが大好きなの!水銀燈なんかにあげないもん!」

水銀燈「だから言ってるじゃなぁい。あげるって言われても貰うつもりは無いわぁ、自分の力で虜にするつもりよぉ」

雛苺「JUMのお嫁さんになるのはヒナなのよ!水銀燈にも真紅にも翠星石にも蒼星石にも雪華綺晶にも薔薇水晶にトモエにも負けないもん!」




119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 18:54:27.84 ID:yY+jlzYu0
???「………それは……聞き捨てならない……」

水銀燈「あらぁ…?貴女も来たのぉ?」

雛苺「薔薇水晶なの…」

薔薇水晶「………今日は水銀燈お姉様……それに……雛苺お姉様……JUMを手に入れるのは……私……」

水銀燈「負けないわよぉ…?」

雛苺「ヒナも負けないもん!」




123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 19:00:09.78 ID:yY+jlzYu0
薔薇水晶「……JUMは……ローゼンメイデンですら無い………私を受け入れてくれた人……渡さない……毎日……JUMに……お味噌汁を作ってあげるのは……私……」

水銀燈「じゃあ私は毎日朝ヤクルトを一緒に飲むわぁ」

雛苺「ヒナは朝うにゅーなのよ!うにゅーをJUMと半分こするのよ!」


 金糸雀(……対抗しきれて無いかしらああああ!)




124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 19:05:06.21 ID:yY+jlzYu0
金糸雀「そんなんじゃお味噌汁が勝つに決まってるかしら!もっと大きな武器が無きゃダメかしら!」

 ゴゴゴゴゴゴゴ…

 金糸雀「…後ろからものすごいオーラを感じるかしら…!」

 一同「「「JUMは私/僕のもの…ブツブツ…」」」


薔薇銀雛「ギャースギャース!」




127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 19:11:29.18 ID:yY+jlzYu0
バアン!

JUM「うるさい!集中出来ないじゃないか!」

薔薇銀雛「」ビクッ

JUM「全く…?ああ、雛苺だけかと思ったら薔薇水晶と水銀燈も来てたのか。」

水銀燈「はぁいJUM」

薔薇水晶「……やっほー……」フリフリ

雛苺「……」モジモジ




134 : ◆B0x/ndYaiCp3 :2009/09/04(金) 19:54:26.50 ID:yY+jlzYu0
JUM「…?それで、何の話をしてたんだ?やけに騒がしかったけど」

雛苺「うゆ…何でも無いのよ…」モジモジ

薔薇水晶「……JUM……聞きたい事があるの………」カアア

水銀燈「あなたは、私達を魅力的だと思う?」

雛苺・薔薇水晶・JUM「!?」


 金糸雀以外「!?」ビクッ

 金糸雀「あら、急展開かしら」


水銀燈「一人ずつ聞かせて欲しいわぁ。じゃあ先ず真紅からねぇ」




137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 19:59:57.73 ID:yY+jlzYu0
JUM「真紅か…」


 真紅「…ゴクリ」

 翠星石「これはエライ展開ですねぇ…自分の番が怖いですぅ。」

 蒼星石「ううぅ…」

 雪華綺晶「不利な気がしますわ…」

 金糸雀「ひょっとしてカナの評価も聞けるのかしら♪」


JUM「プライドが妙に高くて僕を足蹴にしたり下僕扱いするよな。何で僕が紅茶を淹れないといけないか良くわからないし、何かあったらくんくんくんくん五月蝿いし、自分じゃ料理どころか紅茶も満足に淹れられない程不器用だよな」




139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 20:05:12.80 ID:yY+jlzYu0
真紅「」

 翠星石「あははははは!チビ人間を散々コキ使った罰ですぅ!」

 雪華綺晶「紅薔薇のお姉様…料理出来ないんですか…」

 真紅「違うのだわ!料理が出来ないだけなのだわ!」

 蒼星石「でも掃除も洗濯も手伝おうとすると全部悪い方向に向うよね」

 真紅「」orz


JUM「でも…」




142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 20:14:11.09 ID:yY+jlzYu0
JUM「あいつは自分に厳しくていつだって冷静だ。そういう落ち着いた雰囲気はすごくいいと思うぞ。それに最近は早起きしてねーちゃんに料理も教わってるみたいだしな。…まだ食えたレベルじゃないらしいけど、自分に出来ない事をマスターするまで頑張り続ける心は大事だと思う。皆の前では余裕があるように振舞っているけど影できちんと努力する、それがあいつの良い所なんじゃないかな」


 真紅「JUM…」ポー

 翠星石・蒼星石「ケッ」


水銀燈「わかったわぁ…次は翠星石ねぇ」


 翠星石「…すすす翠星石は完璧な女の子なのですぅ!悪いところなんてねーですよ!」

 金糸雀「ツンデレが何か言ってるかしらー」

 蒼星石「言ってるね」




144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 20:20:36.96 ID:yY+jlzYu0
JUM「翠星石はやたらと僕に対して強く当たるよな。いきなり蹴ってきたり逆切れしたり、僕が何をしたっていうんだ。雛苺にも意地悪したり、まるでやってる事は子供なんだよな。雛苺よりも子供っぽいかも」


 翠星石「orz」

 真紅「あら、人の事を言ってる場合じゃないんじゃなくて?」

 雪華綺晶「ツンの部分ばかり見せてるじゃないですか…これだから真性ツンデレは」

 翠星石「うるせーです!うるせーですよ!」

 蒼星石「あはは、確かに翠星石は子供っぽい所があるかもね」


JUM「だけど…」





145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 20:26:51.17 ID:yY+jlzYu0
JUM「人一倍他人の気持ちに敏感なところがあるよな、それでいて気を配る事も忘れない。料理の腕もメキメキ上達してる…多分自分が嫌われるのが怖いんだろうな。この人に嫌われたらどうしよう、この人は私を嫌いなんじゃないか?って考えてるんだろう。だから何でも出来るようになろうとする、薔薇乙女一の女の子でもあるんだよな、…まぁそこがかわいかったりするんだけど」


 翠星石「ちちちちちちチビ人間の癖にいいいいいいいいい事言いやがるですね…今日の所はこれ位にしといてやるですよ!」

 金糸雀「」ニヤニヤ

 翠星石「ぶっ殺す」




147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 20:29:53.04 ID:yY+jlzYu0
薔薇水晶「……次は……蒼星石……」


 蒼星石「僕か…ううぅ……」

 雪華綺晶「蒼薔薇のお姉様…お気を確かに…」

 
JUM「蒼星石は苦労人だよな、あんな性悪人形と一緒なんだから。いつもあいつらのフォローに回るし、何より常識人だ。それに僕は蒼星石がローゼンメイデン一ローゼンメイデンらしい、と思うんだ。契約した相手が精神的に参っていたとしても第一に契約者のことを考えている。一途?とはちょっと違うかもしれないけど。他人を思いやれるのは凄い大事だと思う。もう少し自分の事も考える余裕が有ってもいいと思うけどな」


 金糸雀「悪い部分は無いのかしら…?良い事ばかり言ってる気がするかしら」

 蒼星石「JUM君…嬉しいよ…」




148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 20:36:12.11 ID:yY+jlzYu0
JUM「時々僕のパンツ盗んだりかぶったり変態行為に走るのを除けばすごく魅力的な女の子だと思うよ。」ピシャリ

薔薇銀雛「・・・」


 蒼星石「ふおあああああ!バレてたああああああああ!」ゴロゴロ

 翠星石「おめーはそんな事してやがったですか!双子の姉として恥ずかしいですよ!」

 真紅「マイナスポイントが一つしか無いのにそれがかなり足を引っ張っているのだわ」




149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 20:37:04.22 ID:YWUQFLpI0
ちょwwww蒼星石wwwww何やってんのwwww




150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 20:38:07.43 ID:HaZXHmwl0
ふおあああああwwwwwww




152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 20:42:01.30 ID:yY+jlzYu0
雛苺「つ、次は雪華綺晶なのよ」


 雪華綺晶「わ、私の番ですわ…」ソワソワ


JUM「雪華綺晶のことは正直良くわからないな。会って日も浅いし、nのフィールドにしかいないし、何を考えているのか読めないし、雛苺を食べようとしたし」


 雪華綺晶「JUM様…ひどいですわ…」シクシク

 金糸雀「落ち着くのかしら雪華綺晶!会って日が浅いから仕方ないかしら!」

 雪華綺晶「…グスン」




153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 20:50:18.01 ID:yY+jlzYu0
JUM「でもあいつは純粋で真っ直ぐだよ。目を見れば分かる。それに僕に面と向って『好きです』って言ってくれたからな。きっと一緒に暮らしたら楽しいんじゃないか?他人の嫌がる事はしなさそうだし、案外雛苺と仲良くやってくれそうだ」


 雪華綺晶「うう…JUM様ぁ!」ダッ

 金糸雀「ま、待つかしら!今出て行ったら意味が無いかしら!」ダッ




154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 20:56:02.98 ID:yY+jlzYu0
パァァァァ

JUM「な!?鏡から…雪華綺晶!?それに金糸雀まd」ムギュウ

雪華綺晶「JUM様ぁ!こうやって抱きしめたかったですわ!会いたかったですわ!」

金糸雀「はぁ…JUM、ごめんなさいかしら。ほら、皆も出てくるかしら」

ぞろぞろ

JUM「…………ふ」

真紅「ごめんなさいJUM、全部聞いていたのだわ」

水銀燈「ごめんなさいねぇ雛苺。真紅達に頼まれたのよぉ」

雛苺「じゃあ真紅達は全部見てたの?」

翠星石「そうなるですね」




157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 21:00:22.40 ID:yY+jlzYu0
蒼星石「………」

雛苺「………」

JUM「……ふ」

蒼星石・雛苺・JUM「ふおおおおおおおおおお!?」ゴロゴロゴロ

JUM「ああ恥ずかしい!死んでやる!死んでやる!」ゴロゴロゴロ

雛苺「恥ずかしいのよー!冗談で済まされないのー!」ゴロゴロゴロ

蒼星石「JUM君ごめんなさああああああああああああ!」ゴロゴロゴロ

金糸雀「……3人とも顔を真っ赤にして転げまわってるかしら」

翠星石「よっぽど恥ずかしかったんですねぇ」




158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 21:05:54.16 ID:/GY4Yu+uO
蒼星石だけ恥ずかしさのベクトルが違うwww




159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 21:06:38.20 ID:yY+jlzYu0
翠星石「さ!そんな事はどうでもいいです!蒼星石!おじじの所に戻るですよ!」パチ

蒼星石「(……ピコーン)わかったよ翠星石。真紅?」パチ

真紅「わかったのだわ。水銀燈、久しぶりにめぐに会いたいのだわ」パチパチ

水銀燈「(了解よぉ)じゃあ行きましょうか。薔薇水晶、雪華綺晶、金糸雀」

金糸雀「わかったかしら」

薔薇水晶「………了解………きらきー………?」

雪華綺晶「JUM様…ああ…幸せですわ…」ギュー

金銀薔薇真紅「ああもう!」グイグイ




160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 21:11:07.49 ID:yY+jlzYu0
雪華綺晶「ああ!JUM様!また後でですわ~!」ズルズル

JUM「…何であいつは実体化してるんだ」

薔薇水晶「………お父様が……作った……」

JUM「ああ、成程」

薔薇水晶「………夜まで戻らないから………」

JUM「へ?お前達全員か?」




162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 21:17:24.42 ID:yY+jlzYu0
水銀燈「そうよぉ。だから雛苺を宜しくねぇ」

雛苺「にょあ!?」ドキッ

水銀燈「JUMを独り占めするチャンスよぉ」ボソ

真紅「昨日から気づいていたのだわ」ボソ

金糸雀「頑張るかしら!ヒナは魅力たっぷりだから大丈夫かしら!」ボソ

翠星石「今日だけは特別ですよ、JUMは翠星石がもらうですぅ」ボソ

蒼星石「雛苺、頑張ってね」ボソ

薔薇水晶「……最後に………笑うのは……私………」

雪華綺晶「(空気を読みますわ…)JUM様を諦めたりはしませんわ!」ボソ

ヴゥン…




164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 21:22:50.94 ID:yY+jlzYu0
JUM「何だったんだ?今のは…」

雛苺「うゆ…」モジモジ

JUM「ん?どうした雛苺」

雛苺「…JUM、大事な話があるの…」モジモジ

JUM「そうなのか?真紅達はいないぞ?」

雛苺「ヒナはJUMだけに大事な話があるのよ」カアア

JUM「わかったよ、こっちにおいで」ポンポン




165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 21:26:30.03 ID:yY+jlzYu0
雛苺「わーい!…じゃないの!今日は膝の上には座らないの」

JUM「…」

雛苺「JUM…笑わないで聞いて欲しいの」モジモジ

JUM「真剣な話なんだよな?だったら笑わないよ」

雛苺「ヒナはね…JUMが好きなのよ」カアアアアア

JUM「うん、お前がみんなを好きなのは知ってるよ」

雛苺「そうじゃないの!ちゃんと最後まで聞いてなの!」

JUM「わかったわかった!だから怒らないでくれ」

雛苺「うゆ…」モジモジ

雛苺「スーハー……スーハー……うぃ!」




169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 21:31:41.03 ID:yY+jlzYu0
雛苺「ヒナはね、JUM…ううん…桜田ジュン君のことが男の子として好きなの…大好きなのよ」

JUM「な………?」

雛苺「昨日ヒナがJUMから落ちそうになった時にJUMが受け止めてくれたよね?」

JUM「ああ…」

雛苺「その時すごくドキドキしたの…JUMってこんなに格好良いんだって思っちゃったの」

JUM「…」

雛苺「それからずっとJUMの事が頭から離れないの、うにゅーよりもJUMが大切なのよ。真紅や翠星石とJUMが遊んでるとお胸の奥がズキズキするのよ。すっごく苦しいの」

JUM(雛苺……)

雛苺「…JUMはヒナの事好き?女の子としてだよ?…ヒナはJUMが大好きなの…グス」

JUM「…」

雛苺「……グス………ッ」ポロポロ




170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 21:37:01.10 ID:yY+jlzYu0
JUM「雛苺」ナデナデ

雛苺「……うゆ?」

JUM「ありがとうな雛苺、お前の気持ちはちゃんと受け取ったよ」ナデナデ

雛苺「………グス」

JUM「だけど今は返事は出来ないんだ、わかってくれ」ギュウ

雛苺「わかってるのよ…」ポロポロ

JUM「僕は真紅や翠星石や雪華綺晶や…皆が大好きなんだ」

雛苺「ずるいのよ…………グス」

JUM「でも誰かを女の子として好きとかそういうのでは無いんだ。皆家族みたいに大切な存在なんだ」

雛苺「……」ギュ

JUM「だから僕が誰かを”好き”になるまではさ…」




173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 21:43:17.69 ID:yY+jlzYu0
数日後

真紅「JUM、貴方雛苺にOKを出したのかしら?」

JUM「出すわけ無いだろ。まだ好きかもはっきりしてないのに」

翠星石「そそそそうですよねぇ、いくらJUMみたいなロリコンでもちちチビ苺に手を出したりはしないですよねぇ!」

JUM「…そう言ってやるなよ…あいつも真剣だったんだからさ」




175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 21:49:41.00 ID:yY+jlzYu0
真紅「そうね、女の子は恋をして輝くのだわ。紅茶のお替りを頂戴」

JUM「はいよ、どうだ?お前たちも飲むか?」

水銀燈「あらぁ、いただくわぁ」

金糸雀「カナも貰うかしら!ミルクを入れて欲しいかしら!」

翠星石「しゃーねーから貰ってやるです。感謝するですよ」

蒼星石「ううぅ…貰います…」

薔薇水晶「……砂糖2つ……」

雪華綺晶「JUM様の淹れたものなら何でもいいですわ!」

雛苺「JUM~!ヒナお手伝いするのよ!」

雛苺・JUM以外「「!?」」




176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 21:51:04.07 ID:JcPBIrS30
蒼はまだもだえているのかw




177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 21:57:00.65 ID:yY+jlzYu0
JUM「お?そうか」

雛苺「うんしょ…よいしょ…」

JUM「ありがとうな雛苺」ナデナデ

雛苺「えへへへ…」デレデレ


 翠星石「きぃぃいいいいい!何かいいムードですぅ!」イライラ

 蒼星石「そうだね、ちょっと悔しいなあ」

 金糸雀(結局カナの評価は聞けなかったかしら…意識しだしたらJUMがカッコ良く見えてきたかしら…)ドキドキ

 薔薇水晶「………ずる………い…………」

 雪華綺晶「ずるいですわ桃薔薇のお姉様…」

 真紅「全く…紅茶を座って待つことも出来ないの?」

 水銀燈「じゃああなたこそ戻りなさいよぉ」

 真紅「うるさいのだわ」




178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 22:01:00.11 ID:22RTUfLQ0
ああ・・・カナまで



179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 22:02:24.45 ID:yY+jlzYu0
シュウウウウ…カタカタカタ

JUM「お湯が沸いたみたいだな」

雛苺「はいJUM、お茶葉なの!」

JUM「お、ありがとうな。…ふぅん、苺の果肉が入ってるのか」

雛苺「ねぇJUM、聞いて欲しい事があるのよ」

JUM「ん?」




180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 22:09:09.39 ID:yY+jlzYu0
雛苺「ヒナ達ドールズはみんなJUMが大好きなの」

JUM「うぇえ!?」


 他「ちょまwwww」


JUM「皆って…みんなか?」

雛苺「うぃ!真紅や翠星石や水銀燈もそうなのよ!」

JUM「それは”どっちの好き”なんだ…?」

雛苺「”女の子として好き”なのよ!水銀燈なんかヒナの前で熱く語ってくれたの!」


 水銀燈「嫌ぁぁぁぁああああぁぁあぁあ!」ゴロゴロ

 真紅「ちなみに録音もしてあるのだわ」

 蒼星石「あははは」

 水銀燈「死にたい死にたい死にたい死にたい死に(ry」ゴロゴロゴロ




181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 22:15:33.56 ID:yY+jlzYu0
JUM「そう…なのか…」ダラダラ

雛苺「JUM、これからは大変なのよ。皆全力でJUMを取りにくるの」

JUM「どう大変なんだ…?」

雛苺「後ろを見てみるのよ」

JUM「後ろ…?」

ちゅ




183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 22:19:22.89 ID:yY+jlzYu0
JUM「え…?え…?」カアア

雛苺「こ…こんな風に皆が狙ってるの…ょ…」カアア


 他「「「ああああああああああ!」」」ドドドドド


JUM「うわあああああ!どうしたんだお前等!」

雪華綺晶「JUM様!私と甘い夜を過ごしませんか!?」

金糸雀「JUM!カナが作った甘い甘い卵焼きはいかがかしら!?」

翠星石「チビ人g…JUM!すすす翠星石の作ったスコーンをお茶請けにしていいい一緒に」

薔薇水晶「………JUM………毎日……お味噌汁を……作ってあげる……」

水銀燈「ねぇJUM……お姉さんは嫌いかしらぁ……?」

真紅「JUM!その…今度……ふ、二人きりで紅茶を……」

蒼星石「JUM君のパンツ…ハァハァ…」

JUM「だからお前はそれを止めろよ」




184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 22:24:28.79 ID:yY+jlzYu0
 ドールズ「ギャーギャー!」

 JUM「うわお前らちょっと待t」


雛苺「JUM…皆同じくらいJUMのことが好きなのよ?」

雛苺「ヒナ達はドールだからけっこん出来ないのも知ってるの…」

雛苺「でも…トモエやめぐになんか負けないのよ!」




185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 22:30:21.41 ID:yY+jlzYu0
 JUM「だあー!一旦紅茶でも飲んで大人しくしろ!」

 ドールズ「コクコク…」

 JUM「全く……?苺の香りと酸味が利いて…」

 真紅「…中々上品な味ね……気に入ったわ」

 翠星石「この甘酸っぱさがいいですねぇ」

 雛苺「今日の紅茶はヒナの気持ちと一緒なのよー!」
 
 薔薇水晶「………恋は………甘くて切ない………」

 雪華綺晶「ばらしーちゃん?どうしたの?」

 蒼星石(甘くて切ない?……ああ……なるほど……)

 水銀燈(……たまには感慨にふけるのもいいわねぇ)

 金糸雀「恋は甘酸っぱいのかしら?」




186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 22:33:19.57 ID:yY+jlzYu0





雛苺「初恋は苺の味なのよ♪」




187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 22:34:01.80 ID:yY+jlzYu0

  r‐ _> '´: : : : : : : :\: :ヽ__/_ノ:_:_:_:_:_:_:_:_:_ノ_,イ
 ( f´: : : : : : : : : : : :__ノ_工_不ユ辷ン、__)て_フ ̄\
  (_}: : : : _  -r≦_入ノ‐(⌒)ノ^ゝ┘ヽ,\ 下卞、[_ ̄
  (イ‐ハ__ノ`ー'>_T升  l i{   ヽ.  ヽ \ ヽ }  \
 く h{: : __,:ィ´r勹'  |    |   i   l   ヽ ヽ  冫
  `下不ンフ_√ |   |    |   | ,. -+- 、 ',  l \{
.    j_:_:イ゙厂 !  、  ヽ_,⊥|i|   ! | _⊥_ハ ハ リ__})
   /レ^ 「|!  ヽ/ \_,.|从   ハ イテ'卞仆jイ `ー、
 / |   | ゙, ヽ × \x=ミ、 `´  ' {ゞィリ '|__,ン千´ ̄`ヽ
/   l|  ハ ヽ \_>〃{k_r1      `-´仁二亅_,二二}
ー=ミL.___≧ト、ート ヽ ゞン     '     ゙ハ三{_∠_ ̄
  \`Y二ニ=-Y´  ̄`Y    r   ̄}   .イ 厶イく_フノ
    ノ イ   ___ゝZ__,ラ、    ヽ __ ノ ∠,ノ┴‐┴<
     ゝ二三三ニハ=-=ァ≧ー ┬ --,イ: : | : : : : : : : : \
      └─=ァ冫`乙(⌒´^f廴/,ニニ.ヽ: : : : : : : : : :`ー 、
         く<   ⌒,ィ冖㌃Zく : : : : :.|'::}: : : : :.:.:.: : :.:. :./
          `  /イ ̄}:::;小:::\_:_:_/:/: : :.:.:.:.:.:.: :.:./_/
            〈〈: : : //::l | l::|` ー一'_:.:.:.:.:.:.:.: :‐:⌒ヽ
               /ヽニソi:::|!ヘ:ヽ: : : : :└--(: : : : : ヽ: \
            (:.:.:.:.:.:.:ノ:/::/ i: :ヘ:::\: : : : : : :.l: : : : : : :ヽ: :ヽ
               \;/ /::/   !: : }\:::\: : : : : l: : : : : : : : \:',
            /: : ハ:::',  |: : | : : \:::\: : : :l: : : : : : : : : :卞、
              /: : /:.i}:::l   |: : |: : : : :  ̄´: : : :.l: : : : : : : : : : : :.\
           /: : /:./ ‐┘ |: : |: : : : : : : : : : : : :l : : : : : : : : : : : : : \
.           /: : /:./!     |: : |: : : : : : : : : : : : :.:l: : : : : : : : : : : : : : : :\
           /: : /:.// l    |: : |: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : : : : : : : : : : : : \
        /: : /:./イ   l  |: :| : : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
*END*




189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 22:36:57.02 ID:p2HA6B840

これは久々の良作




190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 22:39:03.27 ID:YWUQFLpI0
           ,xぅてぅx、
           /..:..:..:..:..:.'㍉      ,xぅてぅfぅ。
.           ′..:..:..:..:..:..:`㍉__xぅ㌃..:..:..: : : ゚,
           |..:..:..:..:..:..:..:..:\Y⌒Yr一..:..:..:..:..:..:.i}
         __{xぅfぅてうfぅfぅi___}fぅてうfぅx:..:.リ
.        く¨ゝ、_____/ ̄¨㌧、..:..:..:..:..:.㌧、
         /..:..:..:..:,xfぅ㌃ {   ∧ ㌧、..:..:..:..:.㌧、
          /xぅfぅ㌃ / \I  /´㌧  ㌧、j{¨¨¨’
          〃 {人 Yねミx,乂 /ねミx、}  jハ
            乂(( 人V.:り     ヒ:り从  ノ}ミぅ
.           うー=彡ぅー==≡=ぇ:.,,_メ-=彡辷う
.           う '´          rf/¨'ーヾ=う
          /      ..................... ヾ}    ,ゞ
       /        .:::::::::::::::::::::::::::. {_, 。 '゜ヽ
                 .::::::::::/⌒ヽ::::::::.. ̄´     '、
.         :     .::::::::::/ミ.:.:.:.:.:.ミヽ::::::::.
.         .      :::::::::::' ミ.:.:乙.:.:.ミi:::::::::.     ;
                :::::::人;_;_;_;_;_;_ノ::::::::::     i|
          、      ::::::::::::::::::::::::::         ,リ
          ㌧_                   ,.㌢’
          ‘ ''ー───────‐'' ’




191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 22:39:54.30 ID:2g6OUHyDO

実によかった




192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 22:44:39.23 ID:jNN4+uYj0


久し振りに和んだ




193 : ◆B0x/ndYaiCp3 :2009/09/04(金) 22:45:04.60 ID:yY+jlzYu0
終わりです。
今回がSSデビューということでありえん位尻込みをしてしまいました(三日くらい)

純愛ものが書きたくて始めたのですが、やっぱりピュア=雛苺のイメージがあるので雛苺で書かせていただきました
黒苺は僕には無理ですorz

こんな短いSSに二日もかけて正直すまんかった
保守して頂いた方も有難うございました




198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/04(金) 23:02:04.50 ID:8KVDZ7To0

最近ローゼン少なくて寂しいのでぜひまた書いてください




201 : ◆B0x/ndYaiCp3 :2009/09/04(金) 23:09:35.31 ID:yY+jlzYu0
金糸雀は最後まで迷いました
全員でハーレムか金糸雀と蒼い子をツッコミに置いてラブコメ全開にしようかと

今度書くことがあったら恐らく蒼い子or白い子です








--------------
当ブログについて
※欄612さんありがとうです。



ローゼンメイデン 2 (ヤングジャンプコミックス)
ローゼンメイデン 2 (ヤングジャンプコミックス)
集英社 2009-09-18
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



読み物:ローゼン
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2009/09/09(水) 01:10: :edit
    チェルシー!!!
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 01:12: :edit
    以下ゲッター死亡
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 01:15: :edit
    以下マジンガー死亡
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 01:24: :edit
    最近変態SS少なくてツマンネ
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 01:31: :edit
    雛苺のこういう話はガチロリコンになるから苦手だ
    でも良SSだった
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 01:35: :edit
    ローゼンSSもっと載せて欲しいな…
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 01:46: :edit
    7ゲト
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 01:49: :edit
    いちおつ
    ローゼンもっと読みたいけど数があっても駄作なら意味ないしなあ

    とりあえずJUM氏ね
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 01:53: :edit
    蒼い子今回はマトモキャラだと思ってたのにwww
  10. 名前: 総力上げる名無 #-: 2009/09/09(水) 01:54: :edit
    一時期荒れてたけどまた少しずつローゼンSS出だしたよ。面白いのもあるし。
    むしろ前は数が多すぎたんだよ。
    これもまとめられると思ってました。
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 01:56: :edit
    甘くて酸っぱい香りがする   かと思った
    全部全部~ 愛してあげなさい~
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 01:58: :edit
    終始ニヤニヤが止まらないwwwwww
  13. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2009/09/09(水) 02:01: :edit
    みんなかわいいよお。・゚・(ノД`)・゚・。
  14. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2009/09/09(水) 02:12: :edit
    何が面白いのこれ?飛ばし読みしても吐き気を催すほどの糞作なのが逆に笑えるってこと?
    でも俺は蒼星石を侮辱されて笑う事はできないな
    こんな糞SSが出回ってるかと思うと心底腹立たしい
    規制さえ解ければすぐにでも屑どもを叱りに行くのに
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 02:30: :edit
    甘い甘すぎる話だ

    俺こういう話大好き
    作者さん乙です
  16. 名前: 通行人α #-: 2009/09/09(水) 02:39: :edit
    ジュン君が羨ましすぎる。
    そして雛苺は可愛いなぁ。
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 02:48: :edit
    甘い話は大好物です
    作者さん、管理人さん乙
  18. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2009/09/09(水) 03:07: :edit
    あんまぁあああああい~~~!!!
    何という純愛!!何という限界超えの青い恋!!
    ガムシロップ10リットル位一気飲みした様な気分だぜ!!


    作者さんと管理人さん!!ベルモットたっぷりのマティーニばりに甘い話をありがとう!!
    次はエクストラ・ドライ・マティーニばりの変態辛口もんオーダーさせて貰うぜ!!
    やっぱ俺は変態派だわ!!
  19. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 03:11: :edit
    薔薇雪華がキャラ違いすぎて違和感が…
    雛苺が可愛かったからいいけどさ
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 03:21: :edit
    どうしたぷんた
    ローゼンが最近足らないからあせってるのか?
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 03:24: :edit
    あますぎgj
    次回作期待してんよ!
  22. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 03:35: :edit
    あまーい!
    腹黒&切れデレの雛苺も隙なので誰か(ry
  23. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 03:54: :edit
    ※2
    おのれ帝王ゴール!

    ※3
    おのれ錦織つばさ!
  24. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 04:10: :edit
    なにこれ超良作
  25. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 04:44: :edit
    JUMモテすぎ
    これが主人公補正と言うやつか
  26. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 07:17: :edit
    文字通り甘酸っぱいよおおおおおおおおぉぉぉぉ
    うわあああああああああああああああぁぁぁぁぁ

    ※25
    同じ引きニートでもJUMは顔がそこそこ良いしちゃんとした特技もあるし俺らとは違うんだよ・・・orz
  27. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 07:30: :edit
    この甘酸っぱさ、良いじゃないか
  28. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2009/09/09(水) 07:36: :edit
    素晴らしい
    作者さんの今後に期待大
  29. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 08:07: :edit
    ヒナ可愛いよヒナ
    やっぱ雛苺はこうで無いとな

    金糸雀が一人冷静だったのは良かったんじゃないかな?
    むしろ蒼も一歩下がらせた方が良かった気がする
    つーかこういう話でも変態なのか蒼w
  30. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 08:19: :edit
    ケッ

    JUMしねJUMしねJUMしねJUMしねJUMしねJUMしねJUMしねJUMしねJUMしねJUMしねJUMしね・・・

    名作だった
  31. 名前: 通常のナナシ #W3zumXIw: 2009/09/09(水) 08:29: :edit
    羨ましい限りだね
    面白かった、次回作も期待してる
  32. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 08:49: :edit
    ハーレムもいいよね
  33. 名前: Harry #-: 2009/09/09(水) 09:43: :edit
    主人公補正主人公補正主人公補正主人公補正主人公補正主人公補正主人公補正主人公補正主人公補正主人公補正主人公補正
    JUMのくそうらやましyじゅいwjでぇふhs
  34. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 09:58: :edit
    上は大火事
    下は洪水

    これなーんだ!?
  35. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 10:05: :edit
    ジュンって引きこもりの設定だよね?
    なんで引きこもりなのにリア充なわけ?こんなの許されていいの?
    ちくしょう…ちくしょう…

    米34
    お風呂ー!…あれ?
  36. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 10:09: :edit
    このきらきーは龍門渕とーかのみのりんヴォイスで再生される
  37. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 10:10: :edit
    ※34
    それは雛いtおや朝っぱらから誰か来たようだ
  38. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 10:27: :edit
    なんというロリコン大量製造SS。
  39. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 10:58: :edit
    クソミドリ本気でぶっ殺したいわ
    何のとりえも無いザコの癖に調子こきやがって本当に嫌な奴だ
  40. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 11:09: :edit
    ゴロゴロが好きすぎるw
  41. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 11:12: :edit
    あまあまもいいけど変態も欲しくなる
  42. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 11:15: :edit
    さぁ、人間サイドの続編を作るのだ
  43. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 12:40: :edit
    中盤からニヤニヤニヤニヤしながら見た
    しかしこの雛はマジプリティだなおい
  44. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 14:28: :edit
    比較的(?)軽めな変態蒼がいい感じでした
    こういうのもたまにはいいね
  45. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 14:54: :edit
    雪は薔薇の事ばらしーなんか言わんだろ
    アニメで出番なかったの薔薇のせいだからむしろ恨んでるんじゃね?
  46. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 15:02: :edit
    初SSだからか、すごく丁寧に書こうとしてるのが良かった。
    ただ、内容が二次創作の二次創作みたいに感じた。
    次はこの作者さんの色がみたいね。
  47. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 16:25: :edit
    ひさしぶりにいいものをみた

    最近けいおんおおすぎしね
  48. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 16:42: :edit
    かなりよかった
  49. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 16:47: :edit
    JUMがハーレム過ぎて気持ち悪い
    せめて真紅か翠星石のどっちかだけにしろ
  50. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2009/09/09(水) 17:15: :edit
    皆雛に目がいってるけど、俺としてはこの蒼を高く評価したい
    蒼は普通に変態であるSSが多かったが、最近は控えられてきた
    しかし、だからといって蒼が唯の真面目キャラになっているだけというのも非常に味気なく、どこかさびしさを覚えたものだ
    大体エロ系でも、変態行為に全くためらいを感じない非常にアグレッシブな娘よりも、頭では駄目だと分かっていながらついついやってしまう、そんな娘の方がエロいだろう
    重要なのは羞恥である
    蒼い子は、変態的な自分を恥じ、やめようと思いながらもやめられない、その背徳感を糧に、より深く、変態の道に入っていくのだろう
    蒼い子のそんな姿こそ、アリスに相応しいといえるのではなかろうか
  51. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 17:22: :edit
    それよりカンボジアにツッコメよ
  52. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 18:32: :edit
    何か中学生が書いた感じだな。
    所々のギャグも寒いし。

    それとJUM氏ね。
  53. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2009/09/09(水) 19:12: :edit
    読んでて悶えた。
    あとおまいら、嫉妬醜い…。
  54. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 20:15: :edit
    変態蒼は嫌いだからまともなキャラで良かったと思ったら変態かよwww
    あときらきーのキャラ違い過ぎだろ
    「~ですわ」とか言わない
  55. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 20:29: :edit
    >>※50
    全面的に同意
  56. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 20:43: :edit
    タイトルでガラガラヘビを思い出したのは俺だけじゃないはず・・・

    きらきーマジで最高w
  57. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 21:05: :edit
    翠星石氏ね
  58. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 21:12: :edit
    俺はロリコンじゃないロリコンじゃない。
    JUM氏ね、糖取りまくって氏ね。

    ※50
    ありがとう代弁者。
  59. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 22:25: :edit
    ハーレムで争奪戦な感じよりも
    主役ドールを応援、見守るその他ドールズっていうシチュのほうが望ましいかなぁ
    けど雛苺が可愛くて良かった!よくある子供っぽい雛苺より、
    こういう原作近めの女の子チックなマセ苺のほうが好きです
  60. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 23:53: :edit
    とりあえず思いっきり砂吐いたw
    雛は基本赤や緑より一歩引いた位置にいる事が多いから
    なんか妙に新鮮な感じがした、楽しませて貰いますた
    そしてJUMは氏ねw
  61. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/09(水) 23:54: :edit
    みんな痛いお

    恋は甘酸っぱいお
  62. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/10(木) 02:29: :edit
    良スレですた
    雛苺マジプリティ
  63. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/10(木) 10:24: :edit
    乙乙
    こういうSSが一番好きだ
    次回も期待
  64. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/10(木) 12:59: :edit
    あぁ、金糸雀が最後の砦だったのに・・・。

    まぁ、先月のローゼンがあれだったからな。
  65. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/10(木) 13:03: :edit
    ※26

    たしかにな。JUMは一味違う。
  66. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/10(木) 14:44: :edit
    水銀燈きめぇ
  67. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2009/09/10(木) 15:28: :edit
    これがJUMの実力だと!!
  68. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2009/09/10(木) 19:10: :edit
    単なる変態でなく羞恥の心を持っている蒼が非常に良い。すごく良い。
  69. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/10(木) 22:30: :edit
    雛を主役にするなら
    周りのキャラの出番を少なくしないと際だたない。
    微妙を通り越した駄作
  70. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/11(金) 03:16: :edit
    JUM「この中に一人でも人間がいれば…っ!」
  71. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/11(金) 23:08: :edit
    最後に酉晒す奴うざい
  72. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2009/09/12(土) 12:28: :edit
    ※50に激しく同意するとともに、
    作者さんの次のSSが蒼であることを祈る
  73. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/09/14(月) 04:09: :edit
    翠星石のことイジメ殺したいわ本気で
  74. 名前: 以下、名無しにかわりましてワロタがお送りします #-: 2009/09/20(日) 13:57: :edit
    とりあえず、この蒼い子は俺の嫁
  75. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/10/06(火) 01:02: :edit
    何この最終回
  76. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/10/31(土) 11:52: :edit
    やっぱピュアがいいよピュアが

    つかJUMリア充すぎる…
  77. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/03(火) 23:05: :edit
    シコースキーwww
  78. 名前: かにゃりあ #-: 2010/05/01(土) 10:33: :edit
    可愛らしくてよかったよー!
    乙!
  79. 名前: NANASIX #-: 2012/05/10(木) 22:36: :edit
    シコースキー吹いた
    こいつら野球も見てるのかよ
  80. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/02/26(火) 21:41: :edit
    最高だった!そしてジュンが羨ましい!

    ※26
    その通りだよな。
    ジュンはローゼン以外でローゼンメイデンのドールズを修復したり出来る人間だし、薔薇乙女達とジュンが惹かれ合ってるのは原作設定だし違和感は無いね。
  81. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/04/06(土) 04:22: :edit
    ジュンてンめェええええええええええええええええええええええええええええ!!!
    羨ましいぞ畜生ォおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。