--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/01/31(火)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 21:24:30.95 ID:cH3LBWMD0
―公園―

ほむら「いけない……公園でうたた寝してしまったわ……」

ほむら(あれ?なんだか膝が重い……)

まどか「うぇひひ」

ほむら「……」ゴシゴシ

ほむら(幻覚?)

まどか「ほむらちゃんのお膝暖かいな」

ほむら(さ、触れるのかしら……)ソー

ナデナデ

まどか(んー……あれ?なんだかとっても心地良い……)

まどか「ってあれ!?な、なんで私に触れる人がいるの!?」

ほむら「え?あ、触っちゃまずかったかしら?」

まどか「え?ほ、ほむらちゃん私が見えるの!?」




まどか「え?ほ、ほむらちゃん私が見えるの!?」 の続きを読む
スポンサーサイト
2012/01/31(火)
1 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 12:58:08.07 ID:ZZkIWqwD0
ーとある居酒屋風の飲食店ー

上条「美人のヒロイン達に囲まれてるのがそんなにいいことかー!!」

一夏「いいことかー!!」

上条「こっちはこれでも大変な思いしてんだよー!!」

一夏「してんだよー!!」

上条「女なんてクソ食らえー!!」

一夏「おおー!!」


店員「お客様、うるさいですよ」ジロッ

上条「ごめんなさい…」

一夏「すみませんでした…」


上条「それでは気を取り直して… 第1回『美人ヒロイン達に囲まれているけど、ちっとも嬉しくない主人公同盟』のオフ会を始めます」




上条「不幸だ…」一夏「禿げ上がるほど同意」 の続きを読む
2012/01/30(月)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 22:06:36.60 ID:icyBG08iO
A「おはよう、まどかちゃん」

B「おはよー!」

まどか「うん、おはよぉ」

A「今日はちょっと遅刻しちゃいそうだね、急がなきゃ」

B「急げ急げー」

まどか「あっ、まってよぉ」




まどか「泣いてなんかないもん」 の続きを読む
2012/01/30(月)
4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/16(月) 00:44:19.68 ID:5pqOoUZbQ
御坂妹「ターゲットを確認しました、とミサカは任務直前に元の口調を封印する決意を確認します」



御坂妹「………………」ザッ

上条「…ん? おうビリビリ。それとも妹の方か?」

御坂妹「…ちょ、ちょろっとー」

上条「ああビリビリの方か。何か用か?」

御坂妹「はい、いえ、そうよ。アンタにちょっと付き合ってもらいたいのよ、とミサ――」

上条「ん? 何か様子がおかしいぞビリビリ」

御坂妹「えっ、あ、そんなことないわよ。今時間があるならちょっと付き合ってちょうだい」

上条「う~ん、あんまり遅くならないなら大丈夫だけど」

御坂妹「それは好都合です――好都合ね。そんなに時間は取らせないわ」

御坂妹(もう後戻りできません、とミサカは決心を新たにします)




御坂妹「お姉様の口調は完璧にマスターしたわよ…フフ」 の続きを読む
2012/01/29(日)
1 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 17:07:13.01 ID:dzjXDSok0
さやか「じゃあさ、ほむら。あんた、あたしの足舐めなよ」

ほむら「…」

ほむら「…えっ?」

さやか「何でもしてくれるんでしょ?ねぇ」

ほむら「たしかにそうは言ったけど、何で足を舐め…」

さやか「だったらさ、もういい加減あたしにかまわないでよ」

さやか「あたしさ、わかっちゃうんだよね。あんたが隠し事してるってこと」

さやか「私のため私のためっていいながら、結局は別のこと考えてる」

さやか「そういうの、ムカツクんだよね」

ほむら「…」

ほむら(ええ、そうよ。あなたって鋭いわ)

ほむら(全てはまどかのため…あの子を魔法少女の運命から救うためなのよ!)




さやか「じゃあさ、ほむら。あんた、私の足舐めなよ」 の続きを読む
2012/01/28(土)
2 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/21(土) 21:05:02.06 ID:v0IYLHit0
まどか「ただいまー……」パタン

1月11日。始業したばかりのヌルい授業も終えて帰宅したまどかが、少し難しげな顔で自宅のリビングに入ってきた。

知久「おかえり、まどか。……あれ、何だか疲れた顔をしていないかい」

まどか「え、ううん? そんなことないよ?」

知久「そう?」

まどか「ちょっと考え事してたんだ。それより……何だか、甘~い匂いがする……」スンスン

目を閉じ、鼻を利かせて匂いを評価する。
バターのような洋風の香りとは対極にある、極めて和風なこの甘ったるさは…

まどか「……あんこかな?」

知久「ははは、正解。ほら、今日鏡開きだろう?」

まどか「あ。………あ!! 今日だっけ!?」

知久「うん、1ばっかり並んでるから覚えやすいよね。
   いつもと同じく、飾ってあったお餅をぜんざいにしたんだ。食べるだろう?」

まどか「もちろん!」

知久「用意しとくから。手を洗ってきなさい」

まどか「はーい!」バタンッ トタタ…




まどか「お餅が食べたい」 の続きを読む
2012/01/28(土)
37 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/21(土) 14:57:45.52 ID:levL+PXi0
佐天「能力開発できたよー」

初春「おめでとうございます! どんな能力ですか?」

佐天「女の子を妊娠させる能力」

初春「はい?」

佐天「女の子を妊娠させる能力」

初春「そ、それは……なんというか……」

佐天「コメントに困る能力だよねー」

初春「……能力の発動条件みたいなの、あるんですか? やっぱりその、せ、性交しないと、とか」

佐天「ううん。手でおなかに触れればそれでいいみたい」

初春「へ、へえ」

佐天「……」

初春「……」

佐天「あ、おなかに虫がとまってるよ。取ったげるね」

初春「ああー! これから風紀委員の仕事があるんだった! ごめんなさいまた明日!」

佐天「ちぇー」




佐天「女の子を妊娠させる能力、かぁ・・・」 の続きを読む
2012/01/27(金)
1 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/20(金) 18:47:15.18 ID:Y+3IKS9i0
魔女「ウオオオオオオオオオ!!」

マミ「暁美さん、今よ!」

ほむら「わかったわ」

ほむら(時の止まった世界……動けるのは私だけ)

ほむら(つまり、この間は何をしても、何を言っても誰にもバレない……)

ほむら(このことに気付いてから……私の世界は変わった!)




ほむら「時を止めて決め台詞を叫ぶの楽しいわ」 の続きを読む
2012/01/26(木)
1 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/16(月) 23:50:43.40 ID:WTh2oe4V0
やまぶき高校 教室

吉野屋「はぁーい。では、みなさん。今日はヌードデッサンをします」

ゆの「はー。ドキドキする」

宮子「どんな人かなー?」

ゆの「うん……」

吉野屋「どうぞ」

ガラッ

ゆの「きたよ……」

宮子「おぉ……」

マミ「よろしくおねがいします」

ゆの「……」

宮子「描き甲斐ありそー!!」




ゆの「ヌードデッサンのモデルさんは誰かな?」マミ「うふ」ゆの「」 の続きを読む
2012/01/26(木)
1 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/17(火) 21:42:33.30 ID:RRxDrJRI0


とある公園――

ほむら「こんな所に呼び出して、なにか用かしら杏子」

杏子「んーいや、ワルプルギスも倒したことだし聞いておきたいことがあってさ」

ほむら「……?共闘も終わったし、これ以上聞くことなんか」

杏子「アンタ、この町出てくんだろ?……今でも決意変わらないのか?」

ほむら「……え?」

杏子「あたし的には、…残ってもらってもいいんだけどさ」ポリポリ

ほむら「」




まどか「さよならほむらちゃん!」 の続きを読む
2012/01/25(水)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 22:52:48.00 ID:tjgaCQqU0
キーンコーンカーンコーン

まどか「ふぃぅ、やっと午前の授業がおわったよ…」

さやか「もうだめだわ…疲れた…」

ほむら「まだ授業は2時間残ってるわよ?しっかりしなさい

    それに今から昼休みじゃない、待ちに待った…」

さやか「そうだった…!今日は私とほむらの番だったね!いえーす!!」

まどか「いいなー、私も行きたいなぁ」

ほむら「まどかは先週したでしょ?また来週になればまどかの番よ。それまで我慢しなさい」

まどか「はぁい」

さやか「それでは行きますか!」

ほむら「ええ…!!」

まどか「いってらっしゃい……あーあ、早く私もマミさんストーキングしたいなぁ」




ほむら「巴マミ防衛作戦を開始するわ!!」 の続きを読む
2012/01/25(水)
12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/12(月) 21:52:25.54 ID:EAJX7ias0
マミ「…なんですって?」

ほむら「私が言ったんじゃないわよ?ただ男子が噂してたから耳にいれていただけよ」

マミ「なんでそんな噂が…」

マミ「私…男の人とはあまり接点がないのだけど…」

まどか(というのはまっかなうそ!)

ほむら(困惑する巴マミかわいいわ巴マミ)

マミ「はぁ…」




マミさんをちんちんで殴り続けると泣く の続きを読む
2012/01/24(火)
1 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/15(日) 18:32:00.78 ID:wY4qDBeU0
紅莉栖「ねえ、岡部」

岡部「なんだ助手」

紅莉栖「………」

岡部「…………なんだ、紅莉栖」

紅莉栖「28回」

岡部「は?」

紅莉栖「今日、岡部が私以外の女の子とスキンシップした回数」

岡部「はあっ!?」

紅莉栖「まゆりと10回、フェイリスさんと13回、桐生さんと2回、漆原さんと3回」

岡部「…………」




岡部「紅莉栖をひたすら愛で続けたらどうなるか」 の続きを読む
2012/01/24(火)
10 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/16(月) 05:31:23.95 ID:080d2gv/O
ほむら「ミッションというのは……」

まどか「というのは?」

ほむら(困ったわ、分からないなんて言えないじゃない)

ほむら(何とかこの場を切り抜けないと)

ほむら「その……話すと長くなるからまたにしないかしら」

まどか「簡単にでいいから教えて欲しいな」

ほむら(どうしてこんなことに限って食らいつくのかしら)

ほむら「なかなかそう言うわけには行かないの。お願い分かって」

まどか「実はほむらちゃん……通ってたのに知らないとか?」

ほむら「!?」




まどか「ミッション系の学校って何?」ほむら「え……」 の続きを読む
2012/01/23(月)
1 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/15(日) 22:22:30.40 ID:5ql8fgrE0
暁美ほむら
志望:国立文系
受験科目:英語筆記&リスニング/国語/数学ⅠAⅡB/世界史/地理/生物

1月14日(土) 午前5時

ジリリリ

ほむら「うーん……」

ジリリリ

ほむら「ん……朝ね……」

ポチッ

ほむら「寝坊しないで良かったわ。風邪も引いてない。天気もいい。無事に受けられそうね」

ほむら「一昨年の失敗から二年……。今年こそは受かってみせる!」




ほむら「三度目のセンター試験」 の続きを読む
2012/01/22(日)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/14(土) 12:33:15.01 ID:az865FvS0

マミ「ふっふーん、パトロールは終わったことだし、今日のお夕飯はなににしよっかな~?」プルンプルン

まどか「あの女の人…?」

マミ「和風? 洋風? それとも…」プルンプルン

まどか「うわぁ、すごいおっぱい」

マミ「わ・た・し?」プルプルプルプルプルン!

まどか「歩いているだけで、プルンプルンだよ」

マミ「なんちゃってー♪」プルンプルン

まどか「わたしなんて…こんなだし…」ショボンショボン

マミ「ふふ、食べてくれる殿方なんていないものね。料理も私も」プルプルプルン

まどか「はぁ…プルンプルンおっぱい、わたしも欲しいなぁ…」

QB「それがキミの望みかい?」

まどか「え?」

QB「僕が叶えてあげるよ」




QB「マミのおっぱいに挟まれた僕は、感情を探す旅に出た」 の続きを読む
2012/01/22(日)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/30(月) 18:24:51.02 ID:VZNzaUrz0

  ほむら、一人でワルプルギスと格闘中。

まどか「私なら、本当にほむらちゃんを救うことができるの。こんな結末をかえられる?」

QB「造作もないよ。キミの力なら神にだってなれるかもしれない」
QB「さあ、ボクと契約して、魔法少女になろうよ。キミはなにを何を望んで、ソウルジェムを輝かせるんだい?」

まどか「私の願いはっ!」

ほむら「だめぇぇぇぇぇぇーーーーっ!」



 目覚めてみると、病室の白い天井。
 新たな戦場。

ほむら「また、救うことができなかった」
ほむら「私は諦めない。まどかを、絶望から救うために何度でも繰り返す」
ほむら「今度こそ、私の望む結末にしてみせる…」

 けれど、今回の世界は、いつもと何かが違っていた。




まどか「この世界はとても美しくて、やさしいんだよ」 の続きを読む
2012/01/21(土)
7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/14(土) 00:28:46.73 ID:wtNexTVO0
杏子「インモーって何だよ?」

さやか「え!?そ、それは…///」

杏子「?さやかもわかんないっていうのなら、何で怒鳴ったりしたんだよ」

さやか「そ、そうじゃなくて…」

杏子「…」イラッ

さやか「ああ~もう!毛!毛があんたのホットパンツからはみ出て見えてるの!」

杏子「毛?」チラッ

杏子「ああ、こいつか」

杏子「ただの糸くずだけど?」

さやか「へ?」

さやか「あ、そっか、そうだったんだ。ははは///(見間違いだった…)」

杏子「ったく…」

杏子「だいたいさ、こんな所から毛なんてはみ出るわけねーだろ?」

杏子「そもそもこんなところに毛なんて生えるわけ無いじゃん」

さやか「…へ?」




さやか「ちょっと!杏子あんたホットパンツから陰毛はみ出てる!」 の続きを読む
2012/01/20(金)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/15(木) 21:28:13.03 ID:13lC6fEs0
浜面「…何を言ってるんだ俺は」

絹旗「本当に何を言ってるんですかこの超浜面は」




浜面「一方通行×絹旗とかどうだろう?」その1 の続きを読む
2012/01/20(金)
348 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 17:10:46.22 ID:VhRyWjoI0

その2です。

浜面「一方通行×絹旗とかどうだろう?」その2 の続きを読む
2012/01/20(金)
2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/14(土) 17:53:09.83 ID:MMouepT70

――マミホーム――



さやか「今日も今日とてマミさーん、来ましたよー」

まどか「うぇひひひ、お邪魔します」

マミ「二人ともいらっしゃい。今お茶でも淹れて来るから向こうで待ってて」

さやか「お、ありがとうございますゥー!」

まどか「外はとっても寒かったんで、嬉しいです。マミさん」

マミ「あらあら。……そうだ。確か、この前買ったクッキーもあるから、一緒に持っていくわね」

さやか「何と! 甘いものまで……。いやー、あたしってば幸せものですな」

マミ「さ、廊下で話してても寒いだけよ。入って、どうぞ」




さやか「いい旅、夢気分」 の続きを読む
2012/01/19(木)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 21:40:50.99 ID:sv2n5pR80
恭介「ああもう、なんでさやかはあんなに可愛いんだろう。なんだろうねあれ。可愛すぎワロタどころの話じゃないよね」

恭介「普通幼馴染だからってあんな頻度でお見舞い来ないよ? 良い娘すぎるだろう常識的に考えて」

恭介「そして僕がベッドでさやかが椅子という位置関係のおかげで、さやパイが凄さがよく分かる!」

恭介「なんだろうねあれ。中学生のそれじゃないよね。大きさも形もベストだよね」

恭介「そしてさやかってスカート短すぎるよね。最近のJCは皆あんなもんっちゃそうだけど、さやかの場合ソックスも長くないからな」

恭介「さやかの太腿マジハンパない。あれはヤバいよ。何度手を出そうと思ったことか……」

恭介「……お、そろそろさやかが来る時間だ」

さやか「やっほー、恭介。お見舞いに来たよー」

恭介「うん。いつもありがとうね」キリッ

さやか(……きょ、今日も恭介の笑顔はカッコいいなぁ///)




恭介「さやか可愛いよさやか」 の続きを読む
2012/01/18(水)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/12(木) 21:16:22.41 ID:8JVOGaNY0
まどか「さやかちゃんってよく男の子にされるよね」

さやか「不本意だけどね」

まどか「でもさ、やっぱりさやかちゃんは女の子の方がいいよ」

さやか「だよね!」

さやか「いや~さすがあたしの嫁はわかってるよね」

まどか「ウェヒヒ」

さやか「まったく失礼な話だよね」

まどか「本当だよね!さやかちゃんは男になったところで上手くいきっこないのに」

さやか「は…?」




まどか「さやかちゃんは女の子の方がいいよ」 の続きを読む
2012/01/17(火)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 21:55:22.64 ID:GpNX6gaxO
ほむら「鹿目さん…鹿目さんっ…」

まどか「」

ほむら「目を…目を開けてよ…」
ほむら「鹿目さん……!」

まどか「」

ほむら「うっ…うぅ……」

ほむら「なんで…なんでまた……」




まどか「ほむらお姉ちゃん!」 の続きを読む
2012/01/17(火)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 20:10:12.43 ID:qUArvfZvO
ほむら「えぇ」

さやか「それを何故さやかちゃんと?」

ほむら「あなたが一番チョロそうだからよ」

さやか「ひどっ」




さやか「ちゅーの練習?」 の続きを読む
2012/01/16(月)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 20:45:03.48 ID:nugHdWeG0
転校生が教室に足を踏み入れた瞬間、異変は起こった。

「なんか体が震えるんだよな」「オレもオレも」「え~お前もかッ」

「わたしもよ」「寒いとかじゃないんだよな」「なんでェ~?」

早乙女「~~~~~ッッッ」ブルブル
   (そういえば、私もさっきから震えが止まらないのよね)

ほむら「………」

早乙女「えぇと、体が震える人は手を上げてちょうだい」ブルブル

ザワザワ…

早乙女「全員のようね……」ブルブル

仁美「……い、いえ、ご無事な方が二人いらっしゃいますわ」ブルブル

まどか「み、みんな、どうしちゃったの……?」

さやか「まさか集団でカゼ? だとしたら、あたしらだけバカってこと?」

ほむら(あの二人……なかなかできそうね)




QB「ぼくと契約して、格闘少女になってよッッッ」 の続きを読む
2012/01/15(日)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/08(日) 08:53:07.14 ID:zNUqd4Nb0
さやか「お~い転校生!」

ほむら「なにかしら」プイッ

さやか「それぽっぺたつん!」プニッ

ほむら「んな……」

さやか「いえーい!ひっかかった!」

ほむら「ちっ……」イライラ

まどか「ダメだよさやかちゃん!ほむらちゃんにイタズラしちゃ」




ほむら「メガさや!」 の続きを読む
2012/01/14(土)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/31(土) 06:13:02.52 ID:TzmHv53n0
◆◇◆◇

―― 巴マミの部屋 ――

マミ「佐倉さんは昔から結構忘れ物が多かったような気がするけれど」

ほむら「ここのとこ異常よ」

マミ「そんなに?」

ほむら「ミルクをレンジで温めたことを忘れて、
    暖めなおすという行動を3回連続でやっていたわ……」

マミ(それ…… 私も勉強中にやっちゃったことあるけど)

ほむら「この前だって――」

 私は差し出されたケーキを突付きながら愚痴を垂れる
 厭な顔一つせずに、巴マミは話を聞き続けてくれる

ほむら「戦闘中の合図すらど忘れして……
    フォローが遅れれば、私が魔獣にやられていたかもしれないわ」

ほむら「全く、戦うことだけが取り柄みたいなものなのに――」




ほむら「最近物忘れがひどいの」 の続きを読む
2012/01/14(土)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 19:33:12.83 ID:XO6ZjWR80
~キョンの部屋 朝~


キョン「ふああああ…………朝か……」

キョン「あー……起きるの面倒くさい……もう1回寝よ……」モゾモゾ

???「キョーンくーん!」ボスッ!

キョン「ぐへっ!?」

???「朝だよー。起きてー」ボフッ ボフッ

キョン「わ、分かった、分かったから上に乗るな! 下りろ!」

???「はーい」

キョン「まったく、起こすにしてももっと方法をだな…………ん?」


長門「だってキョンくんが起きないのが悪いんだもーん」


キョン「……」

長門「あれ? どうしたの?」

キョン「なぜお前がここにいる?」




キョン「長門だらけ」 の続きを読む
2012/01/13(金)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/29(木) 13:22:36.61 ID:YswcT5f/0

早乙女「はーい、先生がなん度めかの彼氏募集中になったからって、男子たち喜び浮かれるんじゃないぞ」

さやか「いやいや、彼氏候補になりたい男子なんていないっしょ」

早乙女「やっだー、さやかちゃんったら私のラバーになりたいなんて、そっち系だったとは先生おどろき、いつでもカモーン!」

さやか「いってないし! そうでも断れよ!」

早乙女「つーわけで、転校生の紹介です。男子ども、喜び浮かれていいのは、私が彼氏募集中の時だけだからねー」

さやか「あー、そういう前振りだったんだ」

ほむら「………」テクテク

さやか「うわ、すっげー美人」

早乙女「さあ、自己紹介いってみよう」

ほむら「暁美ほむ……ほむほむ」




まどか「ほむらちゃんがほむほむしか言えなくなった」  の続きを読む

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。