--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/04/30(火)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/29(月) 09:47:19.37 ID:NEI5gdr50
長門「そう…」




古泉「朝比奈さんって…良いケツしてますよねぇ…」みくる「え…?」 の続きを読む
スポンサーサイト
2013/04/29(月)
45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/27(土) 16:51:49.16 ID:DxEImIJhT
佐天「ういはる~!私レベル2になったよ~!」

初春「えーっ、もうレベル上がったんですかぁ!?私、あっというまに追い抜かれちゃいましたね……」

佐天「まぁまぁ、努力も大事だけど超能力には運も大事だからさー」

初春「はぁ……それでどんな能力なんですか?」

佐天「それはねぇ……んっ!」ピクッ

初春「?」

佐天「んっ……あっ///……み、御坂さんが来たみたい」モゾモゾ




佐天「電撃を性的快感に変える能力かぁ……」 の続きを読む
2013/04/28(日)
10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/25(木) 13:58:40.73 ID:KrnV/Qsx0
固法「何よこの点数は!」

上条「いや上条さん的には一生懸命やったんですけど……」

固法「この点数じゃホントに進級出来ないわよ?」

上条「それはわかってるんですけどねぇ……」アハハ

固法「笑わないっ!」ビシッ

上条「ひっ!」




固法「こら、当麻!」上条「げ!姉ちゃん!!」 の続きを読む
2013/04/27(土)
6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/24(水) 21:08:22.94 ID:XtCkp01Qi
 
一方「馬鹿な……俺の……力がァ……」

佐天「ごめんなさい。 でも、能力を振りかざす方が悪いかなー、って」

一方「嘘だろ……こンな……こンな、ことが……」 ギリ…

佐天「まあ、でも、大丈夫ですよ」

佐天「人間はね、能力が無くたって、生きていけるんです」

佐天「そう、むしろね」

佐天「能力なんて無い方が、いいんです」

佐天「そっちの方が皆、幸せなんです」

佐天「私」

佐天「皆を幸せにしたいんです」 ニコッ



─── 窓の無いビル

 ユラ…

結標「……どうしたの?」

アレイスター「……プランを……変更する」




佐天「他人の能力を吸収できる能力かぁ」 の続きを読む
2013/04/26(金)
8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 22:52:18.61 ID:tGW1kxsm0
あやせ「お兄さん、お話があります」

京介「またか……今度は一体何の相談だ?」

あやせ「いえ………今日は桐乃のことじゃなくて、お兄さんにお願いが…」

京介「俺に?出来ることなんてたかが知れてるが…」

あやせ「あの、その……」モジモジ

京介(あやせが言い淀むなんて珍しいな)

あやせ「わ……たしの…………を……」

京介「え、聞こえないぞ」

あやせ「私の処女を!貰ってください!」

京介「」




あやせ「お兄さん、処女を貰ってください」 の続きを読む
2013/04/25(木)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/29(金) 16:06:50.88 ID:mGlQxcgb0
ロック「レヴィ、さっきの一件だけど……」

レヴィ「あ?なんだよ、ロック。もうあれはケツ拭いたからいいだろ?」

ロック「でも、危うく仕事が失敗するとことだったんだ。あんなところでケンカはやめてくれ」

レヴィ「ありゃあ、向こうが悪い。仕事の邪魔になったからあのデブに鉛玉舐めさせてやっただけだ」

ロック「それが困るって言ってるんだ」

レヴィ「ヘイ、ロック。あたしに意見できるほど、偉くなったのかよ?あぁ?まだまだエサ欲しさに囀るチキンの癖してよぉ」

ロック「今後もあんなことをするなら、俺はレヴィと仕事はできない」

レヴィ「なんだと、このやろう」

ロック「わかったか?」

レヴィ「てめぇ!勝手なことぬかしんてじゃねえよ!!てめぇのことはあたしが見るって決まってんだよ!!それがわからねえなら外で寝て、犬の糞と一緒に掃除されちまえ!ファック!!」

ロック「……ファック?俺とファックってことでいいんだよな。いいよ。向こうでしようか」

レヴィ「え!?……いや、ち、ちがう。そっちじゃねえよ。言葉つうじねえのかよ……こ、こらぁ……」




レヴィ「ロックの糞野郎!ファック!!」ロック「ファック?」 の続きを読む
2013/04/24(水)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 03:49:43.72 ID:iH3Ei3zX0
ロック「……あれ?」

ベニー「ロック、どうしたの?」

ロック「悪い、ベニー。火を貸してくれないか? どこかに置いてきたみたいだ」

ベニー「いいよ。でも、珍しいな。ロックが忘れ物なんて。盗まれたんじゃないのかい?」カチッ

ロック「ライターを盗まれたか。それはおっかないね。俺の火でロアナプラが燃えるなんてことになったら、生きていけない」

ベニー「言えてるね。バラライカ辺りに簀巻きにされて魔女裁判だ」

ロック「ありがとう。助かった」

ベニー「それじゃ、仕事に戻るよ。可愛い子が手に入ってね」

ロック「日本で見つかった基盤、気に入ったのか。それはよかった」

ロック「ふぅー……」

ロック(ライター。どこにいったんだろう?)

レヴィ「よう、ロック。シガータイムか。丁度いい。あたしにも火、よこせ」

ロック「悪い、レヴィ。ライターを無くしてね。ベニーに借りてきたらいい」

レヴィ「何言ってんだ。今、咥えてんだろ。それでいい」

ロック「え? これ? まぁ、いいけど」




レヴィ「ヘイ、ロック。火、よこせよ」ロック「ああ、いいけど」 の続きを読む
2013/04/23(火)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/16(金) 02:36:20.40 ID:8kDI/y7N0
上条「ごめんなさい」

インデックス「今度は誰としたの?」

上条「・・・・・・」

インデックス「私も知ってる人?」

上条「・・・・・・」コクリ

インデックス「誰なのかな」

上条「・・・・・・」

インデックス「イギリスに帰ろうかな・・・」

上条「うわあああああ言ういう言いますからそれだけはやめて下さい!!」




上条「浮気してしまいました」インデックス「また・・・?」 の続きを読む
2013/04/22(月)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/18(木) 17:40:27.75 ID:LtlQFoiN0
滝壺「言葉にできない」

上条「だとよ浜面」パンパン

浜面「おほおおおおおぉぉ・・・・・」ウットリ

上条「聞いてんのか?」パンパン

浜面「イイッ・・・・ギモッチイイイイィィィィ!!!」

滝壺「これはひどい」

上条「すっかり好きになっちまったみてえだな」パンパン

浜面「はぁっ!!!はあぉぉぉ・・・」ハァハァ

上条「ったく、彼女が見てるっていうのになぁ?」パンパン

浜面「はっ・・た・・きつぼ・・・・ おふっ」


残念、ホモスレでした




上条「どうだ?俺のものになった気分は」滝壺「うん」 の続きを読む
2013/04/21(日)
3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/15(水) 02:14:06.19 ID:Odylu7a+o
御坂「ちょ、ちょっと待ってよ。何であいつの名前がそこで出てくるわけ!?」

上条「え? 言って無かったっけ。実は……」

食蜂「上条さぁ~ん☆」 ギュッ

上条「あ? おう、ちょうどよかった。はいこれ。この前借りてたジュース代」

御坂「え? え? な、何?」

食蜂「もう上条さんたらぁ、そんなのいいのにぃ」

上条「そうはいかねぇだろ。年下なんだしさ、食蜂」

食蜂「食蜂だなんてぇ、操祈って呼んでぇ」 

上条「え……あ、ああ……じゃあ、えっと……操祈」

食蜂「なぁに? 上条さぁん☆」

御坂「ど……どういうこと……?」

上条「ああ、実は俺、食蜂と付き合うことになったから」

食蜂「ごめんねぇ、御坂さぁん」 ニヤニヤ

御坂「」

御坂「つ、付き合うって……え? ちょっ、えぇ!?」

上条「何驚いてんだよ。上条さんだって健全な男子高校生。彼女の一人や二人いたっておかしくないですのことよ」 ドヤッ

食蜂「上条さぁん、今からどこか行きたぁい」 ムギュッ

上条「そ、そうだな。じゃあどっか行くか。そんな訳だから御坂」

御坂「ちょ、ちょっと待った!」




上条「食蜂って可愛いよな」御坂「え?」 の続きを読む
2013/04/18(木)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 14:12:39.29 ID:eff/Q9vL0
病室

さやか「うーす」ガラッ

恭介「!」ビクッ

恭介「や、やぁさやか よく来てくれたね」

さやか「ふー、具合はどう?」ドサッ

恭介「…別に いつもと変わらずさ」

恭介(今さやかが足元に置いたのは新○堂の袋…)

恭介(…今日もCD持ってきてくれたのかな…)ドキドキ




恭介「さ、さやかは僕をいじめてるのかい…///あぁんっ!」 の続きを読む
2013/04/17(水)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/09(火) 19:52:50.34 ID:NQtH/69M0
――○月×日、海上

ココ「はぁ~。やっぱ気が乗らな~い」

レーム「どーしたココ。今日はやけに溜息が多いな」

ココ「ん~? 今回の仕事よ。やっぱどー考えても釈然としないのよねぇ」

バルメ「ココはマフィア相手の仕事が大嫌いでしたよね。私が独断で抜けていた時も大変だったと聞きましたよ」

ココ「う~ん。あれはあの後がちょいと面倒だったってだけよ」

キャスパー『取引先はあの有名なコーサ・ノストラ。向こうに着いたら約束の日時にコンテナ丸ごと引き渡してくれればそれでいい。マフィアだが金はきっちり支払ってくれる連中だ。それは僕が保証するよ』




レヴィ「ヨルムンガンド?」 の続きを読む
2013/04/16(火)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/15(月) 02:54:04.30 ID:PGm3sR+T0
初春「佐天さん、レベルが上がったって本当ですか」

佐天「マジマジ!ってもLv1だけどね。見てみて!」

初春飾利
E:さくらんぼ柄(白) 1000円

初春「わっ、頭の上に字が・・・何ですかこれ」

佐天「初春の今履いてるパンツだよ」

初春「えっ」




佐天「下着の詳細を表示する能力かぁ」 の続きを読む
2013/04/15(月)
1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/06(土) 22:33:23.70 ID:BmSQNGz2o
姫神「この。お話は」

姫神「寒いネタが。九割以上で」

姫神「キャラ崩壊。設定無視」

姫神「都合の良い改変等を。多量に含んでいる」

姫神「知り合いではない人達が。知り合いだったり」

姫神「知ってるはずの人が。知らなかったり」

姫神「そういうのが。嫌いな人は」

姫神「読むことを。お勧めしない」

姫神「作者は原作未読であることも。伝えておく」




???『もしもし? 私、風紀委員ですの』 の続きを読む
2013/04/14(日)
2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:11:43.06 ID:G3FmP1xI0
まどか「キュゥべえはいつもマミさんと一緒にいるね?」

QB「この中ではマミが一番付き合いが長いしね」

マミ「そうね、私としては当たり前になってたけど…」

さやか「まぁ、あたし達の魔女退治のサポートはちゃんとしてるし」

杏子「魔女の居場所とか調べてきたりもするな」モグモグ

ほむら「お目当てのグリーフシード回収しにきてるだけじゃないの」

QB「なんだいみんな僕にいつも傍に居て欲しいのかい?」




QB「良く分からないけどマミは特別だからね」マミ「!?」 の続きを読む
2013/04/13(土)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/13(土) 08:23:03.59 ID:yG9rkfo80
麦野「そんな香りがプンプンしてしょうがないわ」

絹旗「食らっちゃうんじゃないですか?超ご愁傷様です」

麦野「おいおい待てよこれ、おまけに風紀委員のガキに向けてレーザー打っちゃってるじゃねえか、これマジでやんの?」

滝壺「やるかもしれないね」

絹旗「うーん、私達暗部の存在が風紀委員に知られちゃうことになるわけですし」

滝壺「もしかしたらこの女の子がクローンの存在を知っちゃったりとか」

フレンダ「ってかクローンにオリジナルと同じ服装させて外歩かせてる時点でもう色々とあれだから突っ込み出したらキリが無いわけよ」

麦野「これちょっと・・・ マジで勘弁してくんない?」

フレンダ(私のかわいさがみんなに伝われば本編で復活する可能性も)




麦野「あれ?もしかして私そげぶ食らうの?」 の続きを読む
2013/04/12(金)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/11(木) 18:03:03.47 ID:8qE5mICl0
上条「ほう」

一方通行「気があうな」

浜面「でもただ寝取るんじゃ後々面倒だよな」

上条「ああ、自分の女にするのも手間だ。女が二人いたところで鬱陶しいだけだからな」

一方通行「一回こっきりってのが芸術じゃねェか?」

浜面「そう、たとえば男の見てる前でなすすべなく犯される」

上条「ふっ、わかってるな浜面」

一方通行「ってこたァ、ヤることは一つだよなァ?」

浜面「調度マンネリになってきたところだし少しくらい刺激的なことしても罰はあたらねえもんな」

上条「なあに、後のフォローさえしっかりしてやれば女はますます男に依存するもんさ」

一方通行「まさかヒーローが俺に負けず劣らずの悪党だったとはなァ」




上条「寝取るって最高じゃね?」一方通行・浜面「「わかる」」 の続きを読む
2013/04/11(木)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 22:10:30.86 ID:/2B0gygp0
ほむら「エイプリルフールの冗談のつもりでさやかに世界で一番愛してるって言ってみたら」

ほむら「うれしい……私もほむらのことが実はとか言い出してタイミングよくきたまどかにみられて」

マミ「……」

ほむら「う、嘘だよねほむらちゃん……あんなに私に愛してるって言ってくれたのにって言われて……」

ほむら「必死で弁解しようとしたけどさやかがいる手前言い出しにくくて……」

ほむら「さやかは友だちとして好きよ?でもそういう好きじゃなくてそれはまどかに対しての好きでしかなくて」

マミ「私達から言えることはただひとつよ暁美さん」

ほむら「達?」

まどか「ほむらちゃんドッキリ」

さやか「だーいせーいこー!」

マミ「あなたの可愛い悩みも全て録音させてもらったわ」

ほむら「そ、そんな……」

まどか「うぇひひ、そんなに想ってくれてて嬉しいなって」

杏子「ケーキうめぇ」




ほむら「助けてマミ!」 マミ「……」 の続きを読む
2013/04/10(水)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/16(水) 06:49:29.15 ID:7fUGop920
~堂島宅 番長の部屋~

陽介「…今なんとおっしゃいました?」

番長「四人の家にローターを送った」

陽介「クールな顔して何言ってんの!?」

番長「ついでに部屋にカメラを仕掛けた」

陽介「はあ!?犯罪だろそれ!!」

陽介「てかどうやってカメラなんて仕掛けたんだよ!?」

番長「影時間で象徴化してる時に侵入した」

陽介「ってその設定俺らの話じゃねーし!!」




番長「千枝、雪子、りせ、直斗の家にローターを送った」 の続きを読む
2013/04/08(月)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 20:27:33.35 ID:1IMqIBH/0
ほむら「なんで私が、杏子とクリスマスしてんのよ」モグモグ

杏子「おめぇが、わたしと契約してクリスマスパーティーしようよと、言ったからだろ」モグモグ

ほむら「契約してなんて言ってないわよ」モグモグ

杏子「メシめあてに来たのはいいけどさ、なんで白いご飯しかねぇんだよ」モグモグ

ほむら「あー、白米おいしー」モグモグ

杏子「おかずはねぇのか?」モグモグ

ほむら「裸でリポンを付けたまどかが『クリスマスプレゼントはね、わ・た・し・♪』と言ってくれたの」モグモグ

杏子「は?」モグモグ

ほむら「そして今夜、わたしとまどかは夜明けまで初体験エッチを楽しむの」モグモグ

杏子「なにいってんだ、こいつ」モグモグ

ほむら「なんて妄想したら、ご飯が甘くなってくるわ」モグモグ

杏子「ゲロ、ぶちまきたくなるわ」モグモグ




ほむら「クリスマスね」モグモグ 杏子「そうだな」モグモグ の続きを読む
2013/04/07(日)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/06(土) 08:59:26.06 ID:pSHSk9OyP
小鷹(事の原因を考えてみれば、俺が星奈に告白されたのがすべて悪いんだ)

小鷹(いつまでも逃げ続けられるはずもないし、いっそ嫌われちまえばいいんだ)

小鷹(隣人部にいられなくなるかもしれないが、生徒会に腰掛けしてる状態よりはマシだ)

小鷹「問題は、どうやって嫌われるかだな」

小鷹(ないとは思うが、他の部員――夜空や理科、幸村にまで好かれてたりしたら……)

小鷹(そうだ、全員に告白すればいいんだ!)

小鷹(そうすればもう告白される事もないし、全員に告白する最低野郎が好かれるはずもない!)

小鷹「これだぁ!」

葵「と、突然どうしたんですか、小鷹くん?」

小鷹「あ、いや、ちょっと考え事をしててな」

小鷹(待てよ、葵も俺を好きだったり……するはずないよな。我ながら自意識過剰すぎるっての)




小鷹「そうか、俺が最低野郎として嫌われちまえば丸く収まるのか!」 の続きを読む
2013/04/06(土)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/05(金) 01:26:43.58 ID:lz65L/6Q0
喪黒「私の名は喪黒福造、人呼んで笑ゥせぇるすまん」

喪黒「ただのセールスマンじゃございません」

喪黒「私の取り扱う品物はココロ、人間のココロでございます・・・」

―――
――





杏子「ココロのスキマ、お埋めします?」 の続きを読む
2013/04/05(金)
3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/04(木) 19:35:18.66 ID:xdejJ9G5O
長門「どう?」

古泉「といわれましても…」

長門「私が書いたSOS小説」

古泉「SOS小説ですか」

長門「そう。 登場人物は私たちSOS団団員」

古泉「ふむ」

長門「今回のジャンルは恋愛」

古泉「ほうほう………ん?」

長門「なかなかの売れ行き」

古泉「………ちょっと待ってください」

長門「?」




長門「やめて……」キョン「いいだろ、恋人同士なんだから」 の続きを読む
2013/04/04(木)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 22:14:24.36 ID:xjFK8sbh0
杏子「そんなところで何やってるんだよ」

マミ「見て分からない?」

マミ「お茶を飲みながら景色を楽しんでるのよ」

杏子「楽しめるような景色があるかね」

マミ「となり座ったら?」

マミ「お茶くらいご馳走するわよ」

杏子「お茶より茶菓子くれよ」ドカッ


ベタッ


杏子「あん?」ネトネト

マミ「ペンキ、塗りたてよ」

杏子「巴マミイイイイイイイイ」




佐倉杏子「公園のベンチに座ってるのマミか?」 の続きを読む
2013/04/03(水)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/02(火) 23:08:09.97 ID:LSt2HMnp0
牧瀬「って、あれ」

岡部「い、入れ替わってる?」

牧瀬&岡部「うわああああああああああああああ!!」




牧瀬「おい助手よ」岡部「助手ゆーな」 の続きを読む
2013/04/02(火)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 02:16:39.10 ID:M4H2/hv50
御坂「今日こそ決着を!」ビリ

上条「んー、今日はやめとくよ」

御坂「はぁ?」

上条「つーかさ、なんでそんな俺に突っかかるわけ?
   俺のこと好きなの?」

御坂「な!何言ってんのよいきなり!」




御坂「あ!アンタ!!」上条「ん?」 の続きを読む
2013/04/01(月)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 02:07:45.94 ID:RHQA4oFN0
紅莉栖「も、もう四月になっただけあってさすがに暖かいわね、上着いらないわ」 ヌギッ

  ゆさっ ゆさっ

岡部「……じょ、助手よ……」

ダル「Oh……牧瀬氏……」

まゆり「……紅莉栖ちゃんは今日もかわいいねぇ☆」

紅莉栖「さ、サンクス、まゆりもかわいいわよ……」

岡部「……う、うむ……うん」

紅莉栖「……あ、あぁなんか肩こっちゃったな!ちょっと軽く体操でもしようかしら!いっちに、いっちに」

  ゆっさゆっさ どたぷん! どたぷん!

岡部「…………」

まゆり「…………トゥットゥルー」

紅莉栖(ほ、ほんの出来心のイタズラだったのに……どうして誰からもツッコミが無いの?
     何この空気?!頼むから誰か何か言ってよ!!)

ダル「こんな時……どんな顔したらいいか分からないお……」

紅莉栖(笑えよベジータ)




紅莉栖「は、ハロー」どたぷ~ん 岡部「!!?!?」 の続きを読む

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。