蒼星石「しりとりをやろう」

***
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/06/01(月)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 16:28:56.70 ID:o7LkfuKTO
蒼星石「とりゃっ!」

ブリュン!
翠星石「きゃあ!?」

蒼星石「わぁーい、翠星石のお尻を取ったぞー! プニプニだ!」

翠星石「何しやがるですか!」

蒼星石「悔しかったら僕のお尻を取ってみせるんだね。 じゃっ!」ダッ

翠星石「なっ、待ちやがれですぅ!!」
翠星石「ちくしょう…… あの変態小僧に尻を取られたら、何をされるか分かったもんじゃねぇです」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 16:30:28.33 ID:XG2Nc/hP0
      ___   ━┓  ___    ━┓
     / ―  \  ┏┛/ ―\   ┏┛
    /  (●)  \ヽ ・. /ノ  (●)\  ・
  /   (⌒  (●) /. | (●)   ⌒)\
  /      ̄ヽ__) /   |   (__ノ ̄  |
/´     ___/     \        /
|        \          \     _ノ
|        |          /´     `\





4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 16:31:31.55 ID:o7LkfuKTO
蒼星石「ほいやっさ!」

ブリュン!
雛苺「きゃああああああああああああああ!!!」

蒼星石「すごい! すごいよ! 幼女のお尻だよ!」

翠星石「クォラァ!! 翠星石の尻を返しやがれですぅ!!!」

蒼星石「あっ、翠星石! 雛苺のお尻すごいんだよ! 蒙古斑ついてるだるんだよ!!」ペロペロ

翠星石「言いながらチビチビの尻を舐めるんじゃねぇですっ!!」

蒼星石「大丈夫! 翠星石のお尻は最後のお楽しみ! デザートだからまだ食べないよ!!」

翠星石「話が噛み合ってねぇです…… 蒼星石を黙らすには尻を取るしかなさそうですね」

蒼星石「そうさせないよ! 全ドールのお尻を味わうまでは!!!」ダッ




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 16:35:08.60 ID:o7LkfuKTO
蒼星石「真紅! 真紅はどこ? 真紅のお尻を取れば、この家のドールはコンプリートだよ!!」

蒼星石「むっ……これは!」ペロ

蒼星石「真紅の新陳代謝で剥がれた角質!!」ペロペロ

蒼星石「鏡に続いてる……ということは、真紅はnのフィールドから出掛けたんだね!」ペロペロ

蒼星石「この落ちている角質を辿って行けば、真紅がいる!」ペロペロ

蒼星石「我ながら名推理だ! 名探偵アナンだね!!」ペロペロ




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 16:37:53.12 ID:o7LkfuKTO
真紅「人を呼び出しておいて、いきなり襲いかかるなんてどういうつもり!?」

水銀燈「あんたがアリスゲームに積極的じゃないから、こうするしかなかったんでしょうが!」

真紅「だからって、あのやり方は卑怯だわ! 鏡から出た途端に斬りかかってくるなんて!」

水銀燈「不意打ちがいけないなんてルールあったかしらぁ?」

真紅「キーッ! 薔薇乙女の風上にも置けn」

水銀燈「……!! 真紅危ない!!」ドンッ!

真紅「っ!?」




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 16:40:53.59 ID:o7LkfuKTO
ブリュン!
蒼星石「あ~、外しちゃった。 まあいいや、水銀燈のお尻が取れたから」

真紅「す、水銀燈…… 私のお尻が取られそうになったから庇ってくれたの……?」

水銀燈「……無事で良かったわぁ」

真紅「どうして……」

水銀燈「本当はね……貴女と和解したくて呼び出したのよ。 でも、いざとなると素直になれなくて……」

真紅「……もういいのだわ。 貴女のお尻、必ず取り返すから少し待ってて」

水銀燈「真紅……ありがとう」

蒼星石「最高だよ、水銀燈……! このお尻、今まで味わったどのお尻にも勝るッ!!」ペロペロ ピチャピチャ




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 16:44:08.33 ID:o7LkfuKTO
真紅「蒼星石、覚悟なさい!」

蒼星石「もう、むくれちゃった真紅もかーわいっ☆」

真紅「馬鹿にするんじゃないわよ!!」

蒼星石「今の真紅は危険だ。妖怪赤だるまだ。お尻は後回しにしよう」ダッ

真紅「待ちなさい!!」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 16:46:59.10 ID:o7LkfuKTO
蒼星石「ひゃっはー! 金糸雀ん家だぜぇ!!」

金糸雀「本当に来たかしら……」

雛苺「苺わだち!!」ヒュル

ギュウ
蒼星石「何!? 締め付けが気持ちいいんだけど!!!」

翠星石「チビカナも狙われると思って、待ち伏せしてたんですよ!」

蒼星石「くそぅっ! 金糸雀のお尻にも蒙古斑があるか調べたかったのに……」




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 16:50:11.09 ID:o7LkfuKTO
金糸雀「カナは蒙古斑なんてないかしら! 第一、貴女より年上かしら!」

蒼星石「人形は歳取らないから関係ないでしょ。雛苺に蒙古斑をつけたお父様、マジgj」

翠星石「蒼星石、悪ふざけもここまでです。尻は取らせてもらうですよ」

蒼星石「し、尻だけは勘弁してくだせぇ。目玉でも何でも差し上げますから……」

雛苺「気持ち悪……」

翠星石「弁明の余地なしです」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 16:53:37.16 ID:o7LkfuKTO
翠星石「覚悟!」

ブリュン!
翠星石「やったです! ……あれ? ひでぇ尻毛」

ブリュン!
金糸雀「えっ? あ、きゃあああああああああああああ!!!!」

蒼星石「イヤッふぅぅぅーーーー!!! 四つ目ゲーーーーーーーーーーーーーット!!!!!!!」

翠星石「え? え? 蒼星石が二人!?」

蒼星石「ハハ、翠星石がお尻を取ったのはJUM君だよ! 同じ服装に同じ髪型、髪を染めて、コンタクトを付けさせたのさ!!」ペロ
蒼星石「うわ、何コレ。卵焼きの味がする」

JUM「お尻取られた……もうお婿にいけない」

翠星石 「 ……
雛苺     ……
金糸雀     …… 」

蒼星石「何この空気? まあいいや、次のターゲットの元へ急ごう!!」ダッ




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 16:56:16.44 ID:o7LkfuKTO
ガシャーーーーーーン!!!
薔薇水晶「!!?」

蒼星石「薔薇水晶、お尻ちょーだい!」

薔薇水晶「なぜ……窓を割ったの?」
蒼星石「なぜ……窓を割ったの?」

薔薇水晶「普通に玄関から入ればいいのに……」
蒼星石「普通に玄関から入ればいいのに……」

薔薇水晶「私が聞いてるの……」
蒼星石「私が聞いてるの……」

薔薇水晶「真似しないで……」
蒼星石「真似しないで……」

薔薇水晶「……お尻が欲しいの?」
蒼星石「うんっ!!!!!!!!!!!!」




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 17:00:06.97 ID:o7LkfuKTO
薔薇水晶「ローザミスティカと……交換」

蒼星石「あぁ、確かにね、お尻はローザミスティカにも匹敵する価値だね。その条件、悪くないよ」

薔薇水晶「冗談……だったのに」

蒼星石「まあね、でもね、僕がやってるのはしりとりだから奪い取らなきゃ意味ないよね」

薔薇水晶「……はい」

蒼星石「え、逃げないの?」

薔薇水晶「貴女は奪い取らなきゃ意味がないと言った…… だから自分から差し出す」

蒼星石「なん……だと!? これでは奪い取れないではないか!!!」




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 17:02:56.91 ID:o7LkfuKTO
蒼星石「なーんちゃって!」

ブリュン!
薔薇水晶「え……」

蒼星石「お尻が欲しいからしりとり始めたのに、それが原因でお尻が取れなかったら本末転倒じゃないか!!」ペロペロ

薔薇水晶「プライドはないの……」

蒼星石「所詮、時と場合だよ! 枷になるというなら躊躇なくかなぐり捨てるね、そんなもん!!!」ペロペロ

薔薇水晶「うぅ……」

蒼星石「お父様製とは一味違うね! おかずに本人の涙目つきなんて至福だよ!!」カプカプ




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 17:06:14.53 ID:o7LkfuKTO
蒼星石「さて、とりあえずnのフィールドに来たけど雪華綺晶の居場所が分からない」
蒼星石「雪華綺晶の角質の味は知らないし、どうしようかな」

真紅「見つけたわよ、蒼星石!」

蒼星石「ゲっ、赤だるま!」

翠星石「スィドリーム!」シュル

ギチィ
蒼星石「翠星石! 雛苺より締め付けが強い!! アァン」

雛苺「気持ち悪……」

水銀燈「私のお尻を汚した罪は重いわよぉ?」

金糸雀「カナのお尻って卵焼きなの?」

蒼星石「うっわ、蒼星石大ぴーんち!」




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 17:09:16.47 ID:o7LkfuKTO
真紅「逃げ場はないわよ」

翠星石「観念するですね」

蒼星石「ふふ、ハハハハハハハハハハハ!!!」

水銀燈「追い詰められて気でも狂ったかしらぁ?」

蒼星石「甘い、甘いね。金糸雀のお尻よりも甘いよ!!」

金糸雀「カナのお尻、お砂糖たっぷりなの?」

蒼星石「真紅以外のお尻は僕の手中にある……」

雛苺「だから早く返すの」

蒼星石「このお尻を利用すれば……こんなこともできる!!」ズブリ




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 17:12:35.07 ID:o7LkfuKTO
水銀燈「え…… いや、何この感じ……」

蒼星石「僕にかかれば、お尻と本人の神経を繋げることくらい容易い!!!」ニチャニチャ

水銀燈「かき回さないでぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!」

雛苺「なら、腕を封じればいいだけなの!」

蒼星石「それ無理」ズブリ

雛苺「やっ…… 力が抜ける……」ペタン

蒼星石「どんどんいくよ!」ズブリ ズブリ

翠星石「アァン……そ、そこ!」

金糸雀「やぁん…… お尻がマサチューセッツぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!」




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 17:16:19.04 ID:o7LkfuKTO
真紅「みんな、はしたないわ! お尻で感じるだなんて!!」

蒼星石「翠星石のツタも解けちゃったよ。 これで実質一対一だね!」

真紅「くっ、こんな変態なんかに絶対負けないのだわ!!」

雪華綺晶「ふふ、面白そうなことをやっていますね」

蒼星石 「 雪華
真紅     綺晶!! 」




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 17:19:47.97 ID:o7LkfuKTO
蒼星石「自分から現れるなんて都合が良い!」

雪華綺晶「同族の匂いを感じたので……」

真紅「同族の匂い?」

雪華綺晶「こういうことですよ……!」

ブリュン!
真紅「しまった!! お尻が……」

蒼星石「雪華綺晶、まさか君も……!」

雪華綺晶「蒼薔薇のお姉様と同じ、Hipperです」




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 17:21:59.46 ID:o7LkfuKTO
蒼星石「やはり……!」

雪華綺晶「お姉様はHipperとして、かなりの力をお持ちのようですね。臀部と本人の神経を繋げるのはランクSの高等技術です」

蒼星石「あぁ、生まれてから今日までお尻のためだけに生きてきたからね」

雪華綺晶「しかし、それは私だって同じこと……」ズブリ

真紅「アァン! 初めてなのに感じちゃう//」

蒼星石「君もその技を!!」

雪華綺晶「ずっとずっと、待っていました。全てのドールが現れ、全ての臀部を手に入れることを」

蒼星石「衝突は避けられないということか……」

雪華綺晶「貴女を倒して、全ドールの臀部を手に入れる!!」

蒼星石「仲間とやり合えるなんて願ってもねぇ!!!」




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 17:24:08.43 ID:o7LkfuKTO
諸君 私はお尻が好きだ
諸君 私はお尻が好きだ
諸君 私はお尻が大好きだ

臀部が好きだ 御居処が好きだ 居敷が好きだ お尻が好きだ

お尻をしゃぶり尽くしてやる

「全ドール起床開始」
「性癖・フェチ・変態始動」
「蒼き薔薇乙女より全Hipperへ」
最高のしりとり日和!!

全ドールのお尻は目の前 お尻を奪取せよ

征くぞ 変態




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 17:30:43.55 ID:o7LkfuKTO
雪華綺晶「が……は…………」

蒼星石「驚いたよ。桃幻郷で生み出された、幾万ものお尻の幻を全てしゃぶり尽くすとは……」

雪華綺晶「あんなピチピチの桃のような尻を見せつけられたら、Hipperとしてしゃぶらない訳にはいきません」
雪華綺晶「しかし……もう唾液が一滴も出ません…………」

蒼星石「雪華綺晶、一緒に来ないか?」

雪華綺晶「何を仰っているのです…… 私は負けたんですよ?」

蒼星石「君には才能がある! 僕と探しに行こう!! まだ見ぬお尻を!!!」

雪華綺晶「お情けなど必要ありません。早く私の臀部を取って……」

蒼星石「あ、そりゃお尻は貰うよ」

ブリュン!
雪華綺晶「え……!? 本当に取った……」




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 17:33:50.53 ID:o7LkfuKTO
蒼星石「それじゃあ、いただきまーす」ペロ

蒼星石「!!!」

蒼星石「な、何てことだ…… こんな……こんなお尻がこの世に存在するものなのか!!!?」ペロペロ

蒼星石「お父様、貴方は……物質世界では表現できない、このお尻を作るために雪華綺晶に体を与えなかったのか……」ピチャピチャ

蒼星石「雪華綺晶!!!」カプカプ

雪華綺晶「はい……」

蒼星石「こんないやらしいお尻を持っていながら、諦めるなんて勿体ない!!」ガブガブ

雪華綺晶「…………」

蒼星石「探しに行くぞ、僕らHipperのドリームワールド本物の桃源郷を!!!」ペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロ


蒼星石と雪華綺晶の冒険はまだまだこれからだ!!!
おわり




書き手さんが代わります。

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 18:10:05.23 ID:4ga6QuvK0
蒼星石「ね?いいでしょ?しりとり!」

翠星石「やぁーです。翠星石はブラックジャックを読破するんです」

蒼星石「そんなぁ・・・暇なんだよ。ね、ちょっとだけ付き合って?」

翠星石「むぅ・・・ちょっとだけですよ?」




89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 18:13:07.58 ID:4ga6QuvK0
蒼星石「やった!やった!じゃあ・・・しりと『り』!」

翠星石「り?えーと・・・」

蒼星石「ほら、早く早く!」

翠星石(ウザいですね・・・適当に終わらせるです)

翠星石「・・・『リ』プトン」

蒼星石「『ん』だね?んー。んー・・・」


蒼星石「ん?」




90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 18:13:58.16 ID:iBDi/R8t0
翠ww適当すぎるwww




92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 18:15:47.76 ID:4ga6QuvK0
蒼星石「終わったじゃないか!!」

翠星石「ありゃ、そりゃ済まんかったです」

蒼星石「もう、真面目にやってよね!!」プンプン

翠星石「翠星石はいつもやる気に満ち溢れてるです」

蒼星石「また僕からだよ!ほら、りんご!『ご』だよ!!」

翠星石「えぇ?まだやるんですか・・・」

蒼星石「オーイエー」




93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 18:18:39.93 ID:4ga6QuvK0
翠星石「・・・ごはん」

蒼星石「ンジャメナ!」

翠星石「な・・・なんですってぇぇぇぇえええ!!」

蒼星石「ふふん、まだまだ終わらないよ・・・!!」

翠星石「ナ、ナ・・・ナン」

蒼星石「ンドゥール!」

翠星石「えー・・・ルパン」

蒼星石「てめっ、コノヤロオオォォォォーーーー!!!」




95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 18:22:21.38 ID:4ga6QuvK0
翠星石「うう・・・トリトン・・・」ホロリ

蒼星石「ねぇねぇねぇ!!僕は暇なんだよ!!」

翠星石「なぁんですか・・・しつこい蒼星石ですね」

蒼星石「前に翠星石が暇だって時は付き合ってあげたじゃないか!!」

翠星石「あぁ、翠星石の髪をバッサリ切ってくれたアレですか・・・!!」

蒼星石「そうだよ!」

翠星石「あれを思い出すともう何もやりたくないんです!!ふんだ!!」

蒼星石「アッチョンブリケ」




96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 18:24:50.80 ID:4ga6QuvK0
――――・・・

ガチャ

蒼星石「やあやあ真紅、お邪魔してるよ」

真紅「あら、いらっしゃい」

JUM「おう」

蒼星石「ん?二人共何やってるの??」

紅・JUM「桃鉄」

蒼星石(やった!絶好の暇つぶしだ!!)




98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 18:28:07.61 ID:4ga6QuvK0
蒼星石「あのー、僕も入れてくれたら嬉しいな?」

真紅「ダメよ。JUMとさくま二人を相手にしてるのよ」

JUM「ちょっと気が抜けないところなんだよ・・・スマン」

蒼星石「そ、そんな・・・絶対にダメ?」

真紅「ああああああ!!キーーーングボンビーーーー!!」

JUM「うう・・・またカニ漁船赤字かよ・・・」

蒼星石「あ・・・あのー・・・」

紅・JUM「・・・」ギロッ

蒼星石「ヒィィ!!」





101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 18:30:35.37 ID:4ga6QuvK0
JUM「お前がきたから赤字になっちゃったなぁ・・・」

真紅「疫病神」

蒼星石「はぁああ!?何だよそれ!!いいがかりじゃないか・・・」

むんず

蒼星石「ん?」

JUM「出てけ。じゃあな」

バタン!

蒼星石「・・・なんてこったい」




104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 18:34:17.48 ID:4ga6QuvK0
蒼星石は考える。
もはや桜田家に自分の居場所はないと。

そう考えると寂しさがこみあげる。
最早、この世の中に自分の居場所は存在しないのだろうか。

「ふ、ふふ・・・これが世間か」

世知辛い。なんとも世知辛い世の中だ。
サブプライムから始まった世界恐慌の影響がこのちっぽけな民家にまで及ぼうとしているのか。

「そんなことは断じて許されない!!」

蒼星石は激怒した。



蒼星石「・・・だめだ。こんな事考えても虚しくなるや」

蒼星石「・・・水銀燈の所にいこーっと」スタコラサッサ




106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 18:36:47.84 ID:4ga6QuvK0
――――・・・

水銀燈「うーん・・・」

蒼星石「あ、いたいた。おーい・・・」

水銀燈「うーん・・・」

蒼星石「水銀燈?どうしたの?」

水銀燈「うーーーーん・・・」

蒼星石「す・い・ぎ・ん・と・う!!」

水銀燈「キャアアァアアア!?」ビクゥ




111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 18:39:07.04 ID:4ga6QuvK0
水銀燈「な、な、何よ貴女・・・」バクバク

蒼星石「何を考えてたの?」

水銀燈「え?ああ・・・何てことじゃないわ」

蒼星石「気になるなぁ。何考えてたの?」

水銀燈「・・・知りたい?」

蒼星石「うんうん!」




115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 18:42:17.66 ID:4ga6QuvK0
水銀燈「こう・・・人差し指を2本出すじゃない?」

蒼星石「うん」

水銀燈「で、こう自分の目の前に持っていって先っぽをくっ付ける」

蒼星石「こう?E・Tみたいだね」

水銀燈「で、視点をずらすの」

蒼星石「・・・これが?」

水銀燈「すると!美味しそうなウィンナーが浮かんでくるのよ!!」

蒼星石「・・・そう」




119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 18:45:18.97 ID:4ga6QuvK0
水銀燈「スゴくない?私ってば物凄い発想の持ち主じゃない!?」

蒼星石「は、はぁ・・・」

水銀燈「これを是非とも世間に知らしめたいわぁ!貴女もそう思わない?」

蒼星石「・・・思わないね」

水銀燈「なんでなんでなんで!?ああもう、この凄さを真紅か誰かに伝えなきゃ!!」

バサッバサッバサッ・・・

蒼星石「あ!・・・行っちゃった」




124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 18:48:44.91 ID:4ga6QuvK0
蒼星石「もう!みんな僕の事そっちのけじゃないか!」

・・・待てよ?
と言う事は、みんなそれなりに充実した毎日を送ってるってことだよね?
雛苺も金糸雀とみっちゃんさんと遊びに行くと言ってたし・・・

蒼星石「僕・・・毎日が充実してない!?」

まさか!
いろいろやってるはずだよ僕は!!
えーと・・・ちょっと考えてみよう




128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 18:52:09.60 ID:4ga6QuvK0
今日は桜田家に遊びに行った。
翠星石と遊ぼうと思って。

昨日は・・・桜田家に遊びに行った。
翠星石と遊んだんだよねー

一昨日も桜田家・・・
一昨昨日も桜田家

桜田家・・・
桜田家・・・
桜田家・・・

蒼星石「うわああぁぁぁぁあ!柴崎家と桜田家を往復するだけの毎日じゃないか!!」




134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 18:56:03.71 ID:4ga6QuvK0
これはマズイ。
仮にも薔薇乙女であるのにこれはマズイ!

蒼星石「僕の毎日は・・・単調だった・・・!」

何故か焦りがこみ上げる。
僕の人生・・・いや、人形だから人生と呼ばなくてもいいのかな?
とにかく、アリスゲーム以外は特に何もやってない!

蒼星石「・・・み、みんなはどうなんだっけ!?」

翠星石は・・・スコーンやクッキーを良く焼いてるね。
料理に家事全般・・・趣味と言えるのかな?
でも僕よりは充実してるなぁ。




140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 18:59:41.90 ID:4ga6QuvK0
そういや今日も漫画を読んでいたね。
ブラックジャック・・・だっけ?読んだことないから良く分からないけれど。

翠星石はこの時代にきてから変わったなぁ。
あそこまで活発的になるとは思ってなかった。
JUM君のおかげだね?

・・・JUM君?

蒼星石「なるほどなるほど・・・そういうワケか!」

JUM君に何かアドバイスを受けよう!
そうすればこの単調な毎日から脱出できるはずだ!!




202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 19:49:47.28 ID:4ga6QuvK0
――――・・・

JUM「相談?」

蒼星石「うん。僕のこれからの方針についてだけど」

JUM「重いな」

蒼星石「相談できそうなのはJUM君くらいなんだよ」

JUM「何でだ?マスターはダメなのか?」

蒼星石「だってお年寄りだし・・・」

JUM「お前って何気に失礼だよな」

蒼星石「・・・ゴメンなさい」




206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 19:53:26.76 ID:4ga6QuvK0
JUM「・・・で、これからの方針?」

蒼星石「うん。毎日が単調だなーと思ったんだ」

JUM「単調?」

蒼星石「翠星石も真紅も雛苺もみんな何かしら充実している。でも僕はその充実感が満たされない」

JUM「生きてる気がしないってことか?」

蒼星石「そういうワケじゃないんだけど・・・」

JUM「・・・蒼星石」

蒼星石「何?」




207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 19:56:24.66 ID:4ga6QuvK0
JUM「お前は真面目すぎる」

蒼星石「真面目・・・?」

JUM「そうだ。この時代の前もその前もひたすらアリスゲームの事や翠星石の事ばっかり考えてただろう?」

蒼星石「う・・・そりゃそうだよ。それが薔薇乙女の宿命だよ。翠星石は関係ないかも知れないけれど・・・」

JUM「真面目にアリスゲームをこなしたいんだよ、蒼星石という薔薇乙女は」

蒼星石「・・・?」

JUM「焦ってるんだよ。蒼星石は」




209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 19:59:30.79 ID:4ga6QuvK0
蒼星石「・・・」

JUM「確かにアリスゲームはお前たちの宿命かもしれない。だからと言ってそれ以外はするなってワケか?」

蒼星石「そ、そんなワケ」

JUM「ないんだろう?矛盾してるじゃないか、お前は」

蒼星石「・・・あ」

JUM「もっと肩の力を抜けばいい。焦ったって何にも得しないぞ?」

蒼星石「焦ったって・・・か・・・」




213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 20:02:10.25 ID:4ga6QuvK0
JUM「アリスゲームは時が来れば始まる。けれど、そのことばかり考えたって仕方がない・・・そうだろ?」

蒼星石「・・・そうだね。僕は気を張りすぎてたのかもしれない」

JUM「そういう事。あと・・・」

蒼星石「な、何かな?」

JUM「毎日が充実してない?それは大間違いじゃないか?」

蒼星石「えぇ!?」




214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 20:06:09.87 ID:4ga6QuvK0
JUM「深呼吸して心を落ち着けるんだ。そして考えろ」

蒼星石「??」

JUM「あまりにも当たり前すぎてお前は気がついてないんだよ」

JUM「お前はいつも誰に会いにきてたんだ?蒼星石」

蒼星石「・・・あ!」

JUM「気が付いたな?もっと自分に素直になるんだ。素直な気持ちを伝えるんだ!」

蒼星石「ありがとうJUM君!スッキリしたよ!」

ガチャ!

JUM「・・・お前たちはドールズで一番の仲良しなんだろう?」




216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 20:10:08.67 ID:4ga6QuvK0
蒼星石「翠星石!」

翠星石「あいあい、どうしたですか?」

蒼星石「君は、僕が嫌いなのかい!?」

翠星石「・・・はい?」

蒼星石「最近、僕にそっけないというか・・・その・・・」

翠星石「あ、もしかしてさっきの・・・気にしてたですか?」

蒼星石「当たり前じゃないか!」




217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 20:15:44.15 ID:4ga6QuvK0
翠星石「あ、あー・・・済まんかったです。ちょっと本に集中したかったですし、なにより冗談半分だったんです」

蒼星石「冗談・・・??」

翠星石「第一、翠星石が蒼星石の事嫌いになるワケが・・・」

だきっ!

翠星石「むぶふぉ!?」

蒼星石「・・・」

翠星石「ど、どうしたですか!?いきなり抱きつくだなんて・・・」




219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 20:20:25.40 ID:4ga6QuvK0
蒼星石「僕はね、君と一緒に居るのが大好きなんだ」

翠星石「へ?」

蒼星石「君に軽く無視されたとき、凄く焦ったんだ。もしかして僕のせいで翠星石を怒らせたんじゃないかって」

翠星石「だから怒ってないって・・・」

蒼星石「気が付いたんだ。僕はやっぱり君が必要なんだ」

翠星石「・・・」

蒼星石「・・・迷惑かな?」




220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 20:26:27.97 ID:4ga6QuvK0
翠星石「・・・蒼星石!」

蒼星石「は、はいっ!」

翠星石「おめーは真面目過ぎです!」

蒼星石「・・・JUM君にも言われたよ」

翠星石「そんな下らないこと考えてる暇があるなら付いてきやがれですぅ!」

蒼星石「何処に?」

翠星石「スコーンを二人で焼くです。付き合いやがれですぅ!!」

蒼星石「・・・うん、分かったよ!」



JUM「・・・ほら、ホントは充実してるじゃないか。考え過ぎなんだよ」

おしまい




221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 20:29:17.45 ID:4ga6QuvK0
蒼星石は真面目だというお話。
乗っ取りゴメンなさいです。

読んでくださった方乙っした!




224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 20:33:30.70 ID:o7LkfuKTO





226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 20:41:22.39 ID:G4zdnvIG0
>>221
>>1共々乙。何かの続きかい?
「もしも蒼星石がウザかったら」の続きかと思ったけど、あれ髪切られるシーンなんてあったかな?




228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 20:45:01.43 ID:4ga6QuvK0
いや、別に続きってわけじゃないけれど・・・
翠星石「蒼星石も翠星石になるんです!」ってやつ




235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/17(日) 21:06:48.15 ID:US/cQlNVO
双子可愛い
ほのぼの良かったです
乙でした!






----------------
当ブログについて
※欄492さんありがとうです。



エルフの双子姫 ウィランとアルスラ「私はどうなってもいいから、お姉様には手を出さないで……!」(パンプキンノベルズ85)
エルフの双子姫 ウィランとアルスラ「私はどうなってもいいから、お姉様には手を出さないで……!」(パンプキンノベルズ85)スカイハウス

イーグルパブリシング 2009-04-17
売り上げランキング : 35151


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



読み物:ローゼン
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 12:06: :edit
    この発想はなかった
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 12:12: :edit
    まだ読み終わってないけど
    こ れ は ひ ど い
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 12:13: :edit
    1ゲット!!

    以下ゲッター死亡
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 12:14: :edit
    >>3

    >>3

    >>3
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 12:20: :edit
    前半読み終わったけど
    や っ ぱ り ひ ど い

    後半でなんとかバランスとれたけど
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 12:22: :edit
    あれ、しりとりってこんなだっけ?
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 12:27: :edit
    作者によって蒼がここまで違うか
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 12:39: :edit
    うーむ、カオスなのはキライじゃないが・・・こうね、絵にしにくいものはちょっと・・・・

    後半が救いだな
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 12:55: :edit
    なぁに
    蒼い子のこの程度の変態ぶりはいつものことだ。
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 12:58: :edit
    ドールなんだから尻が取り外し可だっていいじゃないか!
    と言う発想の元によりこの前半は作られたに違いない
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 13:10: :edit
    わーお、今日も絶好調じゃないっすか・・・・
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 13:15: :edit
    蒼の変態もこのレベルまで来ると笑えない
    後半はうざいしなぁ……
  13. 名前: 通常のナナシ #TNMtb/9k: 2009/06/01(月) 13:42: :edit
    1本目は俺の想像を遥かに超えてたわ。

    てか、JUMの尻 どうやって取ったんだ?
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 14:13: :edit
    前半ぶっ飛び過ぎだwww
    てか尻を取るってパーツぶん取ったのか?
    ドールなだけに


    ・・・じゃあJUMの場合・・・やめよう、グロ過ぎる
  15. 名前: 奥ゆかしい名無しさん #-: 2009/06/01(月) 14:35: :edit
    変態なのは良いことだよ!!
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 14:57: :edit
    おいAmazonww
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 15:35: :edit
    どうやって尻を盗ったんだよ・・・
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 15:37: :edit
    正直勢いだけで面白さが無い
  19. 名前: 奥ゆかしい名無しさん #-: 2009/06/01(月) 16:06: :edit
    ローゼン物はもう駄目だな
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 16:20: :edit
    ローゼンが駄目っつーか
    蒼い子=変態というのに真新しさがなくなったんだと思う
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 16:20: :edit
    わぁ、ずいぶんな言われようだな。
    俺はおもしろかったよ。
  22. 名前: 通常のナナシ #mQop/nM.: 2009/06/01(月) 16:32: :edit
    最初に「ん」のつくものでンジョモを忘れて貰っては困る
  23. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 16:37: :edit
    変態蒼の終わりはローゼンssの終わり

    ぷん太にまとめられてる過去のssを見てみろ、半分以上蒼が変態だぜw

    この頃VIPでもあんまり見ないよなローゼンss
    蒼星石が誕生日を祝うお話の人また書かないかなあの人の蒼は好きだ、なんか一番本当の蒼っぽい感じがする



  24. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 16:39: :edit
    前半ひどすぎワロタww
    ハルヒとかよりはマシだがローゼンも衰えてきたな
  25. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 17:32: :edit
    ンドゥバ
    ンドゥルー
    ンバマ
  26. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 18:04: :edit
    締め付けが気持ちいい…… なるほど。
  27. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 18:15: :edit
    後半が良かった
  28. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 18:28: :edit
    俺は前半も楽しめたよ
  29. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 18:34: :edit
    怪獣シリマルダシ
  30. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 18:34: :edit
    なんていうか新しいジャンルがほしい
  31. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 18:46: :edit
    新ジャンルか……
    巴ドール化とかどうだね
  32. 名前:   #-: 2009/06/01(月) 19:28: :edit
    糞があの後まだ書いてた奴がいたのか
    蒼星石は元々アリスゲーム賛成派じゃないって何百回言えばわかるんだよ屑が
    残って徹底的に荒らすべきだった、もう終わったと思ってたのにちくしょう卑怯なゴミ野郎だ
  33. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 19:30: :edit
    なんか新しい燃料が欲しいところ
    原作はなかなか進まないし…
  34. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 19:35: :edit
    米32
    釣れますか?
  35. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 19:47: :edit
    うん……面白いか面白くないかは別として
    蒼星石はかわいいよな…うん
  36. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 20:06: :edit
    双子はやっぱりいいな
    それにしても前半wwwwww
  37. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 20:09: :edit
    前半けっこう面白いと思ったのに不評なのか
  38. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 21:01: :edit
    米34
    いまいちだね
  39. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 21:23: :edit
    蒼い子がサンタになった話は良かったなぁ……
  40. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 22:17: :edit
    ビスクドールだっけ?
  41. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 22:57: :edit
    予想の斜め上をいってた
  42. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 23:52: :edit
    前半感動した

    蒼星石は俺の嫁
  43. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 23:53: :edit
    前半不評みたいだが普通にドラえもんの
    だるまおとしハンマーの話みたいな感じで再生されて
    普通に楽しめた
  44. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/01(月) 23:54: :edit
    アドゥモンステレオモ!(どけ!俺だって出来るさ!)
  45. 名前:   #-: 2009/06/02(火) 19:37: :edit
    米34
    真実を突きつけられたら釣りにして誤魔化せばいいとか甘えるな屑

    >>42
    蒼星石は俺の嫁だと何回言えば分かるんだ糞野郎
    お前どうせ気分で言ってるだけだろSS読んだ後だから言ってるだけだろ
    実生活でご結婚はされていますかって聞かれて蒼星石が私の嫁ですって言えるのかこの廃棄物野郎
  46. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/02(火) 20:34: :edit
    後半好きだ
    面白かったぜ

    ※45
    いや蒼星石は俺の嫁だ
  47. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/02(火) 23:07: :edit
    じゃあ翠星石は俺がもらっておく
  48. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/02(火) 23:20: :edit
    誰かにとられる前に真紅は俺がもらっておきますね
  49. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/03(水) 19:22: :edit
    なら贋作さんは僕のところへ
  50. 名前:    #-: 2009/06/03(水) 22:10: :edit
    米45
    蒼星石は俺の嫁だとまだ理解できねえのかボケナスビ
    何が後半好きだだ、原作読み返して蒼星石について知って来い
    まあお前がいくら知っても蒼星石は俺の嫁だがな
  51. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/03(水) 22:41: :edit
    ※50
    自分でwww自分をwww
  52. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/05(金) 14:35: :edit
    ※45

    言えるが?
  53. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/06/06(土) 17:13: :edit
    うーん。変態蒼SSは確かに衰退していってるなあ。ただ、勢いだけかもだけど、>>1の変態蒼SSを書きたいっていう熱意は認める。

    作者&ぷん太乙!
  54. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/07/04(土) 03:38: :edit
    もう蒼星石って見るだけで変態と見えます
  55. 名前: #: 2015/03/02(月) 19:02: :edit
    このコメントは管理者の承認待ちです
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。