--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/06/07(金)
11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/15(火) 04:48:45.97 ID:vrn0+1t60

恭介「はぁ・・・んっ・・・」シコシコ...

恭介(看護師「あっあっ!恭介くんだめぇ!あたしもうイっちゃうぅぅぅっ♪」)

恭介「うっ・・・!」ドピュ!ピュル...

恭介「はぁ・・・はぁ・・・」グタッ...

恭介「・・・ふぅ」フキフキ...

杏子「寂しい奴一人はっけーん♪」ガラガラッ!

恭介「わっ!?」ビクッ..

杏子「毎晩毎晩、動かすのもやっとの”おてて”でシコシコシコシコ楽しいの~?」ニヤニヤ

恭介「なっ・・・!?どうして・・・」

杏子「オカズは何さ?何にもないとこ見ると、看護婦さんとギッコンバッコンすんのでも想像してのかい?」ニヤニヤ

恭介「くっ・・・///」カァァァ...

杏子「でさぁ~?さっさとふにゃけたポコチンしまったらどうなの~?しまいにゃ、ムスコが風邪引くよぉ?wwww」クスクス...

恭介「!!!///」カクシカクシ...




杏子「ひとりえっちは寂しいもんな…」 の続きを読む
スポンサーサイト
2013/05/26(日)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/06(火) 17:59:57.54 ID:ftFOYBlo0
恭介「お、遅いよさやか…僕もう待ちきれないよ…」

さやか「うはっ、恭介ってば、お布団の上からでもはっきり分かるくらい勃起してるね」

さやか「こんなになるまでほっとくくらいなら、自分でしこしこぬきぬきすればいいのに」ナデナデ

恭介「うあっああっ!さ、さやかぁ…いじめないでくれよ…」ビクッビクッ

さやか「くすくす、そうだよね、恭介は私が手伝ってあげないとイけない身体になっちゃったんだもんねー?」

恭介「……っ///」




さやか「恭介、さやかちゃんが性欲処理に来てあげましたよ~」 の続きを読む
2013/05/17(金)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/30(土) 21:32:46.10 ID:i0NN4PC20
理科「ささ、幸村さんぐぐぐいっとどうぞ」

幸村「かたじけない」 ぐいっ

むくむく

幸村「おおー」

理科「ふむふむ。なかなかに凶悪なサイズなものが……」

幸村「これで私もりっぱなにほんだんじに」

理科「ではさっそく試運転とまいりましょう!!」

 バサッ

小鷹「むーっ!!」




理科「おちんちんの生える薬を作りました」 幸村「ほう」 の続きを読む
2013/05/02(木)
11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/25(木) 20:51:01.72 ID:7iZGnPS+P
京介「…よっし、こんなもんか」

あやせ「お兄さん、ホントにやんなきゃダメですか?」ウルウル

京介「くっ!」

あやせ「…おにーさん?」ウルウル

京介「だ、ダメだぞあやせ!これはあやせの為なんだからな!」

あやせ「うー。…なんでこんな事に」




あやせ「桐乃にばれたらどうするんですか!お兄さんの変態!」 の続きを読む
2013/04/26(金)
8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 22:52:18.61 ID:tGW1kxsm0
あやせ「お兄さん、お話があります」

京介「またか……今度は一体何の相談だ?」

あやせ「いえ………今日は桐乃のことじゃなくて、お兄さんにお願いが…」

京介「俺に?出来ることなんてたかが知れてるが…」

あやせ「あの、その……」モジモジ

京介(あやせが言い淀むなんて珍しいな)

あやせ「わ……たしの…………を……」

京介「え、聞こえないぞ」

あやせ「私の処女を!貰ってください!」

京介「」




あやせ「お兄さん、処女を貰ってください」 の続きを読む
2013/04/25(木)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/29(金) 16:06:50.88 ID:mGlQxcgb0
ロック「レヴィ、さっきの一件だけど……」

レヴィ「あ?なんだよ、ロック。もうあれはケツ拭いたからいいだろ?」

ロック「でも、危うく仕事が失敗するとことだったんだ。あんなところでケンカはやめてくれ」

レヴィ「ありゃあ、向こうが悪い。仕事の邪魔になったからあのデブに鉛玉舐めさせてやっただけだ」

ロック「それが困るって言ってるんだ」

レヴィ「ヘイ、ロック。あたしに意見できるほど、偉くなったのかよ?あぁ?まだまだエサ欲しさに囀るチキンの癖してよぉ」

ロック「今後もあんなことをするなら、俺はレヴィと仕事はできない」

レヴィ「なんだと、このやろう」

ロック「わかったか?」

レヴィ「てめぇ!勝手なことぬかしんてじゃねえよ!!てめぇのことはあたしが見るって決まってんだよ!!それがわからねえなら外で寝て、犬の糞と一緒に掃除されちまえ!ファック!!」

ロック「……ファック?俺とファックってことでいいんだよな。いいよ。向こうでしようか」

レヴィ「え!?……いや、ち、ちがう。そっちじゃねえよ。言葉つうじねえのかよ……こ、こらぁ……」




レヴィ「ロックの糞野郎!ファック!!」ロック「ファック?」 の続きを読む
2013/04/24(水)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 03:49:43.72 ID:iH3Ei3zX0
ロック「……あれ?」

ベニー「ロック、どうしたの?」

ロック「悪い、ベニー。火を貸してくれないか? どこかに置いてきたみたいだ」

ベニー「いいよ。でも、珍しいな。ロックが忘れ物なんて。盗まれたんじゃないのかい?」カチッ

ロック「ライターを盗まれたか。それはおっかないね。俺の火でロアナプラが燃えるなんてことになったら、生きていけない」

ベニー「言えてるね。バラライカ辺りに簀巻きにされて魔女裁判だ」

ロック「ありがとう。助かった」

ベニー「それじゃ、仕事に戻るよ。可愛い子が手に入ってね」

ロック「日本で見つかった基盤、気に入ったのか。それはよかった」

ロック「ふぅー……」

ロック(ライター。どこにいったんだろう?)

レヴィ「よう、ロック。シガータイムか。丁度いい。あたしにも火、よこせ」

ロック「悪い、レヴィ。ライターを無くしてね。ベニーに借りてきたらいい」

レヴィ「何言ってんだ。今、咥えてんだろ。それでいい」

ロック「え? これ? まぁ、いいけど」




レヴィ「ヘイ、ロック。火、よこせよ」ロック「ああ、いいけど」 の続きを読む
2013/04/18(木)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/05(土) 14:12:39.29 ID:eff/Q9vL0
病室

さやか「うーす」ガラッ

恭介「!」ビクッ

恭介「や、やぁさやか よく来てくれたね」

さやか「ふー、具合はどう?」ドサッ

恭介「…別に いつもと変わらずさ」

恭介(今さやかが足元に置いたのは新○堂の袋…)

恭介(…今日もCD持ってきてくれたのかな…)ドキドキ




恭介「さ、さやかは僕をいじめてるのかい…///あぁんっ!」 の続きを読む
2013/04/17(水)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/09(火) 19:52:50.34 ID:NQtH/69M0
――○月×日、海上

ココ「はぁ~。やっぱ気が乗らな~い」

レーム「どーしたココ。今日はやけに溜息が多いな」

ココ「ん~? 今回の仕事よ。やっぱどー考えても釈然としないのよねぇ」

バルメ「ココはマフィア相手の仕事が大嫌いでしたよね。私が独断で抜けていた時も大変だったと聞きましたよ」

ココ「う~ん。あれはあの後がちょいと面倒だったってだけよ」

キャスパー『取引先はあの有名なコーサ・ノストラ。向こうに着いたら約束の日時にコンテナ丸ごと引き渡してくれればそれでいい。マフィアだが金はきっちり支払ってくれる連中だ。それは僕が保証するよ』




レヴィ「ヨルムンガンド?」 の続きを読む
2013/04/14(日)
2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/30(日) 00:11:43.06 ID:G3FmP1xI0
まどか「キュゥべえはいつもマミさんと一緒にいるね?」

QB「この中ではマミが一番付き合いが長いしね」

マミ「そうね、私としては当たり前になってたけど…」

さやか「まぁ、あたし達の魔女退治のサポートはちゃんとしてるし」

杏子「魔女の居場所とか調べてきたりもするな」モグモグ

ほむら「お目当てのグリーフシード回収しにきてるだけじゃないの」

QB「なんだいみんな僕にいつも傍に居て欲しいのかい?」




QB「良く分からないけどマミは特別だからね」マミ「!?」 の続きを読む

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。