FC2ブログ

ジュン「ゴホッ…ゴホッ…」

***
2009/02/12(木)
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 20:04:14.41 ID:SzjZKc6X0
ジュン「うー…」

ジュン「気持ち悪い…頭も痛い……」

ジュン「熱でも計るか。」

…pppp

ジュン「39度2分…風邪引いちまったな」

ジュン「今日は寝てよう…」



バタン!
翠星石「いつまで寝てるですか!チビ人間」

ジュン(いきなり来たよ…)

翠星石「もうとっくに朝ですよ!とっとと下に降りて朝食にするです」

ジュン「いや、実はな…風邪引いちゃって、今日は一日寝かせてほしいんだよ」




3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 20:08:45.02 ID:SzjZKc6X0
翠星石「風邪?」

ジュン「あぁ…だから、今日はもう寝かせてくれ…」

翠星石「はぁ…」


バタン 
翠星石「……」

翠星石(これは…チャンスですぅ)

翠星石(風邪のジュンを必死に看病すればきっとジュンも翠星石のことが…)

翠星石(プクク…早速実行に移すです)



トントントン  ガチャ
翠星石(まずは…氷枕でも持ってってやるですかね)

翠星石(確か冷蔵庫に…)

真紅「翠星石?あなた…何をしてるの?」

翠星石「!」





5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 20:13:04.89 ID:SzjZKc6X0
真紅「ジュンを起こして、と頼んだのを忘れたの?」

翠星石(そうだったですぅ…ここで風邪のことを言っちまうと真紅に邪魔されるかもしれんですぅ)

翠星石「ジュンは…朝から勉強に集中したいから、誰も部屋に来ないでほしいと言ってたです」

真紅「ジュンが…?」

翠星石「朝食もいらないから、食べててほしいと言ってたです」

真紅「そう…なら雛苺。紅茶を淹れて頂戴」

雛苺「あいなの~」



翠星石(上手くいったです…)


真紅「あなたも朝食にしましょう?」

翠星石「え…?あ、あぁそうするです」

翠星石(焦りは禁物です…)




7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 20:18:28.90 ID:SzjZKc6X0
翠星石「…」 ガツガツガツ…

真紅「ちょっと翠星石!もう少し落ち着いて食べなさい」

雛苺「朝からよく食べるの~」

のり「翠星石ちゃんったら…どうかしちゃったの?」

翠星石(今は一分一秒が惜しいです!)


翠星石「…ふぅ。ごちそうさまです」

雛苺「ふぇぇ…翠星石ったら野獣みたいだったの…」

のり「あ、もうこんな時間。じゃぁみんな行ってくるわね…」

真紅「行ってらっしゃい」


バタン

真紅「さて、朝食の続きに…あら?翠星石、どこに行くの?」

翠星石「え!?えっと…その…」

翠星石(困ったですね…)





9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 20:22:02.56 ID:SzjZKc6X0
翠星石「ジュンが、朝食後に飲み物を持ってきてほしいと言ってたので仕方がねーから、持って言ってやるんですぅ」

真紅「そう…」


翠星石(少し苦しかったですかね?)

翠星石(とにかく、何とかなったです…)


翠星石「ポカリ、ポカリ…」

翠星石「…ないですねぇ…水にしとくです」


真紅「さて、私はくんくんでも…」

雛苺「ヒナもヒナも~」





10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 20:24:53.46 ID:SzjZKc6X0
トントントン コンコン 
翠星石「チビ人間。氷枕と水を持ってきてやったですよ」

翠星石「翠星石に感謝するです!」

……


翠星石(…?返事がないですね)

翠星石「入るですよ~…」

翠星石「……!!」


翠星石「あ…あれ?ジュンがいないですぅ…」




13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 20:30:45.55 ID:SzjZKc6X0
翠星石「さっきまで寝てたはずですけど…」

翠星石「窓は閉まってるですぅ……」

翠星石「まさか…」


ドタドタドタ…

翠星石「う~…ん。靴があるから、家から出てはないですね」

翠星石「どうしちまったんですかね…」



真紅「さっきから何をぶつぶつ言ってるのかしら?」

翠星石「うわぁ!!真紅??脅かすなですぅ」

真紅「あなたの様子が朝からおかしいから気になってたのだわ」

翠星石「はぁ…」

真紅「何かあったの?」

翠星石(もう嘘ついてても仕方ないですね…)




15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 20:35:48.12 ID:SzjZKc6X0
翠星石「実は…かくかくしかじか」

真紅「ジュンが…?」

翠星石「どこにも見当たらんのです」

真紅「確かに、のり以外、外には出てないからおかしいのだわ」

雛苺「うゆ~…どうしたの?」

翠星石「チビ苺には関係ねーです…」

真紅「そんなことないわ翠星石。雛苺にも伝えときましょう」

翠星石「はぁ…」

真紅「実はジュンが…」

雛苺「いなくなっちゃったの?」

真紅「そうね…この家から出てはいないと思うのだけれど」

翠星石「下には来なかったですし…」

真紅「風邪をひいてるのに、わざわざ動き回れるとも思えないし…」




18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 20:41:17.16 ID:SzjZKc6X0
翠星石「とにかく、家中を探してみるです」

雛苺「あいなの!」

――10分後――


真紅「ダメね、リビングにもトイレにものりの部屋にもいないのだわ」

雛苺「ジュンの部屋にもいなかったの…」

翠星石「物置も探したですが、いないです…」


真紅「いったいどこへ行ってしまったのだわ…」

雛苺「ジュン、こののまま帰ってこなかったら…」

真紅「何を言ってるの!ジュンは私たちが見つけるのだわ…全く世話のやける下僕を持つと苦労するわ…」

翠星石「でも…どうするです?」




20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 20:45:41.39 ID:SzjZKc6X0
真紅「他のドールにも聞いてみましょう。何か知ってるかもしれないし…」

翠星石「蒼星石はもうすぐ遊びに来る時間だから来るです」

雛苺「金糸雀は、さっきから庭でうろちょろしてるの~。不審者なのー」

真紅「それはいつから?」

雛苺「ヒナたちが起きてここにいる時からなの…たぶん7時くらいなの」

翠星石「ジュンはまだ寝てたから、金糸雀じゃないですね」

真紅「じゃぁ、ほっときましょう」


―庭―
金糸雀「みんな、何を話しているのかしら…」




20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 20:45:41.39 ID:SzjZKc6X0
真紅「他のドールにも聞いてみましょう。何か知ってるかもしれないし…」

翠星石「蒼星石はもうすぐ遊びに来る時間だから来るです」

雛苺「金糸雀は、さっきから庭でうろちょろしてるの~。不審者なのー」

真紅「それはいつから?」

雛苺「ヒナたちが起きてここにいる時からなの…たぶん7時くらいなの」

翠星石「ジュンはまだ寝てたから、金糸雀じゃないですね」

真紅「じゃぁ、ほっときましょう」


―庭―
金糸雀「みんな、何を話しているのかしら…」




21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 20:51:34.01 ID:SzjZKc6X0
翠星石「…あっ!物置の部屋が光ったです」

真紅「誰かがnのフィールドを使って来たわね」



蒼星石「あれ?なんで皆廊下にいるんだい?」

翠星石「蒼星石だったですか」

蒼星石「今日はたまたまnのフィールドから来たんだ。それで、なんで廊下で…」

雛苺「実は…かくかくしかじか…なの」

蒼星石「ジュンくんが…?でも、僕は何も知らないな」

真紅「そう…」

蒼星石「僕も手伝うよ」

真紅「ええ、人出が多いに越したことはないのだわ」

雛苺(金糸雀は…)

翠星石「残ってるドールは…」




23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 21:01:25.98 ID:SzjZKc6X0
蒼星石「とりあえず水銀燈…だね」

真紅「そうね…でも、いつもどこにいるのか知らないのだわ」

翠星石「え?」

蒼星石「そうなの?」

雛苺「意外なの…」

真紅「な…なんで私が水銀燈の居場所を知ってなきゃならないの?」

翠星石「むしろ、一番水銀燈のことを知ってると思ってたです…」

真紅「じゃぁあなた達は知ってるの?」

蒼星石「多分、水銀燈の契約者のいる病院にいると思うよ」

翠星石「nのフィールドから行くです」

真紅「そうね…ねぇ、雛苺。あなたは知ってたの?」

雛苺「知ってるの…真紅も一緒に行こうって誘ったけどその時の真紅はくんくんに夢中で聞かなかったの」

真紅「ああら、そうだったの…」



翠星石「何してるです?早くしないと、置いてくですよ」




24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 21:08:15.06 ID:SzjZKc6X0
―病室―

めぐ「ねぇ、水銀燈」

水銀燈「なによ」

めぐ「この間遊びにきた他の人形たちも、あなたと同じローゼンメイデンなんだよね?」

水銀燈「それがどうかした?」

めぐ「やっぱり、水銀燈が一番綺麗よね」

水銀燈「当たり前じゃない。アリスになるのは、この私なんだから…、アリスゲームを忘れて遊んでる真紅たちに、アリスになる資格はないわぁ」

めぐ「フフフ…」

水銀燈「な…何がおかしいのよ!」

めぐ「その割には、楽しそうに遊んでたなぁって」

水銀燈「な…フン。もういいわぁ」

めぐ「気に障っちゃった?」

水銀燈「別に…あら?」

めぐ「どうかした?水銀燈」

水銀燈(誰かがnのフィールドを使って来てるわね…)





27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 21:17:10.51 ID:SzjZKc6X0
水銀燈「…って、あなたたちじゃないの」

翠星石「邪魔するですよ」

蒼星石「あ、めぐさんも、こんにちは」

めぐ「ふふふ」

真紅「あれが水銀燈のミーディアム…」

雛苺「久しぶりなのー」


水銀燈「何の用?アリスゲームでもしに来たのぉ?」

蒼星石「いや、実はね…かくかくしかじか」

水銀燈「ふぅん。残念だけど私は知らないわぁ」

翠星石「なら、ここに用はねぇです」

真紅「いったいジュンはどこに行ってしまったのかしら…」

蒼星石「いったんジュンくんの家に行こう」

水銀燈「面白そうね…私も行くわぁ」

雛苺「ふぇ?」

水銀燈「なによぉ、私がいたら迷惑なわけ?」




28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 21:19:21.14 ID:SzjZKc6X0
蒼星石「いや、君が協力してくれるなんて思ってなかったからね」

水銀燈「どういう意味よぉ」

めぐ「あんまり遅くならないでね…水銀燈」



翠星石「じゃぁ行くです」




30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 21:25:07.02 ID:SzjZKc6X0
―桜田家―

真紅「人出が集まったはいいけど、手がかりはまるでなしなのだわ」

蒼星石「そうだね…」

翠星石「しばらく考える時間にして、何か案を考えるです」

水銀燈「どこかで野垂れ死んでんじゃないのぉ?」

雛苺「そんなことないもん!ジュンは…ジュンは…」 グスッ

蒼星石「ちょっと水銀燈!言っていいことと悪いことがあるよ。ほら、泣かないで雛苺…」

真紅「蒼星石の言う通りよ、第一、ミーディアムが死んでしまったら私と翠星石はそれが分かるのだわ」

水銀燈「わ…悪かったわよぉ……」



―庭―
金糸雀「いつの間にか水銀燈まで増えてるかしら…カナだけ仲間外れかしら」 グスン




31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 21:26:59.26 ID:A0VIjOyXP
カナリアワロスww




33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 21:29:11.72 ID:SzjZKc6X0


……

………


ジュン「…ん……」

ジュン「あ、あれ?ここは…?」

ジュン「おかしいな。確か僕は部屋で寝てたんだけどな…」

ジュン「ゴホッ…。あぁ、まだ体が重い…」

???「お目覚めになられました…?」

ジュン「誰だ?」




43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 22:06:29.52 ID:SzjZKc6X0
雪華綺晶「お久しぶりです…」

ジュン「お前は…確か雪華綺晶!なんでここに…」

雪華綺晶「うふふふ」

ジュン「まさか、また真紅達と…」

雪華綺晶「違います」

ジュン「じゃぁ、なんで」

雪華綺晶「それは…その………」

ジュン「?」

雪華綺晶「ジュン様のことが……」

ジュン(うぅ…また気分悪くなってきたな)

ジュン(てかこいつは何を言ってんだ?)

雪華綺晶「ジュン様のことが…好きで、それで…その…」



ジュン「え?ええええええええええええ?」

ジュン(いきなり何言ってんのこいつは?)





47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 22:14:23.94 ID:SzjZKc6X0
雪華綺晶「ジュン様と二人きりに…」

ジュン「いや、でもいきなりそんなこと言われても…」

雪華綺晶「そんな…。私のこと嫌いですか…?」

ジュン「いや、そうは言ってないけど…」

ジュン(やばい…頭痛い……風邪が悪化する前に帰んないと。ここにはベッドもないし…)

雪華綺晶「じゃぁ私と二人でここにずっと…」

ジュン「いや…あのさ雪華綺晶?流石に真紅達も心配して…」

雪華綺晶「…」

ジュン「だから、今度一緒に遊んでやるから今日はこれで…」

雪華綺晶「…嫌です」

ジュン「…え?」

雪華綺晶「絶対にここから帰しませんよ?」






48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 22:15:43.45 ID:cP4YLYge0
病んどるがなwww




51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 22:18:26.39 ID:SzjZKc6X0
ジュン「なんで…」

雪華綺晶「ずっと私と一緒にいてもらいます…ジュン様が死ぬまで」

ジュン「な!!」


ヒュン ヒュン
ジュン「何だこれ…白い…薔薇?」

雪華綺晶「暴れられても困るので縛り付けておきます…」

ジュン「な…ゴホッゴホッ」

ジュン(意識が朦朧とする…誰か…)

雪華綺晶「ウフフフフフフ…クスクスクス」

ジュン(助けてくれ―――)




57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 22:25:13.16 ID:SzjZKc6X0
―桜田家―

真紅&翠星石「!!!」

蒼星石「どうしたの?」

水銀燈「何か案でもまとまったのぉ?」

真紅「ジュンの居場所が分かったわ…」

雛苺「え…?」

翠星石「nのフィールドにいるです!」

真紅「でも、かなり危なそうね…指輪から伝わってくる力が弱弱しいのだわ」

蒼星石「じゃぁ、すぐに助けに行かないと…」


―庭―
金糸雀「…泣いてる場合じゃないかしら」

金糸雀「ここは勢い良く玄関から入ってカナも混ぜてもらうべきかしら…そうと決まったら…」




59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 22:27:24.72 ID:SzjZKc6X0
翠星石「行くですよ!」



ガチャ!
金糸雀「ご機嫌いかがかしら皆々様!」

金糸雀「…あれ?」

金糸雀「…………誰もいないかしら…」 グスン




61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 22:28:43.46 ID:/LRrk1ik0
かなりあwwww




62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 22:29:52.57 ID:lbPeOY9N0
ちょwww空気扱いwww




66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 22:34:29.07 ID:SzjZKc6X0
雪華綺晶「フフフ…ご機嫌いかがですか?」

ジュン「………頼む…家に帰してくれ…」

雪華綺晶「それはできません。あなたは一生私のおもちゃになるんだから…」

ジュン「…」

ジュン(そろそろ頭も回らなくなってきた…)




真紅「指輪に伝わる力が弱まって来てるのだわ!」

水銀燈「こっちで合ってるのぉ?」

翠星石「間違いないです!」

蒼星石「ただでさえ風邪で体力が落ちているのに、いったい誰がこんなことを…」

雛苺「うゆ~…ジュンは雛が助けるの!!」






69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 22:39:55.51 ID:SzjZKc6X0
翠星石「あれですぅ!あの扉の向こうにジュンはいるはずです…!!」

真紅「ジュン…今行くのだわ!」


―桜田家―
金糸雀「…とりあえず、暇つぶしになりそうなものを探すかしら…」

金糸雀「……」

金糸雀「オセロと将棋とボード―ゲームとトランプとウノが見つかったかしら…」

金糸雀「……どれも一人じゃ出来ないかしら…」 グスン




78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 22:48:18.52 ID:SzjZKc6X0
―nのフィールド―

ガチャ…

真紅「ジュン…!」

雪華綺晶「あらぁ…くすくす…どうしたんですか?お姉様達…」

翠星石「雪華綺晶!お前がジュンを…」

蒼星石「どういう理由か説明してもらえるかな?」 シャキン

水銀燈「あら…もう戦いを始めるつもりぃ?」

真紅「ジュンを返しなさい…!」

雛苺「そうなの!ジュンは今風邪を引いてるの!早く帰って寝てないとだめなの!」





雪華綺晶「…嫌です」  





84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 22:55:38.31 ID:SzjZKc6X0
真紅「なっ…」

雪華綺晶「私とジュン様は一つになる…邪魔はさせません…」

水銀燈「はぁ?何言ってんのあなた…」

蒼星石「君がどう思ってるかは知らないけど、このままだとジュンくんが危険だからそれはさせないよ!」



雪華綺晶「…嫌です…絶対に……」

真紅「何故そこまでジュンを…」

雪華綺晶「ジュン様は…ジュン様は………はじめて私と対等に話をしてくれた大切な人なんです…!」 ポロポロ

雛苺「……雪華綺晶…泣いてるの?」



雪華綺晶「…え?」

真紅「………ふぅ、仕方ないわね」




90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 23:06:13.23 ID:SzjZKc6X0
真紅「ジュンはnのフィールドで看病しましょう」

翠星石「な…何を言ってるです?それじゃぁ翠星石たちがここに来た意味がなくなっちまうですぅ!」

蒼星石「どういう意味なんだい?」

真紅「nのフィールドならば雪華綺晶も看病できるのだわ」

雪華綺晶「紅薔薇のお姉様…」

蒼星石「でもそれじゃぁジュンくんが…」

真紅「こっちが二人ずつ見張って入れば問題はないのだわ」

水銀燈「私は嫌よ…そこまで付き合いきれないわぁ」

蒼星石「僕は…別にかまわないけど、翠星石はそれでいいのかい」

翠星石「………蒼星石がそう言うなら構わんですぅ…」


真紅「それで決まりね。あとはあなた次第よ雪華綺晶…この条件で手が打てないなら、私たちはあなたを敵とみなすのだわ」



雪華綺晶「……ありがとうございます……お姉様達…」




96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 23:19:33.65 ID:SzjZKc6X0
真紅「じゃぁ、ジュンを解放して」

雪華綺晶「はい…では空間も多少変化させるので…」

翠星石「そんなことまで出来るんですか?」

蒼星石「すごいなぁ…」

雪華綺晶「長いことnのフィールドにいましたから…」




雛苺「一瞬でベッドが出てきたの~…」

水銀燈「どうでもいいけど、そろそろ帰っていいかしら?後はなんだか退屈そうだしぃ…」

バサッ バサッ バサッ


翠星石「帰っちまいやがったです」

蒼星石「そんなことより、ジュンくんはどうしたんだい…?」

雛苺「ベッドで寝てるの~」

翠星石「朝より顔色が悪そうですぅ」

雪華綺晶「…!!………ご…ごめんなさい…」





98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 23:29:58.38 ID:SzjZKc6X0
真紅「全く…本当に手のかかる家来なのだわ」


雪華綺晶「あ…」

蒼星石「あまり気にしないほうがいいよ雪華綺晶…」

雪華綺晶「…え?」

蒼星石「なんだかんだ言っても、真紅もジュンくんのことが好きなんだよ…。だから、君の事も分かってくれてると思うよ」

雪華綺晶「本当に…?」

蒼星石「ただし、今回のようなやり方は、結局誰も喜ばないよ。君だって、本当はジュンくんには元気でいてほしいでしょ?」

雪華綺晶「…」

蒼星石「後でちゃんとジュンくんに謝っておきなよ…?」

雪華綺晶「はい…ありがとう……蒼薔薇のお姉様…」



雛苺「なんだかんだ言っても一件落着なの~」

翠星石(本当は…翠星石だけがジュンの看病をする予定でしたのに……仕方ないです…)




99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 23:38:50.50 ID:SzjZKc6X0
―3日後・桜田家―

真紅「ジュン!?そろそろ行くのだわ」

ジュン「行くって…どこにだよ」

翠星石「nのフィールドです」

ジュン「昨日帰って来たばかりじゃないか…やっと風邪治ったって言うのに…」

雛苺「雪華綺晶に会いに行くの~」

ジュン(マジかよ……)


真紅「あら、顔色が悪いわよ?ジュン」

ジュン(あの後必死で謝ってくる雪華綺晶見てたら何だかこっちが悪い気がしてきてなぁ…)


真紅「大丈夫よ、彼女だってもうあんなことしないと私は信じているのだわ」

ジュン「また僕の心を読み取ったな…」

真紅「今までずっと孤独だったんですもの…誰かに甘えたくなるのは、人間も同じでしょう?」




100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 23:46:16.78 ID:SzjZKc6X0
翠星石「真紅~?そろそろ行くですよ~」

真紅「分かったのだわ。さぁジュン…行きましょう…」

ジュン「分かったよ。どうせ、家に居てもやることないしな」

ジュン(何となく、雪華綺晶の気持ちも分かるしな)

          

ガチャ


金糸雀「今日こそは…ご機嫌いかがかしら~皆々様!」

金糸雀「って、また今日も誰もいないかしらぁぁぁ…」 グスン

     ―完―




101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土) 23:48:12.74 ID:/LRrk1ik0
結局かなりあwwww

乙でした






----------------------
当ブログについて
※欄266さんありがとうです。



友だち地獄―「空気を読む」世代のサバイバル (ちくま新書)
友だち地獄―「空気を読む」世代のサバイバル (ちくま新書)土井 隆義

筑摩書房 2008-03
売り上げランキング : 8517

おすすめ平均 star
starスゲー
star正に烏合の衆
star戦後教育の犠牲者達

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



読み物:ローゼン
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 14:01: :edit
    ゲット
  2. 名前: 通常のナナシ #mQop/nM.: 2009/02/12(木) 14:02: :edit
    カナカワイソス
    ww

    ぷん太乙(・ω・)
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 14:07: :edit
    あまぞん
  4. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 14:10: :edit
    ゴホッ!ゴホッ!
    実は俺も風邪引いてるんだ…
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 14:21: :edit
    初一桁
  6. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 14:23: :edit
    カナリア空気過ぎる
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 14:25: :edit
    なんだかんだでカナは空気じゃないんだよな
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 14:34: :edit
    金糸雀の扱いの悪さに全俺が哭いた
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 14:40: :edit
    朝飯が朝倉に見えた
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 14:42: :edit
    さっぱり・・・し過ぎかも?

    とりあえず最後辺りでカナが皆と会えたけど「誰?」と言われるあのお約束が欲しかった!!
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 14:59: :edit
    つまんねぇ
    つまんなすぎる
    笑えるわけでなし、かといってそこまで良い話でも無いし。ぷん太も選べよな。
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 15:06: :edit
    凡打
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 15:08: :edit
    つまらんよ、これは
    gdgdだ
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 15:12: :edit
    カナリアは名前が出てくるだけマシなレベルかww
    ああ、ばらしーは今俺の隣で寝てるから心配するなよ。
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 15:15: :edit
    キム相変わらずの扱いで安心した。
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 15:24: :edit
    展開が平坦過ぎるな
  17. 名前: 通常のナナシ #aIcUnOeo: 2009/02/12(木) 15:38: :edit
    参考になって面白かった。
    もっと書いてほしい。
    でも確かにいろいろ省略が多いとは思う。
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 15:38: :edit
    茶番だ。
  19. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 15:46: :edit
    良くもなく悪くもなく
    正にただのSS
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 15:48: :edit
    これが普通なんだろうが、前のハルヒ2作読んだ後じゃ物足りないな
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 16:04: :edit
    さらっとしてたな
    この位のほうが読みやすいぜ
  22. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 16:13: :edit
    みんな辛口だな、おい
  23. 名前: 安息の名無しさん #-: 2009/02/12(木) 16:37: :edit
    雪華綺症
  24. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 16:49: :edit
    ヴォリュームはこれ位でも全然良いと思う
    でも同じぐらいの長さのSSに比べて何か少し物足りないような気がする
    覚えた手の人が作ったFlashのゲームみたい
  25. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 17:03: :edit
    ただひたすらに平野だな。
  26. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 17:05: :edit
    ぷん太は新人育てたいんだろ
    未来あるぞカナの扱い的に
  27. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 17:14: :edit
    1さん&ぷん太乙!!

    だがしかし、1>>は全国4・50人のカナリアン及びピチカー党を怒らせたようだな。
  28. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 17:18: :edit
    これは前の続きかな?
  29. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 17:39: :edit
    JUMと一緒に暮らしてるドールズはまぁよしとしても、雪華綺晶なんてJUMとほとんど接点無かったくせにJUMのことが好きって・・・。
    こういう安易なJUMハーレム設定やめろよ。不愉快だ。
  30. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 17:48: :edit
    ※29
    プークスクス
    批判して俺カコイイですかw
    流石ッスね、マジ先輩パネェッスwwwww
  31. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 18:18: :edit
    きらきー出れば後は何でもいい。
  32. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 18:21: :edit
    あれ?ぷん太のコメ欄はこんな評論家だらけだったか?
  33. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 18:24: :edit
    最後まで読めないタイプのSS
  34. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 18:30: :edit
    こうやってぷんたは討論させるのが好きだよな
  35. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 18:45: :edit
    別の話と繋がってるっぽいけど、何の話と繋がってるんだろうか・・・?
  36. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 18:54: :edit
    カナはとりあえずハブっときゃいいみたいな風潮は何なの?
  37. 名前:   #VrDSYLYw: 2009/02/12(木) 19:13: :edit
    カナリアというかエアリアというかw
  38. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 19:15: :edit
    なにが面白いのかさっぱり分かりません┓(´ー')┏
  39. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 19:20: :edit
    同 人 誌 以 下
  40. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 19:43: :edit
    米27
    残念だが、全国には俺を含めても三十余人しかカナリアンはいない。
  41. 名前: 通常のナナシ #x9c5GV3o: 2009/02/12(木) 19:43: :edit
    スレタイでグレダガルドに逝く鷹志君かとオモタ
  42. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 19:50: :edit
    おもしろかった。
    作者、ぷん太ありがとう!
  43. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 19:55: :edit
    ほのぼのでもなんでもないなこれw
    でも何故か安心した
  44. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 19:56: :edit
    ああ、普通だ普通すぎる
    でも、こんな普通のが多かったのが
    昔のぷん太なんだよな
    今は変態が多すぎるからこまる
  45. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 19:58: :edit
    こんなもんでいいんだよ。最近変態すぎて飽き飽きしてたんだ
  46. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2009/02/12(木) 20:02: :edit
    とりあえず起承転結がない?というか
    すごく判りづらいのと
    俺の嫁のカナリアを空気扱いしたのが
    激しくいただけないな
  47. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 20:17: :edit
    ※44
    アホか、ぷん太=変態っていうのは昔からだ
  48. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 20:28: :edit
    何というピチカー党涙目
  49. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 20:35: :edit
    スレタイ見て北の国からの事かと思った
  50. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 20:39: :edit
    カナリアの空気属性なんとかしろよ・・・
  51. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 20:39: :edit
    今回ばかりは批判米に賛同出来るな
    あまりにさらっとし過ぎだろ……
  52. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 20:54: :edit
    銀ヒナ入れ替わりと苺落としのほのぼのが目立つからメチャメチャ普通に見える
  53. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 20:56: :edit
    お前ら変態に慣れすぎてしまって普通のssじゃ受け付けない体になったんだね…
  54. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 21:12: :edit
    つまらないと思いながら最後まで読む暇人って・・・
  55. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2009/02/12(木) 21:28: :edit
    とりあえず短かったなw
    このあとどうなるかwktkしながら読んでたら終わったwwwww
  56. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 21:35: :edit
    金があっても毎日フルコースばかりではなく、たまにはお茶漬けなどの質素なものを食べてみたくなる。
    そういうことだ。
  57. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 21:45: :edit
    おいおい
    銀様をもっと使いなさいww
  58. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 21:53: :edit
    JUMはタミフルで飛び降りて居なくなったのかと思った
  59. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 22:05: :edit
    あっさりしすぎてるな。
    きらきーとJUMが対等に話したというときの回想と
    きらきーとのその後くらいあっても良かったと思う。

    つまらないというよりは最後まで読んだ気がしないので
    続きを読ませて欲しいと思える作品だね。
  60. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 22:11: :edit
    ※40
    俺もいるから全国で大体三十人近くになるな
  61. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 22:19: :edit
    あっさりって言うか、展開が期待外れな感じ
    いや別に変態が読みたいってわけじゃ無くw
    ジュンがいなくなったところで消失ミステリーを期待したんだけどな……
  62. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 22:20: :edit
    おまいらは変態がないと不満そうだなww
  63. 名前:   #-: 2009/02/12(木) 22:35: :edit
    スレタイを見たとき、ジュンが老人になった時代かとおもた
  64. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 23:11: :edit
    これはこれで悪くないと思うけど、
    展開にひねりと言うか、
    カナリア大活躍を期待してしまった。
  65. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/12(木) 23:12: :edit
    ※4
    やらないか?
  66. 名前: 名無し #-: 2009/02/12(木) 23:58: :edit
    この作者に期待!
  67. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/13(金) 01:13: :edit
    ※35
    雛と銀の人格が入れ替わった奴だな。
    確かにもう一ひねりいれても良かった気がするけどこれでいい。
  68. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/13(金) 01:18: :edit
    こういうサラっと読めるSSは好きだな
  69. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/13(金) 02:29: :edit
    薄味SS。でも面白かった。乙
  70. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/13(金) 02:53: :edit
    普通に面白く読めたけどなぁ・・・
    そんなに物足りないか?
  71. 名前:   #-: 2009/02/13(金) 11:46: :edit
    キラキーが仲良く遊ぶssは好きなんだぜっ!
  72. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/14(土) 02:05: :edit
    きらきーに萌えた
  73. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/14(土) 23:23: :edit
    内容薄すぎてごめんなさい

    ぷん太に載るとは思わなかった……
  74. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/14(土) 23:26: :edit
    ※73
    次頑張ればいいさ
    期待してます
  75. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/17(火) 01:00: :edit
    いいじゃないか
    ほのぼの大好きだよ
  76. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/23(月) 20:11: :edit
    翠星石の看病で・・・チョ!オマ!ナニス・・・
  77. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/02/28(土) 18:19: :edit
    ※73
    正直何がしたいのかあまり分からんかったのでもったいない
    きらきーがJUM好きって話をたくさん書きたかったのか?
    SSなんて作者の妄想なんだから、無理に話まとめようとしないで、やりたいことだけやればいいと思う
    俺も話まとめるの苦手
    文章うまいから次期待しちゃうよ
  78. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/03/01(日) 16:38: :edit
    ※77
    ありがとうございます

    精進いたします

    前作も同じようなこと言ったけど……

    進歩なくて申し訳ないです
  79. 名前: +吉良+ #-: 2009/03/07(土) 17:16: :edit
    きらきー可愛いなぁ(^^*)
  80. 名前:   #-: 2009/09/12(土) 20:58: :edit
    ・・・じゅんにゃんの事かと思ったのに・・・。
  81. 名前:  アナログ #-: 2010/02/28(日) 18:02: :edit
     39度も熱があるのに、ジュンをnのフィールドに連れて行くなんて、やる事が危なすぎる。 
     
  82. 名前: みっちゃん #-: 2013/02/08(金) 15:04: :edit
    カナァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!
  83. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/02/21(木) 20:18: :edit
    きらきーは病んでるもんなぁ…
  84. 名前: 通常のナナシ #-: 2013/05/20(月) 21:20: :edit

    なかなか良かったぜィ!!

    そして結局カナはこんな扱いかィwwww
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.