FC2ブログ

SS:ローゼン

***
2013/03/23(土)
10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/19(火) 20:12:48.45 ID:26AkoR870
蒼「翠星石はほんと、いつもですぅですぅうるさいよね」

翠「そうですかぁ? そんなにですぅですぅ言ってるつもりはねーですぅ。蒼星石こそいちいち細けーですよ。」

蒼「あ、ほらまた言った。今の台詞だけでも5回はですって言ったね。これからはですぅって一回言うごとにキスするから。」

翠「え・・・?」




蒼星石「翠星石がですぅですぅうるさいから口を塞いで黙らせてみた」 の続きを読む
スポンサーサイト



2013/03/22(金)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/19(火) 16:31:32.77 ID:KSn3G9Wj0
水銀燈「なんちゃってぇ」

真紅「……」

水銀燈「なんちゃってぇ」

真紅「……」

水銀燈「……」

真紅「……」

辛苦「……」

水銀燈「最後のはだれよぉ」




水銀燈「真紅が辛苦してシンクに立つぅ♪」 の続きを読む
2012/12/15(土)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/29(木) 18:00:22.73 ID:Lf/mHcnL0
水銀燈「……」キョロキョロ

JUM「真紅なら出かけたぞ」

水銀燈「せっかく来てあげたのに連れないわねぇ」

蒼星石「やあ水銀燈。君も来たんだね」

薔薇水晶「こんにちは」




水銀燈「はぁい真紅ぅ」 の続きを読む
2012/03/28(水)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 18:24:42.53 ID:SXdoK1HS0
「ラインしか経験ないのに営業なんて無理だし……困ったわぁ……」




水銀燈「就職先が見つからないわぁ……」 の続きを読む
2012/01/01(日)
4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/19(月) 23:00:50.67 ID:KeOpN0470
真紅「……え?」

JUM「聞こえなかったか? 真紅のふとももに僕のおにんにんを挟みたいんだよ」

真紅「ちょっと待って。話がいきなり過ぎて理解に苦しむんだけど」

JUM「そんなに混乱する事か?」

真紅「えっと……ジュンは私のふとももに……その……」

JUM「おにんにんを挟みたいんだ」

真紅「ど、どうして?」

JUM「だって、挟みたいふとももしてるから」ポロン

真紅「!?」

JUM「頼む真紅、おにんにんをお前のふとももに挟ませてくれ」

真紅「い、嫌!」ダッ! タタタ…

JUM「真紅……」




JUM「僕、真紅のふとももにおにんにんを挟みたいんだ」 の続きを読む
2011/10/16(日)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/11(火) 14:41:24.69 ID:nOLqJ1o30
こんな話を待ってる




真紅「JUM、紅茶を淹れて頂戴」  ダリアン&ペリーヌ「・・・」 の続きを読む
2011/10/11(火)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/04(火) 19:04:02.08 ID:8VPyQRdH0
めぐ「今日もゲロみたいな病院食がやってきたわー」

めぐ「ねえ水銀燈、食べてみる?」

水銀燈「仮にも人に(人形だけど)勧めるモノをゲロみたいって言うのはやめなさいよ。まあ食べてあげるけど」

モグモグ

めぐ「どう?」

水銀燈「やっぱり美味しくないわぁ」モグモグ

めぐ「そうよねー。病院食を食べるくらいなら一生点滴でいいわ」

水銀燈「不味いのわかってて私に食べさせるなんて、貴女も意地悪ね」モグモグ

めぐ「でもそんな私の言う事聞いてくれるなんて、やっぱり水銀燈はMの素質があるわね」

水銀燈「あら? 私は真性のSよ?」モグモグ

めぐ「ふふ、冗談よ。やっぱり水銀燈は優しいわ」ギュ

水銀燈「……病院食が不味いから中々飲み込む事が出来ないわぁ」モグモグ




水銀燈「もう、しょうがないわね」+他 の続きを読む
2011/10/03(月)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 12:37:57.14 ID:Y7KEg/zf0
何を期待して開いたか産業で




犬「ハァハァハァ」真紅「ちょ、やめなさ……そこは、だめ……んっ…!」 の続きを読む
2011/10/01(土)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/08(木) 23:26:07.57 ID:bPArvD6L0
金糸雀「今日も桜田家潜入大作戦かしら」

金糸雀「まずは双眼鏡で敵情視察かしら」カチャ

ジッー

金糸雀「ふむふむ。お庭には誰もいない。一階には真紅と雛苺と蒼星石に翠星石。
だいたいいつものメンバーかしら。ジュンは多分二階かしら」

金糸雀「真紅は読書中。雛苺はお絵かき。蒼星石はカメラの調整。翠星石は制服を着てナイフの素振り。怪しい所は無し」

金糸雀「潜入開始かしら」

ソロリソロリ

金糸雀「今日は潜入がスムーズかしら」

金糸雀「さて、一階の様子は……変化なし」

金糸雀「皆がいなくなるまでお庭で待機するかs」

水銀燈「銀ちゃんトルネェエエエエエエエエエエド!!!!」パリーン!

金糸雀「!?」




金糸雀「カナはもっと目立ちたいかしら!」 の続きを読む
2011/09/26(月)
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/04(日) 19:15:50.04 ID:OurgTBjb0


雛苺「今日もジュン登りなの」ヨジヨジ

JUM「飽きないのか?」

雛苺「うん。飽きないよ。ジュン登りは楽しいのよ」

JUM「ふーん、じゃあたまには刺激的なのも体験してみるか? そうだな、ジュンダッシュがいいな」

雛苺「ジュンダッシュ?」

JUM「僕がお前を乗せて走るのさ」

雛苺「わー、面白そーう」

JUM「僕にしっかり掴まってろよ」

雛苺「うん!」ギュ

JUM「桜田ジュン、行きます!」タタタッ!

雛苺「わーい! 速い速ーい! 凄いのー!」キャッキャッ!




雛苺「ヒナは毎日が幸せなの」 の続きを読む