FC2ブログ

真紅「痔になってしまったのだわ」

***
2009/01/25(日)
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 18:59:21.20 ID:d526DrGQO
真紅「ジュン、薬を塗ってちょうだい」

ジュン「僕がか?」

真紅「そうよ。あなたは私の下僕なのだから当然でしょう。早くしてちょうだい」

ジュン「わ、わかったよ。尻を見せてみな」

真紅「いい子ね、ジュン。ハイ。」




3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 19:02:03.47 ID:/bZHpVCg0
「いい子ね」って結構イイ・・・・・。うん。言われてみたい




4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 19:04:16.41 ID:d526DrGQO
ジュン「ここか…でも薬なんかなんかで治るのか?」

真紅「大丈夫よ。槐印のドール専用の特殊な薬だから」

ジュン「そ、そうか…どうだ、真紅」ヌリヌリ

真紅「あぁ…イイわよ…ジュン。」

真紅「でも患部は奥の方にもあるの。そっちも塗ってちょうだい」

ジュン「奥って…アナルに指を突っ込めってのか」

真紅「そうよ。早くしてちょうだい」

ジュン「うぅ…わかったよ。行くぞ真紅」

真紅「ええ…来てっジュン」





5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 19:07:58.26 ID:Gq1SZenOO
翠の子「中にちゅぅうっと注入してやるですぅ!」

銀様「あらぁ?外にもスッと塗れるのよぉ」

カナ「か、画期的なのだわ…」




6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 19:08:26.81 ID:d526DrGQO
ズブズブズブ

ジュン「どうだ、真紅」

真紅「あぁ!イイわ、ジュン。スッゴクイイッ!!!」

その様子を部屋の外からこっそり見ているドールが一人

翠星石「うぅー、真紅のやつうらやましいですぅ。翠星石もジュンにケツ穴に指をズブズブ突っ込んでもらいたいですぅ。」

翠星石「こうなったら翠星石も痔を患ってやるですぅ」




9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 19:12:41.58 ID:d526DrGQO
翠星石「ちょうど良いところにビール瓶が落ちてたです。これをアナルに入れればアナルが裂けて切れ痔になるはずですぅ。」

翠星石「早速やってみるですぅ。では、いくですぅ」

地面にビールの空き瓶を立て、その口先に自分のアナルをくっつける翠星石。
そしてそのままゆっくりと腰を降ろし、自らのアナルにビール瓶を少しずつ入れてゆく。

翠星石「ふぐっ………」ムリ

翠星石「ふぐぐっ……」ムリムリ
翠星石「…ふうっ……ぐうぅぅ…………っ…」ムリムリムリ

翠星石「はあああっやっぱダメですぅー!これ以上は怖くてできねぇですぅ!」
スポン

「あらぁもう止めちゃうのぉ?」

翠星石「!?」





10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 19:16:16.73 ID:d526DrGQO
「ざぁんねん、もうちょっと見てたかったのに」

翠星石「す、水銀燈!ののの覗いてやがったですかっ!?」

水銀燈「あらぁ覗いてたなんて人聞きの悪い。私はたまたまここに通りかかっただけよぉ。こんな空き地のど真ん中でそんな事してる貴女が悪いんじゃなくって?」

翠星石「ううぅ…」

水銀燈「まったく、自分で自分のアナルにこんなもの刺して遊んでる変態が同じ姉妹だなんて信じられないわぁ」

翠星石「ち、違うです水銀燈!これには深い理由があるです!」

水銀燈「理由?」

翠星石「じ、実は…」




11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 19:20:56.74 ID:d526DrGQO
翠星石「…という理由です」

水銀燈「あっきれた。それじゃあマスターにアナルファックしてもらう口実を作るために、自分のアナルをジャンクにしようとしてたわけ?」

翠星石「ですぅ」

水銀燈「お馬鹿さぁん。素直にそのマスターにアナルをファックしてくださいって言えば良いじゃなぁい」

翠星石「そそそそそんな恥ずかしい事言えるわけねーですぅ!!!/////」

水銀燈「私なんてそんな事毎日マスターとしてるわよ」

翠星石「ま、毎日ですか?」




12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 19:21:09.06 ID:JzNiOCtF0
ぬりますか?ぬりませんか?




14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 19:23:17.67 ID:d526DrGQO
水銀燈「毎日よ。朝、昼、晩。1日3回はしてるわね」

翠星石「1日3回もですか…羨ましいですぅ」

水銀燈「ま、まぁ私の場合マスターがどうしてもって懇願するから、仕方なくやらせてあげてるだけだけどねぇ?」

水銀燈「ま、どうせ貴女には自分で自分のアナルをジャンクにする勇気なんて無いんだから、せいぜい頑張ってマスターにお願いするのね。バイバァイ」

翠星石「あっ水銀燈…いっちまったです」

翠星石「…もうだいぶ日が暮れてきたですね」

翠星石「…仕方ない、今日はもう帰るですか」




16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 19:26:30.90 ID:d526DrGQO
翠星石「ただいまですぅ…」

ジュン「あっ性悪人形、こんな時間までどこ行ってたんだ?」

翠星石「ちょ、ちょっとその辺を散歩してただけですよ」

ジュン「ふーん」

翠星石「…?どーしたですかジュン。人の顔じーっと見て」

ジュン「いや…なーんか元気が無いかなって」

翠星石「なっ何言ってやがるですかチビ人間!?翠星石はぜぜ全然元気ですよ!?」

ジュン「そうか?ならいいんだけど」

翠星石「そ、そーですよ………………あの…ジュン?…」




17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 19:28:07.20 ID:we2XLxWD0
めぐはナニを水銀燈に突っ込んでんだろう?




18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 19:30:27.00 ID:d526DrGQO
ジュン「なんだよ?」

翠星石「えーっと………そのぉ…/////」

ジュン「? どうしたんだ、言いたい事があるなら早く言えよ」

翠星石「や、やっぱなんでも無いです!翠星石はもう寝るですっ!おやすみなさいですっ!」

ジュン「もう寝るってまだ7時前だぞ!?おいっ!…行っちまった。どうしたんだ?あいつ」

雛苺「ジュ~ン、のりがご飯出来ましたよーって。うゆ、翠星石は?さっき声がきこえたの」

ジュン「あぁ、アイツならもう寝るって部屋に行っちまったよ」

雛苺「ふーん、変な翠星石」


ジュンの部屋

翠星石「やっぱり言えなかったです」

翠星石「翠星石にはジュンにアナルに指を入れてくださいなんて言う勇気はないです」

翠星石「でも自分でアナルを傷つける勇気もないし」

翠星石「………ハァ」




19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 19:34:40.58 ID:d526DrGQO
次の日

翠星石「…………………ハァ」

金糸雀「こんにちはーかしら」

翠星石「! 金糸雀」

金糸雀「あら?翠星石だけかしら?」

翠星石「チビ苺は巴の所に遊びに行って今日は帰ってこんです。のりは部活、真紅とジュンは下でくんくん見てるです」

金糸雀「あら、そうかしら」

翠星石「何しに来やがったですか金糸雀」

金糸雀「何しに来やがったとはご挨拶かしら!みっちゃんが゙きゅうじつしゅっきん〟だから仕方なく…」

翠星石「翠星石は今、金糸雀の相手なんかしてる気分じゃないです。遊び相手がほしけりゃ他をあたれです」

金糸雀「翠星石…何かあったかしら?」





20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 19:38:36.40 ID:d526DrGQO
翠星石「…何にもないですよ」

金糸雀「嘘かしら。だって翠星石すごく悲しそうな顔してるかしら。何か悩みがあるかしら?」

翠星石「お前に言ってもどうにもならんですよ!良いからほっとくです!」

金糸雀「そんな事言わずに話してみるかしら。大切な妹のそんな顔見たらほっとけないかしら。それに誰かに話すだけでもスッキリする事もあるかしら。」

翠星石「金糸雀…」

金糸雀「ねっ?」

翠星石「…実は」




22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 19:41:01.04 ID:MZGmaWdc0
さすがカナはいい姉だ




26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 19:48:20.37 ID:d526DrGQO
金糸雀「そ…そんな事があったかしら…」

翠星石「翠星石にはもうどうしたら良いかわからないです…」

金糸雀「翠星石…」

翠星石「翠星石は変なんですかねぇ。ジュンにアナルをファックしてもらいたいだなんて」

金糸雀「そんな事ないかしら!大好きな人にアナルをファックしてもらいたいと思うのは自然な事かしら!」

翠星石「金糸雀は…」

金糸雀「えっ?」

翠星石「金糸雀はデカ人間とその…したりするですか?…そう言う事/////」

金糸雀「カ、カナとみっちゃんかしら!?…えーっとそのぉ…するかしら/////」





28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 19:54:41.55 ID:d526DrGQO
翠星石「どんな風にするです?」

金糸雀「指を入れたりもするけどぉ…バイブを使ったりもするかしら」

翠星石「バイブ?バイブって何ですか?」

金糸雀「アナルに入れて使う道具かしら。アナルの中で振動してスッゴク気持ち良いかしら」

翠星石「そっそんな物があるですか。スゴいですぅ」

金糸雀「みっちゃんはカナのためにいろんなバイブを買ってきてくれるかしら」

翠星石「…金糸雀はマスターに愛されてるんですね…羨ましいですぅ」

金糸雀「翠星石…もう一度勇気を出してジュンにお願いしてみるかしら。」




29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 19:58:47.21 ID:d526DrGQO
翠星石「ダメですよ。どうせまた言えずに失敗するだけです。それに…」

翠星石「翠星石はいつもジュンに憎まれ口を叩いているから嫌われてるです。だから例え上手く言えたとしてもきっと断られるです。」

翠星石「翠星石にはそれが怖いんですぅ」

金糸雀「そんな事ないわ。ジュンだって翠星石が本当はとっても優しい良い子だってわかってるかしら。大丈夫かしら」

翠星石「でもぉ」

金糸雀「それに翠星石はこんなに可愛いかしら。こんな子にお願いされたら、きっとジュンだって喜んでOKするかしら」

金糸雀「翠星石…もっと自分を信じるかしら。それとマスターとの絆を。勇気を出してお願いすればきっと上手く行くかしら♪」

翠星石「金糸雀…」

金糸雀「…今日の所は失礼するかしら。それじゃあ翠星石、頑張るかしら」

翠星石「あ、ありがとうです。気をつけて帰るですっ」





30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 20:03:31.85 ID:d526DrGQO
翠星石「勇気をだして…自分とマスターとの絆を信じる…ですか。よし!」

トントントントン

階段を降りてリビングに向かう翠星石。
そこでちょうどトイレから出てきたジュンと鉢合わせた

ジュン「おっ翠星石」

翠星石「ジュ、ジュン」

ジュン「どうしたんだよ、くんくんも見ないで部屋にこもっちゃって。昨日も晩飯も食わずに寝ちまったし。」

ジュン「やっぱり何かあったんじゃないのか?」

翠星石「ジュン…実はジュンにお願いがあるです/////」

ジュン「お願い?」

翠星石「実は…
真紅「ジュン、ちょっといいかしら」




35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 20:11:54.29 ID:Kc06j4Q20
やっぱり人形は尻見られても恥ずかしくないんだな




36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 20:12:09.72 ID:d526DrGQO
ジュン「何だ、真紅?」

真紅「今日もあれをお願いしたいんだけど…/////」

ジュン「あ、ああ…あれか。わかったよ…/////」

真紅「そう。じゃあ部屋で待ってるわ。早く来て頂戴ね」

ジュン「うん、わかった。すぐ行くよ」

翠星石「………………」

ジュン「ああ、ごめん翠星石。それで何の話しだった?」

翠星石「…別にいいです」

ジュン「何だよ別にいいって」

翠星石「チビ人間ごときにお願いする事なんて何にも無いですっ!とっとと真紅のトコにでも行ってろですっ!」

ジュン「何だよその態度は!自分からお願いがあるって言ってたくせに!わかったもう良いよ、僕は部屋に戻るからなっ!」

翠星石「あっ…………」




39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 20:17:26.80 ID:d526DrGQO
翠星石「ジュン…行っちまったです…」

翠星石「やっぱり翠星石には恥ずかしくてジュンにアナルファックして下さいなんて言えないです」

翠星石「しかも真紅に嫉妬して逆ギレしてジュンを怒らせちまったです。きっともうジュンに嫌われてしまったです。」

翠星石「でも、真紅に呼ばれた時のジュンの顔…すごく嬉しそうだったです」

翠星石「最初からすでに翠星石が割り込む隙は無かったのかも知れないです」

翠星石「…………………」




44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 20:21:59.44 ID:d526DrGQO
その日の夜、翠星石の鞄の中

翠星石「眠れねぇです…」

翠星石「やっぱり翠星石は諦めたく無いです」

翠星石「大好きな人にアナルファックをしてもらいてぇです」

翠星石「こうなったらあの子に相談してみるです…」




48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 20:25:15.47 ID:d526DrGQO
次の日の朝

翠星石「たのもぉーです!」
蒼星石「はぁーい、って翠星石。こんな朝早くからどうしたの?」

翠星石「実は相談したい事があって…」

蒼星石「…その顔を見ると相当深刻な悩みみたいだね。とりあえずこんな所で立ち話も何だから上がってよ。話しは中でゆっくり聞くよ」

翠星石「はいです…お邪魔しますです」




50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 20:30:06.34 ID:d526DrGQO
蒼星石「それで相談って?」

翠星石「実は…」

翠星石は今までの事を全て蒼星石に話した。

翠星石「…と言うワケです」

蒼星石「(゚Δ゚)」

翠星石「…蒼星石?」

蒼星石「はっ!?ゴメンゴメンッちょっとビックリして(まさか僕の姉妹がこんな変態揃いだったなんて)」

翠星石「もうっ!ぼーっとして蒼星石、ちゃんと聞いてたですか!?」

蒼星石「だっ大丈夫だよ!話しはちゃんと聞いてたから…でも僕にはちょっと力になれそうにないんだけど」

翠星石「そんな事言わないで!もう蒼星石しか頼れる人はいないんですよ」ポロポロ

蒼星石「わ、分かったよ翠星石。だから泣かないで」

蒼星石「でもどうしたら良いのやら」

翠星石「…ひぐっ…そ、蒼星石にやってもらいたい事があるですよ」

蒼星石「僕に?」




51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 20:35:28.66 ID:d526DrGQO
蒼星石「…ホントにやるの?翠星石」

翠星石「良いからやるです!思いっきり来いです!」

蒼星石「気が進まないなぁ」

翠星石「早くその庭師の鋏を翠星石のアナルにぶっさすです!」

蒼星石「やっぱり素直にジュン君にお願いした方がいいんじゃ…」

翠星石「それは無理なんです!翠星石にはどうしても素直になる勇気が出せないんです!」

蒼星石「だからってこんな事…」

翠星石「もうこれしか無いんです!アナルに傷をつけて口実を作るしか!」

翠星石「でも自分でやったらまたビビって途中で諦めちまうです!だから蒼星石にお願いするしかないんです!」





53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 20:37:01.22 ID:we2XLxWD0
百合・近親・アナル開発……だと…?




55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 20:39:35.61 ID:d526DrGQO
蒼星石「でも、いくら君の頼みとはいえ君を傷つけるなんて僕には…
   (しかもこんな所に大事な鋏をいれるなんて)」

翠星石「お願いです、蒼星石っ!姉の為と思うならどうかやって欲しいです!」

蒼星石「翠星石…本気なんだね。分かったよ、そこまで君が望むなら僕もそれに応えよう」

翠星石「ありがとう、蒼星石。…さあ、バッチコイです。ためらわずに思いっきり来るです」

蒼星石「ああ、君の為に心を鬼にして全力でいかせてもらうよ!」

翠星石「あっ…やっぱそんなに全力でやらなくても…」

蒼星石「手加減は決してしないわ! 受け止めてぇぇぇっ!!!」

翠星石「ひぎゃぴいぃぃぃーーーーーー○♀△□@#&@℃/¥!!!!!!!!」




57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 20:44:20.49 ID:d526DrGQO
蒼星石「…翠星石」

翠星石「……………………ピクピク」

蒼星石「大丈夫?」

翠星石「……………………」

蒼星石「へんじがない ただのしかばねのようだ」

翠星石「…か…勝手に殺すなですぅ……」

蒼星石「あっ生きてた」




58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 20:48:37.04 ID:d526DrGQO
蒼星石「流石に刃を当てず鋏を閉じたままやったけど、ちょっと強くしすぎたみたいだね。ゴメン」

翠星石「し、死ぬかと思ったですぅ」

蒼星石「アナルの方は上手いこと良い感じに裂けてるね」

翠星石「あの衝撃でこの程度ですんで良かったです。丈夫なアナルに作ってくれたお父様に感謝ですぅ」

翠星石「蒼星石もありがとうです。これでジュンにアナルファックしてもらう口実ができたです」

蒼星石「そう?お役に立てて光栄だよ(なんか複雑だけど)」

翠星石「それじゃあ早速ジュンの所に行ってくるですぅ」

蒼星石「頑張ってね、翠星石(何を頑張るんだか知らないけど)」

翠星石「ですぅ♪」




60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 20:54:37.96 ID:d526DrGQO
桜田家・ジュンの部屋

翠星石「ただいまですぅ…」
ジュン「あっ翠星石。どこ行ってたんだよ」

翠星石「ちょっと蒼星石の所に…」

ジュン「だったら誰かに一言くらい言ってから行けよ!みんな心配するだろう!」

翠星石「ゴッゴメンナサイです!…心配……ジュンも心配してくれてたですか……?」

ジュン「うっ……ま、まあ一応な。お前最近様子変だったし、飯だってほとんど食ってなかっただろ」

翠星石「……(ジュンが心配…嬉しいですぅ)/////」

ジュン「お前顔が真っ赤だぞ。大丈夫か?やっぱりどこか身体の調子が悪いとか…」

翠星石「へっ?いっいや身体は全然大丈夫ですよ!?いや、大丈夫ではないんですけど!」

ジュン「何言ってんだお前?」

翠星石「えーっと、あーっと、そのぉ…」




62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 20:59:33.24 ID:d526DrGQO
翠星石(やっぱりダメです!口実を作っても恥ずかしいもんは恥ずかしいですっ!)

翠星石(それに薬を塗るのも断られたらどうするですっ!?そんな事になったらもう一生立ち直れないです!)

翠星石(でもせっかく蒼星石にも協力してもらったのにこのままじゃ何もかもが無駄になっちまうですっ!)

翠星石(こうなったら玉砕覚悟で思いきって言ってみるですっ!!!)

翠星石「ジュンっ!!!」

ジュン「うわあぁっ!!ハイッ!」




63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 21:03:53.99 ID:d526DrGQO
翠星石「実はそのぉ…お願いがあるです…」

ジュン「お願い?僕なんかにお願いする事は無いんじゃなかったのか?」

翠星石「そ、それはぁ…そのぉ…」シュン

ジュン「うっ…じょ、冗談だよ冗談!話してみろよ」

翠星石「えと…そのぉ…薬を…」

ジュン「薬?」

翠星石「あの…お尻に…/////」

ジュン「お尻に?」

翠星石「だからぁ…/////」

コンコン

真紅「入るわよ、ジュン」





64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 21:07:22.87 ID:d526DrGQO
ガチャ

真紅「お帰りなさい、翠星石」

翠星石「し…真紅」

ジュン「真紅…そうか、いつものアレの時間…」

真紅「いいえ、今日は結構よジュン」

翠・ジ「えっ?」




66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 21:11:15.83 ID:d526DrGQO
真紅「今日は私は結構だから翠星石の相手をしてあげて頂戴」

翠星石「真紅…」

真紅「ごめんなさい、盗み聞きするつもりはなかったのだけれど」

ジュン「どういう事だ?」

真紅「相変わらず鈍いわねあなたは。翠星石、貴女も痔を患ってしまったのでしょう?」

翠星石「は、ハイです…」

真紅「そう言うことだからジュン、今日はゆっくりこの子の治療に専念してあげて頂戴。あなたは翠星石のマスターでもあるんですからね。これは主人としての命令よ」

ジュン「あっああ…」

真紅「それじゃあ私は下でくんくんのDVDでも見てるわね」

翠星石「真紅…ありがとうです」

真紅「ふふっジュンを独占して良いのは今日だけよ」




68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 21:17:28.03 ID:d526DrGQO
翠星石「………あのぉ」

ジュン「……う、うん」

翠星石「その…薬を…」

ジュン「ああ…じゃっじゃあ患部を見せてくれるか?」

翠星石「ハ、ハイです………/////」カアァァァァァァ

ジュン「ここか…行くよ翠星石」

翠星石「ハイ…お願いするです」

ジュン「…………」ペトッ

翠星石「ヒィッ!」ビクンッ




71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 21:22:16.08 ID:d526DrGQO
ジュン「わっ悪い、しみたか?」

翠星石「だっ大丈夫ですっ。ちょっとヒヤッとしただけですぅ。続けてですぅ」

ジュン「そっそうか。続けるぞ」ヌリヌリ

翠星石「…ふっ……ぐぅ……っ……」

翠星石(ジュンの指使い…凄く気持ちいいですぅ。アナルだけじゃなく…全身が敏感になった気がするですぅ…)




73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 21:26:26.14 ID:d526DrGQO
ジュン「結構奥まで切れてるな…翠星石、中に指を入れてもいいか?」

翠星石「い…いいですぅ」

ジュン「入れるぞ…翠星石」
ズプ

翠星石「…く…あっ……痛ぅっ……」

ジュン「ゴメン、翠星石!痛かったか!?」

翠星石「んっ…ちょっと…でも平気です…続けて欲しいです…」




76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 21:32:57.21 ID:d526DrGQO
ジュン「ああ、分かった」

ズプズプズプ

翠星石「…ああ…はぁぁぁぁぁ…っ…!」

翠星石「…ねえ…ジュン?」
ジュン「なんだ?」

翠星石「ジュンは翠星石の事…どう思ってますか?」

ジュン「な…何だよ行きなり」

翠星石「翠星石はいつもジュンに意地悪な事ばかり言っています」

翠星石「だからジュンは翠星石の事嫌ってるんじゃないですか?」

ジュン「翠星石…」




77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 21:35:36.89 ID:d526DrGQO
翠星石「今こうやって薬を塗ってくれてるのも、真紅に言われたから仕方なく
ジュン「馬鹿だなお前は」

翠星石「え?」

ジュン「そりゃお前は口は悪いし性格はひねくれてるしいつもケンカしてばかりだけど」

ジュン「でも危ない所を助けてもらった事もあるし、本当は優しい良いヤツだって僕も分かってるつもりだぞ」

ジュン「素直じゃない奴だなあとは思うけど…まあそれはお互い様だしな…」

翠星石「ジュン…」




78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 21:37:02.80 ID:VZjqTJFw0
いいシーンなのに二人の状況が・・・




79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 21:38:15.44 ID:d526DrGQO
ジュン「とにかく僕はお前達のマスターで、真紅だけじゃなくお前も大事なパートナーなんだ。こんな事嫌々やるもんか。」

翠星石「ジュン…うっ…うっ…」ポロポロ

ジュン「うわっ…何で泣くんだよ!?そんなに痛かったか!?」

翠星石「違うですよバカ…う…嬉しくって」

ジュン「~~~~っ!つ、続けるぞ!/////」

翠星石「ハイです…/////」




80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 21:41:25.51 ID:d526DrGQO
ジュン「まだ痛むか?」

翠星石「もう平気ですぅ…だんだん気持ちよくなってきたですぅ」

ジュン「じゃあもっと奥まで念入りに塗るぞ」

翠星石「ハイ…あ…ああっ…ジュン…」

ジュン「翠星石…翠星石いっ…!」

翠星石「ジュン…ジュゥン…!」

翠星石「ん…あ…んっ…ああっ………ああぁぁぁっ!!!!!」




82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 21:44:26.72 ID:d526DrGQO


ジュン「大丈夫か?翠星石」
翠星石「ふゆっ…まだちょっとお尻がジンジンするです」

ジュン「ゴメン…念入りにやり過ぎてかえって悪化させちゃったかも」

翠星石「そしたらまたジュンに手当てしてもらうです」

ジュン「そ、そうだな」

翠星石「ジュン…実はジュンに謝らなくちゃいけない事があるです」

ジュン「え?」

翠星石「実はこのお尻の傷…蒼星石に頼んでわざとやったんです」

ジュン「何でそんな事!?」

翠星石「翠星石はジュンが真紅のアナルに指を入れて薬を塗っているのを見てたです」

翠星石「それで真紅が凄く羨ましくて」

翠星石「だから翠星石もジュンにアナルに薬を塗って貰うためにこんな事をしてしまったです」




85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 21:48:16.96 ID:d526DrGQO
ジュン「お、お前ってヤツは」

翠星石「ゴ、ゴメンナサイですっ!」

ジュン「はぁ…まあいいよ。真紅にばかり構ってた僕も悪かったと思うし」

ジュン「でもこんなバカな真似は二度とするんじゃないぞ。傷が治っても…またその…やってやるから」

翠星石「ジュン…嬉しいです/////」

ジュン「…………/////」

翠星石「ねえジュン?」

ジュン「ん?」

翠星石「大好きですっ♪」








86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 21:49:25.00 ID:wXjZgsqQ0
(・ω・`)乙




87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 21:49:38.02 ID:d526DrGQO
おまけ1
めぐ「ねぇいいじゃない水銀燈。少しだけ、ね?」

水銀燈「いやぁよ…人間に触られるなんて穢らわしいもの…でもどうしてもっていうなら…/////」

めぐ「やっとその気になったのね!やったぁー!早く早くっお尻だして~ねえってばー」

水銀燈「バカじゃない…?…はい」

ズプズプ

めぐ「私の指の入れ心地はどう?」

水銀燈「…あ…っ…最…悪…んっ…」

めぐ「そう、それじゃやめましょ」

スポンっ

水銀燈「えっ!?そんな…」

めぐ「だって嫌なんでしょ?」

水銀燈「…そ…それは……っ/////」

めぐ(フフフ…水銀燈カワイイ♪)





88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 21:50:13.86 ID:itYvowaiO
あっさりだな




89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 21:50:15.30 ID:Fu70xmH70
やっぱり銀様だ




90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 21:52:23.45 ID:OxvttNGj0
( ;∀;)イイハナシダナー




91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 21:52:45.04 ID:d526DrGQO
おまけ2
金糸雀「ただいま…かしら」

みつ「カナ!おっかえりぃ~♪」

金糸雀「み…みっちゃん!?お仕事は…」

みつ「早く終わったから急いで帰ってきちゃったー…みてみてカナ。カナの為に新しいバイブいっぱい買ってきたの。カナ驚いた?驚いた?」

金糸雀「みっちゃん」ポロッ

みつ「フギャーッ!カナどどどうしたの?おナカ痛いの!?みっちゃんのせい!?みっちゃんが生きてるせい!?」

みつ「いやあぁぁ私のカナーッ!」

金糸雀「ち…違うの…カナ幸せだなーって思ったら…」

みつ「いやーん泣き顔もカワイイーッ!じゃなくて泣かないでカナーッ!こうなったら今夜は朝までハメまくりよーっ!!!」

金糸雀「みっみっちゃん、アナルが摩擦熱でまさちゅーせっちゅ!!!」




92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 21:55:22.30 ID:d526DrGQO
おまけ3
雛苺「トモエー早く早くー」

巴「フフフッちょっと待ってて雛苺。すぐに竹刀を用意するから」

雛苺「いやーんまてないのー。すぐにほしいのー」

巴「じゃあイクわよ、雛苺」
雛苺「はやくきてなのー!」
巴「突きいぃぃぃっ!!!」

雛苺「Nom!!!」




93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 21:57:05.24 ID:d526DrGQO
おまけ4
蒼星石「まったくみんなして変な事して」

蒼星石「お尻の穴なんかに指や物を入れるなんてなに考えてるんだか…」

蒼星石「…そんなに気持ちいいのかな?」

蒼星石「…ちょっとだけ…小指の先っちょをほんの少し試してみるだけなら/////」

蒼星石「…そ~っと、そ~っと」

ズプ

蒼星石「痛いっ!こんなの無理!絶対無理っ!!!」

蒼星石「…こんなのの何が良いんだ?」(涙目)




94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 21:59:14.51 ID:d526DrGQO
おまけ5
槐「いいぞ薔薇水晶。いつでもやってくれ!」

薔薇水晶「…はいお父様…では…行きます…」

ドゴォ

槐「オワフッ!!!!」

薔薇水晶「…大丈夫ですか?…お父様…」

槐「だ、大丈夫だ薔薇水晶…次は水晶のサイズをもう一回り大きくしてやってみようか」

薔薇水晶「…分かりました…お父様…」

薔薇水晶「…では…行きます…」

ドガァ

槐「イナフッ!!!!!!」

白崎「………何やってんだか」


おまけ終わり




95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 22:00:19.84 ID:MZGmaWdc0
おつかれさん




96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/19(月) 22:01:56.92 ID:wXjZgsqQ0
おつおつ








-----------------------
当ブログについて
※欄241さんありがとうです。



[医薬品]プリザクリーンエース     40g
[医薬品]プリザクリーンエース     40g
大正製薬
売り上げランキング : 16623


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



読み物:ローゼン
お絵かき掲示板
画像掲示板
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/25(日) 23:39: :edit
    カナかぁいい
  2. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/25(日) 23:44: :edit
    え・・・この速さで1とれないだと・・・?
  3. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/25(日) 23:44: :edit
    カナもいいが緑もイイ!
  4. 名前: 通常のナナシ #wLMIWoss: 2009/01/25(日) 23:45: :edit
    米2よ・・・人生は甘くないのじゃ・・
  5. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/25(日) 23:46: :edit
    ヒトケタ
  6. 名前: 通常のナナシ #3/VKSDZ2: 2009/01/25(日) 23:47: :edit
    6なら痔になる
  7. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/25(日) 23:48: :edit
    蒼い子だけまともなのか
  8. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/25(日) 23:49: :edit
    ひぎゃぴいぃぃぃ
    ってところでBOF5のタントラ先輩の顔が
  9. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/25(日) 23:51: :edit
    蒼がまともとは珍しい
  10. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/25(日) 23:51: :edit
    溜まっているストックの中から変態モノを優先するとか
    ぷん太マジパネェwwwwww
  11. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/25(日) 23:53: :edit
    痔とアナルファックでなぜこうも切ないのか
  12. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/25(日) 23:57: :edit
    イナフってwww
  13. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/25(日) 23:57: :edit
    まさか蒼だけまともとは…
    でも俺の翠が可愛いからまぁいいや
  14. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/25(日) 23:59: :edit
    アナルだけど良い話
  15. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 00:02: :edit
    変態じゃない蒼なんて珍しい
  16. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 00:03: :edit
    蒼が最後までまともとは!!今の風潮から考えると新機軸だな
    でも凄い自然に感じたわ
  17. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 00:07: :edit
    アーロンいたよw
  18. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 00:08: :edit
    神作品
  19. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 00:10: :edit
    >>12でワロタww
  20. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 00:12: :edit
    「バカじゃない…?…はい」 とお尻を出してくれる銀様(;´Д`)ハァハァ
  21. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 00:13: :edit
    グゥレイト!
  22. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 00:23: :edit
    おまけの蒼星石が可愛すぎる!!
    1GJ!
    そしてぷん太いつも乙
    愛してるぜ!
  23. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 00:33: :edit
    良い話。何だけどエロいなー。
    翠星石が可愛いやらエロいやらで困っちゃうよ。
  24. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 00:41: :edit
    いつもと逆パターン

  25. 名前:   #-: 2009/01/26(月) 00:42: :edit
    逆に考えるんだ
    蒼い子がまともなんじゃなくて蒼い子はやはり変態なんだ
  26. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 00:51: :edit
    おまけすげえ!
    原作エピソードをアナルに変えるだけで、
    こんなにも印象が変わるのか。
  27. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2009/01/26(月) 00:54: :edit
    蒼い子が普通すぎて逆に変に見える不思議
  28. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 00:56: :edit
    尻に鋏突っ込むなんて、想像しただけで痛すぎる…
  29. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 01:04: :edit
    鋏を尻に…だと…?
  30. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 01:07: :edit
    蒼い子が変態じゃない!ふしぎ!
  31. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 01:13: :edit
    槐だけ人間が受けなんだな・・・

    しかし蒼い子が普通のSSが珍しいと思える時点で
    俺の脳内はかなり深刻なところまで来てるな。
  32. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 01:21: :edit
    蒼「ペロッ…!これは翠のクソ味」
    ではないのか、そうか。
  33. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 01:25: :edit
    どのドールでもいいからアナルなめておくれ
  34. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 01:45: :edit
    ドールにも穴は有るんだな・・・
  35. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 01:53: :edit
    巴&雛だけレベルが違いすぎるw
  36. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 02:13: :edit
    米25
    変態世界の中でまともでいるものは、その世界での変態なのか
    蒼い子だけがノーマル(ド変態と変換)。納得
  37. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 02:23: :edit
    変態ばっかになっちまったなぷんたは
  38. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 02:45: :edit
    なに言ってんだ
    ぷん太は変態の代名詞だぞ
  39. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 03:55: :edit
    蒼が変態じゃないだと…?
  40. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 05:41: :edit
    やっぱり白い蒼星石が一番可愛いなぁ
    ぎゅって抱き締めたい
  41. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 06:03: :edit
    ( ;∀;) イイハナシダナー
    …と思ったけどよく考えたら普通の変態スレだった
    蒼い子だけマトモなのは珍しいな
  42. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 06:22: :edit
    おととい痔を発症した俺は笑えないw
    タイトル見てビクッッとしたw
  43. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 07:08: :edit
    おまけの1と2は原作のセリフと照らし合わせると…
  44. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 07:36: :edit
    誰か蒼星石がマシンガン進藤になってる事にも気づいてあげてください
  45. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 08:43: :edit
    まともな蒼い子久しぶり!
    あと槐wwwwなにやってんのwwwwww
  46. 名前: VIPPERな名無しさん #-: 2009/01/26(月) 08:54: :edit
    イナフくそわろたw
  47. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 11:12: :edit
    >>5で盛大に吹いたわw
  48. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 12:38: :edit
    丁度よかったわ
  49. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 14:06: :edit
    人知れず痔になった※6にも誰か言葉をかけてやってよ
  50. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 15:51: :edit
    ※46
    うんこ噴いたならちゃんと拭いとけよ
  51. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 16:16: :edit
    抜いた

    いや泣いた
  52. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 16:19: :edit
    蒼だけまともだなんて珍しい
  53. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 16:40: :edit
    ごめん、なんか最近尻を拭くと血が出てるんだけど、これって痔なの? 
    痔ってほっとけばなおるの?
  54. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 20:09: :edit
    ※53
    重度じゃなければ治るよ
    どこからが痔なのかは分からん
  55. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 22:02: :edit
    なんだ正常なぷん太か…
  56. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/26(月) 22:07: :edit
    本当にぷん太は
    アナルを絡みつかせた純愛、変態SSが
    好きだな
  57. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/27(火) 00:16: :edit
    この蒼は…ダレだ?
  58. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/27(火) 00:19: :edit
    もうやだこのぷん太
  59. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/27(火) 23:31: :edit
    痔は外に出てくると痛いらしい
    実際痛かったし
  60. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/01/30(金) 17:42: :edit
    ケツ構感動した
    このSSをシリて良かった
  61. 名前: 麻生太郎 #-: 2009/04/26(日) 00:30: :edit
    痔は最悪だぞ…高校の時なったが
    授業のだんじゃない。ストレスでどうにかなりそうだったよ
    病院の先生目つきが怖かったし
  62. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/05/06(水) 21:14: :edit
    ( ;∀;)イイハナシダナー
  63. 名前: 通常のナナシ #-: 2009/11/01(日) 22:52: :edit
    蒼が変態じゃないなんて・・・・・・
  64. 名前: 第ひょ #-: 2009/12/03(木) 06:24: :edit
    Nom
    うけた
コメントを投稿する
c o m m e n t
p a s s
 
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 白猫Ver.